2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■電離層と電波の伝播、電波天文/■

1 :名無しSUN:05/03/19 10:28:52 ID:AWpmZgdr
スプラディックE層(Eスポ)、長波、中波、短波、V/UHFの電波伝搬状態、
流星電波観測など、電波の自然現象を科学しませんか。

関連サイト
NICT,Ionospheric Sounding Data in JAPAN
http://wdc.nict.go.jp/ISDJ/

電波観測所とイオノグラム
http://www2.nict.go.jp/dk/c233-235/IONOGRAM.html

流星電波観測ガイドブック
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/122/122100.htm


2 :名無しSUN:05/03/19 10:47:28 ID:AWpmZgdr
HamCAPという短波の伝播状態を世界地図で表示できるソフトがある。
http://www.dxatlas.com/HamCap/

このソフトがどういう理屈で作られているのか調査中。
今のところそうした理論の記事が見つかっていない。



3 :名無しSUN:05/03/19 18:56:27 ID:AWpmZgdr
>>2
HamCAPを試しているが1時間ごとに、パソコン内蔵時計に合わせた
伝播状態が世界地図に表示されてる。
黒いもやのかかった部分が伝播不能の地域で、明るい部分が伝播可能の
地域であることがわかった。
国内の伝播スキップゾーンも忠実に反映されてる。
夕方にEUへの伝播が開けるのも反映されてる。
設計者は伝播の仕組みを良く知っているようだ。


4 :名無しSUN:2005/03/21(月) 17:10:53 ID:cjQStmpJ
太陽の活動が極小時期が近づき、高めの短波周波数では、通信状態が
非常に悪くなってきました。
最も安定と言われる14MHz帯をモニターしていますが、国内伝播もスキップし
お昼近くにならないと国内の交信が聞こえてきませんでした。

5 :名無しSUN:2005/03/27(日) 18:01:49 ID:0FvqRpxp
21MHZで北欧は電波伝播が開けやすい。
今日の夕方はフィンランド、バルト三国、その内側のロシア領内と
日本間の伝播が開けたが、同時刻には西欧諸国は開けなかった。
なぜこのような狭いEUで日本への伝播範囲が異なるのか、謎だ。


6 :名無しSUN:2005/03/27(日) 18:05:55 ID:0FvqRpxp
イオノグラムで
http://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.html
日本国内の4地点の電離層の状態を見ても、
EU−日本間の伝播が良好かどうかは全くわからないのがわかった。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)