2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ自分だけが「自分」なのか?

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:02:11 ID:???
@人間という生物には差異はない。A君B君C君みんなホモサピエンスである。
A人間という物理的物体には差異はない。
B人間の「意識」にも差異はない。意識は意識であり
 生命体の構成パーツのひとつとして一人に1つ存在する実体である。

このように、構造的に全く同じであるはずの無数の人間の中で、なぜ
「私」だけが特別なのか?なぜ私は私の「視点」を持っているのか?
@〜Bの平等性で言えば、全員が私であるか、逆に私がどこにも居ないかの
二つしか考えられない。

やはり私の思考は宇宙そのもので、そこから自らの存在を確かめるべく、人間という
器を空想し、生物学的なつじつまを合わせるために人工知能のような模造品の自我を
私以外の人間に分け与えたのだろうか?

これならば一応上で述べた異常性に対する答えになっている。
つまりこの世界の出来た順番は

私の自我→自己認識するための「体」→その体を入れる宇宙という器
→宇宙に矛盾しない生命システム→生命システムを発現させるための物理定数
→副産物として生成される他の人間

ではないのだろうか?

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:11:42 ID:???
人間は自我を持っているからだよ。
とりあえずこの話は心理学の話だからそっちで調べた方が良い。

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:16:21 ID:b+4QEcTC
自分だけが「自分」っておかしいぜ。
全員が私じゃん。

なぜなら、

i) 私、A君、B君、C君…… = 「私達」
ii)私達 = 私の複数形 = 私、私、私、私、…

ii)、i)より、

私達 = 私、A君、B君、C君…… = 私、私、私、私、…

よって、A君もB君もC君も、全員が私。


4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:39:50 ID:???
なぜ人間の自我のうちの一つが、私の「視点」と一致しているのか?
なぜ同じ人間たちの自我の一つなのに私と私以外の誰かに、これほどの
「実感の」差が生じているのか?私という視点はどの時点で生じたのか。

私という視点はある種の異常な物体だといわざるを得ない。
人間が猿から進化して、科学が発展して戦争して平和になって昭和になって
そして私という視点が誕生した、ではあまりにも片付けられないほどの
「宇宙の異常事態」だと思う。

これを許容するには、宇宙の生成と同じまでの原点に立ち返り、最初から
私の視点という席を用意して話を始める必要がある。この時点で差別化して
やることで、>1で書いたように宇宙の順番を決めてやれば、私と彼という
観測者と被写体の関係に、生物・物理・精神学的に同じシステムで動く「人間」
であるという平等さも同時に含めてやることが出来る。

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:48:26 ID:???
@サルという生物には差異はない。A君B君C君みんなサルである。
Aサルという物理的物体には差異はない。
Bサルの「意識」にも差異はない。意識は意識であり
 生命体の構成パーツのひとつとして一人に1つ存在する実体である。

@ゴリラという生物には差異はない。A君B君C君みんなゴリラである。
Aゴリラという物理的物体には差異はない。
Bゴリラの「意識」にも差異はない。意識は意識であり
 生命体の構成パーツのひとつとして一人に1つ存在する実体である。

@チンパンジーという生物には差異はない。A君B君C君みんなチンパンジーである。
Aチンパンジーという物理的物体には差異はない。
Bチンパンジーの「意識」にも差異はない。意識は意識であり
 生命体の構成パーツのひとつとして一人に1つ存在する実体である。

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 01:49:17 ID:???
ここで話は一件落着のようだが、もし私と彼が「全く同じ」レベルの
自我を持っているならば、この話は彼にも当てはまることになる。
その彼のストーリーに私が登場するなら、それは私の視点と矛盾し、
私は脇役その1で、彼こそが真の主役となってしまう。これは矛盾としては
あまりにも大きい。

ではやはり私以外の人間は、自分が意識を持っている!と主張している
ロボットのようなものだろうか?それとも彼の視点は彼の確率で結ばれる
パラレルワールドの中を遊泳していて私の視点とは連続的に重なることの無い
お互い離れた次元に居る存在なのだろうか?自我たちは平行宇宙を時間軸に沿って
それぞれ勝手気ままに泳いでいるのだろうか?自分だけをその世界の主役として。

しかし、これでは結局振り出しに戻る。私以外の自我が私と同じだけの地位
を持って存在していることになる。人間という殻を脱ぎ捨てただけだ。

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 13:15:59 ID:WdWr7kjo
意識は道具にも宿る。
意識はゲーム中のキャラクターにも宿る。

故に、意識とは脳の処理能力を振り向ける対象のことであり、
わざわざ特別視するものではないという結論が導ける。

自分など存在しない。

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 13:20:02 ID:ovyfDSMD
B人間の「意識」にも差異はない。意識は意識であり
 生命体の構成パーツのひとつとして一人に1つ存在する実体である。

DIDの人とか、そうじゃない場合も多々ありまして…

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 13:25:30 ID:mFkMNbG9
自我がある?
「じ」と「が」と「が」と「あ」と「る」
を繋げると、何か感じたのか?

おまいが語る言語は、おまいが創造したのか?
おまいが創造した言語というのは、
言語による思考の正しさを保証しているのか?

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 13:49:09 ID:mFkMNbG9
意識なんて所詮、脳が作り出した幻なのか?
人間はロボットのように、単純に自然の法則にしたがって
動いているだけで、それをただ勘違いして「自我がある」などと言うのか?

と、思考して(思考したと勘違いして)、いま書き込んだことは昔から予測しえた、ただの自然現象なのか?

11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 14:04:58 ID:???
二千年以上前から既出。

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 20:08:48 ID:???
とりあえず哲学板に逝ったほうがよい。

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 22:04:14 ID:guGXGnFh
「私(自分)」が生れなかったら宇宙はない。何も存在しない。「私(自分)」が
生れ、見聞きしているから宇宙がある。「私(自分)」が死ねば宇宙はなくなる。何もない。
「私(自分)」が生れる前の無限の時間、死んだ後の久遠の時間。全く何もない。「私(自分)」がいる数十年の間だけ
宇宙は存在する。それ以外の時間は全くの無、無、無。

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 22:05:16 ID:???
量子力学の確率的な揺らぎの世界には物理法則を破らずに自由意志が
存在する余地がある。

15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 22:39:52 ID:???
お前ら意外と好きなんだなw

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/26(土) 23:57:44 ID:UkxVa+JZ
さらに、こういう思考実験してみると面白いよ。

「私とそっくりそのままの複製がある瞬間に作られたとしよう。
 この場合、私の記憶をそのまま有した、私’が生まれるわけだが、
 もちろんこの私’は私としてのアイデンティティを持っているわ
 けで、私と私’のアイデンティティにはまったく差異はないはず
 である。しかるに、それぞれが私として振る舞うこの二者は
 恐らく別個の意識をもった別人でもあろう。
 さらに、私’が作られた時点でが私が殺されたとしよう。この場合、
 私としての自我を持つ私’はやはり私として生き続けるわけだから
 自我としての私は死んでいないことになるのであろうか?」

以上のことをつらつら考えるに、自我というものは時空連続体の
中で一本の糸としてあるのではなく、その瞬間瞬間にのみ局在す
る存在なのではなかろうか。つまり、私と私’が別個の意識であ
るのと同様、実は、私というのは瞬間瞬間で別々の意識なのでは
ないかと。それが、あたかも連続した存在であるかのような錯覚
にとらわれているだけのことなのではなかろうか。と、まあかよ
うな結論に到達してしまうのですよね。



17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/27(日) 00:14:02 ID:P56FVxkX
スタートレックとかの転送を見ると、そんなこと考えてしまうよね。

送られる人は毎回「ギャァァァ」って死んでて、それを覚えてないから、
何回でも苦しんでたりして。

18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/27(日) 00:22:03 ID:GDGQmzdC
関西では "自分”の 二人称用法(youの意味で用いる)
が 多いのです。

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/27(日) 12:18:28 ID:???
もし自分が死んだら、きっと今の宇宙は消滅して、そのあと無の状態から
「今の宇宙が出来たのと同じ理由」で再び似たような宇宙が出来て自分が
生まれるんだろうな。
その時間がいつやってくるかは分からないけど、時間っていう物も宇宙に
包括されてるものに過ぎないから、実質死んだ瞬間と生まれ変わる瞬間は
同時ってことになる。
新しい宇宙が今の物理法則と全く同じか、あるいは根本的に別のもので
生命っていう概念すら無いものかは分からないが。

20 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/28(月) 19:54:11 ID:???
だいたい「時間」が「連続」して流れていると言うのは証明されているのですか?

21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/03/29(火) 22:18:18 ID:???
>>19
輪廻転生をきちんとすじを立てて考えたあなたを尊敬しまふ


22 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/11(月) 00:50:59 ID:???
age

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/11(月) 10:01:34 ID:???
なぜメコスジだけが「メコスジ」なのか?

24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/12(火) 14:39:20 ID:qVw+D91V
自我や意識というものは、ただ単にニューロン間を流れる電気信号による
「演算処理」の副産物にすぎないと思います。よって、自我の複製は可能
であり自分という存在が同時に二つ以上存在する場合も有り得ると思いま
す。ただ人間の思考回路が自分という存在は唯一つであるとしか認識でき
ないので、なぜ自分だけが「自分」なのか?という問いに対して、自分を
主体とした意見しか出ないのであろうと思います。思うに細胞分裂で自分
を増殖するアメーバーやウイルスに仮に意識というものが存在するなら、
多細胞生物には理解できない自我観を有し、並列する自我といものが認識
できるのではないでしょうか?

25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/12(火) 21:35:42 ID:0M1MbDfy
同じ生物でも自我があるのとないのでは向かう場所がちがうか?
生物である以上、向かう場所はいっしょだと思うが?
ただ自我があると自分の存在を否定することができる。自分は存在してはいけない、と。
だがそんな奴がちょっといたぐらいでその種が絶えることは無いだろう。
生きてる以上種の存続、向上を無意識中に目指しているとかんがえるが・・・
まぁ今の日本人ではそうでもないようだが、少子化とかで。

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/12(火) 21:39:14 ID:Fn2tOoRR
人 間 は 多 細 胞 生 物 だ 。

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/13(水) 01:07:25 ID:???
>>25
いや、向かう場所は確実に変わってくる。
我々人間は脳の中にある「自我」というソフトウェアで動いている。
そして、そのソフトウェアの基本的性質は生き残ることじゃなく、快楽を求めること。
それに対して昆虫や、単細胞生物なんかは、完全にハードウェア反応で動いている。
こいつらは、単に生き残ったものが増えるだけだ。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)