2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人種間の脳の違いについて

1 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 21:27:49
語るのはタブーらしいですね。でも、明らかに、厳然として違いはあるはず。
純粋に知りたい。
というわけで語りませんか。
嫌韓の人とかは、入ってこないでくださいね。

2 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 21:37:40
俺も興味がある。オリンピックの短距離決勝がほとんど黒人だけで
行われることなどを見ても、身体能力には人種による違いはある。
脳はどうなんだろう。

3 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 21:49:53
私は高橋友城のペニスを切断したの

4 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 21:50:40
その前に同一人種間での脳の差異の範囲がどの程度あるのか
分からないことには、異人種間の違いも分からない。

5 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 21:55:37
>>1
>語るのはタブーらしいですね。でも、明らかに、厳然として違いはあるはず。

人種で比較するのがタブーな理由は、トンデモ本が氾濫するからだ。
あの悪名高きトンデモ本「ベルカーブ」も大ベストセラーになったが、
内容がトンデモでもショッキングな内容ほど本は売れるし筆者はぼろ儲けです。
ほうっておけば、便乗犯が続出してトンデモ本が書店に溢れかえることになるだろう。 
それに実際、脳に人種差があると指摘している本は概してトンデモな内容が
ほとんどだし、過去の書籍でも突っ込みどころ満載な本が全てだった。
それに人種で比較するメリットが少ない。人種差なんてのは、どんな比較をしたって
微々たる平均値の違いであり、日本人同士の個人差が圧倒的に広いわけで、人種で
比較する意義がない。トンデモ本が氾濫して人種差別の温床となる害悪の大きさを
考慮すれば、タブーなのも仕方がないだろう。

6 :1:05/03/03 22:23:46
>>5
まぁ、その通りだということはわかるんですけどね。
ただ、現在の史学ではその要素を全く無視して議論が組み立てられているじゃないですか。
平均としての、また特異としての人種、民族間の知能の統計が出せれば、その差を生み出す部分から、
新しい見方が出来ると思うんだよね。

7 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 22:32:23
犬には大別して、鼻先の突出した長吻犬種と寸詰まりな顔した短吻犬種があります。
長吻犬種にはコリー、シェパード、ドーベルマン、プードル、柴、パピヨンなどがあります。
短吻犬種には狆、シーズー、パグ、ペキニーズ、チャウチャウ、フレンチブルなどがあります。
以下のように犬の場合、長吻種犬と短吻種犬との区別は素人でも頭蓋の形を見て直ぐ分かります。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nobon/zugaiB.jpg
そして短吻犬種は概して長吻犬種より圧倒的に脳が大きい。
例えば、小型犬のキング・チャールズ・スパニエルは超大型犬のウルフハウンドより脳が大きい。
体重比率から考慮すれば、10倍以上は大きいだろう。
http://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
ブルドックもウルフハウンドより脳が大きい。おそらくは、他の長吻犬種も脳は小さいだろう。
ではキング・チャールズ・スパニエル、ブルドックはウルフハウンドより賢いのか?現実は否である。
http://www.h4.dion.ne.jp/~fuyo/IQ.htm
このように、動物の外見は非常に変化しやすく、しかも知能とまるで比例していない。
むかしの骨相学の人種比較がいかに愚かかわかる。
それと比べると人間の場合、黒人の頭蓋か日本人の頭蓋か素人には区別はつかないと思います。
人種差とはそのぐらい微々たる個人差の範囲なのだ。

8 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 22:57:57
>>6
詭弁だな。人種・民族で知能を比較する意義の説明になっていない。
例えば脳容量と知能の相関を知りたいなら、日本人の個人差が大きいんだから、
人種で比較する意味がない。人種の優劣が気になってしょうがない選民思想の
持ち主がよく使う詭弁だ。あまりにも危険すぎるしメリットがない。

9 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/04 00:15:34
平均値に違いがでるってのはあるだろうよ。
ただ、どの民族、人種、地域集団だろうが、分散がかなり大きい
のでたしかに平均が違ったとしても、その違いはそれぞれの集団
内の分散の中に収まる程度って話だと思うがな。

身体能力についていえば、そりゃ違う部分もある。
日本人は近視が多いから、日本人の半数近くは、アフリカにでも
いったら、視覚障害者になってしまうだろ。そういうことはほかの
部分でもあっていいし、だからどうしたって感じもする。
徹底的に知能を使うことを生活の糧にしてきた民族がいれば、その
民族は、平均して頭の悪いやつは淘汰されるってことになるだろう
しなあ。

ただ、不思議なことに、人間の進化の歴史で、頭が大きくなったのは、
人間の創造性とか独創性が生まれる前のことであって、人間の創造性や
独創性が生まれたあとは、むしろ脳容積は小さくなっているわけだ。
ネアンデルタール人の頭がでかいのも有名だけど、当時のホモ・
サピエンスもたいがい現代人よりは頭がでかい。だいたい20万年前に
頭がでかくなって、5万年前ごろがマックスで、新石器時代になると、
ぎゅーっと小さくなる。現代人は、ホモ・サピエンス以前のハイデル
ベルゲンシスの時代くらい(50万年前ごろ)の大きさになりつつある
しなぁ。

10 :キューブさん:05/03/04 01:09:06
人間個人個人でもけっこう差があると思うし、人種が違うと人間の種類は別やと考えるべきやと思うねん差別的な意味とちゃうけどな
犬の種類の違いは人と猿の違いやないしまあ人も猿やけれど

11 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/04 04:23:39
生活習慣による差の方が遥かに有意義。

12 :キューブさん:05/03/04 05:22:56
人はその差が大きいからなぁ

13 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/05 15:45:02
個人差のほうが大きいとかそんなことはわざわざ指摘しなくてもよい。
人種間に脳の差があるのかどうかが知りたい。

14 :キューブさん:05/03/05 20:17:53
人間の遺伝子は全員どっかがいっしょやゆう話やし、この地球上で人間が出現したんは生物の歴史上ちょっとやだからあんまり違いが生じることはないと思うで突然変異がない限りな

15 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 00:00:42
まず「人種」を定義してくれ。
話はそれからだ。


16 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 00:36:04
定義ていぎって何かって言うとわめくやつうざいよね

17 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 00:46:49
tesutsu

18 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 03:07:31
>>15
ガングロ族と美白族、それとナチュラル系の三種族。


19 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 06:00:03
ところで脳の違いってどうやって調べるんだ?
仮に形質の違いがわかったとして、知能の差との関連性を割り出せるか?
そもそも誰か研究してる人いるの?

20 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 09:43:21
>>1が馬鹿なので伸びそうにないな

21 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 11:21:06
アジア人はいろんな人種の中では前頭葉がせまいので、
あまり議論したくないです。
以上。

22 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 13:50:38
  浣腸人は間違いなく 性能が落ちるでしょう。

23 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/07 19:33:26
大脳のしわの形には、個人差があるのでしょうかね。

24 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/09 03:52:05
成長期の脳の形成は深く関わってると思う



25 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/09 07:42:53
人>犬>朝鮮人

26 ::05/03/09 18:35:47
>嫌韓の人とかは、入ってこないでくださいね。

ワロタ。コピペ荒らしが余程堪えたようだなwww

27 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/09(月) 17:48:07
>>1
> 厳然として……はず。

最初から決めつけてもなぁ……

28 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 01:16:32
【将棋・そろばんに見る右脳の働きと潜在能力】

対局中の羽生善治の脳波を測定する実験が行われた際、右脳が活発に働いており、他のプロ棋士も同様だった。
それに対して、アマは左脳。
また、そろばん日本一の人の脳波を測定した際にも、左脳はほとんど使われておらず、右脳で計算している事が分かった。
以上のデータから、右脳で高度な計算処理が行われるという結論を得た。

要するに、左脳で処理し切れなくなった計算を右脳に委ねるという事ですな。
天才科学者などもおそらくこのタイプでしょう。

29 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 05:10:49
人種間の脳の違いなんておそらく外見の違いよりかなり小さいだろう。
地域によって紫外線や気温等が異なるので外見は人種によって異なるが
脳の差は無いと考えても差し支えない程度ではないか?

30 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 06:41:47
右脳は理解力に乏しい、まず左脳でプロセスを理解しないと。
右脳使ってる時はほぼ何も考えてない、勘が鋭くなる感じ。

31 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 07:25:47
民族の脳の大きさは、出身地の気候で決まる。
世界でもっとも脳の大きい民族は、南米フエゴ島の先住民フエゴ人だそうだが、
フエゴ人の住むフエゴ島は南極大陸と目と鼻の先なので酷寒の地だ。
酷寒に住む動物は、「アレンの法則」に従って手足が短く体が丸くなる。
体が丸くなれば、体型を形作る遺伝子は相関し合うから頭も丸く大きくなる。
実際に、ズングリした体型のブルドックは頭も大きいし、脳も一般の犬種より大きい。
逆に、炎天下に住むアフリカ人やインド人は手足が細長く頭も前後に細長い。
つまり、世界の人種民族の外見的形態の違いは、進化の優劣云々の問題ではなく、
自然環境の違いでほとんど説明ができるわけだ。


32 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 07:29:24
脳の大きさの民族ランキング(ジョナサン・マークス著「98%チンパンジー」より)

大きい:ハワイ、モンゴル、フランス、南アフリカ、ティエラ・デル・フエゴの先住民の一部
中程度:朝鮮半島、ノルウェー、ハワイ、東アフリカの先住民の一部
小さい:シチリア島、ペルー、インド、東アフリカの一部

同じアフリカ人でも、南アフリカと東アフリカの部族では脳の大きさがまったく違うらしい。
特に、南アフリカの数部族は朝鮮人より脳が大きいらしい。このことからも、
黒人のIQが低い理由を脳容積に求めるのは人種差別主義者の詭弁であることがわかる。


33 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/18(木) 19:40:33
『脳の形態と機能』新興医学出版社
脳の形に民族差があることは周知の事実であるが、
大部分は頭蓋骨の計測によるもので、生きている脳を実際に計測した例は少ない。
そこで(東北大学は)ヂュッセルドルフ大学との共同研究により、
日独若年者の脳形態、特に脳表面の形態のばらつきを評価することにした。
(中略)
興味深いことに、日本人は後頭葉を中心として脳表面の凹凸のばらつきが大きいのに対し、
ドイツ人は側頭葉でばらつきが大きい。このような民族差がしめされたことは、まったくはじめてである。
解剖学的には脳回が発達している部分は形状が複雑になるといわれている。
(中略)
日本人は視覚民族で後頭葉が発達し、ドイツ人は言語的民族で側頭葉が発達していると考える


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)