2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

科学技術のカリスマ・中村修二

1 :Nanashi_et_al.:05/01/14 01:18:16
雑誌にイタいエッセー書いてる場合じゃないよ。
エンジニアにとって最早あなたは憧れの人ではない。

ノーベル賞を取ったあの人の引き立て役としては最適ですが(藁






2 :Nanashi_et_al.:05/01/14 01:43:40
日亜社員、深夜のスレ立て乙。

3 :Nanashi_et_al.:05/01/14 23:22:53
金もろてさっさと消えろ、中村。死ね。

4 :Nanashi_et_al.:05/01/14 23:58:57
企業の論理と個人の論理はなかなか合致しないものです。
企業に社員として勤めている以上、
まずは、企業側の論理に合わせてほしいものです。

5 :Nanashi_et_al.:05/01/14 23:59:56
北挑戦に比べたら、
ずっとましだと思うよ・・・。
日亜価格。

6 :Nanashi_et_al.:05/01/15 01:07:44
中村めちゃうざ


7 :Nanashi_et_al.:05/01/15 02:11:14
>>1,3,4,6
ヴァカかてめーら、せっかく日本が変わろうとしてんのに、
匿名で企業を応援してどーすんだよ?
自分の取り分は自分で守る、守らないと取りっぱくれる、
なぜなら企業は、従業員を設けさせるようには出来てないんだからな。
そんなことにも気づかずに、うざいだのいたいだのって…ハァ、レベル低。
もしお前らが勤めてるなら、一生おとなしくしてろ。
もしお前らがラボ持ってPI目指してるなら、悪いこといわないから
氏んだほうがいいよ。

8 ::05/01/15 02:12:07
設け→儲け

9 :Nanashi_et_al.:05/01/15 02:16:53
企業研究者にとってはああいうのはガンだよ。

なんたって奴は若手の成果を横取りしてファーストで投稿しまくるような下衆だぞ。

10 :Nanashi_et_al.:05/01/15 02:35:07
>>9
君は工作員だろうけど、、、
そもそも真実なんてどっちでもいい。
大事なのは理系の地位が上がるか上がらないか。
よって、、、残念!


11 :Nanashi_et_al.:05/01/15 02:38:48
人が環境をつくるのか、環境が人をつくるのか‥その答えは共にYES。まさに、
もの作り一筋の姿勢が着実な成果となって歩みつづける日亜には、
熱意のある人が集まってこその良い環境が整い、
もの作りに専念できる良い環境があって、
ますます素晴らしい人材が育まれています。w
そんな多大な可能性を秘めた場に、活躍のチャンスを求めてみませんか。w


12 :Nanashi_et_al.:05/01/15 03:42:11
>>9
ソースきぼん。確か日亜は投稿認めてなかったんだろう。
それをあえて破って彼が投稿したとか。
そもそも投稿して特許を押さえるのは研究者として常識だろう。
権利って概念が希薄な会社だからしょうがなかったんじゃないの?
それとも本当に仕事をとられて泣き寝入りした輩がいるのか。
だとすると利根川タイプだな、彼も。

13 :Nanashi_et_al.:05/01/15 13:23:51
つーか、大学で研究したことあんのかお前ら?

工学系の論文は普通グループの長が論文だすんだよ。
テーマ出した奴が主人、その下について成果出しても労働者。
そもそも高専卒の人間が論文出すなぞありえないのだが。

14 :Nanashi_et_al.:05/01/15 14:13:21
>>13
だから工学系の奴は受身で使えない奴が多いのか。
理系なのに発想力もたいしてないし。
その点、理学系で自分で論文書いてきた
奴らの方が、新しいものを生み出す力があるな。

15 :Nanashi_et_al.:05/01/15 14:15:49
どっちもどっち

16 :Nanashi_et_al.:05/01/15 14:56:05
>>10

薄膜成長なんて 高等な数学とか操れる能力は
いらない。船頭多くして船山に登るに
なりやすい根性学問。ゆえに高等専門学校でたてのわかいの
ばっかり雇ったって言うのはすごく賢い。あほな
奴は博士号を取った途上国からきた奴を雇ってゼロ
成果!

17 :Nanashi_et_al.:05/01/15 14:57:22
>>14

理学系はこういうところにしゃしゃり出てくるな。
どうせ将来暗いんだから。しかも実力で
決まっているように見えて、実際のところそうじゃないからな。
理論系の俗


18 :Nanashi_et_al.:05/01/15 15:11:37
>横取りしてファーストで投稿

これが本当に真実で、おまえが知ってるぐらいなら利権の捏造みたいにすぐばれる。
妄想もたいがいにしとけw

19 :Nanashi_et_al.:05/01/15 15:14:51
>>17
理学系にやけに詳しいみたいだねw
コンプ丸出しでおもしろいよあなたw

20 :Nanashi_et_al.:05/01/15 15:23:45
和解金の額は一審の三十分の一.
でも,会社が彼に渡した額の三万倍.
どちらの意識がまともなんだろうか?
金に頓着しない研究者ってのもたくさんいるけど,
ほとんどの研究が金にならないだけじゃないか?

21 :Nanashi_et_al.:05/01/15 15:29:20
>>18

高専出たばかりの奴は言われたとおりの実験はできても
英文論文はかけない。Beどうしのかつようすらあやしいのではないか?
中村修二もどれくらいえいごがとくいか、しらないけど。
企業の人って、本当、英語、できないからな。

22 :Nanashi_et_al.:05/01/15 16:11:15
>>18
>>横取りしてファーストで投稿
>これが本当に真実で、おまえが知ってるぐらいなら利権の捏造みたいにすぐばれる。

アホ。喪前、論文執筆したことないだろ。
大学の指導凶漢や、会社の上司による論文盗用はいたって容易で、しかも表面化しにくい。
http://www.yama.info.waseda.ac.jp/~shinsuke/diary/april.html
http://university.main.jp/blog/archives/000359.html
http://www.jca.apc.org/wssj/reikai/20011028.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041207-00000201-kyodo-soci
http://www.keio-j.com/news/2003news/20030801b.html
http://www.jca.gr.jp/e07_03.html

これも氷山の一角だな。盗まれた側が大騒ぎしない限り、するっと通る。

>>21
>中村修二もどれくらいえいごがとくいか、しらないけど。
>企業の人って、本当、英語、できないからな。

中村さんは日本語が意味不明だ。

23 :Nanashi_et_al.:05/01/15 16:24:39
>>12
>そもそも投稿して特許を押さえるのは研究者として常識だろう。

特例措置はあるが、普通は順序が逆。分かってないねえ。
この調子じゃ、大儲けできるチャンスがあっても、それを逃すぞ。
どうせ、はなからそういうチャンスはないだろうけどさ。

24 :Nanashi_et_al.:05/01/15 16:26:36
>>20
そもそも一審で馬鹿な判決が出なければ今回の金額で普通に満足してた可能性もあるな。
一度手に入ったと思った金額から大幅に目減りすると損したと思ってしまうのは人間としては
しょうがないところ。

25 :Nanashi_et_al.:05/01/15 16:54:50
>>23

特許を申請してから、論文を書けばいいだけのこと
なのに、かいしゃのうえのほうは、論文はかくなって
命令するんだろう。それに対して、不満だった、中村さんが
特許のあとに論文をかいたちゅうことだろう。そんで、
中村さんは高専卒の若手は単なる実験の手伝いとみなし
論文の共著にはしなかったってことだろう。

26 :Nanashi_et_al.:05/01/15 16:56:30
>>22
「おまえが知ってるぐらい世間」に知れ渡ってて意味は通じてなかった?分からなかったらすまん。
ほんで一番上のリンク見たが……、おまえあほ?
こんなもんがソースになるわけないだろが
/~shinsuke/diary/april.html diaryってw

それとこれらはつまり、「おまえが知ってるぐらい世間」にばれちゃった
レベルだから表面化したんだろうが。普通は隠蔽されて終わり。
やるなら相当うまく訴える必要がある。
少しでも騒ごうものなら永遠に卒業させない、そして結局追放。

27 :26:05/01/15 17:01:14
>>22
よく考えたら、あなた自身が日亜の社員という可能性がありますね。
それはあなたが知ってるレベルでも無理です。(念のためつけたし

28 :Nanashi_et_al.:05/01/15 18:12:29
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200406_3.html
http://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200404_1.html
これ読んで、まあ8億取れて御の字だろうな、と思った。

29 :Nanashi_et_al.:05/01/15 18:29:27
>中村さんは高専卒の若手は単なる実験の手伝いとみなし
>論文の共著にはしなかったってことだろう。

小柴昌俊級か、それ以上にイヤな人だねぇ ヽ(  ̄д ̄;)ノ

30 :Nanashi_et_al.:05/01/15 21:14:11
どうでもいいけど中村ウザイ マジキモイ

31 :Nanashi_et_al.:05/01/15 21:28:47
>>29
>中村さんは高専卒の若手は単なる実験の手伝いとみなし。
それはこの世界じゃ当たり前だ。博士もってないでしょあなた?
ノーベル賞もらった論文でも修士しかもってなかったから共著に載らなかったてのがある。

32 :Nanashi_et_al.:05/01/16 00:06:56
中村に8億でもいいが、極亜が主張している通りであれば、
実用化に貢献した中村以外の研究者にも同じくらい渡すべきだな。
そいつらには、口封じのためにストックオプションでも渡しているのか、
それとも地域社会の中で人質を抑え、口を封じているのか、どっちかだろ。
とにかく、中村以外の貢献者にも十分な報償を与えろ!
そいう奴らも、ほんとうにいるのなら、反乱を起こせ!
糞会社、極亜め!

33 :Nanashi_et_al.:05/01/16 01:51:48
日本は発明、研究開発に対する見返りが甘い。
今後、『研究者は報われない』という言葉がはやると、
日本の知的財産の創造がちょっと危うくなるな・・・・・

青色発光ダイオードは世界的に大発明なんだから、
30億くらい払ってやれよ、企業は。
第一、企業は1200億円をこれでもうけたんだからさ。
30億くらい払ってもどうってことはないだろう。
これからももうけ続けるんだし。

昇進は当然のみかえりだが、世紀の大発明に対する報奨金が8億とは・・・・・
1200億円の儲けを考えると少なすぎる。半分は税金でもっていかれるしな。

これから、フリーターやらニートやらがますます増加するのに、
研究開発に対する夢を追う若者がどんどん減りそうだ。



34 :Nanashi_et_al.:05/01/16 03:14:23
信者が報酬を期待してはいけないと思うのだが。

35 :Nanashi_et_al.:05/01/16 03:25:34
>30億くらい払ってやれよ、企業は。
算定根拠は?

>第一、企業は1200億円をこれでもうけたんだからさ。
特許期限切れまでに、それだけ儲かるかも知れないという予想であって、
他の企業が低コスト化に成功すれば(もう成功しつつあるが)、
この前提は音を立てて崩れるよ。1200億という数字だけが一人歩きしてるがね。

>昇進は当然のみかえりだが、世紀の大発明に対する報奨金が8億とは・・・・・
昇進と、年収2000万で、何が不満なのか。
やたら「世紀の大発明」「100年に1度の発明」とか、誇張した表現が
跋扈しているが、過大。
20世紀の発明を冷静に振り返ってみろ。

合成繊維(デュポン社)
プラスチック(ハイアット)
飛行機(ライト兄弟)
テレビ(RCA社)
養殖真珠(御木本幸吉)
八木アンテナ(東北大)
マグネトロン(東北大)
自動織機(豊田佐吉)
トランジスタ(ベル研)
半導体レーザー(赤外)(ベル研)
電子計算機(ペンシルバニア大)
ロケット(ブラウン)
トンネルダイオード(江崎玲於奈)
集積回路(テキサス・インスツルメンツ)
即席麺(日清食品)
光ファイバー(西澤潤一)

36 :Nanashi_et_al.:05/01/16 04:22:44
>>35
疑う前に
おまえが正しいと思うことを
根拠を添えて述べてみな。

>昇進と、年収2000万で、何が不満なのか。
満足度の問題じゃなくて、今は数字の話をしてるんだよね。

>やたら「世紀の大発明」「100年に1度の発明」とか、誇張した表現が
>跋扈しているが、過大。
過大な根拠を教えてくれ。
誇張と言うなら、誇張である根拠を。

発明ってのは
発見が難しい難しい上、
大きな実利が伴わないとダメなんだよね。

大きな進歩じゃダメなんだよ。

37 :Nanashi_et_al.:05/01/16 09:58:58
404特許は1000万ですよ

38 :Nanashi_et_al.:05/01/16 10:14:41
>>35

テレビは高柳先生じゃろ。八木アンテナは山羊先生だよ。
あとCCDベル研究所もいれてやれ。
スレッドタイトルを 涙のカリスマ中村に
かえろ


39 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:33:17
20世紀の発明大賞は

ドクター中松の醤油チュルチュル

だな。賞金200億円

40 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:38:05
もういいじゅあん

結論

理系は奴隷!

41 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:40:22
中村は、利他のココロで生きるべきだな。
日亜価格の推薦図書でも読んでおけ。


生き方―人間として一番大切なこと
稲盛 和夫 (著)

目次

プロローグ(混迷の時代だからこそ「生き方」を問い直す
魂を磨いていくことが、この世を生きる意味 ほか)
第1章 思いを実現させる(求めたものだけが手に入るという人生の法則
寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切 ほか)
第2章 原理原則から考える(人生も経営も原理原則はシンプルがいい
迷ったときの道しるべとなる「生きた哲学」 ほか)
第3章 心を磨き、高める(日本人はなぜその「美しい心」を失ってしまったか
リーダーには才よりも徳が求められる ほか)
第4章 利他の心で生きる(托鉢の行をして出会った人の心のあたたかさ
心の持ち方ひとつで地獄は極楽にもなる ほか)
第5章 宇宙の流れと調和する(人生をつかさどる見えざる大きな二つの力
因果応報の法則を知れば運命も変えられる ほか)



42 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:41:10
托鉢の行をして出会った人の心のあたたかさ
心の持ち方ひとつで地獄は極楽にもなるw

43 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:44:57
>>35
他の例を出せば出すほど、日本の研究者に対する見返りがヘボいのがわかる。
やっぱ日本の体質そのものが問題だな

資源の少ない日本では知的財産はまさに神クラスの貴重品。
それを創造するための意欲というものは今後一層要求される。
高度経済成長期のような、『何が何でも会社の奴隷として働く』という時代は終わった。
偉大なものを生み出したことによる企業の利益、または社会的貢献は非常に大きい。

会社がボロ儲けするほどの発明なら、
その儲けを考慮して対価は支払われるべき。
特許法にも、『企業の利益と、企業が研究に投じた資金を考慮すべき』と書かれている。
しかも、今回の発明は
社長が中村氏の研究テーマに反対して、辞めさせようとしたんだけど
中村氏は社長の反対を押し切って研究し、青色発行ダイオードを実用化させた。
不安定なものを実用化にまでこぎつけるのは非常に難しい。

44 :Nanashi_et_al.:05/01/16 12:48:14
ズバリ言うわよ?

日本の宗教界は明るい。

45 :Nanashi_et_al.:05/01/16 14:15:20
>>44

天変地異おきて恐怖の一年なんでしょう?

46 :Nanashi_et_al.:05/01/17 00:58:34
奴隷なんて会社もいらない。
必要なのは、商売のネタ。


47 :Nanashi_et_al.:05/01/17 01:26:04
東大、自然科学と工学で世界7位…英タイムズ紙



 英タイムズ紙が選定する世界の大学ランキングで、東京大学が自然科学と工学分野でベストテン入りした。

 同紙は〈1〉医学を除く自然科学分野と、〈2〉工学・情報分野で世界のトップ100大学を選定。東大は両分野とも7位だった。

 日本の大学ではこのほか、自然科学分野で京大(15位)、大阪大(43位)、東京工業大(55位)、東北大(57位)、名古屋大(69位)が、

工学・情報分野で東京工業大(11位)、京大(23位)、大阪大(43位)、東北大(79位)がトップ100位に入った。

(読売新聞) - 1月14日23時58分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050114-00000516-yom-soci

48 :Nanashi_et_al.:05/01/17 06:54:00
中村は神!!

49 :Nanashi_et_al.:05/01/17 08:35:35
会社が欲しいのは、創造的な奴隷

50 :Nanashi_et_al.:05/01/17 08:47:20
はげどー

51 :Nanashi_et_al.:05/01/17 10:57:16
>>49
ものすごい難しい注文だなw

52 :Nanashi_et_al.:05/01/17 12:54:03
>>51
創造的な人を雇い、奴隷的に扱えばいい。
行動を取るのは(上記の動詞の主語は)、人事と経営陣。
簡単。

53 :Nanashi_et_al.:05/01/17 14:00:04
>>52
創造的な人ってどこにいるの?
奴隷の様に扱うのが容易であることは同意。

54 :起原切れ助手:05/01/17 14:14:09
創造的な人は普通は会社にいかないよ。
できない人を助けるだけで割があわないからな。

55 :Nanashi_et_al.:05/01/17 15:25:06
>>54
ありゃ、中村、田中は?ww


56 :起原切れ助手:05/01/17 16:47:59
中村さんは後悔してるんだろ?
田中さんは独創性あるの?
俺はシラン

57 :Nanashi_et_al.:05/01/17 18:19:08
>>56
ww
経営者が中村修二をうまく扱えなかっただけじゃない。
それに、実際『会社に行った』んじゃないの?ww(それで奴隷になった)
また、第二第三の中村修二が生まれない根拠なんてあるの?

田中耕一は独創性あるの?ってww
じゃあ、独創性ってなんだよ?ww
そもそも新しいものを創造したんじゃないの?ppp

アスパルテーム、レーザープリンターの発明者も企業の人間じゃないの?
改良発明に見えても実際は創造的なことなんていくらでもあるでしょ。
そうでなかったら、競争社会のこの世の中で企業なんて存続できないでしょ。

俺、文系DQNなんですがww
理系の博士取った人ってこんな知的レベルなの?ww


58 :Nanashi_et_al.:05/01/17 19:17:02
>>43
ちなみに中村がマンセーしてるアメリカじゃリーマン研究員はいくらぐらい
もらえるんだ?

59 :起原切れ助手:05/01/17 20:08:32
>>57
君の考えてる独創性と俺の考えている独創性は異質なものだと思う。
田中氏がMALDIを開発するに至った経緯を読む限り、重要な局面で適確な指導を受けているでしょう?
田中氏が見い出した現象の意義を田中氏に教えてくれた大学の先生がいました。
田中氏の見い出した技術が表面分析ではなく、タンパク質のイオン化方法に適しているのではないか、と
助言をくれた上司がいました。

一方、中村氏ははじめから目標を自分で設定し、自分の研究が成功した場合の価値を理解し、
そして成否をわける重要な局面も自分の判断で選択しているでしょう?
その部分の違いを俺は大事にしているんだよ。
どちらも優れた研究者には違いないが、独創性の程度は違うんじゃない?ってのが俺の考え。

60 :Nanashi_et_al.:05/01/17 21:00:35
写真でしか中村さんを知らないのだけど、裁判の前後で随分顔が変ったなあ。
以前は侍のようなプライドをもった顔だったのに、今は目に落ち着きがなくて
下品な顔になっている。

61 :Nanashi_et_al.:05/01/17 21:28:34
>>59
で、なんでいつの間に創造性から独創性の話になってるの?

>創造的な人は普通は会社にいかないよ。

創造性と独創性の関係についても弁明よろしくーww

62 :Nanashi_et_al.:05/01/17 21:38:17
>>59
おまえ馬鹿だろ?

>君の考えてる独創性と俺の考えている独創性は「異質」なのだと思う。
最後で
>独創性の「程度」は違うんじゃない?ってのが俺の考え

典型的なスリカエ。
こんな文書書くようじゃ、そりゃ期限も切れるわw


63 :起原切れ助手:05/01/17 21:42:34
そんなにストレスためるなって。
やりたいことやって生きた方がいいぞ。
こんなところで揚げ足とって君になんのプラスがあるんだい?

64 :Nanashi_et_al.:05/01/17 21:44:40
>>63
まともな反論はできんか?
ならおもんないので去る。

65 :Nanashi_et_al.:05/01/17 22:57:22
日本ガンバル教に入信した以上、
朝早くから、夜遅くまで働き続けないといけません。
一に体力、二に体力です。
三、四、五も体力です。
頑丈なカラダでないと、長時間の労働は務まりません。
住宅ローンを抱え、専業主婦も抱えてしまい、
子供にも期待して、教育費をかけてしまった人なら、
否が応でも、やる気を持続していかないといけなくなります。

66 :Nanashi_et_al.:05/01/17 23:00:19
日本のビジネスモデルは、
山岸会みたいなもんですが、何か・・・。

67 :Nanashi_et_al.:05/01/17 23:24:17
ヤマギシ会はちょっとひどすぎないか?
サリンをばら撒かないことを除けば、オウムとほとんど同じじゃんw

68 :Nanashi_et_al.:05/01/19 10:09:10
中村氏のように主張の強い技術者はみんな海外に行くとなると
国内に残るのは、押しの弱い扱い易い奴隷的な技術者ばかり残って
ますます、技術者の地位は下がると思われる。


69 :起原切れ助手:05/01/19 10:24:02
日本はアホだよ。
税金投じて育てた優秀な研究者が海外で他の国に貢献して、
いずれ日本の経済を圧迫する可能性を増大させようとしてるんだからな。
おめでたい国だ。

70 :Nanashi_et_al.:05/01/19 10:44:12
>>69
君はアホ以前に人間的に問題がある。

71 :Nanashi_et_al.:05/01/19 10:54:59
他者の手柄をも自分の手柄だとホラを吹く盗人根性の中村については、永遠に日本に帰ってこなくてよい。

72 :Nanashi_et_al.:05/01/19 11:54:47
企業の論理と個人の論理はなかなか合致しないものです。
企業に社員として勤めている以上、
まずは、企業側の論理に合わせてほしいものです。
であるなら、より安い人件費で より長く働かせたいと思うのが当然であり、
自然な考えだろう。

73 :起原切れ助手:05/01/19 11:59:10
>>72
それならそうと正直に言え、日亜め。

74 :Nanashi_et_al.:05/01/19 12:08:37
盗社の社員は、
技術的成果に楽しみを感じている人ばかりです、
単純に金銭に置き換えるような輩は、おりません。

75 :Nanashi_et_al.:05/01/19 12:19:49
企業の論理と個人の論理はなかなか合致しないものです。
企業は社員を雇っている以上、
まずは、個人側の論理に合わせてほしいものです。
であるなら、より高い雇用費で より長く働きたいと思うのが当然であり、
自然な考えだろう。


76 :Nanashi_et_al.:05/01/19 12:24:00
1. 技術的成果にのみ楽しみを感じる人
2. 単純に金銭に置き換えるないような人
3. 世間知らずな創造的な奴隷
以上を満たす人は、日亞価格にぜひいらっしゃい。

当社規定で優遇いたします。

77 :Nanashi_et_al.:05/01/19 12:29:06
>>75
釣り乙

78 :Nanashi_et_al.:05/01/19 13:06:03
企業なんか行かずに最初から大学で研究してたらよかったのにね。
今さら大学行っても遅い。

79 :Nanashi_et_al.:05/01/19 18:20:06
>中村氏のように主張の強い技術者はみんな海外に行くとなると

中村さんのように、主張だけが強くて、中身のない人は、
海外に逝ってくれた方が良い。

80 :Nanashi_et_al.:05/01/19 18:32:47
そうそう、ニッポンは奴隷に任せろ。

81 :Nanashi_et_al.:05/01/19 18:41:06
であるなら、より高い契約金であちこち渡り歩きたいと思うのが当然であり、
自然な考えだろう。

82 :Nanashi_et_al.:05/01/19 19:06:26
>>81
うむ。
理想はぬるい日本的環境で甘っちょろい理系馬鹿の業績掠め取って名をあげて
高値で外国企業に自分を売り込むこと。
まじおすすめ。

83 :Nanashi_et_al.:05/01/19 19:46:15
企業の目的は利潤追求。 企業にとって人件費は最大の経費。
また企業にとって生産力こそが最大の利益の源。
とうぜん企業経営側としてはよい人材を確保して長時間働かせることと、
人件費を極力抑えることの両立こそが、自分たちの目的にとって最も理想。
であるなら、より安い人件費で より長く働かせたいと思うのが当然であり、
自然な考えだろう。 若いうちから金に余裕ができるとろくなことしないからな。
徹底的に働いて働いて会社に尽くすのが人生の美徳だ。
身を粉にし心を粉にして会社に貢献するのだ。そうしている内に
給料も上がるし、生活も安定し豊かで快適な人生が手に入るのだ。
わしは本音を書きこむが、何処の会社のオーナーも皆この考えが本音。
「全てをなげうって会社の為に」という奉仕精神の持ち主のみが正社員の資格に値する。

84 :Nanashi_et_al.:05/01/19 19:57:40
涙のカリスマ

85 :起原切れ助手:05/01/19 20:17:16
涙のリストラ

86 :Nanashi_et_al.:05/01/21 12:59:19
>>83
>であるなら、より安い人件費で より長く働かせたいと思うのが当然であり、
> 自然な考えだろう。 若いうちから金に余裕ができるとろくなことしないからな。
> 徹底的に働いて働いて会社に尽くすのが人生の美徳だ。

そうやってデフレスパイラルに落ち込むのがバカの合理性。

社員、株主に還元しなければ、経済は落ち込む一方だぞ(w

87 :Nanashi_et_al.:05/01/21 15:03:49
>社員、株主に還元しなければ、経済は落ち込む一方だぞ(w

会社が正しく資金運用すればいい。
特に設備投資に振り向けると、デフレスパイラルで苦しんでいるゼネコンを
助けることができる。

88 :Nanashi_et_al.:05/01/22 07:40:58
デフレスパイラル(笑)

89 :Nanashi_et_al.:05/01/22 09:38:20
てか研究者として先が無いのが分かるから金にこだわるのです。
この先、ledの発見者という業績のみで食べていかなくてはなりません。
残ったのは8億円の金。幸せなのか?
今の彼は可哀相な人としか見えません。

90 :Nanashi_et_al.:05/01/22 10:01:00
1. 技術的成果にのみ楽しみを感じる人
2. 単純に金銭に置き換えるないような人
3. 世間知らずな創造的な奴隷


91 :Nanashi_et_al.:05/01/22 12:49:10
ledの発見者てw

92 :Nanashi_et_al.:05/01/22 12:58:20
浜辺で桜貝を拾ってたら、たまたま落ちてたんじゃない?>led

93 :Nanashi_et_al.:05/01/23 18:31:25

 アメリカン・ドリームというように、米国には夢や希望が満ちあふれています。
 つまり、この国は私にとって、また新たなブレイクスルーを約束してくれる土地なのです。
  ―中村修二著「怒りのブレイクスルー」集英社2001年刊



94 :Nanashi_et_al.:05/01/23 18:41:41
田中耕一さんのことを「会社を辞めないと進歩しない」と言っていたのは勘違いが過ぎるんじゃないかな。

95 :Nanashi_et_al.:05/01/23 19:25:08
田中耕一さんは、奥さんに頭が上がりません。

96 :Nanashi_et_al.:05/01/23 20:04:22
涙のカリスマ
中村

97 :Nanashi_et_al.:05/01/24 00:07:26
ちなみに中村先生によると「ノーベル賞は通過点に過ぎない」そうです。
5年くらい前に出した「考える力 やり抜く力 私の方法」という本で書いておられました。

98 :Nanashi_et_al.:05/01/24 15:13:40
>>89
8億もあったら働かなくても一生安泰だと思うが…

99 :Nanashi_et_al.:05/01/24 16:53:03
税金などで引かれ手元に残るのは二億から三億だとテリ−伊藤が言ってたよ。

100 :Nanashi_et_al.:05/01/24 19:28:04
3億で普通のサラリーマンの生涯賃金

101 :Nanashi_et_al.:05/01/26 21:43:33
税金はアメリカに転がり込むわけだが

102 :Nanashi_et_al.:05/01/29 16:17:39
この人はリトマス試験紙だな。
どう評価するかで知能レベルがモロにわかる。

103 :Nanashi_et_al.:05/02/07 15:39:01
>>89
アメリカの企業にいくときにたくさん金もらってるはずです
裁判のバックアップもしてもらってるんでしょ

104 :Nanashi_et_al.:05/02/12 14:34:31
裁判費用はクリー社が出してくれるって契約だったな。
というか、本人は著書で「ノーベル賞は通過点に過ぎない」「(アメリカに来て)5,6年で
新たなブレイクスルーを達成する自信がある」と先行きへの自信満々なんだから、
他人があまり心配することもないと思うが

105 :Nanashi_et_al.:05/02/28 15:01:08
正直この人は自覚無いんだろうけどアメリカの工作員だろうな

106 :Nanashi_et_al.:2005/03/28(月) 16:33:31
http://www.nichia.co.jp/jp/about_nichia/ip_qanda_a7.html
さらにA8にもありますように、本件特許は当社が青色LED販売開始後3年ほど使用していた以外に、誰も使用しておらず、基本特許であるという認識は、当業界には存在しておりません



107 :Nanashi_et_al.:2005/04/26(火) 06:18:06
sage

108 :Nanashi_et_al.:2005/05/13(金) 02:52:50
http://www.e-themis.net/new/index.php
・主張 青色LED訴訟 米国特許法では「追加報奨金」はゼロだ 田中朋之(米国カリフォルニア州弁護士・特許法)

日米の法律を比較してる。冒頭部分:

中村氏は、「日本は文系社会。個人を重んじず、大企業に『滅私奉公せい』というシステムだ」と日本社会を批判し、「日本の司法制度は腐ってる」と憤慨した。

日本の司法制度が腐ってるとはどういう意味か? 中村氏は「裁判官は用意した準備書面さえ読んでないのじゃないか」等と述べただけだった。
有能なエンジニアにアメリカ移住を勧める中村氏のことだから、日本の司法制度が発明者に不利で、
米国の司法制度ならば自分にとってもっと良い結果になった−−と、そういう意味にとるのが普通だろう。
米国メディアの報道も中村氏の唱える「日本では企業内の発明者を冷遇」という視点を守っている。

しかし、カリフォルニア州の弁護士である私にとって、中村氏が米国法の知識を踏まえてあのような発言をしたとは思えない。
それどころか、中村氏の主張こそが日本的な法的甘えそのものであり、米国の法的判断基準では、青色LED訴訟は中村氏の全面的敗北に終わったであろうと思えるのだ。


109 :Nanashi_et_al.:2005/06/29(水) 03:33:46
sage

110 :Nanashi_et_al.:2005/08/08(月) 02:36:02
sage

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)