2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

論文だけで博士、駄目 大学院重視で一致

1 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 09:11:15
中央教育審議会の大学院部会は14日までに、企業や公的な研究所で業績を挙げた社会人が、論文などの審査を基に博士の学位を得る「論文博士」制度を廃止し、大学院のカリキュラム修了者を対象に与える「課程博士」制度に一本化する方向で一致した。
 論文博士については「学位のため研究を狭い分野に限定してしまう恐れがある」「日本独自の制度で国際的な通用性に欠ける」などの批判があった。
 文部科学省は論文博士を認めている省令を改正、博士号取得を目指す社会人に対しては大学院に短期間在学する「博士課程短期在学コース」の創設なども検討している。
 文科省によると、論文博士は、2001年度の調査で博士号の授与数のうち36%を占めており、大学院を辞めた人が社会人になってから博士の学位を取る手段になっていた。
 しかし、同部会は、大学院改革の一環として、学位の国際的信頼性を確保し高めるため、制度見直しを検討。
(共同通信) - 4月14日6時8分更新

2 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 09:19:02
即実施すべきですね

3 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 09:48:10

「学位のため研究を狭い分野に限定してしまう恐れがある」って意味わからん。
課程博士でも研究テーマというのはたいがい狭いと思うが。
あと、日本独自の制度ってそんなに信用ないの?

4 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 09:49:07
さんせーい
GJ

5 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 10:39:36
>>3
学位というものの位置づけだと思う.
国際的には
学位=大学院の卒業証明書=学校を卒業して取得するもの
という感じだろうから,
論文だけ大学に出して審査料を支払って学位をもらうというのは
理解されがたいのだと思う.

たとえば中卒が作文をいっぱつ書いて高校の卒業文集に載せてもらったら高卒になる,なんてことがあったらヘンな感じがするだろうが,それと同じようなものだろう.

6 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 11:44:13
この記事の文面だけ見ると筋が通ってないように見えるけど、
要するに医学博士の実態が問題なんじゃないか?特に私学。
どこかに審議会の議事録が公開されてると思うんだけど、どこだろ。

7 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 11:53:38
基本的に中教審GJ。
ただ、短期在学コースの新設というのは対策にならない。社会人が学位を取る
こと自体は推奨されて然るべきなんだから、原則3年の社会人在職コースを
作るべきだと思う。それで学位主査の指導をきちんと受けるべきだ。
(もちろん通学しろ、という意味ではないぞ)

8 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 12:18:51
ソースへのリンクキボンヌ。

9 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 12:31:11
ほい
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050414-00000019-kyodo-soci

10 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 12:32:14
論文博士に批判があったというが、誰がどう批判したのか公表汁。

11 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 12:46:23
最近は,博士号乱発しすぎという話題は結構出ていたな.
最近の論博は,過程博士の三年間より業績ない香具師多すぎ.

12 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 13:11:02
これ、困る奴結構いるだろうな。
執行猶予期間はどれくらいあるんだろう?

13 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 13:33:40
学位より実務こそ重要とか言い出す奴が余計増大して終わり。

14 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 14:19:53
>>12
普通の人は困らないと思うよ。
前は、家庭博士取ろうとすると「業務として研究に専念させます」ってな誓約書を
職場に出してもらう必要があって、そんなの出るわけないから論文でいくしかなかった。
今は、大学の法人化で受験に職場の誓約書が必要なくなったから、過程入学して
昼は仕事、夜は研究ってな生活が可能になってる。

15 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 14:42:21
でも、急に変わったら、やっぱり困るでしょう。
みなさん予定ってもんがあるわけで。

16 :Komaruhito_et_al:2005/04/14(木) 16:11:42
困る人の一人です。
そもそも論文博士制度廃止は入学者や国から降るお金が減った
大学の授業料収入upが目的なのでは?
産学連携推進などと国は謳っているが、あれはうそか!?この
制度廃止でお付き合い共同研究している企業は手を引くね。大
学はこれから更に企業と組んで企業からの競争的資金を得なけ
ればいかんのに。そして学を産に還元せねば社会的理解が得ら
れないというのに・・・。自ら首絞めてどうする!?



17 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 16:39:17
>>16と同じく困る人です。
せめて2年は猶予期間が欲しい。
その間に有名大学の教授陣はかけこみ論博の審査で過労死しそうだが(藁)

18 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 16:42:48
有名大の教授とかは、平気で1年間くらい山積みのまま放置
プレーするよね。審査するメリットないもの。

19 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 17:41:54
>>16
国は大学を減らす方針だから、自分で金を取れない大学は淘汰していいんだよ。
これまで企業となぁなぁで共同研究していて、金の工面とか全く考えてない研究室は消えるんだよ。


20 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 18:09:06
本質的には「論博=企業が金で買う」って構造がやり玉に挙げられてる訳でしょ?
海外には無い制度らしいし、無くなっても仕方ないんじゃないの?

地方大学は地元企業とのコネが切られる可能性があるから益々厳しくなるだろうね。

21 :Komaruhito_et_al:2005/04/14(木) 18:10:22
>>19 全くもって賛成。この国は大学多すぎ。更に言うと世間では
必要と思われている有名大学でも無駄な研究多すぎ。
>>16 確かに猶予期間が3年欲しい。企業とすると特許出願とその
公開期間までを考えると、2年だとホントぎりぎり。どちらにして
も過労死教授は続出しそうだが。何年か企業に勤めていると、高
インパクトファクターの論文よりも遥かに良い結果を沢山握って
いるんだな。企業に眠っているそんなデータを3年の猶予期間中に
炙りだすってのも、国としては良いんじゃないか?無論ロクでも
ない結果もついでに沢山出されてくるとは思うが。論博無くすな
ら、特許出願件数も正当に評価して欲しいね。もっとも、レフリー
のいないものはオーソライズされていると言えない等と騒ぐ輩が
出現はするだろうけど。

22 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 18:14:57
           ?           ?            ?   ?  ?  ?
   ??      ??             ??  ??      ???? ????
  ??::                         ??
  ???::           ?               ??
 ????::?::         ????????      ????  ? ????
  ??????::?:::                 :::?::??? ?  ?
  ???????::?::?::::: :: ::   ::::?::????????? ???
   ?????????::?:::?:::::::?::??????????? ???

今すぐ廃止でいいんじゃね?
ブルーカラーの分際でD取ろうなんざ思い上がりすぎだ。

23 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 18:27:33
確かに企業で働きながら給料もらってD取得なんてふざけた制度だと思うけどな。
過程博士の負うリスクは遥かに大きいよ。フェアじゃないってのは同意できるよ。

24 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 18:31:24
ただ授業料を得たいだけとしか思えん.


25 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 18:58:36
現在は,どの大学院も社会人枠が充実してきているし,また,入り易い
から,論博より,社会人枠で入学して博士号取れということだろ.

26 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 19:05:36
まあ、企業に籍を置きながら、給料もらいながら、
将来の補償もありながら、企業からの献金のおかげで
D取得なんて甘いわな。

27 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 19:25:49
>>1
(・∀・)イイ!!

28 :Nanashi_et_al:2005/04/14(木) 19:28:25
まぁ、大学に籍を置きながら、親の脛をかじりながら、
共同研究先の企業や税金である国の金をもらいながら、
企業のデータをあたかも自分がやりました的に論文にし
てD取得なんて良い身分だわな。
俺は何人にDをくれてやっただろう?

29 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 19:35:39
企業から金もらって学位を売るついでにニート予備軍な学生を押し付けて就職させてるわけだし、双方にメリットあったんじゃないかと。

30 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 19:37:42
( ゚Д゚)ホー!

31 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 20:01:18
院に入ったほうが学位はとりやすいだろうね。
必要な査読論文も少ないだろう。
必要な査読論文1報なんていうアホ大学もある。
金で学位を買うようなもんだ。

32 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 20:20:26
>>31
ドクターコンプ乙w

33 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 20:21:28
↑論博のことか

34 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 20:36:47
たしかにうちの大学でも論博のほうが遙かに審査厳しいって
聞いたことがあるな.

俺んとこの元ボスが主査した論博って,もう学会じゃ重鎮で,
下っ端助手なんか足下にも及ばないような人ばかりだったな.


35 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 21:46:52
>>26
すごい妬みの塊だなw

36 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 21:47:08
ノルマ5本中、2本をやっとクリアしました。
3本は間に合うのかな?そもそも、いつまでなのかな?
むちゃくちゃ気になる。。。

37 :課程出:2005/04/14(木) 22:09:51

給料貰いながら学位取るなんてふざけてるよな。

38 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:15:18
>>36
投稿大ですか?
いいかげんな過程博士よりはずっと大変です。
がんばってください。

39 :課程出:2005/04/14(木) 22:20:42
>>38
給料貰ってるくせに大変とか言うな
インチキ学位め。

40 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:26:15
これが課程博士の就職状況改善に役に立ってくれればいいんだけど。
企業で給料もらいながら会社の機器や人材を使ってデータ出してる人と
金払いながら苦学してる課程博士が同じ学位ってのは前から納得いかなかった。

41 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:30:12
>>40
だよな。論博の方が遙かに格上のはず

42 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:30:27
困るよ。
現在、24歳修士卒の社会人。
論文3本。
まにあうのか;;


43 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:30:52
そう!
会社の機器はともかく、人材はだめだよな。
装置の設計、実験を外注して、報告書提出させて上前はねるようなのは、
会社の業務としては普通なのかも知れんが、やっぱり納得できないよ。

44 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:33:16
>>41 漏れは逆の意味(課程>>論博)の意味で言ったんだが。
>>43 実験とか自分でやれよって感じだよな。人に仕事させといて何が学位だよって感じ。

45 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:35:34
マネージメントもできないと.
いつまでたってオナニー研究で満足してちゃ・・・


46 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:40:31
>>42
社会人博士課程でとればいいじゃん。

47 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:42:21
>>45
博士号取得後に研究者として独り立ちしてからはそうだな。
博士課程の学生に(その根幹部を)外注を使って研究進める技術を求めるのはどうか?
あくまでも、彼らは修行中ですから。

48 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:43:30
論博は速攻で廃止すべきだな。少なくとも3年くらい研究のみに専念しますた
という称号として与えるべき。仕事の合間に片手間で取れるような軽いものでは
ないはず。通信教育じゃないんだから。

49 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 22:57:05
よかった滑り込みセーフだった。

50 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 23:32:02
>>48
論博は査読つき論文は最低3、最高5以上
過程は1本のところもある。1本で学位を与えるのは甘すぎ。
査読付がfirst5報以上の課程博士っているのか?

51 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 23:38:11
前いた会社では、研究リーダーがファーストオーサーになってたぞ。
そんな5報もおんなじ5報。

修了条件ではないが、5本以上書いてる奴も結構いるぞ。

52 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 23:39:39
東大は査読付きじゃなくても博士号がもらえると聞いたが。

53 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 23:41:08
>>52
ODをこれ以上増やさないための処置。

54 :Nanashi_et_al.:2005/04/14(木) 23:45:39
>>39
給料もらっているのがそんなに羨ましかったのかw

55 :Nanashi_et_al:2005/04/14(木) 23:49:52
つまり今後は、査読付雑誌にファーストで10以上あっても、
ノーベル賞級の仕事をしても博士は与えらなくなるってことだな。

で、問題は真にオリジナリティのある仕事を成し遂げている人を評価しないと、
ノーベル賞の田中さんの2の舞が起こりうるぞ。
(世間の評価は ノーベル賞>>単なる博士 なのは明白)

50の言うように、論文博士の質を上げればすむ問題では?
(論文数だけが問題ではないが、ノーベル賞クラスの受賞者には一報でも可とか)



56 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 00:01:21
おまえみたいな阿呆(あほう)には、大学院も博士も関係のない
雲の上のはなしだろ。

57 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 00:04:38
>>55
いや、だから社会人博士課程でとれよ。そんだけ業績があれば
楽勝で取れるし、企業だって学費くらい持つだろ。そんだけ優秀なら。

58 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 00:07:45
課程博士乱発大学の実情が知りたい。
http://onweb.ipc.co.jp/ken9/log/072.htm

59 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 00:27:32
>>55
何で、田中さんに博士号が必要なんだ。
彼に博士号があたえられない教育システムがかっこ悪いとでも?

60 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 00:29:19
医学博士号はどんな糞実験の報告を出しても
グリコのオマケみたいに付いてくる。

61 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 01:25:13
25歳収支卒助手orzORZORZ
5年でとらせるって言ったからD進学取りやめたのに・・・・


62 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 01:30:25
社会人博士課程などサギみたいなものだ
授業料は高い、時間はかかる、会社の理解がなければ事実上不可能、近くに自分の分野
の大学がなければどうしようもならない
期待外れで各地で定員割れを起こしている
だから論博の廃止をもくろんでいるのだよ
そうすれば入ってくるだろうと
オレは教官だからよくわかる、うちにも社会人がいるが苦労している

63 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:16:24
いずれにせよ学位なんてオナニーだろ。共通テストしているわけじゃないし。

64 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:21:27
日本って大変なとこだな。金持ちじゃなければ博士になれないじゃん。欧米と違って給料出るわけじゃないし。

65 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:39:30
>>61
アカポスに就けただけマシ。
>>64
米国では金持ちじゃないと大学に行かないよ。

66 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:45:45
論文博士って博士後期課程まで行く金銭的余裕の無い奴でも
学位を取れる方法だったのになあ。

67 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:47:23
>>61
民間からのD取得がなくなるだけで、教員は別でしょう。
そうでないと人文が困るよ。助手やめたら知らんけどw

>>64
貧乏人は DC が取れなきゃ諦めなさい。それは外国でも同じ。

68 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:54:47
>>48
でも、短期在学コースは、たぶん通信教育に近いだろうよ。
1年間週1で大学に行き、論文一本で学位w

69 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 02:57:29
つまり馬鹿でも金があれば博士になれるんだねwww

70 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 03:18:49
>>65
アメリカの大学院は金が出るだろ。

71 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 03:48:10
>>69
今でも、バカが企業の金で博士になってる論博が多いので、それが
デフォルトになるだけ。ついでに、教授にン百万の謝礼渡して
バカ論文で博士取るのが医学。

72 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 03:50:42
>>70
日本みたいに博士課程が就活で失敗したバカで
あぶれているなんてことはないけどねw

できるやつは、日本でも DC を取って博士課程に行く。アメリカでも
バカと留学生は自分で金払って大学院いくわけさ。

73 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 04:47:24
>72
オマエ、アメリカの大学院を知らんのなら知った口をたたかないほうがよい
こちらの一流大学の大学院は大半がアメリカ以外の国籍つまりは留学生だぞ
それにそういう優秀な者は当然に給付を受けている

日本でDC採れるのは本人の優秀さよりもMC時代までの指導教官の力のほうが大きい
業績のある教官についた学生は業績を効果的に出させてもらえるのでDCに採用される
がそうではない教官についた学生は不遇な目にある
ほとんどのケースで学生自身に差はない

74 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 06:20:51
>>71
でも医者バイトやりながら学位とるのは自由なんだろ。

75 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 10:03:54
もう10年早く生まれたかったなぁ

76 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 10:08:09
今の論文博士も剥奪だよな。

77 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 10:17:04
要するに、論博だったら実質的に論文指導する人間が全くオーソライズされて
いないというとこが問題だよ。まともに学問を修めたことのない上司が適当に
実験指導して、その内容をまとめれば論文が書けてしまう。
そうすると内容を問題にする人間は、論文誌のレフリーだけになってしまうが、
世の中にはDQN雑誌なんて星の数ほどあるし、一旦掲載されてしまった論文に
学位審査でケチをつけることは実際問題として難しい。

実はこの問題の本質は、論博が審査員に渡す裏金にあるんじゃないのか。
その金が論文指導料という形で透明化されたことに、企業人はむしろ喜ぶべき
だと思う。実験実習費を分けて徴収している私立大学は、社会人大学院が制度化
されれば、この金は受け取れない。そうすれば大学に納める金は、意外に安く
すむんじゃない?

78 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 10:28:17
東大でjournal3本で論博もらった人いるのね。
そんなんでいいんだ・・・

79 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 11:53:00
課程を満期退学して、課程博士として申請できる期間を過ぎた者は
どうすれば良いんだ?

80 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 12:51:41
>>62
> 社会人博士課程などサギみたいなものだ
> 授業料は高い、時間はかかる、会社の理解がなければ事実上不可能、近くに自分の分野
> の大学がなければどうしようもならない

授業料は普通の課程と同じ。
かかる時間も普通の課程と同じ。
会社の理解がない?退職すればいいだろ。

いったい何の問題があるというんだ?

81 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 13:25:44
>>79
入りなおせ。能力ない人は何回やっても無理かもしれんが。

82 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 13:31:15
>79
そのままではアウトってことだ。
入り直しか諦めるか....Dの付加価値を付けるってのが政府の狙いなんだろうな。
近頃のDは屑が大杉!

83 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 13:45:58
論文廃止したところで付加価値は上がらない。単に奴隷を増やしたいだけだろ。
そして余剰博士に仕事を与えたいだけ。こんなのにだまされて博士逝く奴は糞。

84 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 14:51:28
>>78
理学部は3報だったYO!

85 :Nanashi_et_al. :2005/04/15(金) 15:57:32
課程の基準が低いとか、企業の方が高度なことをやってるとか、論博擁護派はいろいろと言うけれど、そんなに優秀なら、1年や2年で課程を終えることが可能だ。多くの院でそういう制度を採用している。
それに、本当に優秀で需要があるなら、退職して大学院に行ってからでもまた就職できるはずだろ。
そんなに優秀な人間を甘やかすような制度なんて、必要ないだろ。

86 :Nanashi_et_al:2005/04/15(金) 16:29:57
論博擁護派だ。ここまで読んでみて思ったのは説得力の差だな。
つまり論博擁護派は大学と企業の両方の世界を知っている。論博
反対派は読んでいると大半が在学中のように聞こえる。つまり大
学の世界しか知らない。例えば優秀なら退職して博士取れなどと
言うが、退職したら企業での成果を論文で書ける訳が無かろう。
採用の際にはそういう契約しているものだ。
論博反対派(課程)の連中は別に怒ること無いんじゃないか?自
分の道が閉ざされた訳でもあるまいに。我が道を行け(逝け)。
論博賛成派は選択肢が大きく狭まるのだ。怒る道理があろう。

87 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 17:03:18
いくら正論ぶっても、世界的に見て論博のシステムがおかしいから、
廃止されると言う事実に目をつむりたいだけにしか見えないよ。

88 :Nanashi_et_al:2005/04/15(金) 17:41:44
>>86
> 例えば優秀なら退職して博士取れなどと
> 言うが、退職したら企業での成果を論文で書ける訳が無かろう。
> 採用の際にはそういう契約しているものだ。

何を言ってるのかわからんな。
企業での成果?そんなものに頼らずに、大学院在籍中に成果を出せばいいだけじゃないの?
課程の連中は全員がそうしてるけど?

「優秀なら・・・」って言うのは、「優秀なら課程博士としても優秀なんだろ?」ということではないのか?
それとも、“課程で取れないから論博”なのか?そんなことはあるまいに。

事実上どうであれ、論博は“公的に認められた教育機関でしかるべきトレーニングを受けていない者が学位を取得している”という現状が世界的に見て特異だということだろ?
「オレは塾ですっげー勉強したんだよ。ほら、こんなにすっげー卒論だって書いたぜ。東大の卒業証書くれよ。」
論博とらせろというのは、これと同じ要求をしているんだよ。

89 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 17:46:40
オーデーが必死なスレはここですか?

90 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 19:47:12
JA○RI研究員の社会人Dr.の主査が公聴会で
「研究のまとまりがあまりよくありませんが、課程博士なのでご勘弁ください」
と言ったのには思わず耳を疑った。
おまえは研究職として給料もらってるんだろうが、そもそも
研究職なら、社会人Dr.に進むなんて恥とおもわんのか。
わたしは課程博士出身だが、厳しい審査を課すのであれば、
論博を残したほうがいいと思う。

91 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:16:49
新聞の記事読んだけどさぁ、日本にしか無い特殊な制度を辞めようってことでしょ?
学位を取るならちゃんと大学院に籍を置いて無給の学生(奴隷)生活を送りましょう
って事なんだから正論じゃないの?
優秀かどうかは論点がズレてるよ。

92 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:20:37
課程博士でfirst5報、second3報以上書いて学位をとった奴はいるのか。
私の指導教官は厳しい人で、「論文博士は全部で8報以上ないと博士論文は
書けない(当然全て英文)」と言っている。
私はfirst3、second2で未だに論博は取れていない。
あと少しなのだが。
しかし、この指導教官は課程博士の場合、first2報位で学位をだしている。

93 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:25:07
>92屑論文で数稼いでうれしいか?
そんなくだらないカキコしてるからD取れねーんだよ。(www

94 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:28:46
>>91
課程博士もfirst5報、second3報以上書かないと
博士論文を提出できないようにすれば納得がいく。
いままでのゆるい基準で学位をとった香具師の学位を仮学位にする
なら、論博をなくしてもいいよ。


95 :Nanashi_et_al:2005/04/15(金) 21:28:58
日本だけの制度だとどうして辞めなければならないのでしょう?
学術振興や社会への還元等で役立つなら大いに利用すべきでは?
大学の入学者数が減った(=希望者全員大学生になれる=低レベ
ルになった)今になって、授業料の確保や大学至上主義幻想を守
る為の改変をするあたりが見え透いて嫌悪感増大。

96 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:30:33
>>93
すべて欧米の学会誌ですが何か?
おまえはチンケナ日本の学会誌に論文を掲載してマスでもかいとけ(爆

97 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:33:09
93はマス柿野郎か
面白いこと言うじゃん。

98 :Nanashi_et_al:2005/04/15(金) 21:41:59
>>94
数学なんかで、今まで解けなかった難問を解答した人はどうするんだろう?
非常に価値のある論文なら、1報でも可というラインは残しとけば?
(たとえば、累積被引用数が5年以内で100以上とか)


99 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:44:28
いい加減、欧米追随主義はやめれ!といってみるテスト

100 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:56:30
>96
IFは10以上ある?
もしそうならすごいな。

101 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 21:56:36
>>92
脳内業績でつか?
こんなとこ来る暇あったら,研究しろよ.
お馬鹿ちゃん.

102 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 22:04:24
>学術振興や社会への還元等で役立つなら大いに利用すべきでは?

論文博士を出せば、学術振興??
企業で立派な論文書いた人が、なぜに大学ごときから学位を欲しがるの?
外国で働く時に博士がないといけないというなら、国際標準に従わないと
むしろダメでしょ。

103 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 22:50:31
>>91
社会人博士課程制度を使え、ってことだよ。無給になる必要もなければ、
大学に足繁く通う必要もない。

104 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:00:43
>>103
課程で博士取れない奴はそのまま修士として生きていくしかない。
>>102
国際標準にしては、学位授与基準の差が大学間でありすぎると思うが。

105 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:19:07
一度社会に出た人がわざわざ日本でしか通用しない論博を取りたがる理由は何?

106 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:20:52
>>70
あっちでも金の無い奴は大学(学部)にすら行けないから。
奨学金のもらえる優秀な奴は別。

107 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:23:09
論博のハードルが高いと思いこんでる香具師が集まるスレはここでつか?

世の中にクソ論博がどれだけいるかしらないのでつか?

現行制度では論博のレベルのまともなチェック機構が存在しないということを知らないのでつか?

108 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:24:56
>>104
アイビーからイオンドまで大学間で違うのが、国際標準w
大学(専攻)ごとに、学位の価値を外部評価すればよろし。

査読論文なしの東大工学博士なんてねえw

109 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:25:28
>>103
社会人ドクターだからって,学費が安い訳じゃないでしょう.
常勤(勤というのも変だが)の博士課程学生と比較したら,
場所をとるわけでもなし,それほど設備を使うわけでもなし,
そうそう頻繁に教員とディスカッションの場があるわけでもなし.
これで同じ学費っていうのは,ちょっと納得いかないんじゃないかなぁ.

それに社会人ドクターの人たち見てると,学位取得後の諸々縛りが
きつそうだよ.
教授サイドからすれば,学会発表はさせたいし,投稿もさせたいし.
会社サイドからすれば,とっとと会社のための研究に復帰させたそうだし.

十分過ぎるほどの業績があり,学会でも一目置かれているような企業の
方々が,論文まとめて博士になるのは当然のような気がするがなぁ.


110 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:27:47
>>109
じゃあ、企業で学位出せばいいじゃん。
博士(トヨタ)とか、博士(松下)とかw

企業の研究のほうが大学より上なんだろ? 東大博士より
博士(ライブドア)のほうが評価されるよww

111 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:28:30
>>105
名刺に刷るのは博士(○学) または Dr. ○○.
国際会議申込書のタイトル欄にはDr.に丸印.
論博でもコースでも違いは無いんじゃ?


112 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:29:49
今の修士論文=10年前の卒論レベル
博士論文も粗製乱造。駄目な博士は白紙にもどせ。
研究できない博士から学位を剥奪する制度も作ろう。

113 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:31:04
>>110
営利企業が学位授与機構として認められるかよ?
もっともハワイにそれらしき組織があるけど・・・

114 :課程出:2005/04/15(金) 23:32:06
論破苦の香具師が業績多いですといいますが、
デッドラインの無い中で、珍タラ論文書いて
それで学位をよこせと。

115 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:32:44
>>112
ダメな博士は崩れて段ボール生活じゃん。学位くらい持たせておいて
やれよ。剥奪して自殺されたら寝覚め悪いだろw

116 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:33:16
今の学生が馬鹿だから、社会人となったおじさんたちは納得してないだけだよ。
博士に馬鹿を進学させないようにする制度を作ろう。


117 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:34:15
>>114
ねたみですかニート君

118 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:35:21
>>114
逆に言えばそれだけ長い間,第一線で活躍してるんだぞ.


119 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:36:32
>>113
論文博士のほうが上、企業のほうが研究水準が上、とおっしゃる
皆さんががんばれば、いずれは認められるでしょ。おお、彼はあの
三菱自動車の博士だ!すげー!!って感じw

日本にしかなかった論文博士制度に代って、日本にしかない企業博士
制度が生れます。

120 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:41:11
>十分過ぎるほどの業績があり,学会でも一目置かれているような企業の方々

だけが論文博士になってたなら、そりゃ結構な話でしょ。
実態はそれだけではないことも、企業の皆さんは当然みんなご存知なわけ。
若手研究員の修士さんは、それに目をつぶってあーだこーだ言ってる
からねえw

121 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:43:01
研究能力が低いのに課程博士で学位を授与してしまう。
粗製乱造された課程博士は就職がないため、論文博士を妬む。
妬みで歪んだ精神を持つようになった課程博士が犯罪を犯す。
犯罪防止のため、論文博士制度を廃止することになりました。

122 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:43:17
>>116
バカが博士に進学して、金と体を提供してくれるのは結構な話です。
その代償に学位を出すのが問題なだけでワラ

123 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:45:15
>>109
十分すぎるほどの業績があり、学会でも一目置かれているような
人は、社会人博士課程制度を利用すれば簡単に学位が取れますよ。

なにが不満なんでしょうか?1年短縮して2年間でとれば、国立大学
だったら100マンちょいです。


124 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:45:27
あと何年くらい猶予あるのかな?


125 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:45:38
>>121

論博の奴って、こんな精神の歪んだ奴ばかりなのか?

126 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:47:13
>>121
君、課程博士崩れの実態を知らないでしょ。
崩れは犯罪を犯す元気もないんだよ

127 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:48:06
>>120
そうですか.じつは>>34も俺が書いたんだが,俺んとこの
ボスは,そういう人しか主査引き受けなかったからな.

>実態はそれだけではないことも、企業の皆さんは当然みんなご存知なわけ。

恥ずかしながら,その辺良く解っていない.
ラットの世話しただけでいつの間にか医博になってた,
とかいう与太話を2chで読んだことしかないよ.



128 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:50:33
>>123
修士を出ているという仮定なら、1年で出せたはず。
月に1回程度大学に通って、教授と茶飲み話して学位ゲット。

まあ、それは本当に「十分すぎるほどの業績がある」人の話。
研究のレベルは低いが、学位出してもいいかな程度の人にとっては
論文博士制度廃止は痛いんだろうねえ。

129 :Nanashi_et_al.:2005/04/15(金) 23:56:37
企業で実務経験も積んで、学位も欲しいなんてねえ。。。
こっちは実務経験が無いって理由で民間企業からははぶられてるのに。

130 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:00:06
>>129
おまけに企業の研究者の場合、教授として
大学に帰る道も残されている。

ますます課程白紙は馬鹿でつ。。。
鬱だしのう


131 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:01:52
>>129-130
そりゃあ課程白紙がバカなんじゃなくて、おまえらが馬鹿なだけw

132 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:03:41
平均寿命も延びてるんだし、人の2倍以上大学に
いたっていいじゃない。
(菱沼さんのお父さんのキモチ)

133 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:06:13
論文博士を廃止にした場合。
研究能力で
学士>課程博士
という逆転が起こるだろう。それはよくない。
これからは無能な奴に学位を与えないかというのが課題となる。


134 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:07:17
>>131
煽り厨キモイ

135 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:07:35
で、東京大学の論文博士申請時に受ける
英語の試験ってどれくらいのレベルなの。

136 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:13:56
いずれにせよ博士なんてオナニー資格には変わらない。今博士が偉いと思っている奴なんて皆無に近い。

137 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:15:42
博士が偉いと思っているヤツはいないが、アカポス狙いなら
ないと問題外だからなあ。

138 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:23:42
これで企業研究者が企業設備で実績積んで
アカポスを奪うって例は少なくなる訳だ。
うれしいね。

139 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:26:42
>>138
ん? それは論博廃止には関係なくおこるぞ。
論博廃止で困るのは大多数のザコだけだろ。

「十分すぎるほどの業績があり、学会でも一目置かれてる」
トップレベルには無関係。

140 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:34:48
>>139
そういうトップレベルの奴は企業側も離さないw
今までのように中堅どころの奴がいきなり乗り込んでくる事も少なくなるわな。

141 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:37:52
トップレベルの例でいうと
中村修二みたいに企業勤めしながら論博とった後に
アメリカで大学教授になって日本の制度を馬鹿にする
っていうような鬱陶しい事例も起こらなくなるわけだ。

学位が無いと話にならないからなw

142 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:40:07
海外で博士取る人も増えるんじゃない?

143 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:41:01
>>141
いや、起こるって。社会人博士課程は企業勤めしながら
学位が取れるんだから。

144 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:41:47
>>142
海外に論博はありませんよ

145 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 00:55:42
>>144
海外の大学院で給料もらいながら博士とるということ。
まともに研究するなら英語くらいできないとね。

146 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 01:20:42
>>143
名目上はそういう制度になってても、企業勤めしながら大学に来るのは実際は無理だろうね。
企業の研究データを外部に出さないようにする必要性とか、
帰った頃には席が無くなっていたとかいろいろあるだろうし。

147 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 03:17:47
論文の審査をもっときつくしてくれ。
日本の博士の9割りは糞じゃねーか。

148 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 03:35:05
>>147
そーゆーのは無理よ。
学部の単位も厳しくして、院試も昔ほどでなくていいから、もっと
厳しくして、修士も博士も全部厳しくしないと無理ですよ。

学部定員より院の定員が多いとか、ソルジャーやってたら学位が
降ってくるとか、そんなんだから糞しか育たない。

1年の力学でも微積でも、まじめに試験したら半分くらい落ちてる
でしょ。そこからはじめなきゃ。でも、これやるとサボり学生が
ぎゃーぎゃー反対するんだからダメだよ。

149 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 05:02:03
うちの大学の教養課程では学期期末試験の素点を1/2乗して評価付けている。
素点が100点だと評価10って感じで、36点取れば6が付いて最低限の単位は貰える。
まともに評価したら7割以上の学生が留年するんだって。

150 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 06:40:19
>>148
厳しくするのはいいんだけど、教える方ももっとまともにならないとダメだよね。
結局まともに教えられないから、学生もついてこられない。学生がついてこないから
試験や審査を厳しくすることができない。

151 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 08:06:33
>>149
大学でもゆとり教育をしているんですか。
馬鹿は留年させてもいいと思う。
卒業できなければそれまで。
すべて個人責任だよ。


152 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 08:34:40
業績あげた人に学位挙げたっていいじゃない。
大学に引きこもって糞ほどの業績も上げてないやつらだけに、
内輪の温情で博士号あげてたら余計にレベル下がるし学位も価値なくなる。

153 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 08:36:05
井口さんは昔から、自分が日本ではじめて主張していたと。
ttp://www.doblog.com/weblog/myblog/19256

154 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 08:44:17
>>146
社会人博士課程は、研究は自分の会社で、ふだんの自分のテーマを
研究していいんですよ。

155 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 09:03:31
>>152

このようなレスが多いが、学位の意味を全く分かって
無い奴が多いな。


156 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 09:18:00
入学金+年50マソ*3+αで学位取れるんだろ?
修士出てて業績十分なら1年でもOKなわけだし
大して変わらん気がする

157 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 09:34:44
>>156

同意。制度を一本化するにすぎないね。

研究→(学会発表→論文投稿)×n → 学位論文をまとめる

この流れはどういう制度だろうが同じだもん。

名目上きちんと指導教官がつき、大学の資産(参考文献、データ
ベース、自分の会社にはない実験設備)を活用できるし、聴きたい
講義があれば堂々と聞ける。指導教官とうまくやれば、自分の
研究に学生や院生の力を借りることも出来る。良い学生を捕まえ
れば自分の会社にスカウトすることすら可能だ。

大学の資金稼ぎという一面はまったく否定するつもりはないけど、
双方にメリットがあると思うし、社会人博士課程は良い制度だと思うよ。

158 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 09:52:33
俺投稿大家庭だけど、在学中、研究は週3日。あとは趣味とバイトに専念で余裕で学位取れた。
ただ就職はいいところなかったけど。
家庭博士なんてフリーターみたいなもんだな。
博士号なんて簡単に取れるんだから、論文博士存続でもいいんじゃない。
それか家庭博士の条件を現在の論文博士と同じくらい厳しくしたほうがいい。


159 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 10:01:59
なぜこのような趣旨のスレッドがお祭り状態に
なるのか。解せぬ

160 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 10:11:37
日本の博士は糞だからどうでもいいや。

161 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 10:43:35
>>158
>ただ就職はいいところなかったけど。
そりゃお前の業績がへぼかっただけ.

162 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 10:51:29
>>146
>帰った頃には席が無くなっていたとかいろいろあるだろうし。

大学に毎日行かなくても大丈夫だよ。
どこかに出向して何かするというのとは違う。

163 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 10:58:01
>>120
>実態はそれだけではないことも、企業の皆さんは当然みんなご存知なわけ。

もしかして技術系のお偉いさんになると自分は何もしなくてもD論ができているという話か。
ゴース・・・


164 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 11:18:20
さすがにD論の体裁にまではなってないと思うが必要な論文数は揃うな。
グループ全体の成果報告的な論文をグリープリーダをトップオーサーに
書いてるなんてことは普通にあるし。
リーダが技術的にまったく理解していなくてもお構いなし。

大体、博士号なんて、アカポス目指す際の入場料みたいなもんだから、
そういう業界を目指す気がなければ、とる必要ないでしょう。
会社の人は、いかに人を使って成果を出すかが重要だし、それにけちつける気もない。
発注した機器の詳細設計を説明に来る人だって、自分で計算したわけでもない資料を
いかにも分かった振りして説明してる。ちょっと質問したら答えられないし。

そういう商売上の手法はそれで結構だが、
そういう人が突然教員を目指しても、やっぱり相容れない文化なんじゃないでしょうか。

165 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 11:33:41
>>155
博士課程に進学しないと取れない意味って?
なんかメリットあるの。

166 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 11:50:04
じゃあ、会社の人が博士とる意味ってなんかあるの。

167 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 12:20:46
海外と仕事するとき,名詞に「Ph.D」と書いてないとかっこいわるいから意味あるよ

168 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 12:21:51
博士持ってなきゃ門前払いになるようなところだってあるんだろ。

169 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 13:10:02
企業勤めしながら学位も取ろうなんて奴はこれでも読め!

【Dr.K】博士取っても定職なし、Dr.はどこへ 4
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1113098921/

170 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:03:28
>>150
>教える方ももっとまともにならないとダメだよね。

その論理だと、まともでない教授から外部の研究者が
論文博士をもらおうとする理由がなくなるのだがw

2ちゃんでは「教え方が悪いから、教科書が悪いから」学生が
ついていけない妄想が多いが、現実はその学生が馬鹿なだけだよ。

171 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:16:26
>>164
>さすがにD論の体裁にまではなってないと思うが必要な論文数は揃うな。

D論の体裁から本発表の準備までお膳立てします。

172 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:16:38
>>170
> ついていけない妄想が多いが、現実はその学生が馬鹿なだけだよ。
んなこたあない。米国と比べたら日本の大学の教え方の悲惨さは比ではない。
教科書だって和書はいいものが少ないし、「学生が馬鹿だから」ってのは米国
の教授陣は絶対言わない。言っても言い訳として通用しないから。


173 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:22:08
米国と比べたら
米国と比べたら
米国と比べたら
米国と比べたら
米国と比べたら

174 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:23:44
>教科書だって和書はいいものが少ないし、

化学、生物はそうだが、数学、物理は学部レベルならそろってるじゃん。

175 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 15:28:48
>「学生が馬鹿だから」ってのは米国の教授陣は絶対言わない。

そりゃあそうさ。
勉強できないのは途中でどんどん放り出してるんだからw

176 :164:2005/04/16(土) 15:48:55
>>170
エー、そこまで面倒見てるの!

本人わかってないのばればれで、誰の考えたロジックかすぐわかるけど、
論文綴じまとめて、文章に統一感持たせて、発表用OHP作るくらいは
自分でしてるかと思ってたよ。
うちの親分は全部お見通しで論博出してるのかな?

じゃあ、あの人は課程博士に加えて実質的には論博をいくつも持っているな…

177 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 16:05:54
論博制度は、研究者側よりも国や企業のためにあった制度だと思うよ。

優秀で博士取りたいと思っている香具師を、学生や修士の身分で
安く雇うことができるからね。
んで、企業で博士にしてもらうと、やはり忠誠心もできてきて裏切ったりは
しなくなるしね。
忠誠心のない、興味がなくなればいつ出ていくかもわからない過程博士を
高い人件費で雇おうとは誰も思わないよ。
だから、過程博士は悲惨なんだよ。だから、優秀なやつは過程博士には
ならない。だから、企業もさらに過程博士を雇おうとはしない。
博士過程の奨学金が悲惨なのは、国らがそれに手を貸しているのではと勘繰ってしまう。
国も外国のような高額な奨学金を工面する必要もなくなるから都合がいいしね。
結局のところ、優秀な研究者に負担を押し付けているという制度だと思うよ。

論博制度が無くなれば、優秀な研究者は最初から博士としてそれなりの待遇で
雇わなくてはならなくなる。
研究者にとっては、とても良いことだと思うよ。
後は、奨学金がまともになれば良いね。

178 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 16:24:47
過程じゃねーよ

179 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 17:09:51
>>177
博士後期課程で3年間だらだらやらせるよりは修士あたりで引き受けて、
自分のところで鍛えた方がいいって考えてる企業多いよ。

180 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 17:57:00
過程じゃねーよ





童貞だよ

181 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 18:15:18
>>153
相変わらずこういうデムパな人が出てくるんだなー
ってか、いつもの人だけど。

>実は、日本社会で”論文博士”を廃止すべきだと、日本の歴史上初めて公に主張したのがこの私なのである。

>これは書籍としては自費出版の形で私がまだ理研にいた1995年、今から10年前に
>出版したものである。これは日本の主要な大学図書館に寄贈したのでほとんどの図書館に
>1冊あるはずである。これは知る人ぞ知る”名著”として知られている。
>この本を知らない人は、日本国内ではおよそ”文化人”や”教養人”や”インテリ”とは呼べないと
>言っても過言でないほど、国内のインテリたちに読まれた本である

おいらもこのぐらいの主張が出来る立派な学者に、早くなりたいものです。

182 :Nanashi_et_al. :2005/04/16(土) 19:25:57
博士(論文)

183 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 19:34:14

ヒロシです

184 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 19:47:29
博士(童貞)

185 :Nanashi_et_al.:2005/04/16(土) 23:06:57
>>181
堀江見てても思うけど、恥知らずって強いよな

186 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 08:35:42
論博の外国語試験(英語)って難しいの?
ちなみに、東京大学はどうですか?

187 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 08:56:27
博士をイギリスみたいに3年で取れるようにすればいいよ。
博士自体に意味があるのかね。金で買えるというのに。

188 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 08:57:59
博士持ってる人のDQN率日本は異常に高いよね。
アメリカもDQNPhDは腐るほどいるけど。

189 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 09:32:57
>>188
博士のDQN率を数値で示してくれ.話はそれからだ.

190 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 09:41:31
ノーベル賞自体少ないし。日本には糞博士しかいないということだろ。

191 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 09:44:19
論博がなくなっても日本の博士が評価されないことは変わらない。


192 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 09:51:32
>>187
課程は2年で取れるよ。
社会人枠ならば1年で取れるとこのスレのどこかに書いてあった。

193 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 09:58:06
>>190
なんだ.ノーベル賞信者か.

194 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 10:19:09
D課程途中で助手になった人は困るし
今後そういう人も出なくなるのか

企業で働いて論博というのは別になくしてもいいが
修士卒で助手のような優秀な人には博論認めた方がよくない?


195 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 10:29:09
>>194
>修士卒で助手のような優秀な人には博論認めた方がよくない?

昔はこういう人はけっこういたと思うけどそれは飛び級制度のような
ものがなかったからでしょ。

学部で1年飛び級して院に入り、Dは2年抜きすればいいじゃん。
Mは1年抜きできるのか知らないのだが、できるのであれば3年早くDが取れる。
優秀な人ならば、これでいいんじゃないの。

D途中で助手というのも聞くが、こんなことするより2年抜きでDとらせて
堂々と助手にすればいいのにと思うのだけどね。

196 :25歳修士助手:2005/04/17(日) 10:47:50
とにかく,俺が論博とるまで制度は維持ってことでよろしく。
5年ぐらい猶予ください。

ところで,大学教員しながら,過程Dってできるの?
光線助手ならばそういうひと知ってるんだが。
あと,その場合,科研費とかは申請できるよな?学生である前に教員だし。
額新DCとかはどうなんだろう。


197 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 11:17:04
ところで博士なんていうオナニー資格とってどうするの?WW

198 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 11:35:58
>>197
アカポスや理研の研究員になるには必要だから

199 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 12:37:46
>>196
教員しながら課程Dは現在でも原則として可能。
科研費の申請にDは必要ない。

ただ、そういうことを調べもしないお前の態度には大きな問題がある。

200 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 13:09:58
>>197

劣等感の塊。

201 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 14:11:39
>>199
原則として可能というより、それ以上にやりやすい職場ってあるか?
職場の理解はあり、職場と学校は地理的に縮退。
仕事と研究もおそらく縮退しているだろう。
むしろ、論文博士の選択肢がなくなったほうは、簡単で良いんじゃない。
(論文数が少なくてすむほうにしたんだろうとか勘ぐられないし)

202 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 15:00:47
>201
>むしろ、論文博士の選択肢がなくなったほうは、簡単で良いんじゃない。
>(論文数が少なくてすむほうにしたんだろうとか勘ぐられないし)
ははは。うまい!
でもマジで、廃止は反対です。


203 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 16:13:21
>>196
> ところで,大学教員しながら,過程Dってできるの?
> 光線助手ならばそういうひと知ってるんだが。

遅刻助手やりながらその大学の社会人院生として課程Dに所属している人、いま
すよ。所属部局の長が承認すれば可能、ということです。

# もっとも、うちの大学のそのケースの場合、いつまでも学位を取ろうとしな
# い万年助手を半ば強制的に社会人院生にさせたようだ。博士後期課程の定員
# を手っ取り早く埋めるための方策を兼ねているらしい。


204 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 17:32:07
>>198
アカポスや理研の研究員のどこがいいの?お金でも買えるんじゃない?

>>200
近所の3流大のDQNも博士とってたから全然すごいと思わないんだけど。


205 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 23:29:45
>>201
現実的に在籍が可能である大学と、職場が地理的に接近していない、
というのは仕方ないけど、アカデミックで仕事と(大学での)研究が
「縮退」(こういう用語を使うな)していないというのは考えにくいが。
しかも職場の理解がない、というのもちょっと考えにくい。

某スレでの有名人が挙げていたDQN大学のようなとこだとすれば、
D持たずに就職すること自体が軽率だし、もしDに色気があるんだったら
すっぱり退職してコースに通った方が気が利いていると思う。

206 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 01:35:08
これからの時代は博士であらんずは人にあらんずになるだろうね。
もちろんどこを修了したかではなく、いくつで修了したかになるだろう。
キャリアに関してはやはり博士課程修了者のみを採用すべき。
もちろん、大企業や市町村の一般職は博士課程修了者を最優先すべき。
就職難に関しては若者なんてどうでもいい。ODを解消しろ。
>>116 それを言うなら、金持ちじゃないと博士課程行けないから、
貧乏人だから行けなかったおじさんが妬んでるだけだよ。

207 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 01:42:27
>>206
学位は各大学で出すものなので、「どこ」が大事だよ。
イオンドの学位に意味はないw

208 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 01:48:26
お前、論文博士なんて汚い真似するんじゃないよ。
こっちは3年かけて借金もして、社会3年間の就労機会の損失までして取ったんだぞ。
金もらって、大学に賄賂払って称号を得るなんて許されることじゃないだろ。
退職がいやなら定年後に通って取るのが、筋ってもんじゃないのか。
どうして、そんな汚い真似して取ろうとするんだ。ちゃんと出るとこを出ろよ。

はぁ?・・・名刺にph.Dって入れたいからだとぉ! 浅ましい奴だ。

まあ、俺もそこまで話が判らん奴じゃない。
ちゃんと、課程博士と論文博士の称号をはっきり区別できるようにしてくれれば考えてやってもいいぞ。ただし、甲と乙じゃ駄目だ。英語に直したときに判らんからな。

そこで、俺に提案があるんだ。

俺たち課程博士はDoctor of philosophy (ドクター オブ フィロソフィー)だ。
お前ら論文博士はそうDoctor of philogyny (ドクター オブ フィロジニー)でどうだ。お前ら企業人が大好きな名刺にはph.Dって書けるだろ。日本人は発音がいまいちだからうまくごまかせば、気づかれない。まぁ、そんなドキドキ味わいたいだろ。
philogynyの意味か?
ttp://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=philogyny&stype=0&dtype=1
ドクターなんて名乗れないんだぜ。これぐらい受け入れろよな。

それともお前の持ってるよく意味の判らないMaster of science
をちょっと変えてMiser of scienceでもいいぜ。
こっちの方が、お前にはぴったりかな。

209 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 06:41:08
>>208
ワロタ。禿同。

210 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 06:45:51
>>196
いまどき修士で助手になれるなんてしょぼい分野だな。


211 :課程出:2005/04/18(月) 10:46:15
>>110

>>じゃあ、企業で学位出せばいいじゃん。
>>博士(トヨタ)とか、博士(松下)とかw

>>企業の研究のほうが大学より上なんだろ? 東大博士より
>>博士(ライブドア)のほうが評価されるよww

ふざけているようでいて,これは良い提案だと思う.

課程出は「論文博士と課程博士をいっしょにするな」と主張し,
論博は「我が国独自の制度なんだから残せ」「企業の研究もレベルは高い」
と言っているわけだから,
両者が納得するためには「博士(工学)(企業名)」という制度をつくればいい.

>>88
>>「オレは塾ですっげー勉強したんだよ。
>>ほら、こんなにすっげー卒論だって書いたぜ。東大の卒業証書くれよ。」
>>論博とらせろというのは、これと同じ要求をしているんだよ。

こういう問題もクリアできる.
塾が証明書を発行すれば良い.
「学士同等証明書(○○塾)(○○年○○月の全国偏差値において70.0)」とか(W

212 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 10:58:22
「学歴は卒業して得る」を原則として何が悪いの? >論博擁護派の皆さん

博士の肩書きがないと諸外国相手に商売しづらいって?

それならまず、国内企業が博士了を採用してくれないところを何とかしなくちゃね。

213 :Nanashi_et_al:2005/04/18(月) 16:04:37
>>208
分かるか?君のような人間がいるから企業は博士を採用しないんだよ。
大学でのPh.Dがすばらしいのであれば、ずっと大学に引っ込んで社会と
隔絶されてなさい。迷惑だ。
>>110
逆の意味で良い案だね。企業名が入ったPh.Dの方がプレミア付く気が
するし。

214 :208:2005/04/18(月) 17:13:32
>>213

大学でのPh.Dがすばらしいなんて書いたか?
そもそも、大学で所定の課程を経ずに、Ph.Dが名乗れる制度が、間違っていると思っているだけだ。

戦後の困窮した時代に就学できなかったが、在野ですばらしい研究者をしている人間を救済したかった
という論文博士を設立した経緯は判らないわけではない。
しかし、本来なら論文博士を与えるのは、国などが認めた業績がある人限定にして、
なおかつ名誉博士などの名称ではっきりした差別化を図るべきであると思う
今の自ら「俺は業績を上げたから博士にしろ」と言って申請する、今のやり方は正直、横暴だと思う。

しかも、今は困窮したそういう時代ではなく、大学院で3年間研究することぐらい誰だってできるだろう。
家や車を買う資金に使わず、その期間を食いつなぐ資金として貯金しておけばよい。

俺の家は金持ちでもなくて、親の学費負担は修士までが限界だった
だから、大学院進学のために大学時代からバイト代を貯金して、
正直レベルは落ちるが、奨学金やティーチングアシスタントなど収入源が、
確実に得られる大学を選んで進学し、課程博士をちゃんとゲットしたぞ。
おかげで、借金まみれでしんどいけどな。

だから、金が無くて当時博士をとれなかったから、今よこせ。
っと言ってる奴を俺は許せんのだよ。



215 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 17:54:27
課程博士と論文博士の両方で別々のテーマで審査を受けて、学位2つ持ちの香具師が
ちょっとここを通りますよ……。

216 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 19:10:56
>>213

俺の知ってる博士は企業に行ってるが。。。
お情けで採って貰ったのか、それとも
必要だと思って採られたのか知らないが。

今後研究者は一人前が採用される
傾向に行くと思うんだけれどね。


>>215
ガッ


217 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 19:42:36
一般的に言えることだが、最近は産業と学問をごちゃ混ぜにしてる風潮があるよなぁ。

>213はPh.Dが何の略でどういう意味があるのか知らないんだろうな。
ネットで調べれ。如何にアフォか自覚できるよ。(ププ

218 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 19:56:58
>>博士(ライブドア)

社長は大学すら出なくてもよいと言ってますが…
入ったほうがよいとは言ってるけど。

219 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 20:03:49
>>214
貧乏人は課程なんて行かずに就職したらよかったんだよ。


220 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 20:06:13
>>214

>しかも、今は困窮したそういう時代ではなく、大学院で3年間研究することぐらい誰だってできるだろう。
誰だっては言い過ぎ。金がなくて進学できないやつはいくらでもいるぞ。
俺の場合は元々親の大学のころから学費負担0だったし、修士の時点でこちらから仕送せんといかんようになってしまった。
んで、やむなく修士で就職して、今はその会社もやめて介護生活だ。
このご時世だから、親の不遇のせいで進学できないやつは多いんじゃないのか。
昔のほうが授業料や生活費が安かったから、まだなんとかなったように思うよ。

でも俺は、論博には反対。こういった貧乏につけこんでいるように感じてしまうから。
奨学金を充実すべき。

221 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 20:27:23
通信教育にしる

222 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 20:32:51
つーかね,俺は中途半端に親の収入があるから授業料免除が受けられない罠に陥った.
親は進学に反対だったから自分で何とかしたわ.
その一方で授業料免除受けながら車2台も乗り回してたダチがいたわけだが.


223 :220:2005/04/18(月) 20:43:36
特別奨学生で半分ぐらいの確率で授業料全免だったような気がする。
だから仕送0でもやっていけたんだよな。
もう何年前の話だろう。

224 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 21:11:24
>日本独自の制度で国際的な通用性に欠ける

課程現状のままじゃ、博士の安売りで国際的信用は落ちる一方になる
希ガス。
漏れの勤め所が去年、某私立大学の修博一貫課程を出てきたやつを
雇った。評判良くないなー。
結局のところ、よっぽど前向きに努力して勉強し研究しない限り、
一貫のメリットは生かせないんだよな。でもそういう学生は少ないみたい
だね。だから本当なら博士を授与するにはまだ早い状態でも、
大学は「一貫課程」っていうカリキュラムを残すために、単独課程で
学ぶより少し早くドクターを揚げるという本末転倒なことしてるようだな。

っていうか、学士募集で偏差値にして60斬ってる大学は、博士課程なんて
もの持つべきじゃないなんてね。


今度、北大で博士課程への援助金を増やして、博士に進む学生を
確保しようみたいなことやるみたいだけど、これも本末転倒に
ならなければいいけどな。頼むからせめて「腐っても北大」と
言えるくらいのレベルにはしてくれよ・・・


225 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 22:21:02
外国ではダブルドクターはけっこういるからな。

日本も、博士(トヨタ)、博士(ソニー)とか会社を
渡り歩いてドクターコレクションするといいぞ。

226 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 23:09:45
課程博士をみると笑っちゃうよな。
博士でやってきたことしか出来ない奴が
研究者になれるはずないじゃん。
専門馬鹿は博士の価値なし。


227 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 23:12:19
理系は論博をなくしてもいいかもしれないけど、
文系はどうするんだろう。
課程でドクター取れる奴なんて少ないし、就職し
て論博になる奴が多い。
文系救済策を考える必要あり。

228 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 23:23:42
私は修士でNature Biotec. 出したけど文系就職してマッタリすごしてる。
(思いつきでやった研究だったので一発屋でしたが・・・)
でもそういう普通の人生にまったく興味がなく、世界を変えられるような
すごい研究するぞっ!っていう意気込みのある人が、その第一段階として
博士をとってみよう、というだけのこと。
名刺にPh.Dがすごいんじゃない。
自分の志がすごいんだよ。
だから論博ろうが課博だろうが一緒。
論博の人は企業でなければできない研究をした人、
課博は大学でなければできない研究をした人、にあたえられる。

・・・という理想論。

229 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 23:29:06
だから論博ろう!
だから論博ろう!
だから論博ろう!

230 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 00:03:00
何か、MD vs PhD 厨が混じってる気がする。



231 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 01:17:53
>>227
文系の人がなぜ理系板に来るのか知らんが、どちらにしても
アカポスについている人用の論文博士はなくなりませんよ。

高校の先生しながら、こつこつ資料を集めていって文学博士を
取るという人が、今の時代にどのくらいいるのか知りませんが、
社会人用の短縮コース(週一回大学に行く程度)で取れませんか?

232 :Nanashi_et_al. :2005/04/19(火) 01:42:57
なぜか勘違いしてる香具師がたくさんいるようなので書いておく。

博士号は、 表 彰 で は な い。

企業や毒法研究所でいかにすごいことをやろうが、 そ れ は 表 彰 さ れ る べ き で も の で あ っ た と し て も 学 位 を 与 え る 対 象 で は な い。

233 :Nanashi_et_al. :2005/04/19(火) 01:45:12
>>231
> 社会人用の短縮コース(週一回大学に行く程度)で取れませんか?

学位記に「週一回コース修了」と書かれてもいいのか?

234 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 02:01:13
>>233
理学理論系の俺の場合、学位記に「三年間放置コース修了」と書かれてまつ

235 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 02:53:56
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0224/graph1.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0224/graph15.htm


Athlon64 4000+
3DMark05 1024x768 noAA
 │
 ├───────────────┐5571
 ├───────────────┘
 │
 └──────────────────────────┘
 0                                      9000


Pentium4 560
3DMark05 1024x768 noAA
 │
 ├────────────────────────┐4496
 ├────────────────────────┘
 │
 └──────────────────────────┘
 0                                      5000

下のほうが性能が良く見えます
これが目の錯覚です


236 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 08:00:53
論文博士を取ろうとして準備中の人が、制度の存続を願って屁理屈をこねる
スレッドは、ここでつか?

237 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 09:23:40
>>224
>>学士募集で偏差値にして60斬ってる大学

少子化の影響で
地底工学部でも60切る時代ですが何か

238 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 22:58:30
論文博士って確かに裏口入学だよな。

企業に行ったっということは、博士号を取るっていう選択肢を捨ててるんだよ。

ごねて取ろうとするなよ。まったくチョンみたいな奴らだな。

239 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 22:22:34
大学でくそみたいな研究するよりも企業で一流の研究してる方がはるかに役に立つ。ドクターはフリーターとあんまり変わらない。

240 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 23:01:32
>>238
裏口に業績で負けているくせに文句言うな。
欧米雑誌に5報以上で学位とってみろ。
おまえなんてせいぜいチンケナ国内誌に3報程度なんだろ(爆
しかも、和文だったら大笑い(ぷ

241 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 23:41:41
皆さん必死ですね。学位なんてなくても、企業では充分幸せになれますよ。
何が不足なんでしょうか?

242 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 23:44:53
>>241
肩書きw

243 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 23:52:12
>>241は幸せの基準が低いらしい

244 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 23:54:10
欧米雑誌に5報 4000万円
企業で一流の研究 1億円
博士の肩書き priceless

245 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 00:56:36
企業の人ってそんなにD欲しいの?
必死に煽るほど欲しいもんなの?
企業で1流の研究って具体的にどんなこと?
俺、まだ1年だからよくわかんねーんだけど。

246 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 01:00:40
>>239

基礎研究の積み重ねも無しに、一流の研究が行えると思っているのか?




















って、基地外のレスにマジレスwwwwwwww

247 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 01:02:48
論文博士に代筆論文が増えてきたから、問題になったんじゃないのか?

でも、課程博士の方が更に(ry

どっちも海外で通用しない罠 orz

248 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 01:04:15
一部の鼻くそみたいな大学の大学院を全廃すればいいんじゃね?
Fランク大ドクターはとるだけムダだろ

249 :sage:2005/04/21(木) 01:38:32
なんか論文5報で論博とって、必死に自慢してるやつが張り付いてるな。
研究の内容に自信がないから、論文の数にこだわるんだろうなぁ。
欧米雑誌5報っていっても、かすみたいなIFなんだろ。悲しいねぇ。

250 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 03:04:27
だーかーらー、学位記は表彰状じゃねーんだってば!

企業勤めで業績数が多い?
あぁ、それは良かったね。
会社の上司に寿司でも奢ってもらえばそれでいいじゃん。

251 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 08:42:39
よく分からんけど自分でちゃんと研究できて論文が書ける
人が博士を取るということでいいんじゃないの。ほかに何か
要件があるのか分からん。

そういう意味では課程でも論博でもいい加減な奴はいい加減
で、そういういい加減を排除しないと日本の博士の信用は
上がらんという感じかな。で、論博の場合は部下に全部書かせて
名前だけ自分とかそういうののチェックがないということ?

252 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 13:57:53
日本の博士が悲惨なのは、論博があるからだよ。
論博があるからできるやつは、博士課程にはいかない。
就職に失敗したり、まだ遊びたいといった香具師が博士課程に大量にいってしまう。
こんな課程博士と比較して論博のほうが云々といっても意味がない。
できるやつが博士課程でみっちりと鍛えられてこそ、本当の博士が生まれる。

253 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 14:12:00
博士は研究の免許みたいなもんだろう。
日本以外では、研究をするには博士が必須になっている。
学士や(あったとして)修士は、せいぜいその下働ぐらいしか許されない。
貴重な資産を突っ込むんだから、責任者には正当な資格が必要って事だろう。
でないと、企業なら株主、大学なら国、公共団体他の出資者の理解が得られない。
研究がしたいのなら、院へいって博士を取れというのが基本的スタンスだな。
日本の場合、そんなことをすると論文博士は不可能となってしまう。
だから、日本企業では、何の資格もない人間が普通に研究に従事することとなる。
企業が外国と研究で連携しようとするとこのあたりでおかしなことになってしまう。


254 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 14:31:04
論文博士のどこが悪いんだ?

18 :名無しのひみつ :2005/04/14(木) 17:34:32 ID:VLfZNXfh
>> 俺もそう思う。 論文博士の方が,博士課程を出た人間より研究者として優れた業績を持っている人が多い。

私が会った範囲では・・・
論文博士: 実力者、苦労人
課程博士: 世間知らず、太鼓持ち、業績無し、有力教授の顔色を窺うばかりの小人物

255 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 14:55:43
>>254
論文博士が悪い訳じゃなくて、社会人博士課程制度と論文博士
という制度を一本化する、っていうだけのことだよ。

今まで論博の論文指導料とかの不明朗な会計を学費という明朗
会計にするだけのことさ。

企業研究者の学位取得を妨げるものではないんだってば。

256 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 15:18:18
自分の場合は、数学修士で、企業で生物をやっていくので、
論文博士があるとありがたい。

257 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 19:31:27
同期で東西もの有名私大の友達に聞くと、理系の研究室(教授)の人気では
総じて

企業出身(世代的にほとんど論博)>他大学出身>生え抜き

になるそうだよ。それは別にコネや人脈で、何かと有利とかではなく
純粋に研究思考、態度などで判断してそうなるとか。

企業出身の人は、「教授」になり学生を教育するということが新鮮なためか、
そのプレッシャーなのかは知らないけど、いろんな意味で学生に対して
気持ちを入れてくれるんだってさ。
他大学出身の人は、いろんなタイプがいるみたい。いい感じで腰が低く
熱心な人もいれば、一部の旧帝大出などでプライドが高く、ステップアップの
踏み台でしかないかのごとくのような人もいるとか。
そして生え抜き・・・私大は大抵どこも生き残り大作戦で、特に理系は
外から教授を入れる傾向があるみたいで、能力もそんなに高くないのに
いらないプライドだけ高く、かつての自分とは異なる今時の学生に何かと厳しいとか。



258 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 20:21:07
>>250
>企業勤めで業績数が多い?
>あぁ、それは良かったね。
>会社の上司に寿司でも奢ってもらえばそれでいいじゃん。

企業では業績が多くても認められないんだよね。
たぶん寿司もおごってもらえないんだろう。

学位とったからって認められるわけではないのにね。

259 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 20:28:06
>>254
いい人と付き合っていたのでしょうか。
俺はこういうのに会ったよ。
論文博士: 態度がでかい某大企業出身者、論文は自分では書いていない。
書いたのはもちろん部下。

260 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 21:11:29
>>251
>よく分からんけど自分でちゃんと研究できて論文が書ける
>人が博士を取るということでいいんじゃないの。

それで問題ない。

>そういういい加減を排除しないと日本の博士の信用は
>上がらんという感じかな。

激しく同意。

>論博の場合は部下に全部書かせて

いい加減をなくして、論博の審査を厳格にやるなら、今の体制では無理。
独立機関を作るか、審査料を数十万〜百数十万円にして落とす時は落とす。

論博という制度自体が、博士課程が有名無実だった(ほとんど学生が
いなかった)時代の遺物。俺は、独立した機関を作るほうが、妙なコネや
裏金がなくなって良いと思う。大学が出すのは課程博士だけでよい。

261 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 21:46:12
論文博士で立派な人もいれば,そうでない人もいる(うちの業界では多いかも).
課程博士で優秀な香具師もいれば,
そうでない人もいる(沢山いるかも).

自分がしっかりした研究をして,
ちゃんとした業績をだしていけばいいのでは?
博士号は研究者のスタート地点(の道標?)であって,
だから安泰ってわけでもないと思う.

262 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 22:06:33
「課程博士にクズが多いから、論文博士の制度を残そう」という
詭弁を使うやつ多いよなw

263 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 22:31:19
部下に博士論文を書かせるのと、アイデアは教授で学生は手足を動かしただ
けの課程ではどちらがましなのか?
どちらも博士に値しないと思うが。

>>261
禿同
学位云々よりも研究者の能力を論じたほうが良い。
やはり業績がないと誰からも認められない。
学会誌1報で博士論文になる研究ってどんな分野か知りたい。
普通、5報くらいないと博士論文と言えないのでは?


264 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 22:46:19
>>263
俺も同意.

うちのN社だと研究してない名前だけ共著の
マネージャーや部長が,部下の論文を使って
金とコネでDr.取ったりしてるからな...

結局,実力のある人間が正当に実力を評価されて
博士号を与えられるのであれば,論文でも課程でも
問題はないのだが.

265 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 23:02:05
>>263
数学とか理学理論系だと、論文一本書くのも大変だったりする。

266 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 00:08:52
会社に籍を置いて博士取ろうだなんてふざけんな。
出向?なんだよお前。

267 :Nanashi_et_al:2005/04/22(金) 00:27:35
>>265

>>98
数学の世界だと、難問一問完璧に解ければそれ一報で博士はありでしょう。


268 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 00:44:29
>>263
部下に命令してアイデアも実験も論文も書かせるヤツよりも、最初のアイデアは教授でも
自分で実験して論文書いた学生のほうがよっぽどましと思うが。
だいたい教授はとっかかりのネタをだすくらいで後は放置が普通だろ。
何かやっているうちに問題が出たりそれを解決したりするわけで
最初から最後まで教授がネタふりなんて聞いたことがない。
そんな暇な教授いるわけないじゃん。
自分がやった上で後は内容がとわれるのではないか。

269 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 01:02:41
>>264
>うちのN社だと研究してない名前だけ共著の
>マネージャーや部長が,部下の論文を使って
>金とコネでDr.取ったりしてるからな...

企業の人は論博廃止をいう前に、こういう連中を根絶やしにして
実力で学位取った人が出世できるように会社を変えていったらどうだ。
今の時代ならばできるんじゃないのか。

それにしてもN社か。もしもあそこだとしたらやっぱり無理かな。
俺は半分はいんちきだと思ってるよ。

270 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 01:39:15
>>269
たしかに、そのとおりなんだけど
実際の世の中って、腹黒いヤツのほうが出世しやすく
なって、簡単に変えられないようなっている(している)
ところが悲しいんだよね。

部下の論文が欲しいから研究所から部下を飛ばしたって
話も聞いた。パワハラって見かけるし実際にあるんだよね。

インチキしたやつをコクって、
学位取得の課程に不正があれば、再審議や学位剥奪できる
制度もあっていいかも。

271 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 02:29:53
(以下のコメントは学生から見た大学教授の評価)

257 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 19:31:27
同期で東西もの有名私大の友達に聞くと、理系の研究室(教授)の人気では 総じて

企業出身(世代的にほとんど論博)>他大学出身>生え抜き

になるそうだよ。それは別にコネや人脈で何かと有利とかではなく 純粋に研究思考、態度などで判断してそうなるとか。

企業出身の人は、「教授」になり学生を教育するということが新鮮なためか、そのプレッシャーなのかは知らないけど、いろんな意味で学生に対して気持ちを入れてくれるんだってさ。

他大学出身の人は、いろんなタイプがいるみたい。いい感じで腰が低く熱心な人もいれば、一部の旧帝大出などでプライドが高く、ステップアップの踏み台でしかないかのごとくのような人もいるとか。

そして生え抜き・・・私大は大抵どこも生き残り大作戦で、特に理系は外から教授を入れる傾向があるみたいで、能力もそんなに高くないのにいらないプライドだけ高く、かつての自分とは異なる今時の学生に何かと厳しいとか。

####「生え抜き」、つまり In-breeding (同系交配、近親交配、派閥人事)
経験の狭い人間が無能なのはトートロジーのようなもんだ。

272 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 02:34:20
「課程博士は優秀だったから制度を残そう」という
詭弁を使うやつ多いよなw

273 :272:2005/04/22(金) 02:35:09
間違った

「課程博士は優秀だったから論博なくそう」という
詭弁を使うやつ多いよなw

274 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 07:50:11
>>273
いずれにしても、これだけは言える。



   お 前 馬 鹿 だ ろ

275 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 10:37:17
研究者目指すにはここの生命工学技術科とかどうですか?
http://www.tcm.ac.jp/index.html

276 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 10:37:47
日本の博士のDQN化が加速してますねw

277 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 12:40:51
てゆうか、過去の論博の学位も剥奪しろや

278 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 13:18:26
企業がDのない社員を自社の寄附(連携)講座に送り込んでD取らす例だってある
寄附講座の助教授にして配属学生の業績を目一杯使い取得させた酷い例もある

279 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 13:48:53
そこまでするメリットが良くわからないね。
ひも付きの奨学金を一本出して、課程博士採ればいいだけのように思うが。
大学文化に染まりきっているのがいやなら、ひも付きの条件として、毎月会社で状況報告とかさせて
企業文化に慣らしていけば、会社が失うものは特にないと思う。

280 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 15:04:00
お前ら博士号とっても仕事できなければDQN扱いだぞ。
使えない余剰博士がたくさんいるじゃないか。
下手な博士より専門卒のテクニシャンの方が使えたりする。
給料高くて使えなかったら最悪だぞ。

281 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 16:19:17
>>279
>会社が失うものは特にないと思う。
大学というぬるま湯の中で、社員が自己成長の機会と時間を失う。

282 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 17:14:44
>>281
ぬるま湯から肩書きもらう必要ないじゃん

283 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 17:32:38
うむ、>>281は名刺に博士(ぬるま湯)とでも書いておいたら。

284 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 18:00:35
日本で博士は怠け者認定資格ですが何か?

285 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 18:22:51
うちの大学になかなか学位取れない論博いるわ。
運悪く厳しい教授に当たったね。
ごくろうさん。

286 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 18:51:15
>>285
なんじゃそりゃ。

287 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 19:17:14
>>283
俺、「博士(温泉)」がいい!

288 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 19:54:41
誰でも実力があれば博士やりゃいいだろうが.
こうやったからって博士の価値があがるのかね?

289 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:07:58
実力さえあれば、もらえるのは資格。
博士は学位だから、学校行けってことだよ。

290 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:11:01
論文学士、論文修士なんてないわけだろ。
論文博士だけがなぜ必要?
大検はみなし高卒を作る制度で、目的も定義もはっきりしている。

博士号の定義をはっきりさせましょうというだけの議論だと思っているが。

291 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:16:45
結局、PhDの定義を欧米のスタイルに合わせましょうって話しでは?
しかし、医学部卒業=MDの方は議論に上がらないのね。

292 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:20:32
じゃあ、お前らの大好きな偏差値で学位を与えたらどうよ。

河合塾で80、駿台で70以上の人間に学位を与える。
学位は、博士(知識)

293 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:29:47
>>292
「博士(知識)(河合塾)」と省略せずに書いてくれたらなw

294 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:31:19
>>288
正直、審査がめんどい。審査料が今まで数万円だったのを
数十万〜百数十万にしていいなら、制度は残るかもしれない

295 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 20:34:35
>>293
博士(知識、Z会)

296 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:24:45
>>290
博士号を定義どおりの資格にするためには、研究能力がない奴を
排除する必要がある。
学位を与える資格は学会誌5報以上(英文)でどうよ。
課程4年で学位を取れない場合は研究能力がないという理由で退学。
290は大丈夫か(爆


297 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:33:36
>>293
博士(計算、公文式)

298 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:38:01
>>296
とりあえず分野を書けよ。化学なら欧文誌5報なんてざらだし、
数学で5報は無理だろ。>>296は自分が5報で論博もらったから、
自分を基準にしたいだけだろ。

299 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:39:02
>>296
分野によって文化が違う。既出(←なぜか変換できた)だが、
数学なら年に1本がやっと。情報なら、和文で学位出すのがデフォ。

さらに、ファーストがどうのと言い出すと大変。この習慣のない分野もある。
博士なんだから、ファースト5報じゃないとダメとすると辛い分野もある。

300 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:39:26
博士号を資格と言う時点で既にいたい。

301 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:49:29
>>298
分野 生態学、
実はデータを取るのに時間がかかるため、凡人には5報は
つらいと思う。でも、凡人に学位を与えるのはおかしいよね。
これくらい厳しくないと企業の学士さんや修士さんよりも研究
能力が上という証明にはなるまい。 


302 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 21:50:27
>>300
学士よりも研究能力が劣る博士なんて笑い話にもならないよ。

303 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 22:07:28
>>300

研究者としての資格ではないが、公募では資格になってる。

応募資格: 博士の学位を有する者


304 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 22:09:44
>>301
博士のほうが、学士さんや修士さんよりも研究能力が上?
ただの免許なのに??

二種免許を持っている運転手よりも車の運転のうまい人は
たくさんいるだろうし、中卒高卒でも学士様よりすぐれている
人がたくさんいるだろう。何がおかしいの?

305 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 22:46:35
建前としては博士の方が研究能力にすぐれてることになってる。
あくまでも建前。学士でも企業でうまく育ててもらったり、運良く
研究職につければ、博士より能力のある人間がでてくるのは至極当然。

しかし、これからは研究職につけるのは博士必須くらいになるかもしれないから、
研究能力に関して博士よりも能力がある学士というのはいなくなるだろう。

306 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 23:50:25
博士号授与の基準が論文数というのも貧困だとおもうがな.

307 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 01:08:59
日本の学位が薄っぺらくなっているのは、今に始まったことじゃないしな。
言葉は悪いが、金さえ余裕があれば、よっぽどの馬鹿でも修士までは
大学に通っているだけでも取れてしまうんだし。
これは、博士号だけを言ってもダメだよ、きっと。
義務教育後のシステム全体を何とかしないと。

日本は、技術屋や職人のための進路プランや教育システムが
ほとんど発達してないんだよな。本来、それは工業高校や高専が
堂々とした位置にあるべきなのに、できてない。
また、大学での「研究」というものが、文系と理系が一緒になって同一線のように
扱われてきてたしね。(作った人間にほとんど理系がいないんだから
仕方のかもしれんが・・・)

それで、もう普通に堂々と「大学は学問を学ぶだけのところじゃない、
それ以外の貴重な経験を積み重ねることも重要だし、むしろその
経験の方が主であっても構わない」と言えてしまう状態で、それに違和感を
覚えない社会になってしまっている。


少々内容が脱線気味だったが、とにかく博士だけ「常識」に形に変えようとしても
上手くいかないよ。

308 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 01:22:47
>>307
と、高専卒が申しています。

309 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 04:43:59
>308
博士持ちが書いているとしか読めん。
ま、課程か論文かはわからんけど。

310 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 07:01:34
偏差値50未満の大学から宮廷院は普通にいるからな。
内部以外は馬鹿大ばっかですよね。なぜなんでしょう。
一番多いのが2ランク低い3流大学から一流大院ロンダですよね。
やはり能力的にロンダはかなり劣りますが。
結局内部は修士で就職する人がほとんどで博士にいくのが3流大出身になっています。
つまり論博を廃止することは博士が馬鹿ばかりになりますね。
自分は地底なんですが日塔狛船レベルのロンダがかなりいます。しかも博士まで行く人が多いです。
自分のところは定員割を起こしているのでしょうがないですが。

311 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 08:27:52
>>310
出身大学の名前で研究できるほど、この世界は甘くない。
個々の研究能力によって差がつくのだ。
コネで就職できても、これからは能力がなけ
れば失職してしまうだろう。
大学の名前で選ぶよりも、優れた指導者を探して、
指導してもらったほうが良い。

312 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 09:19:31
>>311
そうでもねーんだよ、これが。
そう信じたい気持ちもわからんではないけど、>>311も童貞を捨ててみれば
わかると思う。

ただ、出身大学がご立派だからといって、それで安心できる時代ではない
というのは事実ではある。

313 :310:2005/04/23(土) 09:31:02
>>311
だから能力的にロンダは劣ると書いているだろうが。当たり前だよ。高校の勉強もロクに理解できない奴らなんだから。

314 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:05:59
>>310
>結局内部は修士で就職する人がほとんどで博士にいくのが3流大出身になっています。
>つまり論博を廃止することは博士が馬鹿ばかりになりますね。

なんでこうなるんだよ。
最初から内部生が博士へ進学すればいいじゃないか。

へたれで進学しないのか、まずは金とこずるく立ち回りたいのか。

身をわきまえていかない人もいると思うが、そういう人はグチグチ言わない。

315 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:20:06
>>314
博士進学する人は留年かロンダで就職できない人が多かった。内部で博士進学したのは1割。
博士はリスクが大きすぎるし、金がかかりすぎる。一流企業に就職するなら修士だから。

316 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:21:01
それ以前に理系に進学しないで学部卒でさっさと就職。

317 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:31:45
>>315
>博士進学する人は留年かロンダで就職できない人が多かった。

オイオイ、つまり内部ロンダにかかわらず、就職できない人、がいてそいつらが
博士に進学したってことか?
これはお舞のいる地底の話なのか?
修士卒で就職できないなんて、はっきりいってその地底のレベルが低いだけじゃないか?

あと、一流企業に行きたいのならばずっとそこにいればいいじゃん。
学位なんていらないだろう。

318 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:35:23
そういうグダグダした論議は俺が論博とった後にしてくれ。
休日の朝からいやいや論文書こうと思っているのに、
そんな夢もチボーもない論議されると困るわけなのだが。。。


319 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:39:54
>>317
は?地底の就職はそんなもんだよ。ロンダの就職は厳しい。強力なコネがある教授がいれば別だが。
博士までいったら民間、特に一流企業の就職はほとんどない。大学に残るか、ベンチャー行くか、フリーターやるかニートやるかのどれか。
当然大学残れるのは一部なので、ほとんどはまともに就職できない。博士はフリーターまでの時間稼ぎみたいなもの。


320 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 10:53:16
ロンダの就職は厳しいと2chではよく見るが、315を見ると内部留年生の就職も厳しいようだな。
地底ってこんなものなのか。

どうやら319は一流企業に入ることが一番の目的のようだな。
それを否定するつもりはないが、こういう人に学位なんて関係ないのではないか。

321 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 11:07:39
本当に有能な人間以外は学位持ってても意味ないからな。

322 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 11:13:39
3流大学じゃ周りに熱心に研究する人がいないから、
連日泊りがけで実験していると奇異な目で見られる。
データの論議をする相手も周りには誰もいない。
そういうのが1年2年積もっていくと、脱出したくなるだよ。
それがロンダの理由だと思うぞ。
そりゃ、内部生と比べれば劣るかもしれんが、
本人には絶対にプラスになっているはず。
あんまり悪く言うなや。



323 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 11:19:17
>>319
最近は変わりつつあるよ。
色んな方が努力している。
日経サイエンス見てみなよ。

324 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 11:49:17
>>322
2chで内部vsロンダを煽る人は、ときたま現れる優秀なロンダをひがんでいる内部生というのがよくあるパターン。
できる人は気にしないし、する必要もない。

325 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 12:15:52
だから優秀なロンダは居るよそりゃさ。でも大部分は駄目。
研究したい人を止めるつもりは全くないから。
3流大で研究するよりはよいに決まってるから。
教員も貴重な労働力として見ている。将来の保障はないけど。


326 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 13:22:41
310は研究能力が低いと思われる。
つまり、310=無能ってこと。

327 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 13:30:25
現在博士課程に進学している顔ぶれと、
論博廃止後博士課程に進学する顔ぶれは変わるはずなので、
310の指摘は少々短絡的。

328 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 16:56:58
>322
日曜日に研究室に行ったら
テニスルックの教授に遭遇し、
「なんで仕事してるんだ?」って
非常に驚かれたよ。

329 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 18:01:12
>つまり論博を廃止することは博士が馬鹿ばかりになりますね。

何か問題でも? 博士はバカ、優秀な人は修士卒で企業に行く、
ということでメデタシメデタシ。博士はバカばっかりなんだから、
論博取ってバカの仲間入りする必要もなし。住み分けできてオメデトウ。

課程博士はバカ、大学はクソというのを論拠にして、論博制度残せ!と
いう人は、自分の矛盾に気がつかないんだよねプ

330 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 19:45:08
>>322-325
そーなのかなー。漏れは、内部ではそこそこだったと思うが、同じ
研究室のロンダには総合的に負けてた思う。
うちだけに限らず、知り合いの部屋もそんな感じだった。
ロンダは、来る前から内部に対してハンディーを背負わないよう
構えて頑張ってるみたいだから、結果として優秀な人が多かった希ガス。
知識も広かったりするしね。
彼は普通に希望先に就職したよ。漏れも何とかできたけど・・・
そして博課に行ったのは・・・「あー、やっぱりあの人ね」って人だった。

ただ、>>322と似たような話は凄くよく聴いたな。
今のご時勢「腐っても休廷」というようにはいかなくなってるが、
「生きが良くても所詮酸流」というのもあるね。周りの人が酸に侵されている
から、相乗効果が生まれない。予算が少なく、なかなか思い切れない。
などなど。


331 :ケミー:2005/04/23(土) 23:01:54
>>331
>>ロンダは、結果として優秀な人が多かった希ガス。

私もそう思います。
ロンダのレベルが低いっておかしいですね。
だって試験に合格して入ったわけですから。
少なくとも同等でしょう。


332 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:25:12
>>329
同意。博士は馬鹿でいいよね。論博廃止して博士の価値を上げようと思ったようだが現実は逆みたいだね。

馬鹿じゃねーの院試はザルだよ。旧帝院でも定員割の研究室あるぞ。
ロンダは教授も企業に推薦できないみたいだ。
博士までいくのならいいのだが、修士で就職するためだけにロンダする奴はうざがられていた。
内部生からも相手にされてなかった。
ロンダが優秀?wwさすがに偏差値50の大学からロンダした奴は馬鹿だったwそいつはその大学でも成績下位だったらしいw
優秀な奴もたまにいるが、それなりの大学出身者だな。

333 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:34:06
>>329
まぁDrとってから言ってよ。説得力ない。

334 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:39:29
Drってそんなにすごいの?近所の3流高校出身3流大卒も博士号取ってたけど。
現役で東大行った親友は逆に修士で就職して企業で開発やってます。
Drは国家資格でもなんでもないんだから、どうでもいいのでは?

335 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:42:41
Dr.というよりPhDはそれだけでは何の意味もないよね。自己満足でしょ?金でも買えるしね。
それより、PhDは業績の方が重要なのでは?PhDでもフリーター、ニートじゃねw
MDの場合は国家資格ですから別ですが。

336 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:44:23
PhDの方は自分のことをDr.と呼んでほしいのですか?
一般人はお医者様と勘違いしてしまいますよね。

337 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:45:30
博士号にそんなに思いがあるのか?おまいら。

研究やる上での単なる免許状にすぎんだろ(特に海外の) 。
PhDが無いと、海外ポスドクは無理だろ。

338 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:52:30
俺偉いよ〜俺偉いよ〜と言い合ってるようにしか見えない
レスが数個発見できますな。

>>337のレスがすべてでしょ。

339 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:52:52
海外の大学からお金で買った博士号でも大丈夫ですか?

340 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:55:29
何が?

341 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:55:56
>>337
海外で研究するなら海外でPhD取ってよ。
海外でもどの研究室でPhD取るかによって評価が全然違うみたいですね。

342 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:56:27
>>340
ポスドク可能?

343 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:56:44
イオンド大学の博士号でも、博士は博士だよw

344 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 00:59:06
イオンドで博士取って名刺にDr.って書こうw
最近は他大学もありますよね。イギリスの○○大学とか。いかにもまともな大学っぽい名前の大学とか。

345 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:00:01
まともな大学でも金で博士号売ってます。
それは大学の利益になりますから。

346 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:00:15
>>341
さすが2ch、噂話が大好きですな。

>>342
金積めばポスドクなんていくらでも採用してくれるだろ。

347 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:02:02
>>346
噂じゃなくマジですよ。日本でもどの教授の下で博士とったかというのは多少は関係するのでは?

348 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:05:06
米国にはPhDが腐るほどいます。金も含めて。

349 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:05:42
で、何についてディスカッションしたいんですか?

350 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:08:02
論博なくなっても金で買えば同じことでは?

351 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:10:49
>>348
博士の値段はいくら?

352 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:14:41
普通は50万くらいじゃない?有名大ならもっと高いけど。200万とか。


353 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:16:33
PhDだけ持ってても研究がしょぼかったら意味ないしね。

354 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:16:54
じゃあ、日本で論博なくなっても、200万でハーバードの学位
とれば問題ないじゃん

355 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:19:19
学位だけとっても意味ないって。研究できなければ学位もっててもアホ扱い。
みんな研究の勉強するために大学院いくわけだから。
学位はオマケみたいなもの。

356 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:20:41
米国にPhD持ちはたくさんいるけど、食えているのはかなり少ない。

357 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:21:43
>>351
能力があれば0円です。

358 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:22:03
米国では大学院で金がでるから、課程で博士とってもそんなに負担にならない。

359 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:41:22
>>358
やっぱ日本の「大学」と「学位」が可笑しいんだよな。
全員大学進学可能って・・・どういう状況だよ。
論博は課程まで学生していられるほどの環境じゃない人が多いからって
ことが一つの因子になって出てきたはずだが、意味不明な大学や施設を
増やすことを許して、結局は費用負担は今の方が大きくなってるもんな。

ドイツ人を知り合いになったとき日本の大学の話を
話したらあちこちで悲鳴をあげられたよ。実際ドイツなんか結構いい構成と
仕組みだった思う。
最近、歪みに耐えきれなくなりつつあるようだけど。

360 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:54:11

博士とはいかなるものぞや。 
いわゆる博士号じゃなくて、概念として。

院の博士号を持たずとも、
研究を続け成果をあげ論文にまとめ、
研究者として明らかに多くの人に認められている人の、
新しい呼び名は無いだろうか。

成果挙げてれば世間は博士と呼んでくれるだろうけど。

361 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 01:54:21
>論博は課程まで学生していられるほどの環境じゃない人が多いからって

全然違うよ。ちんけな御託を書くなら、もっと調べな。

362 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 02:48:13
>361
少なくとも10年ぐらい前まではそうだった。

363 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 02:58:51
>>281-283
ぬるま湯でも学位を授与できるのは大学だけだから諦めな。

364 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 03:30:13
日本は田中さんの例があるように、学士でノーベル賞が取れる国です。
博士なんて意味あるの?

365 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 03:34:21
米国では大学院は給料でるから負担ないけど、博士取ってもリターンも少ない。
リスクは高いけど、プロフェッショナルスクールに自腹で行って専門職(医師など)になった方がリターンが大きい。

366 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 04:28:05
>>364
重役さんが、名誉のために欲しい

367 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 04:40:38
金で買えば。海外有名大博士でもどうよ。

368 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 04:51:10
米国の例なんてどうでもいい訳で。

369 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 04:58:02
日本の例では学士でノーベル賞取れます。
日本の博士はハイリスクローリターン。米国の博士はローリスクローリターン。

370 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 05:14:46
日本国内では、博士は意味ない。単に名誉だけ。
外国の会社相手で必要だからってんで、取るようになっただけ。

だったら外国で取るのが一番だね。

371 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 05:18:07
名誉はない。単なる自己満足。

372 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 05:21:09
教員免許みたいなものでしょ?

373 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 05:31:21
アカポスにつきたいなら、免許。
企業に行ったなら、ただの自己満。

374 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 05:43:19
米国の博士は食えないとかリターンが少ないとか言うけど、電子工学の学位だと
相場では、卒業直後の最初の年俸は約$100,000(いわゆる6 digits)からスタートだよ。

375 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 08:29:17
それは仕事がある人でしょ?博士のみんなが仕事あるわけじゃないの。

376 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 09:30:53
>>364
起きたばっかりのせいか

日本は田中さんの例があるように、小学校卒で総理大臣になれる国です。
大卒なんて意味あるの?

と一瞬見えてしまったよ。

377 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 09:42:10
>>375
アメリカの博士課程はアメリカ人だけではない、というか、半分以上は外国から来た人ですよね。
なんとなくアメリカ人ならばそれなりのところに行ってそうな感じがする。
アメリカ人の定義はと聞かれると実はよく分からないのだが。

378 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 09:47:57
理系は特に外人ばかり。院の給料を仕送りしている中国人とか。

379 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 09:49:29
D.eng あげ

380 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 09:56:45
>>362
10年前というとバブル崩壊の頃になるかと思うが、ちょっと違うのではないかな。
食べること自体がたいへんな時代じゃないのかな。30年以上前という感じ。

381 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 10:12:43
博士課程といいつつ,教授はまったく指導する気なしで,学生をソルジャーとしか思ってないのが問題.
学生がテーマの着想から論文執筆までを行う能力を養う教育を整えて博士課程じゃないと.
適当に教授が実験やらせてファーストで出させて学位取得っていう博士が多いからだめなんだと思う.

382 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 10:32:04
インド人アッパレ。

383 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 10:34:15
自分でテーマを決めて、実験を考えて、一流紙に2報自力で論文を載せることを博士の要件にすれば価値が上がるかもね。
IQ150にはいくら努力しても敵いませんがな。

384 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 11:16:52
>>364>>376
田中さんってすごいんですね。

385 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 11:20:58
学士で研究者のトップになれるところがすごい。

386 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 11:48:06
>>374そんなのは有名大における有名教授の研究室出で業績ある学生だけだ
超上位層な

387 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 14:35:59
田中氏は技術者でしょ

388 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 14:55:22
博士の大半は技術者未満でしょ。

389 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:01:13
技術者も研究者も区別ないがな。技術研究しないと研究もできない。

390 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:02:52
> >>374そんなのは有名大における有名教授の研究室出で業績ある学生だけだ
違いますよ。新卒博士の相場ですから、ほぼ「最低限」と言っていいでしょう。
それより多くもらう人も沢山いますが、それ未満はあまりいません。

391 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:05:19
アメリカ有名大博士もインド人技術者のおかげで無職が増えてるな。

392 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:06:22
>>390
さすがに博士を金で買った人はそんなに貰えないでしょ?
米国には金で買った博士様がたくさんいるよねw

393 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:06:55
使えない奴が淘汰されるのは市場原理にてらしても当然だな。

394 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:07:34
2つの分野で博士号もっててパートタイムジョブ(バイト)の人もいるんでしょ?悲惨。。。

395 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 15:11:45
アメリカは実力主義だから、博士号持ってるだけでは評価されないんだよ。
当然仕事ができなければ蚕さ。
ビルゲイツは大学中退じゃん。

396 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 16:06:47
ビルゲイツは技術者としては蚤だと思うが・・・

397 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 16:08:16
「蚕」か、まぎらわしい当て字すな

398 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 16:11:26
>>396
ワラタ

399 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 17:03:54
学士と博士の中間の修士という中途半端な存在についてはどうよ?
これこそ必要あるのかないのかわからん.

400 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 18:36:31
学士だけだと研究経験積めないから、それよりはマシ。
多少経験積んでいて再教育可能な年齢だから
企業としても使いやすいし。

401 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 18:53:57
>>383
禿道.

402 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 20:26:17
>>400
再教育するなら最初から学士に教育した方がマシですな。

403 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 20:57:27
重点化の前は院試も厳しかったから、修士>学士 ってのが
はっきりしていた。その時代の名残じゃない? 10年くらい前なら
ロンダできるのは本当に優秀なのだけだったから。

404 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 21:12:04
今の修士=10年以上前の学士
学士のままだと高卒と変わらない。

405 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 21:45:39
そういう後ろ向きな発言ってうざいね

406 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 21:54:57
確かに論文博士ってひどいレベルのが多いからなあ。

407 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:16:07
いずれにせよ企業が必要な即戦力ソルジャーは大学ではそだたんだろ.
企業が高卒から直接教育したほうが良いのではないか?


408 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:17:01
課程博士の方がレベルがひどいと思うが。
うちでは博士課程進学者の7割がロンダです。
逆に修士の7割は内部です。ロンダが優秀というのはどういうことでしょうか?
それは出身大学で上位だったという意味ですよね?きっと。

409 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:18:24
修士より専門卒の方が使える。ttp://www.tcm.ac.jp/index.htmlの生命工学技術科とかね。

410 :408:2005/04/24(日) 22:19:47
うちの大学では内部の成績上位者のほとんどは修士で就職しました。一部学士で医学部編入もいました。

411 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:23:42
修士で成績トップだった俺は博士後期課程に進学したわけだが

412 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:24:35
ロンダでも学振DCで博士行く人は優秀だと思うけど、どれだけいるんだ?
学振DC以外は単に学位がほしいだけだろ。

413 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:25:05
>>411
もちろんDC採用されているよね?

414 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:26:44
博士課程進学は一部の優秀な内部進学者と、大部分のロンダ。

415 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:31:49
文系の大学院進学と理系の博士課程進学は同じイメージだね。

416 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:33:48
>>413
いや,だめだったよ.
はがきが来たときの悲しみは忘れん.

417 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 22:47:45
>>416
修士で成績トップでもDC駄目なのか?もちろん内部だよね?旧帝以上卒業してるよね?

418 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 23:03:37
博士どうのこうのよりも、能力ない奴は博士もってても駄目。

419 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 00:17:47
社会人Drが来るのはいいけど、掃除とかごみステとか
たのんでもいいのかなぁ。

420 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 00:31:49
>>419
社会人Drでも、できる人はそういう仕事を自ら分担してやってくれますよ。
妙なオヤジに限って、「会社では〜」みたいな薀蓄をたれるわりに
そういう仕事は逃げようとする。

421 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 00:38:26
>>420
いるいる
面子を保とうとすぐ
「そんなんじゃ、会社に入ってからは出世できないぞ」
とかいって威張っているだけの社会人ドクターはうざいの一言

422 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 01:35:17
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1109393583/

423 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 02:42:11
143 名前:名無しさん@毎日が日曜日[sage] 投稿日:2005/04/06(水) 00:30:36 ID:vdIjlTcC
研究者なんて、頭悪くても情熱と運があれば何とかなっちゃうような気もする

144 名前:名無しさん@毎日が日曜日[] 投稿日:2005/04/06(水) 01:07:18 ID:6X+qsfiB
>>143

もうちょっと付け加えると、心底研究が好きな人間こそ研究者になれない。
研究立身出世の手段(で、実は研究なんて大嫌い)って輩こそが研究職につける
ご時世。

近頃研究職に就けた人間の吐く台詞=あ〜これで研究しなくてすむw

148 名前:名無しさん[] 投稿日:2005/04/11(月) 19:38:03 ID:hp8Nn46S
>144 その通りだと思います。私は研究、実験があまり好きではない
むしろ、嫌いなのですが、医薬メーカーの研究職に就職が決まりました。
研究は好きではないのですが、他に何ができるって思いつかなかったので

424 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 03:27:07
論文博士だろうが課程博士だろうが仕事の出来る奴がいい博士だ。

425 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 05:56:00
博士だろうが博士でなかろうが仕事できない奴は駄目。
仕事できない奴が博士名乗るのは恥ずかしい。
そういう奴らが博士の価値を下げてるわけだが。

426 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 20:26:56
>>271
だいたいそんな感じで同意。それに付け足すと
よく院進学への半強制のような圧力をかける先生ってどこにでもいるようだけど、
課程博士の先生はこれが多い希ガス。
企業から出てきた論博先生は、そういうのは割と少ない。

研究室の雰囲気が「卒研だけじゃ満足したものは出来ない、院でもっと研究するぞー」
っていうものを作り上げているっていう、いいモノもあるが、予算や人手などの
保持が目的であるかのようなモノも結構多い。
さすがに博士課程に半強制ってのはほとんど聞かなかったけどね。

427 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 22:12:26
企業から来た論博先生は論文の量産の仕方を知らない

428 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 22:16:31
クズ論文の量産してもな。

429 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 22:37:05
おまえらの指導教官はみんな課程なのか?
漏れの分野では論博が多いぞ。

430 :Nanashi_et_al.:2005/04/25(月) 23:27:01
うちの指導教官は課程博士。

431 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 01:46:37
>>305それほど内部は>>271ではないが馬鹿が多いんだな。
>>305その通り。
>>415その点では文系の博士課程進学率が理系より高いしね。

432 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 01:56:58
文系の博士ってdデモ論文書いても貰えるんだろ。
特に社会科学とか。

433 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 06:31:30
博士が研究職のスタンダードになるのはいつになるのだろう?
企業にとっては使えない博士より社内教育した学士の方が使えるだろうし。
博士の評価が上がることが必須だろう。
博士を採用した利益が上がったなどコストパフォーマンスが高ければそうなるだろうが、低ければ今までのまま余剰博士が増えるだけだろう。
だから博士の教育システムの見直しが必要だろう。
クソ論文しか書けない人には博士号を与えないのはもちろん、7,8年かけなければ博士号を取得できないようにすれば少しは評価が上がるかも知れない。
あと大学と大学院は別なところに行くのは必要だとおもう。


434 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 06:35:05
博士が研究職に必須になる場合、コストパフォーマンスから研究志望が減るのではないだろうか?
分野によってはインド人を使った方が人件費も安く優秀である場合もあるだろう。
現にアメリカで研究を支えているのは留学生だよね。


435 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 07:02:38
>>433
また話をループさせやがって。



436 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 07:29:50
だから使えない博士を取るメリットはない。博士号必須になったら企業は赤字になるだろ。

437 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 07:30:47
博士号持ってるくせにテクニシャン並みの仕事しかできない人はいらない。

438 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 10:10:37
皆さんまだ必死ですね。だから学位どころか修士すらなくても、企業では充分幸せになれますよ。
何が不足なんでしょうか?


439 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 10:33:46
学位を楽してとろうとするから問題。
課程以外にやる必要はないし、
学位とったからということでそれ以上の意義
は無い。

440 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 10:37:47
課程でも十分楽。課程博士の方が使えない奴多い。

441 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 11:56:06
>>440

そんなに楽ならそれこそ課程でとればいいだろ。論博の存在意義がわからない。

442 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 13:30:32
論博は給料貰って仕事しながら取れるのがメリット。
実際論博の方が使える。日本の社会ではこっちの方が合ってる。雇用が流動化してないので転職も容易でないから、課程博士後の就職が保障されてない。

443 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 13:31:58
なんでもアメリカ型にするのではなく日本社会とアメリカ社会が違うものであることを認識した方がいい。
社会システムをアメリカ型にしないと論博廃止してもうまくいかないだろう。


444 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 15:53:36
どこの世界でも博士で使えるのは極一部。大部分はゴミ。

445 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:08:20
論博擁護派に聞きたいのだが、日本から課程博士を無くしてすべて論博にしたらどうなると思う?

442ですら待ったをかける気がするが。

446 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:14:38
有能な博士の生産率が高い方を残す。

447 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:20:28
>>446

だから、どっちよ?

448 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:25:28
論文博士を残す。
有能な人間は修士で企業などの研究所に就職し、働きながら博士を目指す。その方が企業にとっても本人にとってもいいだろう。
その場合4,5年で取れるようにする。

449 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:28:33
その場合社会人ドクターみたいにどこかの大学院に籍をおきながら企業で働くのでコースドクターと同等の評価にする。
研究する場所が大学ではなく企業になっただけ。

450 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:31:53
なんといっても無給で博士課程はきつ過ぎると思う。就職できるあてもないのに。

451 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 16:41:36
社会人用に短縮コースは残すわけだから、論文博士の制度
じたいをなくしても、何も問題ないと思うが。

困るのは三種類。修士を出てない人、よほどマイナーな企業で
週一回大学に顔出すこともできない人、実は自分では論文を
書かず代わりに書いてもらっただけのDQN(ワラ

452 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:03:23
結局は、課程博士という制度がどーんとあって、それと同じ肩書きになりたいだけなんだろ?
そうでなければ外国の博士と対等に見てもらえないから。

もし論博なんて制度を続けようとするならば、論文博士(○○)とするべき。
外国で言う博士に相当する学位は博士(○○)でいい。
そんなに論博が優秀だというなら、「私は博士ではなくてもっと優秀な論文博士です」と自己紹介すればいい。
レベルが低いと言っておきながら、課程博士(海外で言うPhD)っぽく見せかけようとするその性根が醜い。

(課程)博士よりも優秀であるという自身があるのなら、そいつらと同じ肩書きなんぞいらんだろ。新しい称号でも考えればいい。

453 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:06:55
>>448
そんなことしたら、企業に利益のある研究しかできなくなる。
そもそも、理系の会社人間が博士がほしい理由は、海外との交渉時とかでしょ?
日本独自の制度で採った、大学院でトレーニングをろくに受けていない論博を
PhDと称して交渉の席に着くのは、詐称に近いのではないのか?

454 :453:2005/04/27(水) 17:10:08
うお>>452と内容がかぶっちまった。やっぱり同じようなことを思うのね。

455 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:13:19
>>452
は?結局課程博士が馬鹿ばかりだと評価が低いわけだ。
日本の社会システムでは社会人ドクターの方が向いていると言っているだけ。
馬鹿ばかりだと、日本の課程博士も同等に扱われないから同じ。

>>453
日本の大学院のトレーニングはそんなに優秀か?アホ博士しか排泄してないやん。

456 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:14:24
日本の博士を企業が欲しがらない理由を考えたら?

457 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:17:53
>>451
修士でてなくてもいいじゃん。企業で働きながら博士を6,7年かけてとればいいだけ。

458 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:19:03
日本の大学院は金がかかりすぎるんだよね。
だからリスクを考えていかない人が多いよね。
博士までとって無職ならシャレにならないし。

459 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:20:15
日本は雑用やってれば博士がとれる。逆に言うと雑用しかしらない博士がたくさんいる。

460 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:34:48
      ∧ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′ ̄ ̄( ゚Д゚)<   >>459 NO ザッヨウヤッテナクテモ トレマスヨ
 UU ̄ ̄ U U  \_____________


461 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:35:42
>>455
過程だろうが論文だろうが、優秀な博士もアホ博士もいる。
アホ博士しか見たことないってのは、お前のいる環境が低レベル
だからだよ。自分も同レベルであることに早く気づけよ。

462 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:36:42
( ゚,_・・゚)ブブブッ

463 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:46:16
雇用が流動化していない日本で会社辞めて大学院行く人がどれくらいいるだろうか?
米国では大卒後働いてから大学院行くのが一般的だが。日本はハイリスクローリターンだよ。

464 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:47:41
グダグダいってないでバカセは早く結果だせよ。一流紙に載せれないバカセはバカセなんだよ。
要は学位でなく業績でしか判断されないんだよ。

465 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:48:07
博士の大きさは重要ではない。
高等なショウジョウ科であるゴリラの脳は体重の1/200だが、テナガザルは1/28、マカクは1/88。
下等なサル類のほうがゴリラより脳が大きい。霊長類の脳化指数(脳の体重との比率)を比較すると、
テナガザル>人間>ニホンザル>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ>博士
だけどミラーテストを始めとする知能検査で報告されている実際の知能は、
博士>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ>テナガザル>ニホンザル
つまり、種が接近すると脳の大きさは重要じゃなくなる。
それが証拠に、世界的に見ても先進国より発展途上国の民族のほうが脳が大きい。


466 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:49:40
プゲラ

467 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:51:12
教育されたチンパンジーの記憶力や判断能力は人間並で、
大学院生5人がスーパーチンパンジーとして知られているアイと競争し、
3人が勝てなかったそうだ。
人間の記憶力は類人猿の代から進化していないのだろうか?
記憶力に関して言えば脳容量は関係ないのだろう。


468 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:52:24
その点から考えると、チンパンジー並みの脳容量だったホモ・フロレシエンシスが
ネアンデルタール人より賢かった可能性も否定できないだろう。


469 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:54:15
意味不明

470 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:56:31
わざわざ反論しにくるなよ。
あんたオナク臭がしますから近寄らないで残念!!
秋葉通いのロリーターお兄ちゃん切り!!



471 :\_______ _____/:2005/04/27(水) 17:58:11
         O モワモワ
         o
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ きみ頭だいじょうぶ?
       | _| -|○ | ○||         |・ |―-、       | 
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |


472 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 17:58:48
無駄にレススンナ クズ

473 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 18:40:13
日本の博士を企業は欲しがりません。
欲しいのは学位の肩書きだけですww

論博がなくなって困るとかいうのは、肩書きがもらえないからゴネてるだけ。



474 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 19:01:44
日本もイギリスみたいに大卒後3年で博士取れるようにすればいいじゃん。
課程博士は学位の肩書きが欲しいだけでしょ?簡単に取れるようにしよう。学位のために何年も雑用するのはナンセンス。

475 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 19:05:49
>>474
学位の肩書きがほしいだけなのは論博。
課程は学位+トレーニングを求めて行くとところ。

476 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 19:52:45
博士は大学が作った制度で
そもそも大学にいない人間には関係ない。

477 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 20:07:13
ループするが、論博なくして企業が自前で博士号出せばいいじゃん。
論博廃止反対!という人は、何が問題なわけ?
大学の外にいながら肩書き欲しいの? そんなに裏口がいるの??

478 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 21:23:58
ループし杉だよこのスレ。

企業人は学位ほしけりゃ社会人博士課程に逝け!
課程の学生は研究ばっかりじゃなくて視野を広げろ!

そういうことでしょ?

479 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 21:34:56
>>448
>有能な人間は修士で企業などの研究所に就職し、働きながら博士を目指す。その方が企業にとっても本人にとってもいいだろう。

そんなにいい企業に就職したのならば、そのままずっとその企業にいればいいのではないか?
学位なんかいらないだろうよ。
おそらく企業内の資格(上級研究員とか)あるだろうからそれを自慢すればいいじゃないか。
名刺に書けるんだろう。それではダメなのか?

結局のところ社内でも認められてないんだろうな。日本では文系トップの下だからな。

480 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 23:36:47
>>>479
おまえは学位の意味がわかってない文系w

481 :Nanashi_et_al.:2005/04/27(水) 23:47:57
>>480
479は学位の意味が分かっていないD1。

482 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 00:21:54
日本では金かけて博士号取るほど価値がない。大学院のトレーニングは雑用ばかりだから。
雑用するために金かけるのはばかげている。

483 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 00:28:13
>>481
おまえ働いたこと無いでしょ?

484 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 00:31:06
>>482
どんなラボにいたの?単におまえに研究能力ないだけなんちゃうん?

485 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 01:33:00
海外のラボは雑用なく研究に集中できてなおかつお金がでてウマーなんだが日本のラボは。。。

486 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 01:56:14
雑用は多い・・・・
机やPCの発注とか教授の趣味による同窓会の企画準備とか、修理の依頼とか
合宿の宿とか、コピーとか、学部生の指導やPCの設定とか

487 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 10:55:05
確かに雑用は多いかもしれないが、>>486程度の雑用で研究に集中できないとか、
研究できないとか言うのは、単に研究能力が足らないだけではないかと
思ってしまう。どうしてもそういった雑用がいやなら、医学修士にいくと、
雑用は秘書・テク等がほとんどやってくれるラボが多いので、そっちに行けば?
ただ、医学修士は違う意味でしんどいかもしれん・・・

488 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 11:21:29
そういう話は医歯薬版でやってくれ。

489 :Nanashi_et_al. :2005/04/28(木) 11:28:11
ついでに元の話題につなげると、論博のかなりの割合が医者とその周辺だろ?
それをまずやめさせたい。
他の分野にない14条適用なんてウマーなものがあるのに、なぜ論博をとろうとするのか?それは肩書きが欲しいだけの香具師にとっては楽チンだからさ。
やっぱり学位は大学院でのトレーニングとセットでなきゃだめだろ。
トレーニングになっていないとか、ハードルが低いとかいう話は別問題。門下がちゃんとチェックすればいいこと。
論博だとトレーニングを受けた者と同等であるということをチェックすることが全くできないんだよ。

490 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 13:32:27
>>488
医学修士は医歯薬だけじゃなくて、理工農から普通に行くんだよ。知らないの?

491 :Nanashi_et_al. :2005/04/28(木) 13:40:37
>>490

わからないようなのでもう一度わかりやすく書くぞ。それでいいか?

ここは 論 博 の 話 を す る と こ ろ なので医学 修 士 の 話 は 別の板、たとえば医歯薬板あたりでやってくれ。

492 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 15:27:38
日本の課程博士は雑用ばかりで駄目だという意見に対して、
雑用の少ない課程博士にいきたければ医学修士からいけば
いいと書いたのだが?医学部の博士課程と書いた方がよかった
かな?わかりくかったなら悪かったが、そんなに必死に
ならなくてもいいんじゃないの?大丈夫?

493 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 15:59:30
>>488=491 よりも >>492 のほうが俺には必死に見えるんだが・・・

494 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 17:16:11
必死なのは>>493に見える。

495 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 19:12:57
いやいや必死なのは>>494でしょ。

496 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 20:52:18
487は普通のことを書いてるぞ。488=491が読解力がないだけ。いい加減スレ違いやめろよ。

497 :Nanashi_et_al.:2005/04/28(木) 22:59:44
このスレの初期(1〜100)では論博反対派はまともに思えていた。
課程の一部だと思うが、業績のない僻み、妬みが露骨に表れる卑しい書き込み
が増えてきて、卑しい連中に幻滅した。
でも、卑しい連中は就職がないから社会に害悪を及ぼさないだろうね。

498 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 02:05:44
無くなるんだろ?

499 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 02:35:44
>>497
就職がない連中は社会の足枷になってるだろ。

500 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 08:45:14
>>489
それは違うよ。医者は医者バイトやりながら教授に奉公するために大学院に行く。
たいていの国立大は課程でしか博士を取れないはず。
だからしんどいが金には困らない。研究所とかで働きながら学位とる医者もたいてい大学院に所属している。
医者は学位を必要ないと思っている人も多い。それより臨床やるなら専門医の方が重要。
医者は博士号もっててもMDとしか書かない人も多いし。

501 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 08:46:17
医者は論文書くときもMDとしか書かないことが多い。

502 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 08:50:18
出世しようと思っている医者は学位が必要だから仕方なく大学院にいくが、開業するなら必要ないだろう。あったに越したことはないだろうが。

503 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 12:27:03
それぞれ「良い」論博、「悪い」論博を挙げていけばいいんじゃない?
それで対策考えよう。
俺は工学系の課程D1だけど、まわりを見てこうだなあという私見を書くね。

(1) 助手等で実際に研究を遂行できる能力があり、業績もある人が取る
→OK、つか出してくんないと困る。
産学連携の基盤が未熟な日本が、欧米でそうだからといって
こういう人たちから肩書き取得の機会を奪うのは、フェアじゃないと思う。

(2) 企業で研究成果を挙げている人が取る
→国内/外の学会などで精力的に活動をし、
分野の発展と育成に尽力している人・・・・OK
→企業や自分の成果はあるが、という人・・・・いまいち納得できない

(3) 産業界の重鎮が退職間際に取る
→正直反対。意味あるのか?と思うことしばしば。
2階級特進みたいな感じなのかな。

504 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 13:05:33
大学に行けば、学士
大学院修士課程に行けば、修士
大学院博士課程に行けば、博士

ただこれだけのこと。それが国際的な学位の基準。

優秀なら、飛び級とか作れば?
例)高校2年、大学2年、修士1年、博士2年

これで、大学を卒業する歳には博士だ。

505 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 13:52:32
>>503
(1)と(2)の取得基準は同じでいいと思う。
(3)は確かにいらない。

506 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 13:54:41
>>504
イギリスでは大学院3年で博士。日本もイギリスみたいにすれば。

507 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 14:53:31
>>504
それはそうだが、必要経費、難易度等はぜんぜん違う。

508 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 15:09:36
>>504
既出だが、最短なら
高校2年+大学3年+大学院3年(M2+D1 か M1+D2)
で学位取れますよ。

どことはいわないが情○系など、大学3年+大学院3年+日本語論文で
学位大量に出してます。>>506 みたいなことを先取りしてるわけですよ。

一昔前なら、日本のよい修士論文=海外の博士論文 くらいの
価値もあった分野もあるんだが。

509 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 15:18:57
論博はいらない。

>>503
(1) 出してくんないと困るって、勝手に困れば?

課程に進まず、あるいは中退して、就職することを決めたのは自分でしょ。
退学によっては助手しながら課程にも在籍できるみたいだから
そういう制度を充実させた方がいいんじゃないの?

(2) なぜ学位がほしいの?

金がほしい、あるいは大学の研究は役に立たない、って企業に行ったんでしょ。
なぜ今更学位なんて欲しがるの? 仕事が学術方面にシフトしてどうしても欲しくなった
なら社会人課程にでも入学したら?

(3) これに賛成するやつはいないと思うけど。

そもそも、大学を馬鹿にしてるくせにエラい人が学位を持ってないと恥ずかしいとか
いうのは矛盾してるよな。
大学の権威(藁)をあてにせず、博士(株式売買/うイづドア)とか勝手にやってくれ。

510 :509:2005/04/29(金) 15:21:50
>>509
>退学によっては助手しながら課程にも在籍できるみたいだから

大学によっては、だ。お詫びして訂正いたしまつ。

511 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 15:37:22
>>509
学位は大学が出すものだから、
(1) の論文博士はなくさない
(2) の論文博士はなくなる
ただし、(1) の場合も母校で取るのはできなくなるだろうね(東大から
駅弁助手になっても、東大博士はとれない)。

512 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 16:39:19
>>509
おまえ、大学の研究が企業で役に立たないことに賛成するのかい?
役に立ったないことを長年やった課程博士は企業に就職できない
ことになる。
論文博士を無くすはいいが、大学は博士課程3年で学位をとれないオ−バー
ドクターだらけになると思う。いっそのこと、3年で取れない奴は退学がよい。

513 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 18:03:22
そもそも課程博士の評価が低いのは、論博制度があるために
大学さえ出ていれば博士号は論博で取ればいいという考えが
企業側にも研究者側にもあったから。
そうした修士>博士というねじれ現象を正すため
今回の措置になった。
今企業にいて、博士が欲しいという人には、社会人博士課程制度を
拡充すればよいし、優秀な人は一年で博士が取れるようにすれば良い。
別に博士が欲しくない人は無理にとる必要はない。
ただ外国人と仕事するときに馬鹿にされるのを我慢すればよいだけ。
中村修二やノーベル田中だって馬鹿にされたんだから。


514 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:05:04
課程3年で学位がとれないと即退学に賛成。
査読付英文3報以上でないと博士論文を提出できないようにしたら良い。
そうすれば、課程もレベルが上がるだろう。

515 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:23:20
>>513
博士で研究できない奴はもっとバカにされます。
世の中実力社会です。学士でも稼いでいる人は尊敬されます。

516 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:24:08
>>514
もう駄目博士を大量生産しているので遅いと思います。

517 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:36:02
>>513
>優秀な人は一年で博士が取れるようにすれば良い。
修士2年出てたら、今でも取れる。そうしてる社会人ドクター多数

>>514
文系は全く事情が違うので、理系の都合だけで決められない。
それに和文で学位出してる理系専攻あるよw

518 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:37:04
>>515
企業では
論博>課程ってことですか?
課程って馬鹿にされるの?

519 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 21:53:09
>>518
使えない奴は博士だろうがバカにされるということです。

520 :Nanashi_et_al.:2005/04/29(金) 23:25:01
>512
取りあえず研究者なら言葉の定義をしっかりしろよ。

521 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 09:31:37
>>514
それが出来る分野とそうでない分野がある.

522 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 21:19:45
だんだん酷いスレになってきたと思っていたが,
まともになってきた.
大体,正論はいている香具師は的を射ている.
が,そうでない香具師は自分を守ることで必死なんだよ.
いくら自分を守ろうとしても,自分がしっかりしていなきゃ
つっこみどころ満載だからね.


523 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 22:25:13
>>517
理系全般板なのでまずは理系の話からね。
問題があるなら文系の制度は別枠でやってればいいと思うが。

524 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 22:34:16
博士目指すなら
国際論文1本、国内論文1本、国際会議1回、国内会議2回は
年間の最低限のノルマと教授にいわれました。

525 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 22:36:20
東大では国際誌に論文載せなくても博士号が貰えるよ。

526 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 22:38:38
>>524
そうして,教授の成果となる。いわゆるアカハラですな。

527 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 01:48:57
>>526
教授の教育成果という意味なら、正しいけどね。学生を適切に指導して
学位を取らせたと。実際は放置だったり、無理やりソルジャー
で雑用させたりという極端なケースもあるけどさ。

>>523
理系でも、理学工学は比較的近いが、医学系はまた世界が違うよ。
全部わかっている人はいないから、たいていオレ様のいる専攻の
話ですれ違うことが多い。

528 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 02:25:42
医学系か。学位を得るために妻を指導教官と寝させた男の話とかもあったな。

529 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 02:28:41
>>528
そんな事しなくても直ぐに出してもらえるのにな。

530 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 02:33:33
>>529
ま、あそこは徒弟関係が異常だっていう一例だろ。
指導教官の機嫌を損ねたら生きていけない業界らしいし。

531 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 12:16:13
東教授〜ーーー!

532 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 05:09:54
age

533 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 09:52:36
医者など学位は箔付けにすぎないからな。
基礎研究やる奴なんてあまりいないだろうし。

534 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 14:14:37
確か、論文博士の3分の1が医学だったと聞きます。

ま、自分と関係のない世界でいい加減なことが行われていると、
自分と関係のない世界で勝手に物事が決められ、自分と関係ある
世界が不自由になる、という不合理は社会では当たり前のことなので、
学生さんでなければ、今回の処置はやむをえないと思えるでしょうな。

535 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 16:16:38
まあ医者は博士号なんて必要ないからね。
米国のMDは日本のMD,PhD相当らしいが。

536 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 16:21:00
MDであれば研究もできるし、論文も書ける。ポスドクもできるらしい。
どこの世界でもMD>PhDだからあまり影響ないね。

537 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 16:39:20
>>536
>ポスドクもできるらしい

無理

538 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:09:43
MDがポスドクだって(w

539 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:11:05
>>537
いえ、実際やっている人いますよ。
米国では普通にやってますし。日本でもやる気になればできると思います。
自腹で海外留学する人もいるみたいですし。それより医者は専門医取る方が重要ですね。


540 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:11:49
だれも進んでポスドクなんてやりたくねーよ

541 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:13:19
医者がポスドクやったら給料半減以下。基礎研究やろうという人以外は進んでやりたいと思わない。

542 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:15:37
普通に大学院行って医者バイトしながら論文書いて博士とった方がマシ。


543 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 17:46:21
医者は大学院のバイト時代の方が給料いいという噂もあるね。


544 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 19:51:37
 博士号は得たけれど「ポスドク」激増で就職難

 博士号を取得したものの、定職に就けない「ポストドクター」(ポスドク)が、
2004年度に1万2500人に達したことが、文部科学省が初めて実施した実態調査で明らかになった。

 2003年度は約1万200人で、1年間で約2300人も増えている。

 年齢別では約8%が40歳以上で“高齢化”が進んでいる。大学助手など正規の就職先が見つからず、
空席待ちが長引いていると見られる。さらに、社会保険の加入状況から推定すると、
常勤研究者並みの待遇のポスドクは半数程度しかいないと見られ、経済的に苦しい状態も裏付けられた。

 政府はこれまで、国内の研究者層を厚くするため、大学院の定員拡大などポスドク量産を推進してきた。
しかし、研究職はさほど増えておらず、その弊害が出た形だ。多くは研究職志望で進路が少なく、
企業も「視野が狭い」などと採用に消極的で、不安定な身分が問題化している場合が多い。

 ◆ポストドクター=博士号(ドクター)を取得した後、専任の職に就くまでの間、大学などに籍を置いて研究を続ける若手研究者。
公募型の研究費を得たり任期付きで給与をもらったりして生活している例が多い。
(読売新聞) - 5月2日18時59分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000306-yom-soci

545 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 19:58:28
実際ポスドクを引くとさらに就職難なわけね。これから犠牲者がどんどん増えるね。

546 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 20:10:54
ポスドク終わった頃には民間企業にも逃げれない年齢だからな。
延々と死のロードを行く事になる。

547 :Nanashi_et_al.:2005/05/02(月) 20:45:44
博士が100にんいるむら
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html

_| ̄|○

548 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 06:58:03
大学助手でも任期制でしょ。いいんじゃない、日本も実力社会になったということで。実力ない奴はどこ行っても駄目。当たり前。

549 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 06:59:19
博士号とったのなら自分で事業起こせば。それもできなバカセはイラネ。

550 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 08:15:47
実力社会って言うか、誰も幸せになれないような気がするが。

551 :25歳修士助手:2005/05/03(火) 09:07:47
>>547
(ToT)

552 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 09:51:01
>>549
宇宙論が専門の博士はどうやって事業起こすんだ?

553 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 10:01:23
博士取ったあとすぐに助手になれて良かった〜

554 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 11:14:22
>>547
切ない…

555 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 15:57:30
    ,、v‐'~'ー--、    /| /|
   〃//  ト,_ノ    / /|ミ|
   / /  ,-''")  ,..-| .|,,...,,,, `"''ヽ
  / /  / /  .;/~|i^|   `"、  ヽ,,    人,_,人,_,人,_,人,_,人,_,
 ,ノ..-!、 (_ノ   ,.l'  i'U|     ヽ   'l  < 仮面ライダー555が >
『(o■ )ロ[][i   {  |「:i|       }   } <   >>555GETだ   >
 i。|ミ|。にニコ   'l..  |V|       i   i   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
/| | | |ヽ ||   'l. '|| |       l'  /\
| |  ̄.| |.|   ヽ、"iヘ    ,〃l"  /  〉、
|「  o  ~i 「|     ヘ...,ゞヽ三彡''"ヽ>'   /
、L __  」 |」      ヾ/^|^\〃、__,./」_ノ.,,
ヽヘ V | 77 ー―ァ ヾニニ/ ム∠´__ノ、
 ヾT~''Tミヽ   _ノ オ  ノ           オオオオォォォォ!!!!

556 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 16:01:11
552
宗教法人宇宙教の教祖で起業しろ

557 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 19:05:49
>>548
まだまだ実力と言うより運と人脈力でしょ。
実力社会なら、さっさと消えるべき連中は山ほどいるからな。

558 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:18:37
論文も人脈でアクセプトされたりするしな。
業績作るのもコネだよ。

559 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:28:26
つまり日本には優秀な博士を育てる土壌が無いということね。
出る杭は打たれる。

560 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:40:36
>>547
博士が頭がいい。というのが根本的に間違ってる。
頭がよければ引く手数多だろうが。
医者と博士を一緒にしているのが痛すぎ。全然違う人種だろうが。
博士はドクターなんて呼ばれない。そこの君だろ。

561 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:42:01
>>547
普通の人と同じ生活が出来るのが博士の半数なわけね。
あとは零細企業以下なわけね。

562 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:42:47
>>560
ドクターって呼ばれるけど....?

563 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:46:36
>>562
誰に?うちのポスドクは○○さんだよ。教授からは○○君。
先生とすら呼ばれない。医者は慣習でみんな先生だけど。

基本的に世界共通でドクターといえば医者のことです。
フランスでは博士号取得者をドクターとすら言いません。
ドクターと言うのは医者のみです。

564 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:51:15
>>560
(課程?)博士のうち、医学博士が〜人の割合でいるという
意味じゃないの?

565 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:51:20
>>560
>医者と博士を一緒にしているのが痛すぎ。全然違う人種だろうが。
>博士はドクターなんて呼ばれない。

>>547のサイトでは博士はドクターって呼ばれても
医者とは違うって書いてるだろw
もうちょっと落ち着け。

566 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:54:00
>>565
医者入れないで博士だけでやった方が良いんじゃない?
だって全然違うじゃない?

567 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:55:52
医学博士号を取得した人も博士ですから。

568 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 21:57:37
>>567
医学博士号無くても医者できますから。

569 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 22:02:12
>>566 >>568
>はくしって、えいごでいうとドクターだけど、おいしゃさんなの?
>おいしゃさんのドクターとはちがうのです。
>おいしゃさんの中でも博士の人とそうでない人がいるのです。
>100にんのはくしがうまれたら、16人がおいしゃさんです。
って書いてるぞ。博士号取得者中16%が医師免許持ちの医学博士って事だろ。
分からなかったらもう一回読み直せってw

570 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 22:19:06
>>569
一番最初にアホなこと書いた >>560 も晒しあげときましょう

>>560
>>560
>>560
>>560
>>560

571 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 22:51:24
それでデッドラインはいつ?今年度末?

572 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 22:52:26
決定してから実施まで移行期間が必要だろうから、数年後だろ。

573 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 23:08:37
>>569
医者の医学博士は足の裏の米粒だから無くても良いものなんだよ。


574 :571:2005/05/03(火) 23:09:57
>>572
そっか。そうだよね。
じゃ、まだ間に合うな。さんきゅ。

575 :Nanashi_et_al.:2005/05/03(火) 23:20:22
移行期間=周知期間、
省令施行から6ヶ月なんてことになったらパニックだね。

576 :nanashi:2005/05/06(金) 11:08:25
医師免取るのに何浪もしたのに、ハーバードメディカルスクールで学位取得。
一流紙に掲載され、急に横柄になったしとってどう?


577 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 13:15:08
いいんじゃね

578 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 17:50:27
>>576
何歳でも一流紙載せることはすばらしいことです。
どんな優秀な学歴があっても論文が糞だとカス以下です。

579 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 19:08:12
>>575
わざわざ地獄を見るために博士行く人が増えると思えないんだが。
優秀なら米国の大学院に給料貰いながら行った方がいい。

580 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 20:14:17
>>579
優秀じゃないから、日本で教授に金渡して論文博士取るんじゃないか。
騒ぎになった理由はそこですよ。

581 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 21:06:51
優秀じゃないから、日本で大学に金渡して課程博士取るんじゃないか。
騒ぎになった理由はそこですよ。


582 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 21:16:59
>>580
日本では金渡して課程博士も取れますよ。
5年間奴隷生活ご苦労さんというご褒美に博士を上げるのです。
課程博士は博士号を5年間の授業料と生活費、5年間で働ける賃金と引き換えに買っているようなものなのです。

日本の課程博士が優秀なら企業ではどこでもほしがるでしょう。
しかし、実際は使えない人が多いので企業では欲しがりません。
年ばっかり食ってて使えない人は要りません。
優秀なのは博士の極一部でしょう。博士は高学歴ではなく超学歴なのです。
優秀な人は自分から言わなくても認めてもらえます。一流紙の常連なら黙ってても認められるでしょう。

583 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 21:18:03
×超学歴
○長学歴

584 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 21:18:46
>>580
日本では金渡して課程博士も取れますよ。
5年間奴隷生活ご苦労さんというご褒美に博士を上げるのです。
課程博士は博士号を5年間の授業料と生活費、5年間で働ける賃金と引き換えに買っているようなものなのです。

日本の課程博士が優秀なら企業ではどこでもほしがるでしょう。
しかし、実際は使えない人が多いので企業では欲しがりません。
年ばっかり食ってて使えない人は要りません。
優秀なのは博士の極一部でしょう。博士は高学歴ではなく長学歴なのです。
優秀な人は自分から言わなくても認めてもらえます。一流紙の常連なら黙ってても認められるでしょう。


585 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 23:15:37
一流紙の常連なんて企業ではどうでもいいことです。

586 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 23:22:32
一流紙の常連であればアカポスがあります。
あとは自分の売り込み方次第で企業もあります。
能力ない博士はテクニシャンに徹するという手もあります。

587 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 23:27:08
>>584
で藻前は博士持ってるの?

588 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 23:30:40
課程博士にカスが多いのは事実だが、それが論文博士を
残す理由にはならんよ

589 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 23:32:10
課程博士にカスが多いのは事実だ。
それが論文博士制度を消す理由になる。

590 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:21:04
いずれ使えない奴は博士だろうが就職はない。
余剰博士年間12000人は使えないバカ。

591 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:22:07
余剰博士年間12000人は日本人の最下位層。

592 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:42:21
また今年博士取れなかった崩れが現れたか。

593 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:46:55
余剰博士無職とオーバー博士どっちがマシ?

594 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:52:49
籍があり、教授との関係があるぶんオーバーDrの方かな。

595 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:55:02
オーバーバカセの俺の勝ちw

596 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 00:58:05
でも後輩が先にDrをとったときの屈辱感・劣等感はあるぞ。

597 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:00:33
>>590-591
余剰博士は年間12000人も発生しない。
統計資料を読み直せ。

598 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:15:08
>>597
ポスドクも余剰博士みたいなものだろ。フリーターと身分は同じだ。

599 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:15:53
>>596
先にバカセとっても無職なら笑われるぞw

600 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:17:58
いやいや後にバカセとって無職はもっと笑われるよw

601 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:19:47
>>600
後にバカセとっても就職できたら無職バカセを笑える。

602 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:20:30
後か先かの問題より、使える博士かどうかという問題だとおもうが。

603 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:20:56
>>598
ポスドクも年間12000人も発生しない。
統計資料を読み直せ。

604 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:21:22
: :  ::: : : : : :: : :   : :__ ::: : :   : :  : : : : :: : :   : :  ::
  : :     O二))二二二)|: :  ::: : : :  :: : : : :: : :   : :  ::
: : : :         ||:     | |:: :: : ::   :::: : : : :: : :   : :  ::
 :::        || .    | | : : : : :: : :   : :: : : : :: : :   : :  ::
. ::: : ::      || .    | |     いいことした後は
::: : : :      nn    .| | : : : : :: 気分がいいな♪
 ::: : : :      ,ヘ,..,   | | : : : :: : :   : : : : : :: : :   : :
: : : : :     (;;)´q;゙)  | |      ∧∧     ∧_∧ 
: : : : : : :    //~~|~|  | |    (,,゚Д゚)    (´∀` ) .
: . : :     〜(';;メ;@  | |    (|  |)     (    )
::: ::         し'`   | |   〜(_つノ    人  Y
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .     | | ̄ ̄  し'  ̄ ̄(_(__) ̄ ̄ ̄
         ⊂∴∵⊃ ̄ >>1-1000なんか生かしてもいいことないからね

605 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:22:54
>>603
ポスドクと余剰博士合わせて8000人くらいか。

606 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:23:12
>>604
自分が含まれることに気づいてないはずないか。w

607 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:25:36
>>605
無職とポス毒を同じにあつかうなら任期付は全て含めた方がいいと思うな。
首都大学東京の教員は全て含まれるわけだがw

608 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:26:18
>>607
東大も任期制じゃないの?

609 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:27:54
定職じゃないのはすべてフリーターと同じだろ。

610 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:28:26
国民年金加入者は自営業除いてフリーター、ニート

611 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:32:45
最近、特任助教授だの○○研究員だの言って結局のところ任期付き
ポストが激増している。
漏れの居る旧国研も、職員(研究者)数千人のうち任期無しは500人も
居ないらしい。
この業界なんて収入は公務員と連動で下がる一方で頭打ちも早いし、
この先教授クラスも任期付きになるのは目に見えてる訳で、ODもPDも
助手も東大教授も主任研究員クラスももひっくるめて研究者=社会の
最底辺で問題なかろう。でも>>610はDQN。

612 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:38:57
研究者はアーティストみたいなものだろう。
金などに興味はない。貧乏でも趣味をやりたい。みたいな。

613 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:40:17
このスレにわざわざ茶々入れに来ている学部卒文系はDQN。

614 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:42:34
>>611
藻前のいる研究所の名前は英語でNから始まるだろw

615 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:43:46
>>612
その考えが、今の博士の地位を押し下げているのかもしれないね。

616 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:44:02
NIFSに数千人も居る訳ねーだろ

617 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:45:25
>>616
間違った。日本語でNから始まるの間違いだった

618 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:46:25
>>615
しかし、金なんか期待して研究なんてできないだろ。
研究者が貧乏なのは普通。好きなことやっているんだからしょうがない。
好きなことやって食べれたらそれで満足しなきゃ。

619 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:51:23
>>618
もし>>618が研究者ならその考えは捨ててほしいよ、将来の自分の身のためにも。

620 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:53:01
金儲けしたい博士は専門知識を生かしてビジネスがんばって。
研究やっている間は金儲けは無理。
金儲けしようと思って研究者やっている人はいないと思うけど。

621 :Nanashi_et_al. :2005/05/07(土) 01:54:54
>>617

違うよ。日本語でSからだよ。たぶんね。国内最大の研究機関でそ。

622 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:59:31
旧国研
産業技術総合研究所
物質材料研究機構
情報通信研究機構
理化学研究所


623 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 02:45:44
>金儲けしようと思って研究者やっている人はいないと思うけど。

薬学だったら,どうなのかな?

624 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 05:37:04
「田岡一雄山口組組長の回顧録」より転載

一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女 の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴が
きこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。
飛行服の男たちだった・・・
                 (中略)
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子(朝鮮人)は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげたかれらの略奪、
暴行には目にあまるものがあった。警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」警官は小突き回され、
サーベルはヘシ曲げられ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
「山口組三代目 田岡一雄自伝」より

625 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 08:53:35
>>623
新薬開発しても製薬会社の利益になるでしょ。

626 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:03:46
>>612
フォーラムエンジニアリングは派遣社員をテクノアーティストと呼んでるらしい

627 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:34:43
どこの世界でも日本以外でも使えない博士に就職はありません。就職あっても給料安いです。
博士で稼ぎがいいのはほんのごく一部です。世の中そんなものです。
好きな研究やって食っていけたら良い方だと思います。

628 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:37:42
使えないポスドクに給料払うなんて税金の無駄使い以外の何者でもない。

629 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:48:27
じゃあ>>628は給料もらえないねw

630 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:52:02
ポスドク多すぎ。どうせ寿命を2,3年延ばす効果しかない。

631 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 15:58:12
>>>444博士でないのは全てゴミになるわけなんだが。
よって、>>584。企業の上層部が利権を奪われてしまうので、バカ企業が使用しないのです。

632 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 16:09:28
>>631
日本語読めないの?博士「で」と書いているだろ。
学士でも修士でも全員が使えるわけではないんです。

633 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 16:12:08
日本に限らずアメリカでも博士の就職は厳しいよ。就職が決まらないで5年以上パートやっている人も結構いる。
日本だけ厳しいわけではない。就職できても修士と同じ給料もありえるからね。

634 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 17:18:45
>>632
631は日本語読めないから就職できないんだよ。

635 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 18:59:18
>>630
使い捨て研究員と思えば、安いものだろ? 実学系に限るが。
アイドルやお笑い芸人と同じで、並みのヤツでも3年くらいは使えるよ。

636 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 19:00:35
>>635
テクニシャン月20万で雇った方が使えるんじゃない?

637 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 19:48:21
>>636
崩れ有効利用促進法(通称:ポスドクリサイクル法)によって、
今のポスドクには廃棄時の回収費用が上乗せされてるんですよ。

崩れた後、ガード下の段ボールに捨てても問題ないようにw

638 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 19:53:33
>>637
なるほど納得。ポスドクはフリーターと同じだもんね。
必要なければいつでも捨てれる。

639 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 20:15:25
ポスドク廃棄法もあるのか?

640 :Nanashi_et_al. :2005/05/08(日) 00:23:25
>>633
> 日本に限らずアメリカでも博士の就職は厳しいよ。就職が決まらないで5年以上パートやっている人も結構いる。
> 日本だけ厳しいわけではない。就職できても修士と同じ給料もありえるからね。

修士と同じ給料もらえたら万々歳ではなかろうか。

641 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 00:57:11
>>633
> 日本に限らずアメリカでも博士の就職は厳しいよ。
分野によるでしょ。ちょっと旧いけど、2001年のサーベイの結果がここに出てる。
ttp://physics.ucsd.edu/~griest/salarymastersstart01.html
計算機科学や電気工学だと初任給もいいよね。

642 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 03:32:39
欧米って本当に論文博士の制度が無いの?

アインシュタインは学部卒で就職して、
その5年後にブラウン運動に関する論文を
大学に提出して博士号を得たはずなので。

643 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 04:02:56
その時代は、大学院があったかどうか(あっても機能していたか
どうか)わからない。大学卒業後すぐに大学で職を得た時代だから。

日本でも課程博士が主流になるのは高度経済成長以降。
戦前なら学卒助手(今は法学くらいしかない)は普通。

644 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 04:33:04
論文博士のほうが明らかに格上だろ

今の時代 院にいくのなんて 誰でもできる。金に余裕があればな。


645 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 05:45:41
>>643
大学院はあったし機能もしてたさ。

646 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 08:21:16
>>645
ごく一部だけな。

647 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 08:40:32
なんで課程の奴らが論博のおっさんを批判するのかわからない。
論博の代わりに設ける制度も課程には羨望の対象ではないのか?
業績+課程1年で博士というのは論博と変わらないと思うが。

648 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 15:26:01
>>644

理解力のない人だねぇ。
どっちが格上かなんてどうでもいいんだよ。

博士号授与の制度を一本化しようというだけの話じゃん。

649 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 15:44:06
>>645
もう少し、アインシュタインの周辺について調べてこようね

650 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 00:37:04
>>648
多くの業績を持って博士課程に入って、1年で博士を授与されるのと、
論文博士とのちがいはお金(入学金+授業料)がいるかどうかの違いだけ。
 論博否定派の人はお金がかからないのが気に入らないだけなのか?
論博否定派って大学の回し者なのか?

651 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 01:21:39
>>650
論博廃止がなぜ審議されたか、経緯を知らないようですね。

652 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 02:13:59
国際基準に準じた形で博士号を授与してほしいだけ。
裏口で博士が取れるなんて、日本の博士号の価値を落とす行為でしかないから、悪習を止めて欲しいと考えるのは至極当然だと思う。

課程博士の質云々の問題を挙げて、寝言みたいな事を言っている人がいるがそういう問題とは別の話。

論文書いた業績だけでもらえるなんてナンセンス。
そんな奴等にあげるぐらいなら、伊東家の食卓に採用された主婦にも博士(家政学)とか授与してほしい。
伊東家ならインパクトファクターが高い雑誌に載ったのと同等の価値があるだろ。

653 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 04:04:49
おまえ 頭悪いだろ 論文を書かない研究者なんて ただの小説家でしかない

それとも お前の家は金持ちで特権階級を形成したのですか?

654 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 04:20:45
逆切れカキコが出たということは、帰趨は明らか

655 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 08:09:33
>>652
国際基準って何?イギリスでは3年で博士号だがアメリカでは7年くらいかかるぞ。
課程博士が優秀なわけではないのにな。

656 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/09(月) 09:39:24
論博はもっと厳しくすべきであって、廃止すべきではない。
それだけのことだ。
本当に優秀だが、金もコネもないやつにも博士になれる道を残しておけよ。
20年にひとりくらいは、本当の天才がでてくるもんだ。

657 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 10:11:05
>>655
スレを最初から読んだら?何度も書かれているが「学位」ってのは
学校に行って与えられるものだということ。論博は審査しかないわけで、
それは「学位」ではなく「資格」でしょう。

658 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 10:39:30
それなら日本はイギリスみたいに大学院3年又は2年で全員に与えてもいいよな?
どうせ奴隷みたいなことしかしてないんだから。

659 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 10:48:00
ポスドクなんかに金つかわないで、大学院生に一律月10万づつ配った方がいいと思うけどな。

660 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 11:16:50


大学院に入ってもう15年、満期退学後も出入りして、学位無し、論文無し
というシトに教授は何かしてあげられないんですか?

本人がそれで困らないのなら、仕方ないことですが。

661 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 12:03:42
>>656
> 本当に優秀だが、金もコネもないやつにも博士になれる道を残しておけよ。
論文博士こそむしろ金とコネが大切な気がするけど。
共同研究とかで資金援助してる研究室から学位出すのが普通なんじゃない?


662 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 12:31:29
社会に出ると、コネを作る能力も必要だと分かる。

663 :Nanashi_et_al. :2005/05/09(月) 14:06:25
前にも書いたがまた書くよ。

博士の学位記は表彰状ではない。

この意味がわからない香具師は消えてくれ。マジで。

664 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 14:31:39
>>658

とことん頭の悪い香具師だな。

国際基準というのは課程の年限のことじゃねーんだよ。
「博士課程を修了して初めて学位を取得できる」というところなんだよ。

論博くれと言うのは、卒論だけ灯台に提出して「東大の卒業証書ください」と言うのと同じなんだよ。

665 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 15:45:34

池田犬作なんか博士号を多数授与されてんね。

666 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:32:44
>>664
日本も大学院3年で博士号取れるようにしろよ。

667 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:34:00
どっちにしろ、博士で使えない人は使えないわけであまり変わらないんじゃない?
就職がよくなることもないだろうし。日本の教育を根本的に変えないと何も変わらないと思うが。

668 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:41:21
>>666
最近は飛び級できる大学も多く、実際大学院3年で博士取得した人もいる。
京大なら、高校現役+大学3年+大学院3年 で24歳で博士取得が最短。
お前が優秀なら勝手に目指せ。

669 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:44:06
進振りで95点取っても院進学で崩れるという恐ろしい世界だから、

 全 て 自 己 責 任 で や れ

670 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:48:26
>>668
いえいえ全員取得できるようにね。


671 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:50:52
というか米国みたいに学術大学院と専門職大学院を分けた方がいいような気がする。
医者とか獣医とか薬剤師とかに途中から進路変更できるようにした方がよくない?
大学入った後研究なんかに興味なくなる人もたくさんいるでしょ?

672 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 16:59:02
>>670
えーっと、自分は飛び級できるほど優秀ではないけど、学位はすぐほしいってこと?
だったら、イオンドかパシフィックウエスタンに行けば?

673 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:01:36
>>672
イギリスの大学院いけば3年で取れるみたいです。

674 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:04:20
普通に考えて3年で取れるイギリスの博士と5年でとる日本の博士と平均7年かけてとる米国の博士では価値が違うのは当然。
日本は今まで優れた業績を残した人に博士号を与える論文博士というすばらしい制度があったから企業戦士としてがんばれたけどこれからはどうだろう?

675 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:13:27
論博があるから企業戦士として頑張れるって、意味がわからん。論博のために会社に行ってるのか?
それから>>673はイギリスの大学院に行けば万事解決。

676 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:15:57
>>673はイギリスの大学院に行く留学資金が無い。

677 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:22:04
>>676
分野にもよるけどオンラインで博士取れるところもある。
授業料は当然かかる。

678 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:33:13
論博廃止ってなんか意味あるかな?
貧乏な研究者がさらに貧乏になる予感w

679 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:47:17

イオンド?>>677

680 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 17:50:39
>>679
違います。オンラインで講義があります。
インターネットを使って自宅で講義を受けてレポートなりテストを受けます。
ただしすべて英語です。正式な博士号です。
博士号の他にMBAなどもあります。結構有名な大学でもやっています。
有名一流大ほど授業料が高い傾向がありますが。
日本ではオンラインで学位取れるところありませんよね?
欧米では普通ですが。


681 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:06:47
>>680
> 博士号の他にMBAなどもあります。結構有名な大学でもやっています。
博士課程やってる具体例あげてくれる?


682 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:20:40
>>681
自分で調べろ。理論系ならいくらでもあるだろうが。

683 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:27:30
日本も研究は留学生に頼った方がいいよ。彼らの方がポテンシャルが高くて真面目。

684 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:29:15
>>682
> 自分で調べろ。理論系ならいくらでもあるだろうが。
つまり有名な大学の具体例ひとつも挙げられない、と。

685 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:38:16
IvyでもAncientでもお好きなところどうぞ。

686 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 18:55:02
>>673
家柄が悪いと学部入学すらできないわけだが。

687 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 19:54:03
ネット博士って論文博士波の胡散臭さ。

688 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:05:16
>>687
講義受けてるだけよっぽどマシだ。

689 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:10:49
昼は仕事、夜はネット講義って感じで出来ればなあ。

690 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:31:05
>>686
さすがイギリス。いまだに家柄による階級社会を維持しているだけの事はあるな。

691 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:32:53
>>687
しっかり講義受けて単位とってるわけだから、ぜんぜん胡散くさくない。
普通に大学院行くより大変です。

692 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:33:55
しかし大変な分身につきます。

693 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:43:46
そのネット博士ってのは、講義を受ければ、博士論文はいらないの?
講義だけで学位授与って信じられないのだが・・・

694 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 20:58:26
>>693
講義だけでも博士ですよ。taught
研究して論文書く博士もあります。research

695 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 21:16:32
>>691
普通の大学院は講義もやってるんだが。
普通に大学院に行くよりも大変って理由は何?
指導教官と密な連絡が取り難いって事ぐらい?

696 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 21:19:27
講義だけで博士って制度があるのか。
日本でこれをやったらODがかなり減るだろうな。
その代わり、博士の種類を>>694みたいに分けないと
論文博士を消す意味が無くなるけど。

697 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 21:40:39
通信制大学の博士後期課程版か。
日本では修士以上は講義単位と研究論文の両方が必要だけど、
大学院の講義単位は学部の講義単位に比べても
かなりいいかげんに出してるから、あの単位自体に価値は無いな。

698 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 21:41:18
>>685
> IvyでもAncientでもお好きなところどうぞ。
いや、だからオンラインで博士号を出してる有名大学のプログラムのウェブページを
具体的に紹介してごらんよ。絶対できないと思うけどね。


699 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 21:42:55
>>697
数学科とかだと学士は卒業研究論文無しでもらえてるね。

700 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:09:34
>>698
http://www.alc.co.jp/sabrd/inet/school/0029.html
見つけちった。

701 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:11:03
>>696
どっちでも名刺にはPhDだから区別はない。
通信とスクーリングと区別はないのと同じだ。

702 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:24:46
そっか。>>1>>694の前者の制度を日本に導入するための布石だ。
で、博士号の価値が劇的に変わると。

703 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:28:33
研究論文無しの博士号なんて。。。

704 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:30:26
>>703
研究能力があるならそれでもいいよ。

705 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:32:26
課程と論博では学位記の文面は違うのでしょうか?ちなみに論博は

学位記
本学に博士の学位論文を提出しその審査および試験に合格し、
かつ、所定の学力を有するものと認める。
上記委員長の認定により博士(○○)の学位を授ける。


706 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:32:29
課程博士だろうが論文博士だろうが講義博士だろうが
仕事のできるのがいい博士だ。

707 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:42:07
どうでもいいが使える博士を生産しないといつまでも博士の価値は上がらない。

708 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:46:00
>>706
高卒だろうと博士だろうと、仕事のできるのがいい人間だ。

709 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:46:53
使える博士を生産ねえ…
博士様って、何かに生産してもらうものなの??

710 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:48:03
東京工業大: 「使える博士」育てます 一貫コース導入へ

 「視野が狭い」などの理由で企業が敬遠する博士の質を高めようと、東京工業大
(相澤益男学長)は来年度、大学院の電気系5専攻に「博士一貫コース」をつくる。
博士号取得まで通常5年かかるのを4年に縮める代わりに、海外での武者修行などを
課して「使える博士」を育てる。

(中略)

 構想では、同専攻(定員207人)の成績上位者2割程度を「一貫コース」で
養成する。専門分野の研究に加えて、知的財産や経営など他分野も学ばせ、
視野を広げる。企業トップを「後見人」に迎え、面談などを通じてマンツーマンで
自己表現力や交渉力も鍛える。

 修士論文を免除して博士号取得までを短縮し、残り1年は海外実習などで
実地経験を積ませる。1年目から研究助手としての報酬を出し、経済的支援もする。

(後略)
----
※引用元配信記事:http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20041203k0000e040001000c.html
※毎日新聞社( http://www.mainichi-msn.co.jp/ )2004/12/03配信

2chスレ:http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1102038079/l50

711 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:50:31
なんか思い付きでホイホイ決めちゃった感じだねえ、東工大。

712 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:52:08
>>710
>修士論文を免除して博士号取得までを短縮し、
これって研究論文無しで修士号を授けるっていう前代未聞の例を作るつもりなの?
それとも、博士後期課程に進んでても、途中で中退したら修士号すら無し?

713 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 22:58:37
これじゃ修士論文を書く意味無いよな。

714 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 23:00:21
>>713
博士号取るならね。

715 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 23:15:44
大学院教育が進んでいるアメリカですら博士の就職は厳しいんだから日本が何やっても無駄だな。
結局使える博士なんてあまりいないんだよ。

716 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 23:19:30
普通に優秀な留学生をたくさん受け入れて優秀な博士を育てた方がいいんじゃない?
日本人で割りに会わない研究者やる人これから益々少なくなるでしょ?

717 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 23:19:42
学部で飛び級して、東工大のこのコースに行った場合、
失敗したら高卒という両刃の研。

718 :Nanashi_et_al.:2005/05/09(月) 23:26:48
博士ホイホイ

719 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 00:02:53
混じれ酢すると、飛び級で博士取れる人間じゃないと博士として使えないんじゃないか?

720 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 00:56:10
これだけスレが伸びると言う事は、
博士号と言う物に、何らかの期待がされているんだろうな。



721 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 00:59:19
学士には学士なりの期待
修士には修士なりの期待
博士には博士なりの期待

をしてきたけど何度も裏切られた

722 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 01:18:28
>>721
期待値を下げないと。

723 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 01:29:53
>>721
学士と修士は期待をそれほどはずしてないけど、博士はひどい。
博士でもテクニシャンしかできない人もいるしw(実験系)

724 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 01:58:26
>>715
アメリカの博士の就職難のソースはどこ?

725 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 02:08:03
>>724
分野によるだろうね。確かに厳しい分野は厳しい。
インド人技術者にぼろ負けの分野もあるみたいw

726 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 02:13:26
教えるのは、知的財産でも科学技術英語でも、院生の希望を取り入れたものにしてほしい。
いまや、大学人になれない院生の方が多いのです。
多様な分野、多様な職種で働く能力を教えることも、これからの大学院の責任だと考えます。
欧米では、研究室から独立して働く教育スタッフが、教育の質を保っています。

「研究」は従来通り教授が受け持ちますが、米国のように、院生を共同研究者として雇います。
現に博士課程の院生は、後輩の指導やホームページ管理など、多くのシャドーワークを担っています。
RA(リサーチアシスタント)やTA(ティーチングアシスタント)という身分で雇用することで、
お互いの立場と役割が明確になり、研究力向上につながります。

旧来の考え方、やり方はもう限界です。この国の科学技術を担う人材の育成が、足元から揺らいでいることを、
政策にかかわる人たちは認識すべきです。優れた人材が枯渇して困るのは、この国なのですから。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/rikei/news/20030628ddm041040999000c.html

727 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 02:18:46
米国みたいに留学生をたくさん受け入れれば安い人件費で研究してくれるよ。

728 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 10:31:19
アホが大量に混じってくる今の院試もどうにかしないとな。
教官が奴隷集めに必死なのはわかるが。

729 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 12:51:36
それだけでなく,
院生の数によって,国からの補助金も違ってくる.


730 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 13:14:29
>>705

甲乙の違いがあるだろ。

731 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 17:28:31
オーバードクターしたら乙なるらしいが本当か?

732 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 21:43:52
博士課程修了のときに英語の実技試験ってあるの?
工業高校あがりの漏れはどうすればいい?英語ができない
体力に物を言わせて、実験データを取りまくって論文数を稼いだんだけど。



733 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 21:56:35
>>732
全くなし。日本の博士は楽な方。

ところで日本はpostgraduate diploma/ certificateの大学院卒資格出してる大学あるのか?

734 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 23:37:29
とにかく、5月12日の中央教育審議会大学分科会で決まるわけだ。

735 :Nanashi_et_al.:2005/05/10(火) 23:45:00
課程が甲で論博が乙だろ?
漏れの学位記見てみたら「博甲○号」って書いてある。漏れは課程。

736 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 00:13:42
>>735
名刺では区別できんよ。学位工場でもw

737 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 00:14:18
漏れは論破区だけど第○○○号になっている。○は数字。

738 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 00:16:30
修士は適当でいいが、博士はしっかりやった方がいいかもな。
すでに日本の課程でもあまり相手にされなくなってきているが。

739 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 01:17:00
修士もいらないという話もあるぞ。

740 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 01:20:58
>>739
アメリカ式にするなら修士コースと博士コースを分けるべきだね。
修士が博士行くときは基本的に一からやれと。

741 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 01:48:23
>>731
オーバードクターの意味調べな〜。


742 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 02:16:21
>>741
ポスドクとオーバードクターを間違えてないか

743 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 02:19:25
↑スマソ、漏れが間違えてた orz

744 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 12:11:58
>>学位の国際的信頼性を確保し高めるため

昨今の大学院の衰退状況を見ていると、
どう考えても論博の方が実力的に上だろ。

745 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 13:04:28
>>744

だから実力だとかそーゆーもんは別問題だと何度言えば・・・

バカ?

746 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 21:19:57
実力の無い課程博士を量産し国際的信頼性を(ry

747 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 21:55:53
論文博士並みの業績を持った課程博士を誕生させれば良い。
英文誌筆頭3報以上、共著もあわせて8報以上で課程博士を
誕生させるのであれば、誰も文句を言わないだろう。
これじゃ、論博も意見を言えまい(爆

748 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 22:04:23
じゃぁ 学歴ロンダリングは止めさせようぜ
過程博士を廃止して 論文博士一本に絞れば
東大の院にたむろしている馬鹿を一掃できるじゃん

749 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 22:29:17
>>748

それじゃあ、金で学位を買うオヤジが増えるだけだよ。
自分で全く論文を書けない人間が大量に学位を取得しているのが論博制度の現状さ。知らないのかい?

750 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 22:36:23
>>748
東大は業績無くとも学位を出す。
これを改めさせればいいだけ。
747にしてしまえば、ロンダした奴でも無能は学位は取れない。
内部進学者も同じだ。
だめな奴にお情けで学位をわたすのが問題なわけだろ。


751 :Nanashi_et_al.:2005/05/11(水) 23:45:50
>>747
基準をクリアできてない博士から博士号剥奪な。

752 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 00:32:37
>>749
現在の課程一本にしても、金で買うという意味では同じようなもんだろ。
課程でも、まともな論文書けない奴は山ほどいる。それでも学位をあげちゃってるんだから。

昨日、NHKでアメリカの学位工場と化している不認可!?大学問題が出てたけど、
日本も同じようなもんだよな。日本の場合、認可されていない就学詐欺ってのはまれだけど
認可に関係なく、学士修士博士、どれも学位をぽんぽん与えているんだし。
学士修士はもう取り返しはつかないだろうが、せめて、博士ぐらいレベル上げようぜ。


753 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 00:44:51
>>750
国際誌に一報も載らなくても学位を与えるって東大のシステムはちょっと問題があるな。
ODを出さないようにするためなのか何なのか知らんが。
>>751
あの程度の基準なら取得時に基準を満たして無くても、取得後直ぐにクリアしてるかと。

754 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 02:24:46
ここで論博を養護している香具師らは、論博オヤジのゴーストライターやらされたり、無理矢理共著者にねじ込まれたり、データ持っていかれたり・・・
そういう経験ない連中ばっかりなんだろうな。

吹けば飛びそうなポスドクの自分が、なんで地位も名誉もあるオヤジの手助けをさせられにゃあならんのか、切なくなった経験もないんだろうな。


755 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 02:26:35
論点が感情論に移行する悪寒。

756 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 02:28:00
つまり、業績の有無なんかの問題以前に
感情的に認めたく無いって事ね。

757 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 03:21:40
>>753
ファーストでIF10を博士の基準にすればいい。
それに届いていない博士から博士号剥奪。そうすれば博士の価値は上がる。

758 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 03:22:33
逆に課程じゃなくても企業の研究所でも基準に達すれば博士号を与える。

759 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 03:30:25
>>757
IF10の論文誌に載せるって事じゃなくて、個人のが累積でそれに達するって事?
業界によってはIF10未満の論文誌しか無いし。

760 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 03:43:10
どうでもいい案にわざわざ質問せんでも。

761 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 06:46:34
つーか、分野に関係なくIFの数値で比較できると思ってるような間抜けな奴か
ら学位剥奪を始めるべきだなw


762 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 07:05:07
>>761
757は馬鹿ってことだね。
757はまともな研究はできないね。

763 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 08:41:38
>>761-762
一例だよ。なんの雑誌でも良ければ3報なんて簡単すぎるだろ。
分野によってIFの基準を変えればいいじゃないか。

そのかわり課程じゃなくてもIFで基準に達すれば博士号を与えるようにすれば、質も維持できるし、奴隷も減るだろ。

764 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 11:12:11
学位って独力で研究できると言う証明みたいなものだと思うんだよね。
だから、IFが低かろうと自分で研究計画を立てて、Editorとのやりとりを
こなして、その後自分だけでも論文を完成させる能力こそ、学位取得に
大切だと思うんだけど。
ボスの言うなりで実験して論文も書いてもらって、Editorとのやりとりも
ボスにお任せだったら、高IFの雑誌に出したことがあっても、ダメでしょ。
結局、博士号の質って教官の教育方針次第だと思うよ。

765 :phys:2005/05/12(木) 11:14:18
おまいら名前欄に分野書いてくれよ。話がかみ合わない。「分野:なし」でもいいぞ。
IFなんて分野によって全然違うし、著者名だってABC順な業界もあるし。

>>753
医学系?
文学でもそういう業界あるんだよなあ。
いくつも他人のD論書いてる院生なんてのもいるし。その院生に学位だしてやれよ...

766 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 11:15:50
すまそ。
x >>753
o >>754

767 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 12:50:45
>>763

田中さんがノーベル賞をとった研究を載せた雑誌はIF2点台なわけだが・・・基準もクソのねーだろよ。

768 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 13:03:06
>>767
その分野はIF2が基準ですw
もちろん自力で論文書いてファーストであることが条件です。

769 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 13:03:44
昔八戸大学が八戸高校に推薦の募集を出した。学費全額免除+就職は本学で
保証し(つまり卒業と同時に八戸大学のアカポスが提供される)+将来は教授に
なることを保証する、と言った破格の条件だったそうだ。しかし誰も応募しなかった
そうな、、、まあ、かっこ悪いんだろうな、、高千穂とか国際商科、中央学院など
の方が首都圏にある分、マシだわな。

770 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 17:49:39
>>768

だからさ、IFで評価なんて、他人のふんどしで相撲をとるような連中まで高い評価がつくような指標はイクナイんじゃないかと。

771 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 17:52:27
>>770
自分で計画立案することまでだよ。教授にもIFの基準があるんだから博士にあってもいいんじゃない?
だって研究能力ない奴に平気で博士号やっているのが実情だからどうにかしないといけないよ。
5年奴隷生活すればだれでも博士号とれちまうからな。

772 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 19:47:59
>>771
奴隷生活?まじ(ガックシ・・・
どういう事でしょうか?

773 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:08:35
>>771
奴隷よりも悪いだろうねぇ。
少なくとも奴隷だと衣食住は与えられるし。

774 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:22:53
奴隷だと衣食住与えられる?全部自腹だろ。

775 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:28:08
>>749
たしかに
課程博士はそれほどかわらないかもしれないけど
現在の論文博士のレベルはかなり落ちてきてるように見える
やはり企業とかからとろうとする人が増えたからだろうな

776 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:30:20
>>758
わざわざ博士号にしなくても、自分の会社の上級研究員とかフェローとかでいいじゃん。
海外の研究者(PhD)からは、はーそうですか程度の理解しかされないかもしれないけど。

777 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:38:08
>>750
灯台の場合、世界的に認められている灯台の享受がよいと認めるのだから
わざわざ学術誌に載ってなくても問題ない、というスタンスだと聞いたことがあるよ。

778 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 20:51:51
>>777
それは単に長い間奴隷させて何も与えないのは可愛そうだからだろ。

課程のレベルが確実に落ちているのは確か。でもいいんじゃない?PhDなんてアメリカにも腐るほどいて価値ないし。

779 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 21:17:41
水道橋バカセあげ

780 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 21:37:47
奴隷か・・・
御主人様と呼ばせているんだろうな・・・首輪つけて・・・

非道な。

781 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 22:20:13
御主人様と呼ばせるなら、首輪じゃなくてメイドさんだろw

782 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 23:02:03
ゴーストライターをさせられたり、データを持っていかれたからといって論文博士制度が
悪いわけではない。それはすり替えだ。
ゴーストライターやデータの搾取という事実が真実であれば、そのような不正行為は
内部告発すべき問題である。
不正行為の片棒を担がされた奴も不正行為を黙認しているんだろ。
不正行為の温床を作るのに貢献したことからすれば、同罪だと思う。



783 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/12(木) 23:18:13
>>778
アメリカでPhDとるのは大変だぞ。
名乗ってるやつは見た目バカそうでも、それなりに実力はある。
むしろ日本の博士は、修士でコネ、博士でコネを生かし、教官に媚び行って、ほとんど共同研究のような形で
”取らせてもらう”わけだろ。そっちのが実力あやしい。

784 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 23:35:41
ゴーストなら課程でもあるだろw

785 :Nanashi_et_al.:2005/05/12(木) 23:40:01
>>783
アメリカでも簡単なとこたくさんあるよ。
まあ博士の給料は需要と供給で決まる。需要がない分野は年収300万くらいですね。
一生ポス毒もたくさんいますがw
だからPhDと言ってもステータスも何もない。
まあ上位はアメリカのPhDの方が研究力は高いでしょうが。

786 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:11:41
>>785
> まあ博士の給料は需要と供給で決まる。需要がない分野は年収300万くらいですね。
米国の場合、化学工学やコンピュータサイエンス、電子工学なんかだと、
比較的状況が厳しい現状でも就職はとりたてて難しくないし、
初任給も最低年収900万円くらいですね。
日本で初任給900万もらえる理学、工学博士はどれくらいいるのかな?

787 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:31:17
課程博士のレベルが低いと言ってみたり、課程博士の論文が少ないからといって論文博士制度が
良いわけではない。それはすり替えだ。
大学院で学んだ事実が無いのに学位が授与されるのが真実であれば、そのような不正行為は
世界中に告発すべきほどの問題である。
不正行為の片棒を担いでいた国が不正行為を改めようとしているんだろ。
不正行為を当てにして企業で研究をしていたとすれば、下卑だったのだと思う。


788 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:38:26
今までの論文博士と、国際論文たかだか1本で博士取得した課程
こいつらから博士号は剥奪しれ。

789 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:40:46
>>787
おまえは馬鹿か?
>>788
1報が学位はインチキだ。
学位剥奪しろ。

790 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:42:17
おい馬鹿が出たぞ。
787だ。どうせ就職の無いニートだよ(ぷっ

791 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:46:19
>>765
理系全般板では文学系の専攻の事情なんてどうでもいいので。

792 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:46:58
ループするが、論文博士がなくなれば「博士(松下)」とか
企業が出せばすむこと。学位工場も作る、日本企業!

大学に行かずに大学から学位が欲しいの? なぜ?

793 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:49:16
学位がないとNEDOなどの競争的資金に応募しても相手にされないから。

794 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 00:56:02
>>792
 「特許大学」再来の悪寒 w

795 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:01:07
>>793
「博士(松下)」の肩書きのほうが「博士(工学)(東大・
査読論文なし)」より価値があるというのが論博派の主張では
なかったの? NEDO相手なら、十分通用するだろ?

796 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:12:38
>>795
馬鹿かおまえは?
漏れはそんなことは考えておらん。

797 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:13:49
>>786
だから日本の博士は使えないから給料もらえないの。
ちなみにアメリカのその分野の博士も就職できない人たくさんいますよ。
就職できて900万も初任給でもらえるのはかなり運がいい方です。
まあ短年契約でしょうが。

798 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:16:37
>>786
ちなみに運よく就職できた人の平均年収はここから調べることができます。
ttp://swz.salary.com/salarywizard/layoutscripts/swzl_newsearch.asp

799 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:18:28
>>795
独法や公的研究機関の研究員はどうするんじゃボケ。

800 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:27:16
いいじゃん公的な学位工場つくれば。

801 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 01:30:51
内ゲバの悪寒。

802 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:01:16
>>800
あほかボケ

803 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:06:43
>>799
そんなやつはやめろ。
そもそも博士すら持ってないで公的研究員って。

804 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:42:05
学位授与機構で発行すればいい。

805 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:59:37
過程博士は 仮定博士

論文博士は 論文博士と表記して
 博士に身分制度を導入してはどうだろう

806 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 03:17:06
>>804
企業のお偉いさんが、ダミーで学位とれなくなるから却下

807 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 05:50:37
>>797
> 就職できて900万も初任給でもらえるのはかなり運がいい方です。
またそういう嘘をつくなあ。ここでも見たら?
ttp://www.studentaffairs.cmu.edu/career/employ/salary/cit.html
CMUの卒業生の平均初任給。化学工学8万ドル、電子工学9万ドルだよ。
こっちはOSUの卒業生サーベイ。
ttp://career.eng.ohio-state.edu/ASPs/ECSSalaryOffers.asp
平均初任給は化学工学で8万6千ドル、コンピュータサイエンス/工学で7万ドル。
で、こっちはTAMU
ttp://careercenter.tamu.edu/Students/S1/surveyresults/ss_2004_c.shtml
工学全分野の平均初任給で7万3千ドル、最高は10万ドルだってさ。

> まあ短年契約でしょうが。
短年契約なんて人材派遣じゃあるまいし。fresh graduateはふつうpermanent契約だよ。
なんか必死になって否定したいみたいだけど、知ったかぶりすんのもいい加減にしたら。
自分の年収が低いからって他人の状況をねたむのは良くないよ。

808 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 07:07:04
>>807
就職率がどこにも書いてないじゃんw
就職できないPhDなんて腐るほどいるがな。
あと大学によっても平均は違うだろ。>>798で調べてみろや。
それにも就職率はかいてないがな。

809 :一月ぐらいニートしたい:2005/05/13(金) 07:21:13
>>789, 790
まったく、直ぐ脊髄反射して悪口言うのは君の悪い癖だよ。
論旨を立てて話せないと、博士は難しいよ。

それでも学校行かずに学位が欲しいのか?
仕方ないなぁ。特別だよ。

つ博士(レッテル)





810 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 07:21:43
>>808
> 就職率がどこにも書いてないじゃんw
これはまたずいぶんと馬鹿だな。化学工学や電子工学、コンピュータサイエン
スのような人気学科だと、Ph.Dでも就職率は100%だよ。そんなことも知らない
から嘘がバレバレなんだよ。

それから798のは職種別のサーベイなんで、学歴や経験が項目に明示的に含ま
れてないから、初任給の話をするにはちょっと不向きだ。一般的にはPh.Dはシ
ニアエンジニアレベルで就職するんで、たとえばJob Category
IT--Computers,Softwareで、Software Engineer IVやVだとすると900万円は越
えてる。


811 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 07:31:27
なぜ米国はエンジニアの給料高いの?

812 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 07:32:45
>>810
必要学位、経験は給料の下の文章に書いてる。

813 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 07:41:41
>>812
> 必要学位、経験は給料の下の文章に書いてる。
それもあくまで平均的な話なんで、あてにならん。学卒で経験積み上げて
シニアエンジニアになる人もいるし、博士とっていきなりシニアの人もいるからね。
各学校、学部が出してる新卒サラリーサーベイの方が確かだ。

814 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 08:21:08
日本の課程も学位工場化してるからどっちでもいいんじゃない?
研究できないバカセ多すぎ。バカセでテクニシャンしかできないのはしんだ方がいい。

815 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 08:25:17
なんだかんだ言って博士で給料の平均値を引き上げているのは上位のみ。
下位なんて5万ドルきることも。

816 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 09:17:48
専門学校でも研究者になれるみたいですね?
ttp://www.bio.ac.jp/comment/index.html

817 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 12:38:09
学位が無いと50過ぎたおっさんでも助手採用。

http://jrecin.jst.go.jp/html/kyujin/main/D105050153.html

818 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 12:39:55
企業なら博士号の有無は関係ないでしょ。
アカポス狙うなら必要だろうけど。

819 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 16:24:45
> なんだかんだ言って博士で給料の平均値を引き上げているのは上位のみ。
> 下位なんて5万ドルきることも。
嫉妬に駆られてもう必死すぎですね


820 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 16:52:30
ここ見たら俺の分野博士号とっても450万か。。。乙
遺伝子学乙
ttp://careercenter.tamu.edu/Students/S1/surveyresults/ss_2004_c.shtml

821 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 17:39:45
ふ、素粒子理論の学位なんて、金にはならんわ

822 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 18:18:20
大学院全入りの時代に博士なんて価値ない罠。

823 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 22:10:35
社会人ドクターみたいな幽霊院生制度ばかり充実させたら、
余計ややこしくなるのではないかねえ。
企業のお偉いさんが、そういう形で所属するってことだろ。
論博反対派の主張するメリットが全く骨抜きにされると思うが。
けったいな人ばかりいっぱい入ってくるようになるよ。

824 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 22:12:35
医者のインチキ論文博士が問題と言うのも何も解決しやしない。
幽霊院生で所属して金積んで学位もらう。

825 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 22:14:05
>>822
入学しても博士取れないで退学な奴ごろごろいるけどね。

826 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 22:18:42
別に博士とっても給料やすいし、もういいや。

827 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 22:20:00
>>824
医者は学位いらないと思っている人が多いそうです。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1106745739/
だから実質何の効果もないでしょうね。

828 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 01:10:40
あと何年間、論博オーケーなのだろう。誰か知らない?

829 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 02:18:21
>>828
まだ決定もしていない検討段階だから誰も知らない。

830 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 02:31:39
>>827
どうだろ? そのスレ、若い人が多いような気がする。
40過ぎてくると考えが変るんじゃないの?

これまで論博は医学が多いのは確か(全体の3分の1ほど)。

831 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 04:27:06
>828 最近はあんまり論白を引き受けてもらえなくなっているらしい。

832 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 11:07:04
>>830
アメリカ的な考えだとMDあればPhDはいらないそうだ。実際PhDとっても医者には役にたたないらしい。
PhDとるのは一生基礎研究していくくらいじゃないといらないみたい。

833 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 13:28:51
医者は学歴ロンダ以外では基本的にPhDは要らん罠。

834 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 13:36:50
肩書きがほしいんだろう。


835 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/14(土) 13:43:11
>>832
MDわかってるか?アメリカの場合は医師免許じゃねーぞ。
phDとは別に、医学分野の博士号がMDだ。
ちなみにアメリカのMDは、”医者でなくても”取れる。
実際に医師免許がなくMDもってるやつもいる。

836 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/14(土) 13:47:16
わかりやすく山崎で例えてやるよ。

phDない医者=> ボクは現場でがんばる医者です(^^)
phDある医者=> ボクは研究もできる多才な医者です(^v^)
MDある医者=> ボクは医者のエリートです(^w^)
MDある学者=> ボクは医学研究のプロフェッショナルです(^c_^)
PhDある学者=> ボクはインテリです(^o^)

837 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 17:29:26
>>835
> MDわかってるか?アメリカの場合は医師免許じゃねーぞ。
ばーか。わかってないのはお前だ。医師(medical practitioner)はみんなMDを
持ってる(DOの場合もあるが)。

MDは職業大学院の医学校(medical school)を卒業すると貰える職業博士
(first-professional doctorate degree)の肩書だ。通常のPhDはresearch
doctorateと言って、同じ博士号とは言っても、MDやJD(juris doctor)のよう
なprofessional degreeとは明確に区別する。

> ちなみにアメリカのMDは、”医者でなくても”取れる。
そりゃ不正確。MDはmedical schoolを出ないと「取れない」。4年かけて
medical schoolを無事に卒業できればMDの学位が取れる。しかしmedical
schoolを出たからといって医者になる必要はもちろんない(研究者になったり
する場合もある)。medical schoolを卒業してMDを取ったあとに、さらにイン
ターンを完了することで、医師としてのライセンスを取る資格ができる。結果
として、患者を診察してる医者は全員MD(もしくはDO)。

嘘書き散らす前にここでも読めボケ。
tttp://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Medicine


838 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 18:41:55
論博制度の廃止なんて、大学も末期症状だな。

昔の博士号は、学を究めた人が授与されるものだったが、今の博士号は研究を遂行できる能力があると認められる人に出すものであるから、免許証みたいなものを狙っているのだろう。

でも、博士号がないと研究できないなんて聞いたこともない。昔は、足の裏の飯粒、と言っていた。取らなくても、命に別状ないが、取らないと気持ちが悪い。

今の大学って、研究する能力を本当に養うことができるのかな。論博制度は残すべきだ。

ちなみに、オレはコースドクだけど。


839 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:34:41
>>835
医者がPhDをとることはアメリカではほとんどない。
PhDとるためには大学院で薄給生活を5年以上しなければならない。通常そんなアホはいない。
MDで十分研究できる。PhDは本当の物好きしか取らん罠。
普通にMD>PhD。待遇見ても明らかだろ。
PhDとった後MD取る奴はいる。遠回りしなのがバレバレなわけだが。

840 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:40:01
>>838
今でも足の裏の米粒だろ

>でも、博士号がないと研究できないなんて聞いたこともない。

そのとおり、博士を取らなくても現状では研究できてる
つまり、研究職に博士号はいらないとあなたは考えているのだろ?

>論博制度は残すべきだ。

でも、それなのに何故に論博制度が必要という、矛盾した論理が導かれるのだろう。

> ちなみに、オレはコースドクだけど

嘘クサw
博士号がないと研究職からあぶれそうな階層にいるから、こんなレスするのではないの?

841 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:41:28
教員のパシリ(奴隷)やってれば取れる課程博士の価値ってどれくらい?

842 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:45:34
>>841
まったくない。研究能力がつかないなら年が食うだけでマイナス。

843 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:51:41
>>841
ドクターコンプって悲しいな。

844 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 19:58:07
>>840
>博士号がないと研究職からあぶれそうな階層にいるから、こんなレスするのではないの?

博士号あってもDQNはDQNですよ。


845 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:01:29
まぁ、実際に研究やっていると、
博士持ってない人にあったことないのだが。

846 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:03:32
>>845
たくさんいるぞ。特に企業には。企業で研究するなら博士号なんて必要ない。
実務経験の方が重要。アカポス目指すなら必要だろう。

847 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:04:49
肩書きが好きな人は博士号欲しいんだろうな。
博士だろうがDQNはDQNなのに。

848 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:09:00
>>846
国際会議にはいなかったよ。

849 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:09:16
>>840
牧野富太郎なんかどうするんだ。小学校も満足に出ていないぞ。昔の話だけどな。高卒でドクターを取って活躍している人もいる。

例えば、田中さんみたいな人でも学位授与にはスクーリングを受けろというの。バカバカしい。

博士にはバカセとハカセがいる。論博をなくすというのは、バカセしか認めないというようなものだ。

ちなみに、>>840はバカセだな。



850 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:24:03
田中さんみたいな人は、そもそも博士を欲しがらないと思うし
必要ないと思うのだが。

851 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:25:30
>>841
俺は課程博士(本物w)だが、課程博士を取ることの価値は測ることはできないと思う。
個体差が大きすぎる。

旧帝などの多くの論文を世界に発信し続けていて、
既にある程度完成された研究室に入った人

まだ、知名度は高くない研究室に入り、
在学中に自分の加わった研究によって
研究室の成長と共に自分が成長していった人

研究室の業績が下り坂の研究室で
ただ、闇雲にもがいて時間を無駄にした人

この3つのパターンでは生まれる博士の質や価値がだいぶ違うと思う。
俺的には2番目がいいと思うけど、大学生や修士の学生には
これから伸びそうな研究室はまず読めないと思うが。

俺ですか。。。。俺は読めずに3番目。
あと5年10年したら確実にぽしゃりそうなので、文系就職しました。

みんな頑張って。


852 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:25:45
>>848
企業のフェローには学位ない人いるよ。
分野にもよるのかな。学士でフェローも普通にいるが。

853 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:27:31
博士(本物w)

854 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:27:47
博士だろうが使えない奴は企業でセレクションするんだから(もちろんアカポスも)、みんなに博士号上げればいいじゃん。

855 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:28:33
今の博士号は、研究を遂行する能力がある人に授与するのであるから、研究実績のある人には無条件に出せばよい。

大学のスクーリングなんか関係ない。

論博がよくないのは、大企業の研究所でマネージしている奴が、部下の業績をさも自分がやったように仕立て上げて、大学の先公とつるんで学位をもらうからさ。

退官する先公を顧問で受け入れる代償に、学位をもらうなんて結構ある。

マネージが学位を受けるのも、研究管理能力を問えば、妥当とも言えるけど、マネージメントの能力を問うのなら、むしろMOTかな。


856 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:29:04
使えない博士は学士より給料安くても我慢我慢。
就職できただけマシ。

857 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:42:07
>>855
君の脳内はどうであれ、博士=博士課程を卒業した人。
論博は「それと同等」と認められた人。

858 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 20:53:20
まあ論博廃止は決定だろうけど。

859 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 21:01:18
>>838=849

君とは違い田中さんのような優秀な人は、論博制度が無くなっても何の影響も受けない。
名誉博士みたいなものは、貰えるだろうし、ノーベル賞>>>>>>博士号
だからそんな学位いらないと言うだろう。

君は心配しなくても、バカセは研究の世界から淘汰されるから心配しなくていいよ。
それに君のそのDQNぶりじゃバカセが多かろうが、少なかろうが淘汰されるから、心配無用だよ。

でも、ここは2chだから君のようなDQNの意見もちゃんと拾い上げてあげるよ。
俺君みたいなDQN結構好きなんだ。また書いてよ。

ちょっと「瑠璃の島」見たいから直ぐにお返事できないかもしれないけど。

860 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 21:43:36
金と時間あれば博士って取れるの?


861 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 21:46:08
博士よりMBAほしい

862 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 22:01:57
>>861

MBAもなー。マジメにコツコツ働かなきゃ。資格で仕事ができるわけじゃない。資格は自然と取るものだ。

文科省の判断は博士が資格ではないと言ったことと同じ。それが真実なら、それでOKなんだけど。

バカ学生は博士=資格と錯覚しているからね。採用で博士号取得が条件?それだけ博士が多いというだけのことさ。

バカでも取れる博士号くらいは取得していないと、大学の先生になるには話にならない。







863 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 22:10:52
皆さんまだまだ必死ですね。そんなに羨ましいものですか?

www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html

864 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 22:21:32
確かに選ばなければ金と時間があれば取れると思う。

ただ、研究職の未来が厳しいことは当然知っているだろうから、
無駄な金と貴重な時間を費やして博士をとりにいく大学生はいないと思う。

課程の間に研究能力を高められ、優秀な研究者との交友関係を作れる研究室を選んでるはずだ。

結局、金と時間があれば取れるような大学院があることは、企業のドクーターコンプの為にはなっても
大学生から院に進む若いやつらにとっては害悪でしかない。

論文博士も金とコネがあれば取れるのだから、論文博士をなくす事はもちろん
不必要に多い大学院研究科を削減していくことも非常に重要だと思う。

社会人と大学生で院生の椅子を取り合えるような環境を作るのがベストではないかと思う。
大学生の時に入れなっかた人はどうしても研究したかったら、企業の技術員かなんかで数年経験して、
社会人から院を目指して博士を取って研究者へ、というような流れは作れないだろうか。

ちょっと甘いかな。ご意見求む。

ちなみに僕は課程博士なので、論文博士を取らなければならない企業人の事情が正直理解できないけど、
企業の人が取りたいみたいなので、最もベストだと思う考えを書いてみました。


865 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 22:44:23
>>864
それでいいと思う。

866 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:03:36
社会人から院に行く奴はすでにいるが?
大学院って長すぎるよ。博士までいくと5年だろ?
学部卒からはじめても2年あれば国際誌に載せられる論文かけるよ。

867 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:11:19
そうだな飛び級あったほうがいいな。
しかし博士号は大学院最低3年行けば取れるはず。
博士の基準は3年以上大学院で研究すること。

868 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:19:34
修士を卒業しておれば、企業に行った後でも1年で学位が取れます。
論文博士がなくなってもそれで十分。最近は、論博じたいを
減らして、1年コースで社会人に学位ばんばん出してるし、現状を
追認するだけ。実態を知らない人は大変だ〜と騒ぐかもね。

869 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:21:36
実質3年で博士なんて取れるんですよ。5年もかけるのは落ちこぼれの証明じゃないですか?

870 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:26:59
>>1
博士課程単位取得満期退学者が博士号取る道は消えるな。

871 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:29:47
ソルジャーには「博士」でなく「ひろし」を与えるんなら納得もできるがな

872 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:40:18
>>868
>修士を卒業しておれば

修士を修了しておれば

ではないか。言ってることが嘘くさいな。こんな香具師にだまされるな。


873 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 23:47:32
>>869
業績があっても、院には5年はいさせられる。
短期間で博士を採ろうとすると、周りから異端児扱いされるし、
5年いればされに実績が上げられるよなどと変な説得される。残念ながらね。

期間短くしておいてくれれば楽だったのになぁ。教授の世話しなくていいし。

874 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 00:10:48
>>872
はいはい、揚げ足Thx。現実見て物を言おうね。

875 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 00:36:04

論文博士が認められるのならば、論文修士、論文学士も認められるべきだ。


876 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 00:37:14
何わけわかんないこと言ってんだ?

877 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 00:52:30
Intelのハイパースレッディングに深刻な脆弱性

IntelのXeonなどに実装のハイパースレッディングに深刻な脆弱性が発見された。
マルチユーザーシステムの管理者は直ちに使用を停止した方がいいとの勧告が出されている。

Intelのプロセッサに実装されているハイパースレッディング技術に深刻な脆弱性が存在すると、
セキュリティ研究者が報告した。

この問題を発見したのは、FreeBSDプロジェクトでセキュリティを担当するコリン・パーシバル氏。
オタワで開催のBSDCan 2005で5月13日、詳しい論文を提出したという。

ハイパースレッディングはIntelのPentium Extreme Edition、Pentium 4、モバイルPentium 4、
Xeonに実装されている技術。同氏がサイトに掲載している情報によれば、この脆弱性が原因で
ローカル情報が流出する恐れがあり、権限を持たないユーザーがRSA非公開鍵を盗み出すことが
できてしまうという。

マルチユーザーシステムの管理者は直ちにハイパースレッディングを停止した方がいいと同氏は
強く勧告。デスクトップPCなどのシングルユーザーシステムは影響を受けないとしている。

パーシバル氏は昨年10月にこの問題を発見。その後コンセプト実証プログラムを作成し、影響を
受ける全ベンダーにこの問題を通報したという。サイトには、FreeBSDやSCOなどから寄せられた
アドバイザリー情報が掲載されているが、今のところIntelからの情報は寄せられていない。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0505/14/news009.html

878 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:05:40
なぜ門戸を閉ざすような方向にばかり行くんだろうか。
何かやるごとに漸次、日本が悪くなっていくように思える。
そういう時代なのかな。

「論文博士予備軍という隣りの集団」を喰ってしまおう、
そういう発想のやつがこのスレにも多く偉そうに巣食っているね。
縮小時代なんだね。

879 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:12:12
修士はインターンが重要視される方向
って今日の新聞記事みた?

880 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:17:56
>> 868
うちの大学院も論博受け付けていたけど、一年は手続き上ありえないと思うのだが・・・。
2、3年は少なくともかかると思う。
他にも毎週土日だけ、実験に10年以上来ている論博候補もいる。もちろん企業でも実験している人だ。
10年以上研究室にしゃぶり続けられているんだろうけど。

博士はしっかりと課程を経て取るものだ。
大学生だって若い貴重な3年を使っているわけだし、
社会に出てから博士取る人も同じ条件で取るべきであると私は思う。

大学生側にも才能や適性など博士取得には求められるべきものはあるが、
まともに業績がないような研究室では一定レベルの才能があっても、博士取得は難しいと思う。
そういうところは一体どういう博士を生み出したいのかも理解できないし、仮にとっても芽を潰すだけだ。
芽を潰さないで伸ばしてくれるような研究室だけが院生を受け入れるシステムを望む。

何でも周りのせいにしているようでよくない考えかも知れないが、今後の生まれる博士のためにもそうして欲しい。
芽が出ない(種がない)人が容易に他の方向に行けるような社会構造が最も大事であるとは思うけど。

881 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:25:35
>>849

> 例えば、田中さんみたいな人でも学位授与にはスクーリングを受けろというの。

そうだよ。当たり前だろ?
学位は学校を卒業した者に与える。それのどこがおかしい?



882 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:33:06
>>878
門戸を閉ざしているわけではない。
裏門からの出入りを禁止するだけ。

しかも、開放開放で門を大きくして入りやすいということが良いというのは幻想。

どんな業界でも門戸を広げれば供給過剰が起こり、質が低下して、社会的地位や賃金が低下する。
そして有望な若い芽はそこを目指さなくなるだろう。
弁護士や薬剤師は後10年以内に確実にそういう状況になると思う。

開放開放のおかげで、これから先はどうなっていくと>>878は思っているの?

俺は優秀な奴らは「金持ちになるには起業しかない」と考えて、結果、ばんばん多くの新会社が生まれる。
うまく時流を掴んだ企業が成長するが、しかし結局外資の巨大な資本に食われて、
気がつけば優秀な頭脳は日本から搾取して、海外を潤すだけの手先になってこの国は徐々に没落していくのではないか。
なんて妄想じみたことを思ってしまっているよ。


883 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:38:19
>>882
もう遅いよ。博士の価値は暴落しているから。
博士ほど門戸を開けて競争させた方がいい。
博士をとるだけでは意味がない。

884 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:40:16
課程の奴って研究したことが無いんだね。
課程ってレベルが低すぎる。
講義を受けて研究できるようになれると思っているの?
教官に寄生して実験し、論文を書いて(ほとんど書いてもらって)
博士を取る。これって情けないと思わないか。
自分では研究計画も立てられない塵芥のような博士が多いんだね。
博士は研究能力もあり、研究計画をたてることも出来、教育も出来、しかも
予算を獲得できる人間に与えるべきだ。

885 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:42:57
博士とってフリーターってのもありだろ。
今の課程・論博はどっちも研究能力を保証する資格じゃないんだからさ。

886 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 01:57:52
>>884
何度も繰り返すのがアホらしいんだが、
修士卒でもこの程度の論理を理解できないのかな。
それが信じられない。

>課程の奴って研究したことが無いんだね。
>課程ってレベルが低すぎる。
>講義を受けて研究できるようになれると思っているの?

これは単なる論理のすり替え。わかる?

問題なのは今の論博のやっていることは、
「俺、毎日実験動物の豚や羊に臓器の移植して、移植免疫の研究してるんだ。
だから、動物の扱いはお手の物さ。」
「なぁ、俺に獣医の免許くれたっていいだろう、まぁずっとこの会社にいるから
開業するわけじゃないんだけど、周りの目もあるし持ってないと格好つかないんだよ。」
「論文だって、書いてるんだぜ。むしろボンボンの獣医より優秀だよ。くれよ免許!」

って言ってるのと同じだと僕は思うよ。

ブラックジャック(ノーべリストの田中さんのような人)には医師免許与えても良いと
世間は納得するかもしれない。
でも他の奴はただの「もぐりの医者」。そいつに免許やるのは間違ってると思わないか。

よーく考えて見てくれよ。
課程のレベルが低い研究室があることは確かに問題だよ。
でもそれは論文博士制度とは”全く”関係ないことなんだ。
わかってくれないかな。


887 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:01:34
変な潔癖症なら、アカデミズムの自殺になる種類の潔癖症なので
捨てた方がいいよ。

888 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:06:27
>>887
詳しく。
言葉が抽象的で広範すぎて論旨が伝わらない。
論理を組み立てて話して。
君は自分がインテリであると自負しているんだろ。
程度の低い比喩表現じゃエセだと思われますよ。

889 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:09:18
>>887

これの受け売りだったらキレるよ。

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/compass-052.html

890 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:10:32
>>880
大学によって若干の違いがあるだろうが、制度上は短縮できる。
課程博士でも短縮できるから条件は同じ。実際、D1で博士取っている
人はたくさんいる。本人しだいということ。

891 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:13:27
>>886
おまえはボケか?
課程でそんなに特別なことを習っているのかよ。
現実を見ろよ。
教授の奴隷をしているのが教育を受けたことになるのか?

892 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:16:51
>>890
課程での教育を考えれば、D1で博士というのはおかしんじゃないか。
業績があれば博士に認定なら理解できるが。

893 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:18:01
まず、根本にあるのは、博士号は、
・実力を証明するものなのか
・学校を卒業したことを証明するものなのか、
ってことで、
日本の社会通念では前者だったんだよね。

894 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:19:15
>>1
論文博士制度廃止が課程博士の研究能力の
保証に繋がる訳じゃないから、
国際的信用性を確保し高めるためって
観点からみたらどうでもいい罠。

895 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:26:32
>>894
博士短期コース設立は国際信用性を高めることになるのか。

896 :886:2005/05/15(日) 02:29:40
>>891

>おまえはボケか?
>課程でそんなに特別なことを習っているのかよ。
>現実を見ろよ。
>教授の奴隷をしているのが教育を受けたことになるのか?

だから、それは論理のすり替え。
さっき>>884は全てがすり替えではなかったのに。
今度は全部じゃないか。

じゃあ、質問に答えてよ。
学位を与えるのに本来の必須条件って何?

俺が見て欲しいのはそこ。
そこが世界中のコンセンサスと一致していないから元通りに
戻すだけだって。

別に間抜けでもボケでも俺はいいけどさ。
ちゃんと俺の心に響く言葉が欲しいな。
それじゃ納得できないよ。

>現実を見ろ。

もうアホかと。
竹島には韓国の船舶が停泊してますが。
現実を見て領土を放棄するのが筋でしょうか?
それを議論とは呼ばないごねてるだけ。




897 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:31:09
論文博士廃止の動きが出てきたのは、企業と大学の研究室との癒着が原因だと
聞いたことがある。企業が金で学位を買うということが頻繁に行われていて、
そのためにレベルの低い論文博士が量産されているのだとか。
ちゃんと実力があって論文博士を取ろうとしている人には、とんだ迷惑な話だな。

898 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:33:07
どうして制度をいじるのにそんなに情熱をかけるのだろう?
896に聞きたいが、世界とそんなに違うなら、
どのような経過でそうなったの?

899 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:37:40
>>897
「制度ごと無くしてやれ」か。
ずいぶん乱暴な話だな。

900 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:41:39
これから取ろうとしていた人には残念だろうけど、
論博がいずれ無くなる事は誰もが分かっていたはず。
この話はここ1、2年で言われていた話ではなく
今、論博を狙っている多くの人が大学にいた時から
言われていた問題ではなかったか。

合法ドラックが摘発されるようになったのと同じ。

これは>>897の言うように論文博士の先輩たちが
裏口だというのにより楽に博士を取れるように
癒着していったのが確かに根底にあると思う。

目立つ反社会的行為は摘発の対象になる。これ常識。

901 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:47:48
>>895
ならないだろうね。

902 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:48:00
論博が優秀かどうかは知らんけれど。

論博は廃止される。ただそれだけのこと。ok?


903 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:48:34
ということで887に戻るわけだね。


904 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:50:20
人が人を処分する、そんな善意とも思われぬ
日勤教育みたいな観点で、

905 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:50:43
そして>>894へ。

906 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 02:52:42
>>877
Pentiumの演算バグのときは
「一般の人には影響ありません。ごく一部の科学計算に用いる人はお申し出ください」
てな感じのこと言って、非難浴びまくって結局全品無償交換となった。

907 :896:2005/05/15(日) 02:53:01
>>898
論博ができたのは第二次世界大戦で国民がどん底に陥っていたことを加味してのものだ。
戦争直後の世代は困窮している人も多く、勉強よりも国を立て直すために働くのが精一杯の時代だった。
その戦争直後に勤労可能な年齢に達していた人が頑張ったおかげで高度経済成長の礎ができた。
その世代の向学に向けられなかった事情を加味して作られたのが論文博士制度。

今はいくら困窮しているといっても、奨学金を借りれば高校はもちろん大学にだって行ける。
そんな現代に論文博士制度はそぐわない。
だから廃止。

ちょっとソースが出せなくてすまない。多分ちょっとぐぐれば、このような経緯があって論文博士制度が導入されたはず。
もしかしたら、導入した世代とか細かいところは異なるかもしれない。そしたらごめん。


908 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:00:22
中教審の議論を見ると博士号を取ることが一定の評価資格のような扱いだが、
研究者の成果そのものの評価が大事だろう。
中教審では論文博士を廃止することが、国際的評価の向上に
つながるような議論だが、一体何を考えているのか?
国際的評価とは国際的に通用する研究成果が基本であって、
日本における博士制度改革などあまり意味がないことだろう。

909 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:01:51
>>907
傲慢さを感じないの?
修士で出て企業人になった者から、博士号を得る機会を剥奪したところで、
その後輩たちが大学院後期課程に進むことになんてならないよ。
実際それは「普通」の人生じゃないから。

だいぶ歪んだ物言いが多いけど、あなたは役人になった方がいいと思う。
独創性を感じないし。まあ役人になっても関わる人に嫌がられるかもしれないけど。

910 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:07:10
結局、国際なんとかってのは建前で、
実際には、制度をぶっ潰してやれ、ってなもんなんだな。

911 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:07:21
論文博士制度については、昭和36年3月をもって廃止になるはずでした。

もういい加減あきらめれ。

912 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:20:36
まあ、日本独自の制度があっても良いけれどね。
でも論博はあまりにも恥ずかしいだろ。

913 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:22:04
>>911
どのような経過でそうなったの?

914 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:28:13
アメリカには、金払えば簡単に学位くれる大学あるよな。
どの辺を指して日本独特の制度と言ってるんだろ?

915 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:29:43
学位持ってない大学の助手はピンチだな。

916 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:33:51
>>909
博士課程に進んだ身としては、君の方に傲慢さを感じる。
将来は不安だが、研究をしたいという気持ちで進学をしている人もいる。
ある程度のリスクを取って、課程に進んでるんだよ。

論文博士だとそのリスクが無いように見える。
現在論文博士を取ろうと頑張っている人へのフォローさえ出来れば廃止に賛成だね。



917 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:42:23
うーん、
>将来は不安だが、研究をしたいという気持ちで進学をしている人もいる。
この辺りがね、偽善ということが社会に知られてきちゃってるわけよ。
もう少し本質的問題をなんとかした方がいいんじゃないかな。

918 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:44:09
研究したいが家庭の事情等によりリスクを負えずに就職したって人もいる。
断腸の念で就職したのかもしれない。

でも、事情はどうあれ、国際的に通用する研究能力・研究成果はどうあれ、博士号は諦めてねw
博士課程に進んだ身としては、修士で逃げた奴なんてのはどうでもいい。
課程博士だけがこれから研究職に就くための特権階級と化していきますwww

919 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:49:56
>>918
家柄も博士号に考慮するべきか・・・

920 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:52:02
論博廃止する前に、三流大学の博士課程潰せばいいのに。

921 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:55:51
論博廃止する前に、国際誌に一報も載せなくても
博士号取得可能な博士課程を潰せばいいのに。

学位の研究能力・研究成果の国際的に通用する信頼性を確保し高めるために。

922 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:55:53
>>909
>>864のような制度なら問題はないと思う。
社会人の門戸は閉じていない。ただ門戸をひとつにするだけ。
>傲慢さを感じないの?
傲慢ではないと思う。
論文博士はかなり前から廃止が検討されていた。
多分あなたが大学院か就職かの選択をするときには既に議論されていた。
想像だが、その中であなたは就職を選んだ。
あなたが博士は後でも取れると思ったのか、就職してみて博士が必要になったのかは知らない。

ただ前者であれば、あなたは単なる無知かご都合主義だし、後者であれば駄々をこねている子供と同程度だと思う。

なぜ、いまさら博士が欲しい?もし貴方に研究業績が充分にある企業研究者なら
博士号がなくてもバカセに乗っ取られる心配や、転職に対する心配も皆無だと思う。
充分今のままでやっていける。そんな心配は要らない。

政府は社会人でも学位が取れるように考えて政策を作っている。だから制度が改正されて社会人にとっても
博士号の取得がちゃんとできるところに落ち着くはず(それが問題となる可能性はあるが。)
それでもこの流れに反対し、駄々をこねている人は、大学との癒着や部下の業績で博士を取ろうとしている”単なるクズ”
なのではと勘ぐってしまうのは俺だけだろうか。


923 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:56:16
>それは「普通」の人生じゃないから
普通の人生って何だ?そんなもの博士が持つべきものか?
philosophyは学術(哲学)を愛する人の称号だぞ。
普通を願う奴に博士など必要ないだろ。ちょっと頭おかしいぐらい研究が好きでないと。
>独創性を感じないし。
こういった事柄に独創性や奇抜なアイデアは重要ではないだろ。
繰り返すがこのことは40年前からずっと言われてることだ。
つまり、どの世代でも「論文博士に問題あり」と思っているわけだ。
まずはそれからだ。

>>909個人を中傷してるわけではないからね。
ちょっと口悪いかもだけど。
俺はできるだけ深い議論がしたいだけ。
いろんな人の考えが知りたいだけ。
理解しあえなくても、他の人から何か学び取りたいんだよね。

924 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 03:59:37
>>921
それは東大の事か?

925 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:00:40
>>923
なんでphilosophyが出てくるの?
日本の博士はPh.Dとは違うよ。

926 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:06:43
>>925
時々いるね。日本の大学で学位取ったのに、名刺にPhDとか書いてる無知。

927 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:06:59
>>921
東大は今年からそれなくなったよ。

>>925
博士(理学)とかの学位ってDoctor of philosophy in scienceじゃないの?

昔の理学博士とかの学位はDoctor of scienceなのだと思ってましたが。

正しいのを教えてください。

928 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:08:41
>普通の人生って何だ?そんなもの博士が持つべきものか?

とか言ってるやつが、

>いろんな人の考えが知りたいだけ。
>理解しあえなくても、他の人から何か学び取りたい

とか言っても無駄だと思われ、、、
最も研究に向いてないタイプだね。キミ。

929 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:10:39
>>926

君、何歳?

930 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:12:55
>>928
いやちょっと口悪すぎるかなと思ってフォローしてみた。
レスに回答している時点で個人的中傷に間違いはないんだけどね。

確かに研究にはあんま向いてないかもなぁ
調べることも好きだけど、それを元に議論するほうが好きだし。

931 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:13:19
廃止が検討されていた、と言っても知らないんだけど。
諸外国のことも知らない。
ただ、博士号は学識ある者が、大学の審査を経てもらうもの。
そう思ってたよ。
課程博士の方がむしろ、特別な邪道コースと思ってた。
自動車教習所の合宿コースやパックコースみたいな感じでさ。
普通は自力で一人前になるものだろ。
そして一人前になった者、いくつか論文も受理されて一人前になった者が
学位をもらう。何も問題なかったはずなのだが。

932 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:15:34
>>927
今年度入学の奴からだった気が。

933 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:16:15
>>890
制度上ね。マイナーな制度は制度とはいわないんだよ。
あんたは一生アカポス無理だ。残念。

934 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:16:46
>>929
70年代生まれ。
後は秘密。
想像よりも若かった?
年寄りだったかな

というより教えてくれ。
Ph.Dで名刺作れないというなら直すから。


935 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:19:47
>>934
漏れと同じ年代じゃん。
年寄りと思た。

俺の学位記には、博士(○学)
と書いてある。お兄さんは?

936 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:21:19
>>927
そう今年からみたいね、俺の友達は修士卒でから社会人してて今年入学。
東大だから最悪論文でなくてもと考えてたらしいが、まぁ論博がこの状況だしそれよりよいかと。

937 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:23:34
>>935
同じ博士(O学)だよ。
これは名刺にもこう書かなきゃいけないということなのだろうか。


938 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:27:27
>>937
本当は 博士(○学)と書くべきなんだろうけれど、
俺は ○学博士と書いてるw 知り合いもそう書いてるな。

名刺なんて何書いても良いんじゃねえ?


939 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:29:12
>>932
D2以上は以前の通りか。

940 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:29:26
>>937
学位取得大学で英文証明書を発行してもらって
それに合わせて名刺作れば?

941 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:30:26
で、結局Ph.Dって書いていいのかな。

今日はもうこんな時間。
せっかくの休日が・・・。
ということで、またどこかでお会いしましょう。

2chにこんなに書き込むことなっかったんだけど、今日は楽しかったで-す。これフォローじゃなく。

942 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:31:24
>>938
微罪で逮捕されたりして。
上の方にあった特許大学ってのを見たらものすごいので捕まってた。

943 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:34:20
結論は中教審視ね、ってことで。

日本企業が高い生産性を誇る製造業大国になれているのは、
開発研究者たちの目の前に餌がぶらさがってることも一因かもしれない。

勝手なことしてんじゃねーよ。

944 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:35:33
>>942
ものすごいのって、ちょっと気になる。

名刺なんて大丈夫だよ。仮に、物知り博士
って、名刺に書いても逮捕されんでしょ。

公文書の類いはまずいかも知れないが。

945 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:36:26
博士号は餌か。餌かもしれないな。

946 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:39:59
>>944
ぐぐればすぐだけど、貼っとく。
http://khon.at.infoseek.co.jp/daigaku/tokkyo.html

947 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 04:45:20
>>946
博士って、勝手に名刺に刷り込んでは行けないのか?

ひろしはどうなるんだよ。

948 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 10:12:32
>>943
お舞の書いている「餌」は博士の学位のことか?
もしそうだとしたらものすごい勘違いをしているぞ。
高い生産性と学位なんて関係ない。

949 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 10:26:09
>>931
昔は研究人生のまとめ的な意味だったのだと思う。
末は博士か大臣か、といわれていたが、やはり大臣は長年議員を続けていないとなれない。

今は研究生活に入るための免許のように変わった。
おそらく欧米もその位置づけなのではないかな。

同じ名称に違う立場の人が関係するから混乱するわけで
この際だから新しい名称をつくったらどうだろうか。

950 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 10:29:27
>>936
>東大だから最悪論文でなくてもと考えてたらしいが、まぁ論博がこの状況だしそれよりよいかと。

こういうのを最初から考えているヤツがいるのかよ。
こずるく立ち回ろうとしているのがミエミエ。最悪なヤツだな。

951 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 11:42:40
>>950
そいつの名誉のために言っておくが、
当然初めから論文を出さないで博士を取ろうと考えてるわけではない。
だた、博士が欲しいだけなら論博目指す方が現状では安易にできる。

そうではなくて論文構築のプロセスを自分の手でしっかり学びたいとか、
課程博士を敢えて選ぶ理由があるからだと思う。今度聞いてみる。
もしかしたら、アカデミックに戻りたいか人脈構築が主たる目的かもしれんが。

俺が思うには「最悪論文でなくても」と言ってしまうのは、
課程博士が味わう不安感の吐露にすぎないと思う。狙ってるわけではなくてね。

それと俺は実際東大の論文なし博士に出会ったことがないのだが、
どう云う人が論文なしで博士を授与されているの?

当然課程どおりの3、4年の在学ではもらえないような気がするんだが。
何年やっても駄目な者は駄目に決まっているが、どういう経緯で与えられているのか知りたい。

俺はマイナーな分野なので、なかなか一流誌は狙えなかったが、
有名研究室では狙える論文のインパクトファクターが低くて結果はあっても論文が投稿できないというのもよく聞く。
この場合低めのIFの論文を数出して博士取ることができないと思うのだが、そういう人はどうしているのだろう。
ネガティブデータではないが、金の卵とは言えない結果を引き出しの中にしまったままで終わりなのか。



952 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 12:25:39
>>951
>それと俺は実際東大の論文なし博士に出会ったことがないのだが、
>どう云う人が論文なしで博士を授与されているの?

かなりの昔はよくあったと聞くから年配者に入るのではないかな。
でも面と向かって聞けないよね。
おそらく享受の鶴の一声で全てが決まる時代があったんでしょうな。
それにしても現在もまだにいるのだろうか?

>有名研究室では狙える論文のインパクトファクターが低くて結果はあっても論文が投稿できないというのもよく聞く。

そういう分野なのかもしれないが、普通は出せるところに出すでしょ。
そんな変なルールがある研究室なんてあるのかな。
結果がしょぼそうなのが見積もれた段階でその実験は結果を出す前に中止になっちゃうでしょ。
インパクトファクター自体最近になってできたものだし、
分野が違えば数値が全く違うので、あんまり当てにするのも変だと思うが。

953 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 14:10:56
>>896
竹島には韓国の船舶が停泊してますが。
現実を見て領土を放棄するのが筋でしょうか?
それを議論とは呼ばないごねてるだけ。

これが端的に研究職の業界をあらわしてるね。
アカデミックの学位なし助手の跋扈とか



954 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 14:47:38
なんだか、コースドクと論博とどちらが優秀かというような議論になりつつあるな。

論博が優秀か、コースドクが優秀かは、意味がない。問題は、博士号の意味合いが明確になっていないからじゃないか。コースドクなんか、即戦力にならないのは当たり前だよ。なる方がどうかしている。

教育の過程として博士号を見るなら、どういうシステムで教育するかだ。

形式陶冶としての教育効果で評価するなら、コースドク。経験学習法の効果で評価するなら論博という見方かな。

企業の研究所なんか、所詮、今日の課題を解決することが目的だから、コースドクなんか役に立たないのが当たり前。中計、長計ということになれば、コースドクの差異は、はっきり出てくる。ただ、そんなことをやる人は多数はいらない。

論博では、視野が狭くなるのも仕方ない。一種の村社会の構成員だから。しかし、村社会の強みは腕っ節がべらぼうに強いことだ。どんな一流の研究室出身のコースドクでも、最初は全く歯が立たない。

論博制度の廃止は、そんな腕っ節の強い経験学習法で鍛えられた人間を締め出して、形式陶冶だけの企画しか務まらない研究者を優遇しようと狙っているように見られるんじゃないか。

文科省がきちんとした教育論理にしたがって政策をたてているのか、疑問に思う。もしかすると、教育理論なんか何も知らないでやってるのではないかと国民は危惧するわけ。

スクーリングによる博士の養成を具体的にどうする。Max Weberの講義を必須にしている博士課程なんて聞いたこともない。研究者としての職業倫理を系統的に教えているところなんかあるのかい。

こういうこともやらないと、コースドクの差別化なんか無理ではないか。これは、さすがに論博では無理だ。優秀な人はやるだろうけど、所詮優秀な人だけ。

955 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 15:08:37
大学院時代にドクターとらずに助手やってるやつはどうなるの?

956 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 15:10:51
>>955
即刻退去ねがおう。


957 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 15:15:10
かわいそうだな。おれは違うからいいんだけど。

958 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 15:20:52
このさいだから論文博士は「論文博士」という新しい名前をつくろう。
名刺にも「論文博士」とはっきり書く。
英語は"paper doctor"とはっきり書く。

海外の研究者からなにこれ?と変な顔されてもでいいじゃん。
しっかり説明すればいいんだしさ。

959 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 15:23:24
>>955
今の時代、本当に研究実績のある助手が博士を取れないのがおかしい。教授の怠慢で、減俸ものだ。

助手は難しいポジションで、昔は、高卒とか中卒のお手伝いさんという位置づけだった。今は、教官のポストが足らないから、準講師という位置づけになっている。今でも、学部・学科によってはそういう位置づけで見ているところがあるかもしれないね。

その昔、博士が今ほど多くない時代なら、講師や助教授採用なら尻を叩いてでも取らせていただろう。


960 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 16:09:09
>>956
この辺りがなあ、どうしようもなく政治キティ


961 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 16:48:06
無能助手>>960ハケーン

962 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:02:04
博士基準がばらばらなんだから、博士の価値なんてないって。実力勝負だよ。

963 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:06:56
文部科学省のホームページに中教審大学分科会大学院部会の資料が
掲載されているからよく読めよ。
課程のボケやカスでも何が話し合われているか理解できるだろう。

964 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:24:16
     ミミ ヽヽヽヽリリノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
     l  i''"        i
     | 」  ⌒' '⌒  |
    ,r-/  <・> < ・> |  学位は研究能力の国際的信頼性を確保し高めるため・・・
    l       ノ( 、_, )ヽ |  
    ー'    ノ、__!!_,.、|  
     ∧     ヽニニソ  l 
              

965 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:30:45
それなら研究能力ない日本の博士は全廃すべきだな。

966 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:30:47
>>954に同意
現在の課程博士が企業での即戦力ででないというのは、当たり前と思う。
それは論文博士が学術の進歩には貢献できる実力がないのと同じこと。

企業での研究は>>954の言うように今日の課題を解決することが目的だから
課程博士の養成が「企業での即戦力として働けること」に重きが置かれるようになれば、
単なる高給のテクニシャン養成所になってしまう気がする。




967 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:32:46
テクニシャンに高給もくそもあるかよ。
頭脳労働でなければ給料安いんだよ。

968 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:36:51
>>966
それではいつまでも無職でいるのですか?


969 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:48:35
カス野郎どこここを読め。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/004/05051101/002.htm

970 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 20:57:51
>>963
お前の書いたことのポイントは何?
ただの落書きか?

大学院部会の資料には

>>未だ課程制大学院制度の考え方が徹底されているとは言えず、この制度の趣旨に沿った教育の実践は、
   未だ十分な状況にはない。
   国際的な通用性、信頼性のある大学院教育の展開を図っていくためには、
   この課程制、すなわち「学位を与える課程」ととらえる制度の考え方に沿って、
   次の各課程の目的に応じ、各分野の特性を踏まえた教育内容・方法の充実を図っていくことが重要である。

と書いてある。

つまり論博廃止。課程の充実。
というより課程博士の養成が完全に前提になった論議だから。
文科省にとっては論博の廃止はそう深く話し合う議題にすらなってないと思うが。

それがニュースとして知られたのは1月前。
こんな古い資料をいまさら提示してきて、お前の言いたいことは何だ?

これでは課程にいっていないやつは、論旨の展開ができないないと言われて当然だよ。

971 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:04:09
>>963
で、文科省にとっては論博の廃止はそう深く話し合う議題にすら
なってないって事を言いたかったのか?

972 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:07:43
>>970
現状認識が足りなさ過ぎるからボケといっているだよ。
おまえらは充分な教育を受けていない欠陥品だろう。
その教育を受けていない欠陥どもが意見を言う権利は無いね。
業績も無い教育はまともにされていない奴どもはこれからきちんと
教育を受けてきた連中に駆逐される運命だろう。
奴隷教育では何も身についていないから、企業は採用しないんだよ(獏

973 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:19:15
>>966

そうだよね。多すぎるからアカデミックの小さいパイの中に博士をすべて収めることはできないし。
国としては企業に一部は引き取ってもらうつもりで大学院重点化したんだろうから。
しかも優秀な博士の上澄みじゃなくて、できるだけ沈殿の方をね。

企業の方はテクニシャンとして雇ってもらえませんかね。

大学卒初任給+アルファ(個別に会社の人が判断)ぐらいの賃金からでよいので。
ほんと申し訳ないけど大学新卒では体力では負けるけど、少なくとも>>972みたいにバ○ではないですから。

974 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:23:29
テクニシャンなら専門卒の給料じゃない?それでも良ければ。学卒や専門卒が上司になるかもしれませんが。

975 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:26:47
国は論博の廃止についてこれ以上議論する必要性すらないと考えてます。

>>972は、この重要な現状認識が足りない専門卒

976 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:32:38
>>975
おまえはセイハクか?
私にとって論文博士が廃止されようがどうでもいいことだ。
業績は論博に負け、まともな教育をされていない課程のばかどもには
この件について議論する資格はないといっているだけだ。
馬鹿どもは論文を書け。英文でね。

977 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:39:45
>>974
それでも、いいのでは。給与よりも企業の研究部会が聴講できるとか、
実際なれなくても研究職に戻れるかもよ。などの希望を与えてやってください。
アカデミックもポスドクも企業の研究職にも選ばれないのにも拘わらず、研究にこだわりたいという
人生=研究の正にphilosophyなので、そこに戻るチャンスさえ見えればきっと頑張るはずです。
ただ高給を主張しているのは博士であろうがなかろうがだだのDQNですから。

余剰博士で研究に残る香具師はマイナーリーガのように低い待遇でよいかと、
その方が余剰でない博士にも刺激を与えられてよいかと。

ただ俺なら名刺にPh.Dとは入れられません。



978 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:51:58
>>976
いまどき日本語論文で博士認められている奴なんていないって。医学理学系だけかも知れんが

>>業績は論博に負け、まともな教育をされていない課程のばかどもには
 この件について議論する資格はないといっているだけだ。

あー、わかった。このスレでは論博目指してた人たちで、慰めあいたいんだね。

じゃあ、こんな次スレでも立てたら

【昇進】論文博士めざしてたのに・・・_| ̄|○【絶望!】


って言うかセイハクって何?

確かに俺は「正規の博士」の博士だけど・・・。


979 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:58:40
>>978
東大工学系では日本語論文で博士認めてるけど。

980 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:03:42
ニート◆課程博士取っても就職なし◆社会の屑

セイハク=精神薄弱、つまり君。
君は執念深くこのスレに張り付いていて気持ち悪い。
ほかにすること無いの。

981 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:11:07
>>979
それは確かにどうかと思うね。
それで東大工で論博申請する時はどうなの?英語だけ?
そうだとしたら、よくない上に一貫性がないね。東大工の学位規定は。

982 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:18:22
>>981
課程博士も論文博士も日本語でOK。

983 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:20:59
精神薄弱なんて古い言葉使わないでよ。しかも略語で
もしかして年寄り?
今は知的障害って言うんだよ。
まあ、レス見るかぎり、あなたの方がIQは低そうだけどね。

ちなみに以上に執着するのは強迫性障害って言うんだよ。
どこか他のレスで使ってみて。

確かにこのレスに張り付いてるね。
だってDQNがファビョってるの見るの大好きなんだよね。
ありんこいじるみたいでさ。



984 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:24:45
>>982
じゃあ論博の人が言う資格ないわな。
でも学位の基準を統一することは重要だから
全大学院で欧文査読誌筆頭を何報とか統一してほしいね。

985 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:26:20
日本語論文が駄目になったら東大の博士は激減する罠。

東京大学学位論文データベース
http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

986 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:29:25
>>984
>じゃあ論博の人が言う資格ないわな。
俺は論文博士ではないが。名無しで書いてるから別人と勘違いされたのかもしれないが。

987 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:33:48
うちのボスは灯台論博.昔,学位とったときの様子を教えてくれた.
担当教官は論文も読まずに「序文を読み上げたまえ」.んで「OK」がでた.
そして,後はその教官が他の教官を黙らせて終了だったそうな.
今でもそうなのかはしらんが.

988 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:34:56
今日中に1000まで行くかな。

989 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:46:56
日本語だめって学位論文じたいを英語で書けってことではないよねの?
学位論文の主論文が欧文査読誌ってことてはないのか?

主論文のリストがこのデータベースから見つけられなかったからどんな業績でとっているか分からんかった。

僕の学位論文の主論文は勿論欧米査読誌に投稿したものだが、学位論文は日本語だった。
国会図書館に行くだけのものだし。あえて英語で書かなきゃいけない理由はないと思ってました。

990 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:51:32
明日は月曜だからね。
結構時間かかるかも。

991 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 22:56:11
日本人以外は誰も参照しないって前提なら、日本語でも良いと思われ。
学位の国際的信頼性を確保し高めるってのは無理になるけど。

992 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:12:54
博士の信頼性高めるのはあきらめろ。勉強したい奴だけが大学院行けばいい。ちゃんと勉強できるところを選ばないと意味ないが。

993 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:16:51
>>992
ちゃんとした所が何処かが問題。
大学生にはそれを正しく選択することはできない。
必ずしも旧帝大の研究室がよいわけではないし。
確率は高いと思うが、只のソルジャーにされるかもしれんしね。

994 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:30:19
おいおい、英語だって3流誌はいくらでもあるぜ。
英語か日本語かの問題じゃないだろ。俺は英語の論文しか書かないけどな。

995 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:32:49
中央教育審議会の大学院部会は、大学院改革の一環として、学位の国際的信頼性を確保し高めるため、制度見直しを検討。

996 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:40:39
仮定博士を廃止したほうがポスドク対策になるんだけどね
博士論文だけなら数の調整が簡単にできる。

997 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:51:14
国としては大量のガラクタの博士の中から一握りの有能な博士が得られれば良いと考えているからな。
余剰博士が普通の社会に溶け込めるな社会ができなくてはだめだと思う。
ポスドクから上にあがる能力がないのは明らかなのに、ポスドク以外の普通の職を選択できない奴とかいっぱいいそう。


998 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:52:06
998

999 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:53:01
999

1000 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 23:53:46
1000ならアカポスゲット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

259 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)