2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

流体力学総合

1 :ダニエル:04/08/11 12:12 ID:PGeM8aDb
4力のひとつ、流体力学のスレがないので立てました。

2 :名無しさん@3周年:04/08/11 12:17 ID:PGeM8aDb
のっけから自分で質問しますが…

美浜原発の事故で、オリフィス直後の乱流で肉減現象が起きたって説明されてるけれど、
この辺の流速or流量ってどのぐらいなのか分かる人いますか?
いくら乱れが強いからって、そんなに削れる物かなぁ?
管内流のReいくつよ?

3 :名無しさん@3周年:04/08/11 12:24 ID:6N/Ui76L
3だったら俺は神

4 :名無しさん@3周年:04/08/11 12:29 ID:CO8I3m9z
10気圧、140℃の過熱水
圧力変動も大きそうだし、よく削れそうだ

5 :名無しさん@3周年:04/08/11 12:59 ID:PGeM8aDb
10気圧140℃の水が流れている配管が剥き出しで、その周りで作業するんだね。
…コワ。

6 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:14 ID:BdOX2r8C
管の内部がさびるから、渦で少しずつはがれて錆びてはがれて錆びて…削れていったらしい

7 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:18 ID:PGeM8aDb
>>6
何十年も放置プレイで使ってたら、そのぐらいは起きても不思議はないですね。

オリフィスとか曲がり管に関係なく、どこでも削れそうな気がするけれど…。


8 : :04/08/11 14:30 ID:fYRoW7Q5
どなたかポンプのエアーロックの原理について分かりやすく説明して下さい。
お願い致します

9 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:02 ID:PGeM8aDb
>>8
ポンプが空気吸っちゃうと、吸引力がなくなるってやつだよね?
ポンプが空気の物性値にたいしては、ヘッドを発生させれないからじゃないのかなぁ?

10 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:11 ID:AaU6nVT8
エアーロックはオーストラリアでしょ?

11 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:16 ID:PGeM8aDb
エアーズロック?

12 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:56 ID:86sHZACf
>>2
オリフィス部では絞り形状によっては音速超えるとか聴いたような気がする。

13 :名無しさん@3周年:04/08/11 16:24 ID:AaU6nVT8
あと、オリフィス下流で発生した渦の減圧部分で気泡が出来て
それが再度圧縮される際の断熱圧縮熱で金属の表面が
荒れるらしいですね。

すみません。これは液体ですな

14 :通りすがり:04/08/11 16:31 ID:pwYlE4uk
>13
いわゆる キャビテ−ションって奴ですか?

15 :名無しさん@3周年:04/08/11 16:40 ID:86sHZACf
キャビテ−ションは爆発だ!

16 :13:04/08/11 16:58 ID:AaU6nVT8
なぜか
その言葉思い出せなかったんです。
しょっちゅう出てくる言葉なのに・・・

17 :名無しさん@3周年:04/08/11 19:47 ID:Q+V+sHHW
>>13
衝撃波による表面破壊のほうが主だと思ったがな・・・

18 :名無しさん@3周年:04/08/11 20:29 ID:PGeM8aDb
>>13
この場所って、流れてるのは過熱水じゃないんですか?
それとも、気体の状態?

19 :名無しさん@3周年:04/08/11 22:24 ID:rUAVWQvM
>>15
もしキャビテーションだったら、流体やってる研究室の格好のネタではないか。

20 :名無しさん@3周年:04/08/12 08:07 ID:vhD0X5cQ
それとも単純に錆びた鉄が蒸気で飛ばされていたのかな

21 :名無しさん@3周年:04/08/12 11:13 ID:eSevYBSe
蒸気なの?水なの?どっち?

22 :名無しさん@3周年:04/08/12 11:53 ID:1WxoGCVw
>>21
0.92MPa、150℃なら液体の水だが、それが漏れて大気圧になれば
100℃の水と、よ〜わからんけど100℃以上の過熱蒸気になって漏洩
する。

23 :名無しさん@3周年:04/08/12 12:48 ID:BnTweDF5
>>22
ってことは、通常時は液体の水なわけね。キャビテーションもアリか。

24 :名無しさん@3周年:04/08/12 18:55 ID:lSrTNOxt
>>22
蒸気タービンって言う位だから「蒸気」じゃないのか?


25 :名無しさん@3周年:04/08/12 20:28 ID:Z5x0HP6a
>>24
蒸気タービンを回した後の冷えたものが
液体となって下段の配管に落ちるのではないかと。

とするとヒートポンプの大きなやつみたいなもので、流速はそんな速くないのか。

26 :名無しさん@3周年:04/08/12 20:30 ID:qpEleQ7s
1、釜で沸かす
2、蒸気タービン回す
3、放熱過程でコンプレッサで圧縮して液化
4、釜に戻す
このサイクルね
複水管ってどっかに書いてなかった?

27 :24:04/08/12 22:39 ID:GJDHKd16
>>25
スマソ 自分でググッて見たら液体でした あの場所でまだあんなにエネルギー残ってるんだね
あのパイプ材質何で出来てんだ?

28 :名無しさん@3周年:04/08/12 22:42 ID:BnTweDF5
複水管でもぶち破れると一気に蒸気になるほど熱持ってるんだ…。

29 :名無しさん@3周年:04/08/12 23:36 ID:nVDYwimX
オリフィス使って流速を測る事は
安全上本当に必要なのか?
「異常流速=漏洩有り」なのはわかるが
今回の警報や自動停止は結局「火災報知」によるものだった。
出力制御に流量は必要なのか?
それも圧力や温度で足りる。
圧力計や温度計なら、配管から分岐して取り付け可能だから影響も少ない。

結果的にオリフィスは、趣味としての「流速表示」にしか機能せず、
また今回の事故も引き起こした要因にもなった。

設備としては不要と言いたい。

30 :名無しさん@3周年:04/08/12 23:49 ID:Dbk30joz
各系統の流量を監視していて差が発生すれば
リークの可能性を疑うらしい。
今回はその流量差の検出が緊急停止の主な停止条件らしい
と新聞にはあったが。

中の人は圧力鍋に瞬間的に放り込まれてボイルされた状態だったんだろうね。
即死の人たちは、熱いとか痛いとか苦しいとか感じる間も殆ど無かったんではないだろうか?
それでなくても水蒸気の持つ熱量(比熱か?)は結構大きいからね。

31 :名無しさん@3周年:04/08/12 23:56 ID:muaSmeKu
よりによってそこに人がいる時に爆発しなくたってなぁ…

32 :名無しさん@3周年:04/08/13 00:16 ID:1gz5+1pu
検査や部品交換前ということで僅かなきっかけは無かったのか?
何かを立てかけたとか上から物を落として当てていたとか?
静的な状態で限界寸前状態の配管に何かのきっかけがあったのでは?

33 :名無しさん@3周年:04/08/13 02:08 ID:7v2HbVG/
>>31
「誰が銃を撃ったんだ!撃つなと言ったんだ!!」
「大変だ、冷却装置が破損したぞ! あと4時間で核融合炉の爆発が起こるぞ!!」

34 :名無しさん@3周年:04/08/13 02:32 ID:MMSJhyIE
>>31
そう。まさにそこだよね。負の偶然。

これ、誰も死ななければ大した事故でもないよな。

35 :名無しさん@3周年:04/08/13 02:45 ID:MMSJhyIE
>>29
流量or流速を測りたいなら、別の方法もいろいろあるよね。
もっと流れに影響与えない方法で測るべきだよね。

36 :名無しさん@3周年:04/08/13 09:15 ID:MkC+h5pW
でも、原発の設備も今の基準でみれば古いでしょうな
仕様や規格の絡みで今では過去の遺物のような方法が残っていたりするのでしょうか。
今では樹脂を使うことが常識の部品を規格がらみで瀬戸物が指定されているとか。
今ではデジタル処理が常識の演算も安全規格などの都合でアナログ系統で管理されているとか。
責任問題もあるでしょうから、もしかするとこういうプラントは新技術に保守的な面もあるのではないでしょうか。


37 :名無しさん@3周年:04/08/13 13:29 ID:ru3ikU+b
>>36
航空宇宙関連見たいな物で、
設計から完成まで時間かかるから、最先端の物が反映されるまで時間がかかる。

38 :名無しさん@3周年:04/08/13 18:33 ID:pdBKGsmV
 火発でも熱水管の減肉は常識で定期交換の対象のはず、決して単なる検査対象ではないはずだよ。
通常のボイラーの鉄配管でも定期交換しているよ。火発の技術の延長気分で原発やってる割にはお粗末。

39 :名無しさん@3周年:04/08/13 20:58 ID:7v2HbVG/
本当は19年で交換だったらしいね。

40 :名無しさん@3周年:04/08/13 21:30 ID:kL4RaB7G
肉厚4.5mmかそこらが寿命残り2年だっけ?
原発設備は安全率数10倍って言ってる割に、配管はとてもお粗末だね。

配管の騒音が大きいのも長期設備らしくない設計のようで??怪しいもんだ。

41 :名無しさん@3周年:04/08/16 13:40 ID:E5RjDF4V
海水入ったらさびるよな。
ここで使われている水って、通常の水?

42 :名無しさん@3周年:04/08/18 00:25 ID:BE1cwag1
>>32
漏れが連想したのは北海道のトンネル崩落事故。
何も路線バスが通っているときに崩れなくても…と最初思ったが。
何らかの「きっかけ」はあっておかしくないという気がする。


43 :名無しさん@3周年:04/08/28 03:30 ID:q80FEPwu
誰か、「マルチフラクタル理論」について教えてくれ。
分かりやすい参考文献でも可。

44 :名無しさん@3周年:04/08/28 12:45 ID:TVru6DoV
>>42
誰かが転んで頭ぶつけたとか(w

45 :名無しさん@3周年:04/09/13 10:45:54 ID:fXeRFJ+N
車とか電車の車体をデザインする仕事に就きたいと思うのですが

工学部の機械系に入って流体をがんばればなれるんですか?

どうかおしえてください

46 :名無しさん@3周年:04/09/13 20:55:46 ID:qZag6C2e
>45
美大いけ

47 :名無しさん@3周年:04/09/14 02:25:58 ID:HpK7Rjpb
>46
マジですか?たとえば新幹線とかリニアとかF1とかの車体も
美大いくほうがいいですかね?



48 :名無しさん@3周年:04/09/14 20:56:21 ID:UFGqWJ+7
>>47
勿論

49 :名無しさん@3周年:04/09/17 23:54:08 ID:Zr+0RpD/
>>48
ほんとかよw


50 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:24:51 ID:BZTMfKTy
>>49
筑波大芸術専門学群と東京芸術大美術学部出身者がほとんど。

51 :名無しさん@3周年:04/09/22 11:06:28 ID:ltFdkhNu
流体屋はいないの?それともそこの人たちって流体もやってんのかな。
とてもやってるとは思えないけど。

52 :名無しさん@3周年:04/09/28 02:43:55 ID:G/FH0jvV
そりゃカラーリングとかの話だろ。カタチは純技術的に決まってるぞ。

53 :名無しさん@3周年:04/09/30 00:50:37 ID:HYF/+QWG
>>45
外形の空力だと、航空が強いぞ。

54 :名無しさん@3周年:04/09/30 03:31:13 ID:pV8MwnrS
車は完全に美大(専門学校)卒のデザイナー、
レーシングカーは流体屋が作ってる
電車も新幹線&リニアクラスになると流体屋がデザインする
BARホンダのマシンはロンドン大学インペリアルカレッジにある
風洞実験装置で産学連携で設計してるけど流体屋のデザインというのは
もはや「デザイン」なんて代物じゃなくて数値流体力学で理想的な形状を
はじき出してそのモデルを実際につくり風洞実験して理論値と実際の結果
の相違点を考察するの繰り返しだから味気もクソもないと思うけど・・
もはやデザインに遊び心の入るスキマなんて無いのが現状では・・

55 :名無しさん@3周年:04/10/01 18:05:21 ID:pUYzysF9
>>45
機体の力学的な設計をするなら、流体系でもトップクラスのところで勉強しないとそういう企業に入るのは厳しいぞ。
特に航空は狭き門。ほとんどボーイングの下請け化してるからね。富士重工は独自の開発してるけど。

56 :名無しさん@3周年:04/10/12 22:27:44 ID:tssaSptG
>>54
サーブのDRAKENという戦闘機が最後の遊び心の入った機体デザイン
と言われてたな

57 :名無しさん@3周年:04/10/14 08:28:11 ID:rsyg8BJa
市販されてる自動車って速そうな奴でも空力的にはたいしたこと無い。見た目の速さが必要だからデザイン系が強い
新幹線やF1は流体屋がCFDで設計するからデザイン系の出る幕じゃない
航空なら東大、九大、名大がいいよ。

58 :名無しさん@3周年:04/10/17 19:29:07 ID:VKNglsrb
>>45
おれ両方出たけどジャストな仕事なんて無いよ!ってアートスクール出て
日本で営業やってる人と慰めあったことがある。

59 :名無しさん@3周年:04/10/17 19:33:56 ID:VKNglsrb
>>15
キャビテーションは爆縮だよ。

60 :名無しさん@3周年:04/10/19 17:54:54 ID:VtJSGPjD
航空系なら日大もいいんじゃない?私立だけど

61 :名無しさん@3周年:04/10/24 01:16:57 ID:sKzta5GW
>>60
金さえあれば良いと思われ。

62 :名無しさん@3周年:04/10/24 13:14:22 ID:LqbzeEwp
だが就職は無い。大手入っても…

63 :名無しさん@3周年:04/10/25 10:09:09 ID:gMHVwdMs
今井功先生のご冥福をお祈りいたします。

64 :名無しさん@3周年:04/10/25 13:31:54 ID:OftekkiY
>>62
私立のよさげな所の就職ってどうなの?
そんなに無いの?

65 :名無しさん@3周年:04/10/25 18:48:07 ID:WXZhjLle
旧帝大ばかり

66 :64:04/10/26 16:40:11 ID:vhHwS5AI
>>65
漏れは旧帝大で流体やってるんですけど、
他の就職ってどんなもんか知りたかったんですが…。

やっぱりうちらは恵まれてるんですかね。

67 :名無しさん@3周年:04/11/10 01:27:35 ID:VuNGiS0K
水面に空中から水が絶えず流れ込んでおり,水面に浮いた球が流れ込む
水流にまとわりつくという現象があると思いますが,
流体力学からはどう説明できるのでしょうか?


68 :名無しさん@3周年:04/11/10 01:45:16 ID:h2KfzIVN
>>67
単純に考えると、巻き込みに乗って水流付近まで流されてきてるのではないでしょうか?

69 :名無しさん@3周年:04/11/18 20:05:58 ID:dHo1ewlY
流体力学やってる方は、どういう所に就職するのでしょうか?
人それぞれかな?教えてちゃんでスマソですが教えてください。

70 :名無しさん@3周年:04/11/25 20:48:24 ID:YJMXwFVz
>>69
車、飛行機、家電など。何でもありだよ。

71 :名無しさん@3周年:04/11/28 22:43:24 ID:DylFAt7c
気液二相流の良いテキストはありませんでしょうか?
知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

72 :名無しさん@3周年:04/11/28 23:06:27 ID:PE9NxzcN
>>71
この前、気液二相流の垂直上昇流の実験やってレポート作るために参考書いろいろ探したけど、
あんまりいいのなかった。基本的に温度変化なしの場合の実験だったけど、テキストなんかは
熱伝達を考慮してるものばかりで、わかりづらかったなあ。

73 :名無しさん@3周年:04/11/29 01:26:10 ID:CcH6qr37
>>72
そうなんですよね。
自分もテキストを探してみたのですがほとんどが実験から得られた経験的な式ばかりで
理解に苦しんでます。
流動様式に応じて数学的なモデルも変化するし・・・
71さん情報ありがとうございました。
他にもご存知の方いらっしゃいましたら情報よろしくお願いします。

74 :名無しさん@3周年:04/11/30 22:32:54 ID:ag7F+pdM
>>73
相関式の二相摩擦倍数と実験値の二相摩擦倍数が、スラグ流のように気液共に運動流速が
小さいときには何の対応関係も見られないから、二相摩擦倍数を求めることにどういう意味
があるのか、???でした。わかったことは、相関式で流動様式を判別できることぐらいです。
流体工学は層流・乱流の遷移域があるので、あくまで確率的で経験的にしか現象を記述できない
んだと思います。

75 :69:04/12/03 20:29:12 ID:fhf0wmBF
>70 遅くなりましたが有難うございました!

76 :頭悪い人:04/12/09 22:05:50 ID:cmpX/VsF
1atm,20℃の空気(ν=1.51×10^-5 m2/s)を風速30m/sで
直径50mmの風洞に流した時のレイノルズ数は代表長さ
を直径にとった時993377で乱流だと思うんですが
(合ってるかな?)
途中に金網(間隔1mm,径0.1mm)を入れて,金網の
直径でとると331となり,これって層流になるんですか??
習ったばかりでさっぱりです・・・


77 :もっと頭悪い人:04/12/10 18:59:47 ID:jBYNL7p8
>層流になるんですか??
なります。

78 :名無しさん@3周年:04/12/11 06:53:37 ID:N3hOk3CF

東北大流体科学研究所
http://www.ifs.tohoku.ac.jp/

79 :名無しさん@3周年:04/12/11 14:48:25 ID:L84nTwhq
>>76
水道の蛇口から出る水(乱流)が
メッシュを通すと(層流)になるのと同じ感じ・・・かな?

80 :名無しさん@3周年:04/12/21 04:29:01 ID:qXN6vVJG
損な簡単に層流になってたら世の中変わって見えますね。

81 :名無しさん@3周年:04/12/21 12:01:16 ID:bg5ATTo2
>>76
掛け算と割り算がどっか逆になってんじゃない?

82 :名無しさん@3周年:04/12/21 19:00:07 ID:HHjgeVuS
計算上層流になっても,そんなに薄い金網だったら
流れの乱れが収まる前に流れすぎてしまうよ。

83 :ななな:04/12/28 12:38:30 ID:E/MAcHpe
物理におけるベクトルの内積の意味が分からなくなりました‥どうか、どなたか先輩エンジニアの方に御指南いただきたく書き込みました
機械科の二年生なんですが、流体力学の連続方程式の導出で

流体(密度ρ)内の空間に固定された閉曲面Sをとり、外向き法線ベクトルをn、速度をuとする
この時に、単位時間辺りに面Sを通って流入する流体の質量が
−∫(ρu・n)ds
〔積分区間はS〕って書かれてるんですが、このuとnの内積がよく分かりません‥


84 :ななな:04/12/28 12:51:00 ID:E/MAcHpe
考え直したら分かりました!おじゃましました!

85 :名無しさん@3周年:05/01/08 02:01:10 ID:Ku8pwVFN
zepp2.zip
zepp3.tgz

86 :名無しさん@3周年:05/01/26 11:17:39 ID:iZLq7AYP
ヌセルト数ってなんですか?  教えてくれるネ申キボンヌ!

87 :名無しさん@3周年:05/01/27 14:02:37 ID:G5WdtPwE
>>86
ねづでんだづげいずう゛ の むじげんずう でず

88 :名無しさん@3周年:05/01/27 19:37:57 ID:nLFOkb6W
ヌッセルト数の他に、グラスホフ数、プラントル数なんてのもありまつ。 無次元数で、熱の勉強でやりますた。

89 :名無しさん@3周年:05/02/02 10:40:36 ID:uU0Mnnff
素人ですみません。
粘性流体が通る流管の断面積が徐々に絞られていき、
最後に非常に狭い断面積から極端に広いところに
いきなり開放されるような流れがある場合、

1) 流体が高粘度の場合は最後の噴口が狭いほど、流体が拡散する。
2) 流体が低粘度の場合は最後の噴口が狭いほど、直進安定する。

という現象はあるのでしょうか?
理のある方、教えてください。


90 :名無しさん@3周年:05/02/06 01:23:36 ID:vp5Bpcza
マスターの空気力学で、噴流(亜音速及び超音速)の性質と噴流ノズルについて考察
って課題なのですが、本調べてもほとんど載ってなく 何か良い情報源(ネット)
などありましたらお願いします。

91 :名無しさん@3周年:05/02/06 01:25:50 ID:/Pa4dDRB
>>90
まずは常流と射流から調べてみろ。

92 :名無しさん@3周年:05/02/06 02:14:53 ID:vp5Bpcza
>>90射流と常流ですか?

F=ρQvsinθ みたいな簡単な、平板にぶつけた時のみたいなのは分かるのですが
亜音速、超音速となるとどうなるのかな?と思いまして

93 :名無しさん@3周年:05/02/09 00:21:25 ID:wzF5gj9T
>>90
松尾氏の圧縮性流体の本に書いてあると思いますが。


94 :名無しさん@3周年:05/02/16 21:52:01 ID:QwQ6TMox
そのまえにFLUID DYNAMICS F.M.WHITE
じゃないかい?

95 :苦学生:05/02/17 06:00:47 ID:Ip/6VxsF
大学の研究テーマなどで今になってしとけばよかったと思うような
テーマとかありますでしょうか?参考にしたいです。

96 :名無しさん@3周年:05/02/20 23:27:17 ID:7JfadiX4
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%93%E3%82%A8-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BC%8F

これってどうよ?
なんか間違ってないか?

97 :名無しさん@3周年:05/03/05 18:23:27 ID:ZcWLqEWI
http://www104.sakura.ne.jp/~assphalt/stored/up0022.xxx
↑ここに置いた課題が分かる人いませんか?
進級が掛かっているもので・・・(^−^;

98 :97:05/03/05 18:26:49 ID:ZcWLqEWI
ちなみに、上のファイルはワード形式です。

99 :名無しさん@3周年:05/03/21 01:10:11 ID:Ge5eVTnX
ウィンドカーってありますが(風上に走る風力自動車の模型),
  向かい風4m/sの中を速度2m/sで走れる(相対流速6m/s)
  向かい風0m/sで速度6m/sでは走れない
の違いを高校〜大学レベルでうまく説明できますか?
相対流速が同じ6m/s,なら獲得できるエネルギーも同じと考
えてしまうと,うまく説明できません...

100 :名無しさん@3周年:05/03/21 01:14:28 ID:RXi+6pRA
100

101 :名無しさん@3周年:2005/03/22(火) 17:06:40 ID:NWu1/743
>>99
風の運動エネルギーを利用して、
風上へ向かうエネルギーにしているのだから、
かぜの運動エネルギーがない無風状態では、
風上へ向かうエネルギーを得ることはできない。

102 :99:2005/03/23(水) 01:15:22 ID:6THmLf8U
>>101
言いたいことがなかなかうまく説明できませんが,
「ウィンドカーから見れば,何らかの理由で無風中を速度6m/sで走ること
ができれば,周囲からエネルギーを継続して獲得できるので,あとはそれ
を利用して走り続けられる」
「これは向かい風4m/sの中を速度2m/sで走るのと同じことだ」
「速度は6m/sと2m/sで運動エネルギーは違うかもしれないが,いったん等速
運動に入れば運動エネルギーは一定なので,風から得られるエネルギーとは
関係ない」
という説明に反論したいのですが,うまく反論できないので悩んでいます。

103 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 02:33:19 ID:/OKAWMAD
>>102
だから、無風のときは空気の持っている
運動エネルギーが最低(0の状態)だから、
エネルギーの取り出しようがないんだって。
だから、向かい風の中を走るのとは同じと
はいえないわけ。

そもそも運動エネルギーわかってないのかな。
Q=mv^2/2だぞ。
速度が一定なら運動エネルギーはどんな場合
でも一定になるわけじゃないよ。物体によって質
量は変わるから、同じ運動エネルギーでも速度
は変わるよ。

まさか、空気の質量が0だとは思ってないよね?

104 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 19:51:37 ID:/lmxJjuY
分からない事があったので知っている方いましたらお願いします。
風洞で吸い込み式と噴出し式ありますよね。
それぞれのメリットとデメリットって何でしょうか?
またそのメリットデメリットって亜音速・超音速で変わるものでしょうか?
よろしくお願いします。

105 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 00:58:03 ID:LnZlXABx
平均流速1.51〜4.38[m/s]
管直径0.014[m]
水の動粘性係数8910701
でレイノルズ数を計算すると19791〜57049になりました。
これを片対数グラフにプロットするのですが、このレイノルズ数だと
グラフの10^4の部分しか使いませんよね。
片対数グラフを使うなら10^2あたりから10^4あたりまで値が広がると思っていたのですが、
範囲が狭いので計算が合っているか不安になりました。
結果の通り、10^4の部分しか使わずにグラフを作成して良いのでしょうか?

106 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 01:02:23 ID:OYz//Ocq
計算が間違ってないならそれでいいのでは?
グラフの左下からいきなり10000、20000・・・1000000のスケールで書けば見やすくなると思われ。

107 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 00:12:54 ID:Pxx8bQm5
すみません、、流力はじめたばかりの素人なのですが、
抗力Fdを計算するときの”面積”が、
1.流体中に置かれた円柱のとき→円柱の断面積(πD^2/4)
2.翼周りの流れのとき→翼面積(上方からの投影面積)
と異なるのはなぜなんでしょうか、、


108 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:49:14 ID:iphTY75y
>>107
面積の定義と抗力係数の定義とが整合していればOK
あとはどのような定義を使うことが多いかというだけ
円柱のケースは流れに対する向きにもよって変えるのが普通

109 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:10:06 ID:WCdp2i2H
断面積の急拡大、急縮小のレイノルズ数について質問です。
急拡大:
管径0.0276m → 0.0416m
流速0,444m/s → 0.195m/s
急縮小:
管径0.0416m → 0.0276m
流速0.195m/s → 0.444m/s
と変化しています。
レイノルズ数Re=(管径×流速)/νを求める時、
急拡大、急縮小はそれぞれ管の狭い部分、広い部分どちらの値を使って
レイノルズ数を求めれば良いのでしょうか?

110 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:56:30 ID:JR4CjacU
>>108
ありがとうございます。
抗力係数って、材料ごとに決まる固有の値(弾性体のヤング率や
ポアソン比みたいな)じゃないんですね。
なんか視界が開けました、、

111 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:49:48 ID:/+XeBs0H
111

112 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 00:40:36 ID:QAXLoc0a
抗力係数とレイノルズ数の関係を教えて下さい。

113 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:24:26 ID:aGTbiNKq
>>112
どんなシチュエーションよ。
あくまでも無次元数が役に立つのは幾何学的相似を考える場合だぞ。

114 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:35:31 ID:QAXLoc0a
>>113
流れの方向と直角になるように二次元平板を置いて、
流速をいくつか変化させてみて抗力を測定するというやつです。

115 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 03:03:21 ID:X4hPiWOr
流体力学と伝熱工学、熱力学って繋がりあるんだね

116 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:05:55 ID:XQrCcm/N
>115
そうだね。
Nuは伝熱でよく出てくるが、温度境界層が分からんと算出できない。
音速は熱力の考えないと出せない。
圧縮機はほとんど熱力の話しだ。

117 :のん:2005/05/11(水) 19:02:26 ID:OgTIuryi
ポテンシャル流れと完全流体の流れと粘性流体の違いや分類分けは
どんな感じになるか分かる人いますか〜?

118 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 22:27:31 ID:pJfdbAAS
水時計について教えてください。
水時計って下の穴から出る水の流速が常に一定なんですよね。
それに適した壁面の形ってどんな形ですか?
ベルヌーイの定理あたりから自分でやったら3次関数になったんですが・・・

間違えていたら指摘をお願いします

119 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 23:05:11 ID:76myeBgt
流体力学と流体工学の違いって何ですか?

120 :さる:2005/05/19(木) 12:41:03 ID:g8gVoj76
オリフィスってなに?

121 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 01:39:31 ID:qIAhiRIG
>>120
オリモノの臭いやつ

122 :名無しさん@3周年:2005/05/26(木) 00:04:24 ID:lnQqEIes
>>117
・ポテンシャル流れ
速度ベクトルが∇Φになる(Φはスカラー)。
・完全流体
粘性のない流れ
・粘性流体
粘性のある流れ、通常は△u

理論的な取り扱いが異なる。

123 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 21:56:40 ID:UmqgqxNh
質問です。
流体力学の実験でやったんですが
ビーカーにお茶の葉を入れてスプーンでかき混ぜると
お茶の葉は中央に寄りました。
一方回転台の上にビーカーを乗せて回転台を回すと
お茶の葉は外側に集まりました。
回転台の方は遠心力だと思うんですが、どうして違いが出るのか
いまいち分かりません。分かる方教えてください。


124 :ただろー:2005/06/29(水) 00:10:45 ID:FcIAk3GH
自由渦と強制渦を考えてみたら。

125 :名無しさん@3周年:2005/07/02(土) 11:26:18 ID:N7YOswrc
すみませんが、教えてください。

心臓には心房、心室があって心房の収縮でも心室側に血液が送られます。
この時、心房圧が高くなってから時間差をおいて心室圧が高くなってきますが、
実験などからは、心房⇒心室への血液の流速は心房圧=心室圧となった時が
最高値となります。

単純に考えると、心房圧ー心室圧がmaxの時、最高流速がえられるような
気がしますが、なぜ、そうでないのか素人にも分かるような理屈がありますか?

126 :名無しさん@3周年:2005/07/02(土) 15:13:50 ID:Ka/4G4ff
心臓に4つの部屋があるのは知ってるが、どれが心室だか心房だか分からん…

127 :123:2005/07/03(日) 00:28:01 ID:UAExIJbl
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=725809





128 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 10:36:20 ID:9zIlp7dd
自分から見て左にあるのが左心房、左心室
右が右心房、右心室
心房は血液が入ってくるほうで心室は出て行くほう

全身→(大静脈)→右心房→右心室→(肺動脈)→肺→(肺静脈)→左心房→左心室→(大動脈)→全身
が血液の普通の流れ

大変形起こす組織だし流体に粘性あるし弁もあるしでその辺の影響じゃね
詳細は知らね
だけど、まず流出路の確保が必要で、そのための大動脈弁が開くのがちょうど心房圧とおなじくらいなんじゃね?

129 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 10:42:45 ID:9zIlp7dd
ちゃんと調べてから追記するつもりだったけどちょっとだけ
大動脈圧があるから、心室弁を開くにはそれ以上の左心室圧が必要になる

130 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 13:49:40 ID:TzA4XRFB
age

131 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 19:21:20 ID:e7odTOsq
初学者ゆえよくわかりません。どなたかご教授願います。

実軸上の2点(a.0)と(-a.0)に強さmの吹き出しがある。

@復素速度ポテンシャルの式を書け
A虚軸が流線の一つであることをしめせ
B虚軸上で速度はどのような式になるか?
C虚軸上で速度が最大になる位置とその速度を書け

132 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 23:25:01 ID:kNJfpXAI
>131
吹き出しの定義に(何とか×π)が掛かったりするかも.

@φ=Real(m log(z^2-a^2)), ここで z=x+iy
A実軸方向速度
=Real(∂mlog(z^2-a^2)/∂x)
=Real(d mlog(z^2-a^2)/dz)
がx=0で0を示せばOK.
B虚軸方向速度 on 虚軸上
=Real(∂mlog(z^2-a^2)/∂y) on x=0
=Real(i d mlog(z^2-a^2)/dz) on x=0
=2my/(y^2+a^2)
C Bの解をyで微分して,極大点を求めればOK.
位置: y=a, 速度: m/a.

133 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 23:55:38 ID:kNJfpXAI
> 102, 103
超遅レスですが...
力のバランスより:
等速運動状態でも,慣性力以外の力が働くことが重要.この状態では,
@風による推進力(=車に働く空力)
A車と摩擦力 が釣り合う.
@,Aは,それぞれ,風と車,床と車との速度差に依存する.
無風状態では,そもそも,@の推進力が得られないので,車は走らない.

エネルギバランスより:
103の言う,質量変化を仮定しなくても説明可能.
車の質量が一定の場合,「等速運動に入れば運動エネルギーは一定」
であるが,@とAの影響により,
運動エネルギが消散(熱エネルギなどに変換)する.
等速運動を維持するには,風からのエネルギ入力が常に必要.


134 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 01:29:13 ID:kQXhACCr
専攻する分野として,今の時代,理論流体力学と数値流体力学ってどっちをとるべきですかね?
理論流体力学の方が興味はあるんですが,現実を考えた場合は・・・

135 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 01:51:55 ID:qj4xra+9
数値流体力学ってシミュレーションでやる方のこと?
うちの学科では伝熱、蒸気動力系は理論の方、シミュレーション解析系は数値の方で分かれてる。

136 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 02:22:03 ID:kQXhACCr
>>135
そうですね.
理論解を数学的に求めることに興味があるんですが,やはり成果の出やすさ?と時代の流れ的に
解析的な解法よりも数値的な解法に精通してたほうが,研究者になるにしろ企業に入るのにしろ有益かなあと・・

137 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 02:50:57 ID:qj4xra+9
ここが機械・工学板だから聞くんだが、「流体」自体が目的なの?
例えば流体を勉強して航空、航海、宇宙分野だとか、蒸気、冷凍空調分野に進みたいとか。
前者なら数値的な方、後者なら理論的な方がいいかも。
まぁどちらでもコンピュータを使った解析はやるけどね。
ちなみに俺は後者の専攻。

138 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 01:41:51 ID:nmr5Zw1g
シミュレーション中の時間に,
紙と鉛筆で理論を勉強するのでいいんじゃない?

139 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 18:56:58 ID:1F6cmUVQ
低速風洞(3〜6m/s)の風洞を研究室で手製で作らなければならなくなってしまいました
だいたい形はできあがっているのですが送風機選びで非常に悩んでいます
ttp://www.monotaro.com/c/060/669/で購入を検討しているのですが
値段の違いはどこからくるのか?
回転数のずれが小さいのはどれなのかということで悩んでいます
できればご教授ねがえないでしょうか

140 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 21:45:46 ID:J2hft3qE
PVn乗=const
constってなんだ・・・

141 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 22:22:14 ID:ZXVF1rq/
定数constant

142 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 22:30:07 ID:NkGujfhw
定数。つまり一定。
どっちかが増えりゃ片方は減りますよってこった。

143 :名無しさん@3周年:2005/07/10(日) 20:16:50 ID:sX90uUTC
流体初心者です。乱流のことで教えて頂きたいことがあります。
最近ネットで,『 諸君 私は流体が好きだ 』
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4404/i_love_fluid.html
というネタ演説(元ネタは勿論「諸君 私は戦争が好きだ」)というのを
見つけたのですが,これの中で
「非等方性乱流の限りを尽くし‥‥ Re = O(10^9) の様な流体計算」
というフレーズがありました。
この 10^9のオーダーのレイノルズ数って,非等方性乱流の起こりうる値として
妥当なのですか?
非等方性乱流って,どれくらいのレイノルズ数から発生するものなのでしょうか?


144 :名無しさん@3周年:2005/07/11(月) 20:09:20 ID:+W8LiDFP
>>143
等方性って,座標の回転変換に対して統計量が変わらないってことなので,
等方性乱流とはu'=v'=w', u'v'=u'w'=v'w'=0 ('は変動ね)
が成り立つ乱流のことかと.
(余談だが,等方性の指標なのに,
a_{ij}=u'_{i}u'_{j}/u'_{k}u'_{k}-δ_{ij}/3
を,非「一様」テンソルって呼ぶのはなぜだろう?)
噴流,後流,管内流とか,平均速度勾配が乱流生成に寄与する
一般的な乱流では,等方性の条件が成立しないので,
どんなレイノルズ数であっても非等方性乱流になる.

ただし,件のフレーズで言いたいのは,
格子乱流のように,等方性が高いはずの減衰乱流でも,
Re = O(10^9)の高レイノルズ数では,非等方になるということかも.
知らないけど.


145 :名無しさん@3周年:2005/07/11(月) 22:16:10 ID:v30uZ1zv
えと,流体の演説を書いた者です。
こちらで取り上げられててビビりましたが (^ ^;
あのフレーズは実は特に深く考えて書いたわけじゃなくて,
なにか計算負荷が大きくかかりそうなものを,と思って
非等方性乱流 + やたら高いレイノルズ数 ,という組み合わせなら
まあ妥当だろうと考えて書いただけなのでした。
でも >>144 さんの解説は興味深くて面白そうだなと思いました(僕は流体について
超が付く初心者ですので)。
話題にして下さって,ありがとうございました m(_ _)m"


146 :144:2005/07/12(火) 01:44:13 ID:1LH9nHhY
>>145
おー,本人降臨.
興味が湧いたので,危うく文献探索で夜更かししそうになった(w

で,英語でhomogeneous, isotropicを使用する際のルールは
結構勝手のようですね.
調べると,ちゃんとした意味をなす
"anisotropic tensor" が主流のようでした.

147 :名無しさん@3周年:2005/07/17(日) 17:49:18 ID:GUOn5Lbo
すみません。
リューベという単位の定義がどうしてもわかりません。

148 :名無しさん@3周年:2005/07/17(日) 17:59:54 ID:L5os2ibd
>>147

俺の知っているのは 、立米 = m^3
土建屋さんはこれを「リューベ」と言う。

149 :芳郎:2005/07/23(土) 22:51:23 ID:yn2fQD5R
蒸気(ボイラー設備)に携わるユーザーとメーカー交流ページ
【ボイスチ・サーチ】
産業用・スチーム…蒸気に関しての交流ポータルサイトを開設いたしました。
【ボイスチ・サーチ】 http://steam-world.main.jp
ユーザー・各企業が「蒸気に関して」の利用法・アイデア・疑問等を
論議しあうページです。
蒸気(設備・産業用ボイラー)に携わるユーザーとメーカー交流サイト!
ボイラー技師・熱学研究者様も、ご参加下さい!業界発展のため、
ボイラメーカー様!スチームトラップメーカー様!スチーム機器メーカー様!の参加もお待ち申し上げます。蒸気タービン,減圧弁,総合エネルギー,熱学関連業界のユーザーもどうぞ! 
■管理人様・不適切な書き込みとご判断されましたら削除願います。


150 :名無しさん@3周年:2005/07/23(土) 22:56:43 ID:xZSAuocu
テスト

151 :回転ジュール:2005/07/23(土) 22:58:28 ID:xZSAuocu
テスト

152 :名無しさん@3周年:2005/07/31(日) 08:58:03 ID:0B/6yY4r
質問させていただきたいのですが、異なる密度の流体がx=0で接していて
x<0で密度ρ1、x>0で密度ρ2となっていて重力が下方にかかっているときの
ベルヌーイの定理を導出するという問題が出たのですが
この問題は他に何のパラメータを与えられていなくても解けるものなのでしょうか?
あとベルヌーイの定理は流線にそって成り立つのですがこの問題の場合流線の向きは
どうなるんでしょうか?


153 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 14:36:55 ID:ShnVSzg3
試しに他のパラメータ仮定して解いてみればいいジャン。
答えからは消えてるのかもよ。

154 :#:2005/08/08(月) 23:36:11 ID:F9QQxz0N




37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)