2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆◆未来技術で日本を農業大国にして再生を図ろう

1 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 06:55:10 ID:68Uc0XNY
◆◆日本を農業大国にして再生を図ろう!!◆◆
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1047531309/
◆◆日本を農業大国にして再生を図ろう!!◆◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1108998021/

2 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 14:08:49 ID:/VXkN5q1
日本の食料自給率を上げるには? part2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1100994523/

↑でやってるネタになると思われる。

3 :電波君:2005/05/04(水) 00:30:10 ID:5+d9ZCdw
いいですかぁ?

何も未来技術で農業大国、農業大国!!【農業大国】
にする必要はありません。肉の培養をするのです。
おそらく数世紀後の人類が見れば我々は古代人でしょう。
古典的なエサやり、生殖による肉の生産を行っているのですから。


4 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 01:02:53 ID:yn/z1gEh
最近、厚生労働省が出した試算
日本が食料輸入を止めた場合の食生活についてのレポート
アレはかなり極端に近い例だとは思ったよ
狂牛病問題で止まっているアメリカ牛肉輸入再開前に国民に食料輸入の必要性をアピールする目的なんだろうけどね
実際に食料輸入が止まった場合であっても、食糧自給率を増やす方法はあるから、あそこまではひどくはならないだろう。
ただ、一つの考える例としては悪くはないと思う。
日本の食糧自給率がいかに低く、危機的な状況なのかは理解出来るレポートだろう

5 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 01:07:21 ID:yn/z1gEh
まあ、とりあえず。農業政策の根本的な改革が必要だな
一つには、農業の株式会社かによる農業経営の合理化・省人化
旧ソ連諸国の中には、これでかなり成功した例もある。
もう一つは、食料自給を安保問題と捉え、あり方の大きな改善が必要だろう。
一つの例を言えば何年か前の長雨による米の大不作の際には、ささにしきやこしひかりは全滅状態だったが、古代米と言われる原種に近い米はほとんど影響を受けなかった。
商業価値が高い限られた種の穀物に頼ることが如何に危険なことかわかるってもんだ。
こうした米の生産を農家にある程度義務づけるとか方法を変える必要があるだろう

6 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 01:35:05 ID:GogILzHA
ここで無理って言ったら殺されるかな?

7 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 09:25:16 ID:OkyZCxYM
>>4
金も輸出する商品も信頼もある日本が食糧危機になる状況は
ちょっと想像がつかないな、正直言ってあり得ないと思うよ。
厚生労働省が言ってるのは大袈裟で100%ありえない事だね。
唯一あり得るとしたら北朝鮮か中国に核攻撃されて
日本列島全体が壊滅状態になった場合かな。
でもそれだと生きてる人がいないから食糧危機にもならないという罠。
結局日本が食糧危機になることはないね。
日本って領海を入れると領土は405万km2もあって
インド(330万km2)よりも大きい国なんだぞ。
それにそのすぐ横には所有者の無い海が途方も無い位あるからな。
どう考えても、危機的な状況にはなり得ないね。

8 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 09:55:35 ID:PDj0v/x7
取りあえず糞尿の肥料利用の技術とか?を進めるのが良いんの?
ゴミ問題解決にも関係し、自給率の向上にも関係してくる

9 :バイオ・ミント:2005/05/04(水) 12:08:54 ID:jDC8tNLq
アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどの広大な農業用地をもつ国々に
対抗するためには日本もそれなりの作付面積、栽培面積をもたなければならないと
思う。でも土地が限られているので工夫が必要になる。
高層ビル化させた「栽培工場」だ。この工場形式のビルを立地条件のよいところに
いくつも建ててまとめて「群管理」する。いろいろな農作物、畜産物などを
集約的に管理できることと、「平面(二次元)」から「立体(三次元)」に
なることによって栽培面積の拡大が可能になるというメリットがある。

さらに温度管理、日照管理などもハイテクノロジーによって一年中いつでも
自動コントロールできるようになるから、季節や昼夜を問わず作業が効率よく
行えるようになる。「時間制御(四次元)」。
コンピュータ、産業ロボットなどの導入により、種まきから収穫、出荷までを
工場製品形式の流れで扱えるようになり、各種データの取得もできるというわけだ。
どうだい?

10 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 12:14:25 ID:8my1JjjP
>>9

>>2
と内容変わってないじゃないか。
なぜ重複スレを立てる。


11 :バイオ・ミント:2005/05/04(水) 12:50:12 ID:jDC8tNLq
>10
バイオ・ミントが立てたのではありませぇ〜ん。
だれかな?

12 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 15:59:15 ID:PDj0v/x7
日本が土地持とう思たら人工島でも増やしたらえーの?
取りあえず他国の土買うなり盗むなりして運びまくったらえーんでね?
あと空母作って空母が土地になるな

13 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 16:07:51 ID:PDj0v/x7
>9 3次元ってビルに植物植えてビルの日陰になる面積分の
光を余分にビル内に取り入れるという事だけどそれの何がどう効率的なの?
面積増えても日照量同じなんだから栽培面積とかてあんま変わらんような

14 :士農工商:2005/05/04(水) 17:00:48 ID:3EBM3ijC
 船井幸雄さんの本の受け売りだがキューバ型の農業を目指して
ほしい。農業の自立が日本の自立にもつながる。そこんとこよく
考えて農業をやろうよ。

15 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 20:13:36 ID:PDj0v/x7
植物的には自分らより高い建物は建てて欲しくないらしいね


16 :癌は不治の病でなくなる。:2005/05/04(水) 23:24:52 ID:pRCB05UC
現在、尿検査で癌が分かる新薬の特許が申請されている。
これが、実用化されたら、癌はスキルスに至るまで、早期発見が可能になる。
初期段階の癌であれば、治療は殆ど可能だという。
日本の会社の創薬であり、日本経済も潤うであろう。

17 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 23:34:55 ID:qLyKhEng
>>16
おいそれは本当ですか?
それがあればママンも死なずに済んだだろうに。

18 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 01:02:05 ID:wOTFW/3a
>>7
問題なのは食糧自給率の強化は数年やそこいらで出来るもんではないってことだ。
ソ連の崩壊は七十年代は誰も想像しなかったように、国際情勢というのはどんな大きなことでも十五年単位でしか予見出来ないのだよ。
現在の国際情勢が十五年後にはどうなるかわからない
そして第二次大戦ではドイツによる通商航路破壊で相当追い詰められたとか、このような問題はいくらもある。
結局のところ、食糧自給率の確保へ平時からある程度行ってやって置かないとどうにもならないのだよ

19 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 01:21:28 ID:6m4GM/ed
よく家庭菜園したら採れ過ぎておすそ分けってあるじゃない
そんな余っちゃうと次は控えようかって気にもなるかもしれない

20 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 01:23:30 ID:KpSlFKcC
結論から言って日本の農業はおしまいでしょう。
現に年寄ばかりで若い世代は後を継がないし、そもそも農業じゃ食べていけない。
土地も無い、人もいない。
戦前の世代が死んだらまず終わりと思っていい。
そこでスレタイにある通り未来技術で食糧生産を行う。
これしかない。
バイオテクノロジーとナノテクノロジーを進歩させて、人工的に食料を生産する。

21 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 01:31:19 ID:6m4GM/ed
食べてけないてんじゃ日本の農地は減ってくのか
ビル増えるのか。日光のエネルギーが熱にしか変換されないのは勿体無いし
温暖化とかクーラーとか

22 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 09:10:56 ID:01juzD4N
>>18
それなら>9の言ってるものがいいんじゃないの?
東シナ海の油田とか、メタンハイドレート(石油燃料の2倍あるらしい)とか
広大な海とか日本には、まだまだ未開発のエネルギーや資源が有り余ってて
潜在的資源超大国なのだから、エネルギーの心配は無い(開発したらの話だけど)
それにもっと将来には、核融合炉なんてものが出来たら、完全にエネルギーの心配が
無くなってしまうだろう。そしたら、そのエネルギーを>9の言うビルの栽培工場に
幾らでも配分出来るようになるに違いない。これで領土は広いけど土地面積の少ない
日本でも充分な食料自給率を確保出来る。だけどこれらの話って日本が世界から
完全に孤立した場合に、どうするかって話だよな。現状だと外国から輸入したらいい
だけの話だし、やっぱり殆どあり得ない話で、農業大国にして再生しようって
アホくさい話だな。俺は日本の食料自給率なんて殆ど心配してないよ。
ただ食文化の観点から見た場合、食料自給率を上げた方がいいって話はあるよな。

23 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 14:39:21 ID:kL1kiZeD
>>20
トヨタが生命工学方面に出資始めてますがね。

>>22
それまで日本のハイテクが持たない可能性だってある罠。
あとエネルギーさえ有れば幾らでも食糧作れると?
エネルギーにもコストがかかるんだぞ?

再生できればいいんだけどね。
問題の先延ばしと区別ついてない奴いるし。
それどころか問題を拡大再生産しようとしてる奴までいるし。

24 :極東旅団:2005/05/05(木) 21:19:00 ID:ubqLP/W6
前のスレ見てきました。ふー、なんだかな。
日本が今観光大国を目指しててこ入れしているみたいですが
あれは今どのくらい進んでるんでしょうか?
なんか、日本の田舎をグリーンツーリズム的観光資源として活用したい、
要するに日本「ぼくのなつやすみ」化計画といった感じのやつなんですが。
農村や漁村に、この巨大な民宿の台所を支える役割がまわってきたら
面白そうなんですが。俺だったら結構のりきでやれそう。


25 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 03:24:50 ID:xcSi3c6e
耐塩性の強い作物を海上にはしけを浮かべて栽培して、海水で灌漑するのはどうよ、
東京湾とか瀬戸内海の海水なら肥料はいらないし、海水浄化にも役立つのだが…

難点は耐塩性の強い作物が、現在のところ数種に限られていて
そのいずれもが米や小麦の代替にはならないことかな。

早いとこ遺伝子工学で耐塩性のある稲や小麦を作り出してもらいたいものだ。

26 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 09:51:00 ID:ZaDfUVhg
東京湾にあほみたいにカキの大群が出来たとかニュースでやてたね

27 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 16:35:24 ID:DUW4sAeq
地図だけを見ると、日本って小さな国だなって思ってしまうけど
海を入れた日本の領土は405万km2もあって、実はインド(330万km2)よりも大きい。
日本は世界に冠たる海洋大国(7位)、これは世界に誇っても良い。
そして海には資源がある。海産物、海底の鉱物資源、メタンハイドレート。
技術が進めば進む程、資源以外にも新たな利用法が次々に出てくるだろう。
将来的にはどれだけの価値があるか考えたら
日本の海底資源の研究はもっと活発になるべきだし
開発に要する技術も活発に研究してほしいと思うのです。

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_12/40000/39336.jpg

28 :バイオ・ミント:2005/05/07(土) 18:36:23 ID:4lg9AJoP
>>25 >>27
海や砂漠地などでの試験栽培もどんどん進めてもらいたいね。
そして、最終的には「宇宙」だ!
宇宙ステーション、スペースコロニー、月面基地、火星基地、・・・などなど。

ビルの施設内栽培、海や砂漠などでの特殊環境地栽培
(もちろん、ドームを造り外部と内部の環境差を設定)、
こういった環境での作物の栽培技術が確立しなければ、宇宙での作物栽培も
ありえないんじゃないのか。
月面基地を建造したらすぐにそこでの作物栽培も同時にうまくできるとは
限らない。ビルや特殊施設での工場方式生産のノウハウが下積みになって
可能になると思う。

そういった意味でハイテク栽培は進められていくんじゃないかな。
大陸でいつまでも(何事もないように)今までと同じように青空農業を
やっている国々に日本は差をつけるのだ。
この分野で日本は技術の先頭を走り、他国が追従できないところまで
研究開発を進ませろ!日本の高度栽培テクノロジーによって長期宇宙居住が
可能になるところを見せつけるのだ!

29 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 23:33:24 ID:G4eziRp7 ?
>>20いや、これから儲かると思う
そうなればやるやつは増える

30 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 00:26:06 ID:vojE7ele
>>28
完全な閉鎖系で生きていくには
生物の体を構成する微量元素まですべて役割が判明しないと難しい。
無視した極僅かなナニかが重大な問題を引き起こすとも限らない。
さらにそれらを充分にコントロールできないとダメ。

その流れで宇宙に出ようとするなら、エネルギー生産の問題は避けられないが
充分なエネルギーさえ有るなら、農地等を含む”環境ごと”宇宙に持ち出した方が
安く上がりそうだ。

つうか、体を機械化して、メシなんか喰わねぇようになる方が早そうだ。

31 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 00:27:09 ID:vojE7ele
>>28
諸外国に見せ付けて、それからどうするんだ?

32 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 01:28:37 ID:3G0bQ3Ci
>>31 融資を募る、間違いない!

33 :バイオ・ミント:2005/05/08(日) 13:38:26 ID:mrwBwiES
>>30
完全な閉鎖系を構成できる技術をもてるようになるのは
ものすごく先の未来だろうね。
テクノロジーは段階的に発展していくものだから、すぐに希望どおりの
ものができるわけではない。
初期の段階では、まだ獲得できないものを他から「補完」するかたちで
導入がなされるはずだ。

自然公園などとしての「憩いの場」をスペースコロニーに構成する場合などは
「環境ごと」持ち出し、ということにもなるかもしれないが、限られた
食糧生産スペースでいかに効率よく(狭い空間で高品質のものをできるだけたくさん)
作物栽培できるか、ということが最優先で検討されると思うから、
初期の段階では「工場生産方式」になると考えられるのだ。

>>31
われわれ日本人は「宇宙の水先案内人」の一人として活躍する!
もちろん、それなりの待遇での技術協力だ。

34 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 22:25:06 ID:vojE7ele
>>33
>テクノロジーは段階的に発展していくものだから、すぐに希望どおりの
>ものができるわけではない。

そうやって不完全だから、と問題を先送りする。
その影響をおっ被る奴の事は考えない。
つうかその工場生産の概念自体が既に古すぎ。

そうだよ、段階的に発展しなけりゃ無理がある。
気象システムの解明も出来ないうちに、
大量に二酸化炭素出すような産業はやるべきではない。
メタンだってそう。

自分で言っている意味分かってるのか?

35 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 00:14:25 ID:c/5ontXr ?
いや・・・ただたんに大企業の作物生産をOKさせるだけで
ほとんどの問題は解決される。
世襲制の農家はほぼ壊滅になるけどね。

36 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 22:08:53 ID:fobulP89
農家に筆頭株主として
資本金の代りに田畑を提供してもらい、
農家の後継ぎには専務や常務になってもらって
直接経営に参加したもらえば良いのでは。

37 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 23:33:32 ID:RMyuYol3
>>35
解決しねーよ。
やっぱり理解してないな。

38 :オーバーテクナナシー:2005/05/11(水) 22:49:46 ID:FpuxGnp+
昔、金○成という人が同じ事を考えて国家ぐるみで実行しました。
結果は…
本人曰く、○○○○の陰謀だそうです。

39 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 02:15:45 ID:GYDklV35
>>22
メタンハイグレードは世界中の海に多く分布しているが、それがいまだに十分に使われない理由は何かわかりますか?
極めて不安定なんです。低温で高圧を常に受ける深海の底でこそ安定した状況だが、その環境から離れるとすぐに気化してしまう。だからモノがあるのは確かでもいまだに十分に活用できない
加えて核融合エネルギーの研究についてどこまで進んでいるかは知らないが、採算性もある程度考える必要がある。
石油が不足しているとよく言われますけど、人工的に石油を精製する方法ならあるのですよ。
その代わり掘って得ることに比較すると製造コストが莫大だから誰もやらないだけでね

また、誰も日本を農業大国にするべきだ何て誰も述べてはいない。
食料自給率をせめて60%から70%程度まで引き上げるべきだって述べているのです
現在のように40%そこそこでは、海外からの輸入が制限される環境になったらどうにもならなくなる。
食料輸入が持続的に続く環境が整っているなどただの幻想に過ぎない。単に食料配分が不均衡なだけでね
ベストセラーになった世界が百人の村ならを読んでみなさいな。
アメリカ人が牛肉の消費を数分の一ほど減らし、それで牛の飼育に用いられた飼料を人間に回すだけで世界中から餓死者を根絶できるのですよ。
食料の世界的な供給体制など、万全に見えてこんなもんであり、日本の経済状況次第でどうなるかわからんのですよ。
だからせめていまのうちに、万が一の時でも自給が何とかできる環境に日本を整えていくべきなんです

40 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 02:17:43 ID:GYDklV35
>>27
その日本の海底資源を中国や韓国が露骨に狙っている
特に中国はその傾向が著しい
それなのにいまだに憲法がどうのと述べている能天気馬鹿が多いのが問題だ

41 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 02:46:46 ID:9zlOj6sf
数十年後の未来ならナノマシンで空気と水と土から食料を分子レベルで組み立てて量産は無理かな。。。
無味無臭の合成食料しか出来なくても味覚嗅覚データを脳に直接送って美味を堪能して。。。
かなり未来技術だが。。。

42 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 21:43:08 ID:VwkKzfw8
>>35
全滅しないように農家は地価を釣り上げます。
用地買収がバカ高くつくので大企業は乗り出しません。
大企業は、中小企業が安く買い叩いた後に、その上にのしかかり上前はねます。
大企業の重役喰わすために下請け一同過労死するまで働かされます。
以上。

43 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 11:27:15 ID:eGEpfTJ/
>>39
メタンハイグレードって何だよw
笑っちまったじゃねえかw
それを言うなら、メタンハイドレートだろ。

44 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 11:50:27 ID:eGEpfTJ/
>>39
なぜ、先進国の人間が後進国の、それも顔も合わせたことのない
赤の他人の食料の心配をしてやらねばならんのだって話もある罠。
アフリカ人なんて子供を9人も10人も産んで食料に困ったとか
ぬかしてる馬鹿どもだしな、稼ぎが多くても子供を1人2人育てるのが精一杯な
日本人の方が、考え様によっては不幸かもしれんぞ。
人間の究極の目的は自分の遺伝子を後世に残すことであって
それを出来てない日本人がいかに多いことか。
100人の村って話は好きじゃないが、もしかしたら100人の村の
下位に属してる人間の方が、下手に中流に属してる人間よりも
人としては豊かな生活を送ってるかもしれないと思ったことは無いか?
まぁ100人の村の最下位に属してる人間は最悪だろうけど
それ以上の中流位までに属してる人間は、同情するような人間なのかどうか
あやしいよ?日本人より幸せな人がたくさんいるかもよ?
メタンハイドレートの話も自給率の話も100人の村の話も
マスコミが流してる表層的で中身の無い情報だよね。
メタンハイドレートを効率よく採掘する方法なんてすぐに開発されるだろうし
日本人が食料自給率を心配する必要なんてまったくと言っていい程無いし
100人の村の話も視点が単純で好きになれないわけだが。

45 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 16:14:50 ID:Y7UYQayj
>>35
反農厨の素人な妄想と違って、農業は金銭的には全然儲からないし、補助を貰ってれば
メシが食えるなんていうのは、25年くらい前までの話。それに、株式会社形態の農場も、
集約型農場も、36の言う委託型農業も、実際はとっくの昔からあるんだよ。
単に、穀物メジャーや商社みたいな連中の参入を拒否してるだけ。

なんで、そんないまさらな議論が起こるかというと、
・不況になると、心情的に社会主義・共産主義的なスタイルに傾く人、憧れる人が増える。
・農地ごと転居するのは不可能だから、金額的にはショボくても税金のとりっぱぐれがない。
・日本の大多数を占める、第二次、第三次産業の従事者・経験者に対するガス抜きになる。
という流れがあり、さらに、一番大きな問題は、
・大資本や、場合によっては外資が合法的に日本の国土を支配できる。
という理由があるからだ。

大企業が参入したら生産効率が上がって自給率が上がるなんて、小学生の社会観だろ。
天下のトヨタの車の部品の殆どは、小さな町工場の人が油まみれで作ってるんだぞ?
お前、実社会を見たことないだろう。

46 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 23:46:59 ID:VfgKhOER
 一万人以上住める超高層マンション建てる
→皆がそこに住む
→その分土地が余る
→巨大マンションの住人の中で自給自足したい人や農業を仕事にしたい人に余った土地を配る
→自給率UP+緑地増加で環境にも良い

47 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 04:00:42 ID:+hfewW0r
>>46の意見が凄くまともだな
農業のために多重構造の建物を作るなんて、コストがかかりすぎるしなwww
太陽の光と、実際にある土地で農業をする、これが原始的でありながらもっとも経済的なやり方。
まあ、機械とか、農薬とかは欠かせないものだと思うけどな。

バイオテクノロジーやら、ナノテクノロジーやらって言うのは、あまりにも夢見すぎかと。
どんなにバイオテクノロジーが発展したところで、土に含まれていたり、太陽から光合成したりして得る
栄養素、もしくはエネルギー以上のものはどんだけがんばっても出来ないだろうしなwww


48 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 04:58:38 ID:8pl+TgeN
>>46
その考えをさらに進めると

みんな、地下に住む
→巨大マンションの土地が空く
→そこも農地にする
→さらに自給率UP
→(゚Д゚)ウマー

49 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 07:47:42 ID:F02Qo7ct
野菜作るために地下でモヤシみたいになりたくない

50 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 15:55:52 ID:4Akpqg/p
そう考えると過疎化って良いことなんだな。

51 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 17:35:13 ID:8pl+TgeN
過疎化の最大の問題点はジジババだけが残ることなんよ

52 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 20:32:27 ID:2qxwMY2q
一箇所に集中して超巨大マンションがいくつか建っていれば
そこは数万〜数十万人が暮らす1つの町になる。
ジジババも若者もお店も学校も、みんな超巨大居住区の中。
その外側には広大な緑地が広がっていて、そこで農家の人達が美味しい食べ物を作ってくれる。
なんて素敵な日本の未来。

53 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 21:29:12 ID:3sDiW9Bu
……ハワードの田園都市の超巨大バージョンって感じだな。

54 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 22:05:50 ID:X2gd5JFY
実際はドイツもコイツも一戸建て一戸建てって
田舎の山片っ端から切り崩して住宅地にしてるけどな。
一体どこから湧いて出てんだよ、テメーら。

55 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 22:34:23 ID:8pl+TgeN
つまりこのままだと、食料自給率は下がる一方だな

56 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 23:04:52 ID:gk1B8B1r
52の良い所は今まで高層ビル等は入ったら100階まで行って
平地に戻り別のビルへ移るのにまた1ッ階まで戻るとENの無駄が多いが
そこが解消されそうな所にある

円盤をいくつか作って階層を作り木みたいな形だよね
だから1階層分にはそこまで高いビルは建てられないし
マンションにしても出口は1階だけじゃなくなるだろし
立てる事さえ出来て光さえどうにかなればなんとか

57 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 23:17:07 ID:4Akpqg/p
ゴルゴ13のコーンメジャーの話を読んだ。
何巻だったかな・・・134か135くらいだと思った。
読んでてすごく怖くなったよ。

58 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 23:20:03 ID:X2gd5JFY
>>55
食糧自給以前にせめて景観くらい考えて作れよって思う・・・
いきなり山が禿山になったかと思うと、そこにマズ電柱が四方に並んでる風景が出来上がる。
アフォかと。こんな計画性で、大規模ビルなんてできると思えねぇ・・・

>>56
ENの流れとしては、栄養豊富な培地の中の動物細胞って感じだな。
建物と言うより人工地盤に近いか。傾斜地(山腹)とかに作れば全階で地続きにもできる。
つうか、何万人も住むデカイ建物だと、取り壊しや建て替えなんて無理。
強度的にメチャ余裕持たせて、部分的に取り壊し、改修を繰り返せる
構造にしないと難しそう。

59 :52:2005/05/14(土) 23:40:25 ID:F02Qo7ct
>>56
いや、普通に500〜1000mの超高層ビルが幾つか近接してて
例えば100m毎に、近くのビルと行き来するための通路で互いが繋がってるのをイメージしてたんだけど
なんで円盤作って木みたいな形にしなくちゃいけないのか解らんです。

60 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 00:31:22 ID:HA0ZE1Hi
「農作物のために人様は土地を節約しろ。」
という理屈なら人工島に移住が最強では。

61 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 01:39:39 ID:n5AyUJ3g
人が住める超高層建物と、農業専用の超高層建物と、どっちが実現性が高いんだろうなぁ・・・・

まあ、農作物が美味そうなのは土地に生やすほうだとは思うんだが・・・

62 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 03:19:05 ID:aGX/y82l
>>61
蛍光灯と太陽の光で強さを比べれば分かるのでは?

63 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 06:53:57 ID:c1M1gN7Q
>>62
超高層で栽培しても自然光を使うだろ。
どっかの地下室農業実験に誘導されるなよ。

64 :バイオ・ミント:2005/05/15(日) 10:55:19 ID:lj3RfzRN
>>63
農業の「高度技術化」は工業や情報通信産業などといっしょになって
発展するものと思われるから、「自然光」の採光技術とともに工業的な
「光発生・照明」の技術も並行して開発研究されていくんじゃないかな。
極地・曇天雨天多地域・地下ドームなんかは光発生のメカが必要に
なってくるはずだ。

これは宇宙環境(スペース居住地や火星基地など)での作物栽培に向けての
テクノロジーの蓄積でもあるわけだから、地上での「閉鎖環境栽培」は
そのための基礎技術を確立するための「未来に向けた」研究として
重要になってくるものと思われ。

65 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 10:57:26 ID:jfTUSAy5
『使えるエネルギーは全部使う』というのが理想。
太陽光も農業に使うならなるべくそのまま使った方が効率がよかろう。

66 :バイオ・ミント:2005/05/15(日) 11:18:06 ID:lj3RfzRN
>>34
言いたいことがよくわからないな。
工場生産方式が「古い」としたらほかにどんな方法があるというのか。

以前に、あるテレビのニュースキャスターがこんなことを言った。
「いろいろな問題を抱えた工業はもうこれ以上発展しなくていいんじゃないのか。
 医療技術や環境衛生のためのテクノロジーだけ進歩したらいいんだ!」
まあ、ほとんどは冗談だと思うけど、医療技術や衛生技術だけの発展というのは
ありえない。
心電図や手術装置、医薬品などは電子部品や化学工業などの恩恵を受けて
登場しているわけだから、単独部門のみの進歩発展はないといっていい。
また、問題を抱えたものはそれを凌駕する新しいテクノロジーの出現によって
解決される、ということを言っておこう。


67 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 11:26:42 ID:FLP7WEpm
>>61
地域によって違うんじゃないかな。
高層ビルが立ち並ぶ都会なら、その中に栽培専用ビルが有ったり
人口少ない田舎だったら一箇所に人集めて、余った土地で農業とか。

68 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 11:42:10 ID:c1M1gN7Q
>>64
これは宇宙環境での作物栽培に向けての技術ではないよ。
ここは宇宙環境での作物栽培に向けてのスレではないよ。
地球内社会での食料自給問題だ。

69 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 12:00:51 ID:FLP7WEpm
もっと言えば、日本に限定してもいい話なんだよね

70 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 22:01:59 ID:+gsNpySV
>58 うえぇリアルじゃかなり難しいすなぁ。ついでにガラスで囲って
FF8のガーデンみたいな形にして水上移動したりできたらいいなぁ

>59 それはそのビルって形になるからなぁ。リアルで農地以外ビルオンリーと。
円盤の上に何か建てる時はビルだったり他だったりすると

71 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 22:32:36 ID:aGX/y82l
>>63
100階建てのビルで面積辺りの太陽光を分散したら強さ100分の1。
床面積の増加に伴って、受光面積が増えるわけじゃ無い。

人間はさらに弱い蛍光灯程度の明かりでも致命的ではない。

>>66
ロボット工学の発展で、”人間を自由にコントロールして”
当人に意識させる事無く強制労働させられるとかな。

72 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 23:55:34 ID:RM1Jylh4
>>71
あなたの世界の太陽光は常に真上から降り注いでいるのですね。

73 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 00:11:18 ID:BYznkARg
>>72
よほど細長いか平らなビルを想定しているのですね。
ビル影が出来て無駄。

74 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 21:54:48 ID:BYznkARg
>>65
それなんだよなー、技術さえ確立できれば、東京のど真ん中でもチベットの砂漠でも
インドネシアの熱帯雨林でも、”同じように”食糧を生産できると考えるのが、そもそも
楽観的過ぎ。地域ごとに”違う”資源環境を100%効率的に使う技術が要る訳で、
ハードルはかなり高い。

つうか、こんなトコで議論しても埒があかねー。
科学技術的手法を考えるなら、現象の観察と実験、仮説の設定と検証実験、この繰り返し。
生物、化学、農学、生産管理、マネジメント辺りを専攻した大卒(修士、博士含む)が
皆して汗水たらして畑仕事する実験農場が要るんじゃねーか?
天気のいい日は肉体労働、天気の悪い日は研究、晴耕雨読のメチャ健康的な生活ができるぞ。

俺は農家出身の生産寄りのマネジメント系修士だ。雇って。

75 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 22:32:41 ID:mWULvFx/
太陽電池は砂漠でも水とかいらんのだけど
葉っぱはそういう訳にはいかんと

76 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 23:27:12 ID:Ixx4hOD4
昔はタダで手に入った水も今はコンビニで買う時代。
手間を掛けないと良い水が手に入らないからだ。
水は、手間を掛けて昔の品質のものを有料で手に入れている。

人工の光を使った農業で採算が取れるかが問題だ。
設備投資とエネルギー料に見合った農業効率の向上が見込めるのだろうか。

77 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 23:33:55 ID:NOB51qlM
エネルギーはほぼ無限に使える、という条件で考えてみたらどうだろうか。

78 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 00:36:08 ID:BPin5hV+
エネルギーが無限に使えたら、電気の値段が暴落っていうか無料。
だったら可能だと思う。ていうか、俺も農家するお

79 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 00:45:40 ID:GS4iEJjA
栽培専用のビルに金掛ける位なら、住居に金掛けた方が良いんじゃないかな。
沢山の人が一箇所に集中して生活すれば、緑地が増えた外の自然環境を良くできると思う。
日光はそのまま使える。土もきれいになる。水もきれいになって川とかから畑に直接持ってこれる。

80 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 00:48:23 ID:zFUJPpMN
>>77
無限に使えるエネルギーっていったら光発電か?
そんなものを使うなら光ファイバー使ってダイレクトに光を施設の中に取り入れたほうが効率が良い。
>>63に同意だ。

水力を使うにしてもメンテナンス料が掛かる。
それがエネルギーの料金だ。
設備費も莫大だ。

81 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 01:08:54 ID:BPin5hV+
とりあえず、エネルギーが無限に使えたらっていう過程はあまりにも乱暴だってことだなぁ・・・


82 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 04:29:52 ID:22thrRd2
そうかな、核融合発電が可能になったらありえそうだけど。

83 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 10:13:46 ID:zFUJPpMN
>>82
核融合だって燃料は要るんだよ。
燃料を供給するには費用が掛かる。
それに送電システムは今も昔も未来も莫大な維持費が掛かる。

84 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 21:46:32 ID:j9YMiF66
雨水を集めて水力発電。
これはある意味植物にもできなかった事だ。効率悪い過ぎるが。
水力発電が始まるまでの雨水は、地面に衝撃を与える事でしかなかった

85 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 23:24:25 ID:3uc/7bMh
>>79
地下農場よか、住居を地下にしては?
昔は洞窟とか地下に住んでたんだし。

86 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 23:32:15 ID:j9YMiF66
79に地下農場?

87 :電波君:2005/05/18(水) 14:09:42 ID:wdcLArGQ
いいですかぁ?

効率的な農業生産を考える上でまず無駄なもの、デッドスペースを考えます。
それは植物の葉からもれて地面に当たる太陽光です。
植物視点で見れば最大限太陽光を得るように進化工夫されていますが、
完全とはいえません。米や麦、とうもろこしなどは葉っぱが青々と茂ったとき、
きわめて効率がよく無駄のない太陽光の吸収をしています。
緑の平面状になっているのです。つまり植物の品種改良を重ねて、
葉っぱが蔦上に青々と茂り、なおかつ地下や根元部分にまるでリンゴや
ジャガイモのような大量の実をならせる植物をつくります。
そしてその蔦はひとつの飾りもかねて高層ビルの全面に這わせるのです。
そしてその根っこはそのビルの一階部分につくり採取するのです。

88 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 15:14:46 ID:JkFzwtYC
↑ビルの外側に虫が湧きそう

89 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 20:02:31 ID:Vq4AmI3T
NHKで植物工場のことやってたぞ。
500万個の赤LEDを使って5000個のレタスを2週間で栽培できるらしい。
これからは苺とかトマトとか稲に挑戦するようだ。
つまり日本の食糧危機の心配は無くなったということだな。
東シナ海の油田・メタンハイドレート・地熱・水力・風力・波力・光と
日本にはエネルギー源がいくらでもあるわけだから、日本の食料自給率は
植物工場を増やしていくことで自然と高くなっていくだろう。

90 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 21:37:36 ID:jomAKjg3
いいな、気楽な奴は

91 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 01:58:13 ID:S+cCFm9Q
ヒント:栄養素はどこから補給する?

92 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 03:00:03 ID:AP7YBTrI
答え:うんち

93 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 14:04:47 ID:csjivWaX
正解

94 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 01:08:24 ID:xkDsWUXy
>>91
正解出たんだからなんか言ってよ

95 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 01:23:56 ID:92q7bDim
>>91はヒントじゃなくて質問だろ。

96 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:10:20 ID:A3GxoClU
戦後の人達って自然環境とか無駄に破壊し過ぎだよね
そこらじゅうをアスファルトやコンクリートで固めちゃったから
作れるはずの命も作れない

97 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:33:30 ID:A3GxoClU
農地を広げるために国内最大級の干潟を干拓して
干潟に住む生物を絶滅させるなんて馬鹿なことする奴が実際にいたりする。

こういう事を繰り返さないことが、有用な未来技術の第一条件。

98 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:58:11 ID:1JuQwgB7
干潟の生き物を食え

99 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 14:25:17 ID:ZVYOqWLA
高効率のえろDをならべて夜間でも促成させれば
野菜はできるけど、いまは穀物の半分は牛のエサになってるから
牛をどう育てるかも考えてくれ

100 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 16:47:30 ID:uYHF9JWn
いま、転職活動中で無職。でも、生産的な生活を欲する私は、自宅のテラスに
でっかいでっかいプランターを置き、農民やってます。たのしい。
プチトマト、大きいトマト、黄色いパプリカ、オクラ。無収入時の
野菜栽培は癒しにもなってよい。ああー、太陽の光って、タダでもらえるんだー
と感激。

101 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 11:34:34 ID:k/VoP3bK
まず鯨漁を解禁させ、鯨を世界中の者が食べる。
そうすると鯨が絶滅に追い込まれる。
今まで鯨に食われていた魚やプランクトンが大量発生する。
大豊漁になり、安く魚が食べれるようになる。

102 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 17:11:25 ID:46TnAHsu
アメリカの潜水艦のソナーでみんな鯨死んじゃうから捕鯨しなくても大丈夫だと思うぞ

103 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 18:47:34 ID:irHKbd9C
この板にはバカしかいないみたいですね

104 :名古屋OCM(オー・シー・エム)会:2005/05/27(金) 00:20:45 ID:4RRpZpvi




                   (゚∀゚)





105 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 17:44:25 ID:bsWhDQV1
きのこ、もやしは現在、工場で作られている。
カゴメではトマト生産を工業化しているらしい。

大豆やコーンが日本で工業化されたら最高なんだけどな。

106 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 05:38:12 ID:zejDzxSh
工業化ってどういう意味?
植物工場のこと?

107 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 12:46:30 ID:wrXpEsFY
均質化する危険性を理解していない

108 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 14:01:37 ID:TbTIo4It
必要な食材は何百何千種類、場所も何百何千箇所。問題ないだろ。

109 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 14:44:46 ID:wrXpEsFY
人体を構成する分子は数千種類じゃ済まないと思うが

110 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 14:53:46 ID:/EZ67HJH
きのこや大豆を構成する分子も単純じゃないわけだが

111 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 14:54:59 ID:TbTIo4It
藻前は日本語が読めない三国人か?w

112 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 15:09:56 ID:/EZ67HJH
日本人は米と大豆とイワシだけで生きてきたと言っても過言ではない。
油揚げと豆腐の味噌汁
納豆に醤油をかける
これにメザシでもあれば立派な日本古来の食事だ。

ま、これは極論ぽいけどさ、

数百種類の食材でも凄い事だと思うけどね。
日本の自給率ほぼ100%なのって米くらいでしょ。
工業化して数十種類にでも成れば万々歳だよ。

113 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 15:24:18 ID:/EZ67HJH
>>107
均質化は確かに危険だよね。
生物が種(遺伝子)を保存するメカニズムを壊す恐れが有る。

でもそれを積極的に行い、危険を侵してまで人工的に手を加えているのがアメリカだ。
遺伝子操作とかさ。
そしてアメリカの市場経済は、そのいじられた植物を世界にはびこらせ、制圧しようとしている。
それに日本が巻き込まれない為にも、日本独自の農業システム、生産システムが必要だ。

経済的に強い効率的な技術、設備、方法を編み出さなくてはならない。

114 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 19:39:37 ID:V8OmCChc
>>108

東京都内の空きビルを、食料生産工場にすればいい。

115 :バイオ・ミント:2005/05/29(日) 00:02:53 ID:OgCggEiz
>>107 >>113
「均質化」もメリット、デメリットの問題。
物事には長所、短所があるから「短所」となる部分をそれを凌駕する
技術によっていかに最小限に抑えるか、ということになってくると思うね。
やってみなければ何も生み出せない、しかしやれば問題も発生して
場合によっては危険も伴う。宇宙開発もバイオテクノロジーの研究も
ある意味で「冒険」だ。
>>114
室内を暗くして、ウドの軟白栽培でもやってみますか。
(昔の都内の農家では自宅の地下でウド栽培をやっていたときいているが)


116 :バイオ・ミント:2005/05/29(日) 00:40:12 ID:OgCggEiz
栽培研究は「開放系」と「閉鎖系」に分かれると思う。

【開放系】
(従来の土地なども含めた)栽培困難な土地で土壌改良・灌漑技術を
発展させて、適合しやすい栽培品種を作り出す。
荒地、乾燥地、寒冷地などで耐塩性、耐乾性、耐寒性をもった作物を
バイオテクノロジーなどで開発。

【閉鎖系】
ビルや地下ドーム、宇宙基地・コロニーなどでの栽培。
バイオテクノロジーによる品種改良よりも、栽培環境を作り出す「周辺技術」に
重点が置かれる。


117 :バイオ・ミント:2005/05/29(日) 01:46:20 ID:OgCggEiz
閉鎖系での技術項目(機械化・自動化)をあげてみると、
1.種蒔・苗植え付け
  シングル、インライン、マルチ、混合の各方式
2.灌漑・肥料やり
  遠い未来には、土や砂を使わない水耕栽培が主流になってくると思う
3.採光・照明・温度管理
  自動化はしやすい、コンピュータで一元管理
4.受粉
  自動化・ロボット化ではこの技術がいちばん難しいんじゃないかな
  風媒花はまだいいとして、虫媒花の受粉をどうするか(機械の画像認識など)
5.剪定・結実保護・収穫等
  伸びた蔓、枝などの刈り込み、果実の選別、保護、収穫
  相当先の未来まで人手による作業になるかもしれない
  作物の種類によって機械化しやすいものとしにくいものがあると思う
6.後始末・汚物除去・殺菌等
  果実を摘み取った後の草本を取り除く
  殺菌は化学薬品や農薬などを使わないで、紫外線照射、高温高圧水蒸気の噴射
  などによって物理的に行う

これらは園芸メーカー、機械ロボットメーカー、土木建設会社、電子部品機器メーカー
などがいっしょになって事業を立ち上げ、展開していくようになるんじゃないかな。
いろいろな産業が協力しなければいけなくなるので、平均的な技術力をもった
日本は他国に対して「有利」だと思うね。 

118 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 04:29:27 ID:FrwuXOnX
>>108
野菜工場より進んでる普通の工場でさえ
現状少量多品種生産は非常に難しい。

できるのか?

>>113
>均質化
日本のトヨタ生産方式もだよ。

>>117
それ開放系でも一緒ジャン。
また結局最後はエネルギー問題。

つうか、3と4が矛盾するぞ。
組織培養した均質な組織じゃないと
適切な数値が一定しない。



119 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 05:16:42 ID:GoHUPzJU
>>118
少量多品種にする必要ない、一工場数品種だけでいいと思う。

たとえ、それが巨大工場だとしてもね。
そして色んな作物の工場が全国に沢山あればいい。

ていうか、国内の自給率を上げるのは数千種類も必要ないと思うが??
100種類くらいでいいんじゃねーか?

120 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 05:23:12 ID:GoHUPzJU
>日本のトヨタ生産方式もだよ。

も??

トヨタの生産方式は危険って事か??
それともトヨタも生産技術の革新が必要だってことか??
トヨタ製品は均質化が著しくてつまらないとかいう話か?
ここで語ることなのか??

それともトヨタが海外で農業をやってる話をしたいのか?
何が言いたいのかサッパリわからねー。


121 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 05:33:38 ID:FrwuXOnX
>>119
>>120
多品種にする必要性は
>>117の3と4の矛盾に有るんだよ。

あと、悪いけど誰か
>1.種蒔・苗植え付け
>  シングル、インライン、マルチ、混合の各方式
どういう方式か解説してくれ。

122 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 05:38:23 ID:FrwuXOnX
>>119
じゃ、何を100種類作ればいいかリストつくらねぇ?
主食は米と麦でおおよそカバーできるよな?
あとは芋か?

123 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 06:31:10 ID:1ZOUWwHO
>>122
100種類もいらない。
エネルギー源として米か小麦、タンパク・脂肪を取るために大豆。
この2種類さえあれば問題ない。他の栄養素はサプリメントでなんとかなる。

124 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 09:28:59 ID:jrO9Zi6w
イブニングで連載中のもやしもんってマンガがあるんだが、それの最新話で
肥料のプールの上に浮かべた板の上で野菜を生産するってのを紹介してた。
なにやら効率がよいのだそうだ。
あとそのマンガの1刊では、農大(舞台が農大なのね)の教授が農学を使った
テラフォーミングの夢を熱く語ってたりする。
面白いから買え。読め。かもせ。

125 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 13:49:47 ID:Y2xOQEPe
まぁ欲を言えば、
穀物として米、小麦、大豆、コーン(家畜用)の4つは必要だな。

あと、根菜類と葉物を10種類くらい。
大根、にんじん、ねぎ、玉ねぎ、きゅうり、トマト、なす、キャベツ、白菜

126 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 15:20:28 ID:T5mUO7Ei
きゅうりとか栄養少なそうだから、ピーマン君にしてあげてよ
ピーマン嫌いな人多いけど、きゅうりよりも必要な子だと思う

127 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 15:30:48 ID:Z/cd8Jfh
品種を減らすと。「均質化する危険厨」が発生しまつよ。

128 :バイオ・ミント:2005/05/29(日) 16:31:28 ID:OgCggEiz
>>121
>>117の3と4の「矛盾」ということだけど、どういう意味で言っているのか
よく分からないな。

まず「3」について。確かに開放系でも「ビニルハウス栽培」などによって
光や温度の設定・管理はできる。閉鎖系ではさらに工場的な「栽培ライン」が
設置可能なのでいろいろな機械・電子装置などのメカを組み込みやすくなる
わけだ。これは何を意味するかというと、開放系に比べより部分的に(または全体的に)
より繊細(シビア)にコントロールでき(精密フィードバック制御の導入)、他の
自動化装置との「連携システム」も構成可能で、大掛かりなプラントなどには
適している、ということ。

次に「4」について。開放系では周りからいろいろな虫(蝶や蜂など)が
やってくるから受粉は特に意識しなくても「自然まかせ」で行える。
しかし、閉鎖系となるとその環境の中に栽培種に合った虫を入れない限り
受粉させることはできない。虫を入れることでかなり広範囲な「生態系」を
考えてやらなければいけなくなり、とても複雑になって省スペースに適したやりかた
とはいえなくなる。技術的に難しいと思うので初期の段階では人が受粉を
行うが、高度に発展した周辺技術の登場によっていずれ自動化・ロボット化
されるのではないかな。

次に「1」の種まき、苗植え付けについて。
「シングル」とは田植え機が一株ずつ「1ポジション」ごと苗を植えていく
ようなもの。「インライン」は田植えで考えると(まだ実用化はされてないけど)
畦と畦にまたがって一列に同時に苗が植えられる機械で、進行方向に向かって
一列ずついっぺんに植えながら進んでいくもの。
「マルチ」は一つの畑に対応した「碁盤の目」のような板状機械が上の方から降りてきて
畑地に一度に種をまいたり苗を植えたりするというもの。
「混合」はそれらの複合と考えてください。

129 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 16:54:05 ID:LD50bwe4
>>127
他の食材はとりあえず現状維持って事だから、
品種が減る訳ではないよ。

>>126
>>125は9つしか野菜を書いてないからピーマンも入れてあげよう!
きゅうりはカリウムが豊富ですよ。夏の大切な栄養素ですよ。

130 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 17:37:19 ID:zmaEvO8P
>>117
閉鎖系・・・なんてくだらないここ考えてるから相手にされないんだよ。
地下ドームとか宇宙基地とか、そんな話はしていない。
コロニースレにでも行ってくれ。


>土や砂を使わない水耕栽培が主流になってくる
ならねーよ。

>虫媒花の受粉をどうするか
虫を使え。
現在でもビニールハウス内の受粉には蜂を使ってるんだよ。

>殺菌等
殺菌なんてするな。
国内でどうするかってスレだ。海外や宇宙での生産じゃないんだよ。

>いろいろな産業が協力しなければいけなくなるので
全然せまい世界だな。建設と設備と運営会社だけじゃないか。
普通に一般的な工場を作るのと大差ない。


131 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 18:05:27 ID:zmaEvO8P
>>128
マンガ、アニメの見すぎだな。

穀物、野菜というリードタイムの長い商品を生産する工場で、
そんな、自動化とかロボットとか生産ラインとか・・・
単価が高くなってしょうがねー。

設備が1ライン100メートルで1億として建設費を合わせて2億円かかるとしよう。
1ヵ月の返済が400万円。
人件費30万円×5人とすれば150万円。
一月で合わせて550万円(←1ラインでね)
トマトを作ったとすれば50センチ間隔で20個づつ。1ライン4000個
ラインを4ヶ月占有したとして、トマトの単価は五千円だ。
誰が買うんだ?

自動化なんて温度、湿度、光量くらいで充分だ。


未来のビジョンに夢見るのはいいが、
現実を見ろよ。

132 :バイオ・ミント:2005/05/29(日) 18:28:26 ID:OgCggEiz
>>130 >>131
スレに「未来技術」とあるのでこんな話をしたまで。
目先の近い将来のことを語ってもいいけど、遠い未来を見据えた話のほうが
面白いんじゃないかと思ってね。
現実問題として「採算・利益」のことも考えていかなければならないのは
言われるとおり確かなことだ。
いろいろな工業製品の開発と同じように最初は膨大なコストを覚悟しなければ
いけないけど、たいていは改良・低コスト技術の開発によって克服してきたものも
かなりあるので、こんな農業・園芸技術についてもいつかは成功してくれるものと
思っているわけ。
おたくの「近い将来」でのアイデアやノウハウを聞きたいな。

133 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 21:03:27 ID:DdPGA3MX
温暖化で東北と北海道で二毛作
ただし二毛作のコメマズー
新潟は二毛作しないでね

134 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 23:47:07 ID:FrwuXOnX
>>110
キノコや大豆も複雑で、人間も複雑だから
それらがピッタリ噛み合うと?
随分乱暴な論拠ですね。

>>128
>>132
あんた分かってる・・・と思いたい・・・
ところで失礼かも知れないが
ライン作業のご経験は?


135 :オーバーテクナナシー:2005/05/30(月) 00:02:19 ID:80tzX0xx
>>112
その米も大豆も、
全て有性生殖で出来た変種だった訳だが、今もそうか?
イワシは養殖してたっけ?

136 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 00:55:56 ID:EfNccVaF
まあ、こういう研究が未来の宇宙時代の元になったら面白いね〜
宇宙時代が来れば、の話ではあるけど。

>>134
マジレスはよくないってwwww
ここの板で問題になるのは出来るのか、出来ないのか?ってこった
低コストとかは未来なんだし、なんとでもなるんじゃね?

137 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 02:12:36 ID:Wm3HKZGf
一つの夢として、視肉が遺伝子工学で作れないかと思っている
天地の気を吸うことで、食べても食べても幾らでも大きくなる生き物だ。
しかも味は物凄く良いらしい。
この伝説上の生物を現実に作れないかなってね
ヒドラや地面にすまう小さな生物、名前は何て言ったかな?
三つに切れば三匹に増殖するって物凄くしぶとい生命力をもった生物だよ
それらの生物を遺伝子を弄くって牛や豚並のサイズにまで大きくし、その上で味の良い肉をつけるようにするのだ。
エサは、伝説のように「天地の気」のみはさすがに出来ないから、大気中や土中の栄養素、事によっては屎尿処理場とか有機物の処理工場で飼うようにして汚物を食わせて育てるように開発するのだよ。
この生物が現実に出来るようになれば、食糧不足にかなり効果があるだろう

138 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 05:35:33 ID:hpAL5Y0n
とりあえず、それを科学的に取り扱うのは間違ってると思う
そもそも天地の気ってなんだよwwww

139 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 08:41:11 ID:fbgExsTK
日本政府、米国産トウモロコシの全量検査開始へ(ロイター)
遺伝子組み換え関連

140 :名古屋OCM(オー・シー・エム)会:2005/06/03(金) 00:10:33 ID:IBqoAFRO
”ゴキ(゚∀゚)ブリ”の4活用形
@ 食材活用形  ゴキ(゚∀゚)ブリをみんなが食べます
A 資産活用形  ゴキ(゚∀゚)ブリをうんと殖やします
B ペット活用形  ゴキ(゚∀゚)ブリをみんなが育てます
C 育種活用形  ゴキ(゚∀゚)ブリを品種改良します


141 :バイオ・ミント:2005/06/03(金) 13:26:19 ID:nGo9K70R
夜勤明け休日なのでカキコ。
>>134
仕事は電子部品製造関連。電子部品実装・プリント基板製作など。
もちろんライン作業(部品実装マシンなど)は経験している。
仕事の合間に(休日など)は、自宅の小さい畑で「家庭菜園」もしたことあるし、
子供の時は稲作も経験しているぞ(もう、今ではやってないけどね)。

>>130
「水耕栽培」にすると、
「輪作(作物を年ごとに違った畑に植えてローテーションすること)」の
必要性がなくなると思うわけ。
次の年も同じ場所に同じ作物を植えると、うまく育たなかったり(病気になるとか)
実入りが悪くなったりする。
前年の作物が吸収した土中の微量元素(養分)が減少して、次の年の作物に
影響するのも原因のひとつといわれている(トマトなんかは4〜5年ダメらしい)。
水耕栽培は土を使わないので養分の調整が随時簡単にできるし、作物から移った
病原菌が土中に残るようなこともないしね。

作物を収穫した空の生体を取除いたあとで植地を殺菌・消毒すれば
(化学物質を使わない物理的な方法で)、水耕栽培の効果もあがると思う。


142 :極東旅団:2005/06/03(金) 21:57:28 ID:MHPMfB8k
視肉ってゆうのか。
アメーバに藻類かけあわせて、なんちゃって地衣類を作ったら近いものができそう。
堤防とかの石垣にわさわさはえてるやつ、なんだかうまそうなんだが。

143 :名古屋OCM(オー・シー・エム)会:2005/06/04(土) 01:48:41 ID:gPWS1KFe
[広告のページ] みんなで育てよう!! ”ゴキ(゚∀゚)たんポポ豆”

1.一見普通のゴキ(゚∀゚)ブリがいつもの様に部屋を徘徊しています。
2.寿命が来る、あるいは殺虫剤で残念ながらゴキ(゚∀゚)ブリが死にます。
  また、非常に多くの場合、人間に食べられたり、素手で潰されて死にます。
3.ゴキ(゚∀゚)ブリの死骸から冬虫夏草の要領でタンポポに似た植物が数本生
  えてきます。(本品を調理して食べる場合はよく加熱して下さい。加熱が
  不足しますと胃の中で”冬虫夏虫”が発芽してしまうことがあります。)
4.速やかに綿帽子となり、部屋に吹き込むさわやかな初夏の風に乗って種子
  が辺り一面に浮遊します。
5.種子は木材や畳、カーペットなどの有機物上で発芽し、周囲の養分を集め
  ながら大豆を小さくした様な植物が次々と生長します。(通常の農作物と
  同様に屋外の畑で栽培することも出来ます。)(人体に根付いて発芽する
  ことは殆どなく、どなたでも安心して育てられます。)
6.豆の部分にはゴキ(゚∀゚)ブリの鞘卵が豊かに実ります。(食用にもどうぞ)
7.それぞれの豆の部分から鞘を破って無数のゴキ(゚∀゚)ブリ幼虫が元気良く
  這い出して来ます。
※ 部屋中タンポポの花を咲かせての鑑賞用に、ゴキ(゚∀゚)ブリを育ててその
  まま食用に、何匹もまとめて家庭用搾油器(別売)で洒落たオリジナルオ
  イル作りはいかが?栽培の輪を地域に広げてCO(゚∀゚)2削減に一役買う
  のもまた良し。贈り物にも最適です。


144 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 04:15:51 ID:5D5gKqxC
>>141
水耕栽培がそんなに良いならもっと広く広まっている
広島の農家が挑戦したが予定の半分も収穫できず、数年で破綻している
水耕栽培そのものに問題があるのか、それとも技術不足かまでは知らないけどね

145 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 05:04:33 ID:Th1rRUNA
名前忘れたけど、どえらい水耕栽培があるじゃん。
とまとが1株から数万個取れるってやつ。

あれとかはやんないものかねえ?
やっぱ、とまと一個あたりのコストが割に合わないのだろうかな・・・・
どっかのとまとのように水に塩分入れたら美味しく出来そうなものだけど。

146 :バイオ・ミント:2005/06/04(土) 12:08:05 ID:Ovx92Uw8
>>144
「農家だけ」では高い技術をもった本格的な水耕栽培はやりにくいと思うね。
「水を使えばいいだけだろ?」と単純・安易に物事を考えてやったので
その農家は失敗したんじゃないかな。濃度調整、PH調整、酸素吸入技術、
流水管理技術、・・・その他いろいろな難しい問題を考えなければならない。
(子供がヒヤシンスの水栽培をしたり、「家庭菜園」でちょこっと野菜を
栽培するのとはわけが違うのだ)
他の関連技術も導入したりして「研究」しながら進める必要がある。
初期の段階では「企業・研究所の形態」で行われていくと思うね。

また農家だけでは資金の問題、採算の問題、設備の問題などもある。
企業・研究所で蓄積されたいろいろな高い技術を農家が吸収し、
設備・各種装置なども購入できることも条件だ。
まあ、農家だけでやっていけるのはずっと先のことになるんじゃないかな、
と思うわけ。

>>145
それ、聞いたことあるぞ! うまいのかどうかは知らないけど。

147 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 15:33:25 ID:rMc5Xr2m
よく知らないけど、
水耕栽培って産業に利用できるのか??実用化してるのか?
実験室と同じ施設を広大な大きさで設置しなくちゃいけないんじゃないのか?

148 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 20:44:48 ID:RPqyqG+r
>>141
>電子部品
なるほど。

>水耕栽培
何にせよ、最終的に生物体に何らかの養分が吸収されるには
水溶液になるか油脂として直接浸透するか物理的に取り込まれるか
だろうから、微量元素まで全て必要な栄養素を含んだ水なら
問題ないのかな?

根にかかる微妙な圧力が必要、とかだと難しいかも。

149 :オーバーテクナナシー:2005/06/05(日) 02:31:22 ID:NlOQW18m
@300階建て1000M級ビルを建設する。
A屋上と壁面は全て太陽光を使って普通に植物を栽培する
B地下に原子炉を設置してそこで得た電力を1階〜150階の
植物プラントの稼動に使う。
C151階〜200階を家畜飼育場にして毎日新鮮な卵や牛乳や肉を得る。
D人は植物プラントで得た食材と通常栽培で得た食材を5:1の割合で食べる。
D人の居住区は200階〜300階。

150 :オーバーテクナナシー:2005/06/05(日) 07:21:36 ID:51lv3YO/
メガフロート使え。日照権等の問題は無くなる。
沖合いなら漁業権も関係ないだろ。

台風が怖いけどな。

151 :オーバーテクナナシー:2005/06/05(日) 08:05:38 ID:NlOQW18m
>>150
ナイスアイデア

152 :オーバーテクナナシー:2005/06/05(日) 08:14:58 ID:2TT2Qtz0
>>150
塩害が恐いです><

153 :e-book無料DL出来ます!!:2005/06/05(日) 10:45:29 ID:6bAjPtlu
http://www.japanese.rael.org/ebooks/japanese/index.html
59AH(2005年)2月3日
日本ラエリアン・ムーブメントは
 北海道による遺伝子組み換え作物に対する規制に抗議します!

この度北海道が、無許可の遺伝子組み換え作物の生産に対し罰則を設ける方針を固めたことについて、
日本ラエリアン・ムーブメントは、この決定が我が国にとって何ら利益をもたらさないばかりか、むしろ
食糧問題を始めとする世界が克服すべき課題にとって、単なる足枷にしかならない行為であるとして抗議します。
 
遺伝子組み換え食品は、いまだ人類にとっての最大の問題の一つ第三世界などにおける食料危機問題の
解決にとって、まさに希望そのものです。この希望に対して確固たる根拠もなく科される如何なる規制も、
食糧難で苦しむ人々から見れば人類に対する犯罪ででしかないとも映ることでしょう。 そればかりではなく、
遺伝子組み換え食品は、殺虫剤にも汚染されておらず、消費者の嗜好に沿った経済効果の高い商品をも
生み出すことを可能にします。しかし、今回の決定が実施されれば、ただでさえ世間の偏見により市場に
出回りにくい状態にある遺伝子組み換え食品にとっては、まさに致命的な結果をもたらすことになるでしょう。 

国際ラエリアン・ムーブメントの創設者であり、精神的指導者でもあるラエル聖下は、彼の著書「クローン人間にYes!」
(無限堂)の中で次のようにおっしゃっています。「西洋人が、肥満した塔のてっぺんから、遺伝子組み換え食品は
危険だと宣言するのは容易いことです。しかし、健康にもっと危険なのは全く食べ物がないことです。
それ以外のことは、萎んでしまうほど取るに足らないことです。」(p64) 私たち日本ラエリアン・ムーブメントは、
この人類に対する犯罪ともとれる行為に対し抗議するとともに、方針の再考を要求します。
http://www.japanese.rael.org/pages/press/pages/2005-2-3.htm


154 :バイオ・ミント:2005/06/05(日) 12:59:46 ID:roN/5yvh
>>147 >>148
とりあえず実用化はされているみたいだ。
「水耕栽培」といっても完全に完成された技術ではなく、
まだまだ発展途上の技術だから他産業との関連で、これから
さらにハイテクノロジー化されていくんじゃないかな。
こんなサイトを見つけたので載せておくね。
   http://www.gfm.co.jp/html/syouhin_annai/syouhin_annai.htm

>>145
トマトの巨木が見れるサイトがあった。
   http://www.kyowajpn.co.jp/index.htm

>>152
そこで「閉鎖系」なのだ。

155 :バイオ・ミント:2005/06/05(日) 13:04:06 ID:roN/5yvh
>>148
うーん、どうなんだろうね。
かなり専門的なことなのでわからんぞ。

156 :オーバーテクナナシー:2005/06/05(日) 22:48:49 ID:cu8GnEzr
>「閉鎖系」
バイオスフィア2は地下が閉鎖されてなくて失敗したんじゃなかったけ?

157 :オーバーテクナナシー:2005/06/11(土) 11:40:54 ID:2qi8+bql
究極の食料技術は細胞増殖だ。
この技術さえ研究し完成させれば工場で食べ物がどれだけでも生産できる。
田畑が要らなくなって地上は動植物の楽園になる。

158 :オーバーテクナナシー:2005/06/11(土) 18:44:07 ID:M0LQ/eye
その細胞を増殖させるエネルギーや材料をどこから調達するのかね。

エネルギーを太陽から、材料を土と水、大気から調達するのが農業、
栽培した植物からエネルギーと材料を調達するのが畜産業なんだが。

159 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 09:12:22 ID:HF6sKJ2m
>>158
それこそ人のンコと死体から・・・



完全閉鎖のクリーンルームで組織培養された細胞をひたすら量産する
つうナチス的思想から離れる事は無理なのか?



160 :バイオ・ミント:2005/06/12(日) 11:14:33 ID:vlgIjBX8
>>156
「バイオスフィア2」はあまりにも限られた種類の生物しか入れないことや、
(生物の生態系はものすごく複雑。自然を再現したといってもこれは「人工庭園」でしかない)
まだよく解明されていない環境を「もうわかったように」単純・安易に設定して
実験をおこなったためそういう結果になったんだと思う。

今の学問の範囲や考え方では足りない部分もいっぱいあるんじゃないのか。
生物学(特に生態学)は最も重要だけど、それ意外に
地球物理学、地質学、気象学(生物に与える影響は大きい)、・・・・
など関連して研究しなければいけないものはたくさんあるはずだ。
そんなにすぐに良い結果がでてくるはずがない。

161 :バイオ・ミント:2005/06/12(日) 11:32:51 ID:vlgIjBX8
「バイオスフィア2」のように、「閉鎖系」のなかに
「開放系(この場合は原生的自然)」を
構築する技術は今のテクノロジーではものすごく難しい
(現在の科学技術では不可)んじゃないのか。

閉鎖系ではごく簡単な「作物単体」を栽培する技術の習得からはじめた方が
いいと思う。植物工場など。


162 :バイオ・ミント:2005/06/12(日) 12:42:30 ID:vlgIjBX8
連続カキコ、スンマソ。
【周辺産業の有機的結合】
未来の作物生産ビル(東京、西新宿にあるような高層ビルを植物工場に特化して設計)
の一階ロビー。
直属の八百屋、直属のファーストフード店やカフェがあり、このビルで作られた作物が売られていた。
未熟果から完熟物まで。「朝摘み時間設定」でコントロールされた「採れたて」きゅうりや
完熟トマトがその場で調理されて、専属カフェで野菜サラダとして食べられる。
採れたてスイートコーンの茹でとうもろこし、焼きとうもろこしの
アツアツをそのファーストフードのテーブル席でかぶりつく。甘さ新鮮さが違う。

「直摘み即売」。カウンターでほしい商品や調理品をいえばすぐに対応。
工場と直結した「コンピュータ作物生産販売システム」が機能している。
工場の作物生育状況が各種センサーですぐに捉えられて未熟物、完熟物のだいたいの個数が
コンピュータで把握されている。採ったものを並べて売っているのではない。
客がカウンターで作物とその数量をいえば生育中のものから直接採って下まで送られてくる。
収穫時期を少しずつずらしたり、昼夜コントロールされた完全コンピュータ管理システムなので
このビルに来れば一年中昼夜を問わず、いつでも無農薬で完ぺきに近い理想的な
商品が食べられたり手に入ったりするのだ。

ファーストフード、ショップ、カフェなどのサービス産業。
作物の生育状況や果実管理、顧客対応管理などのシステムを提供する
ソフトウェアメーカー、システム設計会社などの情報通信産業。
農産業を中心として特殊ビル建設のための土木建設産業。
自動機械ロボットメーカー、照明・温度管理などの電子部品メーカー。
そのほかにもいろいろな産業が参入できる未来の重要農産業なのだ。

163 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 22:15:45 ID:m194Pc+g
まあ、そんな奇麗事を並べてるのは、研究費がほしい人たちな訳だが。
農業が、工業化されるのは本当に農作物が全滅するぐらいのことが起きたときかと思う。

一瞬でそうなったら、人類は技術を次世代に残せなく(知識はあっても実行できない)なるだろうから、
何百年もかけて、天候が徐々におかしくなってきたりとか仕方のないとき。

164 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 23:09:22 ID:HF6sKJ2m
まぁ、幾ら研究しても食糧は生産できて無いわけだが。

閉鎖環境で野菜工場作る技術は既に十分あると思う。
問題は>>162
>そのほかにもいろいろな産業が参入できる未来の重要農産業なのだ。
と言うように、多くの産業が集まらないと巧くいきそうに無い。
だが、多くのアレコレが必要と言う事はそれは全てコストがかかると言う事。
食糧難なんかにならないから、全部輸入でイイじゃん、つう輩も
居る事だし、そんな高コスト構造で輸入品に対抗できるのか?
量産効果で価格を下げるにはかなり大規模に生産する必要が有るが
それだけの投資をするだけの市場が見込めるか?ほとんど新しく市場を
開拓する訳でリスク高すぎじゃ?
多くの人が投資が高くついても食糧生産すべき、と思ってくれればいいけどね・・・

現状日本国内で食糧生産増やすなら、耕作地面積と人口から、建物を使う他無さそう。
だけど、野菜工場が実現したとして、それを維持するエネルギー、建物の構造体の原料、
作物を輸送する手段等が結局外国依存で、安全保障的には意味なし。
安い労働力他を求めた結果技術の流出も起りそうだし。

165 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 23:17:17 ID:HF6sKJ2m
だから、開放系での超省エネ農法の開発の流れで、自然エネルギーの有効活用や
生態系の理解と効率的運営、農作業用ロボットの開発等に繋げて、
さらには半自律ロボットの”生体濃縮”による海水中の金属資源回収や
太陽電池動力の半自律ロボットの余剰電力を収穫する電力牧場とか、
そういう方向へ持って行った方がいいと考えたわけ。

先行き過ぎかな・・・

166 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 23:26:38 ID:HF6sKJ2m
現状、野菜工場作る問題は技術的なモノじゃなくて、経済的なモノだと思う。
スパーの店頭で値段見たら国産買う気にゃならないよ。無農薬等の付加価値に
一体幾ら払うのか・・・

そこをクリアすべくなにやら法改正して補助金打ち切って弱小農家を無くし
大規模農業に移行するこで効率を上げようとしているみたいだけど、
それだと結局外国の後追いでしかない。面積と人口で負ける。
規格化された食物で本当に生物、生物種が維持できるのかと言う不安と
生産方式の画一化による競争力の減退の不安もある。

そういった袋小路にハマリ込まない為に、
弱小農家ネットワークによる実験農場への出資をお願いしますw

167 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 23:31:12 ID:HF6sKJ2m
とりあえず、栄養士と板前かシェフ呼んで、
どれだけの食材があれば、栄養が偏らず、
飽きさせる事の無いメニューをこなせるか
聞かね?



168 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 10:23:15 ID:VzyZuyTE
農業大国にしろ自給率にしろ、農林水産作業の人件費が安くないと。
農業大国=犯罪大国のような気がする。

169 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 15:06:46 ID:c271QJGz
>>168
あまり人の手が掛からない農業を確立すればいい。
アメリカやフランスの人件費は日本とあまり変わらないですよ。

日本は地理的なハンデがあるから、
それを何とか克服する為に農業の工業化や大企業化を進める必要がある。

大企業化は米仏ともやってることだが、
それに勝つには日本独自の農業の工業化技術で対抗するしかない。

170 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 23:33:30 ID:F5jNOCMB
傾斜地対応で安くて全自動な農作業機と農道整備機を開発しる。
365日24時間フル稼働。
1人で10万haぐらい経営できればいいかな。

171 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 23:34:21 ID:5hCLqvZL
問題は10万haの土地をどうやって確保するかだな

172 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 08:09:07 ID:lJk29AVG
その前に、その面積だと人間のやることは機械の整備というくらいの
完全自動化が必要だと思うのだが。

173 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 16:15:42 ID:kz+7BI1N
服役囚に農業やらせる。
交通の便の非常に悪いド田舎なら事実上の刑務所みたいなもんだ。
刑期終了後はそのまま農家になってもらってもいいし。

174 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 19:08:40 ID:VT6jzHIf
10万haもの確保は厳しいかもしれんが、日本は耕作放棄地が多すぎ。
耕作放棄の原因は、農作業員不足らしいが、機具購入費不足もあるんでは。
安くて丈夫なハーベスタがあれば。
資金に余裕ある土建屋や不動産、商社が無人農業を始めるかな。

脱獄防止で、模範囚でも農業服役は難しいんじゃねの。

175 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 21:17:17 ID:IFtBl8gx
うちにはエンジン手回しで始動する4、50年物(もっと古いかも)と
30年前後物のトラクターがあるが、最近のは作業速度倍以上速いな。
代かきしてて、後から始めた隣近所の方が先に終わるのは悲しいぞ畜生_| ̄|○

農業で300〜500万の設備投資はとてつもなく大きい。

176 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 23:15:06 ID:e4yX/1HG
>>168
何故?逆でねーの?

>>
そう。農機具高すぎ。超高級車。
冷暖房付とか何?
他にもやる事は幾らでも有るのに。

農業機械はどうしたら売れる?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1013166527/l50


177 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 10:11:09 ID:KY/M4dZc
>>174
矢吹丈が、少年院で畑を耕していたが・・・

178 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 11:39:11 ID:wag+/ECa
私の実家は兼業農家なので、毎日実家から仕送りされてる「あきたこまち」食べてます。

実家が農家だからこそ、今の農林業の実情が見えて、将来が怖いよ。

179 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 13:21:25 ID:iml+QBeU
> 脱獄防止で、模範囚でも農業服役は難しいんじゃねの。

そこは未来技術で発信器を埋め込む。

180 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 23:07:02 ID:o46Acs7P
農機具メーカーのやるべき事・・・の一部・・・

ネギ植え機をまっすぐ走らせるには
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1031394438/l50

181 :オーバーテクナナシー:2005/08/04(木) 19:46:34 ID:vPrnYTXJ
日本の里山の杉やヒノキをバイオマスへ!!
・エネルギー対策
・花粉対策
・自然のダム再生

よくね?

182 :オーバーテクナナシー:2005/08/06(土) 03:07:17 ID:dHhs1mMf
全部の杉植え替えるのに何十年かかるか…

183 :オーバーテクナナシー:2005/08/06(土) 06:59:57 ID:vSM/KuxN ?##
杉の代わりにクヌギを植えまくって、
シイタケ大国、カブトムシ大国になるとか・・・。

184 :オーバーテクナナシー:2005/08/06(土) 12:52:09 ID:UVSV89el
杉を植え替えるのに、150年ぐらいかかるかな。伐採ロボが開発されたとして。

185 :オーバーテクナナシー:2005/08/07(日) 20:32:27 ID:3mheOyme
僕んちは去年まで農家でしたが、暑さで作物が逝きました、農家終了、
噂では農協は無駄が多いとか、農協のせいで借金出来るとか
農協に入らないと闇農業を営むしか無い、僕んちは借金無しですが...
日本は漁業で踏ん張るしか無いじゃ...

186 :オーバーテクナナシー:2005/08/07(日) 20:48:41 ID:PCVxGUs5
>>183

>杉の代わりにクヌギを植えまくって

クヌギを植えまくらなくても、間伐してほっておけば、そのうち勝手に木が
生えてくる。

187 :オーバーテクナナシー:2005/08/12(金) 22:59:43 ID:h431MtcF
チャンピオンのBMって漫画見てみ。
作者似たようなこと考えてるから。

188 :オーバーテクナナシー:2005/08/13(土) 08:44:38 ID:vOpspGR0 ?##
>>187
少年誌か・・。
せめて青年誌のマンガだったらなぁ。
後で読んでみよう。

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)