2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

岡潔について語るスレ 2

1 :132人目の素数さん:2005/06/25(土) 23:10:12
 今年で生誕百四周年。色々語りましょう。
http://www.lib.nara-wu.ac.jp/oka
前スレ
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1006432306/l50

●をお持ちでない方は
http://snapshot.publog.net/へ飛んで
スレッドURLをコピペしてボタンをクリック。







2 :132人目の素数さん:2005/06/25(土) 23:21:18
岡潔って誰?

3 :132人目の素数さん:2005/06/25(土) 23:24:05
久しぶりに本棚から日本のこころ引っ張り出してきて読んでみたよ。
初出は67年?だったかな。時代背景のこと考慮しても内容のすかすか
な屑随筆だったよ…

4 :132人目の素数さん:2005/06/25(土) 23:27:17
旧制高校時代の雰囲気にひたりたいをっさんにはいいんでないかい?
自分の専門外なことやってはいかんという典型例だったよ。

5 :祝 『 新・岡潔について語るスレ 2 』:2005/06/25(土) 23:29:10
>>2

岡潔先生は、日本が世界に誇ることが出来る多変数関数論を構築された方です。

『 岡潔について語るスレ 2 』 の作成、ありがとうございました。

みなさん、岡潔先生が大好きだったコーヒーでも飲みながら楽しく語り合いましょう!


6 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 00:12:13
           ,,,,,,,,,,,,、  、 ,
       , -ニ三ニニニヽ`、ミ) ) 、 レ ,
     , z イ三ニ三ヽヾ`、ヾ、 y' 、ソサ、ヽ 、
    ,レィ三フラ三二 ―--ヽ 、ァ≦、ζソシ、
   ス三ンサ三三三ニ三ミ ミY yラ孚ナラジョシ
   ウ三ンサ三三ニニ― `ミ、 ', i ! リ`キ=ニミ
  、ニ三=ニ―-―ニ―-- ヽ ミリ  リi! 、 ヽ、
  、シシ三シル'r―ラーア` '     ノ 、、 、
 三ニ ニリ i) |iリ!' /ノ      /  `、 `ミ
二三 三シ'、リノノシ /  -−  '''゛ -― 、 `;
 ヾ三二ノノヾリツ/ ,,, −−−-−−―- 、; ,
  `Y `;^ヾ、、リl!'  ,,、ァャ 、  f゛_,,,,、  /; '
   ', リ=リヾ、、 彡>―-、.:.i :...,、--  /i、
    '、ヽ〈 i!l ヾ、、‐-rt;ァ、 .;.| ,、rェァ ;/ヾi!
    ヽ ' |   ヾラ===ャ=ァ===マ'
     ゝ-ァ! :::::::::|! ,r‐''"  ノ i' ヽ   ノ
     ,、iiiill、 :::::: `ゝ- --'゛::  `、‐--‐'
    ,、iiiiillll::::、:::::i /:.:.:::`~− ' `/
   ,、iiiillllllll|:::: 、、 i  、ェェェェ、;;、 /
  ,,iiiilllllllllllll|::::::::、 ヽ 、  ゞア=,` /、
 Iiiiiilllllllllllllllllli:::::::: ヽ、 \  ` ノlliiiii;;::、,,
 llllllllllllllllllllllllllii:::::::::: ::‐-- -‐'イ| llliii.;;.;....、ヽ、
 

             岡潔博士

982 名前:gaga[ohsawa@math.nagoya-u.ac.jp] 投稿日:2005/06/25

7 :岡 潔:2005/06/26(日) 00:47:58
>>6
わしの似顔絵が上手に描けておるなぁ。 貴君よ、褒めて遣わすぞ。
でも、本当の顔はこんなんじゃ。 どうぞ一度、見てくだされや。
http://www.lib.nara-wu.ac.jp/oka/oka.jpg
どうだね、満足されたかね?


8 :評伝岡潔<星の章>:2005/06/26(日) 01:45:58
高瀬正仁『評伝岡潔<星の章>』海鳴社 2003年

「私は長い間、春の訪れを待ち続けた」
日本の草花の匂う伝説の詩人数学者、その面目を今日に伝える詩的評伝。
「日本人の数学」の誕生――日本の近代数学の源流「岡潔」の「情緒の世界」
の形成と研究生活を幼少時代から綿密にたどる。評伝文学の傑作である。

生地と故郷 魔法の森 與八とんとん(粉河中学) 松原隆一との別れ(三高と京大)
心情の美と数学の変容 伝説の詩人数学者「岡潔」 トノンの秋と由布院の春
由布院の夏の日々 金星の少女との会話(広島事件) 福良の海と数学の誕生

■岡潔の数学研究が生い立っていく様相を理解するには数学の諸論文を精読する
だけでは足らず、人生それ自体の変遷を丹念に追っていかなければならない。
人生が研究を育み、研究が人生の相を規定する。生活の中で研究するのではなく、
数学の中で日々の生活が通りすぎていく。真に稀有の例外と見なければならず…… 
■今日に至るまでフィールドワークを続け、古い文献を発掘するなどして過ごすうちに、
すでに七年余りの歳月が流れ去った。発見に発見が続き、
岡潔の学問と人生の全容の輪郭が明るさを増し、
評伝執筆に向けて次第に具体的な気運が高まっていった……

9 :評伝岡潔<花の章>:2005/06/26(日) 01:46:26
高瀬正仁『評伝岡潔<花の章>』海鳴社 2004年

昭和4年晩春初夏のころ、インド洋をわたってフランスに留学した岡潔はパリで
中谷宇吉郎、治宇二郎兄弟に出会い、人生の基調をなす深い友情を結んだ。
ガストン・ジュリアに示唆を受けた多変数函数論研究に生涯の課題を定め、
トノンの貸別荘で病身の治宇二郎と語り合い、学問の道標を発見して帰国したが、
昭和13年6月、広島文理科大学の休職を余儀なくされ、帰郷した。
郷里の和歌山県紀見村で孤高の数学研究に身を投じた岡潔を物心両面にわたって
支え続けたのは、中谷兄弟のパリの友情と、大正末の青春期に秋月康夫との間に
生れた三高の友情であった。紀見村の岡潔は父との別れに遭遇し、芭蕉や道元や
佐藤春夫に親しみ、江口きちの歌集『武尊の麓』に心情を揺さぶられる日々を送り、
カルタンやベンケからのときたまの便りに励まされながら独自の数学的思索を
深めていった。昭和16年秋、北大理学部に赴任。12月8日、札幌でハワイ海戦の
ニュースに接して深刻な衝撃を受けた。翌17年9月、帰郷。昭和23年7月、
戦中戦後の不定域イデアルの研究が結実して第七論文が成り、昭和25年、
フランスの学術誌に掲載されたころから数学者「岡 潔」の真価は広く欧米の数学界に
認識され始め、奈良に転居した岡潔のもとにヴェイユ、カルタン、ジーゲルなど、
世界の数学者たちが相次いで来訪した。晩年は小林秀雄、坂本繁二郎、保田與重郎、
胡蘭成らと交友し、市民大学や葦牙会の提唱など、多彩な社会的発言を繰り広げた。
「リーマンの定理」という表題をもつ一連の数学ノートを遺すとともに、
宗教的色彩を帯びた回想録「春雨の曲」を書き継ぎながら、昭和53年3月1日未明、
数えて78歳で逝去した。

中谷兄弟との邂逅 帰郷 お念仏のはじまり 武尊の麓
大戦下の札幌 不定域イデアルの理論と多変数代数関数論への道―-数学ノート(二)
紫の火花の伝 文化勲章 世界の数学者たちの来訪

10 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 02:07:19
濃いコーヒーの飲みすぎ注意
タバコの吸いすぎ注意
岡潔の真似をしないように!

11 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 02:18:51
岡先生が、お弟子さん達と進々堂に入った.混んでいたけど席を見つけて、
コーヒーか何かを注文されたと思ってください.兎も角、コーヒーを
頼んだのですが、ウェイトレスさんが岡先生よりも後に入ったお客さんに、
先にコーヒーを出したものだからもう大変.激昂した岡先生が、
「なんで順番通りにやらんのや!」
とかなんとか叫びながら、あの大きな机をちゃぶ台返し.おお騒ぎしたもので、
オーナーさんが出てきてウェイトレスさん達を一列に並べ、
深々と謝ってその場をやり過ごしたという.

12 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 02:20:43
昔、大学へ(ryで連載していたお話があったな。
思いっきり婉曲+クッション+カットしまくりんぐなんだろうけど…
要するに、単なるキチガイだな。


13 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 02:33:20
なぜか岡の弟子たちには、岡の悪性遺伝子のみが遺伝。
直弟子どころか大沢でさえ最悪。遺伝は怖いwww

14 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 04:27:11
岡さんも奥さんが気の毒だったな。
トンカチで殴られたこともあったとか。
離婚の決意もしたらしい。

15 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 05:56:39
それでも昭和天皇から勲章を受けてるんだよね。
キチガイでも社会的な秩序の分る奴とそうでない奴の隔たりは大きくて、
この人はもちろん全射。

16 :gaga:2005/06/26(日) 13:18:46
>>5
11-15は
あなたにとって楽しい話でしょうか。メルアドの件が
これより許されないのなら、その理由を教えてください。

17 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 14:22:19
メルアドなんて何でもいい!
どうでもいいから、事実に迫れ!
闇の事実に迫れ!!

18 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 15:39:36
>>16
あなたこのスレに二人しか人間が居ないとか思ってますかw

19 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 16:02:41
>>18
あなたは11-15の内の一人ですか。

20 :gaga:2005/06/26(日) 16:17:26
16からのやり取りは前のスレで一区切りついたとして、レス11-15を非難したいのですが
岡先生を数学者として尊敬する立場から。同志を募ります。

21 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 17:44:54
>>11
これは有名な伝説でしょ?嘘なの?
いつだったか河合先生が話していたことなんだけど。

22 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 17:50:00
まあ>>11くらいの人は別に岡先生じゃなくても
結構居ると思いますけどね

数学者としての評価と人間性は別問題だと思いますが.
>>12は数学者として評価していないレスですし,
>>13は根拠のない叩きを含むけど,>>11>>14
特に極端なことは書いていないと思う.

23 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:01:44
>>21
そうそう、河合先生は岡先生のエピソードのデパートみたいな方ですね。
まるで2chを30年前に先取りされていたようでした。

24 :gaga:2005/06/26(日) 18:07:15
岡先生と河合先生の名誉のために。
私が聞いた話は大分違います。最後の部分は同じでしたが。

25 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:42:22
>>24
そういえば、あの机をちゃぶ台返しするためには
ボブサップみたいな怪力が要りそう。

26 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:44:52
>>25
ちゃぶ台返しはウソでしょうね。受け狙いでしょ?
だれでもウソだとわかるのでは?

27 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:48:37
>>26
進進堂の机を見たことがない鄙人にはウソだとわからないかも。

28 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:49:41
それはともかく、岡潔を賛美する人しか入れないスレなのここは?
多元スレなんか凄いじゃない。2ちゃんなんだから、攻撃もあっていい。
岡潔の数学なんて糞だっていうレスがあってもいい。
言論統制こそ問題!

29 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:52:39
>>28
アンチスレ立てろ。他の板でも、個人スレはファンスレと
アンチスレ、二つは重複してもおk

30 :gaga さんへ:2005/06/26(日) 18:52:48

gaga = gaga@math.nagoya-u.ac.jp とされたら如何でしょう。

他人のメールアドレスを騙ることが、
2ch だから全く許されると思ったら大間違いであります。

しかしながら、書き方を見ていると何と無く大沢健夫さん御本人のようにも感じられますが?
gaga さん、どうなのでしょうか?


31 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 18:52:56
根拠なしに〜は糞だ,というのはどうでしょ
>岡潔の数学なんて糞だっていうレスがあってもいい。
あってもいいけど,理由つきで述べたレス見たことないような

32 :gaga:2005/06/26(日) 19:00:24
それはごもっとも。タフな攻撃を待っています。
でも生きている人を名指しして貶めるのは控えましょう。

33 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:01:29
コーチの岡です。。。

34 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:05:47
>>31
糞かどうかはそれぞれの人びとの主観にすぎず、理由などないでしょう?
何か嫌いなときにも人は糞だと言ったりしますよ。
逆に無意味に賛美する人もいるしね。
誉め殺しの場合にも理由は見ませんけど。

35 :gaga:2005/06/26(日) 19:07:53
>>30
メールアドレスがどうのこうの言われますが
これによって大沢本人に不利益が及んでいるのでしょうか。
それに、陰湿で邪悪な個人攻撃を天に代わって成敗したい人もいるのではないでしょうか。
岡先生にメイルアドレスがあったらなあ。

36 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:10:13
「岡潔はすぐれた数学者であった」
というのは本当なんですか?そんなに優秀な人なら
なぜ晩年あのような惨憺たる活動に走ってしまったんでしょう?
数学をやっているときは優秀だったが、止めてからおかしくなったのか?
優秀なのに、なんで京大講師から広島に飛ばされたんだ?

37 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:16:08
業績と品性とはべつだ

38 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:20:33
>>35
メールアドレスなんてどうでもいいよ。
使いたいなら使えばいいじゃん。
バカらしいと思えば止めればいいし。
止めるための理由探しはいらないよ!

>陰湿で邪悪な個人攻撃
これは誰への攻撃を指してんだ?

39 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:24:43
大沢のメルアドを使って大沢に不利益が及ばない
というのは、大沢本人の場合に限定されるだろうな。

河合さんは昔、「大学への数学」に岡さんのエピソードを
書きまくっていた。貴重な証言の数々です。

40 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:25:22
岡潔の人格に問題があることは事実でしょ?
まあ、それをもって糞扱いする人がいても不思議じゃない。

41 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:26:39
>>39
あのエピソード集めて単行本にすればいいのにな

42 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:28:34
>>38
>陰湿で邪悪な個人攻撃

流れからすると大沢に対する攻撃という意味でしょうね。
こんなことを発言できるのも大沢本人で決まりでしょう。

43 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:29:32
河合良一がこの世に残した最大の功績は岡の行状を記録したことだね!

44 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:31:22
河合さんには岡さんも弱かったからね
記録係として最適

45 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:33:29
河合の記事を読んでいた世代にとって岡潔というのは
頭のおかしな数学者でしかないわなwww

46 :gaga:2005/06/26(日) 19:33:39
>>36
そういえば岡先生の晩年を、
    警鐘を乱打する姿
と捉えたレスはこの(1、2の)スレでは見かけなかったように思います。
    警鐘を打ち疲れたり草に伏す
不調法ながらひねって見ました。

47 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:46:41
何に対する警鐘だろう?

48 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:52:38
岡先生の本を読んだらどう?

49 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:53:26
>>47
それはもうアナタ。岡自身の数学力の激減への警鐘ですよwww

50 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:55:00
>>48
岡潔の本たって、もう売ってないよ。
絶版になったのはピントがズレていた証拠でしょ?

51 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:55:27
>>49
岡先生の本を読んでから言ったらどう?

52 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:56:09
岡はこのままでは日本は滅びるとか騒いでいたが、
まだ滅びないな
岡の方が先に滅んだ!

53 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 19:58:41
数学者としての岡潔を尊敬する人びとというのは
人間としての岡潔に対しても尊敬の念を抱くものなんですか?
晩年の岡もまた立派だったと信じているわけ?

54 :gaga:2005/06/26(日) 20:02:16
>>50
売ってましたよ。例えば去年東京駅の近くの八重洲ブックセンターに何冊か積んであった。
その中で今手元にあるのは
  岡潔  日本のこころ   人間の記録ーーー54  日本図書センター
  1997年第一刷  2000年第二刷
だから未だ在庫があるんじゃないかな。

55 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 20:06:54
『春宵十話』くらいは読んでほしいな。PRはこれ
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0947.html

56 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 20:19:43
>>53
人間としてりっぱとかなんとかいうよりも、
数学者としての人生そのものに魅力があるのでは。


57 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 20:27:21
言えるかも。大沢や藤原だの上野だのの
人生なんかに魅力はないしね。


58 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 20:37:03
>>53
こういう考え方には慣れていないかもしれないけど、数学者に限らず、科学者というものは
いま土星の惑星の上を這いずり回っている探査機ホイヘンスのように、世間からは慣れたところで
地味な仕事をしています。そして彼らの集めた真理のカケラが集まって、人類の文明が成り立って
いるのです。真理を愛する人は岡潔の仕事を知ったとき驚嘆の念にうたれます。彼を論文を
通じてしか知らなかったドイツのある数学者は、Kiyosi Okaが数学者のグループの筆名では
ないかと思っていたと言って岡先生を讃えました。このことは私たち日本人の誇りでもあります。
日本の文化の誇りでもあります。だから岡先生のことは大切にしませんか。たとえ晩年に
神経を弱められたことがあったとしても。


59 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 20:40:40
>>57
大沢にはえらく興味持っている連中が数学板に
うろうろしているよw

60 :57:2005/06/26(日) 21:07:17
>>59
ああ、そうか。撤回だ。大沢の人生は
たしかに興味津々だ。


61 :132人目の素数さん:2005/06/26(日) 21:52:43
>>60
ちょっと聞くが、大沢健夫って生きているのか?

62 :前回の 『 岡潔について語るスレ 』 より:2005/06/26(日) 22:18:12
>>61
前回の 『 岡潔について語るスレ 』 内の 784-788 では、次のような展開になっていましたね :

『 数学者には犯罪者はいないと,とうの岡先生が言ってるよ。 』 のレスに対して、

【 岡 潔 】
大沢健夫 ( たわけお ) は別じゃよ。
阿呆ちょろいセクハラ事などしよって。 ここは、切腹して谷川晴美さんに詫びたらえぇ。
健夫 ( たわけお ) が成仏するようにと、わしが法華経を詠んでやるわいなぁ。

【 大沢 健夫 】
私は墓石には入りたくないですよ、岡潔先生。 まだまだ、晴美とこの世の春を楽しみとう存じます。

【 岡 潔 】
たわけ者めがぁ。 往生際が悪いぞっ〜! さっさと切腹せいぃ。 わしが法華経を詠んでやるわいなぁ。
こうして、大沢健夫 ( たわけお ) は墓石に入ったとさ ・・・・・。     ( 日本昔話より )

63 :重要コメント:2005/06/27(月) 00:26:37
>>62
岡潔は弁榮の信者で光明主義。したがって、法華経は重視しない。
岡潔がだれかを成仏させるとしたら、使う教典は、法華経では断じてない。
本格的には無量寿経がよろしいかと。
墓石に入るというのは特殊な方言で大沢はともかく岡潔は使わない。

64 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 01:44:43
>>62
出典は「日本昔話」じゃなくて「民明書房刊」でしょ!

65 :多変数関数論サマーセミナー:2005/06/27(月) 01:47:41
2005年多変数関数論サマーセミナー
http://np-04.cs.tohoku-gakuin.ac.jp/

2ちゃん的有名人登場
吉田正章 白頭絡的保形関数 I, II
三町勝久 捻れホモロジーの交差形式と共型場理論の相関函数

都合により大沢健夫の出席はございません

66 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 09:55:47
>>58
> 岡先生のことは大切にしませんか。たとえ晩年に
> 神経を弱められたことがあったとしても。

岡潔の神経は研究のしすぎで狂ったのではない!
もともと狂っていたから立派な仕事ができたんだよ!

67 :gaga:2005/06/27(月) 09:59:12
>>65
ありがとう。申し込み期限が迫っていましたね。 大沢より

68 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 12:24:06
>>66
じゃああんたも真っ裸になって渋谷の109の前でも走ってみたら。
もし立派な仕事がしたかったらの話だけど。

69 :大沢健夫:2005/06/27(月) 17:08:53
>>67
名古屋大学・多元数理の大沢健夫です。
残念ですが私はドイツに出張のために欠席しますので、幹事の方によろしくお伝えください。

70 :gaga:2005/06/27(月) 18:40:43
>>69
この間Y,-T,Siuに、まだドイツへは行ってるの、と聞かれ、いまはちょっと、と答えたら、
ああもう行かないのね、それは良いことだ。
と言われてしまいました。

71 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 20:08:00
それで大沢は元気なのか?講義はやってる?
大沢がCOEのメンバーじゃないのは何故?
多元の人、教えて。

72 :gaga:2005/06/27(月) 21:50:21
>>71
心配してくれてありがとう。でもなんとかやっているから大丈夫。
講義の方もまあ順調だ。大学院向けの講義にでているO君とS君は良い子達なので
気持ちよく話ができる。もちろん聞き手が多い方が張り合いがあるがね。
オレがCOEからはずされているのは、基本的には解析系だから。ほかにもいろいろあるけどね。
でも人生塞翁が馬とはよく言ったもの。COEなんかに入れられなくてよかったよ、まったく。

73 :多元数理より:2005/06/27(月) 21:51:17
>>71
> 大沢が COE のメンバーじゃないのは何故?

名古屋大学での多元数理の乱で、大沢さんは主流の浪川派ではなく、
少数派である四方派に入っていました。
その為に、大沢さんは現在に至るまで多元数理での窓際族的な存在であります。

また、例のセクハラ事件の事もあり教官連中からは殆んど相手にされていません。
したがって、名古屋大学・多元数理での孤立特異点の様な状態が続いていますね。
ですから当然の事として、多数派から構成される COE のメンバーには入ることさえ出来ません。

74 :gaga:2005/06/27(月) 22:00:43
>>73
あんたのような低能教官の相手はこっちがごめん被りたいね。

75 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 22:15:44
だんだん多元の内部情報が出てくるようになったね。
そうか、大沢は窓際族だったのか。それで2ちゃんなんかに
遊びにきたわけだね。

人生は万事塞翁が馬だ。あわれなものだね。

76 :gaga = 大沢先生へ:2005/06/27(月) 22:18:41

何度も、いままでレスを読み返して見て明確に分かったことがあります。

いままでは半信半疑でいましたが、
『 gaga は、本物の大沢健夫先生 』 だったのですね!
嫌な噂話を聴いて、大変に心配致して居りました。 ご無事で何よりです。
( 何故、大沢先生と分ったかについてはお会いした時にでもお話致します。)

大沢先生、いままで誤解に誤解を生じていた谷川さんとの
『 セクハラ事件およびストーカー事件など 』 について、
大沢先生御自身のお考えを、この場所で述べてみられては如何でしょうか?


77 :132人目の素数さん:2005/06/27(月) 22:23:46
>>76
今頃分かったのか馬鹿

78 :gaga:2005/06/27(月) 22:23:49
>>72
誤りを正してくれてありがとう。
しかしこれは遊びではない。魑魅魍魎どもとの戦争だ。たとえ毒杯を飲まされることになっても
引き下がらないからそのつもりで向かってこい。

79 :gaga:2005/06/27(月) 22:27:23
>>76
詳しいことは順に多元スレに書きつつありますから、そちらを読んでください。
とにかくウソつきどもが黙るわずかなスキに書き込んでいる感じです。

80 :大沢先生へ:2005/06/27(月) 22:42:10
>>79
> 詳しいことは順に多元スレに書きつつありますから、そちらを読んでください。

大沢先生、わかりました。 多元スレの方にも目を通すようにします。

> とにかくウソつきどもが黙るわずかなスキに書き込んでいる感じです。

真面目にレスを読んでいると、どれがウソで、どれが真実かが混乱して来ます。

これから gaga の名前で、どんどん真実を書き込んで行ってくださいませ。
危ない時には、援護射撃をしてみますから!
相手の数が相当に多いので、どうかお気を付けてください。


81 :gaga:2005/06/27(月) 22:46:10
ありがとう。素直に感謝します。

82 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 11:02:36
で君達は何を言いたいわけ? 岡が人格者でないからどうだというわけ?
数学者と人格者というのは何も関係ないだろ。だいたい、人格者なんて
この世にいるのかよ、そもそも? お前等は見たことあるのか?

83 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 11:37:17
ここは基本的に数学板だから数学者の人格だとか私生活だとか性生活とか
は板違い。控えるように。

84 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 12:12:24
ジーゲルが最初Okaを複数の数学者だと思っていた。
なんてのは凄いエピソードだね。

85 :gaga:2005/06/28(火) 12:37:27
>>84
詳しいことは高瀬正仁氏の著書の、花の章を参照してください。
高瀬さんは本当に良く調べて書かれたと思うけど、私にはまだまだもの足りません。
岡先生がコーヒーを飲みながらお話しになったこと等がこのスレにでてくることを
期待しているのですが。

86 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 13:38:46
数学者の私生活についての話は2chではしちゃいかんとでも?
まあ今生きている人間のプライベートについて書くのは
非常識だとは思うけれども.

87 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 13:45:55
板違いだろ。

88 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 14:50:28
ほかに適した板がある?
専門板でも多少の脱線,雑談はよいことになっているし,
この板で話すこと自体が2chのルール違反ということにはならないと思うが.

89 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 14:55:19
だから控えろって言ってるんだよ。大っぴらにやるんじゃない。

90 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 15:22:31
>>89
アンタだれ?何でそうムキになってんの?
嫌なら見なきゃいいだけだろ。
偉そうにいうな!アホ!

91 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 15:35:51
ムキになってのはお前だろ。ここは数学者の私生活について話す
スレじゃないんだよ。

92 :GreatFixer ◆king.VNj/w :2005/06/28(火) 15:37:14
岡潔の私生活について話すスレです。

93 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 15:37:41
>>91
ここは数学者の私生活を暴くスレですよ

94 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 15:39:44
みんなで数学者の私生活を暴露しませう!

95 :GreatFixer ◆king.VNj/w :2005/06/28(火) 15:40:49
岡潔の数学は理解できないので、岡潔の私生活について語るスレです。

96 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 15:44:28
>>91
岡潔の私生活ならOKかと.
別に「岡潔の数学について語るスレ」じゃないし.

97 :岡潔の離婚の危機:2005/06/28(火) 15:45:08
岡潔は奥さんに捨てられかけたことがある。
このとき、家にもどってもらう条件として、奥さんが出したのが、
弁栄上人の教えを一緒に聞くということだった。
それでしかたなく、岡は光明主義の集会に参加したとか。
そうすると、これが案外面白くて熱中するようになったらしい。

98 :GreatFixer ◆king.VNj/w :2005/06/28(火) 15:47:12
だいたい、私生活抜きで岡潔でスレが建つはずがないではないか。

99 :岡潔の偉人化反対:2005/06/28(火) 15:57:03
岡潔は広島高等師範から追いだされかけたとき、何とか首にならないように
願っていた。(やや凡庸だが、理解はできる。)ところが、騙されて
辞表を書かされるはめになった。研究に集中するために紀見峠にもどった
というのは嘘だ。事実はそれほどカッコ良くはなかった。
しかし、そのぶざまさの中にこそ岡の数学の起源があった。
カッコ良くないところがイイ!
だから、岡の伝記を「偉人伝」化するのはくだらない!

100 :GreatFixer ◆king.VNj/w :2005/06/28(火) 16:02:13
では奇人化しましょう。

101 :数学者をトータルに理解したい!:2005/06/28(火) 16:03:41
私生活も含めて数学者なのに、それを切り離すのはつまらない。
岡の数学への情熱の根拠を理解することと私生活の理解は不可分。
岡の数学は彼の私生活のただなかから生まれ出たもの。
私生活を離れた虚空から生まれたものではない。
岡ほど偉大な数学者でなくても、同様のことはいえる。
私生活と業績の分離は、その数学者固有の数学への理解を阻むだけだ。

102 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 16:05:24
>>100
奇人化・変人化の方が偉人化よりは健全かと。

103 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 16:08:10
>>100
それはともかく、「GreatFixer ◆king.VNj/w」の
「king」っていいね!どうすればそんなことができるの?

104 :gaga:2005/06/28(火) 16:52:37
高瀬さんにはジーゲルと岡の波長があった理由についてもっと論評してほしかった。
数学者のpeculiar personalityというものの共通点について。

105 :広島大学略年表:2005/06/28(火) 18:03:33
>>99
訂正:広島高等師範 → 広島文理科大学

広島大学略年表

明治35(1902) 広島高等師範学校を設置。
大正9(1920) 広島高等工業学校を設置。
昭和4(1929) 広島文理科大学を設置。広島高等師範学校は広島文理科大学に附置。
昭和24(1949) 広島文理科大学、広島高等学校、広島工業専門学校、広島高等師範学校、
       広島女子高等師範学校、広島師範学校、広島青年師範学校、
       広島市立工業専門学校を統合して広島大学を設置。

106 :CM:2005/06/28(火) 18:06:35
評伝岡潔・星の章(高瀬正仁著)
 
●独創的な数学者の謎の時代を解明する
東京新聞・2003.9.1

■本書は、岡のこれまで知られざる一時代の出来事の解明に成功している。それ
は最も独創的な考えを産み出した時期にあたる一九三六年以降の数年である。岡
は当時三十代後半であり、広島文理科大学(現在の広島大学)助教授であった。
著者がさまざまな史料によって確認したところによれば、岡は当時明確に「狂気」
の境域にあった。私もこの事実を初めて知った。独創的な発想と精神の状態との
関連を知る上で、きわめて重要な研究と言わねばならない。
■岡潔は戦後、文化勲章を受章し、その後は『春宵十話』を始めとする日本の
「民族精神」を称揚する著書を世に問うことになる。人はこの言動で岡の名前を
記憶にとどめているかもしれない。

107 :海鳴社代理人:2005/06/28(火) 18:11:16
>>104
> ジーゲルと岡の波長があった理由

これは当然ながら、岡潔の数学について論じる評伝岡潔第三巻において
詳述されると思われます。現在、鋭意執筆中と思われます。

108 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 18:28:44
高木貞治の「近世数学史談」とか、
ペルの「数学をつくった人々」みたいな伝記本の20世紀バージョンでないかな。

109 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 18:38:09
>>108
それはいい
ぜひ読みたい!

110 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 18:59:52
岡とSerreのやりとりも、なんかはっきりせんのだが・・・

111 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 19:09:26
>>108
誰を選ぶかで苦労しそう。

112 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 19:13:55
>>111
ヒルベルト、ラマヌジャン、ワイル、ゲーデル、フォン・ノイマン、
ヴェイユ、グロタンディーク、、、、日本人は岡潔だけでいいかな?

113 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 19:50:34
伝記的な調査だけでもすごく大変そうだけど、
その人の業績紹介も絡めながらだと、相当の数学の素養がいりそうだなぁ。
一人で書き上げるのはムリっぽい。

114 :132人目の素数さん:2005/06/28(火) 21:48:10
>>110
セールは存命中なわけだから、彼がまとまった回顧録を書き上げたら
いろんな人が出てきて面白そうだ。

115 :GreatFixer ◆ASWqyCy.nQ :2005/06/28(火) 22:31:58
Re:>>92,>>95,>>98,>>100 お前誰だよ?

116 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 18:48:25
>>101
>私生活も含めて数学者なのに、それを切り離すのはつまらない。

私生活なんて普通は関係ないよ。数学者の仕事は数学をやることだ。
例えばジーゲルは朝起きて食事も忘れて研究に没頭し、気づいたとき
は夜中だったという。こういう人間に私生活なんて関係ないだろ。

117 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 19:06:24
>>116
> 数学者の仕事は数学をやること

そういう数学者は極めてマレでしょ?むしろ、まともに数学をしない数学者
が大半で、彼らの私生活は単調だったりする。大数学者の私生活はときとして
非常に乱れることがある。岡潔はその典型。数学のことしか考えない岡は
家族には大迷惑だった。岡潔の場合は私生活との相互作用が大きいので
私生活も論じないと本当の岡が見えない。文化勲章以後の岡は数学者ではない!
そのころの岡の私生活はつまらなかった。岡の数学の誕生の秘密は
岡の私生活の乱れの中に「記録」されていたりする。ジーゲルの私生活
だってよく洗えば怪しいのでは?

118 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 19:37:11
20世紀の人はまだ一人ずつ書いたほうが良いでしょ。
時代が下ってもうそれぞれの人の位置付けが
みんなで一致してきてから書くのがよさそう。

119 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 20:08:41
>>118
ベルにしてもすでに発表されていた全集などのネタをまとめた、
というか勝手にデフォルメして大袈裟に書いただけ。

120 :132人目の素数さん:2005/06/29(水) 21:09:42
猫ひろし

121 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:02:01
人間としての数学者に興味があるというのは否定はしない。
だけどそれが数学と関連あると主張するのはこじつけだろう。
もっと自分に正直になれよ。のぞき趣味を満足させたいという
ことだろ、早い話が。かっこつけんなよ。

122 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:07:06
>>121

この意見はS先生にはあてはまるかもしれんな。

123 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:24:08
>>121
のぞき趣味の満足が目的なら、対象を数学者には定めまい。
女子高校生にでもする方がいいな。ひとりの人間の生産物が
その人間の個性や人生と関連しないという意見の方が不自然だな。

124 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:31:58
>>123
のぞき趣味と聞いて女子高校生を思い浮かべるとこなんか
正直でよろしい。だが、のぞき趣味というのはそうとは限らんだろ。
自分の関心のある分野の著名人の私生活をのぞきたいというのは
よくある。それと数学を関連付けるのは卑怯だよ。
早い話が岡の不定域イデアルの概念の発見が彼の私生活と
どう関連あるのかね?

125 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:40:37
テーマを具体化すると、関連性の議論は不可能になりそうだけど、
不定域イデアルの概念への模索を可能にする背景に岡の特殊な個人事情
が潜んでいる気がする。戦時中に数学に打ち込める個性の誕生には
多いに興味がある。これはのぞき趣味ではないと思う。
「数学を関連付けるのは卑怯」という表現は数学と数学者の個性が
無関係だという偏見に基づいているのでは?そもそも、ぼくの興味の
中心は、本当に無関係かどうかのチェックにあるのだから。

126 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:44:54
創造的な仕事をするには、何らかの特殊な要因がいるはず。それが
「才能」だという結論には納得できない。「才能」を開花させる条件の
大きな要因として、その数学者の個性・人格が影響していると思う。
ある一定の体験がある特定の数学的概念や理論を生みだすなどと
いいたいのではなく、その数学者を駆り立てる要因としての個性なり
人生体験なりに興味を持っている。これを「のぞき趣味」だと定義する
自由はあるが正しくないと思う。

127 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:45:44
だから人間としての興味があるのはいいんだよ。それと数学を
無理して関連付けることはない。

128 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:50:57
>潜んでいる気がする。
それは,そうだという人も居れば,
そうでないという人も居てよいし,
片方が正しいと立証あるいは説得するのは一寸無理な気がする.

129 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:51:53
そりゃまぁ、そうだ。数学には限らず創造的な仕事を生みだす個人的条件
のようなものに興味をもっている。ここはたまたま岡潔スレだから、数学者
と創造性のテーマになっただけで、まぁ、分野はなんでもいい。小説や詩や
音楽や絵画でも同じだと思う。数学もそういう「芸術」分野に似た側面がある
ように思うのですよ。とくに、岡潔はその点で興味深い。

130 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 09:56:14
> 片方が正しいと立証あるいは説得するのは一寸無理

そういう実証・説得が目的なのではなくて、「数学と個性は無縁」とする
立場に「?」を感じているだけ。岡潔はなんだか数学と個性が関連して
いそうに見えてくるからときに岡潔に興味をもっている。

131 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 10:13:34
>>130
関連してるからどうだっていうの? そういう興味というのは
わからんでもないけど数学に対する興味とは別もの。数学が
面白くてたまらんという人間には無縁な興味だな。

132 :128:2005/06/30(木) 10:25:28
>数学が面白くてたまらんという人間には無縁な興味だな。
数学が面白いならば,数学者の私生活は面白くないというのも,
そうとは限らないような.
上の「のぞき趣味」という言葉に,趣味が悪い行為,
あまりそのような行為を行うべきではない,
というニュアンスは含まれていない,と考えて良いんですよね.

133 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 10:30:11
>>132
他人(故人にしろ)の私生活を見たいというのを趣味がいいとは言わない。

134 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 03:56:41
2ちゃんで数学者の私生活を論じることには何の問題もない。
嫌なら参加しなければいいだけ。数学だけに興味があるという人はそういう
議論を無視すればいいだけでしょ?「のぞき趣味」だろうが「高尚な趣味」
だろうが、論じたければ論じ、無視したければ無視すればいい。
「岡潔の数学についてのみ論じるスレ」でも作ればどうなんだ?
寂しいスレになること請け合いだがな。

135 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 05:03:10
偉大な数学者は偉大な芸術家です。芸術家の人生=私生活と
芸術家の芸術が切り離せないのはあたりまえだ。それが芸術
というものだからね。

そのへんの大学にいる数学の先生は「偉大な数学者」じゃあないんだよ。
つまり芸術家ではない。だから、彼らの研究と人生は無関係だ。

ゴッホの生涯、ドストエフスキーの人生を考えてみなさい。多元あたりの
凡庸な数学教師なんかは問題外なんだよ。



136 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 07:26:37
>>134
ほんとは岡潔の数学について活発に論じられるような
状況だと,素晴らしいんだけどね.

137 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 09:47:49
>>134
開き直りかよw

138 :岡潔の数学?:2005/07/01(金) 12:05:59
>>136
「岡潔の数学」=「岡潔の論文に書かれた数学」
ということか?もし、その意味ならちょっとつまらないかと。

「書かれた岡」のみならず「書かれようとしていた岡」も考慮すべきだろう?
だとすれば、「岡の未発表のノート類」なども加える必要があるだろう。
そうすれば、ただちに、岡のプライベートな生活を無視できなくなるよ。
未発表のものに書かれたことがらを理解するには「生きた岡潔」との
接触が避けられないからだよ。

139 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 12:12:19
>>138
>そうすれば、ただちに、岡のプライベートな生活を無視できなくなるよ。
>未発表のものに書かれたことがらを理解するには「生きた岡潔」との
>接触が避けられないからだよ。

よくわからんな。もっと説明してもらわないと。

140 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 12:20:04
>>138
>「岡潔の数学」=「岡潔の論文に書かれた数学」
>ということか?もし、その意味ならちょっとつまらないかと。

つまらないどころか大いに興味あるよ。彼の論文というのは
現代では、あまり読まれていないのではないかな?

141 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 13:09:06
「岡潔の論文に書かれた数学」が
「ちょっとつまらない」かどうかはともかく,

別に未発表のノートというのが,数学に関するノートであれば
そのノートの内容だけを論じるだけでいいと思う.
ただ,岡潔の場合,数学の論文だけじゃなくて
随筆とかも色々書いているし,そのような著作に関してなら
また別だけどね.

142 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 14:55:39
>>138
例えば、「文学の研究者が研究対象の作家のテクスト以外に、
ノートや書簡やらを紐解いて作家論もどきを捏造するようなこと」
と同様なことを志向してるのか?

143 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 21:10:59
>>142
その意味の岡潔論を志向するのはあまりに大変。刊行論文の解読だけでも
疲れそうな気がするな。それはそれで、誰かがやってくれたのを読むのは、
面白いだろうけどね。自分でやるのはちょっと大変すぎ。
「作家論もどきを捏造」という表現だけど、数学のテキストの解読も含めて
しょせんは「捏造」なのだから、わざわざ「捏造」を強調しなくてもww

144 :144:2005/07/01(金) 21:12:25
√(144) = 12


145 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 21:57:00
145!

146 :gaga:2005/07/04(月) 09:39:47
>>135-143
偉大な芸術家の場合と同様だが、岡潔の数学に特有の香気を嗅ぎ分けたければ彼の弟子ではなく
先駆者の方から、言い換えるとGrauert-Remmertの解析空間論や西野利雄の二変数整関数論
ではなく、Riemann,Weierstrass,Poincareらの断片的なアイディアの方から彼に接近しなけれ
ばならないのではないでしょうか。彼の人生についても同様かと。

147 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:45:55
(今更なんだけど)奈良女子大のweb上で公開されている
岡潔文庫は大変ありがたい。

148 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 16:01:41
日本人数学者の伝記があまり存在しない事を考えると、
高瀬さんの著作は題材にしろ分量にしろ、かなり異例なものだ。
これを凌駕するのは(出版事情も考慮すると)相当難しいだろうな・・・

149 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 16:22:11
数学者にかぎらず日本には伝記が少ない。昔の人物だと、歴史小説
にしちゃう。日本人というのはリアリズムが嫌いなようだ。

150 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 17:33:49
>>146-148
上野健爾の「岡潔論」in『数学のたのしみ』では、
高瀬正仁の『評伝岡潔』が完全に無視されている。
なぜ上野は高瀬を無視しようとするのか?
gagaさんは上野の「岡潔論」をどう評価しているの?

151 :gaga:2005/07/04(月) 17:59:55
>>150
上野さんは岡先生が多変数の代数函数論を目指したと主張しておられますが、これはちょっと
浅い見方かも知れません。岡先生がある問題について、”これが解けないようでは多変数の代数函数
論さえできない”とコメントされたことがどこかに書いてありましたが、このことから岡先生が
目指していたのは代数函数論ではなかったように感じられるのは私だけでしょうか。もっとも私も
上野さんの文章を深読みしていっているわけではありません。立ち読みしただけですので。

152 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 18:54:38
>>151
応答ありがとうございます。

> 岡先生が多変数の代数函数論を目指した

という主張だけなら、高瀬も同じことを書いていますよ。
上野と高瀬の違いがいまいちわかりません。

> これが解けないようでは多変数の代数函数論さえできない

そうなんですか。岡がそのようなことを述べた(書いている?)とすると
真の狙いが何だったのか非常にわかりにくくなりそうですね。
でも興味深い気はします!

153 :gaga:2005/07/04(月) 19:34:56
>>152
多分上野さんと高瀬さんは、”岡先生は多変数の代数函数論を目指した”の後に、
”19世紀の数学者達を越える地点にまで達した”を入れ忘れたのでしょう。

154 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 19:54:20
>>153
でもその超える方向が見えにくいですよね。

155 :gaga:2005/07/05(火) 10:24:42
>>154
Levi問題(Hartogsの逆問題でもよい)を解くということ、これは19世紀の地平にはなかった
ことでしょう。まずこれをしっかり見なければ。

156 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 13:00:48
私、仏蘭西ヘ行ッテ、G.Juliaノ所デ勉強シテ、結局此ノ問題(多変数解析函数ノ研究)ヲ撰ンデ
帰ッテカラだい大体15年ニナリマス。漸クコレデ少シ打チ開ケタ所ヘ出ルコトガ出来タヤウナ
気ガ致シマス。後15年位続ケテココヲ開拓シテ、出来ウレバ色々ナ型ノ問題ヲ残シテ、次ノ
時代ニ譲リ渡シタイト考ヘテ居マス。
                   1946/3/03  岡潔

157 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 17:39:58
山口博史さん達が遺稿集の英訳を始めているらしいが、大変だろうな。

158 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 18:02:42
フランス語訳の方が楽だったりして。

159 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 18:22:51
その時はフランス語をCartan先生に直してもらわなくっちゃね。

160 :Cartan:2005/07/06(水) 21:21:02
Aujourd'hui, les problemes de Cousin trouvent leur solution naturelle dans le
cadre de la theorie des faisceaux analytiques coherents.

161 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:33:16
けるどまーじゅ

162 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:04:24
クザンの問題を解くだけなら層の理論さえ必要ないのでは?

163 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:22:49
その通り。岡の連接性定理はカルタンの定理A,Bより広い範囲を視界に入れている。

164 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:40:53
カルタンは複素解析の代数化に興味があったのでしょう。

165 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 11:03:38
カルタンの仕事の意味は、岡理論の代数化できない部分を浮き立たせたこと。

166 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 14:02:36
岡の一連の仕事は正則凸から出発しているけれども、正則凸はCartan-Thullenでしょ。
しかも論文はドイツ語。Thullenは砂田の定理を2変数のときに示す等、大変な秀才と言う
印象がありますが、彼について詳しい方、いらしたらレスください。

167 :132人目の素数さん:2005/07/08(金) 13:19:24
本物の岡せんせ〜い、いらっしゃいましたら168番の窓口へいらしてくださ〜い。

168 :132人目の素数さん:2005/07/08(金) 16:27:11
長い歴史的産物でもないよ。今の日本の社会システムは1930年代以降の戦時体制を引きずったものだから。
(この体制が今の目から見ればある意味江戸時代の社会体制以上にデタラメなわけだが)

転職すると不利になる・族閥が重視されるといった弊害のある終身雇用制度なんてその典型。
大学の講座制もそれ以前から大学の自治の一環としてあったものだけど、
戦時を経て自治よりも統制に利用されるようになった。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1120573848/146

169 :132人目の素数さん:2005/07/08(金) 18:06:37
岡先生、170番の窓口へ御急ぎください。

170 :132人目の素数さん:2005/07/09(土) 07:56:31
はーい。

171 :132人目の素数さん:2005/07/10(日) 10:08:11
SHINE!!

172 :math-22.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/07/24(日) 15:04:13
岡の正規化定理のeffective versionが証明できました。これで可換環論に新しい問題を
提供できるかも。

173 :132人目の素数さん:2005/07/25(月) 11:42:34
おーさわ先生すげー

174 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 18:08:52
層に関して、ルレイ→カルタン、セールと紹介してるものは結構あるけど
不定域イデアルに言及してるものは、なぜか少ない。

175 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 20:37:35
当時はブルバキが活躍していた時代だったし、まぁ
ある種のプラグマティズムが重視されたとかじゃないか。
もちろん岡の名前は当時から海外でも有名。

176 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 21:52:44
>当時は
それだとじゃあ現代では不定域イデアルに言及してるものが
もう少し在ったって良いじゃないかってことになる気が

177 :132人目の素数さん:2005/07/29(金) 12:52:04
高瀬が馬鹿であることが明らかになった。

178 :math-2a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/07/29(金) 13:53:29
私の高校時代はレビ問題より不定域イデアルの方が有名でした。

179 :ecc-8.u-tokyo.ac.jp ◆pyxyTxak2M :2005/07/29(金) 14:16:36
>>178
名古屋ふぜいが。
語尾には、だぎゃ つけろ。

180 :math-2a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/07/29(金) 15:01:12
>>179
何を焦っているんですか。
うかうかしていると追い越してしまいますよ。

181 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 10:55:42
>>3、4
岡潔のエッセイは縦一列に意識の流れが繋がっている。
だから、岡潔のエッセイ集は出版時期順に順番に読んでいかないと
本当には理解できない。
「日本のこころ」のように後で編集したものではなく、
最初に出版されたエッセイ集を時代順に読んでいくのが
岡潔のエッセイの読み方です。

182 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 12:03:50
>>181
どの順で読めばいいの?
教えて君。

183 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 12:37:29
>>182
「春宵十話」「紫の火花」「春風夏雨」・・・・・・・。というような発行順です

184 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 13:19:42
>>182
だから、岡潔の全集を出版するのであれば、項目や内容を元に編集するのではなく
無条件に出版年代順に並べていくのが一番いいと思う。
ほとんどは絶版になっているようですが、全集やアンソロジーが出版されたことも
あるようですが、後で項目や内容別に編集されたものはわかりにくい。
岡潔のエッセイは意識の流れです。

185 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 21:16:19
>>182
ありがとう
春宵十話もってるからまずそれ読んでみるね。

>>184
確かにたれかほかの人が編集しなおしたのだたりするとやだね。
岡潔に限らず。

186 :132人目の素数さん:2005/07/30(土) 23:26:36
>>185
ただし、私も岡潔の本をかなり読みましたが、岡潔は天才らしく鋭く問題
の本質を突いているとは思うが、岡潔の言っていることを丸々そのまま使
えないと思う。
岡潔の言っていることを咀嚼玩味して、実際的なものに練り上げて実行す
るのは後続の人々だろう。


187 :132人目の素数さん:2005/07/31(日) 00:12:38
186ですが追記。
つまり、ともすれば読者に激しいまでの鋭さを感じさせる部分を
緩和しないと、そのままでは岡潔の言っていることは使えないと
いう意味です。

188 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 09:44:45
そうそう、基本的に編集というのはよくない。旧漢字を現代風にするのも
いやだね。言葉の誤用のような間違いさえ修正してほしくない。
間違いだって本人の何かを表している。
余計なお世話をする奴が多過ぎる。

189 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 18:42:13
岡潔は、欧米では評価されてるの?
生前、外国のアカデミーの外国人会員、外国の勲章、外国の大学の名誉博士号、
外国の学術賞はもらってるの?


190 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 19:00:58
外国の評価ばかり気にするのが日本的情緒

191 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 20:12:00
>>189
H.カルタンは1979年にウルフ賞を貰ったのではなかったっけ。
岡潔が亡くなったのは1978年。
カルタンが貰うのなら当然岡潔も貰っていただろう。
長生きしないと損だね。

アメリカ数理科学研究委員会編の「数理科学の世界」(本間龍雄訳 ブルー
バックス)の「虚数の発見と複素解析」という項目には次のような文章がある。
「現在研究されている複素関数論の多くの局面のうち、複素多変数関数論は
最も魅力的である。・・・・・・・・・・この理論の最もきわだった鋭い成
果のうちのいくつかは、ここ数十年間に現代日本の代表的な数学者岡潔博士
によって得られた。・・・・・主にフランスの数学者によってなされた岡の
考えの現代数学の言葉による書き換えと拡張はこの理論の成長の大きな部分
を占めている。・・・・・・・」というのがある。
外国でも、その分野の専門家は評価しているのだと思う。


192 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 21:48:37
191ですが訂正
ウルフ賞を調べたら、カルタンは1980年の受賞です。

193 :132人目の素数さん:2005/08/02(火) 10:14:05
191ですが、191の文章は行の取り方がまずく読みにくいので書き直します。

アメリカ数理科学研究委員会編の、「数理科学の世界」(本間龍雄訳 ブルーバックス)の
「虚数の発見と複素解析」 という項目には次のような文章がある。

現在研究されている複素関数論の多くの局面のうち、複素多変数関数論は最も魅力的である。
・・・・この理論の最もきわだった鋭い成果のうちのいくつかは、ここ数十年間に現代日本の
代表的な数学者岡潔博士によって得られた。
・・・・主にフランスの数学者によってなされた岡の考えの現代数学の言葉による書き換えと
拡張はこの理論の成長の大きな部分を占めている。

外国でも専門家の評価は高いのだろう。

岡潔は著作の中で「一人の数学者を客観的に評価するためには、少なくともその人の死後50年
経たなければできない」というようなことを言っている。
それならば、岡潔の評価は今後にあるということだろう。

194 :132人目の素数さん:2005/08/04(木) 16:22:26
このスレの話題とまったく関係ないですが、
ohsawa@math.nagoya-u.ac.jpさんは、何歳ですか?

195 :132人目の素数さん:2005/08/04(木) 23:04:31
現代数学の展開の奥付みれば
2,3年の誤差の範囲内で分かるからそのくらい自分で調べろと

ご本人が答えてくれるかもしれないけど

196 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/05(金) 18:39:41
>>194
53歳です。

197 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/05(金) 18:49:57
エンタメの世界でもキャラを作り込むのに
舞台に出さないところまで考えるそうですね。愛読書は太宰治だとか。
岡潔の数学のオリジナリティの高さの秘密も
案外そんなところにあるのかも。
今でも保型函数の研究者なんかは、この函数に似合う花はダリアだろうとか
いや月見草かもしれないとか、そんなことも考えながら
函数を構成しているのかもしれませんね。
見当違いだったらすみませんが。

198 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 20:03:18
層の名付け親は誰?

199 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 20:10:44
>>198
層はフランス語のfaisceau(x)の秋月康夫訳です。

200 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 20:25:00
>>199
なるほど。
ご教示感謝します。
(ちなみに岡さんは層の訳語がお気に召さなかったようで・・・)

201 :132人目の素数さん:2005/08/06(土) 11:49:44
「レビ問題」と「ハルトークスの逆問題」の関係がよく分からんのですが
後者の方は解決されとるんですか?

202 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/06(土) 12:11:41
>>201
ハルトークス擬凸領域がレビ擬凸領域で近似できることを
発見したのも岡先生なので
『自分が解いたのはハルトークスの逆問題であって
レビ問題ではない』とおっしゃったのも無理はないと思います。
ただしこれは複素数空間上の領域に限ってのことであり
複素多様体内の領域についてはH−擬凸必ずしもL−擬凸ならずなので
両方とも難しい問題が残っています。


203 :132人目の素数さん:2005/08/06(土) 12:23:19
>>202
そういう事でしたか。 
解説していただきありがとうございます。

204 :132人目の素数さん:2005/08/06(土) 19:34:58
>>196
数学は門外漢ですが、
大先生直々の回答、ありがとうございました。
岡潔は、和歌山出身なのでちょっとよってみただけでした。

205 :132人目の素数さん:2005/08/07(日) 10:33:32
岡潔って対した事ないと思う。あんな訳のわからない
仏教めいた宗教めいた事を自らの精神的支えにしない
とやっていけない程度の頭という事ですから。

206 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/07(日) 10:48:55
>>205
ぐるりと360度回転させれば
あれ〜と言うようなところが誰にでもあるもの
ニュートンだって錬金術にこっていました。

207 :132人目の素数さん:2005/08/07(日) 14:45:16
岡潔って対した事ないと思う。あんな訳のわからない
仏教めいた宗教めいた事を自らの精神的支えにしない
とやっていけない程度の頭という事ですから。

ニュートンは精神的支えの為に錬金術をしていたわけではないので。
全然違うはなし。

208 :132人目の素数さん:2005/08/07(日) 14:48:09
どうでもいいが数学に仏教持ち込むのは我慢ならん。
権威になるほどそう。
グロタンとかみたいに反戦思想で身を崩していくふうにして自ら証明する形でやるならいいけど。
つまり、数学僧侶になるとか。

209 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/07(日) 19:28:00
>>207
ヨーロッパの科学者の3割は神の存在を信じていると言う。
だからといってその人たちがたいしたことないとは
私は思いませんが。

210 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 04:15:08
>>209
君頭悪いね。神の存在を信じるという事と
岡潔って対した事ないと思う。あんな訳のわからない
仏教めいた宗教めいた事を自らの精神的支えにしない
とやっていけない程度の頭という事とは別。

頭の巡りが悪いね。

211 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 06:07:08
取り敢えず文の順番が滅茶苦茶になってるようなので
推敲してから書こうね、と

まあ岡先生の件は、、色々とアレですが

212 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 08:47:59
>>210
「人生」ということをよく考えてみなさい。

213 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 09:54:44
岡は仏教を信仰しており、特に弁栄上人に帰依していた。
岡自身によれば、岡は「純粋な日本人」であり、
日本人として持っている「情緒」に基づいて、その数学的世界を創造した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%BD%94

これって、どこまで本当なんですか?
岡さんは神道の信者だという説もあるようなんですが?

214 :math-3a.math.nagoya-u.ac.jp ◆P2bEA4mHeU :2005/08/08(月) 10:16:56
>>210
宗教と言うものは、外から見た印象と
実際にその中に入って実践した時の印象は
かけ離れているような気がします。
というわけで、外から見たときに
神の存在を信ずるということと
ナントカ教に入れ込んでいることは大差ない。
実質は深い数学的洞察に至る生活的背景かと。

215 :春雨の曲:2005/08/08(月) 10:18:31
>>213
晩年の岡潔の活動は仏教よりも神道に導かれたものだった!

1969 年
  4月 京都産業大学理学部教授に就任。教養科目「日本民族」を担当。
  10月 講談社現代新書から「神々の花園」を刊行。
1971 年
  6月頃から「春雨の曲」執筆開始。
1978 年
  1月13 日「春雨の曲」の第八稿を起筆。
  3月1日 死去。
  7月 未完の遺稿「春雨の曲 第八稿」が私家版で刊行された。
  9月 旧稿「春雨の曲 第七稿」が私家版で刊行された。
http://homepage3.nifty.com/kyomasu/kawaraban/1243.html

この「春雨の曲」ってどんな作品なんだ?
8年間にわたって推敲を重ねた作品がいまだに出版されないのはなぜ?
岡潔のHPでもほとんど無視されているようだし...

216 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/10(水) 17:46:49
>>215
余韻を残していかれたということだけで十分な気がします。


217 :132人目の素数さん:2005/08/10(水) 23:01:43
さすがの大沢先生も岡潔大先生の遺した奇書「春雨の曲」
については何も語れないみたいだね。

218 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/11(木) 15:37:09
要するに先生を地下に呼び起こして教えを乞うにあらざれば、
到底その旨に通じることができないのである。

219 :132人目の素数さん:2005/08/12(金) 02:32:55
「春雨の曲」はどこかで見れるのですか?
どこかの図書館にあるとか。

220 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/12(金) 10:16:22
>>219
もしあなたに多少の数学の素養がおありなら、それよりも
奈良女子大学の図書館のホームページ
http://www.lib.nara-wu.ac.jp/oka/moku/moku30.html
(とくに1934年の項の一番目)
が面白いはず。最後のページの余白の書き込みは特に興味深い。



221 :132人目の素数さん:2005/08/12(金) 12:01:13
「春雨の曲」を実際に読んだ人はきわめて少ないでしょう。
どこの図書館にもないしね。「絶対に読めない」わけでは
ないけど。

222 :132人目の素数さん:2005/08/14(日) 02:26:09
「春雨の曲」だれかうpしてよ!

223 :132人目の素数さん:2005/08/14(日) 11:57:49
「春雨の曲」は25年後に世に出るでしょう。


224 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/14(日) 21:10:49
ではこのスレをあと25年続けましょう。

225 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 14:25:04
小平先生の文章から:
ブラブラ家の方へ歩いて行ったら、後ろから呼ぶ人がいるから、
誰かと思ったらそれがボッホナー(Bochner)教授。
初めてあったのによくわかったと感心しました。(konokansouwachottohen)
岡は何処にいるか?
と聞くから京都にいると言うと,
岡の論文は正しいと思うか?
と聞かれました。
ボッホナーには岡の論文はサッパリ分からないそうです。


226 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 14:33:48
>>225
岡は将棋が好きだったそうですが、数学することと将棋することは似ているのでしょうか?

227 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 15:14:56
Bochner-WeitzenbockのBochnerですね。

228 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 15:23:39
>>226
私は将棋はさしませんが、カルダノが自伝の中で
チェスに使った時間は浪費したとは感じない
と書いているのをみると、ジョギングくらいの効果はあるのでしょう。

229 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 15:28:33
>>227
ある時それの複素版をBochner-Kodaira-Nakano formulaと言ったら
倉西先生に叱られました。
以来, その公式をNakano formulaと呼んでいます。

230 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 15:43:01
>>229
最近知り合いがBWでそこそこの結果をだしましたが、これかなりマイナーですよね?

231 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 16:30:08
>>230
日本の微分幾何の人たちはなぜかこれについてあまり語りたがらないですね。
小平の消滅定理はこれを使って出すのに
代数幾何の人たちもなぜかNakano formulaには冷淡です。
数学辞典にも載ってない。第四版でも無視されるようです。
索引にコホモロジー消滅定理さえ載らないでしょう。
分類理論の詳しい結果はたくさん載るでしょうが。
私には理解できません。

232 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 16:33:48
>>231
> 私には理解できません。
唯単に、小平スクールのメンバーが多いからでしょう。


233 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 16:35:18
>>232
では小平スクールはなぜ消滅定理を軽視するのでしょう?

234 :Nakano formula:2005/08/15(月) 16:44:23
>>233
> では小平スクールはなぜ消滅定理を軽視するのでしょう?

複素版の Nakano formula への理解が充分に出来ていないからではないでしょうか。

>>229
> ある時それの複素版を Bochner-Kodaira-Nakano formula と言ったら
> 倉西先生に叱られました。
> 以来, その公式を Nakano formula と呼んでいます。

流石に、倉西正武先生は真実を見る目が違いますね!


235 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 16:56:44
>>234
次のいずれかが真であると思います。
1)私がNakano formulaをよく理解していないと思われている。
2)Nakano formulaはマイナーすぎて数学辞典に載せるには適さないと思われている。
そうではなく、関係者が怠惰なだけであるとは思いたくありません。

236 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 18:38:16
>>235

Nakano formula を良く理解している研究者が少ないからではないでしょうか?

以前に読んだ小平邦彦先生のある論文には、
オリジナルとして中野茂男先生の Nakano formula に就いて述べてあった様に記憶していますが。


237 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 19:05:22
>>236
コホモロジー消滅定理が数学辞典の索引に無いことには違和感を持たれませんか?

238 :132人目の素数さん:2005/08/15(月) 19:20:40
>>237
消滅定理。載っているよ。

239 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/15(月) 19:30:20
>>238
では実際に1489ページを見てみましょう。
索引です。
載ってますか?

240 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/16(火) 12:38:54
いつもこんな風にスルーされてしまうんですよね。

241 :132人目の素数さん:2005/08/16(火) 12:51:13
>>240
怒らない、怒らない。 大五郎は我慢の子であった  >>>  子連れ狼より

242 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/16(火) 13:09:15
>>241
3分なら我慢できますがね、お湯を入れてから。

243 :132人目の素数さん:2005/08/16(火) 15:35:26
掲示板はチャットじゃないからレスが流れない限り
スルーという概念自体が成立しないかと、、

244 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/16(火) 18:25:24
誰かコホモロジー消滅定理のスレを立ててくれませんか?

245 :132人目の素数さん:2005/08/16(火) 18:38:00
タイトルとか>>1の内容とか御希望をここに貼ってみてくださいな

246 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/16(火) 19:36:42
>>245
タイトル: コホモロジー消滅定理
>>1 秋月先生の文章より:多様体の理論において,如何にこれが扇の要の役割を演ずるかは
次節において紹介することとしよう。前人未到の,広い領域を,探りに探り,
こういう焦点にしぼり上げて完結する。これこそ数学者の真の創作なのであり、小平君の偉業を
ひたすらわれわれは讃歎いたしたい。
讃歎するだけでなく、様々なタイプのコホモロジー消滅定理とその応用について大いに語りませんか


247 :245:2005/08/16(火) 19:45:04
うーんどうも私のホストでは暫く立てられないみたいです、、
済みません、、、
ラウンジに依頼してきます、、

248 :132人目の素数さん:2005/08/16(火) 20:26:03
>>246
コホモロジー消滅定理
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1124191424/

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1122653433/338さんに
立てていただきました

249 :132人目の素数さん:2005/08/16(火) 20:26:34
>>248=247です

250 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/17(水) 11:46:25
>>247-248
素晴らしい。どうもありがとうございます。
私を消滅させるほど強烈な書き込みを期待しています。

251 :132人目の素数さん:2005/08/17(水) 22:41:22
『次の数の下位5桁を求めよ』
101^100
という問題で、2項定理を利用するらしいのですが、
どう利用すればいいかわかりません。
誰か教えてください。
お願いします。

252 :132人目の素数さん:2005/08/18(木) 00:55:11
せんせーさいとー恭司せんせーの業績教えてくださぃー

253 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/19(金) 12:35:43
>>252
最近高く評価されているのは
特異点の変形のモジュライ上の周期写像の研究によって
有用な幾何学的構造(Frobenius多様体)を発見した
ということでしょうか。

254 :132人目の素数さん:2005/08/19(金) 12:44:34
数学辞典の第2版(1968年)を持ってるけど、これには索引どころか
本文のどこにも小平の消滅定理が載ってないみたい。

255 :132人目の素数さん:2005/08/20(土) 01:27:20
>>253
わーい。せんせー質問に応えてくれてありがとうございます。そんなに真面目だと疲れませんか?でも答えてくれてありがとうございます。
あー。例のアレですか、平坦構造が量子コホモロジー環ととてもよく似ているとかなんとかの。
そいでミラー対称性なんかのかかわりからFrobenius多様体が注目されているとかなんとかの。
さいとーせんせーは原始保型形式とか複素解析での業績もありますよね。
井上賞も孤立特異点の複素解析学で受賞してますよね。
でも孤立特異点の複素解析学が何なのか、ぼくにはよくわからないや。

256 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/20(土) 11:01:42
>>255
>そんなに真面目だと疲れませんか?
昔、漫画家の赤塚不二夫氏が、なんで「天才バカボン」のような物を書くのかと聞かれた時
「誰も書かないからだ」と答えたとか。
孤立特異点というと、何かとてもせせこましい数学のような感じが
するかもしれませんが、この理論は特異点のない射影的代数多様体の
理論を含みます。それは、CP^nの部分多様体Mに対し、C^n+1内に
M上の錐を作れば原点がその孤立特異点になり、そこをblow-upすれば
Mが再生できるからです。でもあなたはこれくらいのことは知っていそうですね。

257 :132人目の素数さん:2005/08/20(土) 16:13:30
>>256
ウヒョー先生がまたレスしてくれた。
これくらい知ってますかねぇ・・・知っている気もするし知らない気もするなぁ。(ナンチャッテ)
孤立特異点はCRとの関係を考えればおもしろーいですよね。
せんせーが尊敬する(?)倉西せんせーも孤立特異点の変形理論とCRでなんちゃらかんちゃらだったような。うへへ
りーまん面とう゛ィラソロ代数の関係は量子コホモロジーとも関連があるという話しもあったりするらしいですね。
そうすると平坦構造なんかも活躍する機会増えそうだなぁ。
複素解析幾何は色んな分野で活躍できてカッコいいなぁ。ぼくも早くかっこいい大人になりたいな。


258 :gaga ◆P2bEA4mHeU :2005/08/20(土) 16:33:46
>>257
12月12日(月)から16日(金)まで京大数理研で研究集会
Analytic geometry of the Bergman kernel and related topics
を行います。最近Bergman核にはいくつか思いがけない展開が見られ、
面白い研究会になりそうです。
(DonaldsonとFeffermanも招待したのですが残念ながら断られました)
よかったら遊びに来てください。


259 :132人目の素数さん:2005/08/21(日) 00:30:50
>>258
身に余るお言葉です。マジミニアマリマクリッス。
ぼくはしがない高卒サラりーマンですから、そんなすごいところには行けません。
先生にそんな風に言ってもらえてホント嬉しいッス。。・゚・(ノД`)・゚・。
先生研究がんばってください。ぼくは先生みたいなかっこいい大人目指します!!

260 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 18:17:20
岡潔の最終目標はヒルベルトの第12問題の完全解決だったって聞いた。

261 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 18:28:47
ヒルベルトの第12問題というのは虚数乗法の拡張問題ね。
そうかな?とっかかりも得てないんと違うか


262 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 18:30:08
高瀬の法螺じゃないの?

263 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 18:47:07
ヒルベルトの第12問題の講演の最後にこういう文章がある。
ひょっとしたら、これだけが根拠だったりしてww

... the theory of analytical functions of several variables in particular
would be notably enriched if one should succeed in finding and discussing
those functions which play the part for any algebraic number field
corresponding to that of the exponential function in the field of rational
numbers and of the elliptic modular functions in the imaginary
quadratic number field.
http://aleph0.clarku.edu/~djoyce/hilbert/problems.html

264 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 18:54:39
>>262
高瀬がそういうことを言っているのか?

265 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 19:03:02
>264
それが高瀬の「偉人を無理につないで岡をガウスの
正統な継承者として位置づける史観」じゃなかったのか
その中間に12問題もある
2002年の「数学」の記事はどうだったかわからないが

266 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 19:12:08
>>265
京都での講演によるとガウスどころかオイラーにまでもどるらしい。

267 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 19:13:15
岡と虚数乗法はちょっと

268 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 19:18:08
それで高瀬はオイラーやガウスやアーベルの翻訳をやっているわけか
それらが岡潔によって統合されるというシナリオなんだね

269 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 19:34:48
>>268
そう
それくらいエライ人の研究をしている
だから...
ということも言外に

270 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 17:21:15
>>266
どんな話だった?

76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)