2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前ら頭よくね??

1 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 19:54:57
俺は数学板に来るまで、はっきり言って、自分はとてつもなく頭がいいと思っていた。
ちょっと名の知れた私立の生徒だし、K合の模試でも、偏差値はいつも77をくだらない。
しかし、ここの質問スレの奴らはなんだ。
俺がいくら頭をひねってもわからなかった問題を、ものの30分で解いて、わかりやすく俺に教えた。
正直、その解法は、そのまま考えていても俺では思いつくことができなかっただろう。
それほど見事だった。
お前らって何者だ??学生なのか??

2 : :2005/04/18(月) 19:58:01
慣れですよ。

3 :BlackLightOfStar:2005/04/18(月) 19:58:50
>>1
私は神だ

4 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 20:12:00
ローカルルールも読まずにスレを立てるお前は
間違いなく頭が悪いわけで。

5 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 20:56:38
慣れる前に教科書の章末で詰まってしまう俺が居る

6 :コートニー愛:2005/04/18(月) 21:20:14
>>1
私もとても同感。
自分の無知を再確認しちゃた

7 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 21:22:06
漏れらは、自分が井の中の蛙であることを自覚している愚民でつ

8 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/18(月) 22:34:09
Re:>3 お前が神だと?それじゃあ、A^2+A+1=0,1は二次の単位行列,0は二次の零行列となる二次正方行列Aをすべて求めてみてくれ。スカラーは複素数体だぞ。
Re:>1 初めに、年齢の差だろうか?

9 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 22:37:49
>>8
神をそんなやさしい問題で試すとは何ごとじゃ!
恐れを知らんKingだな。

>スカラーは複素数体だぞ。

ちょっとおかしい。「スカラーは複素数だぞ」が正解だが。

10 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/18(月) 22:45:05
Re:>9 スカラー体は複素数体といえばいいのか。
Re:>3 お前が神だと?それなら、有理数体をQとして、Q[x]の元x^4+x^3+x^2+x+1の最小分解体をFとするとき、FとQの中間体(F自身、Q自身も含む)を全て答えてくれ。

11 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 22:49:14
>>10
>スカラー体

あまり耳にしないね。論理的な矛盾はないだろうけど。

うう、神を試すのなら、もっと何というか、高級そうな問題ないの?

12 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 22:50:41
オレは毎日スカラー波を浴びてるからなぁ。

13 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/18(月) 22:52:39
Re:>11 [>8]のは大学教養くらいのレベル、[>10]のは数学科2〜4年レベル。早く神を名乗る奴が現れないかな?それより進んだレベルの問題は出せそうにない。難しい解法を必要とする問題もすぐにできるようなものではないし。

14 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 22:56:38
頭がいいというか、数学における色んな道具を知ってるって事よ
んでその使い方に慣れていると
ニュートンが巨人の肩に乗ってものを見ていたとするなら
巨人の肩の上の巨人の肩の上の巨人・・・・に乗ってものを眺めてるわけだ
もちろん一定以上の頭が無いと出来ないことではある
が君だって時間が経てば巨人の肩に乗れるかもしれない

15 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 22:58:27
他の理系の専門系の板に行っても大体マニアが質問に答えてくれるだろ?
それと同じなだけだと思うが。

16 :132人目の素数さん :2005/04/18(月) 23:15:24
>>1
ちなみに、その問題とは何だ?
よかったら、聞かせてくれ。

17 :132人目の素数さん:2005/04/18(月) 23:16:58
自然数nに対して適当な自然数mを与える。
集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする。
このとき適当なiに対して、
x+y=zを満たす3つの整数x,y,zをSiが含むことを示せ。

18 :べーた LVβ5:2005/04/18(月) 23:18:15
いやホントにスゴイ。
まあオレもこの数学板のインテリジェンスの一員として言わして貰いますが、
オカシイです。まず高校の範囲なんて受験後は普通忘れてるハズ。
それを現役高校生が頭ひねってもわからない難題をスラスラ解くのは一目置けますね。

19 :べーた LVβ5:2005/04/18(月) 23:20:04
>>17
なんじゃこりゃああああああああああああああ!
オレ文字が5個以上出てきた時点でアウトなんですよ。。

20 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 00:06:35
 20ゲト。高校時代数学全国偏差値70。
馬鹿でえす!!!   解ける気がしませえええええん!!!

21 :べーた LVβ5:2005/04/19(火) 00:27:17
てててててててか偏差値77の方でも解けない問題ってすげえじゃん!!!!

22 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 10:03:42
偏差値馬鹿class

23 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/19(火) 10:11:43
Re:>17 単なる憶測に過ぎないのだが、m=3^nとすればいいのではないか?
Re:>18 数学科などの理系に進む場合は少なくとも高校数学は忘れないはずだが。

24 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 10:24:07
おまえ、任意にの意味はわかるか?

25 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 12:01:13
>>17は問題が少し変だな。mはある表現にのれば、いくらでも大きくとれる。
それなら、あるiが存在してこれこれを満たすばかりでなく、任意のiについても
そんな奴はとれるわな。ほんとうに

任意の自然数nに対してある自然数m(n)が存在して、
集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする。
このときあるiに対して、
「x+y=zを満たす3つの整数x,y,zをSiが含む」ことを示せ。

ほんとにそんなんでいいのか?そうだとすれば、それほどの難問でもない
と思われるが?

26 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 12:24:04
任意の自然数nに対してある自然数m(n)が存在して、
『集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする。
このときあるiに対して、
「x+y=zを満たす3つの整数x,y,zをSiが含む」』ことを示せ。

ごめんね。king。ほんとに、ただm(n)のとり方がかぎなのね。

27 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 13:47:03
>ここの質問スレの奴らはなんだ。
東大や京大で数学のドクター取った人たちが住み着いてるから
なんか凄いのでは?
>K合の模試でも、偏差値はいつも77
  その数値がどういうものかよく知らないけど
sapixとその前身の上から5人くらいは
  結構凄そうだけど。 
  変態が多かったので2ちゃんにも結構出没してると思う。
  メインはエロ関係のスレッドで時々学術スレッドにも書き込むとか。
  そういう感じなのでは?・・違うかな?

28 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/19(火) 14:10:27
Re:>27 ドクターも来るのか。

質問です、最近さかんに研究が行われている偏微分方程式の話題はどのようなものでしょうか?

29 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 14:54:07
ドクターを釣る場合は
そのハンドルをはずして
そしらぬ顔をして、質問するとつりやすくなると思う。

  東大や京大の数学や物理なんかは
  2ちゃん率ととしあき率が微妙に高いと
  耳にしたことが。
  例えばバイオ系のネタだとそこに農大・農工大とかも。

あと、自分の研究の核心に触れるようなネタには
警戒してあまり近づかないかもしれない。
  あと、数檻経験者は功名心がある分
 結構質問スレに乗ってくるかも。
   結構書き込んでそうなのが
  話題の丸岡君の中の人で
  ほら哲之君、棒が倒れてきたら
  審判が見てない瞬間に乗り役を殴るのです

  ・・といったローカルな研究についてもわかるのかも。

30 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 17:53:53
>>26
じゃ、示してみようゼ。
難問ですから。

31 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 21:42:32
>>26の問題を一般化すると
任意の自然数nに対してある自然数m(n)が存在して、
『集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする。
このときあるiに対して、
「あるx、yをとりx+yがSiに含まれるSiが存在する」』ことを示せ。



32 :31:2005/04/19(火) 21:48:44
見た感じこれは間違いだな。
判例を示せる集合のとり方をを暇な人やってくれ。

33 :31:2005/04/19(火) 21:50:05
判例=反例

34 :132人目の素数さん:2005/04/19(火) 21:55:54
間違ってねーよ。
反例はムリ。
つーか、見た感じでいうな。

35 : ◆27Tn7FHaVY :2005/04/19(火) 21:58:24
>>1
どこを縦読みすんだ?

36 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 07:19:53
>>1

おまえが馬鹿過ぎんだ馬鹿
2度とスレたてんなよ馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿


37 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 12:48:59
>>17>>31
このxとyはx=yでもいいのか?

38 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 13:42:08
32
見た感じは明らかに正しいだろ。
なんか勘違いしてねぇ?
否定命題を考えてみろよ。
反例なんてあげようがないだろ。

39 :31:2005/04/20(水) 14:14:28
「集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする」
の部分があるだろそこに任意って言葉があるから命題がなりた
たい集合がとれそうな感じがしただけ、もし正しい命題にしたい
なら、

任意の自然数nに対してある自然数m(n)が存在して "such that"
『集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn}と分けたとする。
このときあるiに対して、
「あるx、yをとりx+yがSiに含まれるSiが存在する」』ことを示せ。

"such that"が必要かな。

40 :べーた(偽):2005/04/20(水) 16:29:48
集合{1,2,・・・,m}の任意の分割を{S1,S2,・・・,Sn}とする。
なら文句はねーよな。

41 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 16:53:43

 偏 差 値 は い つ も 7 7 を く だ ら な い

プププ 偏差値=頭の良さデスカ プケラッチョ

42 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 16:55:26
>>1=高校数学 プケラッチョ

43 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 16:57:40
>>37
x,y,zは同じでも結構。

44 :31:2005/04/20(水) 17:04:08
@集合{1,2,・・・,m}を任意に{S1,S2,・・・,Sn
A任意の自然数nに対して
Bある自然数m(n)が存在して
@、A、Bがそれぞれどのように論理的にかかっているのかが
分かんないって言っているだけ。つまり、@が決まってAが決まる
のか、Bが決まって@が決まるのか、どれを固定してどれを動かす
のかを明確にしたら分かりやすいかなーって思っているだけ

45 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/20(水) 17:13:41
Re:>44
これからは英語で問題を書くべき?(日本語だとあいまいになりやすいから。)
For all 〜, there exists 〜, 〜.というような英語になる。

46 :132人目の素数さん:2005/04/20(水) 20:50:16
>>45 こんな褒め殺しスレで何やってんだか・・・・・・恥ずかしい奴w


47 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 00:43:33
よくなくない〜?って、いいの、わるいの、どっち?な〜んてね。

48 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 01:31:06
おまいら、釣られすぎw

49 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 02:32:22
基本解法論みたいな具合の解法を効果的に身に付けられる方法無いのかなぁ?
なんか算数の解き方でしか考えられんっぽいから、
大学の教科書の計算問題を除く章末問題が解けんっぽ。

50 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 02:49:01
>>44
あの書き方で2が3の後にくるわけないし、n、mに言及する1は最後に決まってんだろ。
てかその順で書いてあるわけだし。
そしてもちろん前に書いてあるのが後ろ全体にかかってる。
そんなことも分からずに数学書読んでるの?
或は高校生とか?

51 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 10:47:30
>>45
きっと英語ネイティブ話者は
「英語だとあいまいになりやすいから××語で問題を書くべき?」とかいつも思ってるんだろうな。

52 :BlackLightOfStar ◆ifsBJ/KedU :2005/04/21(木) 10:53:17
Re:>51 日本語でも工夫すればあいまいさがなくなるということかな?

53 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 10:56:47
>>1
気付くのが遅いよ

54 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 11:29:01
ところでお前ら>>17の問題とけたのか?解けないだろ。

55 :教えてぇー:2005/04/21(木) 11:50:36
ちょっと聞きたいことがあるんですけど1.2.3.4.5.6.7.8.9.0の数字を一度ずつつかって全体の和が100になるみたいなんですが、どうくみあわせれば100になるかもしわかった教えてね☆

56 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 12:38:22
>>39に訂正すると明らかなの?
証明の流れくらい書いてほしいなあ。

57 :とりあえず具体例で。:2005/04/21(木) 16:04:48
おもしろいのは、むしろ最小の評価式を求める問題だろうな。
例えば、m=2に固定すれば、n=3ですでにm=2組の集合が必要になる。
m=3ならn=9からかなってとこまでは考えた。

1,2,4,8,
3,5,6,7,
9,

でだから、n=3^(m-1)、なんじゃないのってのが推測。この後は何故かをよりうまく
簡単に如何に言うかって話、、、、、

58 :132人目の素数さん:2005/04/21(木) 20:21:33
>>57
なんかmとnが入れ替わってない?

59 :132人目の素数さん:2005/05/04(水) 04:23:33
数学者や理系の家系に生まれ、ガキの頃から特殊な数学教育をうけとれば一般人を凌駕するのは当然

60 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/04(水) 04:36:07
>>59
南インドの貧しいバラモンの家庭に生まれ、幼少の頃より母親から徹底的な宗教教育を受けた。
幼い頃から学業は非常に優秀で、数学にも強い関心を寄せていたが、決定的だったのは大学に入る前に公式集のような数学の本に出会ったことで、これが後の彼の方向性を決めてしまった。
奨学金を得て大学に通うものの、数学に没頭するあまり授業にも出なくなり、奨学金を打ち切られてやむなく退学。
渡英の少し前に就職するまでは、仕事もせず独学で数学の研究を続けていた。
その後周囲の勧めもあって、自らの研究成果を伝えるためにケンブリッジ大学のG.H.ハーディに手紙を出したところ、偶然ハーディに認められ、1914年にイギリスに渡る。
しかしイギリスでの生活に馴染むことができず、やがて病をえてインドに帰国。
約一年後の1920年に病死した。

シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

61 :132人目の素数さん:2005/05/04(水) 19:43:11
>>17
これ、もう解答は聞いたんだろ?
だったら、解答をコピペした方が早くない?
解答見たくない人がいるなら別にいいけど。

62 :132人目の素数さん:2005/05/04(水) 20:29:59
>>61
たまにこの問題みかけるけど、
解答がみあたらないんだよ。

63 :132人目の素数さん:2005/05/05(木) 00:12:17
>>17の問題はSchurの定理といわれる。

まず、任意の整数nに対して、「m≧R(n)ならば完全グラフK_mの辺をどのようにn色に塗り分けても、
かならず単色の三角形が存在する」という性質を持つR(n)が存在することを示す。

n=1ならば、R(1)=3ととれる。

あるnについてこの主張が正しいとし、R(n+1)の存在を示すために、
R(n+1)≧(n+1)(R(n)-1)+2ととれることを示す。
m=(n+1)(R(n)-1)+2ととり、K_nを(n+1)色に塗りわけ、その中の1点vをとる。
S_i={w| (v, w)は色iで塗られている}(i=1, ..., n+1)とすると、
|S_1|+...+|S_{n+1}|=m-1>(n+1)(R(n)-1)より、あるiに対して|S_i|≧R(n)となる。

S_iの中に色iで塗られている辺が存在しなければ、S_iはn色で塗り分けられているので
|S_i|≧R(n)より、S_iは単色三角形を含む。

S_iの中に色iで塗られている辺(w, u)が存在すれば、S_iの定義より(v, w)(w, u)(u, v)はいずれも色iで
塗られているのでこれは単色三角形となる。

よって、帰納法よりR(n)の存在が示された。


van der Waerdenの定理は、

任意のk, lに対して
「{1, 2, ..., W(k, l)}をk個の集合にどのように分割しても、その中のある集合が
長さlの等差数列を含む」
という性質を満たす整数W(k, l)が存在する

ちなみに、k=3の場合が、>>17の問題。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)