2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中村修二(笑)

1 :Nanashi_et_al.:05/01/18 17:38:45
プ

2 :Nanashi_et_al.:05/01/18 17:42:34
2

3 :Nanashi_et_al.:05/01/18 17:51:45
3

4 :Nanashi_et_al.:05/01/18 19:19:04
4様

5 :Nanashi_et_al.:05/01/18 19:34:55
5

6 :Nanashi_et_al.:05/01/18 19:57:27
6

7 :Nanashi_et_al.:05/01/18 20:11:57
7

8 :Nanashi_et_al.:05/01/18 21:08:47
8

9 :Nanashi_et_al.:05/01/18 21:47:48
9

10 :Nanashi_et_al.:05/01/18 21:54:16
10

11 :Nanashi_et_al.:05/01/19 14:26:57
11

12 :Nanashi_et_al.:05/01/19 15:32:42
12

13 :Nanashi_et_al.:05/01/19 16:47:39
13

14 :Nanashi_et_al.:05/01/19 17:03:34
>>1
さあ早く割り箸づめ作業に戻るんだ。

15 :Nanashi_et_al.:05/01/19 19:32:04
青色(笑)

16 :Nanashi_et_al.:05/01/19 19:47:37
企業の論理と個人の論理はなかなか合致しないものです。
企業に社員として勤めている以上、
まずは、企業側の論理に合わせる必要があります。

    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    ||                     ∧_∧  いいですね。
    ||個人の幸せ < 法人の幸せ \ (゚Д゚,,)
    ||_____________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

17 :132人目の素数さん:05/02/10 10:32:27
http://www4.diary.ne.jp/user/412147/
■2005/02/08 (火) 予想外に反響が大きいので、ビックリ!!!!!!
 今朝の産経に、僕が書いた「発明物語に踊ったマスコミ」という青色発光ダイオード裁判に関するコラムは、これまでにマスコミが取り上げてこなかった切り口からの中村修二批判だったので、かなり話題になるはずだと思ってはいたが、予想外の大きな反響が返ってきている。
おそらく、多くの日本人が、薄々気付いてはいたが、なかなか公言できなかった問題点を、僕のコラムが抉り出したからだろう。

以上のコラムは http://yamazakikoutarou.gooside.com/nichia-nakamura.html を短く要約しただけと考えて良い?


18 :Nanashi_et_al.:05/02/10 15:16:48
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。
科学者も文学者も、やはりカネに目が眩むようになったらオシマイだろう。

19 :Nanashi_et_al.:05/02/10 20:19:20
>>18
ばーか営業経験ないのか?
企業の儲かる仕事しないと評価されないだろ?
会社経験ないの?

20 :Nanashi_et_al.:05/02/10 20:29:49
戦前の日本を一等国に導き、外の一等国と対等の立場を築き上げた人達の事を
考えるべきだと思う。
日本が国際競争で他国に打ち勝つには、全社員が志を高く持って
事に使える事である。わが国は社会主義ではなく紛れも無い資本主義
国家なのである。サラリーマンや労働者である者は会社に自分自身を
最大限の労働力を発揮しないと、多国籍企業に勝てない、負ければ即
倒産 失業になるのだ 社員は今以上の危機感を持たねば成らない。
日本の最大の強みは技術力をさる事ながら、社員の労働力にあるのだ
誰よりも多く働き、誰よりも長く働く姿勢こそが日本人が幸せになる
近道である。楽をしたいなどと言う 怠け者はもう社会に居ては困るのです


21 :Nanashi_et_al.:05/02/10 21:20:10
>>20
みんなが協力しあう時代はとうの昔におわったぞ。
そんなの昔の理論だ。資本家に使い捨てにされるだけ。

俺も日本の社会の貢献しているつもりで技術職系に没頭していたが、(昼夜関係なし、才能なし?)
そんなことでは生きていけない。実際困難なことに挑戦したが、結果がうまくだせないと、ムダなことするな! 赤字だ! 
なんて意味の分からない人間に虐げられ続けた。
だから結果の見えないことに挑戦することをやめ、退職して営業になった。
営業のように粗利計算さえ出来れば、「数字という評価がされる」ほうかなり楽だった。
(給料良くなったし)
中村氏のおかげで生きていける奴が多いんだろ?
多国籍企業に勝たなくても、貧乏で虐げられ続けるよりましだ。

22 :Nanashi_et_al.:05/02/10 21:39:50
>>17
スパイとかいってるが、別に会社に見切りつけることがおかしいのか。
じゃ転職者みんなスパイだな。

23 :Nanashi_et_al.:05/02/11 01:56:20
反論ないしくだらないスレ立てんなよ

24 :Nanashi_et_al.:05/03/01 15:08:41
age

25 :Nanashi_et_al.:05/03/01 22:13:22
>>19
同意。てか無能な奴の妬みだな。

26 :Nanashi_et_al.:05/03/12 09:51:05
http://www.nichia.co.jp/jp/about_nichia/ip_qanda_a7.html
さらにA8にもありますように、本件特許は当社が青色LED販売開始後3年ほど使用していた以外に、誰も使用しておらず、基本特許であるという認識は、当業界には存在しておりません


27 :Nanashi_et_al.:05/03/13 13:11:40
中村修二さん、アメリカでも頑張って、日本の企業を窮地に追いやるものを考えてください。


28 :Nanashi_et_al.:2005/03/29(火) 13:34:21
hoshu

29 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 02:53:08
中村さんを愚弄する香具師はゆるさん

30 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:12:41
中村修二さんみたいに成功した人間を
東大理一卒の人間はどう思ってるの?
いっしょに仕事したいと思うの?
友達になりたいと思うの?
それとも自分の会社に入社してきたら
無視を決め込む?

31 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:14:25
てか、中村修二さんは有名大卒の人間を嫌ってるでしょ。

32 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:23:58
>>31
君たちが嫌ってるからじゃないの?

33 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:25:26
中村さん自身自著で語ってますが

34 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:25:51
彼のアメリカ行ってからの業績ってどうなの?

35 :Nanashi_et_al.:2005/04/17(日) 20:28:05
>>33
あなた方はなぜヘッドハントの声を
かけなかったの?それが大きいと
思うけど。

36 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 20:24:42
>>33
あなた方はなぜヘッドハントの声を
かけなかったの?それが大きいと
思うけど。

37 :Nanashi_et_al.:2005/04/18(月) 21:45:08
>>33
あなた方はなぜヘッドハントの声を
かけなかったの?それが大きいと
思うけど。

38 :Nanashi_et_al.:2005/04/19(火) 22:20:10
>>33
あなた方はなぜヘッドハントの声を
かけなかったの?それが大きいと
思うけど。


39 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 11:44:53
>>33
あなた方はなぜヘッドハントの声を
かけなかったの?それが大きいと
思うけど。

40 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 12:13:46
所詮低学歴。実験系は運がかなりの部分を占める。

41 :Nanashi_et_al.:2005/04/20(水) 22:25:58
>>40
>所詮低学歴
やはり学歴の壁ですか。(やっぱり嫌ってんじゃン)
彼がもし東大卒だったら?


>実験系は運がかなりの部分を占める。

中村さんの場合にもそれが当てはまるの?

42 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 15:22:59
>> 彼のアメリカ行ってからの業績ってどうなの?

まるで無し。
1st Author論文無し。(おまけで後ろの方に入れてもらってるのだけ)
1st Author特許無し。(おまけで後ろの方に入れてもらってるのだけ)

43 :Nanashi_et_al.:2005/04/21(木) 16:09:02
じゃあ、彼はパクリの名手に過ぎぬという意見が真実味を持つな。

運で片付けるには、彼の主張する項目は多岐にわたっているから。

44 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 05:38:21
>彼はパクリの名手に過ぎぬ

そうか?
もしそうだったら、アメリカでもパクリまくって、
1st Author論文たくさん
1st Author特許たくさん
になるはずじゃないのか。

実際には、そうならないという実験事実から立てられる仮説は、
1.中村氏も歳をとった
2.アメリカにはパクるべきものがない
3.・・・(他に思いついた香具師は追加してちょ)

45 :Nanashi_et_al.:2005/04/22(金) 09:20:48
アメリカ人はパクリに厳しい。

46 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 16:22:30
>>40
>所詮低学歴
やはり学歴の壁ですか。(やっぱり嫌ってんじゃン)
彼がもし東大卒だったら?


>実験系は運がかなりの部分を占める。

中村さんの場合にもそれが当てはまるの?

47 :Nanashi_et_al.:2005/04/23(土) 16:35:12
彼が東大卒だったら、コンプレックスに駆られてこんな茶番を引き起こす
なんてこともなかったでしょう。

48 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 16:56:08

出版社名 洛風書房
書籍名 父一代の日亜化学 青色発光ダイオード開発者中村修二を追い出したのは誰だ!
著者名 小川雅照/著
出版年月  2005年4月
ページ数・版型  348P 19cm
ISBNコード 4-88218-118-5
価格 1,680円 (税込)

49 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 17:37:11
>>48
それで?

50 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 18:17:14
>48 でそれには
two-flow特許が如何に価値あるものかという検証は載っているのですか?


51 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 18:28:45
>>44
中村さんは、日亜の謀略によって、不毛な法廷闘争に巻き込まれた結果、
アメリカに渡ってから成果が出なくなった。日亜化学が悪い。

52 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 18:46:12
原告は中村だがな。本人は確かにそういってる。

53 :Nanashi_et_al.:2005/04/24(日) 21:27:11
>51
あのさ、そういうの言い出すと不毛な陰謀論の言い争いになるだけからさ。。


54 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 01:07:28
読んだ。噂の真相風でおもろい。

55 :Nanashi_et_al.:2005/04/30(土) 21:51:39
>>48
参考資料の提示どうも。しかし読んでみて個人的感想を書きますと、
著者ご自身も"自分は技術には門外漢"(P159)と著されておられる通り、
青色LED問題において最も重要な論点である「ツーフロー特許の利用価値」
の技術的な検証は無いようですね・・・。残念!

技術論ではないが"特許の帰属論争と価値論争とで会社主張が異なる点を批判し
「帰属と価値は別問題だ」は詭弁だ"(P47)との批判がありますが、
使えない特許でも一応権利として持ってるのが普通と思う。説明が足りないと思った。

あと、会社経営者ご兄弟や地元銀行等の内輪揉めの記述については興味なし。
少なくともLED裁判とは直接関係が無いし、切離して考えないと混乱する。

結論:青色LED裁判の結果論議を左右する効果のある出版物では無い、と私は判断。
未だ 日経ものづくり を越す検証記事は世に無し。以上。

56 :Nanashi_et_al.:2005/05/01(日) 14:15:56
>>41オイオイ、東大卒は院卒じゃないから明らかにもっと低学歴じゃねえか。
でも、中村が低学歴になったのも自業自得だな。出来ちゃって無ければ、
徳島大学院理工学研究科卒業後、他大学院博士課程編入受けれたなのに。

57 :Nanashi_et_al.:2005/05/05(木) 12:55:40
おいおい、日経ものづくりこそ個人の主観を並べてるだけじゃねーか。
それを技術っぽく書いてるだけ。間違い多いし。
実際にMOCVD使ってN系成長しているやつならわかる。
素人が無理して技術を論じてる、素人騙しに過ぎん。

58 :Nanashi_et_al.:2005/05/05(木) 18:14:08
>>57
記者は研究はしてないだろうけど
MOCVDで研究してる人の話が載っているんですけど。


59 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 01:29:04
そのお話を中村さんを批判するように取り上げてんのよ。
利害の絡む人間ばっかり出してるしな。
周辺技術を勉強して(人の話じゃなくて)自分の頭でよく考えてみたら?技術者なら。
現状のMOCVDはどうなのか、特許のどこがいかされているのか。

60 :Nanashi_et_al.:2005/05/06(金) 13:56:47
それがライセンス後も他社は404を利用してないという点は404訴訟で両者とも
争いがないようですので、利害関係者?の発言も訴訟に影響は無いと思われます。


61 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 01:26:38
金だけが利害じゃねーだろ。

まあ、>>60は人の話で判断するのが精一杯で、
技術について考えていない事には反論無いみたいね。
文系はこの板からでていけよ。ゴミレス増やすな

62 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 02:22:56
まあ、人の話の本題さえ理解していない様な人に言っても意味がないが、
本題は特定の記事自体の内容じゃなく、更に質的量的に深い問題訴訟
検証記事が存在してるのか否かというだけの話でしょ。
さて、君の考える「利害」について詳しく教えて頂きましょか。

63 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 03:55:57
私も忙しい。最後のレスなんで、あなたの視点になって書きますが、

>本題は特定の記事自体の内容じゃなく、更に質的量的に深い問題訴訟
>検証記事が存在してるのか否かというだけの話でしょ。

という事にこの話を極要約すれば、私は日経ものづくりの記事は検証記事としては体を成していない、
と述べているだけの話です。何故ならば、個々の記事が、技術でなく本人の主観を述べているに留まるからだ、
と上で繰り返し私が述べているのです。
個々の記事が成り立っていなければ、それを展開した全体としての「検証」は全くをもって意味が無いのは自明です。

例えば記事に出てくる、某企業の1研究者が、TF-MOCVDと同様の特性を〜〜さんの
所だったらすでに出していた、だから無価値だ、なんて事は人の解釈を踏み入れるものではありません。
何故なら、それは本当であれば技術的見地から証拠(学会発表、論文)を出せばいいだけの事です。
実際に、中村さんのものは論文の内容です。その意味でも、この記事はただの主観と言わざるを得ません。
段落の頭では「例えば」とつけましたが、一例に過ぎず、至る所に見られます。

質問・「利害」の意味は大した意味はありません。何故ここに拘るのかわかりませんが、
TF-MOCVDの有効性を否定したい人は、訴訟、金に関係する人間だけでは当然ありません。
この記事では、名誉に関わる点が大きいでしょう。

最後に、実際に現在窒化物半導体用のMOCVDを調べてみましょう。
大手メーカーの汎用MOCVD装置は多数ありますが、リアクタ形状は確かにTFではありませんが、
それぞれ立派にTFと同じ機能を持っていると言わざるを得ないのが目に見えます。
裁判も、日亜化学が現在用いているリアクタも、結局は404特許そのものであるとされています。
控訴審では和解に至りましたが、この内容が破棄されたわけではありません。

因みに>>42は有り得ません。この分野では、教授は普通筆頭著者になりません。一番後ろに入るのが普通。
立派にAPLにも論文だしていますし、日本の普通の研究室と比較すれば、十分な業績を出しています。

64 :Nanashi_et_al.:2005/05/07(土) 08:17:17
雑誌で普通そこまでやるのかどうか疑問が残るが…。

404特許の基本原理を応用したとするMOCVDが広く製造・販売されているならば、
日亜化学はそれらメーカーに対して特許侵害訴訟を提起して勝利でき、
さらに中村氏もその分の対価を本来は受け取れたはずであった
というお考えで宜しいのですかな?


65 :Nanashi_et_al.:2005/05/08(日) 06:09:36
もうレスして頂けないのですか?
日亜以外の装置がTF機能に属すと見て良いかどうかは、>>60前半の点を
踏まえるなら、この訴訟に限らず問題にさえならないはずなんですが。
和解文は一審判決を参考にする一方で新技術施行の可能性にも言及した
曖昧なもので結局日亜のそれの判断も出ていると見るのは難しいんじゃないの。


66 :Nanashi_et_al.:2005/06/29(水) 03:35:26
108 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:52:50
http://www.e-themis.net/new/index.php
・主張 青色LED訴訟 米国特許法では「追加報奨金」はゼロだ 田中朋之(米国カリフォルニア州弁護士・特許法)

日米の法律を比較してる。冒頭部分:

中村氏は、「日本は文系社会。個人を重んじず、大企業に『滅私奉公せい』というシステムだ」と日本社会を批判し、「日本の司法制度は腐ってる」と憤慨した。

日本の司法制度が腐ってるとはどういう意味か? 中村氏は「裁判官は用意した準備書面さえ読んでないのじゃないか」等と述べただけだった。
有能なエンジニアにアメリカ移住を勧める中村氏のことだから、日本の司法制度が発明者に不利で、
米国の司法制度ならば自分にとってもっと良い結果になった−−と、そういう意味にとるのが普通だろう。
米国メディアの報道も中村氏の唱える「日本では企業内の発明者を冷遇」という視点を守っている。

しかし、カリフォルニア州の弁護士である私にとって、中村氏が米国法の知識を踏まえてあのような発言をしたとは思えない。
それどころか、中村氏の主張こそが日本的な法的甘えそのものであり、米国の法的判断基準では、青色LED訴訟は中村氏の全面的敗北に終わったであろうと思えるのだ。


67 :Nanashi_et_al.:2005/07/05(火) 23:53:51
>>63
典型的な、検証する気ゼロの独りよがりな書き込みだな。
訴訟から数ヶ月経ってもこういう書き込みがのさばっているとは。
日経ものづくりの記事はクロスライセンス先の企業を含めて、ただの一社も404特許の
使用を申し入れなかった事実、ツーフロー法による処理は青色LED製造の数ある工程の
一つに過ぎない事実、日亜の年間設備投資額などといった客観的事実の積み重ねで
検証されている。あんたは日亜が言ってるからウソに違いないと目と耳を塞いでいるに過ぎん。

>例えば記事に出てくる、某企業の1研究者が、TF-MOCVDと同様の特性を〜〜さんの
>所だったらすでに出していた、だから無価値だ、なんて事は人の解釈を踏み入れるものではありません。
中村修二自身が西澤潤一との共著で、ツーフロー法での結果は他社とどっこいどっこいどころか、
むしろ悪かったと書いているんだけど(当然、日亜は裁判でそのことを突っ込み、中村のツーフロー法
による高品質な結晶説は崩壊した)。最低限の知識もないくせに適当なこと書いたらいかんよ。

>大手メーカーの汎用MOCVD装置は多数ありますが、リアクタ形状は確かにTFではありませんが、
>それぞれ立派にTFと同じ機能を持っていると言わざるを得ないのが目に見えます。
大手メーカーの汎用MOCVD装置が多数ある?
だからどこのメーカーがツーフロー方式を使ってるんだよ。
そもそも、中村自身が他の企業はツーフロー法を使っていないと裁判で認めてるんだが。

あんたが物理的知識も裁判に関する情報も全くないことはバレバレなんだから無駄な落書きは
カロリーの無駄だよ。
専門用語(というほど高水準の言葉は出てきてないが)や熟語を並べれば騙せるのは小学生まで。
この問題は過去スレ等で散々論証されてるから君の幼稚なハッタリは通用しないよ。

68 :Nanashi_et_al.:2005/07/22(金) 00:22:35
>> 66
>> 67
ダイヤモンド社から中村修二氏の本が出版されました。
タイトルは ごめん ! です。

この本を読めばいかに日本の司法が腐っているか、日亜が不誠実であるか
よくわかります。本当にこの国にはこんなことをしていて大丈夫なのか ?
とても心配です。

レビュー
出版社/著者からの内容紹介
~先日、和解した青色発光ダイオード裁判。しかし、その結果の意味するところが、
あまりに伝わっていない事実。「200億円」という金額と「中村修二は
欲の皮がつっぱっている」という僻みからの巷間の意見。技術を理解しない
メディア報道。偏った判断の司法。これらの結果、何一つ真実が伝わらず、
結果として、優秀な技術者の報酬に上限をつけてしまいました~~。
その結果、技術立国日本の終焉が証明されたようなものです。
つまり、日本の技術者は、いくら優秀でも基本的にサラリーマンなので
お金がない。一方、アメリカの優秀な技術者は、その報酬により、大金持ちに
なる。そして、彼らは「技術がわかるお金持ち」なので、優秀な技術ベンチャー
に対して、しっかりと技術評価をし、投資ができる。結果、技術ベンチャー~~が
成功し、アメリカにとって新たな知的財産が生まれていくのです。
今回の判決は、日本でのその道を閉ざしました。そのことを中村氏の口から
陳謝してもらいます。一審後「日本もまだまだ捨てたものじゃない」
と思ったという氏。が、いま「優秀な技術者はアメリカへ来い」と
いっています。青色発光ダイオードがいかに〓人間の世界を変えていく技術か
、といった解~~説から、今回の裁判の意味までをわかりやすく解説します。~



69 :Nanashi_et_al.:2005/07/22(金) 00:29:25
ごめん ! 本の紹介 続き !!

出版社からのコメント
~今回の和解に関して、メディアの報道が結構ひどいものでした。彼らは、
中村修二氏の発明した技術の意味と価値がわかっていない。
「200億円」という金額だけが一人歩きして表層部分だけで語っています。
そして企業に偏った判断。今回の和解は技術立国日本の未来を閉ざすほどの
判断です。その意味を解説した本書は、中村修二氏自身が「最後の自著」と
言い切~~る「独白」です。~

カバーの折り返し
~「謝ってすむことではないけれど、私はこの国とこの国のみなさんに、
とにかく「ごめんなさい」と言いたい。
 謝りたいことは、それこそ山ほどあります。そもそも、この日本という国で
裁判を起こしたこと。これが、まず大間違いでした。
 私は日本を甘く見ていた。というより、無意識のうちに希望を抱いていたん
です。正しいことを正しいと判断し、間違っ~~ていることは決然と悪いとする
「正義」が、この日本の司法の場にはあると信じていました。
 ところが、日本の司法には正義に対する信念もなければ、善悪を判断しよう
という強い意志もなかった――」
まえがきより~


70 :Nanashi_et_al.:2005/07/22(金) 20:47:45
全然こりとらんなこのおっさん・・・・
クロスライセンス先の企業ですら相手にせず、自身が他より出来が悪いと言ってた
技術になんの「意味」があるんだよ。

71 :Nanashi_et_al.:2005/07/22(金) 23:48:58
アメリカの裁判で偽証して、それがばれて右往左往してた奴に司法の正義を語られてもな

72 :Nanashi_et_al.:2005/07/23(土) 10:23:36
「スレイブ中村」って日本社会を揶揄してるんじゃなくて
中村をバカにしてるんだよな。
それだけの物発明したのになんで起業しないの┐('〜`;)┌?って。

73 :Nanashi_et_al.:2005/07/23(土) 11:30:56
変な本書いてないで、次の大発明で格の違いを見せつけてくれ

74 :Nanashi_et_al.:2005/07/23(土) 13:20:24
>>73
「考える力」って中村の本ではノーベル賞は通過点に過ぎず、2006〜2007年までには新たな
ブレイクスルーを達成するって宣言してたよ。
リミットまであと1〜2年だけど、どうなることやら。

75 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 00:31:55
夏休みになると書き込みが増えるな。レベルが知れる

76 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 14:03:52
そうだねえ、>>68-69とか。

77 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 15:15:10
ああ、該当者が反応したよw

78 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 19:00:43
つまり、速攻で撃沈された>>68-69>>75=>>77ということですな。
夏房にマジレスするのもなんだが、幼稚な茶々ばっか入れてないで、
人を説得させられる反論をしてみせてはどうかな。無理だと思うけど。

79 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 23:02:31
    
「スレイブ中村」
彼は奴隷だったのか?

自分のしたい事して、会社の組織と設備を使って、給料を貰って研究した。
その彼は、その発明の対価が少ないと主張している。
会社が、事業に対して多大なるリスクを負っているが、彼の発明が偉大だとしても
事業に対してリスクを負っているとは言えない。それが言えれば腑に落ちるのだが。

彼はいったい何に対して奴隷なのだろうか。
もし彼が本当に偉大なら、もう一度発明をして、自分自身で事業を興せばいい。
そして大儲けするところを人々にハッキリ見せればいい。
そうすれば彼の主張は、誰にも納得できるだろう。

彼は誰の奴隷だろうか?会社?日本のシステム?それとも司法制度?
いいや、彼は彼自身の奴隷である。そんな気がしてならない。


80 :Nanashi_et_al.:2005/07/24(日) 23:20:09
>>79
>彼の発明が偉大だとしても
例の特許は基本特許ですらなく、他企業も全く相手にしなかった。
中村が今勤めるクリー社も。
偉大な特許だなんて言ってるのは中村とその大風呂敷を真に受けてる無知なマスコミだけ。

中村はなぜ自分で起業しないのかって疑問は全くその通り。
「アメリカの優秀な学生」がベンチャーをおこしていることを絶賛しているのに、当人は
散々自分が罵ってきた組織に属す人間(大学教授であり、クリー社研究員)の身に
とどまっているのはどういうことか?
ちなみに、中村の師匠の徳島大教授はベンチャーおこして成功してる。

81 :Nanashi_et_al.:2005/07/25(月) 00:21:31
会社に数百億以上の利益をもたらす発明したのに、その報酬が少ないの
がムカつくってこったろ。納税一位になったサラリーマンくらいに報酬
やってもよかったんじゃねーか? 

82 :Nanashi_et_al.:2005/07/25(月) 22:20:44
>>81
過去ログくらい読めよ。
中村の発明は会社に数百億の利益なんぞもたらしてない。
例の404特許は青色LED作成のいち工程に過ぎないうえに、中村自身が他より
悪い結晶しかできなかったって言ってた(裁判でもこの点は突っ込まれた)。
日亜の売り上げが伸びたのは既に404特許がお払い箱になった後に、白色LED
量産技術が確立されたから。こんなことは日亜の年別売上高を見るだけでもわかる。

83 :Nanashi_et_al.:2005/07/26(火) 21:16:42
中村って今、給料いくらくらいなんだ?

84 :Nanashi_et_al.:2005/07/27(水) 09:53:41
なんか話が進んでいますね。
ところで話がずれますが、私の推測が正しければ、>>68-69さんは
「月刊現代」「考える力、やり抜く力 私の方法」「人の値段 考え方と計算」
これら全部を長文で2chに最初に紹介されてた方ですよね?
そしてテーミス本が出た際には「考える力〜」を引用して反論をしたり
「ものづくり」も会社ぐるみで嘘を言ってるとか批判されていませんでした?

もしそうなのでしたら、何故そうまで一方に偏った見方をするのですか?
それと例えば今回の本にしても、具体的に日本の司法や会社がどう問題だと
書かれていて、それを読んで自分はどう考えたのか、を主張して頂けませんか?

なお「ごめん」本はちょっと前の新聞広告に出ていたので知っていたのだが、
LED問題は旬が過ぎた話題という感がありわざわざ買う意欲は出なかった。
で問題の404特許に価値があるというのはどういう根拠が書かれているの?
それが興味深そうなら1冊買ってもいいが。

85 :Nanashi_et_al.:2005/07/27(水) 20:57:17
なんか今更って感じがする。
ニュースバリューのなくなったおっさんが、夢よもう一度とばかりに必死で
世間の注目を引こうとしてて痛々しい。
どうせ本を出すのなら、裁判で露見するまでひた隠しにしてたクリー社との契約などについて
書いたほうが売れると思うけどな。

86 :Nanashi_et_al.:2005/07/27(水) 23:01:22
現地の大学ではかなり評判悪いよ。研究室は日本人だらけだしね。
成果もないし。どうするんだろ。テニュイア持ってんのかな。

87 :Nanashi_et_al.:2005/07/28(木) 22:31:59
>>83
青色LED発明者の赤ア教授と連名で武田賞とったときの講演で、年1600万円って言ってた。
アメリカの大学教授はもの凄く高給と吹聴してるわりに、日亜のときと同じ給料。

88 :Nanashi_et_al.:2005/07/30(土) 00:33:37
どうせまともな研究なんてできなくて
青色LEDの周りでグルグル回って小銭稼ぐと
思ってたら案の定そうなのな。

89 :Nanashi_et_al.:2005/07/30(土) 08:01:45
>>88
少し前に田原総一朗との対談で、「研究室の学生の成果に期待する」というようなことを
言ってた。
ノーベル賞は通過点に過ぎないとか、5〜6年で新たなブレイクスルーを達成するとか
大風呂敷を広げていた頃に比べてかなりトーンダウンしてた。

90 :Nanashi_et_al.:2005/07/30(土) 11:37:41
そもそもノーベル賞取れるのかなあ?
レーザー系で有名な某先生が、取れないでしょうって
言ってたの聞いたことあるんだけど。

91 :Nanashi_et_al.:2005/07/30(土) 11:43:44
404が意味がないというやつが多いが、
それだったっら、なんで日亜は404で他社にクレームをつけてたかということになるんだよ。
つまり技術の問題じゃなくて、日亜の特許紛争処理の稚拙さが問題。

92 :Nanashi_et_al.:2005/07/30(土) 19:34:24
>>89
決め付けは良くないことは百も承知だけど
「自分で付いたハッタリに自分で乗ってしまう、その気になってしまう」
タイプだったから、いざアメリカ行って研究したら正気に返ったのかな?

93 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 02:10:13
>91
日亜が404でクレームを付けたソースきぼん。

94 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 12:27:02
>>91
それ、地裁の頃からとっくに論破されてることなんだけど。
知ったような口を聞いてるけれど、君、世間から数年遅れてるよ。

・他企業が404特許を使っていないことは中村側も認めざるを得なかった事実で、判決文にも明記してある
・では、"意味のある"404特許をクレーム云々で日亜が抑えてしまっているかというと・・・
 公判当時すでに日亜は他企業と、404特許を含むGaN関連の技術のクロスライセンス契約を結んでいる。
 にもかかわらず404特許は相手にされなくかった。

少しは勉強してから書き込もうね。

95 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 14:21:02
>・他企業が404特許を使っていないことは中村側も認めざるを得なかった事実で、判決文にも明記してある
そんな記述は見当たらないが。判決文のどこの部分か記してくれ。

96 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 15:32:42
>>95
以下、平成16年1月30日東京地裁判決より引用。

 被告会社は,本件特許権を含むこれらの発明を自社のみで実施し,他社にライセンスしていない

ちなみに、↑ではあたかも日亜が他社に404特許を使わせまいとしているかのようだが、平成14年時点で既に
日亜は他社とGaN関連技術のクロスライセンス契約を結んでいる。

97 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 18:01:00
嫉妬からいろいろ文句を言ってるヤツがいるが、中村氏がニチアにいなかったら
青色LEDは他社が開発していた可能性が高い。この事実を無視したらダメだ。
メドが少しでも付けば後の開発は誰でも可能だ。開発における最初の一歩に伴う
不安、失敗、嘲笑、無理解、困難は想像以上だと思う。中村バンザイ

98 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 19:04:13
>中村氏がニチアにいなかったら
>青色LEDは他社が開発していた可能性が高い。

大したこと無いって言いたいの?

99 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 23:02:50
中村バンザイって書いてるくらいだからネタだろうけど、一応マジレス。
97は全部勝手な希望的観測でお話になりません。

100 :Nanashi_et_al.:2005/07/31(日) 23:47:18
青色吐息

101 :Nanashi_et_al.:2005/08/01(月) 01:31:32
>>97 は正しいな。中村さんが日亜で青色LEDの事業をはじめたわけなのだから、
中村さんがいなけらば現状でのLED産業での利益などあり得ない。
その時は、赤崎さん(と豊田合成)が着実と商品化に進んでいただろう。
それは逆に言えば、日亜が先行企業の技術を追い越し、
今の繁栄を得たのはまさしく中村さんの功労と言わざるを得ない。

>>96
アホか。中村氏が裁判を起こしたのは平成13年だ。その後のクロスライセンスの話をしてどうする。
しかも判決文じゃなく原告側請求じゃねーか。原告側請求が判決文の一部に載っているだけだ。

102 :Nanashi_et_al.:2005/08/01(月) 02:28:17
最近の若いもんは、中村との裁判前には404や熱処理を含むクレームの付け放題で、GaNそのものを作るなぐらいの勢いで騒いでいた日亜を知らんらしい。


103 :Nanashi_et_al.:2005/08/01(月) 05:43:23
>>97 >>101
というか「もし〜がいなければ」の論理ってどうなんでしょうか?
問題をすり替えているように見えて仕方がないのだけど。
氏の様々な貢献は『日経ものづくり』によれば社長も認めているし、
404技術の開発行動も評価はするが結果的に経済的価値で見れば…って話。

>>102
具体例を挙げてほしいのだが、日亜の知財管理に厳しい基本方針は
今も一貫しているどころか強化してないか?
あと青色LED黎明期のある時期までは“404の改良発明に過ぎない製法”
で製造していたと日亜も認めている事をお忘れ無く。

104 :Nanashi_et_al.:2005/08/01(月) 23:27:15
夏休みとはいえ限度があるぞ

>>101
>中村さんが日亜で青色LEDの事業をはじめたわけなのだから、
中村の「あれもこれも俺がやった」ってヨタ話を鵜呑みにしてる奴がいまだに
いるんだな。客観的根拠が一つでもあれば示してみたらどうか。

>その時は、赤崎さん(と豊田合成)が着実と商品化に進んでいただろう。
何を勘違いしているのか知らないが、赤ア教授らは日亜(と中村)が研究に着手した
89年に、とっくに青色LEDの開発に成功している。

>それは逆に言えば、日亜が先行企業の技術を追い越し、
>今の繁栄を得たのはまさしく中村さんの功労と言わざるを得ない。
他社を抜くために試作品作成をすっ飛ばして販売にこぎつけた決断をしたのも、
そのリスクを背負ったのも中村じゃないんだけど(当たり前だが)。
そもそも、青色LEDで中村がメインでやったのは数ある工程の中のMOCVDだけ。

>アホか。中村氏が裁判を起こしたのは平成13年だ。その後のクロスライセンスの話をしてどうする。
>しかも判決文じゃなく原告側請求じゃねーか。原告側請求が判決文の一部に載っているだけだ。
日本語読めるのかな〜。原告側請求で言ってるから、中村側ですら認めている事実だって
突っ込まれてるんだろう。クロスライセンスの時期についても逆ギレしてるが、クロスライセンス締結後に
どこも404特許を相手にしなくて、中村の主張は根底から崩れ去ったわけ。それで中村は
自分の間違いを認めたか?

105 :Nanashi_et_al.:2005/08/01(月) 23:49:51
ここに書いてる奴らは結局何も知らないんだろ?
どっかから見たり聞いたりした情報を都合のいい方に解釈しているのみ。

106 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 00:10:07
>>105
一方はクロスライセンス先からも404特許が相手にされなかったとか、客観的事実を示しているのに
何寝ぼけたこと言ってるの?

107 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 00:29:27
>>104
おおむね言ってることは合ってるけど一点補足。
日亜は89年以前から半導体技術関連の事業もやってるよ。
ガリウムメタルは松下や東芝に納入してた。

108 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 01:50:01
>>104

>中村の「あれもこれも俺がやった」ってヨタ話を鵜呑みにしてる奴がいまだに
>いるんだな。客観的根拠が一つでもあれば示してみたらどうか。

中村さんが日亜で青色LEDの事業を始めたのは客観的な事実なのだが。
それすら知らないとは、浅はかにも程がある。
社長に提案し、アメリカ留学を経て、初期は一人で研究していたことは
日亜の本にも、概ね地裁の判決にも示されている根本的な事実だ。
これをヨタ話といって思考を止めているのは愚かだな。

それが違うというならば、中村さんが青色LEDの事業をはじめたのではないことの
君の言う「客観的根拠」の一つでも示してくれ。示していないのはお前だ。
俺が客観的根拠を示していないのではない、お前が基本的事実を知らないだけだ。


>何を勘違いしているのか知らないが、赤ア教授らは日亜(と中村)が研究に着手した
>89年に、とっくに青色LEDの開発に成功している。
哀れなことに、>>104は文脈が読めていない。赤崎さんらが青色LEDで先行しているのに…、
と論理を展開しているのに、それを認めてどうするw。更に哀れなのは、開発の成功と、商品化の
決定的違いを理解できていない事である。

>そもそも、青色LEDで中村がメインでやったのは数ある工程の中のMOCVDだけ。
当たり前だ。現場でいつまでもメインでやるわけがない。中村さんが発案し、日亜化学での
青色LED事業の土台を作った。その後も事業のリーダーとして開発を支えた。
中村さんリーダーの下で、商品化までこぎつけたのは紛れもない事実。それこそが賛美に値することだ。


109 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 01:51:33
>>104=>>106だろうが、クロスライセンスの話はもうちょっと「論」を書いてくれ。
脳内完結している話に付き合わされている感が否めない。

>クロスライセンス先からも404特許が相手にされなかった
なんてのは客観的事実でもなんでもない。ただのお前の解釈だ。事実を述べるならソースでも出してくれ。

101で述べているのは、「クロスライセンス締結後にどこも404特許を相手にしない」のは、裁判で闘争中の特許を
使うわけがないという事だ。そもそも間違っているのは、特許はクロスライセンスしたり、裁判を起こして利益を
得るものではない。持っているだけで、他社への抑止力としての利益を持っている。
404特許が本当に価値のないものであれば、日亜化学は無効にすればよかっただけの話。そうしなかったこと自体、
404特許に重大な利益があることを認めているのに等しい。
更に言えば、もし他社が使っていなくとも、日亜化学のMOCVDリアクターは404特許にひっかかっていることも
裁判で認められている。

110 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 03:08:08
>>108
>社長に提案し、アメリカ留学を経て、初期は一人で研究していたことは
>日亜の本にも、概ね地裁の判決にも示されている根本的な事実だ

>中村さんが発案し、日亜化学での青色LED事業の土台を作った。

日亜の主張をどう読んでもそのような流れに曲解はできないと思うが。
日亜の主張はアメリカ留学でさえ複数の候補者から選抜されたものとしている。

>その後も事業のリーダーとして開発を支えた。

それはあくまで片側の主張でしょ?研究記録ではある時から実験装置を殆ど使わなく
なったとか、会議に出なかったとか、一年の多くを世界を飛び回っていたとか
いう説も有名ですし、片側の主張ばかりに沿おうとする貴方の意見は偏ってると
言わざるを得ません。

111 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 03:30:49
>>109
>特許はクロスライセンスしたり、裁判を起こして利益を
>得るものではない。持っているだけで、他社への抑止力としての利益を持っている。
>404特許が本当に価値のないものであれば、日亜化学は無効にすればよかっただけの話。

知的財産のあり方について色々な考えはあるだろうが、会社によって様々だろう。
「無効にすればよかった」との意見はこれまでも散々出ているが、
ライバルがその手を使うならともかく、特許権者自身だと様々な問題があるらしいそ。
ttp://techon.nikkeibp.co.jp/members/DM/DMNEWS/20041007/6/

>更に言えば、もし他社が使っていなくとも、日亜化学のMOCVDリアクターは404特許にひっかかっていることも
>裁判で認められている。

それは地裁の事だろ。地裁の出した結論はいわば効果の無くなった過去の遺物であって、
今更それを持ち出しても意味がない。算定式だけは高裁の勧告に参考にされているが。

112 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 21:12:32
>>108
>中村さんが日亜で青色LEDの事業を始めたのは客観的な事実なのだが。
あのね、そんな客観的事実があるならどうぞ出してみてくれと言ってるの。
何回言われればわかるかな。
結局、君は根拠も示せないくせに「とにかく疑うな!」と駄々をこねてるだけじゃないか。

>初期は一人で研究していたことは日亜の本にも、概ね地裁の判決にも示されている根本的な事実だ。
青色LED作成の一工程であるGaN結晶成長メインでやっていたことを、青色LEDの開発を一人で
やっていたことと摩り替える姑息な真似はいい加減やめようね。
そのGaN結晶成長ですら、複数の共同研究者がいたことは、当時APLに投稿された論文などが証明している。
例:Applied Physics Letters 1991年58-11号に載った論文"Novel metalorganic chemical vapor deposition system for
GaN growth"にYasuhiro Harada, Masayuki Seno といった共同研究者が明記されている。

>それが違うというならば、中村さんが青色LEDの事業をはじめたのではないことの
>君の言う「客観的根拠」の一つでも示してくれ。示していないのはお前だ。
立証責任は「○○があった」とする方にあるの。それをおまえが示せなかった時点でアウトなの。
それでなかった証拠をだせ!なんて寝ぼけたことを言うのは逆ギレであり、悪魔の証明なの。おわかり?

>赤崎さんらが青色LEDで先行しているのに…、と論理を展開しているのに、それを認めてどうするw。
>更に哀れなのは、開発の成功と、商品化の決定的違いを理解できていない事である。
やっぱりわかってないね、君。「何を勘違いしているのか知らないが」とまで書いてるのに。
101で、無根拠な中村賛美と相まってあたかも豊田合成が日亜におくれを取りっ放しで
あるかのように書いてるから、開発成功は豊田合成が先と釘を刺したまでなんだが。

>中村さんが発案し、日亜化学での青色LED事業の土台を作った。その後も事業のリーダーとして開発を支えた。
>中村さんリーダーの下で、商品化までこぎつけたのは紛れもない事実。それこそが賛美に値することだ。
だから早く客観的根拠を示してくれんかな。本人のヨタ話だけでは世間は納得させられないぞ。

113 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 21:44:45
>>109
>>クロスライセンス先からも404特許が相手にされなかった
>なんてのは客観的事実でもなんでもない。ただのお前の解釈だ。事実を述べるならソースでも出してくれ。
どこも404特許の技術を使用していないのだから、解釈もへったくれもない。
「相手にされない」と言ってどこが間違っているというのか。
そもそも、どこも404特許を使っていないってのは中村側も認めてるって何回言われればわかるのかなあ。
404特許が相手にされなかった事実を示した一例を挙げておく。
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200406_1.html
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200406_2.html

>101で述べているのは、「クロスライセンス締結後にどこも404特許を相手にしない」のは、裁判で闘争中の特許を
>使うわけがないという事だ。
自爆にもほどがあるが、裁判が終わって以降も、他社はどこも404特許の技術を使っていないわけだが・・・

>404特許が本当に価値のないものであれば、日亜化学は無効にすればよかっただけの話。そうしなかったこと自体、
>404特許に重大な利益があることを認めているのに等しい。
ハイ、当時の論争をまるで知らないことが丸わかりですね。
日亜が特許無効の申し立てをすれば、即座に中村側に訴えられます。
中村はそもそも、404特許は日亜でなく自分のものだとして主張していたのだから。
「重大な利益」どころか1円相当のライセンス利益も生まない特許を買いかぶるのはいい加減にした方がいい。

>更に言えば、もし他社が使っていなくとも、日亜化学のMOCVDリアクターは404特許にひっかかっていることも
>裁判で認められている。
ハイ、これまた地裁の判決文すらろくに読んでないことを露呈していますね。
常識として以下の事実くらいは知っておこう。
第一に地裁が展開したこの解釈自体が新たな争点となり、高裁へ引き継がれている。
第二に、地裁の判決はライセンス利益を仮定して「対価」を算出しているため、日亜が404特許を使っていようと
いまいと「対価」の計算に影響はないとしている(これはこれでメチャクチャだが)。
あと、ただの裁判所の判断を「認められている」などと誤魔化さないように。地裁の判決のおかしさ自体が指摘されているのだから。

114 :Nanashi_et_al.:2005/08/02(火) 23:14:21
西澤潤一との共著「赤の発見 青の発見」での中村修二氏の発言
「何度も言いますが、ウチの結晶というのは、できたものを普通の測定装置で
 測れば悪い結晶なんですよ。他のところでつくられた結晶のほうが、従来の
 結晶という考え方からすれば、そっちのほうがいい結晶なんです。」
「ツーフローMOCVD装置でそれを私が作ったわけでしょう、しかもそれで
 できたものは、せいぜい他所でやっている結晶とどっこいどっこいの結晶ですよ。
 従来の結晶評価というものさしで見ればね」

裁判で本人が言っていることと随分違いますね。

115 :Nanashi_et_al.:2005/08/03(水) 05:08:27
>>68-69さんは早く>>84に答えてくださいませんか?
>>68-69では全角の「!」を使われていますが、
ひょっとしてお宅さんは以前「!!」を多用されておられなかったでしょうか?

それと「ごめん」本だけど、企業と従業員の関係がどうのといった一般論の部分以前に、
どういうロジックを経てそのような日本悲観論に至っているのかを紹介してくれない?
彼の本は十何冊と読んでますのでその手の一般論はもう十分だから…。

116 :Nanashi_et_al.:2005/08/03(水) 22:09:42
>114
中村さんってマスコミ相手だと
世論を味方に付けようとした変な発言しますよね。
その時点で自分が不利ってわかってたんじゃないのかなあ。

117 :Nanashi_et_al.:2005/08/03(水) 22:22:01
まとめ

中村修二は404特許が青色LEDの製造に欠かせない基本特許であると吹聴していた。
しかし、中村の現在の職場であるクリー社を含む他の企業は404特許を使用せずに青色LEDを製造している。
これによりまず、404特許が基本特許であるというのが嘘であることがわかる。
しかも、404特許は日亜化学が他企業とクロスライセンス契約を結んだ後ですら、どこも使用しておらず、
打診すらない。よって、基本特許でないのみならず、どこからも相手にされない使えない特許である。
しかも、404特許の技術で作った結晶の出来が悪いことは「赤の発見 青の発見」で中村自身が
過去に認めていた。

あっさりケリがついたところでまた建設的な議論をどうぞ

118 :Nanashi_et_al.:2005/08/04(木) 20:42:33
酸化亜鉛の青色LEDが実用化されたらGaNもSiCも皆お払い箱になるんだろうか

119 :名無し@宣伝:2005/08/17(水) 22:19:54
中村氏の出した近刊がamazonのマーケットプレイスで、早くも定価の半額以下で
叩き売られてるぞ!
買うなら今だ!

120 :Nanashi_et_al.:2005/08/18(木) 04:16:40
もう、本でも稼げませんw

121 :Nanashi_et_al.:2005/08/18(木) 21:53:32
発売から1ヶ月しかたってないのに800円(泣

122 :Nanashi_et_al.:2005/08/26(金) 15:57:25
Forbus10月号
 ▼10年先に挑む先進企業
 先行投資と技術者たちの努力が生んだ「白色LED」 日亜化学工業

>>68-69さんは>>84へのご返答はまだですか?
もし>>84で挙げた方なのでしたら、こーいう雑誌は何故ご紹介されない
んですか?

123 :Nanashi_et_al.:2005/08/26(金) 19:35:48
もう、済んだことだからじゃない?
いろんな意味で。

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)