2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

進化論と創造論

1 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 21:42:08
皆さんは創造論というのを聞いたことがありますか?
一般に日本では人間や生き物の起源が進化論によって
説明されますが、全ては偶然に発生し、アメーバから
徐々に何億年もの時間を経て人間に進化したとする
進化論に対して、創造論は全ては神が創造したと説明します。
進化論によれば魚類から両生類に進化したとされますが、
化石を見ると、魚類、両生類それぞれの化石は多数発見されているが、
その中間型の化石はほとんど発見されていないようです。
この証拠だけでも、進化論に無理があって全てはその種類に応じて
創造されたと考えるほうが理にかなっていると思いますが、
みなさんはどう思いますか?



2 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 21:48:52
はいはい、わかったから宗教板へ逝きな

3 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 21:50:53
>2
あなたの意見を教えてください。

4 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 21:55:17
>>3
あー、もう
消防に、いちいち説明するのもまんどくせぇんだよ。

ランダムドリフトとか、中立説とかの言葉の意味がわかる?
わかんないんだったらお前はとんでもないゴーマンヴァカってことだ。

5 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 21:55:37
>>1
>化石を見ると、魚類、両生類それぞれの化石は多数発見されているが、
>その中間型の化石はほとんど発見されていないようです。

進化ってのは目に見える形で起こるとは限らないでしょ。
なんで中間型が存在する、あるいはそれが化石から分かると考えるのですか
見えないところが徐々に変化し、
いづれ大進化が起こって目に見えるような変化が生じた、
そう考えることはできませんか?

6 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:01:41
>>1
>創造されたと考えるほうが理にかなっていると思いますが、
>みなさんはどう思いますか?

さっき、俺様がオナニィしながら作ったってことになぜ気づいたんだ?

7 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:02:37
>>6
おまいが創ったものは全て死んだよ、滅びたよ。

8 :6:05/01/10 22:03:55
>>7
ソウダッタノカ(´・ω・`)

9 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:04:22
この手の話はもう飽田

10 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:07:00
>>9
まぁそう言うな
迷える子羊を救ってやるのは
神ではなく俺たち科学者の仕事だ

11 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:10:59
>>10
でも、創造虫って際限なく涌いてでるな。

賽の河原ってこんな感じなんだろうな。

12 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:13:35
>>11
アメリカでは学校で教えているらしいしな
まぁ、俺たちが洗脳されてるのかもしらんし
ここは先入観なしで議論してみようか

って、1がいねぇけどなw

13 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:17:29
1です。お返事ありがとうございます。
話は変わってしまいますが、皆さんは知的デザイン説(英語では
Intelectual Design)というのをご存知でしょうか?
アメリカの最先端の科学者が十数名集まり議論した結果到達した
考えですが、細胞をミクロのレベルで観察して
そのあまりの精巧な構造を観るにつけ、それが偶然にできたと
考えるより、知的な設計者が作り出したという考えです。

14 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:17:49
>>12
つーか、カミサマが出た時点で科学理論じゃねぇだろ。
1はそれすら分ってないんだろうな。

15 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:19:07
>>13
その最先端の科学者って誰?
論文はどこに掲載されてるんだ?

16 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:29:03
あー久作うぜえ

17 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:32:03
>>13
このスレ13にして1が終わらせてしまったよ
いきなり、話題を変えるなよw

18 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:33:05
17です
ごめん、ちゃんと>>13読んでなかった。
もっぺん読み直してくるわ

19 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 22:48:26
>>18
念を入れて読む必要はねぇよ。

神の名前が変わっただけ

20 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 23:13:01
>>19

249神か?

21 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/10 23:16:41
bigbaka湯田うざいよw

22 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/11 09:15:46
>>13
その何百何千何万倍の最先端の研究者が、「創造論?プッ」という結論に至ってると思う。
原子の構造を考えれば一定の確率で生命が誕生するのも自明、そして何十億という年月があればそれが少しずつ進化・改良されて複雑化していくのも自明。
つーか創造者なんてものが存在するならもう少しうまくやるだろう。
ヒトのゲノムなんて重複しまくりだわ寄生されまくりだわ、それを創造者が作った設計図だというならこう言いたい。
それウンコがいっぱいついてるから読みにくいし落書きが多過ぎるし虫にも食われてるよ!

23 :湯田:05/01/11 09:19:44
Summerたんかわいいよぉ

24 :オカ板住人:05/01/12 01:26:49
>>1
ハイハイハイハイ。続きはこちらで。

進化論は嘘だった!創造論の世界 ヽ(ー_ー )
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1095231178/

すみませんね、ヴァカがお邪魔してしまいまして>生物板のみなさま
こっちでひきとります。

25 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/16 02:02:05
進化論に反対する教育委員会に違法判決
ttp://www.excite.co.jp/News/odd/00081105785386.html

26 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/20 23:41:36
≪地球生命の起源≫
  
UFO&ミステリーサークル パネル展示あり
新説研究発表!
ダーウィン進化論を検証―真実が明らかに!

【スクリーン上映会】
日程:1月23日(日)
時間:AM11:00〜PM5:00
場所:宇都宮市本町1番8号
    栃木県総合文化センター内
    第1ギャラリーホール
入場料:無料
交通:JR宇都宮駅下車、西口からのバスで「県庁前」下車徒歩で3分

   ※当日、写真展示やDVD上映があります。
     お茶などもご用意してありますので、お気軽におこしください。

27 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/24 01:54:11
宗教版へ誘導されたおかげで宗教版としても迷惑しているんですが・・・
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/


28 :名無しゲノムのクローンさん:05/02/09 16:33:45
>アメリカの最先端の科学者が十数名集まり議論した結果到達した
考えですが、

warota

29 :名無しゲノムのクローンさん:05/02/12 06:48:02
相対性理論は誤っている
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sci/1099926447/

20世紀最大の捏造 ホロコースト 24
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1106330266/

30 :名無しゲノムのクローンさん:05/02/26 11:19:31
「感じ、認識し、考えること、また知識を得て、推論し、熱望するのは『霊』だけであって・・・・・特別な精神的組織をもち、自分の霊が肉体の感覚器官とは別に認識できたり、全体的にまた部分的にしばらく肉体から去ることができるような人はたびたび、肉体から出る」

アルフレッド・ウォーレス 


31 :名無しゲノムのクローンさん:05/02/26 16:03:27
★☆★☆ハゲワロ速報☆★☆★

精神異常朝鮮人工作員の反乱
タイ*・゜゚・*:.。.:*・゜||Φ(|´|・|ω|・|`|)Φ||゚・*:.。..*・゜゚・*ホ!!!!!

【オフ会】皇族は全て裁判にかけ八つ裂き刑に【決定】
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1109377623/l50

頭のおかしい朝鮮人工作員が本日未明、ニュー速VIP板にこのようなスレを建てました。
内容は幼稚な日本語でまともな頭なら考えつかないような理論を次々と発しております。
非常に興味深い意見も多数残しており、「日本書紀は中卒の読み物」「朝鮮は日本を全て越えている」
等、常人にはみられない考え方を持っているようです。
既に通報者が数名現れ、逮捕は時間の問題と思われます。



こいつは進化しているのか?

32 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/12 06:01:50
進化論と創造論2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/

33 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/12 07:00:06
「蛋白質のかたまり」にどういった作用が働けば、DNAが作成され、

さらにはその命令を忠実に具象化していくシステムが、偶然に確立するので

しょうか??


しかもそれが、単体を構成するのみならず「無限連鎖」していくしくみです!


今日、人為的に、蛋白質にそういった作用を持たせることすら不可能です。

いまでこそDNAが解明されていますが、太古の昔にそういったシステムが

自然発生する確率は0パーセントです!!


34 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/13 00:11:18
33
あなたが仮定した化学進化の道筋をまず教えて下さい。文章の意味がよく分からないというか、あんまり勉強されていないような印象があるので

35 :33:05/03/13 11:28:22
>>34

4つの塩基が、数限りない組む合わせ作業の結果、偶然に創られた、と

考えるのは自由ですが、それが高度な生命体を構成する必然性はありませんし、

むしろ、その素材になるよう運命づけられていたことに対して、素朴な疑問を

自分自身に投げかけてみることが大切です!!


36 :33:05/03/13 12:46:32
>>34
>>35は誤爆です。失礼しました。

37 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/13 12:49:23
進化論を声高に主張するヤツは、たいてい馬鹿。
まあ世間の定説だから議論においては優勢でいられるし
"科学的に見える"から、そう言っとけば安心という心理状態。

この版を読んだら一目瞭然。
進化論を主張したいヤツの発言はたいてい汚い。

もう少し真面目に議論したらどうかね?
飽きたのなら、いちいち書くなよ。
便所の落書きがしたいのなら、政治思想版に行け。

38 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/13 20:04:26
>>37
( ´∀`) オマエモナー

とか、懐かしいフレーズを言ってみる。

39 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/14 02:19:37
つか、解釈が違うだけで、結局は同じ事を言ってるしな。

40 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 16:00:15
相互リンク!
http://blogs.yahoo.co.jp/timothy3005/MYBLOG/yblog.html

進化論の誤りを切る!!

41 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 23:16:53
まあ、先のローマ法王は進化論を認めていたわけだがな。

42 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/29(金) 02:15:59
正確に言うと、進化論を認めていたのではなく、進化論が単なる仮説以上のものであると認めていた。
カトリック教会においては、進化論を信じようが創造論を信じようが信者の自由とされているようだ。

しかも、ローマ法王はカトリック教会の指導者だが、キリスト教には、カトリック教会以外にも、東方教会や、プロテスタント諸教会がある。
プロテスタント諸教会は、さらにたくさんの教派や教団に分かれており、そのうち、アメリカ南部や韓国の教団(や、その影響を受ける日本の教団)の少なからずは原理主義教団である。進化論などは絶対に認めない。


43 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/29(金) 02:31:54
>>42
以前、アメリカ人女性(ハワイ出身で顔は東洋系)の女性と、
ひょんなことから進化論だの創造論だのという話になったときに、
私が、

「いや、その通り。神は7日間で生き物を創造したのだが、
その7日間とは、神にとっての7日間であり、issues devine
だから、人間にとっては、50億年くらいの時間があったの
だと思う。で、その間に神様もいろいろ試行錯誤をなさったのだ」

っていったら、すっかり信じてくれたように思う。

44 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/30(土) 00:34:05
別にアメリカ人の全部が原理主義者ってわけじゃないぞ。

45 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/03(火) 14:34:21
皆さんは創造論というのを聞いたことがありますか?
一般に日本では人間や生き物の起源が進化論によって
説明されますが、全ては偶然に発生し、アメーバから
徐々に何億年もの時間を経て人間に進化したとする
進化論に対して、創造論は全ては神が創造したと説明します。
進化論によれば魚類から両生類に進化したとされますが、
化石を見ると、魚類、両生類それぞれの化石は多数発見されているが、
その中間型の化石はほとんど発見されていないようです。
この証拠だけでも、進化論に無理があって全てはその種類に応じて
創造されたと考えるほうが理にかなっていると思いますが、
みなさんはどう思いますか?



何度読んでも、1の思考がわからない。

仮に進化論というモノがなかったとしても、突然
「(神が)創造したと考える方が理にかなっている」
という結論になる意味がわからない。

46 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/03(火) 23:37:42
神が創造したという前提でものごとを考えるとわかると思うよ。

循環論法?
そんなヤボを言っちゃダメ。

47 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/14(土) 02:20:51
>46
いや、むしろ逆に進化したという方法で考えてみてはどうだろうか。

48 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/14(土) 16:30:19
>37

進化論を声高に否定するヤツは、たいてい馬鹿。
まあ世間の定説だから否定してみせると
意外性があって相手の食いつきがいいし、
"権威に捉われない反骨の人に見える"から、
そう言っとけば俺って選ばれし者?という心理状態。

こいつらのレスを読んだら一目瞭然。
「進化論を主張したいヤツの発言はたいてい汚い」
という無根拠な罵りは汚くないとか思ってるらしい。

もう少し真面目に議論したらどうかね?
論破できないなら、いちいち書くなよ。
便所の落書きがしたいのなら、宗教版かオカルト板に行け。


49 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/14(土) 21:46:45
今、進化論に反対するには、相当の論拠が必要になるんだよ。
進化論は、神様マンセーの時代に数多の議論を勝ち延びて定説と認められるようになった。
進化論は間違っているって人が主張しているのは、たいがい100年前に否定されてるような話なんだよね。

進化論を否定したい人は、進化論についてちゃんと勉強して、今まで出ていない画期的な根拠を出してみてよ。
同じ話を何回もするのは馬鹿馬鹿しいじゃん。

50 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 23:26:48
創造論がしぶといのは

根源的な疑問について進化論は答えられないことにある。

宇宙はなぜ存在するのか?
宇宙の果てはどうなっているか? etc

故に創造論は不死身である。

しぶとく蘇り科学者の前に現れる。形を変え言葉を変えて

51 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 23:28:08
↑ 進化論→科学 としてくれ

52 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/14(火) 14:49:55
化石のことを言うなら
現存しない生物の化石が出てる時点で
創造論のほうが不利だと思うんだが

それとも神様は、両生類や爬虫類でも
気に食わなきゃいちいち滅ぼしてたのかね

53 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 22:59:14
化石って普通はできないらしい。
もしできたら数億年分の死んだ生物の数の化石が発見ってなるし、そこらじゅうででてくるわけで。
何割かは条件によってできる場合もあるかもしれないが、
化石がある場所には、場所だけでなく過去数億年に渡って集まってでてくるらしい。
おかしくないか

54 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 00:34:51
>化石がある場所には、場所だけでなく過去数億年に渡って集まってでてくるらしい。

???




55 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 03:23:05
宗教は凄いよなー。
学者が一生懸命研究して頑張ってやっと進化論に辿り着いた筈なのに、『すべては神が創造された』の一言で終わらせようとしてるんだもん。

56 :◆Cd0K8qiH8I :2005/06/16(木) 04:51:02
>>1 中間型の化石はほとんど発見されていない

化石になるのはごく希なこと。個体数の多い生物ほど化石として見つかりやすい。
中間型の生物は未だ成功者とはいえずメジャーな生物の隙間でひっそりと
マイナー集団として進化していたはずだから個体の絶対数が少なかったはず。
よって化石が出にくい。

このぐらいの推測も出来ないのですか?

57 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 18:15:37
この世のコトワリを作ったのが神だとするのなら
広い意味で生物は全て創造されたと言うこともできるだろう
プロティノスの一元論

58 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/20(月) 00:34:04
>>57
そうだとするなら、そのコトワリを知ろうとすることが進化を研究すること。
生物は神が創造されたのであって進化論は間違っているという議論は、神のコトワリをないがしろにしていることになる。


59 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/20(月) 02:34:46
神が地球を丸く(するようにこの宇宙を、もしくはこの宇宙を生み出す法則を)創ったのに、
地球は平らだ、丸いというのは邪悪な思想だとか弾圧しちゃったイタイ過去の反省ができないのが、世の宗教屋さんだろw。
神の存在を唱えれば唱えるほど、宗教を信じるものは必死に科学を学ばなければならない。

60 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/20(月) 16:37:45
中間形態が生存に不利だった場合、その度合いに応じた選択圧が働き、大進化する前に絶滅するだろう。
強力な選択圧を運良く潜り抜けた極少数の中間種が、より生存に適した表現型へと急速に大進化したと
考えるしかない。
一旦、選択圧の峠を越えてしまえば、後は安定した表現型に達するまで、自然選択の坂を加速しながら
転がり続けるという訳だ。
大進化における形態変化は急激に起こり、その後長い安定期に入ることは化石から実証されている。
従来の進化モデルではこの表現型の急激な変化のメカニズムを上手く説明できないように見える。

61 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/24(金) 22:30:17
>54
つまり「化石はどこででもできるんじゃなくて、できやすい
場所とできにくい場所がある」「できやすい場所では、いろ
んな時代の化石が発見される」と言ってるんじゃないか?
たぶん。

62 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/26(日) 20:52:43
>>59
宗教科学者って魔法剣士みたいでイカス
バチカンの天文台に勤めてる人のイメージ
サティアンにたむろってたのはイメージ違うな
殺人医師みたい

63 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/30(木) 14:12:41
orz

64 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 01:30:33
進化論を否定しようとする人の気持ちがわかりません。
渡部昇一という有名な評論家(本職は英文法史学者)も、
進化論は科学ではなくイデオロギーだと述べているそうです。
わたしが直接読んだこののある文章でも進化論には否定的でした。

ドーキンスやピンカーを読んでもなお進化論を否定しようする
人たちの存在が不思議です。べつに糾弾するとか排撃するのでは
なく、なぜ、それほどまでに神や霊魂にこだわることができるの
でしょうか、ただ不思議なのです。

65 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 01:48:27
人間が動物の延長のわけが無い、特別なんだと思わないと、
不安で不安で生きていけないんでしょ。
つまるところ、鬱病を宗教で紛らせてるだけ。
日本はそういう言う意味での宗教が少ないから、鬱や自殺者が多いんだろう。

66 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 01:56:54
>>65
なんで、人間が特別だと思わないと不安になるのだろう。
別に動物から進化したとしてもなにも困ることはない、
とつい考えてしまう。そもそもカソリック信者になるよう
な人とは根本的に世界の感じ方がちがうのかな。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 02:40:43
俺は人間が自殺していく裏で
『捕鯨反対』、『イルカ漁反対』
と叫べる神経がわからん。
『賢いから』。ザケンナ。
そんなに賢いなら地底に文明築いてるわいw

命奪ってこそ、生きれるのに
偽善ぶるんじゃねーよと言いたい。
人間で生まれたからには人間を一番大切にしろと言いたい。

つか明日からヒンドゥー教が合衆国の政権を握ったら
アメリカ人は牛肉食うのを諦めるのだろうか?

68 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 02:42:57
>>67
激しく板違い

69 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 04:07:06
>>64
進化論を言うヤツは科学的だと言うが
科学が裏付けしとるのは進化論の方より創造論の方だが

70 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 08:34:51
創造論の科学的裏付けってのがよーわからんな。説明希望。

71 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 10:26:03
>>69
創造論がよくやる、都合のいい事実だけをねじまげてとりあげ、都合の悪い事実は切り捨てるという手法は科学的とはとうてい言えない。

72 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 18:29:47
神が創造したってすれば矛盾するところが無くなるよ

根拠が無いのに進化論を科学的とする方が不思議です

73 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 19:27:23
その神ってのはイキモノなの?違うの?

74 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 20:01:41
>>72 それがアリなら「オレが創造した」ってのもアリだわな。
全く無矛盾だが、神が・・・ってのに比べて何か問題あるか?

75 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 21:59:14
 何だって出来ちゃう神様がいます。
 さて、神様に出来ないことは何でしょう?
って問題があったよね。

「全知全能の神」という設定にそもそも矛盾があるんじゃないの?

76 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/02(土) 03:30:39
偶然でも選ばれたわけでもない、神が創造しただけ。
君達のDNAに神が宿ってるんじゃない。

77 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 01:26:38
>君達のDNAに神が宿ってるんじゃない。

文章でこの表現は、「宿っている」ことを肯定したいのか否定したいのかまったく不明。

78 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 01:36:45
すごいですよね、DNAが出来上がる確立って0%なんでじゃって。
宇宙の年齢分あったって出来ないってことらしいんだけど。
しかも、大ー昔に素材はいろいろあったっだろうその中からなんで
たんぱく質を選んでそれを高度に発達させたってのも疑問だし。

しがも、地球が出来上がってまもなく生命が出来がことを考えると、ばらばらの
パソコンを箱の中で一か八か1回振ったら出来上がってたそんな偶然が起きたようなもの。
しかも、こんな未来を見据えたプログラム組めたってのも疑問。
だから確立は0%なんじゃって。

79 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 01:41:31
>君達のDNAに神が宿ってるんじゃない。

たぶんそれは、「宿ってると思うよ」ってことじゃない。

80 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 02:42:42
>>78
誰がどんな計算に基づいて0%なんて数字を出したんだよ。

81 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 11:33:36
宝くじで一等賞が当たるってのは、当たった本人にすれば
「奇跡に近い偶然」なんだけど、「どこかの誰かに当たる」
ってのは必然に過ぎん。不思議なことでも何でもない。

82 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 20:26:08
アメリカじゃ46%以上が神が〜のほうを信じてるみたいだな

83 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 20:58:24
アメリカのファンダメンタリズムってのは、ハナシとしては
面白いんだけど。46%ってな数字を出されると「ホントかな」
って気もするな。そういう印象を強調するようなデータもある
だろうけど、「そうでもない」というようなデータもありそう
な気がする。いまは原理主義が勢いづいてるってのは事実なん
だろうけど。

84 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 23:44:10
アメリカは、賢い人とバカな人の差が大きい気がする。
これも本当かどうか分からない数字だけど、5人に1人が読み書きできないっていうし。

だから、>>82みたいに言われても、同意できないや。
「全米が泣いた」っていうのも胡散臭いしなあ。

85 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 08:02:30
米人「神がいるってことにしないと、今までやってきた正義の立場がないじゃないか」

86 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 17:33:02
>>78

創造論者お得意の意見  ヾ(@^0^@)ノ わはは

実験室で無機質からアミノ酸が出来た実験があるのに
脳内消去ですか www

87 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 17:35:58
そうじゃない。

?←つけない。


88 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 18:12:20
新化論に創造論かぁーーーーーーーー!。
何が科学的真実で、何が非科学的な迷信と信仰か、理解出来る知的能力がある者のみ、理解する。

創造論っていってもなぁ、「有神説的創造説」と「科学創造論」、二種類しかないだろ?。
この両者を、無分別に混同するやつがいるから議論に困るのよ。
もちろん、神が科学的に地球の全ての生物を創造するなんていう信仰、非科学的なヨタ話だしな。

地球太陽系外からの人間型知的生物が、科学的に創造したって考えの方が、オカルトにはならずに済むわな。

89 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 18:13:36
>地球太陽系外からの人間型知的生物が、科学的に創造したって考えの方が、オカルトにはならずに済むわな。
その生物が、どうやって発生したのかを考えると…。

90 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 18:15:41
いいじゃん、宇宙は始まりも終わりも無く、ただ無限だからってとこで。


91 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 18:17:27
人工生命を人工生命が創造した・・・・。無限の無限の無限ゆえに無限できりがなくて。

92 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 18:22:39
議論もまた、きりがなくて・・・・。
過去から現在から未来への時間の無限性なんて、考えても理解出来るか?。
無から生じたよ〜ん!ドッカーン大宇宙論でも、一神教徒の生み出した信仰の一部だぜ?。

空間の無限性なら、訓練しだいで意識的に感じることが出来るようになるだろうけどさ。
うんうん、森や山に言って、デッサンでもしましょう。言語や数字だけでは理解出来はしないしな。

93 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 23:43:30
アメリカでは進化論教えたら懲戒免職の上、刑に処せられる州もある

94 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 00:02:48
進化論で免職うんぬんって1920年代とかじゃなかったっけ?

95 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:26:37
モンキー裁判やってた時代の話だろ?。
新化論も、適応化したり変化や改善すること、新しく前進するとか進化するっていう思想としての影響はいいんだけど、偶然とか自然選択とか突然変異で進化するなんて、すごく非科学的な信仰だしな。
文学とか思想とか哲学に進化っていう概念を用いるのは好きだけどさっ。

96 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:28:52
このスレに、諜報職員でもキター?(笑い)。

97 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:35:56
ミ〜ッシングリンク♪ もう見つかった?。

質問A:「神と霊魂を信じながらなぜ同時に進化論を信じるんでしょうか?」
質問B:「神と霊魂を信じる人たちと、進化論を信じる人たちとの間で、どのような融合と統一政策が分業されてきたのでしょうか?」
質問C:「日本の進化論者が、“霊長類”っていう考えを持つのは、単なる比喩でしょうか?。それとも、オカルト思想の影響を科学の分野にも思想的に融合した結果なのでしょうか?」

98 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:51:03
投機屋の銀行家たちと密教ファシスト組織の国際分業〜♪。
ペーパークリップ計画〜軍隊でもやってまふぉ! おれたちゃぁ宇宙人だ♪
 魂の宇宙的転生修行を終えた〜♪ 神は人の内にも在る〜 霊性の進化だよ〜ん♪
 公式出現はもうすぐだ〜霊的ネットワークを完成させまひょ。

引用脱線だな・・頭痛が・・ぐえっ!。

99 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:57:39
>>95
>偶然とか自然選択とか突然変異で進化するなんて、すごく非科学的な信仰だしな。

どこが非科学的なんだよw。
勝手に脳内で非科学的な進化論を作り上げて、
進化論は非科学的だというのは、良くあることだけどな。


100 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 12:59:19
まあ、オカルトに対抗できる科学的真実が進化論にあれば、オカルトと進化論の非公式な融合と統一が起こらなくてすんだろうけど。
巷の大衆文化を研究してみた?。融合型思想や哲学なんて、あまり多くはないとしても、確実に広がりつづけているよね。
ミッシングリンクを埋めようと、中途介入説まで捏造して、神と霊魂とダーウィンと異星人説を融合統一してる人もいる。

101 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 13:02:26
猿まで進化した生物に、異星人が遺伝子工学で人間を造ったっていう信仰が、中途介入説だったなぁ・・。
この中途介入説は、進化論を土台に作られていましたが・・。

まぁ、進化論者っていっても、いろんなタイプの思想や哲学をお持ちなんでしょうね。

102 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 13:06:30
このスレはシュピネーデ?。蝶が蜘蛛の巣にひっかかった〜♪ 食われます〜♪。

103 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 13:08:55
質問A:B:C 誰か答えてよ〜。無理無理〜ぃ。

104 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 13:12:39
この種の議論で、相手にハッキングされたことあったなぁ・・・。
少しネットストーキングされたこともあったなぁ・・・。
今もかなぁ・・・。相手はプロの諜報職員だったのかなぁ・・・。
単なる民間人だったらましかな・・。

105 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 13:28:33
有神説的創造説にも進化論にも、両者ともに限界がキター!。
そこまでのことですよね。

106 :進化と退化二種類に分かれる 二極化の完成:2005/07/06(水) 14:18:32
↑ブラックホール説とかビッグバン説とかと同じだなぁwww。危うしビッグバン!!とか(笑い)。
 銀河団、大規模銀河団、まるで巨大な生物の細胞のような。

科学創造論だと、実験室の中で人工DNAの合成創造が今この瞬間にも進行中。
人間の知性による計画的な人工生命体の創造に向かう。
インテリジェンスドデザインか。デザイナーズボディもいいなぁ。
進化論者は、それは進化論モデルの人為的再現だと信じてるけどね。
でも、自分で創造してるとは、気がつかない。完全な外的介入じゃないか。
その技術進歩が楽しみだね。人間型人工生物も造れる時代が来る。
地球の生態系を再生復活したり、管理したりとか。絶滅種とかも。
種の改良と修整もいいね。
テラフォーミングの時にも技術が使えるし、別の太陽系でも使えるね。

サイボーグ技術に遺伝子工学にナノテクに宇宙工学技術に。
知性の優れた真の天才科学者たちが、神と霊魂と自然選択-偶然-突然変異-に頼るなんて、しないだろう。
有神説的創造説者も進化論者も、進化する時代からおいてかれて取り残されていくしかないし。

107 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 14:42:06
>知性の優れた真の天才科学者たちが、神と霊魂と自然選択-偶然-突然変異-に頼るなんて、しないだろう。
なんで、それを一緒くたにしてるのかが意味不明。

108 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 16:10:31
それは、進化論者の科学者であっても、内心では神と霊魂を同時に信じている者たちも多いということでしょうね。
表向きには神と霊魂を否定する役割を演じて、個人的には信仰を続けるとか。
科学の場に、個人の信仰を持ち出して議論することじたい、有る種のタブーとしてまだ残っているからかな。

神と霊魂を信じる進化論者と、神と霊魂を信じない進化論者の溝?。

109 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 16:14:38
自然の法則を持ち出して科学の進歩を非難し阻止する時には、多くのオカルト信者も多くの進化論者も、「神」という言葉を共有してしまう。
自然の摂理と神への挑戦だ、倫理に反する犯罪だ、とかってね。

110 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 16:32:46
進化論者でありながらどうして、神や霊魂を同時に信仰してしまうのかな。
不足した個所を埋めるために、人間原理宇宙説とか神と霊魂への信仰の再帰属化とかを長期継続している、融合統一系のオカルティストと進化論者・・。
定説では、進化論って、神や霊魂などの迷信を否定する強力な科学的理論ではなかったっけ?。
でもそれは、秩序だった系統的な生物の分化による異化と多様化について部分的に説明出来るだけで、全体としての起源への科学的理解を示したわけではなかった。
進化論は、あくまでも部分的にのみ正しいだけで。それ以上のものではない。


111 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 16:51:57
文章が支離滅裂で、何が言いたいんだかわからんw。

112 :猿の惑星:2005/07/06(水) 17:05:23
二つの種類の進化論者にむかって、この質問は、痛くて本質を突きすぎるよww。
大学の先生に対しても、こんな質問するとどうなるんでしょね。
結局、科学創造論に対して、科学的反駁は無理だったよねw。

113 :猿の惑星:2005/07/06(水) 17:06:51
学習不足ですらに。

114 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 17:24:52
だから、ビッグバ〜ンを信じるみたいに限界 なんでしょ?。

115 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 17:53:52
>>108-110
進化論は純粋に科学理論の一つであって、それ以上でもそれ以下でもない。

科学理論として進化生物学は極めて強力で、数々の証拠に基づいて確固たる
地位を築いてきた。進化論を根本的に否定するような科学的証拠はいまだ
見出されていない。現代生物学は、すべて進化論のコンセプトの上に築かれ
ていると言っても過言ではない。その意味で、進化論は相対性理論と並び
称されるほど重大な科学理論であることに疑問の余地はない(現にアメリカ
科学アカデミーは、本部の前庭に、現存のアインシュタインの銅像と対に
なるように、ダーウィンの銅像を建てることを検討中だ)。

しかし一方、科学理論であるところの進化論は、厳密には、科学の領域外の
問題である世界観・形而上学を、一切規定しない。そこを誤ってはいけない。
科学理論としての進化論は本来、無神論的・有神論的な世界観いずれとも
摩擦なく共存しうる。科学理論としての進化論が唯一要求している形而上学
は「方法論上の唯物論」(methodlogical materialism)で、これはむろん
全ての科学理論が共有する要請だ。


116 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 17:54:15
(つづき)

進化論が、無神論的な世界観あるいは形而上学(metaphysics)の上にのみ
成り立ち得る、あるいはそれを強く示唆していると自動的に仮定すること
そのものが実はナンセンスなのだが、殆どの人は自分がそのような大前提に
立っているということにすら気付いていない。Dawkinsなどは、そのような、
大衆が持っている無意識の大前提(この前提そのものは科学の外にある)を
巧みに利用して、進化論が無神論的世界観の最終証明であるかのように論じて
いるが、じつはそれは単なる循環論法なのだ。

欧米の職業生物学者には、真摯な有神論者(ユダヤ・キリスト教徒)も多い。
実際、統計によれば、アメリカの職業生物学者のうち宗教を信仰する者の
比率は50%強で、一般人口のそれとほぼ同じである。彼らは決して自分を
欺いているわけでも思考停止しているわけでもなく、彼らの中で、有神論的
世界観と進化論とは、互いに完全な整合性を持って共生している。

なんとなれば、「神は進化論的プロセスを用いて諸生物を創造したもうた」
のであり、その神の業の詳細を紐解くのが進化生物学なのだ、という認識
である。「Evolution is God's way of creating living things」という言葉
には、彼らの中で、論理的にも直感的にも全く矛盾が無い。

117 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 17:55:12
つまりさ、神と霊魂を信じてる進化論者と、信じてない進化論者が、大々的に公開された公の場で互いに議論し会ってみると、どうなるかとかさ。

「なぜある種の科学者は、進化論と神と霊魂を同時に信じるのでしょうか?」
「進化論を信じる科学者が同時に神と霊魂を信じることで、進化論は致命的な矛盾を抱えていると、外部から疑われるではありませんか?」
「非科学的な蒙昧主義に対する決着をつけるためにも、科学議論上、どちらかにしましょう。私たち科学者には責任が有る。進化論か、神と霊魂への信仰か」

118 :猿の惑星:2005/07/06(水) 17:59:58
やっぱり俺たちには、オカルトも進化論も必要なんだよな、とか?ww。

119 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 18:11:46
その昔、ヒトラーもまたオカルトと進化論を融合した教義を各分野の組織の師から教わり、その分業を成し遂げた。
そこを押したらどうなるのかな?。押さないけどw。

有神説的創造説とオカルトと進化論が融合され結びつくと、政治的宗教的な何かのきっかけで、狂信的危険性が倍増するんだよね。


120 :猿の惑星:2005/07/06(水) 18:26:24
つまり、非科学的な蒙昧主義ってのは、潜在的危険性からは逃れられない・・。
その危険性を温床に抱えながら、または隠しつつ、自己矛盾しながら、耐えなければならない?。

121 :パンピー:2005/07/06(水) 19:07:07
進化論とオカルトの有神説的創造説の共生?。
ここまでくると、その両者の関係性は、擬似科学にしかみえない・・・。

122 :パンピー:2005/07/06(水) 19:10:14
前ローマ法王までが進化論を支持した?となれば、なおさら、文化政治的に何が進行してることやら。

123 :パンピー:2005/07/06(水) 19:14:37
神と霊魂のオカルトもダーウイニスムも拒否し、共有を強制されてもその蒙昧主義の教えに従わず、科学的創造に理解を示す異端者の方が、知性的だとおもう。

124 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 19:30:15
>>106
若いねぇ。

>>116
生物学者に限らないが、代表的科学者の過半を占める欧米人が
比較的穏健な、キリスト教という宗教の教徒でよかったと思うことあるよ。
研究者がみんな、韓国みたいに摂理を無視してたらどうなっていたか。

125 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 20:03:13
>>115&116

問いに対する説明は出来てるけど、科学的反駁には全くなってないww。
しかたないかぁ。進化論者者もオカルト信者も、科学の世界でオカルトと進化論を切り離すなんて、土台無理だしね。
思想言論の自由と同様、信教の自由も民主主義社会では一応保証されてるわけだしww。

126 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 20:05:16
進化論が「論」なのは(つまり「進化の法則」ではない)、それ
が再現不可能なもので、基本的には状況証拠から推定したという
もの以上ではないということ。もちろん、ある法則を前提とした
コンピューターシミュレーションというのは「再現」ではない。
だから科学の立場は「それが事実だ」というものではない。ただ
、それが「大筋では妥当と思われる」というだけ。で、漏れも「
おおむね妥当だろう」と思ってて、これは一種の信仰と言えなくもない。
創造論については、「妥当と思われる根拠に欠ける」と思う科学
者が多いというコトでしょ。だからどっちも「論」以上のモンに
はなり得ないんだけど、少なくとも漏れは「創造論が妥当」と思
われる根拠というのが思いつかん。なぜなら思考の前提に「神の
存在」というものが無いから。



127 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 20:10:04
いや、「神の存在」を持ち出さなくても、理解可能じゃない?。

128 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 20:12:51
理解出来る人間。理解出来ない人間。各自それでいいじゃない?。

129 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:37:13
別に創造論と進化論と対決するのは最初アダムを〜ってところだけだろ
人間以外は競争原理で進化していったとすれば問題なし

130 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:44:54
別の太陽系からキター!科学者たちが、人間を科学的に創造とかね。
最初を追求しても、無限すぎてきりがないってところか。

131 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:46:26
その昔、地球上の全ての生き物を実験室の中で、人工的に合成創造するか。

132 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:52:06
進歩する科学技術の使用で、これからもはっきりと証明されて行くでしょうね。
CGバリバリのSF映画を見慣た人たちには、何が事実かも区別できない情報の洪水の中で。
勿論科学的創造論なんて、いつまでも理解しなくて認めない多くの人々もいるわけで。

133 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:57:06
>>129
まぁそのへんは比喩なんだ、ってことでいいだろ。
あと競争原理はちょっと違うと思うな。

134 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 21:58:56
進化論者と神を信じる大多数派が、将来公式出現するであろう代理者たちの分業によって、進化論と神がかりなオカルトの公式的な融合統一政策に合流したり。
それ以降も、科学創造論者と、それに対立するオカルト進化論者と進化論者とに分かれて行く。
二つの間の意識的知性的な進化と退化の二極格差は、もう誰にも止められないし、後戻りも出来ないでしょうね。

135 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:02:03
>>133
比喩表現ってのも、いろいろな機能があるんだよね。便利だし。

136 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:03:30
神の箱庭でいいじゃん

137 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:04:09
ポエジーって方法もあるよ〜。

138 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:04:53
ああ・・詩的だわ。

139 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:08:02
あ、だから彼らは、画家を選んだのかな?。いや、これは偏見か。

140 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:08:51
詩人にも画家にも、科学的な意識と知性を持った人はいるわけだしね。

141 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:10:08
比喩をあくまでも比喩として楽しんでいれば、それでいいと思うしね。

142 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/06(水) 22:15:19
よくわからんのだが、創造論ってのはつまり、生物というのが
生物以外の「何者か」によって設計され、作られた。生物自身
は進化しないというコトでいいわけ?あるいは最初に「何者か」
によって作られたものが、その後それぞれ進化したというハナ
シ?

143 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 02:43:51
>>116
それって、ある一つの世界観を肯定したり否定したり
することは科学の仕事ではない、ということだよね。
もちろん言いたいことはおおよそわかるけど、真理の追求
という科学の役割を考えてみた場合、違和感を感じる。

神抜きで進化論が成り立つ。そしてあなたの議論では、神が
いても進化論は成り立つ。でも、神の由来を説く人はいないわけだ。
神ってやつはスーパーナチュラルシングだから、それで説明
は終わってしまう。いっけん超自然にみえるものでも、その
メカニズムを探っていくのが科学だとすると、神が出てきた時点
でそれを打ち止めにしてしまうのは、すこしばかり納得がいかないな。
別に信仰を排撃するつもりはないけど、神の存在を信じる人は
なにを根拠に信じているんだろう。進化論のせいで神の御業が
なくても世界は説明できるのだから、自然の驚異は神の存在証明
にならないし。

144 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 08:08:19
世界を説明できるのは人に知性があるから。
神の存在は人の知性の由来を説明する。
科学=結果論
信仰=目的論
という違いはあるが、同一の自然の摂理について語っている。

145 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 10:21:25
ポエムにマジレスカコイイ

146 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 12:58:01
>>116>>なんとなれば、「神は進化論的プロセスを用いて諸生物を創造したもうた」
のであり、その神の業の詳細を紐解くのが進化生物学なのだ、という認識
である。「Evolution is God's way of creating living things」という言葉
には、彼らの中で、論理的にも直感的にも全く矛盾が無い。

残党の一部と思われる秘教的密教ファシスト組織も、同じことを説いてたな・・・。もうだめだなこりゃ。
やっぱり、一応は科学に関する思考研究機関を持つローマ教会だが、どうみてもグローバルに融合と統一の文化政策だな・・・。
将来は確かに、宇宙人を自称するハイソの代理者たちに合流して、思考“統一”する可能性が高いようだ。
神と進化論を組み合わせて、論理的なわけがないしww。


147 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 13:02:58
偽キリスト偽弥勒(組織からダブルネームを授けら、育成されし同一人物)に注意せよってところかな?。

148 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 13:18:10
融合的な狂信増強に対して、神や霊魂を信じない進化論者が、そのoccultとoccultationに対抗し、人類を非科学的狂信による精神汚染から救えるかどうかだよね。
occult(自然神秘主義 密教)。
occultation って、掩蔽、姿を隠すことだそうで。今もハイソは姿を隠しているってところかな? 公式出現への準備を長期継続しながら。

まあ、誰にも未来なんて予知できないし、予言できない。これは、現実の世界情勢や文化を研究した上での、ただの予測でしかないな。

149 :wwぁ:2005/07/07(木) 13:31:35
彼らもポエジァを用いて、生物学上の進化や、神と魂や、霊性の進化とかを説いている。
かなり詩的な方達だったけど。魂と霊って概念?、日本語では同じ意味だそうで。結局彼らは魂の宇宙的転生修行と進化って考え方だよね。
彼らも、生物としての進化を認めつつ、神と霊魂を認めている。

非科学的ポエジァってのが、有るんだよww。


150 :エゼキエル:2005/07/07(木) 13:47:44
その昔、まだ科学が無かった時代の人々が、進んだ科学技術を駆使する別太陽系から来た宇宙飛行士を見て、それを神に由来する自然神秘現象と錯覚する驚きをば。
天から降りてきた人々を、生ける神だと信じることしか出来なかったとか、無かったともいえないからかな。

現在で最も未開な地に住む人達の間に、現在の様様な科学機器を見せたら、似たような反応が返ってくると。


151 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 14:05:58
その昔の、別太陽系から来た、高度な文明を持った宇宙飛行士
はいいんだけど、要するにそいつはイキモノなんでしょ。だっ
たら、生命の起源というコトになった場合、やっぱり「そのま
たず〜っと昔、これまた別の太陽系の〜」ってのが続くわけ?

152 :エゼキエル:2005/07/07(木) 14:10:45
中途介入説と、科学創造論を混同したらいけないよ。彼らは中途介入説も、融合してるんだから!。

前者は、有神説と進化論に基づいて造られた一説。「自然選択や突然変異、偶然の蓄積により進化してきた猿に対して、異星人が遺伝子操作を行い人間を造った」。
つまり中途介入説は、猿と猿以前の生物の起源を科学的人工生命であるとは定義してない。

後者だと、「過去、外宇宙から来た知的生物が、地球上の全ての生物を実験室の中で科学的に合成創造した。最後に、自分達の姿に似せて、人間を造った」。

153 :エゼキエル:2005/07/07(木) 14:15:44
>>151
きりがない話だよね。ほとんどの人は、始まりと終わりを定義しないと、安心しない。
常に、宇宙に限界を授けたいとってところかな?。
宇宙が物質的にも時間的にも無限だっていっても、それは一神教の原理に反するし。

154 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 15:49:24
仏教とかだと進化論じゃね

155 :うんこ:2005/07/07(木) 17:15:58
そういえば仏教徒の場合、万物宇宙に対して無始無終って考え方だよな。神と霊魂も否定するし。
巷のエセ仏教は別だよ。

156 :うんこ ぶりぶり:2005/07/07(木) 17:18:35
仏教徒でも、進化論を否定する人たちと、進化論を支持する人たちがいるんだな、これがぁ。

157 :うんこ投げ:2005/07/07(木) 17:26:15
どちらが真の仏教徒か・・・・・・。

158 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 17:30:43
輪廻繰り返すうちに昇格して〜って感じじゃないの
出来が悪い霊魂は動物や木にされたり

159 :うんこ投げ 手元狂う:2005/07/07(木) 17:36:16
そういうのを信じている、神秘主義的仏教徒もまだいる。
でもその種の考えは、科学的哲学じゃないしな。

160 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 17:41:03
仏教でも、人間以外の下等動物は、群魂って一纏まりにしてるところもある。

161 :うんこ投げ 手元狂う:2005/07/07(木) 17:44:53
いかなるものも ただ 風の前の塵に同じってところで。

162 :うんこ投げ 手元狂う:2005/07/07(木) 17:46:30
オ○ムは神秘主義のエセ仏教だったけどな。

163 :うんこ投げ 命中!:2005/07/07(木) 17:48:28
真の仏教徒が、神がかりなオカルトにも進化論にも対抗か。

164 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 18:14:53
昭和天皇の御机の側にあった棚にはダーウィンとリンカーンの胸像があったらしい。

165 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 12:20:50
真偽が分からない話があったな。高野山の深くに、仏教と多神教とキリスト教を融合した密教一派がいるとか、右翼の精神科医と文化人が著述してたねそういえば。
戦後、ナチの人がドイツから日本に来たとき、入学したい?とかで、でも門前払いされたとかという話を読んだことがある。

東西宗教と進化論の非公式な融合を、結婚式として比喩的に指摘してたけど。この種の情報に対して深入りするとヤバイ感じね。
だって、ある組織を通じた国際間の裏の政策だもの。文化と政治の分業は奥が深いものだし。
長い間、私達には秘密にして準備してきたんだろうしね。
世界的な銀行家集団と軍需産業と、伝統的な宗教権力と諜報機関も結託しているし、文化と政治の裏表なんてまあ変わらないよね。

ダーウィン先生はマルサスの人口論を読み悪影響を受け、相手を死に至らしめる程の激烈な生存闘争と競争の進化論原理主義を生み出した。
それは、生物観察からも確信したことだそうだ。戦争と支配、搾取と略奪の帝国主義的シニシズムの極みみたい。
でも、現実の全ての生物に、その愚人的な暴力的な進化論原理主義は当てはまらない。

マルサスからダーウィンからゴールトン優生学(親ナチズム)の歴史っ。

166 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 12:36:35
ダーウィンの息子レオナルドも、ゴールトンを支持してたんだよね。

ゴールトン優生学は性差別を含めたあらゆる人種差別を、社会の道徳と倫理や秩序によって科学として合理化する基礎になった。
そしてその社会の道徳と倫理や秩序とは、実際は単に宗教の道徳と倫理の社会的な共有分配と義務強制化でしかなかった。
優劣と病気の捏造と生命の選別、強制入院、強制断種政策から強制安楽死政策(T4)、アウシュビッツ、そして長期継続。
第二次世界大戦以後表向きには弱まったとはいえ、この種の優生計画は、精神医学、世界的医療の一部となった。
ペーパークリップ計画以降、軍隊では何が継続されてきたことだろうか?。
アトミックソルジャーによれば、1951年にペンタゴン内部にナチのアウシュビッツを彷彿とさせる「人間資源局」が設置されている。
人間を利権のための資源と見なし、生産と消費を徹底して実行し管理運営する。

それに対抗できるとすれば、個人の選択的改善優生学しかないでしょうね。


167 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 12:41:01
一神教原理主義に進化論原理主義か・・・ww。

168 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 12:57:07
ダーウィン的ゴールトン優生学なんて、右翼も左翼も中道主義者も、熱狂している。
イデオロギーを超えてる共犯だしね。

169 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 13:03:07
諜報機関職員も、科学創造論者の個人情報を欲しがってますからね。
さらして潰すか、後々の宗教裁判で叩くかするだろね。

170 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 13:04:50
すでに 漏れ じゃねえの?。ハッキングされてるかもな(笑い)。 

171 :ぷっ!:2005/07/08(金) 13:08:30
サヴァン症候群〜♪。←違うって!。
創造論と進化論の議論、釣りだよ。統合失調を狙うほうが利点がある。

172 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 17:50:36
多神教なら
キリスト教みたいな創造神もいる
箱庭で進化させて観察してる神もいる

で、済む話

173 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 18:52:52
世の中暇な人たちがたくさんいるんですねー。

174 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 18:56:14
もちろんいます。あんただけではない。

175 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 15:46:32
ここにいる人間の約半数は初等教育を修了していないと見たっ!!!

176 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:14:20
ウィルス進化論よりすぐれた理論ってあるの?

177 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:26:24
アメリカのSF読んでると、人間は本当は他所の星から来て、みたいなのが
よくあるみたいだね。もうちょっと“科学的”だと“生命”は他所の星の
科学者が来て云々とか。要は神様が宇宙人になっただけのような気がするんだが。

今、グレッグ・ベアの『ダーウィンの使者』って言うのを読んでいて、
(この作品の仕掛けはウイルス進化論)
これには宇宙人は出てこないんだけど、「進化をプロデュースする
何者かの意図」みたいなものが想定されているらしくて、そうなると、
一種の創造論だよね。

一応は“科学的”であることを標榜するSF作家たちでもキリスト教の伝統からは
逃れららないということかな?

178 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:26:39
ウイルス進化論は面白いがトンデモだろ。

179 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:33:06
>>177
SFはSFだろ。妄想を科学的っぽく書くだけ。
進化は偶然の変異と環境による選択の結果です。何の意図はありません。
なんて話が膨らまない方向で書いたら、そりゃ凄いだろうが。

180 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:46:50
>>178
そなの?
オレが思う進化の要諦
・限られた時間内(短時間)に多数の固体(一斉に)で一気に(進化の幅)
これがないと種として継続されないんだよね。
最後の大胆ってのは、機能をさしてます。
目や耳は、不完全な進化途中のものは全く邪魔なだけだから、
一気にできたと思うんだ。
ウィルス進化論だとこの条件を完璧に満たすんだよね。


181 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:48:43
>目や耳は、不完全な進化途中のものは全く邪魔なだけだから、
>一気にできたと思うんだ。
が勘違い。

182 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:52:13
>>181
ダメな理由を教えて

183 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 00:56:11
不完全な進化途中のものも邪魔ではないというだけのことです。

184 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:02:30
ウイルスが進化を起こす主役だって言うのは言いすぎだと思うけど
(そこまで言うからトンデモとか言われとるんだろうが)
「沢山の突然変異の中から自然選択で」っていうのと
「ウイルスによる沢山の水平遺伝(これ自体は認める人が多いようだ)
の中から自然選択で」っていうのと、どう違うの?

遺伝子が変化する理由がひとつ増えるだけなら、どうということは
ないと思うが?
(どっちにしろ、俺的には本当にそんなことで進化できるのか?
って疑問に思う程度は同じだけど、だからって創造論を信じる気
にもなれない)

185 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:03:33
目は神経系が、発達・進化して光りを感じる器官になって
光りを認識するに至ったなんて説明されてるけど、
そんなことありえないよね?
というのは、緩やかな進化論では上記の変化は幾世代も経ておこることになるけど
幾世代も全く優位性のない進化(変化)が選択され続けて、器官ができあがる
ということになる。

>>183
不完全な進化途中のものが邪魔でないというのは
現代人の驕りだとおもいます。
生物にとって、栄養、エネルギーを消費するものは機能しないとだめなんです。
運動しないと筋肉が落ちて、脂肪がつくのはなぜでしょう。

186 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:07:13
>>185
>機能しないとだめなんです。
機能してたんですよ。

187 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:09:49
>>186
進化途中の器官が機能してた?
煽りですか?

188 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:14:05
最低でも生存に中立な程度には機能してたでしょう。
翼の例が良く引き合いに出されるけど。
もう少し勉強することをオススメする。
まぁ、その辺のありがちな疑問をすっぱり綺麗に解説した本って、
ないんだろうかと思って探してるけど。

189 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:14:32
>>184
種の爆発などの、生物の多様化する時期の説明がうまくできる。
この時期、地球に彗星がいくつも接近したんだ。


190 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:18:03
そういえばあのファーブルがダーウィンに手紙を書いたという話
何かに載っていた。主として狩人蜂に関する行動だと思ったが、
さまざまにプログラミングされた複雑な行動が一歩でも狂えば
幼虫が育つことが出来ないようなシビアな種が結構あって、
そうした行動が進化によって生まれたとは思えないという話だった。
ダーウィンから返事は来たらしいが、ファーブルが納得できるよう
なものではなかったみたいだ。
(とはいえ、二人は実は親交があり、同時代の学者の中でファーブル
を高く評価していたのはダーウィンだけだとも言う)

191 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:23:19
>>190
固体でも奇跡なのに
花と昆虫なんかの関係で全く1種類の相手を選んで共生する種は、
同時期に一気に相互依存の進化を開始・終了させないと次世代が
ないなんてのがいるぞ。
この場合、ウィルス進化論+神の意志=創造論じゃないと説明できないのだが。


192 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:51:03
生物がいま持ってる目が一番完全なパーフェクトな進化最終系だと持ってる奴?

創造論者は、今の生物界が最善の最終形態だと思ってるんだな・・・。
もう新種も生まれて来ないんだろうな・・・。

193 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 01:53:19
>>192
だれもんなこと言ってないよ
バカ?

194 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:09:39
>>187
いやまじで機能してたんだよ。光をまったく感じることができないより
光がちょっとでも感じることができるほうが有利だった(=機能している)
わけ。

そもそも「進化途中」って何? 進化に途中も完了もないんだが。

195 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:10:36
>>188
Dawkins の Blind Watchmaker じゃだめ?

196 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:46:35
>>194
貴方は紋切り断定型ですね。
B型ですか?

光を感じるまでに神経が発達してるが、光を感じられない状態があったに決まってる。
というか、そういう前提できいてるのに、機能してたって?
むしろ中途ハンパな状態はなく、光を感じられる状態までいっきに進化したと言ってもらった
ほうがすっきりする。

進化途中は、ものを見る機能にいたる途中過程のつもりで使いました。
間違っているでしょうか?
進化には途中も完了もないんだが・・・何故断定できるのか不思議です。
完了はわかりませんが、途中は明らかにあるでしょう。
人類が将来進化するとしたら、今現在は明らかに進化の途中といえると思いますが?
将来進化しないなら、今はおそらく進化の完了状態ではないですか?

197 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:54:02
根本的に進化の概念を理解できてないな。

198 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:55:52
>>197
だから、そういう否定じゃなくて
こうこうこうだからお前の言い分は違うといってくれ

199 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:57:31
ちなみに進化が種の分類上の変化だっていうんなら
聞きたくないです。

200 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 02:59:02
>>193
言ってるじゃん(w

201 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:00:14
>>200
どこで?

202 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:10:06
>>198
とりあえず目が、目になるために進化してきたと思ってるところが間違い。
目レベル1(光も感じ取れない不要の器官)
目レベル10(光を感じることができるようになった)
目レベル99(ついに目が完成!)見たいな話では、全くないんだよ。
そういう考え方をしてるから、目レベル1から98は無駄で、
一気に目レベル99になったほうが良いと考えてしまう。

203 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:21:06
>>202
目が目になるために云々なんて思ってないよ。
誰がそんなこと言った?
ただし、今の目をLv100だとするとおそらくLv1〜Lv99もあっただろう
というのは自然な考え方だと思うし、それが一般的進化論でしょ。
長い時間(世代)を経てゆっくりとレベルアップしてきたと。
その論理を支える、淘汰の考え方だとLv1〜Lv9は他の固体Lv0に比べ
利点がない状態といえる。Lv10は確かに有利なんだろうけど
Lv1〜Lv9がLv0より有利だと説明しないと淘汰の理論が適用できない。
できればLv0<Lv1<・・・Lv8<Lv9で説明できると、納得せざるをえない。
だからこの部分を説明してよ。

204 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:27:39
>>203
だから、今の目をLv100とすることができないってこと。
それぞれの段階で、それぞれの器官は、それぞれの役割を果たしていた。
ただそれだけのこと。絶対的な優劣はない、レベルなんてないんだよ。

205 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:27:43
>>202
良く読むとLvUPではないって書いてあるな
何が言いたいんだ?
誰か他に人いたら202が何いってるか解説してください。
良くわからんorz

206 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:31:40
>>204
あほか
優劣の話しなんかしてない
話しをはぐらすだけで全く議論してないじゃない

>それぞれの段階で、それぞれの器官は、それぞれの役割を果たしていた。
これこそ途中がなくていきなり機能を持ってるといってるんだぞ
お前、えらそうにしてるけど池沼だろ?

207 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:35:04
駄目だこりゃw。

208 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:37:47
>>207
うっさい論点ずらし
ブサヨか?

209 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:39:44
物を知りたいなら自分で学ぶか、相応の態度をとれよ、礼儀知らずが。

210 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 03:54:00
>>209
あのさー
自分のレスよく見てみて
こっちの質問にはなんにも答えず、えらそうなこといってレッテルはって論点ずらし。
典型的なサヨクみたいだよ。
たぶん知識もたいしたことなさそーだしもういい。


211 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:26:38
> 光を感じるまでに神経が発達してるが、光を感じられない状態があったに決まってる。
> というか、そういう前提できいてるのに、

その前提が正しいということを証拠を上げて示してください。

> むしろ中途ハンパな状態はなく、光を感じられる状態までいっきに進化したと言ってもらった
> ほうがすっきりする。

あなたがすっきりするかどうかと科学的であるかどうかは無関係です。


212 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:36:59
目にしても、半端なのは一杯あるわけだが。


感光細胞・眼点
 光を感じるだけだが、これがあるおかげでミドリムシなどは光合成するために明るい方に移動できるし、陸上無脊椎動物などは乾涸びる前に日陰に逃げ込める。

レンズなしの目
 ホタテガイの目なんかがよくサンプルに出される。捕食者の接近を影の変化で知って、逃げるなり殻を閉じるなりできる。

レンズ眼
 性能のいい眼なら獲物を効率よく発見・仕留められる。あるいは効率よく逃げられる。同種間のコミニュケーションにも利用できる。
 ただしそれなりにコストのかかるでかい脳が必要。
 性能悪いなら近距離専用。

213 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:38:33
100年近く繰り返されてる議論だよなあ

214 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:48:39
>>211
変異+淘汰の進化論(ゆっくりと進化)の否定派で
ウィルス進化論や創造論などの一気に進化する理論の肯定派なの
だから、進化論は間違っているという理論展開をしている。
もちろん進化論が一気にすすんだというなら、その前提はオレの間違いだ。




215 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:49:53
>>212さん
機能する状態ではなく、そのまた途中の優位性を知りたいのです。

216 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:51:28
なんとなく進化論は正しいと思わされて生きてきた。
今だって概ね正しいのだろうとは思っているが、しかし、考えてみれば
誰も進化を目撃したわけでもないし、証明されたわけでもないんだな。

217 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:52:24
あるのは状況証拠みたいなもんだろう?

218 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 10:57:45
>>212
追加
明暗を感じられるということは、私達の目からみれば稚拙なものですが、
あなたのおっしゃるとおり、なんらかの活用ができる。つまり機能する大きな武器なんです。
これは、ものを見るという機能からみればとるにたらない能力ですが、光を感じる能力としては
100%機能を持っているといえます。
奇しくも>>202で指摘されている通り、目の形態として初歩の完成系と言ってもいいと思います。
ただし、その前の状態の優位性により自然淘汰を生きぬいたと理論的に証明されないと進化論は
全く虚構だと私は思うのです。


219 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:15:34
>>216
私は、進化論の理論自体は正しいと思っています。
ただし遺伝子の変化が、突然変異(偶然、紫外線の影響?)ではなくウィルスだと思います。
これだと、同一時期にほぼ同じ変化をもつ固体が大量に存在できるからです。
理由は、彗星によるウィルスの供給(インフルエンザの研究により、彗星からのウィルス説は有力仮説)
そして天然のウィルス治療(無毒化したウィルスに遺伝情報をのせ感染させると、成長した個体であっても
DNAの書き換えができる)の働きをもってすれば、進化が一瞬に起こりうる。
この場合は、へんな性質をもった固体(障害)は真っ先に淘汰されるし、優秀な機能をもった固体はほぼ
確実に生き残ると思う。
進化論の偶然では、遺伝の収斂(あるいみエントロピーの減少)を時間、個体数、地域といった条件をこえて
おこさないと優秀な遺伝子を残せないのです。現在、希少動物は人間によって保護されていますが、
それでも絶滅種は後をたたないのに、過酷な自然環境でいくつもの種が上記の試練を乗り越えて進化
してきたとはとても思えないのです。あまり実のある議論ができないのでこれを最後のレスにします。
失礼しました。

220 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:34:04
>>219
一匹で十分だ。
相手はねずみ算式に増えてくれるんだから。

221 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:35:27
最初はタンパク分子レベルのお話だったろうね。
光のエネルギーを吸収して構造を変えるタンパク。ロドプシンみたいな。
そんなんなら数塩基の変異とかでも十分生じうるし
構造変化によって活性が変わって代謝とかシグナル伝達に影響があれば
それが淘汰圧となりうるね。


222 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:41:22
>>219
さて、ウイルスが活躍ができるまでの寄主はどうやって進化しようか。

223 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:44:47
質問でたので、
終了宣言撤回でレスしても良いですか?

224 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 11:52:23
おとなしく消えろ。

225 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 13:14:31
>>215
光の明暗を感じるなんて非常に簡単な能力だから(電子工作でいうと小学生の自由工作レベル)、
「その前の段階」があったかどうかというのは想像しにくい。
あっても原始的すぎでまともな化石は残らないだろう。



226 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 14:27:55
>>196
> 光を感じるまでに神経が発達してるが、光を感じられない状態があったに決まってる。
そんな状態は存在しない。だって光を感じることができるまでに神経が
発達してるんだから光は感じることができる。

進化に途中とか完了とかないの。進化ってのは完了を目指して
起こるわけではないの。たまたま今の状態があるだけ。

あえて言うとすれば全ての状態が途中。

>>218
進化というのは優位なものが残るのではなく不利なものが滅びると
考えてください。馬鹿。

227 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 14:52:39
いっぱいレスついたので書きこみます

>>220
全ての生物が、ねずみのような繁殖力をもっていて最初の1匹がオスで、しばらく死なずに
ねずみの遺伝子が元の生物の遺伝子に対して全て優性で、近親交配による遺伝子異常が全くでない
生物なら可能かもしれませんね。

>>221
タンパク質の情報は大切だし、情報量も膨大ですね。

>>222
>ウイルスが活躍ができるまでの寄主
申し訳ありません。意味がわかりません。生物Xとウィルス以外に登場人物いらないと思いますが?

228 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 14:59:11
>>225
しかしそれは光に反応するセンサーが売っているから可能なのであって、
生物界ではおそらく光センサーは売っていなかったと思います。
また221さんご指摘のタンパク質って発言を受けて工作におきかえると
全く知識のない人が、鉄、プラスチック、半導体の精製方法を考えたうえで
実際に原料を採取してきて、設計図を書いて自分で工作機械を操って
センサーを作成し、その情報を電気信号にかえ簡単なマイコンチップ(これも作成)
で処理するようなものではないでしょうか?

229 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 15:02:09
関係無いが、マイコンチップがマンコチップに見えた。

230 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 15:06:19
>>226
>>203にて書いてあります

>進化というのは優位なものが残るのではなく不利なものが滅びると
>考えてください。馬鹿。

どう違うのかよくわかりません。
わかりやすく教えてください。

231 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 15:15:30
つーかお前は、微生物から人間にいたるまで、
全ての生物で人間のような目が有った方が、
光を感じるだけの小さな器官等があるより生存に有利だと思ってるのか?
無駄があるとは思わんのか?

232 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 15:26:54
>>231
ムダもずっと上で指摘してありますよ。
例えば洞窟に住む生物の目が退化した状態は、環境適応した結果であり
必要のない器官は、退化したほうがエネルギー消費もへるし重量、体積の減少は
運動に有利。また視覚信号を処理する必要がないので脳の容量を別のところに
ふれるのは大きなメリット。
従って特殊な環境下ではたしかに目は、無い>退化>普通に機能
の順ですぐれてると思いますよ。
でもそんな特殊な状況をだして進化の優劣を語る必要はないし、特殊な状況の理屈をもって
一般的状況を否定するのは議論として成り立たないと思います。

魚の目と人間の目と鷹の目のどれが優れてるって問われてもムダでしょ?


233 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 15:59:38
その他の部分は全く変化させず、
目だけ変化した人間を考えて、目が無いのは不利だ、
今のような目がないと不利だって言ったら、そりゃ不利だろ。
進化の流れってのを理解してない。

234 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:14:14
>>233
ほんとに論点ずらすだけで全く説得力のない文章ですね。
>その他の部分は全く変化させず、
そんな全体のこと考え出したら、今の目だけでもぐちゃぐちゃで
議論になってないのに、もっと酷くなるだけでしょ?

機能が優れていることと、有機体として優れていることの違いは分かりますか?
あなたの理論は背比べで体重を無視するのはおかしい。人体を理解していないって
いってるのと同じじゃないですか?

進化の流れを理解していないって意味が不明です。
目と耳が同時に進化しないと不都合でもあるのですか?
同時に進化するはずのものを別々に思考するとダメなんですか?

あなたは>>231>>224>>209>>202ですか?
むちゃくちゃな人だ。

235 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:19:39
>進化の流れを理解していないって意味が不明です。
とりあえず、生物がどのように進化してきたか学べよ。
人間のような目じゃないから役に立たなかったなんて状態はないから。

というか、実際に、人間のような目ではなくて、光を感じるだけだから機能が劣っていて、
それが生存に大きく悪影響を及ぼしている種を、一つでもあげられるんだろうね?
機能が劣ってるから、生存に不利だ!と単純に考えすぎなんだよ。



236 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:28:34
今あるパソコンのCPUが、原始的なCPUから徐々に性能を増してきたという説明に対して、
途中のヘボイCPUがなんの役に立つんだ?今のCPUより遥かに貧弱で、何の役にも立たないし、
そんなものが売れていたはずはない!だから、CPUは今の状態まで一気に出来上がったんだ!
って話してるようなものだってことを理解して欲しいね。


237 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:38:16
>>235
>というか、実際に、人間のような目ではなくて、光を感じるだけだから機能が劣っていて、
>それが生存に大きく悪影響を及ぼしている種を、一つでもあげられるんだろうね?
>機能が劣ってるから、生存に不利だ!と単純に考えすぎなんだよ。

確かに例はあげられませんね。ていうか大抵の人はできないと思いますよ。

でも、進化論に精通しているあなたは通常の環境で視力が無い又は弱いのに生存能力の
高い生物をご存知なんですよね?例えば蝙蝠などは含まれませんよ。
視力相当のロケーション能力を持っていますから。
この動物は機能が劣っているのに生存しているじゃないかと例をあげてください。

不勉強な私に是非ご教授ください。

238 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:46:58
>>236
それがとんでもない勘違いで、設計やプロトタイプ製造までいたったがへんてこな状態のCPUがあったかも
しれないでしょ?

8ビット→16ビット→32ビット っていうふうにいくんじゃなくて
8ビット→8ビット+機能しない4ビット→16ビット→16ビット+機能しない8ビット→32ビット

工業製品ではありえないムダも自然界にはあったはず。
(これを否定する人は進化には全て有用な変化しかなかったといってるのと同じ)

そうじゃなくて
8ビット→16ビット→32ビットこれしか認めないってならもう議論の余地はないよ
突然変異が起こったのではなく、完璧な順序で完璧に進化してきたのだから
あるいみ、段階的創造論者ということで議論終了です。

239 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:51:20
>>236
古いとか遅いじゃなくて途中の
機能しない分がムダでゆっくりした進化ではこういったムダな部分があるとおもう
(ここが違うなら指摘してって上でもかいたけど)


8ビット と 8ビット+機能しない4ビットでは
(機能)進化(発達)の程度は、8ビット < 8ビット+機能しない4ビット だけど
有機体生物としては、8ビット = 8ビット+機能しない4ビット
または、資源のムダ遣いを考慮にいれれば、8ビット > 8ビット+機能しない4ビット 
ともいえる。

240 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 17:03:02
>>236
どのレスでそういってるかちゃんとアンカーつけてね。
全く身に覚えの無い内容で例が飛び出してくるのがさっぱり訳わからん。

てかマジで工作員なのか?
あまりにも議論になってないし。


241 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 19:15:00
おめでたいな〜

242 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 19:46:50
>>241
はいはい。なんどいってもアンカーつけず。
質問に回答せず。
他人を装って、人を見下し
そのうち、また訳のわからんこといいだして論点ずらし。
貴方様はすばらしいですね。
しつこさと勝利宣言だしていなくならないところはすごいですよ。
これだけのレスつけてまともな回答ゼロって、
貴方様の厚顔無知にはきっとだれもかなわないとおもいます。



243 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 19:52:25
湯田さあ、遊んでないで勉強しろよ。薬学部目指しているんだろ。



244 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 19:52:36
>>241
どのレスのどの部分がおめでたいのか、理由つきで書けよ
この基地外が。
何度も言ってるけどいくら偉そうに振舞ってもはったりきくのは
小学校までだよ。中学校で浮いてるだろお前?

245 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 20:08:07
>>243
マジで工房かよ。
こんなアホな理解力で!
日本の未来は暗いな〜。
いくら知識を詰め込んでも(これも無いのだろうけど)
理解力と表現力と説明しようとする意思がまったく欠如してるからな。
社会にでたら自分のコミュニケーション能力の無さに愕然とするだろうな。
へんな学術書より、赤川次郎あたりのやわらかいでも小説読んで自分を磨け。
お前は赤ん坊のころからほとんど進歩してないよ。

246 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 15:03:59
では、そろそろ本題に戻りましょう。

247 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 08:58:33
どうせ議論できないみたいなので、自分の考えを書いときます。
いっぱい書いてきた理由により、進化論では新種はなかなか誕生しないし
万が一、誕生しても種として継続は不可能と思います。
よって、ウィルス進化論により生物は進化してきたと考えます。

遺伝的に完全に説明できるし、生物としても発生&継続ができそうで、
歴史的(生物の大爆発)説明もうまくできます。

しかし生物の遺伝子だけを考えていたのでは方手落ちです。
パソコンはハードだけでは機能しません。ソフトが必要です。
生物にとってのソフト、習性はどうやって手にいれたのでしょうか?
動物の中には赤ん坊に糞を食べさせるものがいます。これは親がもつ
細菌を子供に与えるためです。免疫や消化機能などに作用します。
良く本能といいますが、継続している種の説明には納得できますが、
誕生したばかりの種ではどうだったのでしょうか?
共生の問題もそうです。花は受粉を他の動物に依存することが多いですが、
1種類のコマドリ(くちばしが異常に長い)に依存しているのですが、
この花(花びらが異常に長い)が先に生まれていると、受粉できないので絶滅。
コマドリが先に生まれていると、おそらくコマドリが邪魔なくちばしを持つため
生存競争に勝てないでしょう。(コマドリは鳥類で最も軽くエネルギー消費も膨大)
ほぼ同時期に進化しないと種として残れません。

248 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 09:49:48
結論(オカルトです)

生物はウイルスにより進化してきた。
その進化は、かぎりなく完全な過程で行われた。
羽のようなものや目のようなものを持ったのではなく、
突然、羽や目をもつようになった。
なぜそんなことがおきるのかというと、ウイルスに羽や目の設計図がほぼ完全な
形またはパズルのようにいくつかのパーツの状態で存在していた為、容易に大きな
変化を短時間におこした。または、生物の中に休眠状態ですこしづつ蓄積され
なんらかのトリガーによりある時期いっきに進化した。

全ての進化には、意思が働いており計画的に進化をとげている。
創造論が生物進化の肝であり、その意思はウィルスというものを媒体とし遺伝子という形で
地球に届けられ続けてきた。
神は魔法使いではないので、物理法則を無視して生物をつくることはない。
土をこねて人を作ったりはしていない。


249 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 10:53:09
どこかの口腔解剖学の先生が言ってる重力進化って正しいんですか?


250 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 11:27:32
>>249
重力が卵割時の細胞機能の違いに影響しているのは知ってるけど、重力も少なからず進化に影響はしているだろうとは思う。


251 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 11:33:29
>>249
どんな理論ですか?
概要だけでも教えていただければ。


252 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 11:49:21
>>249
西原克成って人ですか?
HPみると「重力が生物を進化させた」ってかいてあった。
私(247,248)は、重力が休眠遺伝子の覚醒トリガーの1つだろうと思っていますが、
重力自信が生物の遺伝情報を進化(情報量の増加)させるとは思えないですね。
もしそんな内容ならトンデモだと思います。

さんざ、オカルトを書いておきながらですがorz

253 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 11:57:32
この人の本って厚生大臣かなんかが推薦してた。
内容は支離滅裂でちょっと病的な感じでした。

254 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 12:14:43
「重力は、生物の形態及び生態の進化に影響を及ぼした重要な
環境要因のひとつである」というアタリマエのコトを「重力が
生物を進化させた」と言っちゃうのは、単に国語力の欠如。

255 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 12:49:47
>>248
ウィルスで進化したとしたら、進化する前の生物はどこから来たのか。
そのウィルス自体もどこから出現したのか?

256 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 13:30:06
>>254
もし>>252にレスつけてるんなら
HPみると「重力が生物を進化させた」→重力が生物を進化させたのはちょっと
って書いてるのを、
「重力は、生物の形態及び生態の進化に影響を及ぼした重要な
環境要因のひとつである」
ってどっかから持ってきて、いちゃもんつけるのは、人間力の欠如か妄想力の賜物だね
そしてどのレスを指してるのかわからないのは、半島クオリティ

お前がみたHPをオレが必ず読んだと思いこんでるの?
HPの意味知ってる?ホームページだよ?
ブラウザで表示されてるものはほとんどホームページっていうんだよ。

何故に生物板は、妄想&ちぐはぐ議論&質問投げると逃走の
在日みたいなのがいっぱい沸いてくるんだろ?ハン板より多いよ。
IDでないから安心して住みついてるの?

257 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 13:42:30
>>255
元始生物はどんな理論をもってしても、何らかのきっかけで誕生しないといけません。
一般的に言われている、有機スープ+雷などで偶然誕生でもよいのではないですか?
宇宙飛来だって、その元はどこかで誕生しないといけないのだから。
ただ言えるのは、神が地上で魔法のようなことで誕生させたのでは無いです。

ウイルスは非常に単純な構造です。また宇宙空間には有機物がかなりの量存在しています。
一説には恒星の活動で作られているというのもあります。
宇宙空間ではさまざまな恒星から発せられる宇宙線が飛び交っているので、
ウィルスを作るための材料とエネルギーがあふれていると思います。

ウイルスは宇宙からやってきても、燃え尽きず地上まで到達可能と考えられています。
インフルエンザの大流行は彗星接近と時期的にかさなり、地球の磁場にそって両極に
落ち鳥などに運ばれ、鳥、ブタ、人が近接する中国で変異し世界に配られていると考え
られています。

258 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 14:40:27
創造論は想像論。
創造論言ってる時点で科学者としては大負け。

259 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 15:02:21
>>258
全くその通りなんだろうけど、
世の中の全ての人が科学者じゃないってことも事実。
そして偉大な科学者というのは、理論構築→実証によって名声を得る。
実証は当人であろうが、他人であろうがかまわない。
つまり、想像が真実であった場合の価値はとんでもないんだ。
科学とは、理論と再現・実証をもって完成する。
昔の科学は観察から理論を導きだしたが、現在の先端科学の多くは
理論→観察になってきている。宇宙に関する理論や量子論なんて
全て想像論だよ。貴方はそれをバカにするの?
進化についての考察は全て、想像であり妄想だよ。
ただし創造論は進化論より納得できるところは少ないが、否定できるところも
少ないと個人的に思う。ある論理を否定したければ、肯定できる個所ではなく
否定的個所をみつければよい。そのいう見方でいえば進化論<創造論と
いえなくもないでしょ?

で貴方はこんな時間から2chにかきこする科学者なのね。

260 :258:2005/08/11(木) 17:06:12
>>259
全くその通りならそれで良いだろ。
宇宙に関する理論や量子論は実験や計算によって導き出されており、
単なる想像ではない。創造論は、進化論があやしいという考え方
から出てきただけで、そういったものを宇宙物理とか量子力学を
混同するのは良くないぞ。
そういう私は少ししかない夏休みを2chに費やしてしまったおおばか
ものだが。。。


261 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 17:52:32
創造論は進化論の後ではなく2000年くらい前に
プラトン、ソクラテス、アリストテレスなどの偉大なる哲学者の思考と
宗教観によってもたらされたものと思います。

先端科学は計算によっていろんなことを予想しているだけで、理論は
どんどん移り変わっています。
宇宙の膨張(観測)→ビッグバン宇宙論→宇宙の背景放射の観測→
ビッグバン宇宙論の信憑性UP→ビッグバンでは膨張不足が計算によって判明
→インフレーション宇宙モデル  この後はしりません。

↑でわかる通り、その時わかっている範囲で矛盾のないモデルを想像しているだけです。
 批判的な人から言わせれば妄想レベルのものですよ。

地殻の移動という地球モデルも、地質学、生物学からは完璧でしたが
エネルギー源がわからなかった為、長いあいだ妄想理論扱いでしたが、今では
プレートテクトニクス理論→プリューム→スーパープリュームと発展しています。
地震の説明などで、よくテレビでもやってます。
(最新理論はしりませんが)




262 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 18:41:28
>>260
>創造論は、進化論があやしいという考え方から出てきただけで、
語弊があるな。
進化論を認めたくないという考え方から出てきた、が現実に近い。
進化論があやしい、は後付けでいろいろ考えたあげくの屁理屈。

263 :ラエル来日中!:2005/08/11(木) 18:48:09
http://www.rael.org/
無料でPDFがダウンロード出来るようになりました!!
ラエル著「真実を告げる書」より。
 
 余談になりますが、ここで進化に対するあなたの疑念を晴らしてあげましょう。
あなたがたの科学者は、人は猿から、猿は魚からというふうに発生してきたという
進化論を唱えていますが、まったくの間違いというわけではありません。事実、
地球上に創造された最初の生命は単細胞で、それからもっと複雑な生命が創られて
いきました。しかし、これは偶然によるものではないのです。

生命を創造するため私たちが地球を訪れたとき、まず最も単純なものから着手しました。
それから、環境に適応させる技術を進歩させ、魚類、両性類、哺乳類、鳥類、霊長類を創造し、
最後に猿のモデルを改良したにすぎない人間を創造したのです。
つまり、猿のモデルに、創造者たちをして人間たらしめているものを付け加えたのです。
聖書の『創世記』にあるように、私たちの姿に似せて人間を創ったのです。
もし偶然による進化だとしたら、これほど多様な形態が生じるということはほとんどありえないことが、
あなた自身でもわかるでしょう。

鳥の体色や求愛行動、それにある種のかもしかの角の形をごらんなさい。
いったい自然は、どういう必要があってある種のかもしかや山羊の角を渦巻き状にしたというのでしょうか。
青や赤の羽をした小鳥たち、エキゾチックな魚についても同様です。
これらは、私たちの「芸術家」の作品なのです。


264 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 18:57:55
>>258
そういう決め付けは良くないんじゃないかな。
進化論のいろんな仮説も負けず劣らず想像力豊かだと思うが。


265 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 19:24:24
>>256
国語力が欠如してるのは、>>252ではなく、むろん西原某とオマエ。
「重力は、生物の形態及び生態の進化に影響を及ぼした重要な
環境要因のひとつである」程度の文章を「コピペ」と信じるほ
ど作文力が欠如してんだから、まあ読解力も無いのは当然か。



266 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 21:49:01
そういえば。豚って野生に戻るとすぐにイノシシみたいに
毛が生えて牙も生えてくるんだよね。
だったら象なんかも思いっきり寒いところで生活させたら
何代かしたらマンモスみたいになんのかな。

267 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 23:17:44
【海外】「今や『進化論』ではなく『知的設計論』を学習指導基準とすべし」 米カンザス州教育委員会採決

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1123752297/l50

アメリカもバカだね。

268 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/12(金) 23:21:01
>>265
何いってんのかわからん。
>>252>>256もおれなのだが、前レスから後レスの間に国語力が
低下してるといいたいの?
どっかのあほが(たぶん貴方)、おれのレスが国語力がないと書いたの。
その対象としてどっかから持ってきた文章と書いた。
そしたら、またバカがコピペ云々と断じている。
どこにもコピペなどと書いていないのに。
持ってきた=コピペと考えちゃうのは、よっぽど国語力が無いか妄想厨か
どっかからコピペした本人なんだろう。
よって、>>254=>>265だな。確率は80%程度であろう。

ヒント:いきなり材料だしてきて、他人が持ち出した如く論理展開(破綻)

269 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/12(金) 23:24:48
そんじゃやっぱり>>252も欠如してたんだな、国語力。

270 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/12(金) 23:31:29
>>269
で、お前は>>254なのか?

271 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/12(金) 23:38:37
>>269もう涙目で逃走しちゃった?

272 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/12(金) 23:47:02
>>266さん
マンモスって寒い環境で住んでいたと思われてるけど、
某オカルト作家の本を読むと、以外と暖かいところに住んでいたみたい。
考えてみれば、草食獣であれだけの体躯を維持するためには、
雪原なんかでは生きていけないよね。
肉食だとするとこれまた、大型の餌がいるわけで結構たいへん。
白熊なんかは、←あざらし←魚の食物連鎖でOKだけど、広大な雪原には海がない
かなり不毛な土地なので、マンモスは厳しいと思う。
もちろん季節があったというのは考えられるがそれなら冬は南下したと
普通に思うけど。


273 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/14(日) 19:55:30
>>267
いやほんと。しかし日本にも↓こういうのがいるぞ。
極東ブログの中の人、以前から変だと思ってたがついに創造論擁護。
しかも反論者を「似非教養」よばわり…

ttp://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050814
ID論ですがね。

 ⇒広がる「進化論」批判 米教育界、指針見直しも

 国内だと似非教養がトンデモ説扱いするわけですがね。

 ⇒カンブリア爆発 - Wikipedia

今では、動物については、すべての動物門がカンブリア紀に出現した可能
性があり、しかも現在の所、これらの先祖をさかのぼることが出来ていな
い。

 その意味を考えるというのは重要ではある。

 っていうか、日本の理系頭ってこういうのを考えないのを理系だと思ってい
る。ってか、数式いじれると賢いとか思っていてイマジネーションがないわけ
で、欧米の理系というは極めて神学に近い、ってか、ゲーデルのほとんどの人
生はライプニッツ研究に投入された。


274 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/14(日) 20:38:07
>>248
m9(^Д^)プギャー
そのほぼ完全な羽とか目の設計図とやらは
どうやって出来たんだよバーカw

275 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 22:05:50
神が創ったなら環境の変化ぐらいで絶滅してしまうような生物はつくらんだろなぁ。

276 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 23:14:11
>>273
馬鹿はどこにでもいるよな。

「進化論の基本からくすぶっていてダーウィン自身も眼球の進化に悩んでいます。」

といってみたり池田を持ち出すあたり、香ばしくてステキ

277 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/18(木) 00:58:37
宇宙はね、誰がなんと言おうと神がつくたんだっぜ。

278 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/19(金) 15:32:22
「神」の定義に拠る

279 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/19(金) 19:43:13
神の定義=宇宙を作ったもの

280 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/21(日) 04:26:01
>>279
スマソ、それおいらだ。
昨日も三つばっかし宇宙作っちまった。
しっかし、忙しいわりに給料安いんだよ・・・

281 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/21(日) 06:24:56
このスレに神が降臨されますた!

282 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/22(月) 15:28:56
燃料投下。

ttp://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/mujun.htm

ttp://www5.ocn.ne.jp/~magi9/nazedesh.htm

ttp://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/souzouka.htm

ttp://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/yomemasu.htm



283 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 09:03:51
創造論が正しいか、正しくないのかは簡単にわかるじゃん。
唯一神、又吉イエスに聞けばいいんだよ。

284 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 10:31:38
上の方で光を感じる感覚について質問してた人と、あほな人のやり取りがあったけど、
結局最初の質問の意図は、

光を感じない神経→→→(長い時間)→→→光を感じ始めた!
この流れの(長い時間)の間の有利不利の差はどこで生じるのって事じゃない?

285 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 10:47:15
>>284
そんなことはあなた以外は皆了解してますがな。

優位な形質・性質が生き残るのではなく比較的劣位な
形質・性質が滅ぶ、という明確な回答もすでになされている。

286 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 10:58:46
いやいや、だから『光を感じ始めた!』に達する寸前までは、
普通の神経と構造が違っても光は感じないわけでしょう?

何の変哲もない神経と光を受容する準備が出来つつある、まだ光を感じられない神経の
どこに優劣があるのかって事じゃないの?と。



287 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 11:04:09
光を感じるために準備してるわけじゃない。
別の用途に使われてたのが、突然また別の用途に使われるってだけのこと。
それが不利に働けば淘汰され、有利に働けば生存する。

288 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 11:22:38
>突然また別の用途に使われる
なら元の用途で使われていた神経が急に光を感じるように変化したのですか?

289 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 11:46:47
 今の自然界では自然淘汰は起きてないよね、人間が手を加えない限りは。
バッタとかだと、生まれたときに仲間が多いとそのバッタは卵を少なく生むし
仲間が少ないと卵を多く生むようになるそうだ。
なかなかすばらしいことだよね。

290 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 11:53:57
>>289
冗談は程々に^^

291 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:10:05
>>288
光によって構造を変える物質(の元)は既に別の用途に使われてて、『感じる』システムも既にあったので、
遺伝子の変異で光を感じる物質が『感じる』システムに組み込まれて、急に『光を感じる』ようになると言える。
いや、光を感じるのと化学物質等を感じるのは全然違う『感じる』システムじゃないか、と思うなら、
分子生物学の教科書の感覚器官のところを一度見てみるといい。大体全部同じじゃん。って実感できると思う。


292 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:14:03
>>286
そういう神経が存在していても特にその個体の生存、生殖にとって
不利に働かなかったから存続しただけ。

おまいさんの体にもそのような器官や神経があるかもよ。

それからある形質、性質、帰還が「何の役にも立っていない」と
断定するのは難しいと思うよ。

293 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:18:55
獲得形質は遺伝しないんだから、進化して、さらに一つの種として継続して
いくには遺伝子が突然変異しないといけないと思うんだけど、
突然変異はあまりよい方向に・・・つまり生きていくのに有効な方に
転がらないよね。大概何らかの障害が起こったりして。前レスでウィルス進化
とか言ってたけど、ウィルスにDNA書き換えられて、生きていくのに
より有効な生物に変わるって言うのは、根拠はないけどあまり信じたく
ないわな。まぁ、進化論も創造論も一つのセオリーなんだし、まだ証明
されてないんだから現段階ではどちらを信じるかの問題だ。
 あとあまり宗教を馬鹿にするのはよくないと思うよ、間違っているにしろ、
くだらないにしろ、信じている人にとっては心のよりどころな訳だし。
その人たちの生活の基盤なんだしね。そういう面では日本人は世界的に見て
かなり奇怪な人種かも、だから創造論て言うと皆よく分からないんだよね。
日本人と欧米人では「神」と聞いたときにイメージするものが違うからね。
日本の神様は口もきけず耳も聞こえない歩くこともできない神様か、もしくは
天皇。キリスト教の神は全知全能でちゃんと人間に応えてくれる高尚なる神様
だからね。余談だけど創造の七日間っていうのはヘブライ語で読むと「24
時間で一日」と言う言葉で七日だから、もし神が50億年かけて生物を進化
させたのを創造と呼びたいのならそれは、すでに新しい神の出来上がりと言
えるな。
 板違いだったかな。すまん。



294 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:25:03
>まだ証明されてないんだから現段階ではどちらを信じるかの問題だ。
ダウトw

295 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:25:22
あのね、宗教を科学に持ち込むから馬鹿にされるんだよ
心のよりどころだからそういう“科学的”理論も認めてやろう
なんて発想はチャンチャラおかしいと思わないかい?

296 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:32:24
>>291
丁寧な説明をありがとうございました。
疑っているわけじゃないですが、今度教えていただいた通りに確認したいと思います。

>>292
291の説明でなんとなく納得できましたが、一応レスです。

不利でなくとも、コストの問題があります。
仮にそれを含めた「不利に働かない」だと考えても、
有利でなければ、その形質が集団の中で多数派になる事はありえないでしょう?

297 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:35:18
>>296
それについては、中立説(中立進化説)を参照してみるといいと思う。


298 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:38:48
ただの宗教でしかないのに「科学」なんて呼ぶから叩かれる。だれも「宗教」を叩いてはいない。

299 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 12:41:45
進化論だけをムキになって叩くのはなんでなんだ?信者さんよ。
進化論が科学じゃないと言うなら、ほとんどの科学は科学じゃないだろうに。

300 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:03:26
>>297
ウィキペディアの中間進化説の項目を読んでみました。
要するに偶然って事ですか……ううむ…
熱心な信者はその偶然を神のなんとか〜とか言うんでしょうね。

301 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:07:12
創造科学というのは神が居ると言うことを前提としていて
もし、それを信じてしまえば進化は受け入れられないから。
進化論○←創造論 創造論×←進化論 ということになるので
相対して論議するのは難しいのかな。
あと、
 >心のよりどころだからそういう“科学的”理論も認めてやろう
とは言ってません。ただ「これが科学なんだからそんなもの信じてる
のは馬鹿だ」というのはよくないと言いたかっただけです。(あなた
がそう言ったと言っているいるのではありませんが。)
 >>294
>まだ証明されてないんだから現段階ではどちらを信じるかの問題だ
自らの考えが浅かったです。これは失言でした失礼しました。

302 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:11:15
いや、神がいて生物を作ろうと何しようと、
進化は進化として受け入れることはできるだろう。
神は生物を進化するように作ったとかなんとか言って。
実際、そういうふうに解釈してる人は多い。
創造論を支持する根本的な原因は、確率の概念の欠如や、
大局的なものの見方の欠如にあると思うね。

303 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:24:38
 >確率の概念の欠如
つまり、普通は起こらないことを真として、計算からそれが起こり得る
事を証明しようと研究し努力するのではなくて、それを神の仕業として
かたずけてしまうと言うことですか?

304 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:46:50
>>296
> 不利でなくとも、コストの問題があります。
そりゃあるでしょうな。優位な形質などにもコストの問題がある。
要はそのコストがある閾値を越えるかどうかだな。

> 仮にそれを含めた「不利に働かない」だと考えても、
> 有利でなければ、その形質が集団の中で多数派になる事はありえないでしょう?
有りえます。

305 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:50:04
>>300
その通り。偶然と確率その他いろいろ。

306 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 13:50:35
>>304
いまさら的外れ&遅レス乙。

307 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 15:03:44
>>306
内容が理解できないときに無理に「おれ頭悪いから分からない。」などと
レスつける必要はないよ。

308 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 16:11:38
>>307
有利ではない形質において、不利でもない場合の話をしているのに
>そりゃあるでしょうな。優位な形質などにもコストの問題がある。
>要はそのコストがある閾値を越えるかどうかだな。
こんな返答は的外れ。

297のような返答が来ているのに
>有りえます。
なんてレスは遅レス。

他に何か?

309 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 17:18:56
創造論者の思考の根本が 理想 から出発してるから、進化論者の根本にある 偶然 が理解出来ないんだよな。

310 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/24(水) 19:15:53
んなわけない

311 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 00:46:37
おれは創造論を信じてる!!だって「天地創造の科学」って本読んじゃったんだもん!アレ読んだらきっといかに進化論が科学的じゃないかがよくわかる。だれか読んだことある人いない??

312 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 01:56:31
>>308
ほれ、やっぱり理解できてない。頭の悪さってのは獲得形質ではないので
あんたはもう絶望だよ。

> こんな返答は的外れ。
いんや、的外れではない。

> なんてレスは遅レス。
わかってるよ。>>296さん同様一応レスをつけといただけ。

揚げ足取ったつもりで得意になるなよな。恥ずかしい。

313 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 08:24:31
>頭の悪さってのは獲得形質ではないので
>あんたはもう絶望だよ。

一生懸命考えたんだろ。素晴らしいよ。
素晴らしい煽りだったから、大人しく枕濡らして寝てな。禿。

314 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 17:00:57
お前らどう的外れなのか、あるいは的外れじゃないのか理屈をかけよ
俺は楽しみに傍観してるから

315 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 17:10:58
創造論を唱える人の目的は、
創造論を対比として誤った進化論を語ることで、
進化論が怪しいものだと一般大衆に思わせることだろう。
創造論は論外でも、進化論も科学的じゃないなと思わせれば十分なんだよ。
後は、その隙に付け入って宗教を宗教として扱えばいいだけなんだからね。

316 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 18:40:09
たんに不勉強で思考停止してるだけだと思ってた>創造論者

317 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/26(金) 01:10:10
ついに出ましたな、典型的な反応が。

>>313
はいはい。ご苦労さん。具体的反論ができないってことね。
告白乙。

318 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/26(金) 01:47:17
バカとバカが争ってるようにしか見えないのは俺だけかな?

319 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/26(金) 18:56:33
>>317
>具体的反論ができないってことね。

>>312
>> こんな返答は的外れ。
>いんや、的外れではない。
これのどこが具体的反論なのか教えてくださいなw

320 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/27(土) 18:41:11
宗教が原因で起こってる戦争が多いってのに
神や仏がいると思ってんのかね?


321 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/27(土) 20:08:46
バカが自分の頭で理解できないことを、絶対的な存在を仮定して説明づけて安心しているだけ。

322 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/27(土) 21:44:52
進化論のハナシで仏(ホトケ。フランスにあらず)を引き合いに
出すのも、八つ当たりじゃないか?ホトケの天地創造ってなハナ
シはどこにもないぞ。


323 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/27(土) 23:55:24
でも、Godと神は別の概念だからな・・・

324 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 03:10:40
>>323
くわしく

325 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 16:28:00
>>319
> これのどこが具体的反論なのか教えてくださいなw
「こんな返答は的外れ。」が具体的反論でないということを
具体的に指摘しておりますww


326 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 16:29:33
>>308
> こんな返答は的外れ。
くわしく

327 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 16:35:05
>くわしく
くわしく

328 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 19:13:18
>>327
だんだん退行してきたのう。おまいさん。

329 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 22:30:49
>>323
Godとgod(gods)ということ?
それともYHWHと天津神ということ?

330 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/29(月) 02:02:42
日本でいう神の概念と
セム系一神教でいうGODとは別ものだっつーことだろ
日本語に訳す時に神と訳したのは誤訳だったと

331 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/30(火) 11:00:36
脳のある部位を刺激すると、神や神秘的な感覚を感じるらしいが、
これは進化の過程で人間が神や神秘を感じる能力を獲得したと考えてよいのだろうか?
知能が発達した人は、その知能ゆえに感じる不合理(考えてもわからない不安)によるストレスが生存に不利な要素となり、
とりあえず、わからないものを神や神秘的な現象だと感じる器官を得ることで、
そのストレスを解消し、それによる不利をなくした。って感じで。考えることを上手く諦めるための機能とも言える。
現代ならまだしも、科学もへったくれもない時代には、ワケわからん現象が多すぎて、
それによるストレスは、十分淘汰の一因になりうるのではないだろうか?


332 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/30(火) 15:50:44
ならない。

333 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/31(水) 12:24:49
知的設計者っていう説はグノーシスと考えていいの?

334 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/31(水) 13:06:12
デミウルゴスだろう

107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)