2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

原始人に技術を教えるスレ2

1 :Σ(゚Д゚):05/03/06 15:27:29 ID:NJRz1/Hm
すみません。まとめ張ったら512kこえてしまいました。
進行は、前スレの1さんおねがいします。

前スレ http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1106236165/

《原始人に技術を教えるスレ NDC》 1スレ700レスまで ※書き漏らし多し
【0 総記】
ルール説明
原始人におこっている、色々な問題を技術の力で解決してください。
1−原始人は現在わずかしか道具もっていませんが、一度教えた道具を忘れることはありません。
2−現在の原始人は木、水、土、石、空気等の抽象的な事柄を知っていますが、それの細かな分類がありません。
3−一度教えた技術や、植物や動物、鉱物などの細かな分類は『』をつけて、名前を定義してあげてください。
4−原始人は非常に賢く、器用です。多少無理な方法でも、時間をかけてやってしまいます。
5−原始人は暇人です。星空も夕暮れから明け方まで眺めたり出来ます。
6−原始人は怪力ではありません。素手で大木を倒したり、岩石を割ったりは出来ません。
7−原始人が必要な資源は村から徒歩で取りにいけるところに全てあります。
あとは、必要時に追加するかもしれません。
8−今まで教えた概念は次の以下の通りです。↓

2 :オーバーテクナナシー:05/03/06 15:32:50 ID:v6z2lHdE
もういくね?
あきたってもう…

3 :オーバーテクナナシー:05/03/06 15:46:15 ID:8FypgIbK
連続投稿に引っ掛かった。。
まとめはしばらく待って下さい。

4 :オーバーテクナナシー:05/03/06 16:16:53 ID:0nmMaw7K
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1106236165/60の続き

研究員A「時空破壊量子砲発射準備完了」
研究員B「ワームホールにロック完了しました。時空座標future/1106236165」
所長「よし、発射準備状態のまま待機しろ。TPに連絡。その時代から緊急退避させろ」
通信員A「すでに退避完了とのことです」
所長「よし、発射しろっ!」
研究員A「5・・4・・・3・・・2・・・1
      発射します」
研究員B「時空観測スクリーン、ノイズより回復します」
研究員A「ワームホールの閉鎖完了を確認」
所長「よし、封鎖完了。歴史に多大な影響を与えてしまったようだが、幸い技術の他部族への流出はしていないようだ。
   もうあのスレを通した原人への干渉はできないだろう」

だが、時空座標http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1110090449/に第二のスレが立っていることを、タイムパトロール達は知る由もなかった。

5 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:09:03 ID:NJRz1/Hm
【0 総記】(続き)
Web画像説明許可条件
赤、青、緑、黄色、白、黒、茶色の7色を含む
10種類の着色が1種類の媒体に可能になったとき

原始人役のキャラメイクをするには過去ログを読んで、1に相談して時代考証とかしたほうがよさげ

【100 哲学】
「勝つってことは食うことだ、負けるってことは食われることだ。」(ナナッシ)

【160 宗教】
モラーラが村のもてない男を集めて聖女崇拝をしている。
大麻が儀式に用いられる。
一方、村の占い師ナナッシは"ネ申さんたち"から発明品のアイディアを
授かっているが、特に宗教的行為は行なっていない。
畑に種をまくときに、『祭』をやっているらしい。

【200 歴史】(お話風のところ)
1-1 村がサイに荒らされる
1-21 『尖頭器』でサイを撃退
1-62 『袋』発明で採集が楽に 
1-88 『尖頭器』で鹿狩り、まだきつい
1-95 『火おこし器』で『火』を手に入れる
1-115 『土器』発明
1-117 『麻』で『糸』『紐』『布』『袋』『服』ができる
1-140 モラーラ、『大麻』中毒に 
1-165 『レンガ』で『かまど』ができる
1-166 偶然『ぶどう酒』ができる
1-172 数字表記『╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋ 』ができる
1-175 竪穴式住居ができて数年、人口増加で食糧不足深刻化
1-204 『木炭』ができる
1-220 果物の栽培がうまくいかない

6 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:10:50 ID:NJRz1/Hm
1-237 モラーラ、もてない男たちを集めて「聖女信仰」をはじめる
1-301 『投石器』『投槍器』の実用化で狩が楽に 
1-337 地震発生、『水晶』発見
1-353 『針』づくりうまくいかず
1-383 狩猟武器開発、『筏』『網』実用化、農耕成功で食糧不足改善の兆し。でもまだ足りない。
1-425 南の海から巫女オオテクナナシノウズメヒメが来る。
1-453 初の家畜『鶏』捕獲
1-497 原始人子供の初登場、遊びの風景
1-514 洞窟で、『黄銅鉱』を発見 
1-526 原始人子供、友人の死 
1-529 ウズメ、昔話『バナナと石(仮)』を語る 
1-542 海から舟の大軍が攻めてくる夢。
1-578 カマドに改良の余地
1-687 『田』完成 そろそろ主力穀物の決め時か?
1-688 『草履』完成 行動半径が広がる

【280 伝記】
『ナナッシ 』
”ネ申の声を聞くもの”普段話している原始人はかれです。
怠惰を求めて勤勉にたどり着くタイプの彼は、めんどくさいことが嫌いですが
それを回避するための労力を惜しみません。手先が器用ですが、力仕事は今一つ。
『モーナー』
ちょっと臆病だけど、いざとなるとぶちぎれるタイプ。
サイとの戦いでは、一番最初に頭突かれたが、きれて一番やりを決めた。普段は温厚な性格。
『ギーコ 』
口は悪いが、気はやさしい。面倒見の良い兄貴分。
体は小さく、すばしっこい。木登り等はおてのもの。
『モラーラ』
村のトラブルメイカー
ナナッシとは別の意味で電波を受信する奴。 ※聖女信仰のリーダー 薬物常用

7 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:12:58 ID:NJRz1/Hm
『クックルー 』
腕力がじまんのちからもち。狩りの時にはリーダーとしても活躍する。
『長老・ホッシュ 』
村で一番の長生き。いろいろしってるぞ
『かあちゃん 』
ナナッシの母親。奥さんではない。現在村には結婚という制度がない。
『オオテクナナシノウズメヒメ』
”ネ申の声を聞くもの”。南の海の向こうからやってきた巫女。
子供の面倒をよく見ている。
『原始人子供』
原始人の子供。村での生活の様子の報告をしてくれる。

【290 地理】
村の名前は『未来技術村』
現在は洞窟が点在する、谷にある。
どうやら、村の周辺一帯は露出した粘土層であるらしく
赤茶けた固い土があるだけで、めだった植物は無い様子。
周囲には、森や海やら川やら山やらと自然に富んでいる様子。
農耕したり、都市を築くためには引越しの必要がでてくるかもしれず。
現在村の中央には水路があり、水をそこで補充したり、洗い物をしたりできるようになった。
・『火の山』には、『赤い池』(強酸)がある。
・『水晶』や『黄銅鉱』が取れる洞窟がある。また、この洞窟がある山では『孔雀石』が取れる。
・『畑』や『田』ができて穀物を育てている。

観測によると北緯32度±15
エデン内部はあらゆる資源があるが、
エデン外部は通常の資源状態とのこと

『地図』 大地の様子を書いたもの
 誰が書いたのかわからない壁画 ttp://www.ff.iij4u.or.jp/~ranmaru/nazo/tizu.jpg

8 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:14:29 ID:NJRz1/Hm
【300 社会科学】
【360 社会】
『奴隷』 武力によって言いなりにさせた人間。重労働に使う ※まだいない
『略奪』他の村の人や物を奪うこと ※まだやってない
『征服』他の村に住み着き、そこの住民を従わせること ※まだやってない

【380 風俗習慣】
いまのところ、未来技術村は母親を中心とする母系社会に近い状態のようです。
婚姻の概念は現在なく。沢山の食料を獲得できる男は、複数の女性と関係をもち
美しい女は、複数の男性と関係をもつのが一般のようです。
もっとも、多くの男達に複数の女性を養う力はないので、一人があたりまでもあるようです。
女達は母親を中心にグループを作っていて、関係を持ちたい女性がいれば
グループ全員に食事を配るのが常識となっているようです。
もちろん、自分を生んだ母親を中心とするグループを養うのも男の仕事です。
男の負担がやたらと高い社会になっています(笑
社会の効率化と改革も皆さんでやってみてください。
法律を持ち込んでみたり、宗教を持ち込んでみたり、経済を持ち込んでみたり
色々やってみると楽しいかもしれません。

《葬儀の様式》花を供えて土葬の上、動物に荒らされないように上に石を置く。
『葬式・告別式』死者との別れの会
『魂』心の本体、身体にいられなくなると抜け出てしまう。
《魂の行方》森の奥や水の中に行くとか言われている。
         ウズメさんによると空の上のネ申さんのところへ行くとのこと
《種まき前の祭》村の広場で音を鳴らしたり踊ったりして豊作を祈る

【388 伝説・民話(昔話)】
『オニ』ネ申ヶの世界に住む違う言葉を喋り、違う考え方で物事を考え始める、少し大きい、普通の人。
ネ申ヶの先祖は彼らとよく戦ったが、今は仲がいいらしい。
『バナナと石(仮)』海の民に伝わる昔話。昔、ネ申が人間に繁栄の象徴であるバナナと
不死の命の象徴である石を与えたが、人間は石を放棄したため、不死性を失ったのだという。

9 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:16:17 ID:NJRz1/Hm
【400 自然科学】
『板』状態  原「うすっぺらいモノだな」
『粘土状』状態  原「ねばねばしたモノだな」

【410 数学】
『6』数字
『7』数字
『8』数字
『9』数字
『10』数字
『100』数字 10が10集まったもの
『〇』数字表記"0"
『┃┃┃┃┃┃┃┃┃』 数字表記"9"
『╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋』数字表記"10"
『漢数字表記』 一二三四五六七八九十百千万
『算用数字表記』 0123456789 とりあえず10000まで
『計算』数について考えること
 『足し算』+を使う。3個の木の実があり、さらに4個の木の実を取ったら全部でいくつでせう。3+4=7
 『引き算』-を使う。5個の魚のうち2個を食べたら残りはいくつでせう。5-2=3
 『=』等号
『寸』(3.03p)親指の先から第一関節まで
『尺』(30.30p)十寸にあたる
『キュービット』長さ (約45p) 原「肘から指の先までの長さだでよ」
『丈』(303.00cm)十尺に当たる
『頂点』数学概念
『辺』数学概念
『角度』傾き
 『直角』3:4:5の三角形を作った時の一番大きい角度

10 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:17:11 ID:NJRz1/Hm
『輪』概念
『円』平らな○
 『中心』規などで円を書く時の真ん中の点
 『半径』中心から円の線までの長さ
 『直径』半径の二倍の長さ
 『半円』円を半分にしたもの
『正三角形』数学概念
『四角』概念
 『平行四辺形』向かい合う辺の長さが同じ四角形
 『ひし形』同じ長さの棒で作った四角形
 『長方形』向かい合う辺の長さが同じで接する辺の角度が直角である四角形
 『正方形』すべての辺の長さが同じで接する辺の角度が直角である四角形
 『対角線』辺によってつながってない点同士を結んだ線。
『球』立体的な○
 『半球』球を半分にしたもの
『正八面体』数学概念
『正四面体』数学概念
『ものさし』長さを測る道具 原料:竹、炭
『規』円を書くための竹の棒に穴をあけたもの 原料:竹
『刻』時間概念 日の出から正午までの三分の一(約二時間)
『日』時間概念

11 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:18:03 ID:NJRz1/Hm
【440 天文学/宇宙科学】
『太陽』天体
『月』天体
『星』天体
 『北極星』北の動かない星
『日時計』観測機 地面に直立させた石柱
『月の満ち欠け』 28〜29日周期
『正午』概念
『南中』
『夏至』概念
『冬至』概念
『東西南北』方角
『右手』
『左手』

【450 地球科学/地学】
『天候』空の雲の様子
 『晴』雲が少ないこと
 『曇』空が雲に覆われていること
  『雲』空に浮かぶ白かったり黒かったりするもの
 『雨』空から水が落ちる
 『雷』空が光ったり轟音が鳴ったりする
 『雪』ひらひらした氷の粒がふる
 『雹』固い氷の粒がふる
 『嵐』風や雨が激しいこと
『空気』そこらじゅうに漂っているもの。息を止めると苦しい。
『季節』一年の寒暖、植物の様子などの変化
 『春』動物が眠りから覚め、草花が咲く季節
 『夏』一番暑い季節
 『秋』果実が実り、葉が落ちる季節
 『冬』動物が眠る寒い季節

12 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:19:05 ID:NJRz1/Hm
『黒曜石』・・・天然資源
原「強くたたくと綺麗に割れるいしだよ。尖ったものを作るのに便利だよ」
『サヌカイト』・・・天然資源
原「鋤の先につかってるだよ。斧を作るのにも使えるそうだが
  斧の詳しい作り方が今一つわからねえだよ」
『安山岩』ごく小さな黒い点々がある灰色の石
『石灰』水に入れると暖かくなる白い石
『粘土』・・・天然資源
原「これを使って土器をつくるだよ。村の土はだいたい粘土に使えるみたいだよ」
『灰』木が燃えたあとにできる白いもの
『水晶』鉱物 硬い
『火山』火や煙を吐く山
『赤い池』熱い強酸の池
『赤い水』強酸
『酸化鉄』鉱物 血のような匂いのする砂
『鉄鉱石』赤茶けた石
『磁鉄鉱』正八面体の形をした岩
『孔雀石』緑色の柔らかい石
『黄銅鉱』黄色く光り、引っかいたらとそこが黒くなる石
『川上』川の水が流れてくる方
『川下』川が流れ去る方向

【460 一般生物学】
『交配』交わること(生物一般)
『交尾』動物が交わること
『セックス』特に人が交わることをさす
『繁殖』子供が生まれること
『世代交代』子が産まれ、親が死ぬこと
『第二次性徴』男が男らしい、女が女らしい身体的特徴を得ること。
       これが来ると子供が生まれるようになる。

13 :オーバーテクナナシー:05/03/06 17:36:31 ID:v6z2lHdE
もういいっつうの

14 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:25:31 ID:NJRz1/Hm
『生理』女性が月に一度出血する現象。この時は抵抗力が落ちているので交わってはならない
『今度産む』避妊具 原料:魚の浮き袋
『胎盤』出産の際、へその緒の先についているもの

【470 植物学】
『球根』丸い根っこ
『年輪』木の切り口にある輪。この本数で木の年齢を知ることができる
『鱗茎』たまねぎのようなもの
『蔦』植物 結ぶのに適した固いものは少ない
『松』 原「細くて、ちくちくする葉っぱの生えた木だよ。火をつけるのに、よくつかうだね」
『竹』 弓、筏、建物、ものさし の原料として大活躍
 『たけのこ』食用 竹の子供
『梅』 食用のほか漢方薬『烏梅』の原料となる
『樫』どんぐりができる常緑樹。硬い
『柏』どんぐりができる木
『葦』 原「まだ使ったことがないだが、繊維がとれるそうだよ。沼に沢山生えてだだね」
『麻』 原「これから繊維を取り出せるだよ。いっぱいほしいだね」
『大麻』植物モラーラさん曰く、「あの葉っぱの煙を吸いこめばネ申に会えるのでしょう」
『山葡萄』植物
『りんご』植物 まだ小さい
『ベニテングダケ』植物 毒性あり
『芋』植物 正確な種類は不明
『ユキノシタ』植物 薬草
『豆』大き目の食べられる種
 『大豆』カヌー上の鞘を持つ
 『落花生』炒るとおいしい
『綿』 植物
『油菜』 植物
『胡麻』 植物
『ひまわり』 植物

15 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:27:00 ID:NJRz1/Hm
『オリーブ』 植物
『バナナ』植物
『ウコン』染料 薬草
『桜』薬草
『カタクリ』薬草
『ヨモギ』薬草

【480 動物学】
『虫かご』捕獲器具 原料:土器・網
『サイ』 原「岩みてぇに、硬い皮の動物だよ。もう村にきてほしくねぇだね」
『鹿』 原「雄の鹿には角がはえてるだよ。この角を使えば木に穴をあけたり 石を砕いたりできるだよ」
『熊』 原「大きくて、くむくじゃら。強暴だで、あまりあいたくねぇだな」
『狼』 原「大きくはないだが、強暴だで、こいつにもあいたくねぇだよ」
『ワニ』動物
『カバ』動物
『象』鼻の長い動物
『ねずみ』作物を食い荒らしたりする小さい動物
『イナゴ』畑を荒らす虫。塩、醤油に漬けて食べることもできる
『ミミズ』畑をよくする紐状の動物
『魚』
 『イワシ』腐りやすい

【490 医学・薬学】
『木酢』薬品 虫除け・傷・腹痛 ほとんど取れない
『烏梅』薬品 原料:梅 効用:かぜ、食あたり、暑気あたり
『ユキノシタの葉』貼る薬品 原料:ユキノシタ 効用:火傷・凍傷・腫れ物・ひきつけ
『ウコンの煎じ汁』 原料:ウコンの根 効用:肝臓
『桜皮』服用/塗る薬 原料:桜の内皮 効用:おでき・湿疹・じんましん・せき
『包帯』医療器具 原料:布
『片栗粉』散布薬 原料:カタクリ 効用:擦り傷・できもの・湿疹
『葛湯』服用薬 原料:片栗粉・湯・糖分 効用:風邪・下痢

16 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:28:08 ID:NJRz1/Hm
『ヨモギ』煎じ汁 原料:ヨモギ 効用:貧血・下痢
     揉んだ葉 効用:切り傷

【500 技術】
【510 建設工学、土木工学 】
『石カンナ』工具 原料:曲がった枝、サヌカイト
『鋤』・・・道具(農耕&土木具)
原「話には余り出てこないだがしっかり使ってるだよ。土器を焼くための穴や
  水路はこれで掘っただよ。落とし穴なんかも、これで掘ってるだよ」
『斧』工具 サヌカイト製
『槌/ハンマー』工具 原料:木 石
『釘』建材 杭の細く小さいもの
『鑿(のみ)』ハンマーと組み合わせて使う工具 原料:とがった水晶
『石錐』工具 原料:黒曜石またはサヌカイト
『杭』道具
『柱』建材
『丸太』枝を払った木の幹
『レンガ』建材 日干し煉瓦&かまどで焼いたもの
『ケージ』粘土や板で作った型。同じ形のものを作るとき役に立つ

【520 建築学 】
『竪穴式住居』建築物
 『梁』建材
 『棟木』建材
 『垂木』建材
 『屋根』建築物
 『いろり』設備
『小屋』鶏を狩ったりする柵で囲まれた建物
『柵』建造物
『はしご』道具

17 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:29:46 ID:NJRz1/Hm
『アーチ』レンガや石を半円状に組んで下に落ちないようにしたもの※未完成
『ドーム』レンガや石を半球状に組んで下に落ちないようにしたもの※未完成

【550 海洋工学、船舶工学、兵器 】
『満潮』一日のうち海水面が一番上昇している時
『干潮』一日のうち海水面が一番下降している時
『大潮』満月や新月の最も干満の差が激しい日
『小潮』半月の干満の差が少ない日
『長潮』半月の二日後に起こる最も干満の差が少ない日
『海風』昼間に吹く海からの風
『陸風』夜に吹く陸からの風
『凪』朝や夕方におこる無風状態
『転覆』船舶がひっくり返ること
『灯台』設備 夜の航海の時の目印であり、今は焚き火でやっている
『筏』船舶 原料:竹・麻紐
 『棹』操船具 原料:竹
 『櫂/オール』操船具 原料:木
『丸木舟』船舶 原料:木
『双胴船』丸木舟を二つ繋いで安定性をよくしたもの
『アウトリガーカヌー』丸木舟と丸太を繋いだもの

【559 兵器】
『尖頭器』 原「初めて作った道具だよ。棒の先に尖った黒曜石をくっつけてあるだよ
            はじめは蔦をつかっていただども、最近は紐を使っているだよ」
※『尖頭器』は『槍』という名称が定着した模様
 『細石刃』小さい黒曜石のかけら ニカワなどと組み合わせて槍や銛を作れる
『投石器』投擲武器射出装置 主原料:革、麻紐
『投槍器』投擲武器射出装置 主原料:木の棒
『弓』投擲武器射出装置 原料:竹・麻紐・ニカワ・松ヤニ・油
 『弦』弓のパーツ 原料:麻紐

18 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:32:57 ID:NJRz1/Hm
『矢』投擲武器 原料:竹・麻紐・黒曜石・羽を半分に割ったもの
 『火矢』やじり部分に油をしみこませた布をまき、火をつけたもの
 『鏃』道具
『矢筒』容器 原料:竹・麻紐
『水鉄砲』強酸を射出する化学兵器 原料:竹、布
 『ピストン』水鉄砲のパーツ

【560 金属工学、鉱山工学】
『金属』硬くて光っていて火に入れると解けるもの
 『銅』孔雀石や黄銅鉱に含まれる(未発見)
 『鉄』赤い砂、鉄鉱石に含まれる。(未発見)

【570 化学工業 】
『ニカワ』日用品 動物脂の接着剤
『松脂』接着剤?

【590 家政学、生活科学 】
『ナイフ』原「蔦をきったり、肉を切ったり、木を削ったり。いろいろつかえるだよ。
           素材はいまのところ、黒曜石だよ」
『松明』原「火を持ち歩くときにつかうだよ。だども、持ってると手がべたべたというか
          なんか変な感じがするだよ。なんでだぁ?」
『爆竹』日用品 竹を火に投げ込んで動物撃退用
『藁縄』 原料:藁

【593 衣服 裁縫】
『服』 原「皮の服と布の服があるだよ。これを着てれば寒さも少しだけ防げるだよ
         作り方は、布や皮の真中に頭を入れる穴をあけるだけだよ」
『草履』初めての履物 原料:藁 藁縄
『糸』原「麻の繊維をよりあわせたものだよ。よりあわせるときに、少しづつずらせば、長くもなるだよ」
『布』原「糸を組んでつくったものだよ。皮に比べるとスカスカだよ。よくみると、後ろが見えるだな」

19 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:33:47 ID:NJRz1/Hm
『紐』原「これも、糸を組んで作ったものだよ。蔦より丈夫で、しなやかだよ」
『皮なめし』技術 これをすると革がごわごわしない。
 『なめし液』 原料:柏、樫の樹皮
『ブランドもん』概念? 「何かの「皮」を使って布みたいなものを作り、使」う
『竹の針』われやすい
『骨針』作るのに石錐がいる

【595 理容・美容】
『化粧』顔をきれいな色に塗ること
『水鏡』さしあたり、沼を使えばいらないらしい。 原料:土器・水
『迷彩』肌や服を土色にして木の枝とかもつけること 狩りで使えるらしい

【596 食品 料理】
『土器』土で作った器。現在、赤い土をかまどで焼いたものを使っている
 強度が低く、吸水性があり、内側を研磨して水漏れを防いでいる。
 『鍋』煮ることに使う土器をそう呼ぶ。持つための出っ張りがある。
 『フタ』土器で作る。破裂防止のため小さい穴がある
『箸』炒る時など、手を使えない際用いる2本の棒 原料:木
『スプーン』おたまの小さいもの?
『おたま』汁を救い上げるもの 原料:木 紐
『しゃもじ』原料:木
『すり石』原料:安山岩
『石皿』原料:安山岩
『木の器』
『ろ過器』日用品 炭や砂、小石でできている。
『火おこし器』原「これで火をおこすだよ。結構手間がかかるで、めんどくさいだよ」
『種火入れ』種日を保存する 原料:土器・皮・灰・燃えた炭
『火口』『薪』原「火をおこすのにつかうだよ。素材は主に松の木だよ
『木炭』燃料 墨にも使える
『竹炭』燃料 いい音が鳴るらしい

20 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:34:55 ID:NJRz1/Hm
『かまど』日用品 レンガで出来ている
『たき火』火を「丸く木を並べて、1〜3キューピット位の大きさに保ってる状態」
『塩』調味料
『灰汁抜き』技術 茹でて苦味・渋み成分を取り除く
 『灰汁』泡のようなもの。苦い
『醗酵』技術
『煮る』技術
『蒸す』食べ物を水に入れずに湯気に当てる
『炒る』土器に水を入れないで食べ物の見入れて火にかける
『水筒』日用品 竹製
『ご飯』食品
 『粥』米などを煮てどろどろにしたもの
 『糒(ほしいい)』ご飯を乾かしたもの
『干肉』保存食
『干物』保存食 魚など
『燻製』保存食
『酒』嗜好品 山葡萄が発酵したもの
『魚醤油』調味料 原料:魚・塩
『塩辛』嗜好品 原料:魚・塩
『かまぼこ』食品 原料:魚・塩・麦の粉
『生春巻き』食品 肉や草をこれで巻いて食べる 原料:米の粉・塩
『春巻き』食品 生春巻きを焼いたもの

【600 産業】
 ここには書いてないが狩猟採集が重要な産業
 狩猟道具は「559 兵器」を参照
【610 農業 】
『鋤』(農耕&土木具) 原「話には余り出てこないだがしっかり使ってるだよ。土器を焼くための穴や
       水路はこれで掘っただよ。落とし穴なんかも、これで掘ってるだよ」
『鍬』カンナのような方向に刃をつけた鋤のような物。扱いにくいので刃が木の板になるが、
 肥料不足のため、深耕の必要がないので無問題 原料:木、

21 :オーバーテクナナシー:05/03/06 18:36:30 ID:NJRz1/Hm
『えぶり』田を平らにする走り幅跳びのとき使うアレ 原料:木
『田下駄』田で活動する際はく物 原料:木 藁縄
『黒い土』資源 水路や森にある栄養のある土
『コンポスト』装置 生ゴミから『黒い土』を作る
『畑』農業設備
 『焼畑』焼いて養分が増えた畑
  『防火帯』森への延焼を防ぐため、畑の周囲4キュービットの草をむしったところ
『田』水を溜めた農耕施設
『水路』建築物
『穀類』米や麦
 『稲』 黄色い穂で粒が大きめで茶色っぽくて半透明っぽいやつ
  『籾』穂の粒
  『米』稲の殻を取ったもの
  『苗』生長前の稲
  『藁』乾かした『麦』や『米』の葉
 『麦』籾に長い毛が生えていて、脱穀した粒は白く、真ん中に黒い線が入っています
 『粟』3キュービット以上ある背の高い茎を持っています。色は様々です。
 『稗』穂は黄色だけど中は小さい粒で白っぽいやつ
 『黍』 黒っぽい穂で中身がやっぱり大きめの茶色で半透明なやつ
『豆』ある程度大きい食べられる種
 『落花生』
 『大豆』緑色のカヌー状の皮を持つ

【620 園芸 】
木の実や『葡萄』を育てているらしい
【640 畜産業、獣医学 】
『家畜』人間が利用しやすいように飼いならした動物
 『鶏』初めての家畜
  『卵』鳥などが産む白っぽいもの
  『ヒナ』黄色い鶏の子供

22 :オーバーテクナナシー:05/03/06 19:26:06 ID:v6z2lHdE
いい加減止めとけコピペ荒らし
アク禁されてもしらねえぞ

23 :オーバーテクナナシー:05/03/06 20:16:22 ID:NJRz1/Hm
削除ガイドライン ttp://info.2ch.net/guide/adv.html
故意が荒らしでなく、当該スレの趣旨にそった補助行為なので大丈夫みたいです。

 『犬』狼を家畜化したときの名前(まだ成功せず)
 『豚』いのししを家畜化したときの名前(いまだ成らず)
 『馬』足の速い大型動物 (まだ家畜化されてない)
『飼う』動物にえさや水を与えて養うこと
『近親相姦』兄妹、姉弟など血のつながりの濃いものどうしでまじわること
         身体の弱い子供が生まれやすい。

【660 水産業 】
『銛』武器 返しのついた鹿の骨でできている。漁業用
『網』漁業用品 原料:麻紐
塩作りは海水を煮る方法と布に海水をかける方法がある。

【680 運輸、交通 】
『担架』原「一応作ってあるだよ。森に行くときは袋のほうが便利だで
         あまり出番がないだよ。病人も運べるみたいだでよ」
『袋』原「皮の袋と、布の袋があるだよ。森の果物なんかをこれに入れて
         村に持ってかえるだよ。皮の袋だと水も入るだよ」
『滑動車』道具 棒で作った橇のようなもの
『天秤棒』江戸時代の行商が使うアレ 原料:木・藁縄・網

【690 通信事業 】
『狼煙』使ってるかは不明 原料:狼の糞
【700 芸術】
『赤色』概念 火の色、血の色
『青色』概念 空の色
『茜色』概念 夕焼けの色

24 :オーバーテクナナシー:05/03/06 20:18:39 ID:NJRz1/Hm
『緑色』概念 葉っぱの色
『黒』概念
『ピンク』 白と赤の中間色
『紫』 赤と青の中間色。カタクリの花の色
『灰色』灰の色

【720 絵画・書道】
『パピルス』画材 主原料:葦
『白い石』岩に絵を描ける
『墨』画材 原料:木炭、ニカワ
『黄色い絵の具』 原料:ウコン、ニカワ
『赤い絵の具』 原料:酸化鉄・ニカワ
『筆』画材 原料:竹、麻
『葦ペン』画材 原料:葦
『羽ペン』画材 原料:羽

【760 音楽】
『楽器』音を鳴らす道具
 『拍子木』原料:木
 『うなり木』原料:木 紐

【770 演劇・映画】
『踊り』主に祭りに行なう

【790 諸芸・娯楽】
『おはじき』石をはじく遊び 原料:小石
『くんたっし』平たい石を投げて水面を何回も跳ねさせる遊び
『じゃんけん』遊戯
『棒倒し』砂山に棒を立て、倒さないように砂を崩す遊び
『凧』 原料:糸、竹を薄くしたもの、パピルス、ニカワ

25 :オーバーテクナナシー:05/03/06 20:29:36 ID:NJRz1/Hm
『鬼ごっこ』遊戯
『ままごと』大人のまねをする遊び
『〜ごっこ』〜のまねをする遊び

【800 言語】
『発声』声を出すこと
『母音』舌を歯にも唇にも口の中のどこにも付けないで口から息を吐いて発声する声
文字は今のところ数字しかありません

【900 文学】
昔話、伝説、神話などは【388 伝説・民話(昔話)】参照

○文明レベル 農耕をやってる縄文時代程度
○今のお題
・作物を1種類を沢山作り効率化を測るか、多数の種類を作り、
 もしものために備えるかについてのアドバイス

量が多すぎて、多分次はまとめを張るのは無理そう orz

26 :オーバーテクナナシー:05/03/06 20:36:10 ID:1kFSpkCI
次からは差分だけでいいと思いますよ

27 :30女:05/03/06 23:42:37 ID:0nmMaw7K
スレ立ておつかれさまですの。

そういえば、美しい女性は、複数の男性と関係をもつ・・・ってありますけど。
美しい基準ってどうなんでしょうね。
どんな女性が美しいですか?
ウズメさんはナナッシさんからみて、美人ですか?
【平安時代では、のっぺりして、眉が楕円形な女性が美しいっていわれてましたよね】

あ、そうそう。
それで思い出しました。
貝の殻を焼いて砕いてください。
白い粉になりますよね。お顔に塗ると、白くきれいにみえますよ。
絵を描くときにも使えますよね。

28 :オーバーテクナナシー:05/03/07 01:20:54 ID:FprSaIwf
〜ここから聞こえない声〜
良スレハッケソ
ここまで斜め読みした

とりあえず美しい女性は前スレ114の
>12歳のお下げメガネっ子
からそういう外見かな?

というのは冗談で…

そうえば前スレ181の村一番の美人のシ〜
とかモラーラのあやしい力
とか色々気になるのが残ってますが
頑張れ初代1
そして>all
〜ここまで聞こえない声〜
ナナッシさん達は眠る時どの様に寝ていますか
それと洞窟の奥はどのくらい深いですか
そして変わった様子はありませんか

29 :オーバーテクナナシー:05/03/07 12:01:22 ID:XisdoSxR
そういえば、前スレ542に戦争の伏線が・・・・

>>原始人さんへ
村から海が見えますか?
もし見えるのならば、変わったことがあったら『狼煙』を焚いて合図をしてください。
海の水が急に引いたときは、『津波』(大きい波)が来る可能性があります。
そのときは、山など高い所に逃げてください。
もし、海から舟がたくさん着たら動物の皮で途切れ途切れにした煙で合図をしてください。
そのときは、武器を持って村へ集合してください。
夜で煙が見えない時場合、津波は拍子木の連打、舟はうなり木をならして合図をしてください。
夜は理屈はよく分かりませんが、昼よりも音が遠くに伝わりやすいです。

村から海が見えない場合は、海の近くで海が見える高台に住居を建てて見張ってください。
この住居は、普段は休憩所や網の修理小屋につかえます。

30 :オーバーテクナナシー:05/03/07 19:56:16 ID:NbGKBe9q
>>26
まとめページを作ってそこへのリンクを貼った方がいいでしょう。

ちなみに『便所』はどのようなものですか?
『便所』の周りの土からは『硝酸塩』が取れます。
『硝酸塩』と『硫黄』と『木炭』で『火薬』が作れます。

31 :オーバーテクナナシー:05/03/07 21:15:10 ID:am/vq2bA
便所はまだありませんが何か?

32 :オーバーテクナナシー:05/03/07 22:55:06 ID:Fa+mLo8+
>>原始人くん
今日はネ甲らしく、君に魔法を教えよう。
この魔法を使えば村にいるどんな力持ちよりも、
君は大きく重い石を動かすことが出来る。

まず、森に行き、硬くて丈夫でしならない長い木の枝を取ってくるんだ。
そして、手ごろな大きさの石を用意する。
そうだな、縦横高さが1キューピットほどもあればいいだろう。

さて、ここからが魔法のかけ方だ。
まず、木の枝を動かしたい大きく重い石と地面の隙間に斜めに差し込む。
そして、木の枝の下に用意した石を置く。
こんな感じにな。

●/。
~~~~~
(●が重い石・/が棒・。が用意した石だと思いたまえ)。
そして、"魔法の呪文を唱えながら(ここが重要!)"
棒の一端を地面に向かって押すのだ。
このとき、用意した石が棒の下敷きになるように注意せよ。
これで、重い石も思うが侭に動かせるだろう。
用意した石は動かす石に近く、棒は長ければ長いほど良いということも
覚えておきたまえ。

では、いよいよ魔法の呪文を教えよう。
それはずばり、君の名前「ナナッシ」だ!
君こそはテクノロジーのネ甲の使徒。
偉大なる魔法の使い手なのだ!!

33 :オーバーテクナナシー:05/03/07 23:22:12 ID:XisdoSxR
前スレにも話題がありましたが、農耕が始まったからそろそろ『肥溜め』があったほうがいいかも。
田畑の近くで村の家から離れた所に深い穴を掘ってそこに糞尿を捨てるようにしてください。
この穴を『肥溜め』といいます。
糞尿は、肥溜めの上に板を渡してそこでするか、糞尿を溜めるための土器を作って
それに溜めた後、肥溜めに捨ててください。
肥溜めにたまったものは、長い棒に土器または木の器を付けたもの『肥柄杓』で
すくって田畑にまくと作物の育ちがよくなります。

34 :1:05/03/07 23:35:55 ID:rCNqjZGU
アーチを使う建築物が何時ごろ登場したのかは、定かではない。
しかし、日干し煉瓦や焼きレンガ、石材などを使いアーチを作っていたのは
2000年よりも前であることは間違いないだろう。

アーチ型の構造物の利点として、アーチの上に物を載せられるというのがある
これを利用して橋などもつくることができるのだが、現在の未来技術村では・・・・

「できただよーーー」

そこにあるのは、幅5キュービット、奥行き5キュービット、高さ3キュービットにもなる
巨大なカマドだ。カマドの真ん中には柱があり前後にアーチ型のハリはあり
そのハリの上に2つのアーチ型の天井がのってる。
入り口から見て右側奥の上部には排煙口があるが、例によって煙突はない
アーチ型の天井の下、壁の部分に一部レンガの積まれていない場所があるだけだ。
このカマドは実に2年の歳月をかけてかんせいさせたものだが・・・・

「大きすぎて、カマドがあったまるのに時間がかかるのが難点だなぁ」

っと、欠点もあったりする。

35 :オーバーテクナナシー:05/03/07 23:36:00 ID:88Q/f12i
 民族間の殺戮や略奪は避けられないというか、自然な流れなのではないかな。狩りの対象が「うまい
肉の獣」から「財物を持った異民族」にかわるだけだし、こちらにその気がなくとも、あちらはやる気
まんまんの可能性もあるし。
 将来始める交易なんかも、最低限自衛できる程度の集団戦闘能力の裏打ちがないと難しい気がする。

 ユダヤやイスラーム、蒙古の天信仰など、古い宗教はすべからく根幹に「異民族は潜在的に敵」って
思想があって、それが故にそれを持つ民族はためらいなく殺す側に回れ、結果生き延びて来れた。

 戦闘民族となる事を推奨してる訳ではないのですが、あまり早い参会で「よその人ともなかよくしま
しょう」的な教義を広めてしまうのは、外敵への備えという点でも危険だと思います。

36 :オーバーテクナナシー:05/03/07 23:38:36 ID:4XzTDkAK
>>32
テコキタ---------------(゚∀゚)------------------!!
たぶん人類最大の発見の一つ。
(以上、聞こえない声)

その魔法のタネを『てこ』と呼びます。
いろいろ工夫してみてください。

37 :オーバーテクナナシー:05/03/08 01:45:21 ID:5HbAbr4E
夜の四十八手はいかが?
「テコ」を応用することでいろんなポーズが楽しめるよ。

38 :オーバーテクナナシー:05/03/08 02:00:33 ID:Ne7siHM8
かまど建設に2年・・・お疲れ様です。
しかし村の赤い粘土で作った煙突なしの窯か、どの程度温度が上がるんだろ。
当面は土器と木炭の増産用に活躍しそうですね。

もし、今までより遠くへ行く事があったらぜひ『珪藻土』のある場所を見つけて
きてください。姿は目の詰まった土のような感じで白色〜薄いピンクのものが
見つけやすいと思います。
場所は海の底などが多いようですが、火山周辺の湖のあたりでも見つけられそうです。
(赤い池の近くは不明)水の漏れない土器を焼くときの煉瓦に使う他、ろ過器の
性能も上げられる様です。

39 :オーバーテクナナシー:05/03/08 03:04:57 ID:sD6OOVBG
火山の周辺に黄色い結晶があればそれが自然『硫黄』。
塩硝床はどうやって作ったものか・・・
塩硝ができたらできたで除湿に悩むわけだが。

40 :オーバーテクナナシー:05/03/08 11:42:23 ID:Wq6VqIQy
===原始人とは関係ない声===
初めましてこんにちは。
遠出可能となったところで今後の大きな方向性を出してみます
賢者の方々によるフォロー是非よろしくで投げ
===============

・狩猟民族から農耕民族へ
 現在の『未来技術村』は海にも山にも近くて何かと便利だが、
 土地自体が粘土質で植物が育ちにくい。田を耕す技術はある。季節と天気も判別可能。
 現在の村の近くで植物の良く育つ場所を探してみるか。
 または村レベルの大移動が必要か? ネズミ大発生は嫌だなぁ。
 とりあえず、「村人男は狩りと探検」「村人女は村近くで農耕」をメインに役割分担してみよう。

・『オオテクナナシノウズメヒメ』の出身地へ行ってみる
 長距離航海可能な船と航海術がある村、ウズメの出身地は『未来技術村』には
 無いモノが色々見つかると信じたい。まずはウズメの話を聞いてみよう。
 (何日で到着した、村の規模はetc)
 「海の民はおだやか〜な民」なので双方で商い(物々交換かな)できるかもだし。
 長距離の航海スキルは必要かな、北極星は既出。

・キャラ役割(案)
 ナナッシは神の声を聞く天才型発明キャラ
 ウズメは料理(狩猟海キャラをアピールするか?薬草とか医療も期待か?)
 クックルーは狩猟のリーダー(主に陸地?)
 かあちゃんは農耕&村人女性まとめのリーダー
 モラーラは占いとか宗教とか、神秘系
 ギーコとモーナーはまぁ、ごにょごにょ。ウズメから水泳や航海スキルを習得させるか。

・気になるもの
 空からの絵は誰が書いたのやら、モラーラか長老かウズメか・・?
 ナナッシorウズメが是非村人に問い詰めて欲しいです。
 ここらで長老にも何かしら頑張って欲しいな(長老が死ぬ前に!)

41 :オーバーテクナナシー:05/03/08 11:51:27 ID:Wq6VqIQy
・探検隊結成
 安全第一で頑張ってみよう。
 装備万端にしてからね。怪我に注意ね。野生動物に注意ね。

・倒してない動物を倒してみる
 ブタ、熊、狼、ワニ、カバ、象

 って危険ですか止めたほうが良いですか?
 武器はかなり強いんだけどさ。

===原始人とは関係ない声===
・現在、最も必要なもの
 板まとめサイト
===============

42 :ウズメ@原始人:05/03/08 13:25:29 ID:7jNZKyIr
>>27
んだな〜ナナッシはあたいの事どう思ってんだかなぁ
わざと素っ気無い振りしてる気もするだね
今度こっそり後ろから近づいて思いっきり抱き付いてやるべか・・・ウシシ

>>28
シ〜ねえはすっげえ美人だぞ!びっくりすんぞ
うらやましいだね〜
モラーラはなんかぁ ゃι ぃふいんき(なぜか変換できない)を漂わせているだね
だども人それぞれだからあまり言うのはやめとくだ
あたいらも村の人たちに竪穴式住居建てて貰ったからその中で寝てるだよ

>>34
カマドの完成おめでと〜〜^^/
ここに来てからもう2年も経っただねぇ〜〜〜
あたいの背も少し伸びて髪も大分伸びただよ
そのうちシ〜ねえみたいに綺麗になれるといいだね〜

>>32
「ナナッシ!」・・・ころん、「ナナッシ!」・・・ころん
おおーー!こっこれはすごい魔法だぞ!みんなみてみろ〜!
すっごい力が出るぞー!こんなでっけー岩でもひとりで動かせるだ!
「えいっ!」・・・ころん・・・あれ?呪文言わなくても動くだ・・・
>>36・・・・・これは『てこ』って言うだね
ふむふむこれを使えばもしかして・・・(←何かを考えているもよう)

43 :オーバーテクナナシー:05/03/08 15:56:19 ID:RPsw4gWr
>>ナナッシさんへ
カマド完成おめでとうございます。
これで土器の強度も少しは上ったと思われますので、土器の装飾方を教えます。
土器を焼く前に土器の表面に濡れた縄を転がすと模様ができます。
このような模様がついた土器を『縄文土器』といいます。
他にも、ぬらした貝や葉、木の棒で模様を書くことができます。

>>モラーラさんへ
石や木や粘土で人や動物の形をかたどったものを『像』といいます。
粘土を使ったものはすでにあるようなので、石や木で作ることにもチャレンジしましょう。
石で作ったものは『石像』といい、道具は『槌』と『鑿』を使います。
手間がかかり、落とすと割れてしまいますが、大切に扱えば半ば永遠にその姿をとどめます。
木で作ったものを『木像』といい、道具は『石カンナ』やナイフを使います。
これは落としてもそれほど割れませんが、長持ちさせるためには湿気の多い所に於かないように
気をつけてください。
それと聖女様を祭る場所を『神殿』と呼ぶことにしましょう。

>40
前スレ481によると、ウズメさんの村は航海で60日以上の距離にあるそうです。
双胴船でまだ帆もないので、そこへ行くまでにいくつか水や食料を補給する
中継地点が短い間隔でたくさんあると思われます。

44 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/08 18:54:58 ID:KPmy/tpl
ところで飢えを見分ける方法ですが、その人にとっての腹の右を、
わき腹と臍の間の辺りを抓んでみてブヨブヨしていたら『体脂肪』が
足りません。穀物をなるべく食べさせるようにしましょう。
このような食べ物のまわし方を『慈善』または『厚生』と呼びます。
『慈善』『厚生』にはもっとたくさんのこともあります。
穀物でも寝る前に食べておくと体につくときには『脂肪』になりやすいです。
これは人だけでなく豚や鶏にも言えることです。
豚や鶏などの暮らし方を見つめ続けて彼らの暮らし方を書き留めたり
覚えたりすることを『観察』といいます。
『観察』には星空と寒さ暑さ、河や雨水の変わり方を見分けるなど
豚や鶏のほかにもたくさん『観察』すると良いものはあります。

45 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/08 18:59:49 ID:KPmy/tpl
未だ大和朝廷に制圧されるレベルの部族ぐらいにしか発展していないのに、
もうわらひには社会制度と健康管理しか教えるものが無い(−^;;)。
偉大なり人類文明(^−^;;;;)。

46 :オーバーテクナナシー:05/03/08 20:04:48 ID:LDM9nwQS
なんていうか、これ以降こっち側の知識不足で停滞しそう。
文系の専門家も必要になりそうだし。

少なくとも、今のコテハンだけじゃつぶれると思う。

47 :オーバーテクナナシー:05/03/08 21:13:39 ID:/T7UCeUv
粘土質の土壌のほうがおいしい米が取れると言います。
主力作物が米の場合はこのまま定住化?

48 :オーバーテクナナシー:05/03/08 23:19:45 ID:em+JIL7c
ひとまず食料の量くらい管理出来るようになりたいところですね。。
農業社会に移行するなら大雑把にでも人口に見合った畑を確保できるようにならないと。
必要なのは掛け算と度量衡と面積? 記録用にパピルスはあるけど粘土板はいるのかな?
まずは第一歩。「掛け算」をおしえませう。

掛け算は足し算や引き算の仲間です。
ある数の集まりが幾つかあったら、全部で幾つになるか、を計算するものです。
例えば、ナナッシさんとモラーラさんの二人で、三つずつリンゴが食べたいと思ったとします。
さて、この場合二人で合わせて幾つのリンゴを食べるか。
三つが二人ですから、●●●/●●●
答えは六つになります。

これが掛け算です。

計算式では『×』(かける)という記号を使います。
上記の例の場合、3×2=6 と書くわけです。

或いは二人増えて四人で三つずつのリンゴを食べるとします。
この場合、●●●/●●●/●●●/●●●
全部で12個です。
計算式は 3×4=12 となります。

以下、原始人さんには聞こえない声。

良く考えたら、これってただの概念の説明で、実用に使える「計算の方法」にはなっていないような気がします。
これだけ聞いて「じゃあ27×365をやってみろ」とか言われても……一々数えてたら足し算と手間代わりませんし。
まず位の概念をはっきりさせないと。九九とか筆算とか算盤とかも必要になってくるんでしょうね。

49 :オーバーテクナナシー:05/03/09 00:04:17 ID:KyaIv60M
下の表は掛け算の組み合わせを表した表で『九九』といいます。
これを覚えると、だいぶ掛け算が楽にできます。

×│1|2|3|4|5|6|7|8|9
─┼──────────────
1│1|2|3|4|5|6|7|8|9
2│2|4|6|8|10|12|14|16|18
3│3|6|9|12|15|18|21|24|27
4│4|8|12|16|20|24|28|32|36
5│5|10|15|20|25|30|35|40|45
6│6|12|18|24|30|36|42|48|54
7│7|14|21|28|35|42|49|56|63
8│8|16|24|32|40|48|56|64|72
9│9|18|27|36|45|54|63|72|81

50 :オーバーテクナナシー:05/03/09 00:31:37 ID:EyX1borM
>>48
穀物の量を管理する『升』を作ればいい。
1つできれば同じ量が入るマスを作る。
そして10杯ぶんのマス、10杯が10杯はいる箱、と作ればマス単位で正確に量を把握できる。

51 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/09 00:49:24 ID:i/L4khsc
>>現代人
個人所有の集まりからまじの原始共産に移行したら、
アテネ文明程度の数学は要ると思う。
これから鶏も卵も、農産物も生産緑地も増えるし、
人口も増えるし分業も細かく広く細分化して増える。
次は四則計算と図形、暦や自然時計どうぞ。
または拳法の型を教えられたらしばらくは体、長さなどはおおざっぱな
計測でも大丈夫なうちは体って便利ですよ。
例えばサンチンの立ち方のときの左足と藁縄(昔の駐車場のラインに
使われてるようなの)の間が6個分で周り全部1個と同じ開き方になるとか。
周りを12個や360個に分けて考えるとか方位とか。
『観察』で360日ぐらいを1纏めに考えるのを編み出すとか。
先ずは割り算や筆算かな・・・。

>>原始人様
まだ居ないとは思いますが、食べ物をたくさん食べていて体が
豚に似てきた人は、7日ぐらい穀物と肉を食べないようにした方が
いいと思います。これを『謝肉祭』と呼びます。
これが間に合わず足の先の方が凄く痛くなったり、水が飲みたくていくら
飲んでも飲まずにはいられなくなったり、ものが見えにくくなったりという
困りごとができるのを『通風』『糖尿』といいます。
何人かの村人で大事なことを決めるのを『政治』といいます。
豚や鶏の肉はネ申のお告げにないすべで食べ物にしても、
口に美味しくてもいいことは少ないです。鶏は肉にするのは、何もよいことを
しなくなった後のずっと後にすることです。豚はネ申から鍋なども教わって
食べることは皆で無駄が無いように食べましょう。
もう後が無いほどの後を『Ω』、食べ物の少なさのせいでオラたちはΩだ、といえる
日に食べるものを『非常食』といいます。

52 :オーバーテクナナシー:05/03/09 00:59:04 ID:KyaIv60M
米だけでなく、稗など冷害その他の病気に強いものも平行して育てた方が
いざという時安全だと思います。

ということで、大豆を育てる方法を教えます。
@春の始まりに、畑に『堆肥』(人や動物の糞尿)と『石灰』(水に入れる
 と暖かくなる白い石)を砕いて作った粉をまきます。
A2尺ごとに『畝』という盛り上がった土を線のように作ってください。
B畝と畝の間に7寸ごとに穴を掘ってそこに2〜3粒の大豆を埋めてください。
C鳥に掘り返されないように畑の上に網を張りましょう。
 それが無理ならば、人の毛を焼くなどして匂いで追い払いましょう。
D葉っぱが4〜5枚生えたら元気なもの以外は抜いてしまいましょう。
E虫を取ったり水を上げます。
F種をまいてから40日ほど経ったら再び堆肥をまいてください。
G種をまいてから80〜90日たった夏の始まりに収穫できます。収穫が遅れると豆が硬くなります。
※大豆を作った畑は、連作障害が起こりやすいので2〜3年は大豆が
 育てられなくなります。

53 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/09 01:09:35 ID:i/L4khsc
>>50
箱作るのまだきつそうだから、当面は一掴みとかでいいわよ。
西部開拓のカリフォルニア金山でも砂金は商品の売り手の一掴みとかで
通貨代わりになってたわけだし。手は近世末期レベルでも米ドルと同じ
チカラのある装置なのですよドキュソな社会ならば。当時の人がZ武を
見たら、貧乏神みたいで縁起悪いのでびびるでしょうね。
まじで兌換システムや造幣事情の心配が無いチョベリ金本位制・・・。
昔のアメリカはともかく、奈良時代レベルまでは定量はあんまりメリット
無いですよ。贋聖枡の心配も無いし。Z武手足無いし(何

問題は青銅や香時計を作るとか、正確な量の比較と計量が必要な事態を
どうするかですよ。同じ作業をするなら必ず同じ機材を使わないと、
定量が無いから微妙な誤差でかなり完成度や正確さが落ちる。
かなりの規模で人や物を動かして何か成し遂げるのは定量とか普遍性の
高いものが要りますからねー。あまり無い需要でも、いざ需要が起きれば
困りますよね。しかも枡とか物差しは、同じものをいくつか作れるか、
滅多に壊れたり曲がったりしないものにするかじゃないと定量にならない
です。鋼の1メートル差しみたいなのか、鋳型のようなものが要りそうです。
それでも、個人所有の段階や集団間に物が動くとき(分配や小売、小規模卸)、
贋の定量アイテムを使うとか人同士の戦い(『いくさ』といいます・・・)の
原因になりそうです。手づかみじゃないから、初歩的な陰謀が起きるかも。
原始人様に、『策謀』ってどう教えりゃいいのやら・・・。
ただでさえ、他部族が出てこなくても分業は人同士の争いの原因になりそうです。
階層の形成も伴うしヘタすると同じ部族で内紛になるかも。

>>原始人様
Ωにまつわる「後」、というのは「次」という意味でもあります。
今は前の次なのです。日の出の次が朝食や南中です。その次が
日の入りや夜です。

54 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/09 01:17:34 ID:i/L4khsc
>>46
わらひも文系はセミプロですが、この発達ペースじゃ長くはもちません。
別の板からセミプロかつネ申の名無しやコテハンをたくさん呼ぶのどうでしょう。
ドラクエ3ブーム辺りからの不思議発見視聴から最近のソーシャルワーカー
養成講座シリーズのブクオフ大量買いまでわらひは常に文系はセミプロで来ましたが、
どうやら文系&健康わらひだけじゃこのスレ700まで続かなそう。
理系はとっくに他の人に丸上げで任せております。


55 :オーバーテクナナシー:05/03/09 03:49:36 ID:f9G3kQP8
糞尿の堆肥は醗酵させないと根が腐る
特に肉食系動物のはなかなか分解しない
乾燥した犬の糞があるの見たことあるっしょ
人糞尿は肥溜で醗酵させてるのだよ

昔近所に越してきた脱サラして農家始めたアホ家族が大量に根腐れ起こして青くなってたなあ

草食の馬とか牛の糞は草と混ぜて醗酵させないとね

56 :オーバーテクナナシー:05/03/09 13:26:43 ID:d7YgtQlf
ちんちん

57 :オーバーテクナナシー:05/03/09 16:17:52 ID:cpeYcS07
医学知識とかも重要になるよね。
これも本で読んだ程度の知識じゃ直ぐに停滞しちゃいそう。
まだまだ先の話だとは思うけど他民族との交易とかが始まったら
その先で風土病貰ってきたりしてそれが伝染する病気だったりしたら一気に広まりそう。
死に関わるような病気なら一気に村が壊滅する可能性もあるよ。
酷だけど得体の知れない症状にかかってしまった人が居たら焼き殺しちゃった方が良いかも。

58 :オーバーテクナナシー:05/03/09 20:23:10 ID:KyaIv60M
他民族と接触する前に、免疫をつけるためにも鶏だけでなくいろいろな
種類の家畜を飼ったほうが良さそうですね。
農耕が始まって食料が増えてきて、そろそろ村に居つく狼が出ても
おかしくない時期と思いますので、それらを餌付けして飼ってみてはどうでしょうか?
まだ村に居つく狼がいないなら、春頃、足跡を辿り巣穴を見つけて子供の狼を拉致しましょう。
集団で武器、松明、袋を持っていきましょう。

ところで『山羊』は見つかったのだろうか?
あと、雄豚を育てるには、『去勢』技術がないと凶暴すぎて飼うのが難しいらしい。

59 :オーバーテクナナシー:05/03/10 00:57:44 ID:Hsb6Sirt
黄銅鉱はCuFeS2 孔雀石はCu2(CO3)(OH)2
どうやって銅を取り出すのかねぇ。
文型で知識が不足しているので、方法は予想でやるしかないか。

@黄銅鉱(小石含む)を砕いて水と一緒に土器に入れ、節を抜いた細い竹で息を吹き込む。
 これで泡に付着したものが純粋な黄銅鉱で、小石と黄銅鉱が分離できるらしい。
A純粋な黄銅鉱を土器に入れてカマドで焼いてみましょう。
 このとき危険な匂い(二酸化硫黄SO2)が漂うと思いますので吸わないように気をつけましょう。
B後はどうなるかはわかりません。。赤い砂(酸化鉄)と緑色のもの(酸化銅)の混じったもの
 になるのでしょうか?詳しい人、詳細希望です。

60 :オーバーテクナナシー:05/03/10 03:11:24 ID:WI4fDpS7
>>59

黄銅鉱原石

  ↓(浮選法)

黄銅鉱

  ↓(加熱)

硫化銅+酸化鉄

  ↓(ケイ石を加えて加熱)

酸化銅+硫化銅+ケイ酸鉄

  ↓(ケイ酸鉄を取り除いて酸素を送りながら加熱)

銅+硫酸ガス

61 :オーバーテクナナシー:05/03/10 08:35:56 ID:Ep3KcmDQ
その前に新しく出来た釜は普通のレンガ製なので
耐火煉瓦を焼く必要があるわけです

62 :オーバーテクナナシー:05/03/10 10:10:13 ID:JHUrwClM
そのために入手し易い耐熱煉瓦材料として珪藻土を挙げてはみたが、いかがなもんだろ。
やっぱり何か混ぜたほうが良い?

63 :オーバーテクナナシー:05/03/10 11:34:09 ID:Ep3KcmDQ
珪藻土が見つかれば最高の材料ですよね
ただ珪藻土だけだと和菓子の「らくがん」のようにぼろぼろでちょっと強度足りないようです
粘土を混ぜてつなぎにして強度を高めます

粘土についてちょっとアドバイス
今は村の地面から掘った土をそのまま使って土器を焼いていると思いますが
粘土は粒がより細かく大きさのそろった物を使うとより品質の高い焼き物が出来ます

『水ひ法』といって粘土の粒を選別する方法を紹介します
水を張った土器などの器の中に土を投入して拡販します
粒の大きい物から早く沈んでゆくので一日ほど放置すれば上の方に非常に粒子の細かい粘土が積もります
たったこれだけですとても簡単ですね
上に積もったなめらかな粘土をすくって焼き物に使います

64 :オーバーテクナナシー:05/03/10 11:41:53 ID:Ep3KcmDQ
あ、土器じゃなくっても地面に穴を掘ってそこに水を溜めて水ひ法を行ってもいいです
こっちのほうが大量に粘土作れますね

65 :オーバーテクナナシー:05/03/10 11:53:53 ID:ZZ9VjZkU
またスレの流れが良くなってきましたね。
中の人は検証が大変でしょうが無理せずに。
ウズメさんも馴染んできたね。
そういえば、中の人と連絡は取ってるのかな?
捨てアド晒すかなって言ってたけど、やってはないよね?見落としたかな。

66 :オーバーテクナナシー:05/03/10 16:36:10 ID:Hsb6Sirt
>60
激しく手間がかかりますね。

ケイ石=石英=水晶=二酸化ケイ素(SiO2)でいいのでしょうか?
だとすると、水晶を使うのは勿体無いのでその辺の砂などを使った方がよさそうですね。

あと酸化銅+硫化銅+ケイ酸鉄からどのようにケイ酸鉄だけ取り出すのでしょうか?
比重が違うから珪酸鉄が下にたまるとか?

67 :オーバーテクナナシー:05/03/10 21:12:37 ID:qqCsGd2D
ずっとromしてましたが良スレですね。
そろそろ『車輪』を持てばと思います。
ナナッシさんへ
大きな箱に『車輪』を取り付けるとたくさんの物を少しの力で動かすことができます。
『車輪』を作るには丸い木の板(1寸以上の厚みが必要です)を4枚用意します。丸の大きさは4枚とも同じにしてください。
端から端まで1キューピット以上は欲しいです。用意できたらそれぞれ真ん中に穴をあけておきます。穴は指が3本一緒に入るぐらいにしておきましょう。
次に竹を取りに行きます。大きな箱の幅よりも1寸ほど長い太さが3寸程度のが2本。あと太さが1寸程度で先ほどの竹よりも5寸ほど長いのを2本用意します。太い竹は全ての節を抜いておいてください。また長い竹は太い竹の中に楽に入るか確かめてください。

箱の下に近いところに穴をあけ太い竹を通します。穴の場所は左右とも同じにしておきましょう。2本の太い竹は出来るだけ離して通します。
長い竹を太い竹に通します。両方とも先が出ているので丸い木の板を取り付けます。ゆるみがあれば先のとがった小さな板を隙間に打ち込んでください。

68 :オーバーテクナナシー:05/03/10 21:16:40 ID:qqCsGd2D
とまあ、自分ではやったこともない車輪の作り方でした。
先輩諸氏の激しいつっこみをお待ちしております。

69 :ANIOTASAN:05/03/10 21:22:24 ID:uRSDadas
こんばんわ!
今日、
>>701〜708さん、まとめお疲れ様です!
>>皆様、まとめを見易くするため?次を始めないみたいなので、村の発展の為、悪者になるの覚悟して、私はあえてageておきます。
>>原始人さん、わらじの足の裏の部分を木の板で作ると、「ゲタ」になります。発明おめでとうございます!」
って書こうとしたら、だめでした・・・。

 さすが女神様と謎の神様・・・地縛霊を置き去る結界をはられるとは・・・。(笑)

原始人さんand1さんの早期帰還を祈り、age!

70 :ANIOTASAN:05/03/10 22:14:36 ID:uRSDadas
↑補足、
「原始人さんand1さん」=「前スレの1さん」

>>原始人さん、車輪の板は、○(まる)い形にしないとだめです。そうすれば転がります。
>>68さん、多分後輩?がつっこんでおきました。(笑)

71 :68:05/03/10 22:39:13 ID:qqCsGd2D
あにおたさん 恐縮です。
丸の概念を明確に図形で表すべきでした。
あと、箱の概念も心配が残ります。
個人的には子連れ狼の乳母車をイメージしています。

路面状況が悪いと思うので車輪は大きめを考えました。
ダンロップやミシュラン兄弟が生まれるまではソリッドタイヤで
我慢してもらおうと思います。
左右の車軸を繋いでいるので旋回性能は良くないと思います。

あとは、水産資源を効果的に収集する手段を考えています。

72 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/10 23:31:47 ID:obDeR0/s
>>現代人
車輪ねー。路面が元で事故りそう。
文明が元で事故ることは多いから、ネ申の声が聞こえるヤツは
車輪とかでダメージ受けないように工夫しとかないと。

>>水産
タコとか喉越しや寄生虫が危ないものは注意ですよ。
移動距離の増加は、輸送中の腐敗を招きますし。
何かを養殖するのどうでしょうね。

73 :ANIOTASAN:05/03/10 23:44:01 ID:uRSDadas
ミスってまたageちゃった・・・。まぁ・・・いいか・・・。

>>原始人さん、掛け算の補足です。
掛け算を使うことにより、「足し算の式を何個足したか?(+を何回行なったか?)」が簡単に解り、多くの数の計算が楽になります。
 例、『┃┃×┃┃┃=┃┃+┃┃+┃┃=┃┃┃┃┃┃=6=2×3=2+2+2』(2が3つで6)や、
『┃┃┃×┃┃=┃┃┃+┃┃┃=┃┃┃┃┃┃=6=3×2=3+3』(3が2つで6)の様に。
ちなみに、この2つの式は両方『6』をあらわしているので『=』です。

 掛け算と反対に、「この数の、幾つ分がこの数か?」の「幾つ分?」を表すのが「÷(わる。)」を使う「割り算」の答えの数です。
「この数で、幾つに分けれた?」を表します。(「この数は、この数字を何回掛けた数か?」を。)
 例、『┃┃┃┃┃┃÷(割る)┃┃=┃┃┃=3=6÷2』(6を2で分けると、3つ分)や、
『┃┃┃┃┃┃÷(わる)┃┃┃=┃┃=2=6÷3』の様に。
↑この2つの式を見ると、足し算と掛け算の関係のように、「2の3つ分=6」「3の2つ分=6」と解ります。
 今話している割り算は、割られる数を左に、割る数を右に書きます。

 つまり、2×3=3×2=6で6を表す様に、
6÷3=2、6÷2=3、で、2=6÷3、3=6÷2、と書いてもいいわけです。(「何回掛けたか?」を調べるのにも使えます。)
 割り算の計算の途中で元の数(割られる数)が、分けるのに使う数(割る数)より小さい数になった場合、「あまり」として別にとっておきます。
例、『5÷2=2あまり1』や、『5÷3=1あまり2』の様に。

 計算式では、誰にでも解るように、先に計算したい方の、式の塊を『()←かっこ』で区切ります。
計算の優先順位は、『1、()内が先。2、足し算と引き算より、掛け算と割り算が先。3、左から順。』の順番です。
例、『(2+2+2)÷(3×2)=1』や、『(2×3)÷(2+3)=1あまり1』の様に。
これを使えば、計算式自体を、足したり、引いたり、掛けたり、割ることもできます。
 あまりの出る割り算が計算の途中にある時は、
しばらくの間、あまりの数を無視し、「だいたいの答え」として計算し、今回はまず、やり方を覚えてください。

74 :オーバーテクナナシー:05/03/10 23:52:52 ID:Hsb6Sirt
まとめをやるには、これは没とか採用とか言ってくれた方がやりやすいですね。

>>38
珪藻土は海や湖の底よりも、昔海だったところの地層を掘るのが多いらしいです。
原始人さんに翻訳:『地層』は崖などに見える縞模様のことです。

>65
珪藻土は水に濡れると断熱性が下がって耐久度も下がるらしいです。
なので、珪藻土レンガのカマドは洞窟や建物の中に作ったほうが良さそうです。

75 :ANIOTASAN:05/03/10 23:53:49 ID:uRSDadas
>>71さん、
原始人さんは、○はご存知みたいです。時代劇もデフロックもいいですね。(萌)

>>聖女様、
エアバックの前にバルーン、その前に蹴鞠や紙風船でしょうか?
ん?紙はまだでしたっけ?
しつこいですが、できしだいお絵かき教室きぼんぬ。はろねーちゃん(本物の方)で・・・。

76 :オーバーテクナナシー:05/03/11 00:12:46 ID:BAYARFik
>67の補足
『箱』は木を組んでつくった四角い器です。
作り方はいろいろ有るかと思いますが、一例を挙げます。
┌┬──┬┐
││   ││
│┴──┴│
└────┘この図のような溝を掘った板を二枚用意します。
 ┌───┐
 ├───┤
 ├───┤
 └───┘溝を掘った底板を一枚用意します。
 ┌───┐
 │     │
 └───┘横に挟みこむ板を二枚用意します。
まず、最初の板を互いに溝が見えるようにむき合わせて、下の溝に
底板を挟み込みます。
そして、横の溝にも板を挟み込んでください。
巧くはまるようなら、溝にニカワなどを塗って下さい。
これでちょっとしたものならば入れることができます。

77 :オーバーテクナナシー:05/03/11 00:31:18 ID:nqOcTt4j
やっぱり多産多死型の社会なんだろか。
あんまり急速に保健衛生状態が良くなると、人口爆発起こしそうでちょっと不安。

78 :ANIOTASAN:05/03/11 00:41:37 ID:ceNexbt4
>>77さんへ
確かに・・・それに、花粉症とか、?型肝炎とか、○俣病とかの新種の病とかも怖いですね。
旧1、さんはまだかなage!


79 :オーバーテクナナシー:05/03/11 00:48:25 ID:BvPw4wIu
中の人も忙しいんだろ。少し落ち着いたら?

80 :ANIOTASAN:05/03/11 00:53:45 ID:ceNexbt4
そうだ!なによりまず、
>>新1さん、スレ立て、ご苦労様です!さすがネ申!
ん?34さんって旧1さんなのですか?
と言いつつも、念のためage。

>>聖女様、
養殖、いいですね。調べてきます。

81 :ANIOTASAN:05/03/11 00:57:37 ID:ceNexbt4
>>79さん、
了解です。落ち着いて、また今度にします。ごめんなさい。

82 :オーバーテクナナシー:05/03/11 01:35:53 ID:ACAdPfY9
前スレざっと目を通してみた。
なんか勘違いがあったらすまそ。

 実用されてないもの、失敗したもの、見つかってないもの
105 栗材、燻煙乾燥
134 肥溜めの燃料化
149 羅布麻茶(燕龍茶)、麻煙草
161 楠(樫の木の間違い?、日刀保は燃えにくい樫の心材を使ってたような・・・)
162 錫鉱石、赤銅鉱、金、銀
164 吹子
177 クララ(毒草)
187 煙突
288 蜂の巣、湿潤環境による創傷治癒法
344 ラピスラズリ(青色顔料)
411 木の膨張による石切り法
569 蒲公英の栽培、食用化
671 ペヨーテ(サボテン)

 気になる話
151 村を去った殺人者

83 :前スレ1:05/03/11 03:52:40 ID:E4qqV3DT
ちょっと忙しくなったので、レスをサボっている1です。
>34は私なのでご安心ください。

ウズメさんの中の人と原始人の子供の中の人へ
あるいは、これから原始人をやろうと思う中の人へ
mirai774@hotmail.co.jp
このスレ用のメルアドを作りました。
本人確認のため、次回書き込みする内容をそえてメールをください。
未来技術村に起こそうと思っているイベント等について連絡したいと思います。

検証が間に合わないこともあり、新たな原始人も募集します。
できれば、他の板にいって専門家さん達とお話をしたり
新しい村を立ち上げて、未来技術村と(戦争を含めた)交流をしてくれる方を求めます。

今日はこんなもんで失礼します。

84 :オーバーテクナナシー:05/03/11 15:33:23 ID:2HAJy7G4
>>34
カマドが出来たばかりでこんな事言うのもなんですがあんまり構造が良くないかなという気がします

>カマドの真ん中には柱があり前後にアーチ型のハリはあり
>そのハリの上に2つのアーチ型の天井がのってる
まずこの部分。天井が前後に分割したような構造でしょうか
内部の熱対流が悪くなるように思えます
出来れば天井の形は手前−奥方向に半円筒形(丸太を縦割りにしたような形
正面から見て半円形が奥まで続いているような形と言えば分かるでしょうか)
の方が良かったと思います

>入り口から見て右側奥の上部には排煙口があるが、例によって煙突はない
>アーチ型の天井の下、壁の部分に一部レンガの積まれていない場所があるだけだ
もう一点がここ。排煙口は天井側ではなく床側に作って欲しかったです
さらに煙突は必要です。
煙突はただの煙を出すための筒ではありません
熱い空気(熱い煙)は上の方に昇って行く性質があります
煙突の中をこの熱い煙が上昇する事によって強制的に下側から新しい空気を吸い込む
難しい言葉でいうと負圧を利用した吸気(送風)装置と言う所です
熱の流れを手前のたきぐちから奥へ自動的に導く働きがあります

煙突もレンガで造りましょうか
レンガを四角く中が開くようにならべてそれを積み上げてゆきます
下側の一部を排煙口と同様にレンガを積まずに開けておいてを排煙口の穴と接続します
このレンガで積んだ四角い筒の煙突は出来れば背丈以上の高さがあるといいでしょう



85 :オーバーテクナナシー:05/03/11 15:37:46 ID:2HAJy7G4
もう一つ追加で
排煙口は右奥ではなくて出来れば真ん中がいいですね
どちらかに偏っているとカマド内部に熱むらが出来て焼き物の出来不出来に影響が出ます

86 :オーバーテクナナシー:05/03/11 19:22:12 ID:rP4ukgF/
「白い人」が攻めてくる夢の話だけどさ、あれは氷河期到来で移住してきた北方の民族がそのうち
村の付近に移動してくる可能性の話だよなー。

>>82
というわけで、「気になる話」に「氷河期近し?」を入れた方がよいと思われ。
あと、鶏・狼・猪の家畜化って成功してたっけ? してないならそれも加えるべきかと。


あとANIOTASANへ。前スレで自分だけ浮いてることに気づいたんなら治せ。お前の家族のことなどどうでもいい。
近況報告など不要。食糧難で必死に畑作ってるとこに遊びを教えて悦に入るやつがあるか。原始人に教える技術
に関して討論を交わすのはいいがそれ以外のことでいちいちレスをつけるな。
一言で言えば、もっと殺伐としろ。

87 :オーバーテクナナシー:05/03/11 19:31:12 ID:BAYARFik
初代1頑張れ

しばらくは検証する負担を軽減するため、「わかっただよ」一言で済むような知識・概念を
中心に紹介することにします。

ということで数学知識の補完をします。

《小学生一年レベルの算数の補完》
数の書き方や読み方は一万まで知っているようなので省略します。
『算用数字』は「わかっただよ」がないみたいなので詳細は前スレ666を見てください。
長さの比較を始めとした形の概念は発達しているのでそれも省略します。
『序数』はもしかして知っているかもしれませんが、説明します。
左 ○○○○○●○○○ 右
上には全部で9個丸があります。このような全部の数を『基数』といいます。
黒い丸は左から見て6個目、右から見て4個目のところにあります。
このいわゆる「〜番目」、「〜個目」という数字を『序数』といいます。

後は『足し算』『引き算』のいろいろなパターンを訓練ですね。

88 :オーバーテクナナシー:05/03/11 21:10:48 ID:BAYARFik
足し算は何人かで物を取りに行って全部でいくつ物が集まったか数える時などに使います。
「それなら並べてひとつひとつ数えればいいだよ」と突っ込まれそうですが、
慣れれば、数え上げるよりも早いですし、数えるのが困難な状況もあります。

問題1:モラーラの家に村人Aは4個、村人Bは8個木の実を持っていきました。
     全部でいくつになったでしょう。

4+8=12 答え 12個

この場合は、モラーラさんの家は怪しげな気が漂っていて入りにくく、勇気をだして
入るより頭の中で数えた方が楽です。
他にもシィの家の貢物、また木の数などそれぞれが離れていて動かせない時、
数は聞いたけど実際には見ていない時にも使えます。

問題2:モラーラの家に村人Aは4個、村人Bは8個木の実を持っていきました。
     さらに村人Cが5個持っていくと全部でいくつになったでしょう。

4+8+5=17 答え 17個

このように足し算は2人以上の数で持って来たときにも使えます。
『計算』(数について考えること)のコツはいくつもの事例をみて何回も計算を
やるしかないと思います。

89 :オーバーテクナナシー:05/03/11 21:55:52 ID:B5MMXt8p
はじめまして、原始人さん。
人の数がいくらあるかを、『人口』といいます。
あなたの村の人口を調べてもらえないでしょうか?
『数字』と『計算』の知識、『筆』と『パピルス』を使えば、そう難しくはないと思います。
それができたら、知らせてください。
村の人口は、食料や移住の計画をたてるのに、とても重要なことです。


【ここから原始人には聞こえない声】
ほんとは「戸籍」まで行きたかったんだが、まあまだ時期尚早でしょ。
しかし、「シヴィライゼーション」の時代にすら到達してないんだよなあ。

90 :オーバーテクナナシー:05/03/11 23:01:33 ID:BAYARFik
引き算は、何かを食べたり道具作りに使ったりして減った時、残りはいくつか
調べる時のほかにも、2種類のものの全体の数と一方の種類の数が分かっている時
もう一方の数はいくつか調べたり、どちらがいくつ多いのかを調べたりする
時に使います。

問題3:魚が6匹とれました。そのうち2匹を食べると残りはいくつでしょう。
6-2=4 答え 4個

問題4:土器の底に米と麦の粒が9個、米粒を数えると3個ありました。では麦の粒はいくつでしょう。
9-3=6 答え 6個

問題5:ウズメは7個、ナナッシは4個貝を拾いました。ウズメはナナッシより何個多く貝を拾ったでしょう。
7-4=3  答え 3個

足し算と引き算は組み合わせて使うことも出来ます。

問題6:土器が4個ありましたが、1つを割ってしまい、翌日2個土器を作ると全部でいくつになるでしょう。
4-1+2=5 答え 5個

91 :30女:05/03/12 01:41:47 ID:p3rdALs0
あら、原始人さん、ウズメさん、こんばんわっ。
ちょっとおひさしぶりですね。

>>42、ウズメさんといい雰囲気。
背が伸びたということは、まだ成長期なのかしら。きっともっときれいになりますよ。
村に来てからもう2年くらいになるんですね。
巫女だから恋愛はできないって話だったけど、そろそろ村になじんできたから解禁かしら。
ナナッシさんといい雰囲気みたいだし、ちょっとうらやましいです。

>>67>>70
丸というか、円については、竪穴式住居の建立のときに少しおはなしいたしました。
同様の要領で車軸の穴をつかって、蔓でコンパスがわりにすれば、より正確な丸ができますね。
カンナも出てきてますから、車輪の回りはきれいに仕上げられますね。

>>89
人口は大事ですね。あ、そうそう。今のところ母親中心の家族だそうですね。
できるかぎり父親(特定できないかしら・・・)と母親の名前は調べておいたほうがいいですね。
同じ父親、同じ母親の子供同士はできれば交わらないほうがいいです。
そのね、子供ができた時に、障害がでやすいのよね(前にお話しましたっけ?)

92 :30女:05/03/12 01:43:49 ID:p3rdALs0
ーーー聞こえない声ーーー
>>75
紙については簡単なパピルスについては説明していますが、紙風船のように空気が漏れにくいものはまだありませんね。

>>77-78
そうね。死亡率が低下することにより、人口急増しそうですね。

ところで、新しい病気ですが、花粉症は現代人の清潔になりすぎて仕事のなくなった抗体が過剰反応していますからね。原始時代にはさすがにないでしょう。
水○病は、有機水銀が原因ですから、それはないでしょう。
ただ、赤い池とか、なにか毒物っぽいですから、川に混入とかすると、鉱毒みたいなかんじでなんらかの公害病が起きる可能性はありますね。

『Ω』ってなぁに?オーム(アレフに改称)のことかしら?モルパワーじゃないわよね。
それと、珪藻土って、ニトログリセリンを混ぜてダイナマイトになりますよね。でも、グリセリンのニトロ化は、さすがに現状では無理ね。

93 :オーバーテクナナシー:05/03/12 02:23:13 ID:/Q3WTz8r
農業の拡大には治水工事が必須。
まずは川幅、深さ、流れの速さを測れ。

94 :原始人@初代1:05/03/12 04:28:19 ID:4ewObUEW
>27
美しい女性だか?
肉付きがよくて、胸や尻がデカイのが美しい女性だでよ
胸がデカイと良く乳が出る(迷信です)、尻がでかいと安産だでよ(それも迷信です)

>28
ねるときだか?
まえは地面に直接ねたり、落ち葉を敷いて寝たりしてただが
最近は布を敷いたり、毛皮を敷いたりして寝てるだよ
>洞窟の深さ
前に住んでいた洞窟は深いのはそこが見えなかっただが
暗くて奥にはあまりいってないだよ。
長老の話だと一番奥には青く光る石があるそうだよ。ふしぎかねー

>33
とりあえず、畑の近くの地面を掘って肥溜めを作ってみただよ。
まだ、空っぽなんでしばらくまつといいだよ。

>掛け算
なんとなくわかっただよ。

そういえば、以前に『フイゴ』とかいうものが話題になっていただが
どうやって作るどんなものかが、良くわからないだよ。
作り方や使い方を教えてほしいだね。

95 :ANIOTASAN:05/03/12 13:21:57 ID:nvbGUFFe
宛86、遊び以外は了解。すまぬ。以後、吉○家ばりに殺伐とす。
遊びは、ストレス解消と、移動→生活圏確保手段に発展させる予定ありの為、やだ。

宛旧1、低能ですまぬ。
(↑原始人聞こえない声)

宛原始人、川幅と深さは、竹の板に目盛りと単位・数字書いたもので計るも可。「定規」と呼ぶ。

96 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/12 14:19:43 ID:Viqpx3rJ
>>95
その定規を作るのが手間過ぎるからしばらくはいいとわらひは提案しましたー。
遊びは良いと思いますよ。公開行刑は近世までは大半の中流や貧困の皆の
貴重な娯楽だったし。面白い行刑を医療の知識も交えてたくさん伝えるのが
ANIOTASAN様の存在意義。

97 :オーバーテクナナシー:05/03/12 14:36:11 ID:M4ye/AJl
Webサイトでお金を稼げ!!(クリック保障型)
http://9199.gozaru.jp/

98 :オーバーテクナナシー:05/03/12 15:02:55 ID:0Us3Brox
>94
>青く光る石 ついにラピスラズリ発見か?

>フイゴ
火に空気を吹きかけるとよく燃えるようになります。
ちょっとした煮炊きなら長さ1尺から2尺の細い竹の節に穴をあけたものを
くわえて息を吹きかけるという方法でもいいと思います。
ただしこの方法だと疲れますし、気分が悪くなって気絶するかもしれません。

手を使って空気を送る方法として『扇』というものがあります。
二股に分かれた木の枝の間に動物の皮や布、パピルスを張ったり、縫い合わせたり
すると言う方法が簡単です。
他にも長さ一尺半、幅一寸半竹を蒸して片方の先を持つ場所5寸を残して細かく割き
それを広げて両面から皮や布を張り合わせたものを『団扇』といいます。

『フイゴ』はいろいろな作り方がありますが、オーソドックスなものを教えます。
まずは大きなしゃもじのような形の板を二枚用意します。
しゃもじの丸い部分をつき合わせ横から見ると V のような形に見えるようにし、
しゃもじの丸い部分の間に隙間なく動物の皮を張り合わせます。
そして V の先の部分に穴をあけると完成です。
しゃもじの持つ所をちかずけたり離したりすると穴から風が出ます。
(問題はどう張り合わせるかだったりする。ニカワでは接着力に不安かも)

99 :オーバーテクナナシー:05/03/12 20:21:00 ID:h26zq232
>>98
>青く光る石 ついにラピスラズリ発見か?
         ,.-、       ,..-‐−- 、、
     /^`~",  :\  ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;iii>;,、
   ,.-",   /......:::::i::l /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" ::ヤi、
  ,.i  .|  :キ:::::::::::|::V::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
 / 、  | ,;:::::l:::::::::::マ,.-‐-、j'_,.ィ>、、   .:::iii》
 i、 ヘ  :\:::::::キ;:::::::(:::j::):...) `‐-‐"^{"^ヾノ"
  ヤ、 \:::::\,::::\:;;;:iゞ:-:;ィ     ,.,li`~~i    
.,;iiλ\.,,ィ^-‐'`ー",::::|:;X'::7、   ・=-_、, .:/   <ちがう 飛行石だ
";ii::i`ゝ、::;;;:、-‐-;;;;i‐''''|  〉'.ヘ    ''  .:/  
    .;ill;;:\::::::::::::::::;ノノl} ,.ィ|、/ー-`=‐-、、ノ
iilllllli;;:::`:‐-‐'":;ノ'i'::i.(♀)マ=‐-、.,,_`l, ,.へ
llllllllllllii;;,,___;;;iill|||'::|i,. 王 ,ノ\ー=、7^ヾ'‐-、、
|||||||||||||||||||||||j'::::|::`:‐‐"、::::::\..::/   \  `ヽ

100 :オーバーテクナナシー:05/03/12 21:30:05 ID:65aU0iM+
>(問題はどう張り合わせるかだったりする。ニカワでは接着力に不安かも)

大昔は動物の胃袋をそのまま使わなかったっけ?

101 :ANIOTASAN:05/03/12 22:14:49 ID:nvbGUFFe
(↓書き方、試行錯誤中。自分宛だけレスってみる)

>>聖女様、
「時が来た。布より楽。」との思い過ごしにつき、ごめんなさい・・・。
やはり存在意義無いのですね。(改めて実感)医学知識は「過呼吸には紙袋かぶせる」位だし・・・。
(↑聞こえない声)

>>原始人さん、新しい遊びを教えます。(本当は嫌)
侵略者が来て捕まえた時や、自分がされて嫌な事を他人にした人や、聖女様やネ申様達(私は霊だから該当しない)を馬鹿にした人には、
「見せしめ」(恐れて次からしない様に、みんなが真似しないように、みんなの前で怖い目にあわせる)をしましょう。
見る人は、ネ申の為という大義名分と謎の爽快感を得られるそうです。
 1つ目の方法は、
『木に吊るし、数人で棒で「ぶりぶりーぶりぶりー」と言いながら、その人がした悪い事に応じた数叩きます。』
技名は、忘れたので、仮に「ぶりぶり」と呼びます。
 2つ目からは、「最後殺してしまうのも、全員参加のもあるよ」を参考に自分達で考えたりネ申様達に聞いてみてください。
(私は思い出すのも嫌)
 それと、祭りには、自分の最も尊敬するネ申様の真似をして、よりネ申様に近づくという種類もあります。
「世界の中心」だと思うところに、祭壇を立て、行なうと、普段ネ申の声が聞こえない人もネ申に会えるかもしれません。

102 :ANIOTASAN:05/03/12 22:20:24 ID:nvbGUFFe
訂正
誤、「〜嫌な事を他人に〜」
正、「〜嫌な事をわざと他人に〜」

103 :オーバーテクナナシー:05/03/13 00:39:29 ID:/ya/1Tbc
遊びと娯楽を混同しないように。


104 :オーバーテクナナシー:05/03/13 01:48:54 ID:Pk5qkvJf
これだからアニオタは…

105 :ANIOTASAN:05/03/13 02:12:46 ID:wbSoK3ce
>>104さんと104さんへ
呼んだ?え?!遊びと娯楽って違うのですか?!
・・・う”ぅ”・・・。(混乱)・・・出直してきます・・・。

106 :ANIOTASAN:05/03/13 02:18:07 ID:wbSoK3ce
訂正
誤「104さんと104さんへ」
正「104さんと103さんへ」
もうだめだ・・・そ・ら・が・・・・・・。

107 :オーバーテクナナシー:05/03/13 02:56:43 ID:/ya/1Tbc
青い石といえば『孔雀石』がある辺りに青い石はないだろうか。
孔雀石と青い『藍銅鉱』(らんどうこう/アズライト)は同じ場所から
取れることがあるので簡単に手に入るかもしれませんね。

ただ、洞窟の奥の青い石も非常に気になります。ぜひ、装備を万端にして
探索に向かってほしいところです。

108 :オーバーテクナナシー:05/03/13 03:33:25 ID:Opq4xzp2
>原始人
まだ雨具ありませんでしたよね?
雨が数日続いたら保存食を節約しながら細々と暮らしてるのかな?
それとも無計画にあるだけ食べて、なくなったら水だけで過ごしてます?

109 :オーバーテクナナシー:05/03/13 12:21:37 ID:DLUmfRKZ
青い光・・・
東海村の事故を思い出した。

110 :オーバーテクナナシー:05/03/13 13:15:18 ID:sFtU+OY+
俺も一晩くらいウランじゃないのか?と思ったが、自然に臨界を起こす
濃縮ウランなんてあるわけないよな。

111 :オーバーテクナナシー:05/03/13 13:26:03 ID:rx4qLgmS
>>101
嫌なこと無理して書く必要、一つも無いから。
とりあえず、あんたはすぐに書き込みボタンを押さずに、一週間は書こうとする内容に関して本当にその書き込みをしないと
いけないか熟慮し、下調べし、吟味し、推敲しろ。

112 :オーバーテクナナシー:05/03/13 18:46:24 ID:elC18M9D
火に息を吹きつける竹の棒を『火吹筒』と命名。
エジプトの図表を見ると4人ぐらいで吹き付けて銅を溶かしたらしい。

新しい狩りの道具を紹介します。
木の板に二つ穴をあけて、穴に紐を通してください。
そして紐を結んだものを『盾』といいます。
紐の部分を持ったり腕に結び付けたりして使います。
『盾』は獣に襲われた時、とっさに防ぐ時や、身を隠して近づく事にも使えます。
隠れる場合には、大きくてみどりや黒の色に塗った大きな盾でないといけません。
『盾』は動物の皮やまだないと思いますが『金属』を張ることで強化できます。

『戦争』(他の村とけんかをすること)のためにも大人の男全員分の盾を
作っておくといいと思います。
ちなみに『戦争』をする時は女性は戦わせないようにしましょう。
一人の男と10人の女では一年に10人の子供ができますが、10人の男と1人の女では、
一年に一人しか子供が生まれません。
女の人が死んでしまうと村にとって深刻な打撃になります。

113 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/13 19:11:47 ID:gVRpkPCM
>>現代人
この段階だと、牝の方が多いと思いますが牡も残しておくべきですよ。
タネ無しだったらアウトだから3人は確保しておかなければ。

114 :オーバーテクナナシー:05/03/13 20:58:01 ID:JZ+94AaI
じゃあ前線にでない軍士か神官が種で
>ナナッシさんへ
戦争の時武器や盾をもって戦える人のことを『兵士』
兵士の集まりを『軍隊』
といいます。
戦争の時の基本的な戦い方は
まず数人で相手の軍隊が何人くらいでどこに居るのかを調べます
これが『偵察』です。
敵を攻めるときは、遠くから投石→近付いたら槍→戦闘


原始人には聞こえない声
うわ・・・穴だらけ
軍学なんてどうやってオシエルンダ〇| ̄│_
誰か詳しい人訂正よろしく
スレの最後に戦争が起こるってのはこっち来たからずれるのか
このスレの最後の方なら楽勝?

115 :オーバーテクナナシー:05/03/13 21:09:10 ID:WYFkjqfd
戦争教えるのは時期尚早だなー。そもそも『指導者』と『規則・規律』の概念がなければ集団戦闘は無理。

116 :オーバーテクナナシー:05/03/13 21:30:07 ID:elC18M9D
《広い所でやる勝つ戦争の仕方》
相手より多い人数をそろえる。
相手より先に戦場に着く。
相手より高い位置に陣取る
横三列に並んで隣との隙間が少ないようにする。
その時少しの人数は『伏兵』(隠れた兵士)として隠しておく。
接近してきたら投石、弓、投槍の順に攻撃する。
槍を構えて上下に振って相手が接近しないようにしつつ攻撃。
《 のような形に列をゆがめて横からも攻撃する。
伏兵を出して横か後ろを攻撃して相手を敗走させる。

しかし、戦争はしないのがベストですしこちらから好き好んで攻める
ことはおすすめしません。
あと、戦争の基本は数の勝負ですので、食糧生産を改善して人口を増やす
ことが一番大事です。相手の数が二倍だとほとんど勝ち目はありません。
それで勝ったら歴史に残ります。

117 :オーバーテクナナシー:05/03/13 23:01:57 ID:xIPI4dLN
戦争というか、他集落との交流はあるんですか?
というか、野戦が出来るほどの人数いるんですか?
2、30人規模で陣形もなにもあったもんじゃなかろうに。
>>116
的が絞ってあっていいですね。
鶴陣、伏兵は兵力差ないと野戦じゃ危なくないですか。

というか、予備兵力と伏兵って違うものだと思いますが。


118 :オーバーテクナナシー:05/03/14 00:15:41 ID:fDLID2I5
最近出たアイデアで、まだ反応がないもの(もしくは薄いもの)を挙げてみます。

窯の完成から→耐火煉瓦の作成、珪藻土の探索、窯の構造上問題の指摘
車輪、木箱の作成
数学的知識(初等算数)
村の人口
治水(川幅など)
フイゴの作成法(送風方法いろいろ)
見せしめ、祭壇を立てる
青い石の探索(洞窟の奥)
降雨時の食糧計画
盾の作成
戦争の概念、戦術あれこれ

こんなところでしょうか?

119 :オーバーテクナナシー:05/03/14 00:35:31 ID:V4y97xd+
戦争は野蛮です。

ここは聖女さまのカリスマで宗教的に取り込みましょう。

120 :オーバーテクナナシー:05/03/14 00:56:30 ID:M82beuDR
>>82
とりあえず解決が簡単そうなものを答えてみます。

ttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1106236165/n288
>ハチだか?もう少し詳しく教えてほしいだよ。
>黄色くて飛ぶ虫はいっぱいいるだよ。

ハチの中でもハチミツが採れるのは『ミツバチ』です。
色は黄と黒の縞模様の種類が多いですが、白黒の縞がある種類などもいる模様。
ブーンと大きな音を立てて飛び、腹部には毒針があります。
一度刺されると集団で襲ってきますので巣を採取する際には布を何倍もかぶり
(黒い物に反応しやすいので特に髪の毛は覆っておきましょう)
巣に下で火を焚いて煙でいぶすようにして下さい。

121 :原始人@初代1:05/03/14 05:41:46 ID:lAXKvNkd
>63
底の深い土器でやってみただが、
たまった年度の上だけってどうやってとったらいいだか?
土器にたまった、粘土はひっくり返しても出てこなかっただよ。

>67,>76
箱は便利そうだなー
だども、水をいれたら、こわれただよ。もっと丈夫にならねぇだか?
車輪はうまくまわらねぇだね。
オレが思うに、丸の真中にうまく穴があかないことが原因だとおもうだよ。
丸の真中を調べる方法を教えてほしいだよ。

>84
わかっただよ、だども時間がかかりどうだだで、
しばらくまってほしいだよ。

>87-88
わかっただよ〜

>89
今の人口は全部で128人だ。
男が53人で、女が75人だ
いまいる、男のうち働けるの半分ぐらいだかねー
(ちなみに、サイ退治前の人口は50人ぐらいを想定してました
 年代というか経過した年月は、名前のついている原始人の年齢には
 直接は関係しないものとしたいと思います。
 そして、生活が楽になれば、短時間でも人口が増えます)






122 :ウズメ@原始人:05/03/14 10:25:41 ID:lirilMBi
ナナッシはいろいろやる事がいっぱいで忙しそうなので
あたいも少し材料探しを手伝うだよ
とりあえず珪藻土っちゅうのを捜しに行ってみるだ
>>38
ピンクてのがよくわかんねけど白っぽい土てことだな?
海の底か〜・・・海ん中は得意だけんども底の土を掘って捜すのは
ちょっと無理だなぁ・・・
火山のあたりでは見つからなかっただ
>>74
昔海だったとこ?そんなのどうして分かるだか?・・・あ、でも地層
ちゅうのは見覚えがあるだよ!崖が縞々になってるとこだな?
舟から見た事があるだ!
今度行って調べてみるだ!・・・ピンクってなに?

>>32>>36
テコってのはすんごい力の出せる道具というのは分かっただ
これってきっとすんごい道具だと思うんね
このテコを使ってオリーブから油を絞るのを何とか出来ねかなー?
オリーブを挟んで潰すのに重い石乗せる代わりにこのすごい力を
使う方法無いだか?
テコのことをもっと教えて欲しいだ

123 :ANIOTASAN:05/03/14 11:20:55 ID:xKOsVWMu
>>原始人さんへ
丸の真ん中を調べる方法は、丸の端から反対の端に何本かの線を引き{けがく(軽く傷をつける)}、全ての線が交差したところが真ん中です。
 便所ができても、用を足してる人を覗いてはいけません。私はさっき覗かれて、かなり怖かったです・・・。
戦争は、専守防衛各個撃破がいいでしょう。

124 :オーバーテクナナシー:05/03/14 12:13:13 ID:nYeKeKiQ
それ以前に中心を定めずにどうやって丸を書いたんだ?
>>10の『規』を使えばおのずと中心が出ると思うが
規は実用化してないと考えるべき?
とするとアーチ構造の窯はどうやって作ったんだ?


125 :ウズメ@原始人:05/03/14 12:26:08 ID:lirilMBi
あたい頭悪いし・・・;;
ピンクってのは赤と白の中間の色だって教えてもらってただよ
ごめんなー;;

126 :オーバーテクナナシー:05/03/14 13:43:07 ID:imW5MdQj
>>人口
一つの集落としては、だいぶ大きい方かな? 三内丸山遺跡が最大500人だったらしいから、このラインにくるまでは、移住は考えなくていいかも。

>>車輪
そもそも「道路」の技術が無いところで車輪を教えても使いどころが少ない。車輪は車輪の直径の半分より大きい段差は乗り越えられないからな……。


原始人さんへ

丸の真ん中を知る一番簡単な方法を教えます。指を一本だけ立て、その指先に車輪を横に乗せてください。
指先の支えている点が、真ん中以外の場所だったら、車輪はぐらりと傾いて落ちてしまうはずです。
車輪がかたむかずに、指の上で止まる場所が、一箇所だけあり、そこが真ん中です。車輪が重すぎるようでしたら、木の棒などを指の代わりに使ってもいいです。

あと、鶏の家畜化ですけれども、たしか雌鳥が一匹しかいなかったんですよね。その後どうなりましたか? 雄鶏は捕まえられましたか?

127 :オーバーテクナナシー:05/03/14 18:53:09 ID:5yYzTDhe
>『箱』
┌─────┐
└┐      └┐
┌┘      ┌┘
└┐      └┐
┌┘      ┌┘
└┯━━━━┷┐
   └─────┘ このような板を4枚用意してください。
太い線のところは刻みです。
この刻みに底板をはさんで四つの板を組み合わせると前より丈夫な箱ができます。
なかなか四つの板同士がはまらないと思いますので、少しずつナイフで削ったり
ハンマーで叩いて組み込んでください。

128 :オーバーテクナナシー:05/03/14 19:54:59 ID:5yYzTDhe
>海だったところ (珪藻土関連)
『地層』の縞の中には、掘ると魚や貝が出てくる所があります。
そういうところは昔は海だったところです。
『珪藻土』は『珪藻』という黄色い藻の遺骸が長い年月の間に降り積もって
できた土です。
なので昔、海や川や湖だった所には珪藻土があることが多いです。
(珪藻土の鉱床や土本体の画像を見るとピンクというより白や黄土色に近い気が・・・・)

129 :38:05/03/14 22:52:22 ID:nYeKeKiQ
>63,74,128 補足ありがとうございます。
中途半端な情報で混乱させてしまって申し訳ありません。

ウズメさんへもう一つ補足で、
採掘される珪藻土は水を含み非常に重くなっているそうです、
ですので取れる場所への道筋をよく確認してください、
地形によって運搬の方法、道具も変わってくると思います。


130 :オーバーテクナナシー:05/03/14 23:50:21 ID:5yYzTDhe
>>122
オリーブの実を石皿とすり石ですりつぶしてからのほうが、油が取りやすい
ですよ。

てこを使った搾る道具は思いつきませんでしたが、てこを使ったつかむ道具を
提案します。
L」このような棒と紐を用意してください。
棒の短い側が重なるようにして、曲がり角付近を紐で結びます。
その時、棒が X = のように閉じたり開いたりするように若干ゆるめに
縛ってください。
短い側の間にものを挟み、長い側を手で持って2本の棒を引き寄せると
手で触れずに物をつかむことが出来ます。
この道具を『木プライア』といいます。
てこの原理を使っているので、『箸』よりも重いものをつかむことにむいてます。
片手で扱う時は、持つ所に紐で輪を作ると開くことが出来ます。
熱い土器など手で持つことが難しいものをつかむ時に使ってください。

131 :オーバーテクナナシー:05/03/15 14:31:27 ID:ZT96OjPn
>>121
>底の深い土器でやってみただが、
>たまった年度の上だけってどうやってとったらいいだか?
>土器にたまった、粘土はひっくり返しても出てこなかっただよ。

えーと、、、分からないポイントがよく分からないというか
これが分からないのはちょっとヤバイんじゃないかなーという気もw
ただ手を突っ込んで掬い取ればいいと思うんですけど・・・・・

ちょっと整理して考えてみましょう
水を張ったままの状態ならば、まず水を棄てますね
上のほうはやわらかく積もっているだけなので(池や沼の底の土が
やわらかいように)簡単に手ですくい取れますね?

水を抜いてしばらく置いていたために土が締まってしまって固くて
取り出せないというのならば(一日置いただけでそんなになるという
のは考えにくいのですが)
鋤またはしゃもじのような形の道具で掘り出す

そのような道具が中に入らないまたは土器が深くて中まで手が
届かないと言うのならばもったいないですが土器を割るしかないですね

土器だとそのような危険があるのでやはり>>64で言ったような
方法がいいでしょうね

132 :オーバーテクナナシー:05/03/16 00:14:55 ID:u5fMKnjf
《小二レベルの算数知識の補完@》
人口など大きな数を使った計算をするときに便利な方法を教えます。

問題7:ある年における村の人口は男55人、女76人でした。村の人口はあわせて何人でしょう?

二桁の数になると普通に計算するのは面倒になりますので、『筆算』という方法を使います。
 55
+76
───  まず左のようなものを書いて一の位と十の位同士で計算をします。

 55
+76
───
  1
一の位は5+6=11となりますが、十以上の数になったら、その位の数(この場合は1)
だけ書いて、次の位に1を足します。これを『繰り上がり』といいます。

 55
+76
─── 
 31
よって十の位は5+7+1=13になりますが、これも同様に十の位には3だけ
書いて、1は次の位に回します。

 55
+76
─── 
131
百の位は数がないので、1あるということになり、答えは131人になります。

133 :オーバーテクナナシー:05/03/16 00:35:43 ID:u5fMKnjf
《小二レベルの算数知識の補完A》
問題8:ある年の村の人口は100人でした。その時の男の人数が43人だとすると女は何人いるでしょう?

  100
−  43
──── 今度は『引き算』で『筆算』をします。これも同じくらい同士で計算します。

  100
−  43
──── 
    57
この場合、一の位は0-3となって、引くことが出来ないので、次の位の数を1引いて
10-3の形にしたいのですが、残念ながら十の位にも数がありません。
なので、百の位から数を引きます。これで十の位を10にし、そこからさらに1を
ひいて、十の位を9、一の位を10としてそれぞれ計算すると、
一の位は10-3=7 十の位は9-4=5となります。
そして、百の位は、すでに1ひかれているのでなくなっていますので、
答えは、57人になります。

134 :オーバーテクナナシー:05/03/16 01:31:14 ID:njcj3FPf
[原始人さまに聞こえない声で]
始めて書き込みます。おもしろい!興味尽きないですね!
数学や戦術論とか話題になってますが、まだ食料難が解決してないんでは?

農耕や牧畜への技術導入もありますが、ここは採集を最大限にする方向を考えたら、
「川を遡る魚」−鮎や鮭の採集、「海の岩場」−貝類の採集あたりが手軽では?
『縄』が出来れば地引網さえできるのでは?
竹の加工で鰻なんかも採取できそうだし
土器があるなら栗やトチの実なんかも食用に出来そう

前スレ596は惜しい!隕鉄採取の可能性を示唆されてたのでは?
ならば、酸化していない鉄を入手出来、金属加工への道ができたのに


135 :オーバーテクナナシー:05/03/16 04:16:24 ID:UE2dOpYk
ハチの件についてですが
ハチがいる家の事を「巣」と呼びます
これには子がたくさん入っているものや、甘い水が入っているものがあります
甘い水の事を「ハチミツ」といい、ソレが取れるハチの種類を「ミツバチ」といいます
子は食べることができます

さて、中身を利用し終わった後の「巣」ですが、これは捨てないで下さい
お湯で煮ると、湯に固まるもの、色の無いニカワのようなモノが浮いてくると思います
これを「ロウ」と言い、色々使い道があるので集めて下さい、冷ますと固まります

=原始人には聞こえない声=
巣を捨てられるのが惜しくて書いて見ました
ロウは燃料になるばかりでなく、密閉に使ったり細工したり防水に使ったりできます
実際のところ、かなりの巣の量からほんのチョコっとしか取れないみたいです
用途によってはニカワと混ぜて使ったりもします
中世ヨーロッパでは重要な産物で、税としてロウを収めさせる様な事をしてた所もあるみたいです
用途広いので是非ゲットしていただきたいです

136 :オーバーテクナナシー:05/03/16 19:26:32 ID:D5BffGbl
>>134
>>酸化していない鉄を入手出来、金属加工への道ができたのに
青銅器時代も来てないのに?


みんなもうちょっと、今の原始人が持ってる道具見て何ができて何ができないか考えよーぜ。石器と骨器しか持ってねーんだぞ。

137 :オーバーテクナナシー:05/03/16 22:30:49 ID:EVO7txJN
>>136
青銅器時代は必ずしも必要ではないかもしれない

以前何かの子供向け科学番組で見たのですが
小学校の校庭で耐火煉瓦を積んで作った簡単な小さな炉で鉄を作る実験を
していたのを見た事があります。
実際に少量の鉄が出来てました

138 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/16 23:50:21 ID:sp+bLAAe
>>現代人
鉄器を造る練習に少しは必要かも。
でも錫か銅が量的に採掘がきつければ要らないのかな。
いきなり鋼目指したり鉄造ったりしても役に立たなきゃ穀物の、
現段階では貴重なナナッシらの範囲では全人類の石高の、
無駄遣いですよ。

139 :オーバーテクナナシー:05/03/16 23:52:43 ID:u5fMKnjf
鉄といえば、鉄が取れる山から流れる川の川原には、『餅鉄』というものが取れるらしいです。
『餅鉄』は、こぶし大ぐらいの黒い石に見えますが、持ち上げてみると重いです。
見つけたら知らせてください。

あとカマドを使わなくても、土器に砕いた『孔雀石』や『藍銅鉱』を入れ、
火にかけて四人ぐらいで懸命に『火吹筒』で火力を挙げれば、炭酸ガスがぬけて
『銅』(光った茶色の金属)が作れるらしいです。
『銅』はでこぼこを通り越してかなりいびつな形で山などに落ちていることがあります。
このような他のものから作らず、直接拾った銅を『自然銅』といいます。

あらかじめ、石に『鑿』と『ハンマー』で作りたいものの形に凹みを刻んだものを
作ってください。
これを『型』といいます。
そこに溶けた銅を注ぐと『型』の形に固まります。
土器は『木プライア』でつかみやすいように小さいものを使ましょう。
銅は冷えないうちは石やハンマーで叩いて形を整えることが出来ます。
また、熱い銅を水に入れて急激に覚ますと柔らかくなって加工しやすくなります。

【聞こえない】
最初の銅製品はなにがいいでしょうか?
不純物が多いので、ある程度の硬さが期待できると思いますが、
叩くともろいかもしれません。

140 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/16 23:55:29 ID:sp+bLAAe
>>銅製品
農機具が良いと思います。
耕作でも収穫でも何にでも金属の道具は助けになる。
あと、銅じゃ無いけど脱穀用にフレイルを教えてあげてはどうでしょうか。

141 :ANIOTASAN:05/03/17 04:10:55 ID:BcDhG/pF
>>こんばんわ原始人さん。
いつも通る所に整地した道を造りましょう。邪魔な草や木や石をどけ、できる範囲で真っ直ぐに平らに。
 雨が降っても川にならない様に外側を少し低くして、俳水路を付けたり、小石と砂を敷き詰めたり(砂利道)、
少し掘って大きな石をびっしり埋め込み砂で穴埋めしたり(石畳)工夫してみてください。
車輪と箱(取っ手や編んだ太い紐を付けると便利です)が使いやすくなり、履物を履けば歩きやすくなり、食べ物運ぶのも楽に早くなります。

142 :ANIOTASAN:05/03/17 04:36:49 ID:BcDhG/pF
(聞こえない声で)
和紙の作り方は分かるけど(昔やった)、原料の草等の説明ができません・・・。

143 :オーバーテクナナシー:05/03/17 12:58:03 ID:1INoeL+D
このスレ的にはありかも知れないけどそもそも石器で板材って作れるんでしょうか?
散々○○を板で、板を○○して、とか出てるけど。

箱作るにしても板厚が決まってないと指示のし様もないし、
板を丸太から削り出す手間を考えたらそのまま削り出しで器を作るほうが
遥かに自然な行為じゃないでしょうか。

板の出現と加工工具の関係、他の神様はどの様に考えているのでしょうか。

144 :オーバーテクナナシー:05/03/17 14:21:01 ID:oftMuC35
>>143
私もおんなじこと思ってました
今現在有る道具は、黒曜石のナイフ、石斧、石カンナ、石錐くらいのもんじゃないかな?
私もそんなに精密な加工が出来てるとは思いませんね
板は前スレの水路のあたりで出てきたような気がしますがまだ概念程度じゃなかったっけ?
作れてたとしても木を割って作った大雑把な物くらいな気がしますが・・・

あと、意図的にある方向(宗教、移住、戦争など)に導こうとしている書き込みをみますが
原始人が興味の無いトピックは普通にスルーされてますね
原始人側に需要の無い話題で埋め尽くすのも控えた方がいいのかも
つまり、前にも誰かが言っていたけれど、原始人に起こる問題を解決してあげる方向で
進めていった方が良いのかも知れませんね

145 :オーバーテクナナシー:05/03/17 21:35:36 ID:jsaXMpSR
今は丸太の船で十分な段階だと思う。

146 :オーバーテクナナシー:05/03/18 00:46:04 ID:gguuETEq
食料問題解決のためには、鶏以外にも家畜を飼ったほうがよいと思います。
家畜からは肉が手に入るだけでなく、堆肥を作れば、農業の生産性も上ります。
他にも皮や毛、骨でいろいろなものが作れますし、乳があれば、料理の幅が
広がります。
『馬』や『猪』、『狼』はいるらしいので、何とか捕獲できないでしょうか?

そういえば、前スレ510で狼の捕獲に挑戦すると言ってましたが、
どういう結果になったのでしょうか?

147 :オーバーテクナナシー:05/03/18 01:14:36 ID:gguuETEq
『芋』の定義をします。

芋は根や地下の茎の一部が膨らんだものを指します。
カタクリの膨らんだ部分は、葉が丸まったものですので、芋には含まれません。
多くの場合、皮と芽(くぼんでいます)をとって茹でれば食べることが出来ますが、
食べると口の中が酷く痛くなるコンニャク芋のようなものもあるので、
見つけたらその芋の形や葉や花の様子を教えてください。

148 :オーバーテクナナシー:05/03/18 01:29:29 ID:tfDc9/Pv
家畜は人間と食べ物が競合しないものを選ばんとな……。

149 :オーバーテクナナシー:05/03/18 01:35:52 ID:tV6MPp4K
山羊〜綿羊、牛なんかの反芻動物が理想ですね。
肉以外に得るものも多いし。

150 :オーバーテクナナシー:05/03/18 04:42:59 ID:zoIJJRbi
野生種の穀類、古代米の特徴
1.背が高く根や葉も太い
2.モミにトゲがある
3.冷害や干ばつに強い
4.白ではなく有色である。
5.実るのは現在の米の半分程
6.収穫時期になると米が落ちてしまうので収穫量がさらに減る
7.栄養価は高い

白い種類、トゲのない種類、実りが多い種類、収穫期になっても落ちない種類などができたら
食べずにとっておいて次はそれを蒔くようにしましょう。
これを『品種改良』と言います。

151 :オーバーテクナナシー:05/03/18 09:17:38 ID:Hfzb7uDg
つーか、いい加減主力穀物を決めねーと。

前スレから転載
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
手間がかからず、苛酷な環境にも強い粟
収穫量が多いが、連作障害がネックとなる麦
そして、手間がかかるが、収穫量と病気の問題を解決できる稲
稗や黍、その他の未定義の穀物の類も試しているが
現在、主力はこの3つに絞られている。
そして、1種類を沢山作り効率化を測るか
多数の種類を作り、もしものために備えるかも考えなくてはいけない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

神たちが日本人だし、単位面積あたりの収穫量を考えて主力を米とし、
将来の環境変化に備えて粟(くりとか読むなよ、あわだぞ)を保険として育てることを提案する。

農業に詳しい神さっさと降臨しる!

152 :ウズメ@原始人:05/03/18 10:07:00 ID:pbu0szHo
>>128
ふむふむ、わかっただ・・・えっと・・・黄土色ってなに?黄色とは違うんだか?
>>129
うん。場所見つけたら考えるだ
舟使えたらいいんだども浜からは遠いし
川を上っていっても川から村までもおんなじくらい遠いし
水路を船が通れたらいいのになー・・・

>>130
いっしょうけんめいすりつぶしてから手で絞ってみただよ
村の力持ちの男に手伝ってやってもらったりしてみてるだが
まだ絞り残してる感じがするだね・・・なんか勿体無いだねぇ

木プライア作ってみただよ
なんかね、掴むとクニってなって土器ひっくり返しちまっただ
上手く説明できないだが、くにって・・くるんって・・・なるだ;;

>>134
川の魚はナナッシ達が取りに行ってるだよ
そういえば川の魚は名前付いてないだね。『鮎』と『鮭』と言うだか?
海のほうはまかせておけ!貝類ってのhどんなのか教えて欲しいだ
縄はもう有るだよ地引網ってのも前に聞いたこと有るだなぁ・・・
鰻ってなあに?トチの実ってどんなんだ?

>>135
ハチは前にネ申さんから危ないから近づくなって言われただよ
ナナッシはうまく取ってこれてるんかな?

153 :オーバーテクナナシー:05/03/18 13:24:57 ID:bf6T78QM
>>151
べつに穀類だけにこだわる必要もないかと
豆なりイモなり気候しだいで選択肢はあるわけだし

それが自生しているのかが問題だが
(原生地から日本に来たのは結構遅い物も多いし)

154 :オーバーテクナナシー:05/03/18 13:53:53 ID:hoJURj9B
>>153
すでに実験用の水田まで作ってていまさら主食は芋ですなんてありえないだろ。そもそも芋や豆の定義すらまだできてないんだぞ。
副食としてやるならべつにいいが、とにかく手っ取り早く食糧増産しないと話がちっとも進まん。

155 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/18 14:23:00 ID:HnkUfTC8
>>畜力派ネ申
家畜を肉にするのは非常食か製薬の段階。
冬前に豚を加工する以外は家畜=肉は近現代豚人間の脳内妄想。
近代でも農業生産地ならそんな馬鹿珍しい。
彼らは今、縄文後期。

156 :ANIOTASAN:05/03/18 15:20:08 ID:cYU3IkHO
畜力って・・・食べるだけじゃ無しに、食物を捕獲や運搬する手段や労働力等として有効と思われ・・・。
 私は、旧1さん(原始人さん)やウズメさんが狼や馬の捕獲に関してスルーなのは、
まだ捕獲手段が完全じゃないからだと考え、思考中。
(本当は「農作物待ち」か「エサ不足」かもしれないけど)
(聞こえない声)
>>原始人さん、
前(鶏の説明)にも言った気がするけど、エサも不足し、大量に飼えないのならば、飼ってる動物は食べちゃだめです。
 まず田畑を増やし、道や水路で結びましょう。米を中心に生産するといいみたいです。

157 :オーバーテクナナシー:05/03/18 15:22:03 ID:Yc2Bs79K
ウズメ@原始人さん、

>>152
オリーブ油ですが、すりつぶした実に水を混ぜて、
浮かんだ油を掬い取るのはどうでしょう。

>>聞こえない声
モロッコなど地中海沿岸では、少量の油を絞る時には、すりつぶした
実に水を加え分離させるそうです。

158 :ANIOTASAN:05/03/18 15:23:32 ID:cYU3IkHO
訂正
誤「米」
正「穀類」

159 :オーバーテクナナシー:05/03/18 16:58:44 ID:tV6MPp4K
家畜=肉は現代人の妄想だとしても
原始人的には動物=肉でしょう、最初は。
いきなりそれまで食ってたものを食わずに利用しようとする発想の飛躍は
ナナッシレベルのリアル天才がいないと難しくない?。

追い込み猟なんかで集団を崖か穴へ落とし、
死んだものは食料に、
息があるものは(生きてる限り)腐らない食料として集落に持ち込んだんじゃないでしょうか。

そうすることで観察が出来、特性を生かした利用法を発見するってのがリアルな
ところじゃないか?


160 :オーバーテクナナシー:05/03/18 18:29:15 ID:JD/tpM7e
マサイなんて牛の乳と血だけで生きてるみたいだね。

161 :オーバーテクナナシー:05/03/18 18:32:18 ID:FbzA2qtR
上にも書いたが、人間と食べ物が競合しない動物なら特に問題無い。
ただ、大型の動物は遊牧が必要になってくるから、この村の規模では鶏かウサギが限界だろう。

162 :オーバーテクナナシー:05/03/19 00:31:59 ID:VhIVFO9h
牛、馬、羊、山羊、らくだなど、乳が出る種類の家畜が捕獲できれば、
肉にしない段階でも食料が得られます。
繊維が多い草は人が食べられませんし、人の食べ物が減るということもありません。
耕作地と牧草地の競合が起こるのは文明レベルにして何千年も先です。

遊牧をしなくても草が取れる牧草地があれば、大型動物は飼えるのでは?
小さい規模の農村でも何頭かはいけるのでは?
それに馬が発見されているということは、『草原』(草の多い広い土地)
にも隣接していると思われるので、遊牧もできるかと思われます。

163 :134:05/03/20 04:11:25 ID:laeqgBR+
>152ウズメさま
魚について
『鮎』は2匹まっすぐ並べると1キュービット位になる魚で、背中がちょっと青く、お腹が銀色の魚です。
春頃に海から川の上の方に登り、秋が終わる頃海に下ってゆきます。
『鮭』は1キュービットより少し長い魚で、口の先が曲がっているのが特徴です。秋から冬にかけて、に海から川に登ります。
その身は赤く、また雌は腹の中に卵を持ってます。
『鮎』は海に向かう頃、『鮭』は川を登る頃、網で取るのが簡単です。

『鰻』は、大きいもので2キュービット位で、ひょろ長い姿と、黒い背、白い腹を持っています。捕まえ方は、
(1)3キュービットの長さの竹を用意し、一方の端っこの節を残して全部奇麗に取ります。残した節には尖頭器で小さな穴を開けてください。
 節を残したのと反対側に縄をつけたら、流れが穏やかな川に沈めてください。何日か後に引き上げれば、竹の中に入っている事があります。
(2)網があるのなら、竹の代わりに、竹の葉がついた枝を一抱えくらい縄で結びつけ、同じように川に沈めて下さい。
 何日かあとにゆっくり引き上げ、水から上げる前に網を下に差し込んで掬い上げると、上手くゆけば取れます。
鰻は、必ず火に焙るか、煮るかして食べてください。鰻の血は毒ですが、熱をかければ大丈夫です。

164 :134:05/03/20 04:39:37 ID:laeqgBR+
連投スマソ>152ウズメさま
貝類について
一日の中で海の水が遠くまで去ってしまう時があります。そんな時を狙って、砂や泥をほじくってください。
指で丸を作った位の大きさの白い石のようなものが出てきませんか?同じ形の硬いものが2枚合わせたような・・
それは『二枚貝』です。を煮て食べられます。ちなみに、外の硬い所は『貝殻』と言います。
同じ海のそばでも、岩がごろごろしている所では『牡蠣』が採れます。波のかかるあたりで岩を眺めて、掌位の大きさで膨らんでいるものを見つけたら、尖らせた黒曜石で端っこを突付いて下さい。
パカッと貝殻が取れ、白い身が採れます。
海に潜れるなら、同じ岩場で海の底から『鮑』が取れるかも。これは掌より小さくて、浅い海の底の岩なんかに張り付いています。
牡蠣や二枚貝と違い、貝殻は一枚だけで、岩に貼りついていた方は身がついています。

貝類は、必ず火を通してください。煮るのが簡単ですが、鮑は貝殻を下にして炭火にくべて焼いて食べられます。
鮑の貝殻は、そのまま皿として使えますよ。

鮑の殻の美術品としての使い方は・・・ナナッシにだけ教えて、ウズメさまには秘密にしておいた方がいいかな?

165 :134:05/03/20 04:56:09 ID:laeqgBR+
3連投ほんとにスマソ!
>ウズメさま
言葉で分からないところがあったら教えてください。ミスタイプはスルー願い。
地引網なんかは、次の機会で・・・

>136>137
青銅器時代などの呼称の『時代』ってのは、その道具がそれなりに普及しているのが前提らしいです。
わずかな隕鉄を手に入れても、結果出来るのは、木工のレベルアップ程度でしょう。
鉄器時代を迎えるには、酸化鉄の還元(1600℃以上の熱量コントロール)が前提なのでしょうか?

166 :オーバーテクナナシー:05/03/20 05:13:31 ID:NNFDEh9N
鮑は道具使わないととてもじゃないが無理だぜ旦那

167 :オーバーテクナナシー:05/03/20 05:42:25 ID:bfZlWX4w
>>152
危険を冒して村にために働いてくれる人のことを勇気ある者『勇者』と呼びましょう。
死と隣合わせなので祝い事の日くらいはちやほやしてあげて下さい。

168 :オーバーテクナナシー:05/03/20 09:57:28 ID:YW68Civw
>『木プライア』改良版
П T 
このような棒を組み合わせれば、左右にかかる力が均等になり、
くにっとならなくなります。
またПのかわりに、二股になった枝の先に紐で棒をつけたもの ―<|
を使ってもよいかと思います。

169 :ウズメ@原始人:05/03/20 11:33:35 ID:eCQqmLb5
>>147芋がどんなものかよくわかっただ
    仲には危険な芋もあることもわかっただ
    ただそこらじゅう掘ってみてるだどもちっとも見つからねだ
    食べられる芋の特徴をもっと詳しく教えてもらえたら探しに行ってくるだよ

>>157おおー、おめさあたまいーなー!
    力入れて絞らなくてもいいだな!
    いっぱい油取れたら早速ランプ作ってみるだよ

>>163-165鮎は・・・えっと、銀色ってのがちょっとわからねえだ
       背中がちょっと青いの居るからきっとあれかなぁ・・・

    鮭は・・・口の先が曲がってるのと曲がってないのと居るけど
    たぶんあれかな〜?

    鰻は・・・あれか!長くてぬるぬるしてる気持ち悪いやつ!
    あんなの食えるだか?毒があるだか!う〜〜
    今度言われたみたいにやって捕まえてみるだ;;
 
    干潮のことだな?その時に砂の中に居るやつか
    それなら子供の時に良く拾いに行ったぞ
    そうだ!今度村の子供達と一緒に行ってみるかな〜・・・楽しみだね
    牡蠣と鮑は今度探しに行ってみるだ

>>166どんな道具が必要だか教えて欲しいだ

>>167そうだな、今度そう呼んでちやほやしてやるだよ。あはは

>>168むむ・・・形が複雑になっちまっただね
    たしかにこれならくにってならなくてすみそうだ

170 :キャロル:05/03/20 12:34:52 ID:nj+4MpAl
日本に生まれ育った人は日本人として何の疑問も持たない。
外国人はほかの国の人、うん。同じ地球に生まれ育っても地球人としての
自覚はどこからも生まれない。国家単位の文化、価値観は民族の血筋の存続
と繁栄を願い争いの中に存在している。グローバルな生き方とは耳障りがい
いがしかし自分の価値観は変えることができない。米国はエネルギーを費や
すことに価値観をもち、日本では平然と焼却施設をつくり続けている。こん
なに焼却施設を保有しているのは日本だけ。それでも地球環境問題は国家の
威厳をかけて話し合いをしているみたいです。誰もこのことに違和感は感じ
ないはずですよね。ひょっとしたら自分は00県人...............

なを、ご意見など伺いできれば嬉しく思います。

ホームページアドレス
http://plaza.rakuten.co.jp/tokusyu/


171 :オーバーテクナナシー:05/03/20 17:32:35 ID:keEGm4iB
>170
50スレくらい早過ぎる話題だぞw

172 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/03/21 00:05:42 ID:J0A8Nfm0
>>現代人
ヒマワリの種を食用にする、というのはどうなんですかね?

173 :30女:05/03/21 00:39:39 ID:SC/c/0CG
ひまわりの種は脂肪分が多すぎますけど、この時代の食生活からすると、むしろ全然カロリー足りてませんから・・・。
それだけでおなかいっぱいになったらだめだけど、副食として食べるには良いと思いますよ。
もちろん、油を採るのにもいいですけどね。

174 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 08:34:32 ID:tx++/AcK
太さが3寸くらい、長さが2尺くらいの棒を2本、同じ太さで長さが1キュービットくらいの
棒を8本、長い方の棒よりちょっとだけ長い丸太を1本、そして短い方の棒と同じ長さの竹と、
丈夫な紐と、布か毛皮をたくさん用意してください。

さて、長い丸太を縦にまっ二つに割って、両端を丸木舟と同じような形に削ってください。

舟の舳先より少し内側に、横に穴を空けてください。横から見るとこんな感じです。
______________________________
\                                          /
  \   ○                              ○   /
   \________________________/

二つに割ったものを並べて、穴の上に短い棒の端を載せて、穴に紐を通してしっかり縛ってください。
双胴船のような形に組み合わさるはずです。

短い棒を垂直に立てて、その下の端を横棒に縛り付けてください。横棒と舟を結び付けたところが
4ヶ所ありますが、それぞれ1本づつ棒を立ててください。

立てた棒は、上から見ると長方形に並んでいます。その長方形に合わせて、棒の上の端にそれ
ぞれ長い棒と短い棒を縛り付けてください。

舟の上、横棒の間に筏のように竹を並べてください。横と前後の枠には布か毛皮を貼ってください。

これで『橇』ができました。後ろから押したり、前の横棒に紐をつけて引っ張ったりして動かします。
『車輪がついた箱』ほど便利ではありませんが、物を載せて運ぶ事が出来ます。その上、車輪が
使えないような道でもある程度は通る事が出来ます。

(つーか、普通は車輪より橇の方が先に発明されると思うんだが……)

175 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 08:41:06 ID:tx++/AcK
>>147
コンニャク芋は確かにそのまま食べると毒ですが、細かくすり潰して茹でれば
毒が抜けます。冷めてから水を取り替えて、弱火で暖めながら木のヘラで
かき回し続けていると次第にどろどろになってきます。そこで石灰か木の灰を
少し加えて煮ると、プルプルとした柔らかい塊になります。これは「蒟蒻」と
いって、あまりお腹の足しにはなりませんが、食べ続けていると病気にかかり
にくくなります。


176 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 21:58:24 ID:QV117Xid
木の加工、石の加工、鉄の製造の技術なんてあるの?
無いのに物を煮る鍋はどうやって現われたの?

177 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 22:05:55 ID:iidaoNGm
>>176

鍋は、最初は動物の頭蓋骨を使ったのだろうな。(あくまでも推測)

178 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 22:07:52 ID:kAf4IRih
土器でも煮る事はできる。

179 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 22:12:27 ID:QV117Xid
煮る事ができる土器ならイイ具合に高温を出せる窯か
質のイイ土と練る技術があるんだ

180 :オーバーテクナナシー:2005/03/21(月) 22:15:41 ID:7Nfi2vSh
コンニャク芋は素手ですり潰すのさえ危険な感じがします
安全に作業できる方法とかぶれ対策が無い以上無理に食べるほどの価値は無いと思います

181 :オーバーテクナナシー:2005/03/22(火) 16:14:52 ID:9L5Rqqar
コンニャクは砂払いといって下剤・整腸の効能を持った薬膳。
腹痛の時に摂取させるべし。

182 :オーバーテクナナシー:2005/03/22(火) 19:57:54 ID:729rbM7L
石臼みたいな物は作れないかな?

183 :オーバーテクナナシー:2005/03/22(火) 20:54:14 ID:RISwknba
紛体を作る道具は現在「すり石」と「石皿」があるようです。
次のステップの『サドルカーン』までなら問題なく進みそう。

いわゆる石臼の『ロータリーカーン』も材料的には石と棒なので
新しい材料が必要なものではないけど、今ある石器での石のブロック体への
加工がどの程度見込めるかが不明。

原始人さんからの問いかけしだいで具体的な説明をしようと思ってます。

184 :オーバーテクナナシー:2005/03/23(水) 08:03:38 ID:mJgpvmtc
数字以外の文字を教えてない気が

185 :オーバーテクナナシー:2005/03/23(水) 18:30:23 ID:4PgMFDfb
日本語は名詞以外全て理解できるという設定じゃないの?

186 :オーバーテクナナシー:2005/03/23(水) 19:06:42 ID:nQT33STx
言語は有るが文字がない
or
言語も文字もある
たぶん上だろうけど 文字を伝えるためには
画像を用いて記号としするしかないか。
発音と記号を対応させるためには(必要か分からないが)
ナナッシは「声」が聞こえるからそれを利用すれば問題無し?
本で経験を伝えるのはちょっと早いかな?

187 :オーバーテクナナシー:2005/03/23(水) 19:36:13 ID:JHbpflxj
最近、1が来ませんね。

風を使って船を動かす方法を教えます。
七尺以上の長い棒と四尺程度の棒、動物の皮、藁縄を用意してください。

まず、七尺の棒を舟や筏にまっすぐ立てます。
舟の場合は、底に穴が開かない程度にくぼみを彫り、そこに棒をねじ込みます。
筏の場合は、竹の間に挟んでしっかりと結びます。
この棒を『帆柱』といいます。

次に動物の皮を高さ四尺、底辺三尺の直角三角形凾フ形に縫い合わせたものを作ってください。
これを『帆』といいます。

帆の端の部分に何個も穴をあけ、4尺の辺が帆柱につくように結び付けてください。
三尺の辺には4尺の棒を結び付けます。この4尺の棒を『ブーム』といいます。
『ブーム』の先も帆柱にゆるく結び付けてください。

この『ブーム』を動かして風を巧く捉えると櫂を使わずに船を動かすことが出来ます。

188 :オーバーテクナナシー:2005/03/23(水) 19:48:21 ID:JHbpflxj
『帆』があっても風がなくなると船が動きませんので、櫂も舟に積んでください。
風が強すぎて、帆を使うと危ない時はブームを持ち上げて、帆柱に結び付けて
帆をたたんでください。

また、舟の後ろに『舵』という板を取り付けると船が進む方向を決めやすくなります。

├┐
└┘
板の部分は船べりから船底までの長さにして、船べりに突起を着け、そこに
回しやすいようにゆるく結び付けてください。

189 :オーバーテクナナシー:2005/03/24(木) 01:04:58 ID:LuSF1eh3
水に浮くって事を理解する前に船ですか

190 :オーバーテクナナシー:2005/03/24(木) 09:39:50 ID:Ap/TGouM
筏とカヌーぐらいはあるけどな。
まとめぐらい読んだら?

191 :オーバーテクナナシー:2005/03/24(木) 10:11:46 ID:PQAmpCgr
帆の大きさ小さすぎない?

192 :ANIOTASAN:2005/03/24(木) 12:56:57 ID:KvRlYLWn
>>原始人さんへ
もし、帆の仕組みが分かりにくければ、凧を思い出してください。
風が当たってる凧は持ってる人を引っ張ろうとしますね。
 つまり、船や風に合った大きさと形の帆が必要なわけです。
水や空気にも重さがあります。(計り方はまた今度)
基本的には、
単純にそれらより軽い物だけでなく、
上に引っ張る力や、それと同じ効果の力(押し上げる力・吸い上げる力・浮かせる物から下に出す力等)があれば、
その中で浮くことができます。

193 :ANIOTASAN:2005/03/24(木) 13:01:38 ID:KvRlYLWn
訂正
誤「)があれば、」
正「)が『その重さ+浮かせる物の重さ』を超えれば、」

194 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 10:15:43 ID:u5dAsDxs
終了?

195 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 10:20:20 ID:mLx2P6Hz
焦らないで。
「進める」のではなく助けましょう。

196 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 10:42:08 ID:bshTq55S
あまりに新しい展開ばかり畳み掛けては、中の人達の処理が追いつきませんよ。
一つ新しい展開があったら、それを鑑みたり、肴にして話題にする程度の
余裕を持った展開にしたほうがいいのではないでしょうか。

なにより、原始人さんはこれまでに幾つか、当人には未解決である謎を投げかけています。
すべてをケアしましたか?自らの教えが(取り入れ)採用されるのはうれしいことですよね。
しかし、推し進められるという形は、果たして原始人が望むことでしょうか?

適切なスピードでいったらスレ幾つかかるんだ!という懸念はありますが・・・

197 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 12:16:08 ID:1OqjXIk8
そもそもこのスレは現代人が今更説明せずとも分ることを一から説明するって事に意味があるわけで。

198 :ANIOTASAN:2005/03/26(土) 13:34:49 ID:5CHVJSk9
>>旧1さん的にはどうなのでしょうか?
(進み方、謎解き、伝え方、とか、どの程度実際の歴史や旧1さんの予定とどこまで離れてもよいか?、
どこまでを細かい事として無視してよいか?、どの部分で楽しむべきか?ペースは?とか。
 最近連続で書くの控えて冷静に見返すと、
「新しいのは突っ込まれやすい→突っ込まれると思い、当り障り無さそうな事しか試せない→悩んでたら、別の人が書く
→補足か反論する→気まずくなる時も」ってパターンも時々ある気はします。)
 私を含めおそらく皆が、「次々に新技術?書くと、処理が追いつかないから申し訳無い」ってのは悩んではいますが、
(ウズメヒメさんが出てきてくれた理由も、その後旧1さんが村の住人募集してた理由もそうでは?)
どのペースでどこを楽しんでるか?は人によって違い、
今の状態(旧1さんの指定が少ない)では、「こうすべきに決まってる」ってのは無い気がします。
(既出以外に私がここ楽しいと思うとこは、「現代人としての他の人の、違う考え方が学べる」とこや、
「原始人に対する優しさを見て、『人間、いいかも・・・。』」と思い幸せになるとかもあります。)
 故に、「旧1さん、あなたはどうしていきたいですか?どんな事が嫌でどんな事が楽しいですか?」
と面と向かって聞いてみるテスト・・・。

199 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 18:12:26 ID:635Xv4bD
>>197
その1を説明するのにいくつもの前提知識を説明しないといけないってのが面白いところだよね
普通に常識として持ってる情報が
いかに膨大な知識の積み重ねによって獲得されてきたものなのか、実感できる

前提条件をクリアするために現代の常識としては消失したものも持ってくる必要があるだろうし
まぁ、別に我々が歩んできた道、そのままを再現するのが目的ではない(と思う)ので
裏技的な一足飛びの発展を遂げさせるのもそれはそれで発見があると思うんだよな

この遊びは色んな要素を入れて何回も遊べるRPGだと思うので
このスレの行く先があまり芳しくなかったとしてもそれはそれで結果の1つって事でいいんじゃないのかな
だからあまり縛りをつけるのは良くないと思うのね、調整はGMである1さんがしてくれるでしょう

教える側に大切なのは目的意識(何のために何を教えるかという明確な意思)、それと遊び心だと思う

200 :ANIOTASAN:2005/03/27(日) 02:42:29 ID:dn/GjnN1
GMで、ジムじゃなくゲームマスターと読める人の人口が、どうしても気になる。(笑)

201 :オーバーテクナナシー:2005/03/27(日) 04:28:49 ID:ZBzONlOi
干し肉や塩漬けにすら死の危険性があったりするわけで
ひとつの技術のつき数時間の調査時間をかけないと正しく理解なんかできない。
それを一人でこなすのはかなりキツイだろうね。

>>200
ジェネラルマネージャーと読む人が多そう。

202 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/03/27(日) 13:58:47 ID:Fx5mVhOK
ゲームマスターですか、いいですね。
アニヲタ様は、どんなテーブルトークがお好きですか?
私はコンピューターRPGから派生したタイプのが好きです。
1990年代前半のコンピューターRPGみたいなのが好きです。

203 :オーバーテクナナシー:2005/03/27(日) 15:40:55 ID:RFCMu14z
>>202
板違いもいい加減にしろ。

204 :オーバーテクナナシー:2005/03/27(日) 19:59:55 ID:5UdlcCrd
>>202
お前の書き込みは実生活でだれも構ってくれない自らの浅い薀蓄を噴出させてるだけだ。
類は友を呼び、普通の人は去っていく。
もしこのスレを想う気持ちがあったら空気読む力を身につけるまでROMってろ。

205 :オーバーテクナナシー:2005/03/28(月) 01:50:39 ID:jlXcHfwq
検証を中の人sに任せずにある程度スレ上でつめていけないだろうか、

具体的にはふいごの羽口を何で作るかとか気になってるんだけど。

206 :オーバーテクナナシー:2005/03/28(月) 09:53:59 ID:E0PKDN99
細い竹の筒を前の穴に入れて、空気が漏れないように紐で縛ってニカワで固めたら
いいと思う。

207 :オーバーテクナナシー:2005/03/28(月) 10:48:44 ID:BRyP8Bgz
煙突の時もそうだったけど、高温にさらされる部分だからそういう燃えやすい物で
作ったらダメなんじゃないの?

弥生時代の出土品は粘土で出来てますね

208 :オーバーテクナナシー:2005/03/28(月) 21:38:45 ID:tNC/ZZNr
皮袋への取り付けはニカワなんか使わなくとも
水に浸してやわらかくした皮に、羽口より小さめに穴を開けて
無理やり突っ込めば、皮が乾いた時の収縮で羽口を固定できないかな
生クリーム絞るやつのでっかいの想像してんだけど、これに板をくっつけて・・・
って弁どうすんだ?

209 :ANIOTASAN:2005/03/30(水) 16:38:09 ID:hytoEjbt
>>聖女様へ
2〜3日居なくて、悪者にしてしまいごめんなさい・・・。(泣)私は広域妄想族なので、そういうのも、ここも好きです。
>>203and204様へ
ごめんなさい・・・。私と、運が悪いのです・・・。(失敗して人を釣ってしまいました・・・。)
次から、先も読めるように努力しますので、どうかお許しを・・・。
>>208様、
石油きゅぽきゅぽの場合、ただのプラの板なので、仕組みが説明できれば、竹板等でもいけるかも?

210 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/03/30(水) 21:10:56 ID:q3z4FSD2
わーいアニヲタさんだ(^−^ )
いえいえ、テーブルトークファンにあえて嬉しいですからー。

211 :ANIOTASAN:2005/03/31(木) 03:59:06 ID:mwflBNES
>>聖女様へ
原始人さんに、1日でも早く幸せに、TRPGや必要以上の高速移動もしてもらえる日が来る様に、
(遊ぶ余裕ができるように)まずは氷河期が来る前に生き残れる食物・技術を持ってもらいましょう。
私も時間掛けて調べてきますので、聖女様も、これからもスレ上での検証の支援等どうかよろしくお願いします。
>>ウズメヒメ様
「銀色」は、青よりもやや白に近い感じでキラキラ光る色です。黄色に近くなると「金色」と呼びます。

212 :オーバーテクナナシー:2005/03/31(木) 04:34:04 ID:g3cJc7Vu
「空気嫁」と、空気を読まずにいってみる。

213 :ANIOTASAN:2005/03/31(木) 06:10:07 ID:mwflBNES
>>212さん、季語が無いぞゴルァ!「暁を 覚えてみれば 寝てないよ」・・・だめだ・・・。しばらく(何日か)来ないし反省するから、あんたも本題汁。

214 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/03/31(木) 15:42:21 ID:1dlgLHen
>>アニヲタさん
必要以上の高速移動って観光や美衣美食・玩具類の物流のことだと思うけど、
なんか珍走みたいですねパッと見(−^;)。
TRPGは木簡の束、粘土板、骨角器のサイコロや将棋の駒みたいなものだけでも
あればできると思います。チェスの駒みたいなのならサイコー。
スレ上での検証や提案も、そろそろ難解になってきましたが頑張ります。
この文明レベルなら米軍のサバイバルテキストとかの邦訳版が役に立ちそうですよ。
簡易担架とか木の組み方も有るし、対原住民交渉のコーナーは交易とかに
役立つかも。

215 :オーバーテクナナシー:2005/03/31(木) 21:46:53 ID:sVxAT8t7
コテが馴れ合いを始めると糞スレになる法則…

216 :オーバーテクナナシー:2005/03/31(木) 23:41:02 ID:rg1ivpiB
クソスレ以前にクソサムイ

217 :オーバーテクナナシー:2005/04/01(金) 00:09:31 ID:tldVbaNB
2スレ目のまとめです。
原始人さんたちの発言から抜き出したので、スルーされたアイディアはかなり大目です。

【200 歴史】(お話風のところ)
2-34 『アーチ』を用いた『カマド』完成

【290 地理】
・前に住んでいた洞窟の奥深くに「青く光る石」があるとのこと

【330 経済】
『人口』人の数
・2スレ121レス時点で村の人口128人(男53人 女75人)

【380 風俗習慣】
《就寝の様式》毛皮や布を敷いて寝ている。

【410 数学】
 『掛け算』×を使う。
『序数』〜番目
『基数』〜個

【450 地球科学/地学】
『地層』崖に見える縞

【470 植物学】
『芋』食べられる丸い根

218 :オーバーテクナナシー:2005/04/01(金) 00:10:39 ID:tldVbaNB
【480 動物学】
『鮎』魚名
『鮭』魚名
『鰻』ぬるぬるしている
『牡蠣』貝名
『鮑』貝名

【510 建設工学、土木工学 】
『梃子』「この魔法を使えば村にいるどんな力持ちよりも、 君は大きく重い石を動かすことが出来る。」

【590 家政学、生活科学 】
『箱』単純構造なので強度が低い
『木プライア』物をつかむ道具

【595 理容・美容】
《美しい女性》肉つきがよく、胸や尻が大きい女性。乳の出がよく安産であると信じられている。

【610 農業】
『肥溜め』糞尿を発酵させ、堆肥製造する穴
 『肥柄杓』堆肥をすくう道具

219 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 00:46:57 ID:buhpberc
こういう板では芸のある年号になっててほしい。

220 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 00:59:17 ID:p5vEgch0
マイナスにするとかね。たとえば、銀河帝国暦とかだと、紀元前に
なりそうだな。

221 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 02:01:02 ID:nlzu5xDQ ?


222 :原始人@初代1:皇紀2665/04/01(金) 03:56:55 ID:HVrQs5Ns
村の外から人がきただよ。
言葉が通じなくてこまっただよ。
身振り手振りで、なんとか話してみただよ。
どうやら、北のほうから来たと言っているみたいだなぁ。
お腹が減っていたようなので、米と麦をくわせてやっただよ。
とても喜んでいただよ。
村を出るときに、米と麦を袋に入れて持たせただよ。
北のほうに歩いていっただから、たぶん自分の村にかえるだね。

で も 、 あ の 白 い 人 は ど こ か で 見 た 気 が す る だ よ

なにか、胸騒ぎがするだが、きっと気のせいだね。
人に親切にしたあとは、言い気持ちになるものだが、不思議なものだね。


223 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 06:16:26 ID:Zu/DonqQ
これは、村の周囲にカッコいい囲いを築く必要がありそうですな

224 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 10:02:36 ID:tldVbaNB
友好的に『交易』(他の村と物のやり取りをすること)が出来たらいいと思いますが、
念のため>>112の『盾』を作ったほうがいいかも

畑を耕す時、たくさん石が出て来るので、それを捨てていると思います。
そのような石を積んで、壁のようにしたものを『石壁』もしくは『城壁』といいます。
これを村の周囲に作れば、『柵』よりも効果的に、(人間を含めた)動物の侵入を
防ぐことが出来ます。
かなり時間がかかると思いますので、村の人々と協力して気長にやってください。

そういえば、『狼』の家畜化はどうなりましたか?
これだけ食料が増えてくると、自然と村に居つく狼がでてきてもおかしくないと思いますが・・・・

225 :ANIOTASAN:皇紀2665/04/01(金) 14:58:37 ID:/819v4Za
>>原始人さんへ
胸騒ぎがする時は、何かある時です。
その人はオニの一種かも?仲良くできるなら素晴らしいことですが、
 念のため武器の用意をして、皆にすぐ連絡が取れるようにしておいてください。
食物を多く持つ弱い相手とみなすと、食料を奪いに来るかもしれません。
犬は寝ている時の警戒用や、匂いを辿って白い人の居場所を調べたりにも使えます。今のうちに飼いましょう。
(聞こえない声で↓)
まさか〇ワンの斥候?!純血種(アイヌ)の人ならいいのですが・・・。
>>聖女様へ
私は「元、健全な方の珍走と言われる者」で、先輩の「車好きは皆アニオタ。もちろん自分も。」という迷言にしたがってます。
そんなことより、ついに爆発物の必要な時が来てしまったのかもしれませんよ。

226 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :皇紀2665/04/01(金) 17:13:48 ID:YPir56PF
リアルでもウンコを加工できる根性のあるヤツならレス悪用なんかしないと
思うけど・・・。それに近世型だからアフォなひとなんかには扱えない知識
かな。いや、それでもボム知識は2chに出すの気が退ける。
近世の武器、白い人に奪われたらやばい。皆、どうしよう。

原始人様、白い人の着ていた服や髪の毛や髭のことをお教えください。
ところで白い人、かつてこの村を追われた人ですかね。

アニヲタ様、90年代の走り系の人でしたか。私もアニメなら共通で好きです。

227 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 20:57:20 ID:C0SdQ+Yo
聖女ってコテハンつけてんのに「リアルでウンコ」って書き込むなよ・・・orz

228 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 21:19:34 ID:knd+MSI4
この村を追われた人は長老くらいしか知らないんじゃないか?
なら年齢的にナナッシーは面識が無いんじゃない?
北方系の人ってのは間違い無いだろうけど
北方系の人で徒歩で九州のあるような地区に来たというんだったら
もしかしてだけど「氷河期」が相当進んできてるとか・・・・・・
でも白い人はマジで斥候だったりしてね・・・
斥候だったらその村は戦略的な文明とかめちゃ進んでるね。
争いを好む民族だったりしたら戦は避けられないなぁ・・
武器じゃなくて本当の意味での兵器が必要になってきたな

でも印象からしてその人の村は相当離れてるような気がするんだよな。
言語が全く通じない→方言レベルではない。
(言語のバラつきはこれくらいの時代だと集落ごとにありそうだから
全然問題は無さそうなんだけどウズメ姫が通じてるというからなぁ・・・判断に困る。)
でも距離は相当遠そうだからこっちに攻めてくるましてや大勢率いてくるなら充分体勢整える猶予は出来るな。
この間にまず指揮の出来る人物を作り。防衛策と重点とした戦のいろはを教えないとなぁ。
まず若い男で村を率いるリーダーを作ってもらえるのが理想。そろそろ長老もやばそうだし。

229 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 21:28:16 ID:knd+MSI4
原始人さん。
米や麦を見たときの白い人の反応はどういった感じでしたか?
驚いたかんじだったでしょうか?知っていたようなかんじでしたか?

(以下原始人には聞こえない声)
農耕民族じゃなかったら争い確定かもしれんのだが・・・・
狩猟民族だったら移住型の可能性が高いし
言葉が通じないって事は話し合いの余地は無いって事だろうし・・・・厳しいね。

230 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 22:06:43 ID:JBrlfJ+3
とりあえず戦闘、防衛に役立ちそうな道具類を点検するであります。

『尖頭器』『槍』という名称が定着した模様  主原料:木の棒、黒曜石
『投石器』投擲武器射出装置 主原料:革、麻紐
『投槍器』投擲武器射出装置 主原料:木の棒
『弓』投擲武器射出装置 原料:竹・麻紐・ニカワ・松ヤニ・油
『矢』投擲武器 原料:竹・麻紐・黒曜石・羽を半分に割ったもの
 『火矢』やじり部分に油をしみこませた布をまき、火をつけたもの
 
『地図』 大地の様子を書いたもの
『柵』建造物

『丸木舟』船舶 原料:木
『双胴船』丸木舟を二つ繋いで安定性をよくしたもの
『アウトリガーカヌー』丸木舟と丸太を繋いだもの

こんなもんでありましょうか?『盾』は実用化が未確認なのではずしました。






231 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 22:28:12 ID:JBrlfJ+3
と、書いては見ましたが相手がどんなものかもわからない上
実害もないんじゃ忙しい村人を率いての本格的な対策は無理か、
戦うと決まったわけじゃ無いしね。

とりあえず北から来た人の格好はどんなんでした?
どんな服を着ていたか、草履のようなものを履いていたか、
見たことの無い道具を持っていたか?この辺は知っておきたいところかな。と、書いては見ましたが相手がどんなものかもわからない上
実害もないんじゃ忙しい村人を率いての本格的な対策は無理か、
戦うと決まったわけじゃ無いしね。

とりあえず北から来た人の格好はどんなんでした?
どんな服を着ていたか、草履のようなものを履いていたか、
見たことの無い道具を持っていたか?この辺は知っておきたいところかな。

232 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 22:46:46 ID:JBrlfJ+3
うわ、文章グダグダだ。
申し訳ない。

233 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 23:01:34 ID:OUrXxE9N
このスレが立ち上がった頃は戦争なんて考えられるレベルの
文明ではなかった。他の部族はこのスレが立ち上がった頃の技術しか
無いんじゃないのか?

234 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 23:13:26 ID:xNossU2D
他の村には他の神様が居て違う文明が発達してるんだよ・・・きっと

235 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 23:22:39 ID:JBrlfJ+3
ほかの村が神なし、文明無しなら何の心配も無いのに。

236 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/01(金) 23:23:53 ID:jjUsbRP4
他民族スレでも立てて
お互いに育ててスレ出張でもしたれ

237 :30女:皇紀2665/04/02(土) 00:21:21 ID:zL/zJwv9
ずばり、他の村の技術レベルは旧石器時代以下のような気がします。

見覚えがあるっていうのもなんでしょうね。
確かに昔、殺人を犯して村を追われた人がいましたが、言語が通じないというので、違いますよね。

それとね、悪意があったり斥候だったら、自分のやってきた方向を明かさないですよね。
村を出る時に、ひそかに後を追うべきだったかもしれませんね。



238 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/02(土) 00:32:28 ID:KY5jDoOf
>原始人
見覚えっていうのは夢じゃないか?

239 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/02(土) 00:41:00 ID:RmjQaLzt
>>121
『今の人口は全部で128人だ。
男が53人で、女が75人だ
いまいる、男のうち働けるの半分ぐらいだかねー 』

必要なのは村人の増産か。

240 :オーバーテクナナシー:皇紀2665/04/02(土) 00:42:50 ID:ZN5soaTa
同じ言語集団でもニ百年交流が絶えるとことばが通じなくなるらしい。
ということは、この村が、ウズメさんたちの集団とわかれたのは、さほど古くなさそう。

241 :ANIOTASAN:皇紀2665/04/02(土) 01:42:16 ID:G6jbjWeG
>>聖女様へ
別にうんこから作らなくても(ワラ)確かにここも2ちゃんでしたね・・・。
まず友好の使者(もちろん様子見も兼ねて)を送り、相手の場所・数等を特定し、好戦的であれば、威力偵察してみて、
もし一回火力で負けて、旧1さんがOKと言えば、旧1さん捨てアドにメールして、書いた事にしてもらうって手はありますね。
>>皆様へ
負ける不安が無くなるまで準備だと限度が無いので、戦の準備しつつ原始人さんに偵察してもらいたいのですが、
(敵を知り己を知れば百姓一揆って言いますし、先手を打たねば)馬等の乗り物が無いと追いつくのは至難ですね・・・。何か手は?

242 :原始人@初代1:2005/04/02(土) 03:18:28 ID:lqsebzzr
村の鶏小屋が荒らされただよ。
せっかく7羽まで増えた鶏達が全滅しちまっただ。
犯人は解っている。村の近くを縄張りにしている狼達だよ。
足跡と糞が証拠だよ。
仕返しに奴等の巣を男衆全員で襲っただよ。
2人ケガをしただが、オレらの圧勝だだね。
巣穴にいた子供を5匹捕まえただよ。
さてー、どうやって育てたらいいだかね?

243 :ANIOTASAN:2005/04/02(土) 03:46:02 ID:G6jbjWeG
>>原始人さんへ
狼→犬、捕獲おめでとうございます!
でも鶏は残念です・・・。また頑張って増やしてください。怪我は大丈夫ですか?
ネギ系のもの特にたまねぎは食べさせちゃだめです。他は人間が食べるだいたいの物は食べますが、基本的に肉食です。小さい頃からよく与えられた物を好む傾向があります。
いつも、人間がご飯食べてからご飯をあげてください。先に食べ始めた者がその群れで偉いという認識があるようです。
首輪と名前を付けてあげるとよいでしょう。丈夫な紐で繋いで小屋を作って飼っても(少し大きくなってから)、一緒に中に入れて飼ってもいいですが、必ず運動をさせましょう。
4足歩行始めるまでは母乳が必要ですが、人間のでも大丈夫なようです。
悪い事(人や鶏を襲うとか人間のご飯強奪する等)しないように小さい時からある程度しつけましょう。
小さい時から一緒に居れば、他の生き物とも共存するようです。狼は群で暮らすので、人間がボスとして接しましょう。

244 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 05:07:23 ID:KqbeFHX+
聖女とANIOTASANはNGワードで確定

245 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 05:27:36 ID:Q0N7Lseb
まぁ、それしかないみたいだね・・・

246 :ANIOTASAN:2005/04/02(土) 06:44:39 ID:G6jbjWeG
>>244and245
お邪魔しました。聖女様は悪くないので、私が消えます。
>>旧1様
悪意は無いのですが荒れさせてしまいごめんなさい。お邪魔しました。
>>原始人さん
お別れのようです。元気で暮らしてください。さようなら。

247 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 08:06:12 ID:FNMU5pmY
(原始人には聞こえない声)
いちいち余計なレス返さず、名無しで書き込めばいい。
それなら文句を言われることもなかろう。

248 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 09:25:31 ID:I68fjyaS
━原始人さんには関係ない声━
これまで幾度指摘を受けても◆9RaBw0NoLwさんは無視し
246さんは数日消えますとしながら、同一人物(コテハンによる特定)による空気や流れ
スレや読む人の意思を考えないレスが重なると、Uzee感を持たれるのは仕方ないと思います。

246さんは>>111を少しだけ実践してみてはいかがでしょうか。
このスレはある程度長い期間での展開が予想されます(原始人さん達がめげない限り)。
推敲をする時間を惜しむことはありません。

貴方だけが悪い、居なくなればいいということではありませんよ。
ただ貴方は打ち込んだ文章を、画面の向こうの人にはどう読まれるのかを考え、時間を少し空けてから
見直してみたほうがいいかも知れません。
これは貴方が特別しなくてはいけないことではなく、皆がやっていることなのです。

普段ROMのくせに雰囲気を悪くするレス、しかも長文で失礼致しました。

249 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 12:31:28 ID:Yljpjz6r
>>242
狼の傷の対処法は、詳しくはないのですが、傷口をよく洗って、
『ウコン』(既出)の根をすりつぶしたものを茹でて作った汁を傷口に塗って、
傷が腐るのを防いでください。
さらに『ユキノシタ』(既出)の葉を貼るといいと思います。

ところで、葉っぱが&;hearts のような形で、夏の始まりに花びらが蜜が
あるところを中心に丸くつながっていて、真ん中だけ紫で外側が白い花を
咲かせる蔓を知りませんか?
根を掘ってみて、『紫』(赤と青の中間の色)色の太い根が出てきたとしたら
それは『サツマイモ』です。
『サツマイモ』は洗って茹でたり焼いたりすると食べることが出来ます。
味は『栗』(とげとげした木の実です。とげとげの皮をむいてあく抜きをし、
茶色い皮を割った中身の黄色い所は食べることが出来ます。)
に似て甘いです。

250 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 12:37:49 ID:Yljpjz6r
×&;hearts
○♥

251 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/04/03(日) 01:07:35 ID:t00mkBi3
アニヲタ様、またスレをお離れになるのですね・・・。
寂しいです、またどこかでお遭いいたしましょう。

252 :30女:2005/04/03(日) 01:20:22 ID:tercqsvc
北の人の動向が気になりますね。
狼さんを捕まえたので、狼の糞も手に入りますね。
以前に話のでた狼煙の実用化ができますの。
狼煙で合図を決めておいて、見晴らしのいい山の上に見張り台をつくって、なにか異常があったら合図するの。
前に竪穴式住居の時、竹はしごのお話をしましたよね。あれを地面に立てて上のほうで結び付けて∧の形にするの。
下の方は地面穴を掘って、竹の周りに石を積んで固めておくとしっかりしますよ。

あとね、もし、北の人が徒党を組んで攻めて来たらどこで迎え撃つかも決めておいたほうがいいですね。
この方向から来たら赤い池のところとか、この方向からなら、川岸とか。
(相手が都合のいい方角から来てくれるとも思えないけどね)
それと、竹を斜めに切って尖らせただけでもいいので、竹やりをたくさん作ったほうがいいかもね。使い方も練習ね。

村の周りには、柵が必要ね。鶏を狼に襲われないために、北の人に攻められないためにもね。
柵の周りには入り口だけを残して、深い穴を掘ったほうがいいんですけど、北から攻めてくると決まったわけではありませんからね。
そこまで人的資源を投入してつくるものでもないかな。

>>239さん
人間の増産の前に食糧の増産ですね。
前に原始人の子供さんのレスにもありましたけど、病気とか食料の量とかの圧力で、人口が押さえられているのよね。
そういう圧力がなくなれば自然に増えちゃうんじゃなくて。(増えすぎには注意)

253 :オーバーテクナナシー:2005/04/03(日) 10:07:48 ID:DiK4UdTf
増えるのは本能だから、人口抑制したかったら間引きか避妊の知識は絶対必要。

254 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/04/03(日) 22:36:18 ID:UTRu9gXf
とても橋頭堡をどこかに造る人員や労力の余裕も
天然の要害も無いでしょうね・・・。

255 :オーバーテクナナシー:2005/04/03(日) 23:11:09 ID:alcLydeR
拠点防衛を行うなら、柵よりも櫓の方が重要。
見張りが一人立てるだけのものでいいから、できるだけ高いものを作るべし。
敵を遠くから発見できるのみに留まらず、戦術指揮にも高い効果を発揮する。
柵は高さが大人の身長程度の杭を、適当な間隔で打ち込み、飛び越えられない高さで紐で連絡するだけでもかなり違う(ただし対人用)。
男はもちろん、女も弓を練習した方がいい。人糞はもっとも身近な生物兵器なので、槍や矢に塗るのも一手。
できれば指揮官をたてて、楽器の合図で行動する練習をさせたいところだが、多大な時間がとられる。食糧増産と比して優先するべきか
悩ましいところだ。

256 :オーバーテクナナシー:2005/04/04(月) 00:06:21 ID:vLaDPMju
血が濃くなるのを防ぐ意味でも友好関係を築きたいところだが。
むりかなあ。

257 :オーバーテクナナシー:2005/04/04(月) 23:56:20 ID:ukyMfhY5
まず言葉が通じないという最大のマイナス要素があるし
それを補うにしても文明が限りなく対等とかじゃないと無理だろうな。
どっちかが偏ってても色々問題が出てくる。
これは歴史が証明してるよね。

仲良くなるのだったらウズメ姫の故郷の人とかの方がまだ可能性高いよ。
幸いそっちとは言葉が通じるようだしね。

とりあえず防御力の強化だな。
これは高めておいても絶対に後悔しない。

258 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 01:39:25 ID:792greDP
そうね。ウズメさんは巫女だから結婚はできないってはなしだったけれども、この村に受け入れてもらえたら結婚してもいいっていってたものね。
ウズメさんと、ななっしさんが結婚して両国の友好関係もぐぐっと進展とはいかないかしらね。
(さらに、なかなか浸透しない結婚制度のモデルケースにもなりますね)
いずれにしても、二人の仲、応援したいです。

ナナッシさんはウズメさんのこと。
ウズメさんはナナッシさんのこと。
異性としてどう思ってるのかしら。

259 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 02:44:07 ID:AXBEhOL6
何でも恋愛に結び付けようとするから腐女子は嫌いだで

260 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 03:01:17 ID:gMMsyJHR
社会構造からして戦争に突入する可能性は低いが、相手の社会構造を
知っておくに越したことは無い。可能なら手土産でも持って相手の村を
調べた方がいい。
高度に組織化されていた場合は外交に気をつけなければならない。

261 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 11:27:04 ID:BEweJ0q2
海の民の村と『同盟』(助け合う関係)を組んだ方が戦争になった時のためになると思います。
負けたときの移住先にもなりますし。。

土産の品は『穀物』、『干し肉』、『魚醤油』、『孔雀石』で作った化粧、『土器』
など、腐りにくいものがいいと思います。

262 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 16:09:04 ID:AXBEhOL6
同盟も何も交通手段が無いだろう
天候に関する知識もまだまだ浅いしな。
海を渡るのはまだまだ時期尚早

263 :オーバーテクナナシー:2005/04/07(木) 00:39:09 ID:aygz+DmU
1スレまでは最高に面白かった

264 :オーバーテクナナシー:2005/04/07(木) 18:12:26 ID:oB6A0JdX
アニオタと聖女のせいでつまらなくなった

265 :オーバーテクナナシー:2005/04/07(木) 21:29:58 ID:RIj2Ucas
もうこれから気をつけてくれれば良いだろ。
あんまり荒れるようなことばっか言うな。

266 :オーバーテクナナシー:2005/04/08(金) 01:32:57 ID:Zp+TmTFT
そうね・・・。
技術が結構高度なところまで来て、私も含め、スレ住人の能力ではよい提案ができにくくなったのもあるかしら。

あと、1の原始人さんがこまめにきてくださったのも、前スレがおもしろかった理由よね。
ねたがあまり投下されないこともあるけれども、ウズメさんもナナッシさんも最近おみかけしませんものね。

267 :ウズメ@原始人:2005/04/08(金) 09:09:53 ID:lBYrNfeP
子供達を連れて海へ貝を拾いに行ってきただよ〜
あまり遠くまで行くと潮が満ちてきたときに帰れなくなっちまうからあぶね〜よーって
注意しておいたんだども、小ちゃい子は目を離すとすーぐどっか行っちまうから
たいへんだったよ。
行く前は少し不安があったけど、少し大きな子には小さな子の面倒を見るように言っておいたら
とくに問題も起きずに案外うまくいっただ
今度からは皆で注意しあうように決めておくとおおぜいで遊びに行く時はいい感じだなー

取った貝は浜辺で焚き火を囲んで皆で焼いて食べただよ。たのしかったー^^
ちょっとじゃりじゃりしたけど・・・・
半分は皆で分けて村へお土産に持って帰っただ

あ、そうそう。海のほうから見たことのある崖の縞々がじかに見えるようになってたので
よく見てみたら薄い黄色っぽい細かい土が有ったよ
そこの縞々をたどって行ったら陸の方まで続いていただよ
ためしにそこの土を少し取ってきたので後でナナッシに見てもらうだ。たぶん珪藻土だよ



268 :オーバーテクナナシー:2005/04/08(金) 09:27:03 ID:VDafr8+M
<透明レス>
>>263-265及び、批判的な貴方
未来技術板全域を見てみよう。当該者のハンドルやトリップで検索してみよう。
これが最終告知になれば幸い。
</透明レス>

269 :30女:2005/04/09(土) 01:05:33 ID:/lR2vHYE
あら、ウズメさん、こんばんは。
楽しく遊んできたのね。よかった。

貝のじゃらじゃらするのは、砂抜きするとよくてよ。
海水を入れた土器に貝を入れてしばらく置いておくの。
そうすると、砂を吐き出して、おいしく食べられますよ。
もちろん、新鮮なまま食べるのも格別なのでしょうね。

『蒸す』って言う料理法もありますの。水を入れた土器を火にかけると白い煙がでますよね。
これを『水蒸気』って言います。土器に蓋をすると、土器の中がこの水蒸気でいっぱいになりますよね。
布に貝をいれて直接水に浸からないようにこの中に吊るして置きます。
そうすると水蒸気の熱でお料理ができるの。
さっぱりとして上品な味になりますよ。
ナナッシさんが栽培しているお米。普段土器で煮て食べているのが姫飯。蒸した場合は『強飯』(こわいい)とか、おこわとかといいますね。
【お酒を造るときにはこちらのほうが適してるみたい】

270 :オーバーテクナナシー:2005/04/09(土) 23:19:33 ID:ZEbCgtDX
珪藻土関連に明るみが見えましたね、おめでとうございます。
ナナッシさんの確認が取れたらもう一度村と採掘場所の関係を調べてみてください。
村の近くを流れる川が採掘場所の近くまで伸びているか、急なのぼり坂や下り坂があるか、
後、手ぶらでかまわないので一日に何回往復できるかが分かると、色々提案
出来ると思います。


271 :原始人@初代1:2005/04/11(月) 17:04:22 ID:55uhu1IA
ウズメからもらった、珪藻土(?)は川の向こう側でいっぱい取れるみたいだよ。
距離的には1日で村から行って帰ってこれるだが、川が途中にあるだで
沢山は持ってこれねえだね。
ずーっと地続きだったら、滑動車がつかえるだのにね。
途中で筏にのせる必要があるだが、どうしても土が濡れていってしまうだよ。
それに、あんまり沢山乗せると、筏が沈むだね。(筏の真中が凹んで荷物が水没する)
もっと沢山乗せても、沈まない筏か、水に浸からないように運ぶ方法が必要だよ。

それでも、すこしづつなら、持ってこれるだで(大きめの袋1つ分)これでなんとかするだか?

272 :270:2005/04/11(月) 18:37:02 ID:GfUY5ltZ
途中に川ですか、なかなの難易度・・・

とりあえず前回のアーチ窯と同規模のものを作るとしたら
レンガ2000個を目標にしましょうか、(不具合率2パーセントでも1600個)

袋で持ってくるのはお勧めできないな。

273 :オーバーテクナナシー:2005/04/11(月) 19:15:32 ID:UcHGaz+0
「橋」の概念は出てきてないよね?

274 :270:2005/04/11(月) 20:17:44 ID:GfUY5ltZ
アーチん時に言葉として出てきた程度だと思う。

訂正⇒×不具合率2パーセントでも
   ○不具合率20パーセントでも

275 :273:2005/04/11(月) 21:12:29 ID:UcHGaz+0
前スレ・レス抽出

>『アーチ』をうまく使えば相当な重さを支えることができます。
>川に『橋』(川をぬれずに歩いて渡るために作る地面の代わり)を
>架けることもできますし、遠くの水源から水を引いてくる『水道橋』を
>作ることもできます。

「橋」は定義されてました
川幅の問題もあるんだろうけど、いきなりアーチ構造の橋より
手ごろな橋は出来ないかなあ

276 :オーバーテクナナシー:2005/04/11(月) 23:45:12 ID:x8A+2Sen
一番簡単な橋は丸太だね、でもいきなり橋を求める方が良いのかどうか、
一日で一往復程度の微妙な距離ならむしろ川の向こう側、珪藻土?の取れる
場所の近くに窯を作るのも一つの手かと、


277 :原始人@初代1:2005/04/12(火) 00:43:29 ID:1WcLxKtw
川はけっこうひろいだよ。向こう側まで、15〜20キュービットくらいだかね。
川にはワニやカバが住んでいるだで、武器ももたねぇで歩くのは危険だよ
なるべくなら、武器を持った男2〜3人で行動したいところだども
畑と狩りがいそがしいだで、毎日手伝ってもらうことは出来ないだよ。

278 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 14:17:45 ID:M2p45Kvd
こっちの単位にして7.5〜10mくらいか、想像してたよりも狭いかな
ぎりぎり丸木橋がかけられそう


279 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 20:09:48 ID:Rem3t4bu
>ずーっと地続きだったら、滑動車がつかえるだのにね。
滑動車って?

280 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 21:14:08 ID:M2p45Kvd
>>279
>>23

281 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 21:16:27 ID:Uk4wLeKB
川の手前で小分けして丸木舟で運ぶってのは駄目?

282 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 21:43:41 ID:mHIFrBew
橋は土木の基礎です。
木を切ってね。
その長さが届く範囲に、川の中に土を盛ります。
水路の時みたいに木で枠を作って、周りに棒を埋めるのですよ。
川の中での工事だからちょっと大変だけどね。
川の真中に人口の島を作る感じですね。
そこへ向かって木を渡すのです。

そこからさらに、対岸へ木は届きますか?
届かないようでしたら、さらに届く範囲にもう一つ島をつくって、渡します。

川が余り深いと島を作るのが大変なのでだめですけどね。
どのくらい深いのかしら。

283 :初代1:2005/04/12(火) 23:40:40 ID:SIZv7Gxq
果樹園というか、果物の種を無作為に植えたいったいで
なんとか元気に育っている種類のものがある。
ひとつは葡萄。もうひとつはオリーブだ。
どうやら、この2つは気候と土地柄がよかったらしい。
今回は、その中から特にオリーブについてを紹介しよう。

現在、村ではオリーブが良く食べられている。
茹でたもの、干して塩漬けにしたもの、米や麦の穀物といっしょに炊き込まれたものだ。
独特の風味が村の人たちに好評のようでもある。
このオリーブからはかなりの量の植物油が取れることは、現代人の我々は良く知っている
しかし、この村でこのことを知っているのは、数少ない。

麻でできた袋にオリーブを詰め、袋ごと丸太で叩く
袋が湿ってきたら、2つに折った袋の真中に棒を通して棒をねじりオリーブの汁を搾り出す。
汁を土器に溜め、1昼夜おくと上にうっすらと油層ができている。これを掬い取る。
絞った、オリーブは水に浸し、さらに絞る。
3度ほど繰り返し、油が出なくなったものは捨てる。
こうして、オリーブ油が出来上がる。
ただ、このオリーブ油。生産効率はかなり悪く、オリーブの重さを100とするなら、3〜5ぐらいしか採れない。
何が悪いのかは、原始人たちにはわかっていない。

このオリーブ油だが、独特の風味で食用として使えるほか、皮をなめすときや、化粧品、医薬品等など
多種他用途に引っ張りだこだが・・・・・
「ふふふふふ、ナナッシくんとウズメさんには感謝してますよ」
っと、何故かモラーラが独占していたりする。
このオリーブ油を背景に、村でのモラーラの権力はいっそう拡大を見せることになるのだが
それは別のお話。

284 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 00:05:00 ID:sF3VmAjC
塗油式?王様を生産するのは、遠い未来なりそう。

285 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 00:20:34 ID:HxeOt4/3
 カバ
体長 3.7〜4.6m 
体重 2500〜4000kg
体高 1.5m
水・陸どちらでも時速45kmほどで動ける
皮の厚さ5cm
夜間陸上にあがり行動半径5km
10頭以上の群れで生活
汗が赤い
糞を飛ばす
警戒心が強く近付くと襲いかかってくる
アフリカで一番危険な猛獣

mms://encartasm.msn.com/sharemed/targets/video/56k/T790563A.wmv

286 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 12:08:33 ID:ujEq6+HK
>アフリカで一番危険な猛獣
原始時代からアフリカ限定なの?

287 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 19:51:59 ID:J9hum8fl
地球なのか?

288 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 23:01:55 ID:q62P1rJT
麻袋にそのままオリーブを入れるのではなくナイフで小さく切って絞るだけでだいぶ効率が上がると思います。
すり石と石皿を使って小さくしたオリーブをすりつぶしてから絞るとより良いです。
このすりつぶした状態を『ペースト』といいます。
すりつぶしている時も油が出てくるので器にとっておいてください。

-以下スレ住人-
絞る方法は麻袋程度の平べったい石を2枚使い石で麻袋を挟んで人間の体重でプレスして絞る方法を考えたのですが
絞った油の回収方法の問題が解決できませんでした。
何か参考になれば幸いです。

289 :オーバーテクナナシー:2005/04/14(木) 11:54:05 ID:WgpUW2rS
そうれはもう既にやってたはず

290 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 15:39:54 ID:Yt7lg2so
以前、ウズメヒメが求めていた梃子を使った圧搾機原始人仕様でよいのかと。
構造は分かるが、説明がムズイ。

291 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 18:56:13 ID:trT9QQio
>>290
てこを利用した果汁絞り気とかありますね
小さいやつだとにんにく絞り器とかレモンの薄切りを絞るやつかとの挟んで絞るやつでしょう?

てこは真ん中に支点があるやつが一般的だけど、先端に支点があって真ん中に作用点があるやつも有ります
てこの原理を大雑把に説明すると、てこには三つの場所があってそれぞれ名前が付いています
支点(石などで支える場所)、力点(手で力をかける場所)、作用点(力の出る場所、岩を動かした場所といえば分かるかな?)

どちらの形の梃子でも支点から作用点までの距離と支点から力点までの距離の比率で力の大きさが決まります
簡単に言うと、支点から作用点の距離が1キュービット、支点から力点の距離が5キュービット有ったとすると
力点でウズメさんが全体重をかけたとすると、作用点ではウズメさん5人分の体重と同じだけの力が生まれると
言う事です

説明しきれている自信なし誰か補足よろ orz
そういえば重さの概念ってまだ無いんじゃない?

292 :原始人@初代1:2005/04/16(土) 03:26:54 ID:5tvfHmPF
川の真中はオレの背より少し深いだよ。
流れも結構はやいだで、川の中に土を盛ったり、
板を刺すのはむずかしいだよ。

293 :オーバーテクナナシー:2005/04/16(土) 04:24:09 ID:iKY0a8cu
村のみんなでカバとワニを絶滅させるべきです。
カバを気にしてては行動が制限されますし、ワニの食べる魚の量も多いです。
その二種がいなくなれば川は原始人のものになります。
水を制するものは天下を制するです。

294 :オーバーテクナナシー:2005/04/16(土) 14:26:31 ID:wYTDoiJD
あわわ、背より深いんじゃ、わたるのも命がけですね。
その深さでは、橋脚をたてられませんね。
>>278さんのお話みたいに、川幅より長い木を渡すのがいいですね。
木が転がらないように、岸の部分で半分埋めておくか、石で固定しておくといいでしょう。
そんなに長い木をうまく対岸に渡すのは難しいけど。

一本渡せたら、わたりやすいように横に並べて組み合わせて幅を広げるといいですね。

295 :オーバーテクナナシー:2005/04/16(土) 19:27:25 ID:1kxgyDdr
『吊り橋』にすればいいのでは。作り方はこれでいいかな……

その川の両岸に高くて丈夫な木が数本づつ立っている場所はありませんか?
川幅より少し長い、太いロープを二本用意します。片方のロープの途中の何ヶ所かに
別の短いロープの端を結んで、その反対側の端をもう一本の長いロープに結びます。
長いロープを川に渡して、別々の木の上の方に結び付けます。短いロープに板を載せて、
対岸まで渡していきます。


296 :30女:2005/04/16(土) 22:46:14 ID:wYTDoiJD
>>293
えとえと、人間に都合が悪いからって絶滅させるのは傲慢ですの。
生活圏が重なって遭遇が不可避だったり、村まで攻めてきたり、生存に著しく不都合ならば、そうもいってられないですけどね。
鰐皮とか、カバ肉(淡白な味でおいしそうね)とかが必要なら、絶滅させない程度に獲らないとね。

297 :オーバーテクナナシー:2005/04/17(日) 07:16:51 ID:QWF9E/M/
カバ肉は大変美味と言われ実際その味はクジラや牛の肉に似ている。絶滅させるにはおしい。
カバを狩る際にはマンモスを狩るのと同じ要領で構わない。
テリトリーを犯すと襲いかかってくるので川に船を出す時は水中にカバがいないか確認すること。
船をひっくり返されその発達した歯で体の一部を噛み切られてしまう。
カバの上陸地点とその付近の通り道もだいたい決まっているので橋を建設するならその調査もお忘れなく。
昼よりも夜出歩くことが多いのが救い。村の子供達には夜出歩くとカバに食われるとよく言い聞かせましょう。
主食は草ですが哺乳動物を襲って群れで分けて食べることが確認されています。

298 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/04/17(日) 15:13:00 ID:tXBORyy4
トリツクセーはイースターの始まりだと思われ。
トリツクセートリツクセっ♪と舞う長者、ラストには長者が消滅します。

299 :ウズメ@原始人:2005/04/18(月) 18:01:05 ID:QuQNeyfz
>>290
おおー、それぜひがんばって教えて欲しいだよ
そしたら頑張って作ってみるだよ
油の絞れるやつがオリーブだけじゃなくて、菜種とか綿とか他にもあるみてーだ
そいつらからも油取れたらいいのになー・・・

>>291
んーっと、あたい5人分の体重と同じ力・・・?体が重いと力持ちってことなのかな?
たしかに体のでっけーやつは力持ちだなー
先端に支点があるやつってどんなんかな?
ちょっと想像したけどよくわかんねえだ。もっと詳しく教えて欲しいだ

300 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/04/19(火) 01:43:47 ID:WoTmmWeB
三百

301 :オーバーテクナナシー:2005/04/20(水) 23:15:04 ID:8fy24zCD
(聞こえない)
だいたい九州南部〜サンフランシスコ〜アフリカ北岸〜メソポタミア〜南京あたりの緯度
ということですが、気候はどうなのでしょうか?
オリーブがよく育つということは地中海性気候か?

>>原始人さんへ
どの穀物を主力にするかという問題ですが、『稲』がおすすめです。
『稲』は、麦と比べてたんぱく質が多いので、狩りや牧畜が不調の時でも
栄養のバランスをかろうじて保てます。
また、『水田』(既出?)にした場合、麦よりも連作が効きます。
(気温条件は多分問題ないでしょうが、雨量が不安・・・・・。
でもアメリカ西海岸は、地中海性気候ですが、カリフォルニア米というのがあるからOK?)

302 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 00:07:30 ID:ygza3hli
イネは、3大穀物では干ばつに弱いと言う欠点がある。
幸いなことに、日本は降水量が多いので、灌漑さえすればこれは克服できた。

欠点と言えるかどうか解らないが、完全食に近く、連作障害にも強いので
イネばかり作って、イネがないと動かないような文明になりやすい(日本もそうだったな)。

303 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 03:21:29 ID:GSpycDeE
敵はいません、獣を排する武器もあります、病気もあまりありません、食料はたくさんあります。
今日もみんなで食べ物を集めて食べました。

こうなったら文明が進歩しなくなる。

304 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 12:51:37 ID:bDMrjzQ5
ということは、今の文明はすさまじい不幸の産物ということですね・・・・・
文明が発達しないということは、それなりに幸福なことかもしれない。

305 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 12:56:18 ID:KEix9Rjm
不幸を克服しようとした結果の文明と考えたいな。

306 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 14:22:00 ID:3UmfJPZd
>>304
まあぶっちゃけそういうことでしょ
人類発祥の地のアフリカでは文明は発達しなかった、追い出された側が発達させた。
また、戦争が起きる毎に文明が発達してきたのもその証左と言えるんじゃないかな
困る→工夫する→克服するの繰り返し

307 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 15:57:31 ID:L3PxcMAc
食べ物に困らない。
病気がない。
安全で平和。

これ、楽園って言うよな。今の文明もまだ達成できてないわけで。

欲を言えば、知的好奇心を満たしてくれるものがあれば言う事なし。

308 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 16:14:28 ID:XflzvOCq
食料を確保して初めて学問をする余裕が生まれたとも言える。
農耕の盛んな場所では天文学が発達する。

309 :オーバーテクナナシー:2005/04/21(木) 20:53:03 ID:2xSYVdzx
白い人のフラグが成立してっかもしれんから
敵とかに関してはそれに期待しましょうや。

310 :原始人@初代1:2005/04/22(金) 03:54:55 ID:KUxYH0Ev
>295
ロープってなんだ?

そうそう、緑色の石(孔雀石)を拾いにいったら青い石もあっただで持ってきただよ。
あと、茶色と他に3色ぐらい使えると何か良いことがありそうな予感がするだよ。

狼(いぬ?)は元気だよ。狩りのときに獲物を追いたてる役をやってもらってるだよ。
全滅した鶏の代わりを5匹捕まえただよ。
オリーブ油も前よりは沢山とれるようになっただよ。

最近、サヌカイトと黒曜石の大きいやつが見つかりづらくなってきただよ。
斧やナイフが壊れたら代わりの物を探すのが大変だよ。どうにかならねえぇかな?

それと、村の畑を鳥が荒らすだよ。
とくに真っ黒い奴(『カラス』と名前をつけただよ)が、収穫前の奴を食べてしまうだ。
なんとかまらねぇだかね。


311 :オーバーテクナナシー:2005/04/22(金) 12:11:02 ID:4YzENJV3
『ロープ』は、『藁縄』や『麻紐』のようなものを結ぶ時に使う細長い道具の総称です。

『孔雀石』(緑色の柔らかい石)の近くにあった青い石を『藍銅鉱』と呼びましょう。
藍銅鉱は、孔雀石と同じように絵を描くことに使えます。
ただし藍銅鉱は、数百年放置すると『孔雀石』になってしまい、緑色になってしまいます。。

ナイフや槍、矢の鏃を『銅』を使って作ってみてはいかがでしょう。
『孔雀石』や『藍銅鉱』を小さい土器に入れて火にかけましょう。
そして四人ぐらいで『火吹筒』を使って、空気を火に吹きかけて火の勢いを強くします。
この作業は3日ぐらいかかるかもしれません。
すると茶色くてキラキラしたものが出来ます。それを『銅』といいます。
あらかじめ石に、ナイフの形のくぼみを刻んで、そこに溶けた『銅』を注ぎます。
そのとき、土器もかなり熱くなっていますので、『木プライア』でつかむようにしましょう。
そして『銅』を『ハンマー』でたたいて形を整え、冷えるのを待つと完成です。

銅は、『鋳型』(いろいろな道具の形をしたくぼみを刻んだ石)を使っていろいろな道具を作ることが出来ます。
また、壊れたら溶かして治すことが出来ます。

銅はごくまれに自然に落ちていることがあるらしいので、見つけたら使ってみてください。

312 :30女:2005/04/23(土) 02:07:52 ID:mGGE3y4W
そうね。
畑の周りに棒を立てます。
その上に網を張るといいです。
網というのは、蔓などで作った糸を同じ間隔で並べて結んだものです。
鳥さんを防ぐには網の目が半キュービットくらいでいいんじゃないかしらね。
鳥さんはこのくらいの網を翼を広げたままではくぐれませんから。

鳥がいっぱい飛んでくるところに、目の細かい網を縦向きに置くと、時々、鳥さんが気づかずに飛び込んできて引っかかることがあります。
これを『かすみ網』といいますの。ただ、鳥さんって飛ぶために体を軽く作ってますから、食べるところは少ないかもしれませんね。

【かすみ網は現在では禁止されていますので、現代人は、やらないでくださいね】

313 :オーバーテクナナシー:2005/04/23(土) 09:04:32 ID:MM1o9pKc
緑・・・・・孔雀石
青・・・・・藍銅鉱
白・・・・・石灰岩
黒・・・・・墨
灰・・・・・文字どうり灰。白と黒を混ぜた色
黄・・・・・ウコン(日光で退色が激しいので絵の具に向かないかも?)。硫黄(まだ見つけてなかったっけ?火山の温泉近くに落ちてる黄色い石、臭いです)
赤・・・・・地の味のする砂、赤い池の土
茶・・・・・粘土。赤に灰色を混ぜた色。いろんな色ごちゃごちゃ混ぜるとこの色になります
ピンク・・・・・赤と白を混ぜた色
黄土色・・・・・黄に灰色を混ぜた色
紫・・・・・赤と青を混ぜた色
こんな感じかな?ちょっと黄色が不安・・・・

補足知識:
色の三原色と言って、赤、青、黄色の三色さえあれば他の色は混ぜて作る事が出来ます
出来るだけ鮮やかな赤青黄(三原色)と白黒(彩度明度調節用)があればいいですね

314 :オーバーテクナナシー:2005/04/23(土) 10:19:33 ID:c4M2nTNi
>『からす』
藁で人の形を模したものである『人形』をつくり、畑の地面に棒を立て、そこに『人形』を縛ります。
これを『かかし』といって、鳥獣にそこに人がいるかのように騙す道具です。
ただし、カラスは賢いので効果があるかは疑問です。
(あると風情はでます。)

他にも次のような対策法があります。
・畑に狼などの肉を食べる動物の糞を配置する。
・畑の地面に立てた棒にカラスの死体を吊るす。
・人間の髪の毛を焼いた時の匂いで追い払う。

315 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 00:51:10 ID:ytcICpr8
『橋』について考えてみましたが
双胴船的なものを使って『浮橋』は作れないでしょうか。
構成的には浮くための部分、船型かもしくは竹を単に束ねたものでも
良いかもしれません
その上に板を固定します。
しっかりと作れる大きさでこれらを作り、川を渡せるぐらいの個数、2〜3個作り
川に浮かべてそれぞれをつなぎます。
緩やかな流れの川であれば、ロープと杭で流れて行かないよう固定して出来上がり
です。

かばやワニの問題を除けば大きな土木工事も無く、でき次第で滑動車も使えると
思います。

簡易的に双胴船を一つだけ作り、かわの両端に渡したロープを手繰って荷物を
渡す方法もありますが、毎回渡る前と後にそれぞれ荷物を積み替える必要が出るので
最悪一人で運搬をする必要がある場合はあまりお勧めできないかなと思いました。


316 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 13:18:38 ID:ASYYb1VL
川幅が7.5〜10m(普通乗用車2台分くらい)と比較的小さな川らしいので、丸太の長さが向岸まで届きますから
こんな方法はどうでしょうか?

・川幅の出来るだけ狭い適当な場所を見つけておく
・近い森から川幅よりも長い木を切り出す
・枝を払い丸太に加工する
・転がすか、ころやテコを使い川岸まで運ぶ
・50キュービット以上の太目の縄を数本(4本以上)丸太の先端に結び付け、そのうちの一本を持って何人かが向岸へ渡る
・一本の縄に付き数人が取り付き、バランスを取りながら引いて丸太を川岸に立てる
・向岸の人間に合図を送り、縄を引いてもらい正確に向岸に向かって丸太を倒す
・一本丸太では渡り辛いようであれば、もう一本渡して、丸太同士を縄で結わってばらけないようにする
・両岸の丸太両側の地面に杭を打ち込み、ぐらぐらしたり流されたりしないようにしっかり固定しておきましょう

丸木橋の出来上がり

317 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 13:36:06 ID:37PM6V81
>>316
・川幅よりも長い丸太が取れる程太く長い木があるか
・処理を施さないと木材はダメになる
・丸太と同じ長さの縄を十数本つくれたら盛り土を使うやり方で立てて
そのままゆっくりと向こう岸に倒せる

318 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 18:42:10 ID:V1TGdneH
>>317
・針葉樹(葉が針のように細い種類の木)なら20m〜40m位になる物が沢山有ります
・木材の耐久性は・・・この村の木で作られた物(家とか)にどの位の耐久性があるのかは・・・柿渋や木酢液塗るくらいでしょうか
・原始人さんのために盛り土を使うやり方というのを説明してあげた方がいいのでは?


319 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 22:49:50 ID:FQSdemRM
>カラス
森で葉っぱを食べる芋虫を捕って来て下さい。
残酷ですが、芋虫の頭を摘んで引っ張ると、白いひも状のもの(『絹糸腺』)が引き出せます。
長く放っておいたお酒が酸っぱくなってしまったもの(『酢』)に絹糸腺を漬けて引き伸ばして下さい。
細く、強く、色がついていない糸(『テグス』)が出来ます。
畑の周りに何本か木の棒を立て、天辺にこのテグスを張って下さい。
テグスはカラスには見えないので、一度でも引っかかると警戒して近づかなくなります。

>斧やナイフ
もし隕鉄が見つかったら、何とかしましょう。

320 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 00:38:28 ID:/l3dQxnU
>>310
>>59-60,66,139
さっさと銅作りに挑戦してみたらいい気がする。

>>317
大黒柱の立て方がそれだった気がする。

>>318
原始人村の建築木材は洞窟で燻煙熱処理されてた気がする。

321 :初代1:2005/04/30(土) 03:03:03 ID:EssPsIIw
川に橋がかかった。
長さ22キュービットほど、太さは約1.5キュービットほどの丸太を使った橋だ。
村の男衆10人がかりでここまで運び、川の端に杭を打って固定したものだ。
これほど大きな丸太となると、洞窟には収まらなく、防腐処理がおざなりに
なっているのは少々いただけないが、急ごしらえのものとしては、それなりだ。

河の向こう側には、ナナッシの目的である珪藻土のほかに
村周辺の草原では、数が少なくなってきた大型の哺乳類が数多くいる。
動物達もただ人間に狩られるのではなく、狩られにくい場所へ移動しているようだ。
こうして、数日間。この橋は大いに利用されることになったのだが・・・・・



ざぁざぁと雨が降る。
ここ3日ばかり短くやんでは長く降るといった状態を繰り返している。
雨量が多ければ、川の水が増す。
橋をかけた川だが、川幅が橋をかけたときの3倍程度になっている。
茶色く濁った水がドウドウと音をたってて流れており、
村まで引いた水路の一部を壊す被害も出した。
雨が上がり、2日が過ぎると、川の水もだいたい引いたが、橋はまだ川の中だ。
5日がたち、普段の川幅まで戻ったころには、橋は杭ごと流されていたことだかが確認できた。

長雨は1年に数度ある。そのたびに橋を流されたのでは手間がかかってしょうがないというものだ。
珪藻土も大きな獲物も川の向こう側。橋は欲しいが、流されるのでは労力に見合わない。
水かさが増えても良いとなると、その幅は約60キュービット
もう少し、知恵を絞る必要があるかもしれない。


322 :初代1:2005/04/30(土) 03:29:22 ID:EssPsIIw
新素材「銅」の作り方をネ申に教えてもらったナナッシくんは
いつもの2人とモラーラを加えた4人で銅を作ることにしました。

用意したのは
・大人の頭ほどの大きさの土器
・木炭
・レンガで組んだ小さなカマド
・孔雀石
・火吹筒
・粘土にナイフを押し当てて作った鋳型
・木プライヤ

レンガで組んだ小さなカマドはコの字がた囲いなので
気休め程度でしょうか?
カマドの中に土器を入れ、土器の中に孔雀石を入れます。
土器の回りに火のついた木炭を置き、その上に新しい木炭を足します。
そして、4人がかりで火吹筒で吹きます。
木炭の火は大きくなり、やがて緑色の炎をあげ燃え上がります。
さらに木炭を足し、4人の顔が真っ赤になってもさらに吹きつづけます。
土器の底も真っ赤染まり、中の孔雀石も真っ赤になっています。
しかし、それ以上は一向に変わりません。
ついに4人はダウンしてしまいます。
土器の中に残ったのは、黒く変色した孔雀石。

土器の底にほんの少しだけ、何かがあるようですが、ダウンした彼等が気がつくのは
しばらく後の話しのようです。

323 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 06:13:14 ID:Vl7cGK4n
うほうほうほ。

324 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 14:36:15 ID:Io2LAg5B
>>321
わずか1レスで橋が完成して流されましたか orz

現代の木造の橋でも増水時には流されますからねー・・・原始人さんの作ったのが流されても仕方ないでしょうね
どんなに頑丈に石とかで作っても流される時には流されてしまいます
なので、流されても簡単に架け替えが出来るような構造で作るか
増水時でも全く影響が無い程の長距離を橋脚無しで飛ばすかだと思います

後者の方法を取るとしたら60キュービット(約30m)のスパンを飛ばせる方法は、今の技術で考えられるのは吊り橋しか無いでしょうね・・・

325 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 15:30:55 ID:/l3dQxnU
稲が深刻な被害を受けてそうな気がする。

326 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 15:32:29 ID:2hR6GVrb
さて、2〜3人の人間+獲物又は土、
これらの加重条件を満たしつつ30mの吊り構造、
さらにたわんで川につかない程度の高さの確保又はたわみ難い吊り構造、
構造検討すればいける。。。か?

327 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 10:50:36 ID:k36vnkuE
トンネル 非現実的 土木技術向上が見込める

つり橋  ワイヤーにあたる素材があれば可能

川を渡らずに資源を採れるところを見つける

数人常駐させる 問題が多い 物資の受け渡しは投石器を流用すると解決できる?

328 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 01:20:09 ID:Xs5eN4BK
橋の建築は、もう少し技術力が上がるまで待ってみてはどうしょうか?
金属加工が出来るようになれば、かなり丈夫な橋が架けられると思うのですが。


そこで提案なのですが、2〜3人+獲物・鉱石等の運搬程度なら
ゴンドラを作ってみてはいかがでしょうか?
これならば、ロープとカゴがあれば割と簡単に作ることができそうだし
丈夫な物が作れなかったら、人は乗せず物資だけを運搬させます。

荷物を先に対岸へ届ければ、足下と手元に2本のロープを張るだけで
人が川を渡るのに十分でしょう。

329 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 13:01:28 ID:bK5ScLhL
早く絵の具作って絵での説明を解禁してもらわないと
これ以上の発展は望めそうも無いんじゃない?
船作るにしろ橋をかけるにしろ、言葉だけでの説明では難しすぎ

330 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 13:54:42 ID:81tSDaN5
↑同感。
原始人さんへ
以前出た絵の具の作り方の『水簸(すいひ』で出来た絵の具は
岩の粒の大きさで色が変わります
粒子の大きいものは暗い色、細かいものは白っぽい色になります。
ですので一種類の材料から数種類の絵の具を作ることが出来るかと思います。

331 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 09:22:06 ID:kteDF7bv
山が近い=川の流れが速い
アフリカのように舟でカバを慎重に避けながら川を渡るのは無理だね。
両岸に柱を立て、やぐらにし、60キュービット=約30mの吊り橋を作るか。
支流を増やし、貯水湖を作り、土塁を築き、増水被害を少なくする地道な治水工事をするか。
川幅を広げるのはワニがいるので無理ぽい。
あと橋は吊り橋にしないと、敵が川向こうから攻めて来た時やっかいかも。

332 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 21:26:09 ID:505n9sE1
『やぐら』(背の高い建物)を建てるということは、荷物を高い所に運ぶ手段が必要ですね。

>原始人さんへ
今回は荷物を高い所に運ぶ道具、『滑車』を紹介します。
まず、樫などの丈夫な木で、直径7寸、厚さは縄三本分の太さ程度の丸い板を、
斧や石カンナで作ってください。
円を書く時は、尖った木の枝をたて、その下の方に紐を結び、もう一方の端に葦ペンや筆を結んで、
紐が張った状態を保ちつつ円を書くときれいに仕上がります。
この道具を『コンパス』といいます。
コンパスの木の枝が立った部分が中心になりますが、そこに石錐で縄を通す穴をあけます。
縁の真ん中に紐が収まるくぼみをカンナや石鑿で作りましょう。
そして、乾かすなど防腐処理をして完成です。

『滑車』の穴に紐を通し、太い木の枝や建物の梁などに渡して輪の形になるように結びます。
そして、くぼみの部分に長い縄を渡して、片方を荷物をつけ、もう一方を引っ張ると荷物が上に
のぼります。
荷物が手の届く範囲にないときは、┌────のような形をした棒で、荷物の上の縄
を引き寄せてください。


333 :初代1:2005/05/05(木) 01:54:25 ID:J9Bczr6F
「これで、いいだかね?」
目の前にあるのは、コブしぐらいの大きさの小さな土器。
その中にはいろいろな色の粉末が入っている。
黒・・・木炭
白・・・白っぽい石
赤・・・赤い土
黄色・・・ウコン
緑・・・孔雀石
青・・・藍銅鉱
そして、それらを混ぜ合わせた色
黒と白は灰色っぽかったり、赤というよりも赤茶色だったり、
黄色が変色して黄土色ぽかったり、緑と青の区別が微妙だったりするのだが
顔料の元となるものはできたのだが、いまのところ、体に塗りたくるぐらいしか使い道は無い。
ナナッシは水に溶かして使おうと思ったのだが
水に溶けたのは黄色と赤だけだ。
他のものは粒子が粗いのか、水との相性が悪いのか
粉が水の底に溜まるだけ
ニカワやマツヤニで固めて、石なんかにこすりつけようと思ったのだが
それらを馴染ませた時点で色が変わる。
とくに、白は黒っぽい茶色というか、マツヤニやニカワの色を黒くしたような色になってしまった。
「あとすこし、なんだがねぇ」
絵の具の完成までには、もう一工夫必要なようです。

334 :初代1:2005/05/05(木) 02:23:32 ID:J9Bczr6F
「ビル様、マックが戻ったようで」
「うむ、して、この陸地の様子はどうだったか?」
「はい、広告によると、見たことも無い動物と植物にあふれている様子です」
「うむ、J−ホバ様のおっしゃったとおりだ」
「南の端に集落があり、植物の種を食べて暮らしているようです」
「ふむ、未開な連中だ。種など食わずに、肉を食らえば良いものを・・・・」
「おそらく、狩猟を知らないものだと」
「よし、予定通りに、ここに本拠地をおく。テントの補強をしろ
 それと、女が必要だ。南の集落から嫁を迎えよう。
 ビーズと金を見せれば、女のほうからよって来るわ」
「なるほど、言葉の通じぬ蛮族でも、あの輝きなら理解するというもの
 このペケロク感服しました」
「使者はマックがよいだろう。早速向かわせよ」
「了解しました」

335 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 04:03:28 ID:jewk7ohz
人間の耳のような形をした紫色の花を咲かし>>16にあるヨモギのような葉を持った植物を探しましょう。
この植物は「トリカブト」と言い、根に毒があります。
症状は嘔吐、呼吸困難、手足指の麻痺、下痢、重症の場合は死亡となっており
少量なら利尿作用のある薬として使えます。
この根を磨り潰して粘液状にしたら矢につけて放ちましょう。これを「毒矢」と言います。
たとえ致命傷に至らなくてもかすっただけで獲物は倒れてしまうでしょう。
肉を食べても毒にあたることはないので安心してください。

336 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 18:04:21 ID:yJtW0tNG
>>333
白は貝殻を細かく挽いた粉を使うといい。
光を反射する成分が含まれているので綺麗な白になると思います
赤はちょっと気持ち悪いかも知れないけど、動物の血を使うことも出来ます。
(故手塚治氏は昆虫の図鑑を描く際に綺麗な赤色が無かったので自分の血
を使って塗ったという話があります)
黄色がウコンなのはちょっと厳しいですね。これだけが染料だし。
ウコンで染めた布は一日も日光に当てていれば脱色してしまうほど光退色が激しいです。
洞窟内とかのあまり日光の当たらない所に描く分には、他の黄色顔料(硫黄等)が
見つかるまでは止むを得ずと言う感じですね・・・

原始人さんが混ぜようとしたニカワや松ヤニはバインダーとかメディウムとか
呼ばれる絵の具の伸展&定着剤です。
ニカワを混ぜて色が変色する?というのはニカワの精製具合が良くないのでしょうか?
混ぜた状態で色が悪く見えても、実際に塗りつけてみると薄く広がって、それ程
変ではない場合もあります。(バインダーの層が極めて薄くなり、顔料が露出するため)

バインダーとしては他に蜜蝋等が使えますが、もう一つ簡単な物があります。
ちょっと勿体無いのですが、卵の黄身を使った物です。
卵の黄身に顔料を混ぜて絵を描く技法を「テンペラ」と言います。

337 :30女:2005/05/05(木) 20:32:44 ID:3jK0b6Eu
貝殻の粉は焼いてから砕いてつかったほうがいいですね。
より白くなります。これを『胡粉』といいます。

血液は茶色っぽく変色するかもしれませんね。
赤い池のお水は危険かしら。

不穏な雰囲気がただよってきました。
335さんのトリカブト矢は、量産しておいたほうがよさそうですね。また、槍などもね。槍にも塗っておくといいです。
でも、手の内は隠しておきましょう。戦(いくさ)やむなしとなってからですね。
男衆は、村に何人かはいるようにしてください。留守の間に襲われることのないように。
また、狩猟や採集、農作業のときも必ず何人かで組になって行動してくださいね。
(しかし、未来からの技術を導入している未来技術村よりも、すすんでいるところがあるとは。X68000なつかし〜)


338 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 21:41:25 ID:+bZOc9v7
前スレ>334の物語から要約

<<白い人の文明>>
ネ申:J−ホバ(J-HOBA)
指導者:ビル(Bill)
登場人物:参謀ペケロク(X=Rock) 斥候マック(Mack)
社会:父系社会、狩猟社会
テクノロジー:船の量産・テント・金・ビーズ

今後の動向:斥候マックを派遣し、未来技術村から嫁を迎える模様。
         前スレ542から最終的に海戦によって征服を試みると思われる。

<<未来技術村の地理的位置>>
・南方に海があり、陸地の南端に未来技術村がある。
・南の海には、多くの小さい島があり、その中の一つ、
 航海日数60日〜の距離にウズメヒメの出身地『海の民』の集落がある。
・2スレの334の「この陸地」発言から大陸ではなく、南海諸島とおなじく島である可能性がある。

339 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 22:14:08 ID:yJtW0tNG
白い人は北から来たんじゃなかったっけ?
あと、船を持っている記述はなかったみたい

340 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 23:11:25 ID:+bZOc9v7
>>339船の記述は前スレにあった。

>542 :1:05/02/26 02:13:11 ID:RKgyWz3g
>全米を震撼させた、あの超ヒットスペクタクル!
>ナナッシ「オレ達以外にも、ネ申の加護を受けた村があるだか?」
>
>総制作費100万ドラクマ
>白い男「我々が秩序なのだ、他民族は我々に従えば良い」
>
>監督 中の人@1
>モラーラ「聖女様さえいれば、怖いものなんてないのですよ」
>
>感動の巨編がいまここに!
>ギーコ「船で海が見えないぞ!ゴラァ!」
>
>北の大地が白い壁に覆われるとき、安住の地を求めてきた民と
>そこに元々住まう民がぶつかり合う
>モーナー「おまいら、もちつけ!!」
>
>理想の大地エデンで、2つの民がぶつかり合う。
>「征服」「服従」「協和」「協調」
>ネ申の技術と技術がぶつかり合う!
>ナナッシ「こんなこともあろうかと、コレを作っておいだだよ!!」
>
>このスレ末、最高の試練が未来技術村にやってくる!
>白い人「すべては、我がネ申”J−HOBA”様の思し召し!」
>・
>・
>・
>・
>ってな夢をみただよ。
>ナナッシは、あきれる2人にそう語ったそうだ(笑

341 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 00:14:51 ID:P9VxEVdE
ヴァイキング並の文明があるとして船はキール・帆・オールがあるロングボートかな?

342 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 01:04:28 ID:4uFNF1cK
まじか?

船が密集してきたら油を流して火を放とう。
投石器で大きい石をがんがん投げよう。

海岸沿いに防御陣地を構築。
竹の先を斜めに切り、尖ってるほうを海に向けて、組み合わせて無数に置こう。
大き目の石を積んで防塁を作ろう。

今のうちに硝石を探しておこう。

大きい焚き火を燃やして(上昇気流を発生)神風が吹くのを待とう。

木酢液を原液のまま相手にかけよう。
(ふいご、もしくは水鉄砲使用)

できれば、馬を飼いならそう。

服ににかわを塗ったり、にかわで皮を何枚も貼り付けて頑丈にしておこう。

343 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 05:53:48 ID:S0iM87fI
やべー宗教とか人々を操るような文明が出来てきてるし加工技術も発達してる。
狩猟文明って事で武器も相当だろうしこのままいくとナナッシ達の負け確定やん。
奴らの行動から推理するに?女性不足でさらに氷河期?が近くなってるときた。
なるべく和平を結びたいものだが変な宗教が発達してるから無理そう。
マックが来たらそのまま返すべきだろうか?捕虜にするべきだろうか?
捕虜にしたらしたで白い人たちが迅速に行動しちゃいそうだし
そのまま返すのもなぁ・・・一番良いのは相手を驚かせれば良い訳だ。
秀吉の一夜城みたいに何かとんでもないインパクトを与えられれば抑止力にはなるんでない?

争いになるとしたら高速移動手段を手に入れるべきだし(出来ればこちらも船が望ましいが・・・馬辺り)
そして一番の問題なのが村人やナナッシ自身が戦争というものを知らないって事だよな。
白い人たちが攻めてくる!って言ったって信じないだろうし
戦いってのは対応が遅れるのが一番致命的だしきっついなー

何か抑止力を作るしかないぞ。

344 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 05:59:44 ID:u4+4iOwV
古いヴァイキングだと2〜3世紀頃だから日本で言えば弥生時代。
鉄は鎧にする程の量はないが鉄兜くらいは装備してるのかも。

345 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 06:23:51 ID:NDexkncE
北欧はBC10000〜BC1800が石器時代、BC1800〜BC500が青銅器時代。鉄器時代はBC500〜AD1050。
青銅器時代の船は現在のような骨組み構造ではなく、外板を作ってそれに合わせて組み立てる構造。
竜骨はあるがフレームと接合されるようになるのは紀元後3世紀頃から。

346 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 11:25:00 ID:OC3NJdQ4
誰が書いたのかわからない壁画 ttp://www.ff.iij4u.or.jp/~ranmaru/nazo/tizu.jpg
(はじめの方のまとめで発見)

これは多分村の周辺の地形を書いたものと思われます。
334発言より、海は南らしいので、海を下に書いてAAでまとめると以下のようになります。

 川  火の山
 川
 川   村   丘
 川
海海海海海海海海海海

シムレーションゲーム"Age of Empire"では、できるだけ資源を採集できる領域を広げて、
数で圧倒するという戦略が基本です。

今の村の人口は、128人(男53人 女75人 これでも弥生時代の一集落と比べたら二倍弱の規模)で、
戦える成人男性は20人程度ではないかと思います。
狩猟用飛び道具『投石器』『投槍器』『弓矢』がありますが、これでは勝ち目は薄いです。
西の川(多分>>321で流された橋がかかっていたのはここ)の向こうにも殖民して人口を増やすといいと思います。

347 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 12:28:48 ID:OC3NJdQ4
○西の川について
川幅:平時15〜20キュービット(6.75〜9m)、増水時60キュービット(27m)
深さ:人の背丈よりやや深い
流れ:早い

橋架計画の目的:減少した大型の獲物、珪藻土獲得(→耐火煉瓦→冶金用のカマド)
            他にも耕地面積拡大→人口増加や未知の資源の獲得が望める。

            筏で運搬するという方法があるが、水に濡れるし重量があるため
            沈まないように大きめの袋ひとつずつしか積み込めない。

今までの展開:>>321で丸木橋を建設したが、増水によって流される。

>原始人さんへ
とりあえず、川の向こう岸にも家を建てて人が住むようにしましょう。
家の材料はなるべく現地調達がいいと思います。
橋を立てる(戦争も)など大規模な事をするには人手が要ります。
物資の交換はしばらく船を使いましょう。

348 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 13:06:24 ID:hrHEnQ3Y
戦争するには強力なリーダーがいないとダメだが、
ナナッシは先頭に立つタイプじゃないし。
そもそも、戦う訓練もしたことが無い。
戦争は下策でしょう。

349 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 15:19:45 ID:OC3NJdQ4
>初代1へ
ところで、戦争するしないにかかわらず、他の部族に支配されたらゲームオーバーですか?

350 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 17:46:20 ID:n/J6nqDV
狩の仕方も少し変えてみましょう。
今までのように獲物を直接仕留めるのではなく、崖に追い込んで落とす方法を
が良いでしょう。
その際、2〜3人ずつの小集団に分かれて行動します。
そして、目が良く声の大きい者の指示で獲物の集団を崖へと導きます。
この者を狩の『リーダー』とします
この時小集団のものは獲物に対して逃げ道を塞ぐように行動します
リーダーの腕の見せ所です。

うまくすると獲物を一度にまとまった数仕留めることができます。
また、息のある獲物はそのまま村へつれて帰り必要なときに食料に
することができます

351 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/07(土) 21:15:01 ID:iMbmvvPJ
弓の弾幕かジャベリンか、槍術修めるか、ベトナムゲリラ式か、
とにかく山岳&森林が必要な悪寒。

352 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/07(土) 21:20:53 ID:iMbmvvPJ
腐らせた糞はどうかしら。

353 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 21:35:22 ID:PwK1iy1u
火矢なんていいかも

354 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 21:57:02 ID:m/r+4Nok
>>349
技術のない蛮族に支配されてもいいことないけど
高度な技術を持つ相手なら負けても技術を学び知ることができる。

355 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 22:37:39 ID:n/J6nqDV
とりあえず村の周りに竹を植えておこうか、
粘土質土壌でも育つし食料にも加工品にもなる。もちろん弓矢の材料にもなる。
しかし、くれぐれも畑の周りには植えないように、

356 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 23:07:03 ID:S0iM87fI
>>354
大体あっちの村に支配されたら
俺らは原始人達に技術を通すことは不可能になるだろ。
あっちの村には架空プレイヤー?の「J−HOBA」というのがいるようだしさ。
支配されちゃならないでしょ。要は相手側に実権を握らせる=The End

357 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 00:35:50 ID:tKpKZeTb
毒矢で戦えば相手は怯えて逃げていかないかな?
女子供にも弓を与えて1日1時間程度の訓練をするだけでもだいぶ扱えるようになる。

358 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 01:30:07 ID:7rL1Mt9k
硝石あれば簡単な投擲爆弾くらい作れそうだけど、硝石ってどうすればいいんだろ
堅穴式住居の床土からでも取れるんだろうか

359 :原始人@初代1:2005/05/08(日) 02:05:37 ID:N6ow5AWn
なんか、よくわからねぇけど
物騒な話しをしてるだね
なにかあっただか?

そうそう、村の連中がすごいものを作っただよ
竹でデッカイ入れ物を作っただ
竹を細く切って、編んだものだで
水を入れることはできねぇだども
軽くて丈夫だで、森とかに行くときは便利だとおもうだよ。

あと、狩りに入ったれんちゅうが面白い石を拾ってきただよ
真っ白な石で、水をかけると、あっつくなるだよ。
なんかに使えそうだが、何につかえるだかねー
場所は、川の向こう側だそうだよ。

360 :初代1:2005/05/08(日) 02:27:43 ID:N6ow5AWn
村の様子を見て、特に変わってきたことを、今回は説明してみたい。

採集と狩猟が主だった食料の入手経路だった未来技術村に
農耕がもたらされて、かなりたつ。
それに伴い、社会様式も変化を見せている。
まず、野良仕事に女性が積極的に参加し始めたことで
いままでの流通経路であった男性の獲得品→女性という図式が崩れたことだ。
女性が直接食べ物を入手できるようになると、
狩猟で得たものを、農作物と交換するようになった。
それと、いままでの求愛方式も意味をなさなくなり、
新たに家畜の生け捕り(特にブタと鶏が人気)が条件として採用されることが多くなった。
また、村で水晶が人気であることもあり、水晶を多く送ることで女性の気を引くものもいる。
っと、言うわけで、求愛方が直接の食べ物から、貯蓄できるものや贅沢品に変わりつつある。

また、畑仕事はかなりの重労働であることは間違えない。
女性ばかりでは、何かと不便なこともあり、女性のみのグループでは
色香と食料を使い、優秀な男性を引き抜こうとするものも出てきた。

最近、家畜として獲得されたブタの飼育を専門に行うものも出てきた。
ブタと食料を交換でもらうのだ。
ブタの餌さは主に人間の残飯だ。
ブタの糞は1箇所に集められ、藁等と混ぜ肥料として食料や残飯と交換される。

未発達な経済循環システムがそこにあった。

361 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 10:23:22 ID:9E1Yx+6m
>359
その水をかけると熱くなる白い石は、『生石灰』(CaO)です。
これは白の『顔料』に使えます。
『顔料』は水や油に溶けない絵の具のことで、『染料』は溶ける絵の具のことを指します。
『生石灰』を水にかけて熱くなくなったものを『消石灰』(Ca(OH)3)といいます。

多分『生石灰』があったところの周辺に白〜灰色っぽい岩があると思いますが、
それを『石灰岩』(CaCO3)といいます。
『石灰岩』は、『石壁』などの石の建物を作る時の建材として使えます。

『石灰岩』の近くに白や茶色や黒の光沢のある岩があると思いますが、それを『大理石』
といいます。これは、家の床や壁に敷くなどして飾りにできます。

また、『石灰岩』や貝殻を熱すると『生石灰』を作ることが出来ます。

362 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 15:33:14 ID:uvAh+t+t
古代ギリシャではボクシングの訓練で都市国家間戦争の勝敗が決まったことあるそうな。
パンチの技術とかは置いといて、動きの技術だけでも身につけたら有利じゃないかな。
21世紀のプロボクシング技術を1日1時間するのはどうか?

363 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 15:35:38 ID:uvAh+t+t
リアルウンコ硝石は年単位で熟成が必要だから、火急の需要には対応できない。
硫黄も要るし。ただそれまでに硝石以外の技術を進めれば一挙に戦国時代の
小村ぐらいに戦力が上がる。
ブタの餌は、森林の人間には食せない木の実や草が効率的だと思いますよ。

364 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 16:48:50 ID:8Aa3NI4A
>>359
水かけてドロドロになった奴が乾くとカチカチになっていろいろ便利。
壁に塗りこめるのもいいわな。
でも濡れるとまたドロドロになるから、屋根つけたほうがいいよ。

>>362
パンクラシオンだったかな
金属器が普及するまでは
素手で敵を殺す技術はかなり使えたみたいよ。

365 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 17:08:39 ID:9E1Yx+6m
>359
竹を編んだ入れ物を『籠』とよびましょう。
細く割った竹で、隙間がほとんどないほどびっしり編みこんだ小さな籠のことを
『ザル』といいます。例えば、木の実のあく抜きをしたとき、
土器の中身をザルに入れれば、煮汁が流れて木の実だけ取ることができ、
『箸』や『おたま』で取るよりも早いです。
また、川で網の目に引っかからないような小さな魚を取ることもできます。


住宅建材『漆喰』の作り方
材料:ねばりけのある『海藻』(海の草)、『藁』または『麻』、『消石灰』
道具:『土器』、『ザル』、縦7尺横5尺深さ2尺の『箱』、『鍬』

@海藻を半半刻(30分)煮て、ザルで海藻を取り除くとねばねばした汁が出来る。
A水に浸した藁または麻を箱に入れ、鍬を使って@の汁と混ぜる。
B冷めないうちに消石灰を少しずつくわえて、つやがなくなるまでよくこねる。
C水を加えて硬さを調整して壁に塗る
D壁が白くなって見た目がきれいになる&壁画を描く下地に(・∀・)イイ!!

366 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 17:30:38 ID:fZ/S1/mh
ナナッシ「こんなこともあろうかと、コレを作っておいだだよ!!」

というのがミソですね。シームレス戦闘機とかでも作ってあるのでしょうか(ぉぃ

竹でつくったバリケードをたくさん作っておいたほうがいいですよね。
落とし穴もね。

単独行動をしないのはもちろん、子どもはなるべく村からはなれないように。
村の回りに堀を掘って、入り口に橋をかけましょう。
白い人が攻めてきたら橋はいつでも落とせるように。できれば前にでてきたつり橋のほうがいいでしょうね。

367 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 19:22:21 ID:OXH3HrAF
ゲームとして考えるなら
今おれらがこうやってるうちにも白い人たちにJ−HOBAが技術を与えているなんてことも・・・・
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

368 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 20:32:48 ID:8Aa3NI4A
>>367
こっちはこっちで
800万人のプレーヤーが余計なこと教えてくれるさ

369 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 21:25:10 ID:6BtLP4m2
財産権を認めず全体で共有する。

『共産主義』といいます。

 共産主義は、事物の価値が需要と供給によって決まるという市場原理を否定し、価値を決定するのは労働であるとした(労働価値説)。この思想の決定的誤謬は、
まず第一に需要の無いものに労働力を含む生産要素を投入して供給する場合が起こる事、第二にものの価格を決定する合理的仕組みが無く人為的恣意的(民主的とも
言う)に決定される事、そして第三に国家形成の源泉である民族を無視又は軽視若しくは階級闘争の従属物と見なした事である。その結果、経済的矛盾の蓄積と民族
的抑圧の反作用が爆発し、国家自体の崩壊を招いた。
 その結末の恐ろしさは、元ソ連及び元ユーゴスラビア等で見られるが如く、経済の破滅的混乱と民族混在による流血の闘争が示している。この如き状況は、市場原
理が本来的に有している競争機能及びその欠陥を回避する為に市場原理そのものを否定する事の間違いと、国家が本来的に有している民族性を否定する事の間違いと
言う、共産主義イデオロギーの二重の間違いを遺憾無く顕わしている。市場が時々失敗を犯す不完全なものだからと言って、全てを計画経済化する事の誤謬と、異民
族間を無理矢理同一のイデオロギーによって統一する事の誤謬である。

370 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 21:31:54 ID:6BtLP4m2
白い人たちに「宗教」とかあるの?

財産権とか宗教とか認めないから『共産主義』は

あくまで原理主義てきにはだけどね。

371 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 08:50:41 ID:nBvTiLsQ
>>369
財産分配、共有型の社会システムは
狩猟採集レベルの小規模集落では極めて有効だよ。

リーダーがマンモス採ってきてみんなに分けるとか。

372 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 10:01:53 ID:DPivX+cw
原始共産制とマルクスの提唱する共産主義を混同する程度のやつが書き込むな。

373 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/09(月) 15:55:27 ID:fUD45evT
共産という単語とイメージしか知らないのね・・・。
原始共産はイデオロギー的には中世から、マルクスは産業革命後の変な宗教みたいな
もの。縄文人ハンターズは自然な分け前の問題で、原始共産ですらなし。
マンモス採りは技術的に縄文人には集団戦法じゃなきゃできない。
共産を良く知らない程度の人は、次は縄文時代の戦争についてチャレンジして
みましょうか(肩ポン☆共産系若手教師風)。

374 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 16:43:52 ID:Nfd6ph/r
漆喰の作り方が出てきたので、『フレスコ画』を紹介します。

先の『テンペラ画』は、顔料にニカワや卵を混ぜて定着剤にしたものですが
フレスコ画は、まだ乾燥していない漆喰面に顔料を馴染ませる事によって定着させます
顔料は「水ひ」で細かい粒子に選別しておくといいでしょう

前に顔料が水に溶けないと言っていましたが、顔料は水に溶けません。水と混ざっていれば良いです。
顔料がとても細かければ水と均等に混ざり合ってしばらくその状態を保ちます。
放って置けば沈殿しますが、かき混ぜて混ざった状態の色水を絵の具として使用します
板または石版、壁などの適当な物に漆喰を塗り、乾く前に絵を描きます。

指で絵の具(顔料を水で溶いたもの)を置いていっても良いのですが、『筆』と言う物を作ってみましょう
動物の毛、身近に有るのは狼とか鹿ですか?それの毛を集めて指くらいの太さにまとめて根元を糸できつく縛り
1キュービットの半分ほどの適当な小枝か竹の小枝などの先に取り付けます
先の毛の部分に絵の具を含ませて絵を描きます

筆を作るのが難しければ小枝の先にぼろ布を丸めて縛り付けた物でもいいです。『タンポ』といいます。
布に絵の具を含ませて絵を描きます。
筆ほど細かい絵を描くのには適しませんが指よりは描きやすいと思います。

375 :初代1:2005/05/10(火) 04:10:11 ID:sA+CWCZ4
人は太古の昔から絵を書き、その知識と経験のみならず
感情と意識を後世に伝えてきた。
すくなくとも1万5千年ほど昔には既にその技術があり
いま現在まで途切れることなく繰り返し、改良を加えながら
その行為を繰り返してきた。
人は鉄を使う前に、農耕をはじめる前に、火を手に入れる以前に
絵を書いてきた。

色彩鮮やかな絵。
まぁ、色については、現代から見ればかなりくすんで見える。
顔料が塗りこまれた(一部染料)漆喰の板には、躍動する鹿が描かれている。
使っている顔料の関係で、1年後には味気なくなり、500年もすれば色あせるだろう。
更なる改良を加えれば、それ以上色彩を保つ絵が書けるかもしれないが
いまは、できたことを喜ぼう。
これで、ネ申たちからもらったイメージを形にして、皆に見せることができるのだから。

**********ぱんぱかぱーん!**************

いまより、Web上での画像を使った説明を許可します。
しかし、Web上の文字はまだ見れないものとします。
画像の中に文字があった場合は、理解できないものになる場合があるので
要注意です。
文字の制限解除については、検討後、条件を発表しますので。
しばらくお待ちください。

********************************

376 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 11:40:00 ID:KCkSC+zH
>>369-371

漏れも「共産主義」いいとおもう。


377 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 13:07:53 ID:o7tqHlrT
思わない

378 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 13:53:37 ID:g/ltHQOh
雇用の概念が定着するまで無理じゃないの。

379 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 16:24:27 ID:I+4NW1VM
そんなことより、絵画での説明が可能になったぞ。
とりあえず何を教えようか?

380 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 16:41:24 ID:EsT87U23
まずは地図の描き方を。。。

381 :オーバーテクナナシー:2005/05/10(火) 17:27:53 ID:DTAEpY/H
隊長!このようなスレを発見しました。

原始人に技術を教えるスレ@のーがくばん
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1111024841/

382 :オーバーテクナナシー:2005/05/11(水) 09:12:10 ID:zkf/flAG
アプローダはどこでつか?

383 :オーバーテクナナシー:2005/05/11(水) 11:37:06 ID:AnRmNaZE
>>382
AAでがんがれ

384 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 01:07:05 ID:IcLtu+Rt
ところで、火の山で腐ったようなにおいがする黄色いものを見たことがありませんか?
それは、『硫黄』といって黄色い『顔料』に使えます。
多分こっちの方がウコンより色あせしにくいです。

385 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 08:17:53 ID:5I0wkSzY
>>384
でもウンコの臭いがするし
他の顔料と混じると変色させるよ。

386 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 09:19:32 ID:i8Xqw5qc
たしかに硫黄系は混色制限があるけれど、今ある顔料で変色しそうなものあるかな?

天然の黄色顔料で他に適当な物があまり見当たらないんですよね、黄色系は毒性のあるものが多いから。
硫黄は他にも利用価値があるので、とりあえず見つけておいてもらおうと思って前に名前をだしましたが・・・

『黄土』か『琥珀』(黄色系ですが黄土色です)を見つけていただいて、こっちで我慢するか・・・
染料でもっと光耐性の強い物を探すか・・・

387 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 11:22:33 ID:dX0HlW85
中の人の声>
前にモルタルが作れないか書いたんですが、反応がなかったので
もう一度。。

>原始人さん

先ず細かい砂を集めてください。
そして石灰を焼いて焼き石灰の粉にしてください。
火山から取ってきた黒い灰を混ぜてください。
それを水でよくかき混ぜると、ローマ・セメントが出来上がります。
これを薄く耐火レンガに塗ってからレンガをつむと、今までできなかった
いろいろな形、高さ、強さのレンガの建造物を作ることができます。

これがあると、ただレンガを積むだけでは崩れてしまった形、
アーチなどを作ることができるので、釜の天井を作ることが
できると思います。

これを作らないと、銅の精錬やレンガの大量生産に支障をきたすと
思いますので、ぜひ挑戦してみてください。

>なかの人の声
Archaeological Analogues、ローマ時代を作り上げた、
耐水性のセメントの製法だそうです。
ttp://www.geopolymer.org/science_archaeology/roman_cement_concrete/high_durable_buildings.html

388 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 11:36:30 ID:dX0HlW85
この際ぜひ、コンクリートの作り方も覚えてもらいましょう。

コンクリートの主要な材料のポートランド・セメントは
レンガのかけらと石灰を釜に入れ、両者がくっつきそうなぐらい熱してください。
釜から取り出し、その材料をすりつぶして粉にしてから、
砂と砂利を加え、水を加えよ根気よく、よくかき混ぜると出来上がります。

コンクリートは型に流し込むことにより、コンクリートブロックや
大きな型に流し込むことにより壁を作ったりすることができます。

侵略者の撃退のため、また強固な建造物を作るためにも、
ぜひ挑戦してください。

>なかの人

ちなみに、ポートランドセメントの説明、作り方、使い方は以下参照すると
詳しく書いてあります。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Portland_cement
作ってください。

389 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 12:12:41 ID:IcLtu+Rt
まとめサイト
ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/1.html

とりあえず、連続投稿規制に引っかかるほど長い■原始人NDC を載せて見ました。
サイト内の単語検索もできます。
ちなみに捨てアドを持っているだけでttp://atwiki.jp/で即ホームページが作れました。

>初代1へ
編集メンバーになっていただきたいので、編集メンバー用IDとパスワードを送りたいのですが、
>>83の捨てアドはまだ生きてますか?

390 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 12:22:02 ID:5I0wkSzY
>>388
窯も石臼も篩いも、物を混ぜる容器も発明されてないような。

391 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 13:00:14 ID:dX0HlW85
>>388

まとめサイトを参照していただければわかるとおもいますが

カマドは土器や、レンガを作るのに使われています(この間は銅の精錬を
試していました)。

物を混ぜるのは土器や箱がありますし、いざとなれば、
土を掘った中で混ぜるのもよいかもしれません。

石臼はありませんが、すり石と石皿は発明されています。

大規模に作るのは大変でしょうが、とりあえずモルタル程度や
少量のコンクリートの製造は十分可能でしょう。

392 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 15:39:44 ID:i8Xqw5qc
あと、絵は解禁になったけど、web上の文字は読めない設定だよ
文字ばかりのサイトへリンク張っても理解されないよ

393 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 17:04:33 ID:8Ob0YfJy
>>389
ポルフュロゲネトス降臨!

394 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 17:14:29 ID:RYl8qHhP
>>389
前スレの過去ログ掲載よろ

395 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 19:23:52 ID:IcLtu+Rt
>394 おk
ちょっと待ってください。

396 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 19:45:55 ID:i8Xqw5qc
>>395
まとめサイト乙です〜
過去ログ読めるし、お絵かき掲示板もあって図解での説明にも便利そうです。d(゚ー゚*)oGJ!!

397 :初代1:2005/05/12(木) 23:10:40 ID:pA841FRF
>389
メルアドは生きてます。

まとめサイトありがとうございます。
これで、このスレも、もっと面白くなるでしょう。
お礼の、印になにか・・・・と思ったのですが
差し上げるような物は今は無いので
物ではなく、選択権を差し上げたいと思います。

1、無洗米ほしのゆめ5Kg(http://www.ja-furano.or.jp/shop/images/komehoshi.jpg
2、1円玉1000枚(http://www002.upp.so-net.ne.jp/san-chan_b/s62_1yen_almi_b.JPG
3、コカコーラ1ビン(http://www1.ttcn.ne.jp/~NIGIHAYAMI/cola12.JPG
4、PSPバーリューパック(http://www.toysnjoys.com/importpsp/psp-1000k.jpg

上記の4つのうち1つを現代から、原始人のもとに送りたいと思います。
1週間後のこの時間までに、スレの住人と相談するなり、独断と偏見で決めるなり
アンケートをとるなりと、好きな方法で決定してください。

398 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 23:25:59 ID:GQpHQEgc
どれも役に立たねぇ

399 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 00:20:27 ID:IKVJmKsK
原始人と言えば、コーラ瓶のような気がする。
ブッシュマンなんて映画があったな。

400 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 00:20:32 ID:YsKdSITa
そうね。

PSPがあっても、電池がないと意味がないですものね。

コカコーラも一瓶あっても、のんでしまえばおしまいですものね。
飲むといっても、炭酸飲料を飲んだら卒倒するかも?
空き瓶は容器としてなかなか使いであるのでしょうね。
土器みたいにお水が染み出すこともありませんし。

一円玉は、叩いてつぶしてアルミとして使えますね。千枚あれば多少は大きなものでも作れるかしら。
素材としなくても、現在貨幣というものがありませんが、この一円玉を使って貨幣の練習ができるかもしれませんね。

無洗米はたべでがありますね。
種籾になるわけでもありませんし、食べてしまえばおしまいなんですけどね。
でも、現在稲作が始まってるから、その脱穀や精米の見本ともなるかもしれません。
ビニールも、現在サイの皮で作っていた袋のかわりにすることもできますね。お水ももれませんし。

401 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 00:50:57 ID:IKVJmKsK
>>400
米袋は穴が開けてあるから水袋にはならないだよ…。

402 :初代1:2005/05/13(金) 03:56:49 ID:dCoFyvZo
人類最古の職業とは?
とある学者はこう答える
「それは娼婦と軍人である」
未来技術村ではどうであろう?
多くの人々は、狩り、農耕、採集、漁、加工と何でもこなす。
これは、特定の職業とは言えない。
専門化してこその職業だ。
土器の製造を担当しているナナッシや
オリーブ油の独占製造を行っているモラーラと聖女信仰集団はどうだろう?
職業のような気もするが、現代でのカテゴライズが難しい位置でもある。

女だけのグループの中には、現代でのカテゴライズが難しい集団もいた。
彼女達は毎日畑に出るわけでもなく、糸を紡ぐことも、布を織ることもあまりしない。
頼まれて、手が空いていれば、手伝う程度だ。
そんな、彼女達は何をしているかというと、男をもてないしている。
酒と料理と色香で、男をもてなし、獲物や収穫物を分けてもらう。
娼婦のようなものか?というと少し違う。
自分達が消費する以外のものを、水晶や布といった加工品に変えて保管している。
それを、必要な人に食料等と交換に引き渡す。
風変わりな市場のようなこともやっている。
日用雑貨から、夜の相手まで。何でもそろう、スーパーマーケット?
まぁ、なんにせよ、村の女性達はたくましく。男達の癒しの存在だということだ。

403 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 04:29:28 ID:VPWpIjGY
なんでそもそも原始人と会話が成立したんだ?

404 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 10:03:24 ID:Bul9DIRv
このオーバーテクノロジーの品を使って、
J-ホバの民との交渉を有利に進められないものか。

405 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 10:48:03 ID:gIs/Llj7
現代の人間にとってはアルミなんて安っぽい金属としか認識してないけれど
19世紀末にアルミの電解精錬法が確立されるまでは金よりも高価な金属だったわけで
原始人にとって見れば、謎の文様の掘り込まれた1000枚もの謎亜銀金属は
白い人の持っているビーズや金よりも価値のあるものになるのではないかと・・・

406 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 11:26:24 ID:GHZ5oYIV
ただ、比較になる金属自体未発見に近い現状だと、金属自体の
価値はうまく理解できないかも、
ただ意匠の正確さ、複数の寸分違わぬ形、純度の高い金属の質感は
衝撃的かも。

407 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 11:53:37 ID:rhB6iKs3
大規模な交易する相手がいれば1円玉は威力を発揮しそうだな
それはともかく今は目先のこと
白い人が物で釣ろうとしてるんだから
こっちも一円玉で女の流出を食い止められないだろうか?

408 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 12:26:31 ID:Bul9DIRv
古代中国の銅鏡のごとく、権威の象徴として使うと言う手も。
1円玉をたくさん持つものがリーダーとなるとか。

409 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 12:52:10 ID:Ie2p81FN
村の名前らしく電池の材料ではどうでしょう。
用途が微妙ですが。
他のものよりはときめけそう。

410 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 17:05:55 ID:OXMxv4L0
1円玉いいんでない。

同じ形状の円盤がたくさんあると
幾何学とか度量衡とか思いつくかもしれんし


411 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 18:14:51 ID:u869pfPv
一円硬貨

形状 : 外径20mm、重量 : 1g 厚さ:およそ4枚で6_(実測)=約1.5o
表 : 若木。デザインは公募により決まった。裏 : 1と年号。
材質 : アルミニウム。新しく生成するのに3円かかるといわれる。
 フリー百科事典Wikipedia「硬貨」で検索

センチメートル、グラム、リットルなどの単位を教えることが出来そう。

一円玉1000個で1s
1sの水の体積はおよそ1リットル

412 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 23:08:06 ID:oC7itnC7
このスレってテキストデータという制約のなかで、
日常語に毛の生えた程度の語彙を使って
文章力や表現力の向上を楽しむスレだと思ってた。

でも、ふつうは知らない科学技術ジャンルの豆知識の宝庫って感じになっているので、
無駄ではないと思うが。

413 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/14(土) 00:11:56 ID:svJeYR8x
アルミ貨幣1000個につきるでしょうね。
コーラ瓶は洋画では争いのもとだし、ロードオブザ資源ごみ状態でした。
でも世の果て=アフリカ大陸の端の一つ。

414 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/14(土) 00:18:41 ID:svJeYR8x
コメとPSPはさすがにあまり解決になってないような(−^;)。

415 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 08:29:50 ID:yHuPTPOo
>>411
ぇー
メートル法教えんのかよ

416 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 09:14:01 ID:j8dLtBdg
長さの単位はメートルや尺なんかをすでに誰かが教えてたような
あと、算用数字漢数字、四則演算なんかも誰かが教えてたみたいだけど、定着しなかったみたいだね
原始人はキュービット以外使わないみたいだし

重さの単位はまだ無いっぽい

417 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 10:09:35 ID:3sDiW9Bu
>>416
定着と言うよりも、本格的に使用する用途がまだ無いだけと思われ。
まだ収穫量や人口の管理すら適当な社会だしね。

メートルや尺は結局基準が無いと使えんし……。

418 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 11:31:35 ID:YNSuPDq6
一円玉で決まりだろう。
天秤を使えば1キロまでの重さがグラム単位で計量できるんだぞ。
合金を作ったり薬草を調合したりするとき、とても役にたつ。

419 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 13:46:42 ID:YU8bAO/n
>>418
一円玉の作り方を教えて上げてください。

420 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 15:04:31 ID:yHuPTPOo
貨幣の作り方

とりあえず自給自足以上に物資を貯蔵するだけの生産力を確保する

現在手に入る材料で、産出量が少なく、材料自体に価値があり、
磨耗変形しにくいものを用意する。(宝石、金属、アワビの干物など)
なるべく同じ形に加工して、誰でも理解できる刻印を刻む
(有力者の顔とかシンボルマーク)。

「この貨幣を物々交換の仲介に使います、
私のところに持ってくれば同じ価値の穀物か宝石と替えてあげます
アワビの干物で作った奴はそのまま食べちゃってもいいです」
と宣言する。

421 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 21:17:55 ID:aav/Vrv/
しつもん。→初代1
PSPバリューパックにはソフトは付きまつか? 

422 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 23:24:26 ID:neKG/gbF
PSPの活用法は今のところないのではないかな。
無難に1円の方がいいかと

423 :初代1:2005/05/15(日) 00:43:51 ID:dxSwSIwb
>421
もう、しょうがないですねぇ
これをつけてあげましょう。
http://images-jp.amazon.com/images/P/B0006MQ1HI.09.LZZZZZZZ.jpg
しかも、対戦できるように2セット用意しましょう!!


424 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 01:38:06 ID:HA0ZE1Hi
1、無洗米ほしのゆめ5Kg→食え。袋は水を入れて病人の額に置け。
2、1円玉1000枚→服全体にニカワで貼り付けて,白い人との戦いで大将に着させろ。
3、コカコーラ1ビン→削ってレンズを作れ。ビンの口とキャップの内側は土器の型にしてスクリューキャップを作れ。
4、PSPバーリューパック→好きにしろ。

いずれにしても役に立たない。
文明人のための文明というものは,
高度なものほど自然の中で役に立たないという傑作な皮肉。



425 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 02:27:31 ID:SkhVE27T
携帯の人のために
http://pksp.jp/ero11/

426 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 02:52:50 ID:nmLVTGWP
高度すぎてついていけない・・・
文明を起こすのがこれほどに難しいとは。カールセーガンは人類の歴史のほとんどは
文明らしいものを持たなかったと力説した。
20世紀の技術の進歩を見ると技術はマンパワーと投資でいくらでも進歩するものと
思いがちだが、一からの技術開発がどんなに難しいか、このスレは教えてくれる。

427 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 02:55:10 ID:NlEmCOGM
コーラ瓶か1円玉なら長さと重さの基準を作れる。
コーラ瓶のスペックが調べづらいから1円玉のほうが便利だろうけど。

428 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 18:54:16 ID:0P91sUtp
>>403
会話が成り立つということは、いちいち言葉の定義はしなくていいってことだよな

429 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 20:06:38 ID:MDo5IhY5
>>403

原人:ウホ?
名無し:ウガウガ、ウゴー!
原人:フガフガ。

430 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 20:09:39 ID:jfTUSAy5
>>403
「未来技術」板ですから。

431 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 22:43:20 ID:DkqAof2I
『石臼』お絵かきしてみました。
石皿、すり石との違いは、1・受けの石に窪みがある。2・すり石の形を棒状にして
握りやすくする。

大きさは手ごろなものから作ってみてください。

432 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 23:27:04 ID:Povw2atM
>431『石臼』
『槌』と水晶の『鑿』でつくれますね。

>原始人さんへ
重さを量るときに便利な道具『天秤』を教えます。
まず、厚くて重い木の板に石錐で穴を開け、木の棒を垂直に立てます。
木の棒の先は、正面から見たら∧、横から見たらПのようになるように削ってください。
これを土台と呼びます。
そして荷物運びなどで使われている『天秤棒』の真ん中に、土台の棒の先より広い
∧の窪みを彫ります。
土台の棒先に天秤棒の窪みを載せ、器を吊るしてある紐の位置を左右に
ずらして左右の器がどちらも地面から離れるようにして、
天秤棒が平らな地面に対して平行になるようにして完成です。

この天秤棒が平らな地面に対して平行になっている状態を『釣り合う』といいます。
両方の器の中に米や水を入れ、『釣り合う』状態になったとき、それぞれの器の中身の重さは同じです。
この道具は、収穫したものの重さを調べたりや穀物を平等に分けるときに使います。

『天秤』の大きさは、米・水などを重いものをたくさん測るときは大きいもの、
『薬草』(ウコンやユキノシタ、カタクリなど怪我や病気を治すときの草花)など
軽いものを測るときは小さいものを使うのがお勧めです。

433 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 08:23:28 ID:cLBptvS7
>>432
まず「板」を教えないとダメじゃん。

434 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 08:27:58 ID:3Rcbeq0M
>>432
天秤棒は土台の上に載せるより真ん中当たりを紐で吊るした方が構造が簡単でないかい?
釣り合せる時の真ん中決めの時は位置をずらせるだけでいいし

435 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/16(月) 22:36:59 ID:AGSfhYBP
誤差が問題ですよね、容器や皿の材質。
盥レベルだとまだいけそうですが。

436 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 13:31:43 ID:eHWzmtG5
433
板は漆喰づくりの時、箱とかがあったので作れるみたい

434
棒が滑らないか心配

437 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 14:40:32 ID:Exbpfdjb
>>432 >>434
器の位置や真ん中の紐の位置をずらしてバランスを取るやり方は、支点から両端までの長さが変化してしまってダメじゃないかな?
テコの原理と同じで、支点からの距離を同じにしてバランスを取った状態で計らないと正確に計れないと思いますよ

たとえば、天秤棒の腕の長さが左側は1、右側が2のような長さでバランスを取ってしまった場合
左側に1s載せた場合、右側は500gで釣り合ってしまうことになりますよね?

>>436
滑り止めだったら、松ヤニを塗っておくか細かい刻みを入れておく等の処理で解決できると思います

438 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 16:11:43 ID:8EzGVs7j
とりあえず「棒の中心」の作り方。
まっすぐな棒とヒモを用意する
━━━━━━━━━
─────────────

棒の長さにあわせてヒモを切る
━━━━━━━━━
───────── / cut! / ───

ヒモを半分に折り、折ったヒモと棒の端をそろえて並べると
ヒモのもう一端が棒の中心に来るので、そこに印をつける。
    center!!
━━━━┿━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄)
 ̄ ̄ ̄ ̄

439 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 16:15:59 ID:AF7q7RZl
そもそも天秤に使える真っ直ぐで均質な棒を作れるのかどうか。

440 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 16:20:29 ID:iDYPpnpz
棒の中心の出し方。
1.棒を横にして、体の正面に出す。
2.この時、手で握るのではなく、手のひらを開いて、親指が上になるように腕を構えて、人差し指の横腹に棒を乗せる。
3.両手をだんだん近づけてて行く。もちろん棒を落とさないように。
4.うまく行けば、両手の手のひらが合わさった状態で、その上に棒が乗ってる状態になる。
   そこが、棒の中心。


441 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 16:31:42 ID:Exbpfdjb
均質な棒や同じ重さの器を作るのは難しいと思いますが、とりあえず天秤は両端までの距離が大事なので
>>438氏の教えて下さった方法で真ん中を出して、両端に器を下げてみて
バランスは器の底にでも粘土を少しづつ付けていって丁度釣り合うように調節していったら良いと思います

442 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 16:38:49 ID:Exbpfdjb
>>440
その方法だと長さの真ん中は出ないんですよ
重さの中心(重心)になってしまいます

443 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 17:07:49 ID:iDYPpnpz
天秤を作るんなら、棒がある程度均質だと思ったんだが、だめ?

444 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 17:19:33 ID:Exbpfdjb
>>443
そういう前提が有るならOKす
否定厨みたいなことを言ってしまって御免なさい。気を悪くしないでね(´・ω・`)

445 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 21:19:21 ID:Z1aCqNhn
折った木の枝が真っ直ぐかつ、均一だとはおもえん。
均一になるように丸太を削るか?
板も、薄っぺらくなるように削ってるだけだと思うので
平らではなさそうだしなぁ

446 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 21:36:49 ID:nVaPLfNS
手段の一つとして、狂いが少なく加工性の良い木材を教えてあげるべきかと。



447 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 21:58:12 ID:T3Ao0PAz
中心にヒモつけたら
あとは釣り合うようにちょっとずつ削ってけばええやん。

448 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 22:34:58 ID:VUxqI1gY
天秤じゃなくて、竿秤ならすぐ作れるんじゃねーの?

449 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 23:30:33 ID:nVaPLfNS
つか、1円玉もらってからでいいんじゃない?
基準もなしじゃ・・・

あさってには389が何かしら選んでくれるよ。

450 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 00:03:56 ID:cYwpEI55
基準は何でもいいと思うよ。
その場で釣り合い取って比較検討すれば
取引でも調合でもどうにかなる。

古代エジプトに国定規格の分銅が合ったわけじゃないし。

451 :極東旅団:2005/05/18(水) 00:37:30 ID:U482k0nB
やぱり解剖学でしょう。誰だったか言ってたな。「獲物を解体する度に
のべつ生き物の体の中身は目にしているはず。それを基にして
負傷した仲間の外科的な応急処置のノウハウが発達、それを下敷きにして
次第に医学が発達したのじゃないか」


452 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 04:37:45 ID:PsHmho9Q
エキナシア、キンレンカ、プロポリス、青カビ...etc
自然から取れるクスリを見つけていかにゃあ

453 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 05:52:19 ID:23ydPUQI
この村は医学は結構弱い部分ではあるね。
これは戦争とかでも日常生活でも非常に大事だから
誰かお医者さんいないかな・・・・

454 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/18(水) 07:30:32 ID:IwLLwVVg
軍隊のサバイバル本か民間防衛の本が役に立ちそうな予感。

455 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 08:50:16 ID:LanYEpos
とりあえず衛生、洗浄、殺菌、消毒を教えないと

簡単にできそうなのは
日光消毒と煮沸消毒、寝藁は毎日換えるとか

それとも頭蓋骨に穴あけたり
かがり火焚いて一晩踊るとか
オンキリキリソワカとか教える?


456 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 09:28:13 ID:8i6Av6/0
>>295で語られている『吊り橋』は、両岸が迫っていて高いところに作れば、
大雨のとき流されにくいです。

両岸に丈夫な木がなくても杭を深く打ち込めば作れます。
杭を打つときは、大き目のハンマーか石で杭の頭をたたきましょう。

ロープを受け渡すときは、『投槍器』や『弓矢』を使うと早いです。
槍や矢に向こうの岸に届くぐらい長い糸を結び、糸のもう一方の端にロープを結びます。
そして向こう岸に槍や矢を投げ、向こうで待機していた人が、糸を手繰り寄せると縄が届きます。

杭や丈夫な木の間隔は3尺(90p)程度にして、
下に太いロープを結び、高さ三尺半のところにもロープを結びます。
そして、幅4尺の板を大量に用意して下のロープの間に縄で結び、上下のロープの間にも
落ちないように所々ロープを結ぶと完成です。
(まとめサイトttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/1.htmlに絵があります。)
滑動車は通れないと思いますが、人の移動は船を使うよりは早くなります。
※古くなってきたら張り替えないとロープが切れることがあるので危険です。

ちなみに>>365で海草から作ったねばねばした汁は、『糊』といって膠のように物を貼り付けるときに使えます。

457 :オーバーテクナナシー:2005/05/18(水) 22:00:16 ID:ZDeJtqGA
1円玉は、再現性がゼロに近いところがいいな
ニセモノを作るにはまず電気作るところから始めないとな
自然界にもまず無い代物だし、加工もムリだろう
なにかの証に使えるかもしれん

微妙な重さのほぼ均一な複数の固体ってところも
重さの基準になる価値を秘めてるしな

458 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 17:32:20 ID:ZkfhSHsK
初代1へ

最近提案された発明品
>>384『硫黄』
>>387『セメント』
>>388『コンクリート』
>>420『貨幣』
>>431『石臼』
>>432『天秤』『薬草』※発見済みの資源の名前の定義
>>456『糊』※開発済みの発明品の名前の定義

発明済み・発見済みのものについてはまとめサイトのNDCに載せましたが、
ほかにもこの中で採用するものがあったら教えてください。

459 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/05/20(金) 00:33:09 ID:oB1efOqf
シュメール式レキセーともまた違いそうですね。

460 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 11:15:44 ID:bhEunFmf
一週間たったけど、>>389さんは贈り物何にするか決めたの?

461 :389=録霊60:2005/05/20(金) 23:05:36 ID:Vex+Im2b
一円玉に一票

・メートルグラム法→薬草・合金調合
・装飾品or権威の標章→J−ホバの民への女性流出防止
・貨幣・通貨制度のモデル

462 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/21(土) 23:54:40 ID:9PKggd+y
初代1多忙?

最近、話が高度化してきたので他の学問板からネ申を召喚する活動が必要かも知れません。
召喚活動解除のための『神像or宗教設備建設イベント』などをやると面白いと思います。
召喚用テンプレみたいなものも作ってみました。


原始人「ネ申さんたち助けてほしいだよ。」

原始人に起こっている様々な問題を、あなたの知識と技術の力で解決してください。

未来技術板 原始人に技術を教えるスレ2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1110090449/l50
原始人に技術を教えるスレ まとめサイト @Wiki
http://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/1.html

463 :極東旅団:2005/05/21(土) 23:57:21 ID:T2J3ri8w
場違いな話ですが、いつだったか新聞で「新石器時代の遺跡から
てのひらサイズの象牙製の獣面人身像出土」とゆう記事を見つけました。
世界最古のケモノむすめフィギュア。ドイツだったかな?誰だよこんな事
教えたの(笑)

464 :オーバーテクナナシー:2005/05/22(日) 00:04:36 ID:nMF4RQnt
手塚治虫だな、きっと

465 :初代1と原始人:2005/05/22(日) 00:54:35 ID:YwaZjOJ4
1は、2連徹のため現在壊れております。
復旧作業(リブート)が終わるまで、もうしばらくお待ちください。

>458
原「『コンクリート』っていうのが、うまくつくれないだね。
  レンガの欠片と石灰石とがくっつくぐらい熱くするっていうのができないだよ。
  『セメント』は作れてだども、石灰石が沢山もってこれねぇだで
  家とか建てるのはむずかしいだね」

録霊60さんへ
一円玉ですね、了解しました。
当選の結果は発送をもって代えさせてもらいます。




ごめんよパト○ッシュ、なんだかとても眠たいんだ・・・・

466 :オーバーテクナナシー:2005/05/22(日) 02:07:47 ID:WtJQcZgp
あらあら、1さんおつかれさまですの。
新スレになってしばらくはお姿を拝見しませんでしたが、前スレでもこまめなサポート。
1さんあってのこのスレですからね。お大事になさってくださいね。

467 :オーバーテクナナシー:2005/05/22(日) 16:25:56 ID:+rMTGcRE
>>465
レンガを作れる技術があるならモルタルは当分後で良い。
接着は泥混ぜて縫ったくるだけでも、雨が降らなきゃ大丈夫
万里の長城なんか土にご飯混ぜて造ってるわけで。

468 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/22(日) 19:16:18 ID:sgm7rZJD
2連徹・・・・・
ゆっくりとおやすみください。

『セメント』登録しました。

469 :原始人@初代1:2005/05/24(火) 03:21:23 ID:fel+d55n
>384
硫黄っていうのは、この石の周りについてる、黄色い奴のことだか?
これを拾った近くで、また熱いお湯の池をみつけただよ。

>420
とりあえす、干し鮑を10個ほど用意してみただが
どうししたらいいだかね?

>431
おおーまえより、すり潰すのが早くてらくだよー

>432
半分の重さだか?
麦やら米やらを2つに分けるのには便利そうだね
天秤にのらねぇような、水や酒なんかはどうしたらいいだかねぇ

>456
板をたくさん作るのは難しいだね。
斧があるだで、木を割ったりできるだが、綺麗に割ることはむずかしいだよ
1本の丸太から板は2枚ぐらいしかつくれないだね。
木を削ったり、割ったりする道具はあるだで、木を切る道具が欲しいところだね。

>462
ネ申を呼ぶだか?オレはこの「スレ」でしかお話ができないみたいだで
ここまで呼んできてくれると、ありがたいだね。

470 :&rlo;ふたなりアリス&lro;:2005/05/24(火) 06:36:10 ID:25URN7dW
ケチらず一番質のいい材料で作ってください
おおきな皿と板と磁鉄鉱ぉよういして←手に入れたよねこの記号は『矢印』といいます
板のちゅう新に磁鉄鉱ぉはめこんで水をいれた皿にうかべてください
板がいつもおなじ方角をむくので北と南のいちに線お引いて北は矢印にして
ほかの方位もかいて『羅針盤』のできあがりです

471 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 08:37:35 ID:aRG9bV9p
1円玉の使い道です。

真ん中に穴を空けて(この村の道具で出来るかな?)10枚づつ紐に通す。
細長い板を5枚「日」の形に組み合わせて四角いワクを作る。真ん中の板には等間隔で
「V」形に切れ込みを入れておく。
1円玉を通した紐を真ん中の板と直角に、切れ込みに引っかかるように並べて張る。
ぴっちりとは張らず、紐を持ち上げて1円玉を真ん中の板のこっちからあっちへ
移せるようにする。

『ソロバン』のできあがりです。物の数を数えたり、計算するのに使えます。


(あ、でも穴空けたら重さが変わっちゃうか……)

472 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 08:38:43 ID:qh3+k1+d
>>469
>天秤にのらねぇような、水や酒なんかはどうしたらいいだかねぇ

原始人はなぜか天秤とは両端に皿が吊るしてあるというイメージを持っているようですが
壺のような形の土器を吊るしてもいいので〜す

473 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 08:55:08 ID:dMkFvg34
>>469
>干し鮑
山に住んでる人にとって、海産物の保存食は貴重品なので
宝石や黒曜石などと交換してもらいましょう。
生の魚より楽に持ち運びができて、なんぼか楽になります。

余談ですが、その手の干物がたくさん揃ったら
人類史上究極のおいしいスープが作れるようになります
がんがってください。

474 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 10:16:55 ID:KYndh2D9
>471 『そろばん』
枠は板でなくても長さ1尺(30.30cm)まっすぐな枝3本と2寸(6.06cm)の枝2本を
組み合わせたり、粘土板に溝を掘ったものでも代用が利きます。
あと、穴の開いた玉は、一円玉がもったいないので、粘土を焼いたもので作りましょう。
┌─────────────┐
│ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ│
├─────────────┤
│ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ│
│ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ│
│ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ│
│ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ│
└─────────────┘
上の玉は『五玉』といって五個あることを表します。
下の玉は『一玉』といって一個あることを表します。
それぞれ紐で結ばれたところを『桁』といいます。
一番右を一の位とするとそのすぐ左は十の位、その左は百の位、その左は千の位の数を表します。

ちなみに『万』の次の位を列挙すると
『十万』『百万』『千万』『億』『十億』『百億』『千億』『兆』
『十兆』『百兆』『千兆』『京』『十京』『百京』『千京』『垓』
となります。

『そろばん』の使い方は、詳しい人きぼん

475 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 10:28:14 ID:dMkFvg34
いやあーた
せめて10進法が整ってからでないと・・・
完全にオーバーテクノロジーですよ。

476 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/24(火) 10:42:25 ID:KYndh2D9
今回は重さをはかる方法を教えます。

一円玉ひとつの重さを1『g(グラム)』といいます。
たとえば、あらかじめ釣り合った状態にした天秤の片方に米を入れ、
もう片側に一円玉を乗せて釣り合ったらその数を数えると重さがわかります。
たとえば、300枚あったら300グラムです。

また、片方に300枚の一円玉を入れて、もう片側に米を乗せれば、米を300gずつに
分けることもできます。

一円玉は、数が限られて量産できないので、よく洗った石または土器のかけら、
乾かした木を削った『錘』を作って代用するようにしましょう。
1000gの錘、100gの錘、10gの錘、1gの錘それぞれ10個あれば、1〜11110gまで
の重さが量れるようになります。
錘を直接手でつかむと重さが狂う場合があるので、つかむときはよく洗った
箸や木プライアを使うようにしましょう。

ちなみに、1000gのことを1sといいます。

477 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 10:48:12 ID:dMkFvg34
>>476
おフランス製のメートル法と
ギリシャの`a_でいいのホントに?

478 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 11:52:22 ID:qh3+k1+d
量(体積)の概念もまだなかったっけ?

1000g=1kg (gを『グラム』、kgを『キログラム』と読みます)(kは『キロ』と言って、千という意味です)

で、1kgの真水の量を『1l』と言います。(1lは『1リットル』と読みます)
1000g=1kg=1l=1000ml=1000cc

1000mlは『千ミリリットル』と読み、mは『ミリ』と言い、千分の一という意味です
ml(ミリリットル)とcc(シーシー)は単位は違いますが全く同じ量の事です
重複しているのでどっちか好きな方を使えばいいですが、白い人等他の地域の人がどちらの単位を
使っているか分からないので予備知識として知っておいても良いかもしれません
非常に少ない量を現すのに使います。

海水は1kgでも1lになりません。真水よりも少し重いです

真水:1g(一円玉1個)=1ml=1cc その千倍:1kg=1l

479 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 12:04:25 ID:qh3+k1+d
>>478
>海水は1kgでも1lになりません。真水よりも少し重いです

追記
酒は逆に真水よりも軽い場合があるので、真水を基準にして作った「量を量るための器」を
作っておいて、液体の物を量って分ける場合にはいつもその器を使って分けるようにすると
公平に分配する事が出来ます

480 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/24(火) 20:14:51 ID:KYndh2D9
>469「熱いお湯の池」
前スレ377であったように木の棒と皮を入れて安全確認をしてください。
もし大丈夫なようでしたら、前スレ354、355、375を参考に『温泉』作りに挑戦してください。

>『吊り橋』
人が通るだけなら板の変わりに木の枝や竹を使っても大丈夫です。
また、杭のロープを結ぶところに布を巻くと、ロープが擦れにくくなって長持ちします。
荷物を背負うときは、籠に紐を通して背負えるようにしたものが使えます。
籠の中に袋を入れるようにすると珪藻土のような細かいものも運べます。

>ネ申召喚
登山・キャンプ・アウトドア板、軍事板、サバゲー板あたりいろいろな便利なアイディアが
出そうな気がします。
とりあえず、洞窟にそれらの神を連想させる絵や像を作って食べ物を備えてみて
ください。
これで、このスレへの道(宣伝テンプレ)が開くと思います。

481 :原始人@初代1:2005/05/24(火) 23:30:14 ID:fel+d55n
>470
つくってみたぞー
北がわかるのはいいだが、これでなにかできるだか?

>472
器は木で作った皿を使っただよ
あとで重さの調節ができるのはこれぐらいしかねぇだでな
土器を使うと、重さの調節ができないだよ。
(取り付けた後で、木を削って調節してる)
ところで壺ってなんだ?

>474
木の枝と竹の棒、それと粘土を組み合わせて作ってみたぞ
で、どやってつかうだか??

>480
今度のお湯の池は、木も燃えねぇし、皮もとけねぇだよ
池の周りには黄色くなった岩がいっぱいあって、なんだか臭ぇだよ。
池の色はなんだか灰色がかってるだが、
遠くから見ると青っぽく見えるだよ。ふしぎかねー
赤い池の時もそうだっただが、水そのものに色がついてるようには見えねえだな。
とっても、熱そうなだで、直接入るのはむりそうだよ。

482 :&rlo;ふたなりアリス&lro;:2005/05/25(水) 08:09:06 ID:BIoYjvNn
『爆竹』に『松脂』をつめて藁縄か布でふたしてニカワとかで密閉して←このとき火をつけれるように布とかぉ少し出しとこう
『焼夷弾』という攻撃対象を焼き払う武器です『投槍器』かでかい弓矢で撃ちましょう。
一円玉がもったいないけどテルミット反応を利用したエレクトロン焼夷弾もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%BC%E5%A4%B7%E5%BC%BE
盾に釘をニカワで貼り付けたのが『スパイクシールド』猛獣や人間と戦うときに威力を発揮しますぜ

483 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 09:49:24 ID:jspAihu1
>そろばんの使い方
まず、『一玉』側を手前に持ちます。
一玉側を下、五玉側を上と呼ぶことがあります。
五玉側を持ち上げて、すべての玉を下に下ろし、再び平らにして五玉だけすべて上げた状態にします。
これで準備は完了です。

そろばん上の数の表し方ですが、一玉がひとつだけ上がっているときが1、2つあがっているときは2・・・・(ry)
となります。
五球が下がっている時は5、さらに一球がひとつ上がっているときは6、もう一つ一球が入っているときは7・・・・(ry)
となります。
10は、一の位の左の『桁』、つまり十の位が1であることであらわします。
たとえば、16は、十の位が1、一の位が6であるということであらわします。
100は、十の桁の左にある百の桁が1であることであらわします。

ちなみに五玉を下げることと、一玉を上げることは、数を増やすことなので『入れる』
といいます。逆のことを『はじく』といいます。
一玉を『入れる』時は、親指を使いますが、そのほかは人差し指で玉を動かします。

484 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 10:10:22 ID:jspAihu1
足し算のやり方
1+1の場合、一玉をひとつ上げて、さらに一玉をひとつ入れます。
そのあと、そろばんを眺めると2という数が現れます。
1+6の場合、一玉をひとつあげて、五玉と一玉ひとつを入れます。
このように、最初にある数を入れて、次に足す数だけ玉を入れると答えが出ます。

少し厄介な場合も紹介します。
4+2の場合、もう一玉を使い切ってしまい、さらに一玉を二つ入れることができません。
その場合、仕方ないので五玉を入れてしまいます。
しかし、五玉を入れると2よりも3大きいことになってしまいますので、
一玉を三個下げます。
そうすると五玉と一球が1つずつ入った状態、つまり6という答えが出ます。
このように一玉を使い切ってしまった場合は、五玉を入れ、余分な数を一玉から下げる
ことで答えが出ます。

9+4など、答えが次の桁に言ってしまいそうな場合は、次の桁に1を足します。
しかしそれでは、4足すよりも6も多くなってしまいますので、一の桁から、五球
と一玉1つを省きます。そうすると13という答えが出ます。

485 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 10:26:26 ID:7zgZSBst
>>481
>土器を使うと、重さの調節ができないだよ。

>>441で重さの調節をする方法を提示しています
どの方法で調節しても、天候や湿気などでだんだん狂ってくるので
天秤は、使う毎に最初に重さの調節(バランスといいます)をとるのが普通です

壺というのは、胴が丸く膨らみ、口と底がつぼまった形の容器のことです
まだ出てきていなかったようですね、失礼しました。
酒や水の様な液体を計れないと言ったので、液体を入れられるような土器をさげればいい
という意味で壺と言ってしまいました。

486 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 10:34:35 ID:jspAihu1
このように、五玉を入れるときに余分な数と次の桁に1入れるとき余分な数、
すなわち『補数』を覚えると計算が速くなります。

五玉の補数1⇔4 2⇔3
十の補数1⇔9 2⇔8 3⇔7 4⇔6 5⇔5

二桁以上の計算の仕方も紹介します。
75+58の場合、まずそろばん上に75の数字を入れます。
そして、大きい位から同じくらい同士で足し算します。
まず、十の位7+5です。この場合、桁が次にいきそうなので、百の位に1をいれ、
十の位から、5の補数、5を引きます。この時点でそろばん上は125になっています。
次に、一の位同士の足し算、5+8をします。この場合も答えが10以上になりそうなので、
十の位に1を足します(135)。そして、一の位5から8の補数2を引きます。
引くべき一球が足りない場合は、とりあえず五玉をあげます(130)。
しかし、これでは、2よりも3も多く引いてしまっているので、三個一玉を
上げます(133)。

引き算も同じように大きな桁から同じ位同士で計算するとできます。
引くべき玉がない場合は、次の位から1を引いたり、五玉を降ろして
余分に引きすぎてしまった数を足せば答えが出ます。

そろばんを使うにはかなりの訓練が必要ですが、なれると頭で考えるより
より大きな数をすばやく正確に計算することができます。

(掛け算割り算の仕方は詳しい人希望)

487 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 10:35:42 ID:0cN15qrw
>>485
野焼きレベルの土器だと多孔質なので
水が漏る可能性が・・・

488 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 12:34:32 ID:Lf9t5lWH
>>487
カマドが完成してるから大丈夫じゃないの? あと、結局主力穀物はどうなったんだっけ?

白い人に関する考察

>「ビル様、マックが戻ったようで」
身分の差があり、リーダーもしくはリーダー団を頂点とする階級社会を成していると思われる。

>「うむ、して、この陸地の様子はどうだったか?」
「陸地」と言っていることから、船で到来した? だとすれば、造船技術と航海術に長けている可能性が高い。

>「はい、広告によると、見たことも無い動物と植物にあふれている様子です」
かなり遠くから来たことがわかる。集団で長期・長距離の移動をこなす技術と統率がある。



489 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 12:34:42 ID:Lf9t5lWH
>「うむ、J−ホバ様のおっしゃったとおりだ」
一神教の神を連想させるが、予言者、上位のリーダー、本国の長、別のネ申の可能性もある。

>「南の端に集落があり、植物の種を食べて暮らしているようです」
>「ふむ、未開な連中だ。種など食わずに、肉を食らえば良いものを・・・・」
>「おそらく、狩猟を知らないものだと」
農耕の知識は無いが、その分、狩猟に長けていることが予想される。狩猟の技術は戦争の技術につながる。

>「よし、予定通りに、ここに本拠地をおく。テントの補強をしろ
>それと、女が必要だ。南の集落から嫁を迎えよう。
男だけで構成されているということは、どこか別に本国が存在し、そこから派遣されてきた部隊と考えられる。
つまり、のちのちさらに大規模な移住団が到来する可能性がある。

>ビーズと金を見せれば、女のほうからよって来るわ」
>「なるほど、言葉の通じぬ蛮族でも、あの輝きなら理解するというもの
>このペケロク感服しました」
鉱業、冶金、加工に関する知識と技術はかなり高いものがあると思われる。

>「使者はマックがよいだろう。早速向かわせよ」
>「了解しました」
とりあえず交渉からはじめるということは、問答無用でいきなり攻撃してくる可能性は低い。


全体的に見て、先行集団と思われる「ビル隊」を撃退するのだけでも、このままでは危ういと思われる。

490 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 18:01:53 ID:0cN15qrw
ビーズ作れて、金の精製もできるとなると
かなりのハイテクなわけで・・・
ソロバンとか度量衡とかよく分からんものばっか教えてないで
即時応用できそうなレベルで教えた方がイインデナイ?

ということで「犬」の作りかた。
山に行くと、顔の長い、色は主に灰色か薄茶色で、群で行動する肉食の獣がいます。
地域によっては「狗」とか「大神」とか呼んでいますが、ここでは「オオカミ」と呼びます。
けっこう獰猛な性格ですが、幼い頃から餌を与えて飼育すると人に慣れ、
リーダーと認めた人のそばで、縄張りを警戒しながら暮らすようになるので
外敵や獣から村を守る事ができます。

※具体的な方法
・群からはぐれたオオカミをとっ捕まえて、村外れに繋いでおく。(できれば檻を作って閉じ込める)
・係を決めて、毎日餌(肉)を与える
・そのうち肉係の人が近づいただけで寄ってくるようになる
・体に触れても逃げなくなったらとりあえず完成
・これを繰り返して数を増やし、オスとメスを掛け合わせて仔を作る。
・1世代7年として、5世代も続けば完全に人に馴れます。

同じことがイノシシや野牛、キジ等の鳥でも可能です。

491 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 18:13:18 ID:/eOJS0yy
ペケロク=X68000
ビル=ビル・ゲイツ
マック=マッキントッシュ

こいつら……コンピューターを操るかも!?(んなわきゃねー)

492 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/25(水) 21:39:04 ID:jspAihu1
>481「熱い池」
池の底に未知の資源があるかも知れません。
長い棒の先にお玉をつけて、底のものをすくってみて下さい。

>491
『鶏』『犬』『豚』は家畜化済みです。
人間と食料の競合がない『羊』『山羊』『牛』『馬』の家畜化に期待です。
とくに、『牛』『馬』は食用のほかに荷物の運搬や田畑を耕すことに使えます。
『馬』は軍事的主導権を得るためにもほしいところです。

(初代1へ 召喚やって良いですか?)

493 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 23:01:07 ID:W4XoeMNt
>491
人間と食料の競合がないってことは、人間と同じもの食べられないってことだよ?
たしかこのあたりは赤土で草とかはえてなかったのじゃ『羊』あたりで様子見だな

(まえに『サイ』がいたってのがきになる『カバ』って捕まえられるか??)

494 :オーバーテクナナシー:2005/05/25(水) 23:53:43 ID:m4zT0DAr
>>492
横槍になるがちょーいと待ってくれ。

召喚はいいんだが、かつて何度もあった「過去ログをろくに読まずに、知ったかぶって役にも立たない知識を書き込む工房」
の大量流入を避けたい。

召喚呪文に、次の2点を織り込むことを提案する。

1、過去ログを全て読むことが参加の必須条件です。その時間や根気が無い人は、ROM・雑談に徹するかもしくはご遠慮願います。

2、過去ログを読んだ上で、自分の知識や説明力が充分でないと感じた場合は、無理して書き込まなくても問題ありません。


表現の細部については任せるが、ぜひ検討してもらいたい。

495 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 01:15:31 ID:c1rRtF+9

聖女信仰のリーダー 『モラーラ』が召還の儀式にかかっていた。

モラーラ「もてない男たちに、もてなくても何とかなる方法おしえて下され
モラモラーモラーモーラー」どかーん!ずばばば!ちゅどーん!

なにやら怪しげなことになってますが、一様成功したようです。

どうせモテないし原始人に技術でも教えてやろうぜ
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1117036333/


496 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 01:50:07 ID:WwufSrQZ
('A`)

497 :原始人@初代1:2005/05/26(木) 02:09:44 ID:3xqbHAdf
>482
爆竹は節をぬかねぇから、爆竹になるだよ
節を抜いちまったら、水筒だぁ
で、焼夷弾を水筒で作ってみただが、なんか燃えるだけだなぁ
スパイクシールドは痛そうだなぁ、これで体当たりでもするだか?

>483>484>486
そろばんを使った足し算と引き算がなんとなくわかっただよ
だども、100より大きい数はめったにつかわねぇだで、使う機会があるだかなぁ
たいていは、両手の指の数でたりるだよ

>485
壺がわかっただよ。

>487
はじめのころは、半日ぐらいで中の水がなんにもなくなっただなぁ
最近作る奴は、4日ぐらいもつだよ
酒や油を入れる奴は、周りにニカワを塗って、もっと洩れにくくしてるだよ。
それでも1年ぐらいすると半分ぐらいになるだね
酒を沢山つくるのには、もっと洩れにくい土器が必要だとおもうだよ。

>488
カマドのせいもあるかもしれねえだが、
内側を貝やなんかで、ツルツルになるまで擦るだけで
たいぶちがうだよ。

いまは、米と麦と粟をだいたい同じぐらい作ってるだよ
稗や黍はあまり沢山作ってないだね。
同じ大きさの畑だと米、麦、粟の順で沢山採れるだよ
だども、手間も同じく米、麦、粟の順でかかるだね
麦とか、粟は、同じ畑で何度も育てると、だんだん採れなくなるだよ
米は田を作れば何度も作れるだが、めんどくさいだよ。

498 :原始人@初代1:2005/05/26(木) 02:14:42 ID:3xqbHAdf
>492
熱い池の下には、白い泥のようなものが沈んでるみたいだよ。
どろはなんか、変な匂いがするだねぇ
『羊』『山羊』『牛』はどんなもんかしらねぇだよ
『馬』まえに聞いただども、よくわからなかっただなぁ
(召喚はご自由に行ってください。でも、ラウンジとかでやると
 沢山来過ぎるかもしれないので、過疎な板からはじめることをお勧めします)



499 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 04:54:27 ID:mEWYil+9
>>222
>>334
>>338
>>340

我々の目標は何なのか、方向性を見失ってませんか。

何故、そろばんが原始人に必要なのか考えましたか。
1円玉を何かに使いたかっただけですか。そうですか。

500 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 06:00:15 ID:7jgsVC1i
まとめサイトを見て、何故これが無いのだろう?と思ったので…
(間違いや付け足しておくべきところがあったらフォローよろしく)

>原始人さんへ
「蜂」について
花の周りを飛び回っている、黄色に黒い縞模様の入った↓のような虫を見た事はありませんか?
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/68/800px-Bees_Collecting_Pollen_2004-08-14.jpg
それは「蜂」と言う虫です。尻に鋭い針を持っていて、人を刺したりします。
中には毒をもったものもいて、刺されると死んでしまう事もあるので気をつけてください。
また、蜂の中には巣に「蜂蜜」と言う甘い液体を蓄えているものがいます。
この蜂蜜は、食べると元気になれますし怪我をしたときには傷口に塗ってもよいです。
蜂の巣は木のウロ(木の幹に出来た空洞の事)等にありますが、巣に近づくと蜂が襲ってきたりするので
注意が必要です。蜂の巣を採る時は、なるべく肌を露出させないようにした上で、木を燃した時に出る煙で
巣をいぶすとよいでしょう。
それから、蜂の巣の中には「蜂の子」という蜂の幼虫がいますが、これも体にいいので食べるとよいです。

後は蜜蝋の作り方とかだが…もし蝋が出来たとしたらどう使ってもらえばよいのかね?

501 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 06:26:35 ID:BzLPXx9k
蜂蜜を赤ちゃんにやっちゃいけない。
蜜臘は…普通に臘燭作ればいいんじゃないか?

502 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/26(木) 14:33:51 ID:VysPwqqv
>>494
過疎版のスレに宣伝テンプレをする場合、それほど人は集まらないだろうから
※まとめサイトで過去ログを読むことを激しく勧めるだよ。
※重複ネタ防止のため、教えようとしたものがすでに出てないかまとめサイトで検索してほしいだよ。
程度でいい気がする。

>>498
白い泥の正体は『石膏』(二水石膏 CaSO4・2H2O)ではないでしょうか?
石膏を熱したものを『焼石膏』(半水石膏 CaSO4・1/2H2O)といいます。
この焼石膏を水に混ぜると熱くなり、『硬石膏』(無水石膏 CaSO4)になって固まります。
白い泥がこのように加工できたらほぼ間違いなく石膏です。

石膏を含む熱い池を『石膏泉』といいます。
石膏泉の水は外傷、打撲、骨折、痛風のところに塗ると直りが早いそうです。
また、飲むと便のとおりがよくなり、尿も多く出ます。
そのため、下痢のとき飲むのは危険を伴います。

硬石膏を長さ2寸程度の棒状にしたものを『チョーク』といって岩壁に絵を描くとき使えます。
チョークは、石灰を固めたものでも作ることができます。

503 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/26(木) 14:56:04 ID:VysPwqqv
>498
『羊』
人間の背よりも小さい獣です。
角が生えていて蹄が豚のように二つに割れています。
胴体が、長い巻き毛に覆われていることが特徴です。
山の、草の長いところにいることが多いです。

『山羊』
人間の背よりも小さい獣です。
角が生えていて蹄が豚のように二つに割れています。オスは長いひげを生やしています。
低い木の葉を食べるので、山の低い木の多いところにいます。

『牛』
人間の背以上に大きい獣です。
角が生えていて蹄が豚のように二つに割れています。
長い草を長い舌で引き抜いて食べます。そのため、草が長い野原にいることが多いです。
寝ている時間が長いですが、ひらひらしたものを見せると興奮して危険です。

『馬』
地面から肩までの高さが人間の背よりも若干低い足の速い獣です。
耳、顔、首が長く、首の後ろに長い毛『鬣』が生えています。
尻尾は、根元から長い毛が生えています。
蹄は、割れていません。立っている時間が長く、大体首を地面につけて草を食べていることが多いです。
多分見たことがあると思いますが、草の短い野原にいることが多いです。

504 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 15:20:53 ID:yj+nK69A
画像解禁になったんだから活用しよーぜ。


『羊』
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~shops/photo/hitsuji/nenga/hitsuji001.JPG
ttp://www.sheep-collection.com/garden/images/photo8.jpg

『山羊』
ttp://www.din.or.jp/~pet/shop/animal/yagi.html

『牛』
ttp://tx.im.shu.edu.tw/Mediafiles/JPG/地圖牛.jpg

『馬』
ttp://www.h3.dion.ne.jp/~msuzuki/LOVELOG_IMG/200501214c69fbe3.jpg

見えるかい、原始人さん。


505 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 15:45:15 ID:yj+nK69A
あ、そうだ。モラーラたちが信仰してる「聖女様」って12歳のお下げで眼鏡っ子の美少女らしいけど……
もしかして↓かい? ちょっとモラーラに見せて反応を教えてくれw
ttp://www.wind.sannet.ne.jp/optical-typhoon/sailor-marie.jpg

506 :初代1:2005/05/27(金) 00:03:15 ID:nuyIkpIP
かつて、この世に天も地もぞんざいしないころ、争いがあった
光より生まれた、純白の乙女聖女
闇より生まれた、暗黒の使者アニオタ
両者が争うことで、1つが2つに裂け、天と地が生まれた
両者が駆け巡ることで、1つは2つに分かれ、昼と夜となった
両者がぶつかり合うことで、1つは2つとなり、海と陸を造った
やがて魚や木や動物が生まれ最後に人が生まれたときに、
両者は争いを止め、聖女は人に力と知恵の証「尖頭器」を授けた
オニオタは、富みと技術の証「土器」を授けた
そして、両者は深い眠りについた。
アニオタは火の山に眠り、聖女は海深く眠る。
二人の間にこの未来技術村がある。



・・・・・っと、子供達を集めてモラーラが語ったとさ
油の入った壺をもらった長老は、そのとおりだとうなずいたとさ
つるかめつるかめ・・・

507 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/27(金) 00:53:44 ID:/HW1yJPq
『尖頭器』は1レス14のアイディア、『土器』は1レス92のアイディア。
聖女様の初出は1レス35、ANIOTASANの初出は1レス284と時代考証してみるテスト。
本当は、両者は対立せず、2レス202、209〜211で見られるようにTTRPGという
共通の話題を持っている模様です。

>>モラーラさんへ
『神話』(ネ申に関する作り話)は、人々の心を結束させるためにも必要です。
しかし正確な判断を下すためには、少なくとも人の上に立つであろうモラーラさん本人は、
真実を忘れないことが必要です。
人に見せるか否かは別として、真実の『歴史』(過去の出来事)の絵を粘土板やパピルスなどに
書いておきましょう。
・・・・・・題して『未来技術村黒歴史画』
次に聖女様の最初の御言葉を引用して私の意見と変えさせてもらいます。

>35 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :05/01/22 16:41:02 ID:20ynjZtB
>古代文明ができてもこのスレは保存しなさい。
>このスレはシュメールやエジプトに残る物と同じ毛色の
>実用聖典的粘土板全集になることでしょう。

508 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 08:34:15 ID:EHK3G8Q8
歴史を自分達の都合のいいように改変する事なんて、現代の人間でもやっていることさ┐('〜`)┌

509 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 22:03:18 ID:PNJa2fRB

セカンド新抗体に女をいれるのは中止だ、引き続き男性のみで編成しろ

先発隊のほうこくではガラスを珍しがったそうではないか
あのような蛮族の焼夷弾などおそるるにたりん
それに新型の『クロスボウ』があるしな・・・・・・

510 :原始人@初代1:2005/05/27(金) 23:32:29 ID:nuyIkpIP
>500
蜂の巣を採ってきたぞー
なんか、すげー甘い汁がはいってるだなぁ
だども、モーナーが3箇所ぐらい刺されただよ。
なんか、良い薬はねぇだかね

>502
白い泥を焼いてから、水に溶かしたら、カチカチになっただよ。
石灰の代わりにつかえるだか?

>503>504
『羊』『山羊』『牛』『馬』は、みんなみたことあるだよ。
狩るのはできるだが、どやってつかまえたらいいだかねぇ

>505
モラーラ「まさしく聖女さまです!すばらしい!この絵を譲ってください」
だそうだよ。


511 :初代1:2005/05/27(金) 23:46:29 ID:nuyIkpIP
村に再び白い人が来た
言葉が通じないが、ナナッシはなんとかコミュニケーションを採ろうとする

ナナッシ「うーん、ウズメとは言葉が通じなくても話しができたのだのに・・・」

ネ申と話せるものは、言語外の部分で通じているのかそれができたが
今回はそうはいかない。
身振り手振りで会話を試みると

彼の名前が「まっく」ということだけが解った。
さらに、詳しく話しを聞いてみる・・・・・・
・・・
・・



ナナッシ「なーんだ!そうだか!!わはは、おまえも好き物だねぇ」

っと、ナナッシがマックに紹介したのは、レイの何でもそろうスーパーマーケット
マックが持ってきた、黄色のキラキラした砂と、小さな粒の水晶のようなものに
女性達は大喜び。我先にと、まっくを歓迎しました。

マックが気がついてみると、動滑車に乗せられた、酒と油の入った壺と2袋分の麦を持たされ
自分の集落に向かって帰る所です。
何がどうなったのか、良くわからないのですが、彼はげっそりと搾り取られて満足して帰ったようです。

これでよかったのでしょうかねぇ?

512 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 00:04:18 ID:PNJa2fRB
509です
白い人の設定かってに作ってすんません。
気に入らんかったらスルーしてください。

もし採用する場合は詳細ついかします。

513 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 00:24:04 ID:G1Jl0yiY
蜂蜜ですか。いいですね。
ただ、虫歯になる可能性があるので、歯磨きをしてください。
木の枝を折って、尖った部分を落とします。
これを石などに叩きつけて、折口が、さらに細かく分かれるようにします。

これで、お口の中の歯の生え際とか、歯の裏にたまったねばねばしたもの、食べ物のかすを落とします。

ttp://sekitori.web.infoseek.co.jp/watching/ichi_photo/ichi_Paki_haburashi1.gif

>>511
市場をみると、こちらの食糧事情や、ある程度の人口とか構成比などがわかってしまいますよね。
もし、こちらの酒、油、麦などを、略奪するに足るものだと相手に思われたら・・・。
また、村の中に迎え入れてもてなしたら、村の周囲の状況、建物の構造、地形などもわかるでしょうから侵攻の参考にされてしまいますね。

心配だなぁ・・・・。

ところで、嫁とかいってましたから、白い人は一夫一妻制か、一夫多妻制などをしいていそうですね。
加工技術とか、学べるものだけは学んでいいとこ取りをしたいところです。

514 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 12:02:52 ID:I83/8Rlh
原始人たちの洞窟の奥にある青く光る石を見つけるために洞窟探検に必要な技術を教えよう。

深い穴に下るときは奥から風が吹いたり『空気の流れ』がないか確かめよう。
これがないときは下手に下りると『酸素』が足りなくなって『窒息死』します。
風が吹いているなら奥に探検して行ってみよう。
必ず2人で行きましょう。山へ行って『つる性の植物』をとってこよう。
葉を落としてからそのツルを3-4本より合わせよう。『三つ編み』が簡単です。
ツルを編んだものを『縄』といいます。
長い縄を作ります。原始人さんの身長の10倍ぐらいの物を作りましょう。
縄が短ければ縄をつなげます。そのときには『ダブルフィッシャーマン結び』でつなげるよ。
木の枝を何本も束ねて先端に火をつけたら『松明』になるよ。これを明かりに奥に入っていこう。
どんどん奥に入って行って深い竪穴に下りなくてはいけなくなったら、縄を使って一人が奥に進んでいこう。
そのためには『懸垂下降』の技術が必要だよ。
降りる人は腰に短い縄を結んで、別の短い縄をわっかにしてひねって八の字にしたら
わっかの中に片方ずつ足を入れるね、わっかは太ももまで持ち上げて八の字の交差したとこと腰のわっかを束ねるね。
長い縄の端っこを『八の字結び』にして体のわっかを束ねるね。
もう一方の端っこは待っている人の腰に結んで、縄の中間はどこか頑丈な岩にも結びつける。
降りる人の縄をぴんと張ってあげて、下りるにつれて縄を繰り出してあげてね。下に下りたら縄を解いて探検するよ。
降りた人が洞窟の奥を『調査』したら今度は登って戻ってこないといけない。
下の人は縄を結んだら上の人に縄を張ってもらって、壁を登り返す手助けをしてもらいましょう。
次に来るときは『縄梯子』を作ってきましょう。縄で下りる必要がなくなります。
梯子は長い縄2本用意して体の幅ぐらい離してならべ、間に直角に短い棒を等間隔で結び付けるよ。



515 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 15:44:33 ID:6CFtCynp
白い人に洞窟の青い光る石を持っていかれないように。

516 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 19:46:35 ID:/EZ67HJH
そういやナナッシに何にどんな価値があるか教えてなかったかな?
今のところ道具、食物、綺麗な物が価値があるみたいだけど
白い人と取引しようにも材料や技術がただで持っていかれそうだな

517 :原始人@初代1:2005/05/28(土) 22:52:45 ID:C3HTswNR
ただいまより100レスの間で、皆さんにルート選択をしてもらおうかと思います。
両方とも以前から考えていたイベント(試練)なので、どちらが先にやってくるか
っという選択です。

1・知恵と勇気コース
概要:原始人たちは、橋建設に力を注ぎます。
    その結果、つり橋と、その先に存在する、資源を手に入れます。
    それを見ていた白い人達は未来技術村に脅威を感じ、
    両者は険悪な雰囲気に包まれます。

2・知識と技術コース
概要:原始人たちは食料の増産に力を注ぎます。
    その結果、人口が大きく膨らみ、余剰生産能力に余裕を見せるようになります。
    しかし、増えすぎた人口の弊害である、疫病が村を襲います。

3・愛と希望コース
概要:原始人たちはモラーラをリーダーとする組織化に力を注ぎます。
    その結果、軍人、商人、狩人などの職業と「シキタリ」という不文律
    ではありますが、法律の原型を手に入れます。
    しかし、富めるものと貧しいものの差が大きくなり村に不満が蔓延することになります。

ルート選択がされるまでの間も原始人たちの発展は続きますし
皆さんからの、アドバイスにより、それが加速されることは変わりません。
様々な分野で、足りないことがまだまだ沢山あります。
100レスの間で、どこまでできるかがこの先の、難易度に影響するでしょう。

それと、1円玉ですが、本日、宅急便で送りましたので明後日あたりには届くと思います。

518 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 00:00:23 ID:NZhJjEav
509です
2・知識と技術コース 希望します
弊害は医療でかいけつできます。


519 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 00:11:57 ID:4Zjt+E/n
多重投票を防ぐなんらかの手を考えた方がいい気がするが……。

これ、順番が変わるだけで、いずれやってくる試練なんだよね?

それじゃあ、3→2→1の順かな。
とにかく、技術力でなるべく勝った状態で「白い人」と対峙したい。うまくいけば、向こうの部族をまるまる取り込めるかもしれない。

2と3だが、組織化された状態の方が、人口増や疫病により対処しやすいと思われる。
それに、3ならこれまで活躍の機会が少なかった文系の人たちが参加できる。

520 :初代1:2005/05/29(日) 01:27:54 ID:QXs+uUwh
今回の試みはスレの人口調査がひとつ
レスの速度でどれぐらい参加してるのか測ってみようってやつです。
ですから、多重投票は計算の内です。
あとは、召喚による新規参加者が興味を持ちやすいようにする
っていうのも有ります。参加者が方向性を決めれれば少しは集まるかなーっと

あと、この試練ですが、場合によっては同時に村を襲います(笑
それと、新規の原始人は今現在も募集中です。
白い人役をやりたいという、奇妙奇天烈な方も募集します。
詳細はネタばれになるので、メールでお話します。
参加お待ちしています。

521 :30女:2005/05/29(日) 01:28:48 ID:1UOw8PGe
そうね。
3のコースだと、いわゆる私有財産ができてしまうのね。
これは食料に余剰が出来て、それを蓄えた結果のようなきがするのです。また、食糧生産以外に専従の人的資源を割り当てて職業が細分化されるのも、ある程度食糧生産に余裕があってからですよね。

また疫病が発生して、それから逃れるため、あるいは富の偏りによる不満から新天地を求めてつり橋の向こうに渡っていく者があらわれるかもしれませんね。

なので、私としては知識と技術コースが先で2−3−1かしら。

疫病は、人口が増えて密集した結果ともいえますし、リスク分散のためにも村を分割するのも手かもしれませんね。

疫病といえば、排泄物の処理はどうなったのかしら。
肥溜めの話が出て、熱で自然に寄生虫が死ぬとか、そうではないとか、いろいろ議論されてましたよね。
あと、死者の扱いですね。疫病が発生するとなると、死体は生活圏からなるべく遠くに埋葬するのがいいと思うの。
埋葬の習慣は人類の比較的初期(ネアンデルタール人とか)からあったとは思いますけど、未来技術村ではどうしているのかしら。

一円玉、発送したのね。タイムトンネル経由の宅配便かしら。
将来、化石化して発見されたらオーパーツとして騒がれますね(笑

522 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 02:04:14 ID:p9N1BgA0
>>519
1 技術力が高くて脅威だから攻めよう
2 疫病被害で弱っててチャンスだから攻めよう
3 不満を持つ階層と手を組んで攻めよう

どれ選んでも次の行動に移る前には攻めてくる気がする。

523 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 06:41:54 ID:jrO9Zi6w
2を希望。白い人との戦いを考えたら、人の数が多くて損は無いだろう。
それに>>518の言うように、医療で疫病を何とかする事が出来れば、戦いにも役立ちそうだし。

524 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 08:45:39 ID:bdKVqRDY
2に一票
薬草の知識、衛生管理を教えたらある程度は克服できるでしょう

貧富の差が拡大した時、干渉を続ける神がどう扱われるのか
見てみたいですね

525 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/29(日) 11:34:36 ID:Qmo0FLtq
2かな。
そのためには1も平行して行う必要があるかと思いますが

耐火レンガ→金属農具→食糧増産→人が増えてまとまりがつきにくくなる→法整備→大規模土木工事

の順になると思いますが、滑動車も馬も通れそうもないつり橋を作ったところで
白い人にとってもそれほど脅威にならないような気がします。
むしろ仲が険悪になるのは、技術力の象徴たる石橋を作った段階かと思います。
狩場のためにも耐火煉瓦の原料、珪藻土の確保のためにも
つり橋程度は作ったほうが良いかと思います。

そういえば、白い人は今どこに住んでるのでしょうか?
別の島だとしたら問題ありませんが、火山の北や川の西あたりに住んでるとしたら、
川の西が狩場争いの地になりそう。

526 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/29(日) 12:00:18 ID:Qmo0FLtq
『火吹筒』より体力を使わずに空気を吹かせる道具『ふいご(胃袋)』を紹介します。

牛を見たことがあるということは、狩って牛の中身を見たこともあると思います。
牛の中には、胴体の半分ほどの大きさを持つ袋『ルーメン』があります。
この袋を洗って、真ん中に穴を開け、先を玉にした紐を入れ、石膏で空気が漏れないように
穴をふさぎます。
紐を引っ張ると袋の中に空気がたまり、次に袋を踏むと胃の口から空気が噴出します。
これもかなり疲れますが、『火吹筒』と違って息苦しくなって気絶する危険は少ないです。
牛の胃はかなり大きいので、何本か紐をつけて数人であわせて踏んでみてください。

527 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 12:20:36 ID:ClftycRg
2に一票。
今はさまざまな分野の技術の内、一部分が突出している不安定な時期だと考える。
しばらくは基盤となる食料生産を増やし、地力をつける時ではないだろうか?
余剰食糧が蓄積されてくると、新技術開発に取り組める人間の頭数も増えてくるはず。
ナナッシの弟子や後継者となる人間も現れるだろう。
今の状況だとナナッシが死んだら(スレ的に有り得ないが)技術が停滞するのでは?

528 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 13:59:15 ID:qDiOiKsE
自分も2、専門職って余裕が無いと辛いものだし、何をするにもとりあえず内政を整えなきゃ。

529 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 17:23:48 ID:LgDvQo7b
2に投票。理由は数は力であること、以前から問題提起されていたが、お座なりにされていたことから。
>>527
ナナッシ等は死なない設定。

530 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 18:14:48 ID:8+l0Iso2
俺は3だなー
例えば女の取り合いにしたって
今でさえ狩りの上手い奴がそれと引き換えにゲットできたりするんだし(古いかなw
それで不満が上がってなかったってのがおかしいし
貧富の差が出来るのはある意味自然の摂理だしね。
職業に多様性が無いんだから今の農業とか畜産程度じゃ
食料の備蓄量くらいでしか差はでなさそうだし何より現代社会の基礎が出来るってのが大きい

次に2だな。生活の基盤が出来てきているのだから
そろそろ人口を増やすってのは視野に入れてきても良い段階だしね。
それにしたって結婚とかの制度がない状態で人口が増えていくってのは
あんまり望ましくない状況ではあるが・・・・・仕方ない。
疫病はやっぱり白い人なんかが持ってきたりするのかな?
まぁ医学がかなり弱いから疫病で困るってのは
医学を伸ばす良いターニングポイントになるかもね。

531 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 18:44:02 ID:ayumBQbG
ここは2で
病気は治せると思うし食料で白い人とうまくつきあえるかもしれない
1はなぜか白い人とは悪くなるのは確実で
3もやはり白い人とうまく付き合うのは難しいと思われ

ところで食料増産に力を注ぐ方法が組織化ではないの?
組織化はするけど3ほどでもないのかな

532 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 21:22:08 ID:NVttbofs
2に一票。
まず飯だ。

533 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/29(日) 23:23:48 ID:Qmo0FLtq
>『石膏』
石灰と違って触ったり、肺に吸い込んでも害にならないので、
人や動物をかたどった『像』(既出)を作ることに使えます。
石膏で作った像を『石膏像』といいます。
あらかじめ、石で像を作り、その上に石膏を塗り、石でこすって丁寧に整えると、
白くて神々しい像ができます。

>511白い人からの伝来品について 
「黄色のキラキラした砂」
これは『金』という金属です。
やわらかいので、ハンマーでたたくとかなり広く伸ばせます。
金を薄く広げたものを『金箔』といって、絵や像に張るなど、飾りに使えます。
金はいくら年月がたっても、たとえ水にぬらしたり、焼いたり、赤い池に落としたとしても
決して色が変わることはありません。

「小さな粒の水晶のようなもの」
たぶん真ん中に穴が開いていると思いますが、これを『ビーズ』といいます。
穴に糸を通して、首飾りにするときれいです。

534 :オーバーテクナナシー:2005/05/30(月) 22:31:34 ID:l5BaibOf
>519
3
>521
2
>522

として

1 
2 lllllllll
3 ll
無.l
か川と川の向こうは>347>321
あたりみればいいのかな

ところでアルミ1000gそろそろかな


535 :初代1:2005/05/31(火) 02:55:57 ID:SKkKneif
久々にサイをしとめたある日の事・・・
分配のときにサイの角をもらって帰った若者がいた
サイの角には特に食べるようなところは無く
サイをしとめた記念品ぐらいの価値しかなかったのだが
この若者はとんでもないことを思いついた

数日後、若者をみた、村の男どもは雷に撃たれたかのような衝撃を受ける
若者の股間に雄々しくそびえたつサイの角
「な!なんだあれは!」
「すげぇ!」
「デカイのか?」
「なんかしらんが、かっこいいぞ!」
「お、オレもほしい!」

こうして、村の男どもに、最初のファッションブームがやってきたとさ。

「今日もサイを狩りにいくぞ!!!!」
「「「おおお!!」」」

536 :オーバーテクナナシー:2005/05/31(火) 03:15:50 ID:pxLymvzu
サイの角を加工して空洞にするのは大変そう。

537 :オーバーテクナナシー:2005/05/31(火) 08:48:18 ID:xVAhwn7x
初代1様
他版からの召還をOKとするならば、そろそろコテ付けたほうが良いのでは。

538 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/05/31(火) 13:30:40 ID:sco5O2F8
>535
『ペニスサック』ですね。
インパクトが強すぎて他部族が引くこと間違いなし。

ありそうでなかった日用品を紹介します。
長さ3キュービット(135p)の細めの竹を用意してください。
そして、一方の端に竹の細い枝(細かい横枝を払ってまっすぐにしたものが良い)
をたくさんつけて完成です。
これを『竹箒』といいます。
≡∋───
家の中のごみや外の木の葉を一箇所に集めるときに使えます。

また、木の棒に藁を巻いたら『箒』というものができます。
これも上のものと同様に使うことができます。

539 :オーバーテクナナシー:2005/05/31(火) 13:32:55 ID:aTcwMzeZ
>>538
「コテカ」と言いなされ。

540 :オーバーテクナナシー:2005/05/31(火) 14:00:13 ID:ivrVmlrW
サイの角で作ったやつなんて聞いた事無いなー
数キログラムの重さがあるでしょ。重すぎると思うんだけど
ああいうのって、瓢箪の一種とか、動物の皮とか木の皮とかの軽い物で出来てるんじゃない?

541 :オーバーテクナナシー:2005/05/31(火) 14:21:47 ID:aTcwMzeZ
そういうわけで原始人さん、サイの角は削って短剣にしましょう。
ウラワザとして、削った粉を白い人に「これは薬だよ」と言ってなにか有用なものと交換するという手も……。

『コテカ』の材料と作り方は
「緑のひょうたんを火にくべて棒で中身を抜き、太陽で乾燥させ、穴をあけて糸を通す」だそうです。

で『ひょうたん』というのは↓みたいな実をつける植物です。
ttp://www3.ocn.ne.jp/~s.oota/hyotan3.jpg
球を二つ合体させたようなのも、細長いのも、両方とも『ひょうたん』ですが、『コテカ』の材料としてはもちろん長い方を使ってください。
なお、『コテカ』には染料、羽毛、毛皮などで飾りをつけると、よりカッコイイものができます。

542 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 02:21:16 ID:ngwFHnzM
コテ化・・・・じゃなかった。
コテカ
ttp://ameblo.jp/user_images/02/43/f0121707bf228c5a50518efd16332e26.jpg

543 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 04:21:57 ID:JTsZ445w
16 名前:('A`) 投稿日:2005/05/31(火) 01:12:46
食欲は金さえだせば満たされるが、性欲に限っては必ずしも自分の理想の
女と誰もが理想のセックスができるわけではない
そのやっかみが性にたいする恥じらいを生み出したのでないかと思う
現に限りなくフリーセックスに近いポリネシア辺りでは性に対する恥じらいより
食に対するそれが強いと聞く
これは双方の価値観が逆転している典例ではないだろうか
つまり俺が言いたいのは、レッツゴートゥポリネシア と

544 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 04:27:31 ID:k4Mq2mu8
>>543
>性に対する恥じらいより食に対するそれが強い
F先生のマンガで、そんな世の中が舞台になってる話があったな…
たしか「気楽に殺ろうよ」だったかな

ってスレ違いだな。

545 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 19:19:40 ID:qCRUSH1f
まだ大丈夫だよね。
2に一票。まずは増えとけ。
>>497「麦とか、粟は、同じ畑で何度も育てると、だんだん採れなくなるだよ 」。
『連作障害』のようですな、以前そのことに触れたレスもあったかと思います、
参考にしてみては?

芋って見つかった?

546 :オーバーテクナナシー:2005/06/01(水) 21:03:22 ID:Mp5NLCuJ
>原始人さん
>510「モーナーが3箇所ぐらい刺されただよ。 なんか、良い薬はねぇだかね」
ハチに刺されたらまずは冷水で患部を冷やし、爪などで針を抜きましょう。
お薬は…調べたところ、いちばん手に入りやすそうなのがへクソカズラの汁です。
ttp://had0.big.ous.ac.jp/~hada/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/rubiaceae/hekusokazura/hekusokazura.htm
ヘクソカズラ。どこにでも生えているようです。

547 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 00:02:15 ID:dEv9gJ/V
牛とか馬は飼わんのか?
農業やるなら必須だべ。

548 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 12:01:13 ID:YummyI0M
必須ではないだろ牛とか馬はエサもばかにならんし
それより農業の道具そろっているの?

549 :オーバーテクナナシー:2005/06/02(木) 15:41:09 ID:vByOpS5w
原始人に技術を教えるスレ まとめサイト

ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/1.html

550 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 01:35:13 ID:0yyYEkne
>>544
俺もそれは読んだことあるが、あくまでそれは思考実験だ。
ここの原始人を見てみろ。食い物はみんな「共同作業」で採ってきて
みんなで食うのが前提だ。つまり食というイニシエーションは
全くの共同作業であり、秘する意味がない。
一方、性は「自分」のDNAをほかの奴から抜け駆けて保存する行為だ。
女は一度には一人の男親の子供しか産めないからな。
こんなモノおおっぴらにやってたら、じきに女が足りなくなるw。

551 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/03(金) 02:31:01 ID:UV3RITGK
?「こんちわーっす。○猫佐●急便でーす」
ナナッシ「なんだ?」
?「お届け物です。判子お願いします」
ナナッシ「判子?そりゃオレはしらねぇだよ」
?「判子が無ければ拇印でもいいですよ」
ナナッシ「ボインなら、かあちゃんに頼むだよ。オレにはねぇだからな」
?「あーもう、こーやって親指を少し切ってですね・・・」
ナナッシ「ぐあーーーーーーー!!」





右手の親指を押さえて目を覚ます。
痛む親指をみると、血の跡とかさぶたがあるだけ。
傷らしい傷はなし。
徐々に痛みもおさまってくると、目の前に、こんもりと白い山が目に入る。
小さな円い板が1000枚
質感としては、以前洞窟で見つけた、キラキラする石や白い人が持ってきた砂に近い。
軽くチャラチャラと音をたてるその板には見たことも無い模様が刻まれている。
その一つが草を表していることはわかるが、それ以外はさっぱりだ。
とりあえず、しまっておこう・・・・

552 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/03(金) 02:48:58 ID:UV3RITGK
>513
歯茎から血がでるだね・・・

>514
わからねぇ言葉がいっぱいあるだよ。
とりあえす、『酸素』ってなんだ?

>526
とりあえず、造ってみただよ。
吹く方向が踏むたびに変わるだね、口が暴れてるだよ。
それと、4日もすると、カピカピになるだね、このとき踏むと壊れそうだよ

>533
金とビーズがわかっただよ。
どこに行けば、これをもっと手に入るだかねぇ

>538
竹箒と箒だか?
こりゃべんりだねー、すげえ道具だよ。

>541
コテカの造り方がわかっただよ
それと、「ひょうたん」っていうのもおぼえただよ。
サイの角でつくると、おもてぇだよ。肩に紐がくいこんで痛くなるだね
これで、軽い奴つくれるだよ。

>545
芋っぽいものはいくつかみつけただよ。
だども、これが芋かどうかよくわからねぇだね
ウコンも食べれる根っこだども、芋だか?



553 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/03(金) 02:58:37 ID:UV3RITGK
>546
ヘクソカズラみつけただよ。
葉っぱをすり潰して、刺されたところに塗ってみただよ
なんか、けっこう効いてるみたいだね

>547
飼い方も、捕まえ方もよくわからねぇだよ。
大きい奴を生け捕りにするのは難しいだよ。

>548
鋤で土をついて、柔らかくしたり、おこしたりしてるだよ。
田をつくるのに、いぶりも使ってるだね
田下駄も使ってるだよ
水路を作るのに、竹の籠に土を入れて運んだりしてるだよ。
天秤棒を使えばもっと多く運べるだよ。
はじめは素手や袋、担架で運んでいただども、だいぶ楽になっただね
大きな土器に水を入れて、小さな土器で畑に水をまいたりしてるだよ。

狩り入れには、黒曜石で作ったナイフを使ってるだが
おおきな黒曜石があまりないだで、沢山造れないだよ

554 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 11:35:18 ID:74M0Xm55
>>552
>金とビーズがわかっただよ。
>どこに行けば、これをもっと手に入るだかねぇ

金は「黄色のキラキラした砂」との事なので『砂金』ですね
これは、上流に金の鉱脈の有る川で僅かに取れるものなので、どこででも取れるという代物じゃないです
ひじょうに貴重な物なので、白い人はその場所を秘密にしていると思います。
(現代でもそういう場所が発見されると大勢の人が集って来て取り合いになり、犯罪になったりしてます)
エデンは全ての資源がそろった場所らしいので、近くの川の砂の中を探せばひょっとして・・・
もしも見つけることが出来ても白い人には決して教えてはいけませんよ。侵略されてしまいます。
それくらい怖いものだということを覚えて置いてください。

ビーズは、最初は『象牙』(象の長い牙)とか『宝石』(色とりどりの綺麗な貴重な石)で作った物かな?
と思っていたのですが「小さな粒の水晶のような物」とのことなので、それはたぶんガラスのビーズでしょうね
白い人がガラスを作れるということは、ナナッシさんがこれから作ろうとしている「高温に耐えられる炉」を既に完成
させているという事です。
耐火煉瓦も当然持っているでしょうし、銅も作っているかもしれません。

ガラスは『珪砂』と石灰や『鉛』等を高温の炉で溶かして作ります。
不純物が少なければ、透明で美しい物が出来ます。
大き目のビーズで装飾が施されている物を『トンボ玉』と言います。

ちなみにナナッシさん等が使っている黒曜石は天然のガラスです。

555 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 12:15:14 ID:IZcPUDjK
神山満月ちゃん!


10 名前:ほんわか名無しさん 投稿日:2005/06/01(水) 16:12:25
>>1
http://page.freett.com/gomaking/index.htm




556 :原始人子供@1:2005/06/03(金) 13:14:08 ID:b2F15r8Z
なんだか珍しいものが村に届いただ。白い小さな円盤がたーくさん。
大人達は取り囲んで「なんにつかうべか?」と相談してるだ。

オラたち子供も興味シンシンだ。
「なんかの遊びにつかえねえべか?」

そのときオラたちは「テコ」ちゅうのを遊び道具にしてただよ。
木から吊るしたロープに太い棒を通して両端にロープで輪っかを作っただ。
この輪っかに1人づつ座って遊ぶだよー。『シーソー』とか『ぎったんばっこん』て名前をつけただ。

子供A「Bちゃん巧く上下できないだよー;Bちゃん重すぎるだ;」
子供B「んじゃ、Aちゃん石を抱かえてくんろ!そうすりゃ吊り合うだ!」

そこに金の分配に悩んでた大人が通りかかっただが、オラたちのやり取り聞いて
なにか思い付いたみてぇだ。

後日、その大人は『天秤』てのを発明しただよ。重さを計るのに使うらしいだ。
かたっぽの錘には例の小さい円盤が使われてただ。まったく同じ形で重さが同じだから
都合がいいんだと。

子供達「あの円盤で遊べなくなっちゃったね・・・」


557 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 17:58:06 ID:R4ueEGcB
約三ヶ月ぶりに子供の人キタ━━(゚∀゚)━━ !!

558 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 18:29:06 ID:74M0Xm55
子供の人お久しぶりー

でも、”@1”は紛らわしいから付けない方がいいって事にしなかったっけ?

559 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 18:40:04 ID:uvGZN/Fl
>ナナッシ「ボインなら、かあちゃんに頼むだよ。オレにはねぇだからな」
判子知らんくせにボイン通じるのかよ!w

560 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 19:46:45 ID:o3TEN1zH
野生動物を捕獲するための道具を紹介します。
地形を利用したり柵を作るなどして、捕獲する生き物が逃げにくい場所に追い込んで使うのが好ましいです。

名称:『ボーラ』
技術:兵器・狩猟道具

ボーラは複数(2〜4本)のロープの先に重り(石等)をくくり付け、その反対側の端を結びつけて作ります。
投げるときには、捕獲対象を狙い、重りを1つ手に持ち、もう片方の手でロープを掴み他の重りを頭上で回転させ勢いを付けてから投げます。
足に絡ませるように投げてください。
ロープのどのあたりを持つかは、練習して投げやすい持ち位置を探してください。

ロープの長さは3キューピットと4キューピットの中間くらい。
重りの重さは、白い小さな円い板500枚分と同じくらいの重さ。

ロープの長さや重りの重さは、捕獲する対象によって変えてください。
小さな生物(野鳥等)は、この半分かそれ以下の方が扱いやすいです。
逆に大型生物を相手にするときは、もっと重りを重くした方がいいかもしれません。 

561 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 20:00:48 ID:o3TEN1zH
[原始人には聞こえない声]

馬を飼い慣らすことができれば、徒歩に比べて5倍の行動半径が得られる。
より多くの荷物を運ぶことも出来るし、戦闘にも優位に立てる。
馬や牛で畑を鋤くことにより、農業生産が増大するし堆肥を得ることも出来る。
牛や馬の食料に関しては放牧で一定数までなら賄えると思う。
主作物を麦にするならば、休閑のかわりにアルファルファを栽培して飼料にできる。
アルファルファは根につくバクテリアが土壌に窒素を供給し、土壌を豊かにする。
休閑した場合でも、雑草を除くための鋤き返しが必要であり、手間は変わらない。
ということで牛や馬は、非常に便利な訳だが、飼育法がわからん、誰か知らないか?

562 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/03(金) 23:59:57 ID:RSn3XGT3
>>551
その白くてきらきらしたものを『一円玉』といいます。
どれも同じ重さ、大きさをしているので、天秤で重さを量るときなどに使えます。
また重さを数字で表す方法『g(グラム)』『s(キログラム)』、
そして量についても『l(リットル)』で表せるようになります。

参照: >>476 >>478-479

一円玉自体は数に限りがありますので、『錘』作りに挑戦してください。

563 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 00:01:02 ID:7z+lnzdU
アルファルファって、もやしの細いやつみたいなのですよね。
西洋うまごやし。ともいいますよね。
苦学生だったので、学生時代アルファルファで飢えをしのいだことも・・・。
これ、どっかに自生してるのかしら。
あと、クローバーも牧草になったような。

放牧したあとに、耕作して、休耕すると連作障害がある程度減りますよ。土地は区分けして順番に使いましょう。
放牧している間に窒素を含む有機肥料が供給されるから(謎

土地を区分けするには測量技術が必要になってきますね。
キュービッドに結び目か印をつけたロープがほしいな。
三平方の定理までは教えなくても、直角ができる比も教えてあげるといいかも。3:4:5みたいに。

564 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/04(土) 00:23:17 ID:8kP/7Mep
『ボーラ』 ttp://www58.tok2.com/home/hermitage/weapon_cg/bola.jpg
ttp://www58.tok2.com/home/hermitage/weapon/bola.htm

錘がひとつだと殺傷兵器『スラング・ショット』になるらしいです。
ttp://www58.tok2.com/home/hermitage/weapon_cg/slung_shot.jpg

スリングと同じようにかなりの訓練が必要そう。

565 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/04(土) 02:04:07 ID:ntET4xO3
さてさて、Web上の文字を使った説明の制限解除について説明したいと思います。
こちらの方針としては、当分解除するつもりがない!・・・・・のですが、それでは希望が持てないと思いますので
ちょっとばかり、ハードルを高くしてみたいと思います。

・金属活版印刷
・紙の量産
・油性インク
・蔵書・書籍の概念
・製本
・学校教育の普及

以上6つを満たしたときに制限解除にしたいと思います。
非常に難しいと思いますが、これを素直に許可してしまうと

『○○』・・・http://xxxxxxxxx

とかで、すぐに解決できてしまうものが多数ありますので
それの、予防策です(^^;

あと、Web上での音声データを使った説明の許可ということで

・弦楽器、打楽器、管楽器、鍵盤楽器を各種1つ以上
・音の記号化(音階等)
・音の科学的説明を原始人に理解させる

って、ことでお願いします。
動画データについては、音声が許可になったら発表します。

566 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 03:44:15 ID:r6AnbM7f
原始人にうまく伝える技術を自分達が身につけないといけませんねえ。


567 :オーバーテクナナシー:2005/06/06(月) 11:16:32 ID:9OvuURMp
からあげ

568 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/06(月) 14:04:43 ID:8uTBWayC
>>511
『"ネ申の声を聞くもの"同士は言語が異なっていても、意思疎通が図れる。』
との設定ですが、以下の発言から矛盾が生じる危険があります。

○1-484,1-529,1-530ウズメは普通に未来技術村の子供と話している。
子供には神の声を聴く能力はないわけで、
「未来技術村と海の民の言語差は方言レベルにとどまる」or
「ウズメは言語習得能力が異常に高い」
という設定が必要になるかと思います。

交通手段が極めて未発達な時代に双胴船で60日隔たった、交流の形跡がない集落同士で
言葉が通じる確立は極めて低いので、「ウズメは言語習得能力が異常に高い」
という設定が妥当性が高いです。

○1-471ウズメのほか2名の海の民が未来技術村にとどまった。
特にこの2人が村の人と会話するシーンはありませんでしたが、
言葉が通じるとしたら、「この2人も言語習得能力が異常に高い」
ということになります。

よって、「未来技術村と海の民の言語は意思疎通困難な隔たりがある。」
「ただし、海の民の移住組は放浪生活の間に異なる言語を速やかに習得する能力を獲得していた。」
という設定が導かれるわけです。

つまり、白い人との通訳にはウズメさんが適役ということです。

569 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/06(月) 14:57:36 ID:8uTBWayC
>>551「ボイン」
音韻体系だけでなく、単語・文法についてまで日本語と酷似した言語らしいですね。
となると文字はwebサイト説明をするためにも日本語を教えるのがいいと思います。
しかし、世界でも最凶クラスの複雑な文字体系を教えるのはかなり時間がかかると思います。
ネイティヴスピーカーでさえ、かろうじて新聞が読めるようになるのは
文字を習い始めてから6年かかります。

歴史的流れからすると『漢字』→『万葉仮名』→『ひらがな』&『カタカナ』→『ローマ字』
になりますが、実用性から考えると逆の順に教えたほうが早いかもしれません。

あと、文字は""、音は[]で囲むなどの工夫が必要だと思います。

570 :オーバーテクナナシー:2005/06/06(月) 15:11:13 ID:/p3fa8lN
>>569
>>565
でよかろう。

571 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/07(火) 13:44:10 ID:Ym5wvpva
これらの条件が満たされるのは、文明レベルが近世になってからです。
そこにいたるまで無文字で、「web上文字での説明」が可能になってから文字を教えるのは
順番から言って難しいです。
文明レベルを近世並みにするには、社会の高度化が必要で、そのためにも文字の発明が
先行すべきです。

>原始人さんへ
『文字』というものを紹介します。
絵を見た目を現したものとすると文字は、言葉を表したものです。
たとえば今まで教えた『╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋』や『漢数字』『算用数字』も
文字の一種です。
人間は物忘れをします。
また、知識の深い人がその知識をほかの人に伝える前に死んでしまうこともあります。
そのような時、文字にして書いておくとその知識を思い出すことが出来ます。

572 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/07(火) 14:29:24 ID:Ym5wvpva
まずは、『漢字』を教えます。
『漢数字』"一"、"二"、"三"、"四"、"五"、"六"、"七"、"八"、"九"、"十"もまた『漢字』の一種です。

この文字は、例外も多いですが、絵を単純化したものや、意味を表したものが多いです。
"山"山の形を模したもの
"川"川の形を模したもの
"木"木の形を模したもの
"田"田の形を模したもの
"火"火の形を模したもの。山と組み合わせて"火山"と書くと火の山のことを指します。
"人"人を横から見た様子。上が頭、で下が手足に当たる。
"糸"糸を表す。上のほうはより合わさっている様子、下のほうは解れている様子を表す。

"上"上を表す。
"下"下を表す。
"中"物の真ん中に棒が貫いている様子。中をあらわす。

この文字は、かなりの種類があるので欲しい字があったら独力で作るか、聞いてください。

573 :ウズメ@原始人:2005/06/07(火) 15:49:50 ID:mMfu5CY8
やー!おひさしぶりですだ。ウズメだよ。
ちょっと舟で南の島のあたりをうろうろしてただよー
録霊60さんってゆーお初なネ申さんに呼ばれた気がしたので
戻ってきただよ

あたいの居ない間に色々あったみたいだね
白い人がまたやってきただか?
金とかビーズとかの宝物持ってきたそうだね。
村の女にちょっと見せてもらったけど、綺麗な物だなー

実はあたいも海の中の宝物二つ持ってるよ
ひとつは南の浅い海の中に有る、木の枝ような石のような不思議な生き物。
色とりどりで綺麗なんだ
もう一つは、貝の中にたま〜〜〜〜に入ってる事が有る綺麗な玉。
すっごくめずらしいんだよ

>>568
あたいがこの村の人達と話が出来るのを不思議がってるみたいだけど
それは、あたいがここに住まわせてもらう許しを貰った時に勉強したからだよ
くにのおばば様に「よそのくにに入ったらそこのしきたりに従え」って言われてただよ
あたい等は海の旅人だから、よその言葉覚えるの得意なんだ
こういうのを「せいかつのちえ」っちゅうだよ
あと、あたい等を含めてここの人達はネ申さん達みたいに難しい言葉しゃべってねーから。
だいたい「あー」とか「うー」とか「うほうほ」とか言って、あとはネ申さん達に教えてもらった
単語をしゃべってるくらいで大体通じるだよ。

あたいが白い人との通訳するんだか?
やってもいいよ
それじゃ白い人の村に行ってみようかなぁ
白い人の言葉も覚えなくちゃ

574 :オーバーテクナナシー:2005/06/07(火) 18:25:20 ID:xLbqB4c7
>>571
>>572
あんたはその調子でひらがなカタカナ50音アルファベット漢字を全部やるつもりか?
もちっと考えろよ。

575 :オーバーテクナナシー:2005/06/07(火) 18:49:00 ID:5b/wgDnd
↓574のもちっと考えたレス↓

576 :オーバーテクナナシー:2005/06/07(火) 20:03:57 ID:F51Oe+Vc
>>573
白い人の目的が女をさらうことだという件

577 :オーバーテクナナシー:2005/06/07(火) 22:59:21 ID:V/zsZEjf
>>573
>>576
あわわ、ウズメさんが白い人なんかにさらわれたら、嫌です・・・。


578 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/07(火) 23:37:00 ID:Zznat4q0
>562
『g(グラム)』『s(キログラム)』『l(リットル)』
っていうのがわかったぞー
だども、真水ってどんな水だ?
川の水はまみずだか?
『錘』もわかったぞー、つくってみるから、しばらくまつだよ


>564
『ボーラ』『スラング・ショット』もわかっただよ。
扱いがむずかしいだで、練習がひつようだなぁ

>571-572
文字っていっぱいあるだなー
全部おぼえきれるだかなぁ

>573
なんか、すげぇ久しぶりに会ったきがするだよ
毎日村で顔を合わせているはずなのに、ふしぎかねぇ
石と玉はすげぇ綺麗だなぁ
とくに玉の方がオレはすきだあぁ
オレのところに持ってきたら、好きな土器と交換するだよ



579 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/08(水) 09:54:50 ID:iRWjZRvF
>『ふいご』
皮なめしをして、口のところに底に穴が開いた土器をしっかりと結びつけてください。
そして、土器のあなをかまどの方向に向け、動かないように土器の左右の地面に杭を
打って、さらに紐で結ぶなどすると改善できます。

 ウズメさんはじめまして(?)
すごい特技を持っていたのですね。
さらわれない程度に通訳の勉強をがんばってください。

>木の枝ような石のような不思議な生き物
この生き物は『珊瑚』といいます。

>貝の中にたま〜〜〜〜に入ってる事が有る綺麗な玉
『真珠』ですね。

>だいたい「あー」とか「うー」とか「うほうほ」とか言って、あとはネ申さん達に教えてもらった
>単語をしゃべってるくらいで大体通じるだよ。
とすると>>551
・音韻体系は日本語に似ていても、文法や単語は別物。
・"ネ申の声を聞くもの"は、神や同業者に対する自動翻訳能力がある。
・ただし、未知の概念を表す言葉は音のまま聞こえる。
・未来技術村の言葉で女性の胸を表す言葉は"ボイン"
という設定になる。

>『真水』
混ざり物がない水のことです。
海の水のように塩などいろいろなものが混ざった水は真水ではありません。
土器にきれいに洗った蓋をして、蓋についた水は真水です。
また川の水は、ほとんど真水だと思います。

580 :ウズメ@原始人:2005/06/09(木) 09:32:27 ID:wEmRh++7
>>576-577
うん?白い人は女をさらうんか?そうなの?
前に見た村に来た白い人は、そんな悪い奴に見えなかったけどなぁ・・・
あたいのこと心配してくれてあんがとなー

まあ、あたいは巫女なんで、子供は産まねー事になってっから、女って事にはなんねーと思うだよ
巫女って大体何所でもそんな感じじゃねーかなぁ?
白い人のとこにもネ申さんは居るかもしんねーし、そしたらネ申の声聞く奴もいるだろーから
話さえ通じれば、そんなに手荒な事はされねーと思うだよ

>>579
『珊瑚』と『真珠』と言うだね。覚えたよ〜

>>578
ナナッシが真珠を欲しがるんか?
こういうのは女が欲しがるもんだろ?
・・・さては〜〜、これでシー姉を口説こうってつもりだな?
協力をしてやりてー気持ちは有るけど、土器との交換じゃちょっとあわねーなぁ

581 :オーバーテクナナシー:2005/06/09(木) 20:18:08 ID:bL/WCklg
売春の始まりが巫女の件

582 :オーバーテクナナシー:2005/06/09(木) 22:36:27 ID:PQqhCiIx
白い人に白い液をどくどくと流し込まれたら困ります(泣

583 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 00:04:24 ID:DM1mu1LV
えっちなのはいけないとおもいます

584 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/10(金) 02:10:53 ID:EHhjkhHU
すこし、昔話をしよう。
原始人たちが最初の道具を手に入れる前の話だ。

家族の構成が現代よりも大きなものが一般的な未来技術村でも
例外がいくつかある。
その一つの家は、母が一人、息子が一人、娘が一人、娘の子供が2人という構成だった。
娘の子供達の父親は、息子であるのだが、この村ではあまり珍しくも無い。
場合によっては、母が7人いたり、父が8人いたりする場合もあるのだから、たいしたことはない。
人数は少ないが、それなりに幸せな家族だった。

息子が両手いっぱいに果実を持って、帰宅したある日の事だ。
息子がみたのは、蓄えてあった果実の食い荒らされた姿と
足をケガした母、
それと、動かない娘と2人の子供だった。

いままで、この獣にケガをさせられた人はいても
殺されて者はいなかった。
しかし、死者がでたことで、村が一丸となって外敵の排除に乗り出し、
この数日後に最初の道具を手に入れ、外敵の排除に成功することになる。

村から離れた小さな丘に男が一人立っている
男の足元には大きめ石が1つと小さい石が2つ
大き目の石の近くに、沢山の果実と水晶を埋め
小さな石のしたにも、果実を埋める。
もう数日はやくこの道具を手に入れていたなら、こんなことにはならなかったのかもしれない。
今ごろには、沢山の子供に囲まれ、見慣れた少し困ったような笑顔を浮かべる彼女と
暮らせたかもしれない。
あと、ほんの少しだけ、ネ申の声が良く聞こえたなら・・・・・
「次くるときには、綺麗な玉ももってくるだよ」
そう、つぶやいて男は丘を去っていった・・・・

585 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/10(金) 10:18:32 ID:US2fNDJ4
(´TωT)・・・・・・・・


(?〜)
┣━━┓
無名┳娘
(?〜)┃(?〜†0-???)
   ┏┻┓
   子 子(?〜†0-???)
(?〜†0-???)

>7 :オーバーテクナナシー:05/01/21 07:25:36 ID:vgSpc7li
>とりあえず子供を作ってもらって、原始人を量産するのはどうか。

>9 :原始人@1:05/01/21 13:36:51 ID:LImg5hFd
>〉7
>子供はたくさんいるだよ
>今年も作成するだよ
>ただ、最近住んでいる洞窟が狭くなってきただよ。
>どうにか、ならんだかね?

・・・・・・・1-009は、主語が「村には」だったのね。

586 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 10:57:25 ID:nSzWNBHp
結婚形態が一夫一婦制じゃないので、村全体が大きな家族みたいな感じなんでしょうね
誰が誰の子供を産むのか決まっていないので、確かなのは母子関係だけ。
故に必然的に母系社会になっている
子供は村全員の財産であり、誰々の子供という概念は希薄で、皆が自分の子供のように
思っている。ということで合ってるかな?

村の女達がマックを接待攻撃したみたいだから、何人かは白い人の子供を産むかもしれないですね
純血主義とか民族主義とか無さそうだから、他種族と混ざる事にも抵抗は無さそう

中国やモンゴルには、旅行者が村を訪れると進んで妻や娘を差し出して、新しい血を入れようとする
地域もあるみたいです。


587 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 18:53:09 ID:hGDQ8baU
>>586
マックはそんな絶倫なのかっ!!!!!!

588 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 20:51:39 ID:bTX4WZE+
>>587
それは向こうのネ申にもよるでしょう
産めよ増やせよと煽って、それに適した薬草や食物の知識を
与えていたらそうなるかと

589 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/10(金) 22:53:25 ID:US2fNDJ4
ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/46.html#id_b540269f
グラムとリットルの概念が出たので、正確な薬の調合量を紹介します。
ちなみに一円玉一個分の重さの真水の量を『mlミリリットル』といいます。

『烏梅』烏梅1〜2個を200mlの水に入れて、水が半分になるまで煮詰めて飲みます。
『ウコンの煎じ汁』1日量を5〜10グラムとして水400mlを加えて煎じて、半分
まで煮詰めて、1日3回食間に飲んでください。
鼻血・血尿・吐血・出血・『月経』(女性の月に一度の出血)の多いときにも利きます。
『桜皮』1日量3〜5グラムを適量で煎じて飲んでください。
『片栗粉』適量。
『葛湯』下痢にならない程度適量に。
『ヨモギ』 『艾葉』(ヨモギの葉と草を乾かしたもの)を1日量5〜8グラムに、
水500mlを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めたものをこして、食間に服用します。
貧血・下痢のほかにも、便秘、鼻血、『痔』(尻の穴の傷)、血尿に利き、
食欲を増す効果があります。
『へクソカズラの汁』厚く塗って布を巻きます。朝夕一日二回取り替えてください。
しもやけ、ひび、あかぎれのときにも利きます。
肉をとらず米ばかり食べていると足が激しくだるくなり、右胸が膨らんで死に至る
『脚気』という病にかかることがありますが、ヘクソカズラの乾燥した根を刻んで
約10グラムを、水約500mlで煎じて飲むと利きます。(下痢にも利く)

590 :オーバーテクナナシー:2005/06/11(土) 01:33:06 ID:gwNu9ZMm
>>584
うるうるしちゃいました。
ナナッシさんにそんな過去があったとは。

ウズメさんの真珠、わけてもらえるといいですね。
なくなった家族のこと話したら、ウズメさんはショック受けるかな。ナナッシさんに奥さんがいて、子供までいたなんて。
それとも、一緒にお墓参りにきてくれるのかな。

ところで、埋葬の習慣があったということですね。
ネアンデルタール人は死者に花を手向けて、埋葬したといいます。時代的に近いのかしら。
また、種族的にもミイラ化とか、鳥葬とか風葬ではなく、埋葬をしている。
緯度とかみても現代で言う日本に近い場所なのかしらね。

591 :オーバーテクナナシー:2005/06/11(土) 04:37:40 ID:lAyS5jpl
>>586
寿命40年の時代なんだから人出が増えるなら誰の子でもいいさ

592 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/06/11(土) 16:51:07 ID:n3bV/eyz
『ボタン』材料:木・貝・石・骨など硬いものなら何でも可

今回は、服などにあると便利なもの『ボタン』を紹介します。
『ボタン』は布もしくは革同士をつけるための器具で、縫い付けるのと違い、
はずしたりつけたり出来ますので、袋の口につかえます。
つけたいところの一方に小さい硬いものを布や革に糸で縫い付けます。
この硬いものを『ボタン』といいます。
その硬いものは、基本的に何でもかまいません。
もう片方には、紐の輪をつけて完成です。(ボタンホールの発明は、中世ごろだった希ガス)

つけるときは、『ボタン』に輪を引っ掛け、はずすときは、輪をはずします。
ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/59.html

袋は、背負ったり持ち運びに便利なように太目の革や布の紐をつけると
持ちやすいと思います。

593 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 16:20:48 ID:fMKCRUix
次スレになる前に金属がほしいね

594 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 18:44:03 ID:WJEUeA19
>>593
前スレで書かれて、今のスレでもまとめの人が書いてるふいご作りをしてないだけ。
あ、でも石英の原石を見つける必要があるかも?

595 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 19:32:06 ID:5xy1udYp
実用強度のふいごになってないだけでは?
燃えたり、硬くなったり。

596 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 07:30:06 ID:E3v+Zpq7
164 :オーバーテクナナシー:05/02/03 22:50:42 ID:S7yCEgof
皮、布・・・両手で広げて扇いで風を送る。
竹筒・・・竹を切って節をくりぬいたもの。顔を真っ赤にしながら数人で吹く。
竹吹子・・・細い竹の先に皮を巻いたものを穴を小さく開けた太い竹の中で押し引きすれば肺活量に頼らずにすむ。
皮吹子・・・皮袋の口を竹筒を付けて縛り、袋に板を張り、板を押し引きして風を送る。
吹皮・・・皮袋に板を張り足を引っ掛ける場所と紐を付けて両足と手で板を交互に上下させて風を送る。

皮袋は動物の首と足を切り、肉を削いだものを乾燥させて作る。胃袋を利用。
精巧な木工をするには金属が必要になるので今の技術で作れそうなふいごはこんなかんじ。
鋳造しないなら炉は使い捨てに耐える程度でよさそう。

526 名前: 録霊60 ◆CcpqMQdg0A [sage] 投稿日: 2005/05/29(日) 12:00:18 ID:Qmo0FLtq
『火吹筒』より体力を使わずに空気を吹かせる道具『ふいご(胃袋)』を紹介します。

牛を見たことがあるということは、狩って牛の中身を見たこともあると思います。
牛の中には、胴体の半分ほどの大きさを持つ袋『ルーメン』があります。
この袋を洗って、真ん中に穴を開け、先を玉にした紐を入れ、石膏で空気が漏れないように
穴をふさぎます。
紐を引っ張ると袋の中に空気がたまり、次に袋を踏むと胃の口から空気が噴出します。
これもかなり疲れますが、『火吹筒』と違って息苦しくなって気絶する危険は少ないです。
牛の胃はかなり大きいので、何本か紐をつけて数人であわせて踏んでみてください。

579 名前: 録霊60 ◆CcpqMQdg0A [sage] 投稿日: 2005/06/08(水) 09:54:50 ID:iRWjZRvF
>『ふいご』
皮なめしをして、口のところに底に穴が開いた土器をしっかりと結びつけてください。
そして、土器のあなをかまどの方向に向け、動かないように土器の左右の地面に杭を
打って、さらに紐で結ぶなどすると改善できます。

597 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 09:21:48 ID:xA57dS0q
ふいごを作るのならば、もうひとつ、『弁』を教えます。

用意する物は、一節分の短い竹筒(節が有る場合は、抜いてください)と
よくなめした動物の皮を一片(竹の断面より少し大きければ良いです)
サイの革だと堅過ぎるので、鹿の革がいいかな(なめした動物の皮を『革』といいます)
それと、にかわ

作り方は、竹の切り口をナイフでなるべく平らに削っておいてください。
その竹の切り口よりも少し大きめに革を丸く切り抜きます。
平らに削った竹の切り口の1/3〜半分位ににかわを塗って、革を貼り付けます。
にかわは布や革、木や竹を接着するのに最適です。

にかわが乾いたら完成です。

竹の反対側から口で吹いてみて下さい。息は革の隙間から向こう側へ抜けてゆくと
思います。
今度は吸って見て下さい。革がぴったりと穴に張り付いて塞いで吸い難いはずです。

このように空気の流れが一方通行になる仕組みを『弁』といいます。

『ふいご』に『弁』を中に空気が入る向きで取り付ければ、火口から空気を吸い込まないので
安全で、火口から常に空気を噴出す仕組みのふいごを作ることが出来ます。

598 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/17(金) 00:02:36 ID:GSZmO5QI
コの字に組んだ小さなレンガのカマドに
大人の頭ほどの土器
その中には、緑色の石である孔雀石が入っている。
レイによって『銅』作りの実験である。

今回は前回の失敗を踏まえて、新発明のフイゴ
(吹き口が固定されてて、弁もついている)
が、導入された。

しゅー、ふー、しゅー、ふー

フイゴが音をたてて、空気をカマドの中に送り込む
既に、カマドの中の土器の底は真っ赤であり、その温度が高いことを示している。
もちろん、中身も真っ赤だ。

さて、ここで思い出して欲しいことが2つほどある。
1つは、孔雀石は天然の者で不純物を多く含んでいることだ。
ナナッシはなるべく緑色の部分を削りだしたが、それでも多くの不純物を含んでいる。
もう1つは、レンガと土器の素材である粘土のことだ。
赤茶けた村の土は、多くの人の想像どおり鉄分を多く含んでいる。
さらに、土器としては現代のものより低温で焼かれている。
こんな土器を長時間高熱にさらすと、当然脆くなる。

ゆえに結果はどうなるかというと・・・・・
土器の中に赤いどろりとしたものがたまり始めたときに
土器の底が抜けた。
カマドの中には暗褐色のなぞの物体が土器の破片と墨と石のようなものが
混ざり合った何かがあるだけだ。
3時間ほど汗だくになって作業した結果がこれである。
でも、まぁ、以前よりは進歩した・・・・・・・のか?

599 :オーバーテクナナシー:2005/06/17(金) 08:35:19 ID:XczZ+70F
>>598
おしかったですね

でもその作業をする前に、新型のカマドを完成させるのが先ですよ
珪藻土を使って、『耐火煉瓦』と『るつぼ』(孔雀石を入れて溶かすための器)を
焼かなくては

600 :オーバーテクナナシー:2005/06/17(金) 16:00:34 ID:yLcHOBaH
珪藻土のレンガは、珪藻土の地層からレンガの形に切り出せば出来ると思います。
珪藻土は、よく水を吸うので、ぬれているときに火にかけると割れてしまいます。
なので、珪藻土で出来たレンガで作ったかまどは、雨にぬれない洞窟内に作る事を進めます。


601 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 13:44:07 ID:jG5OUjd5
孔雀石を砕いて石臼ですりつぶし、水の入った土器に入れてかき混ぜ、
粒が降りるのを待ち、乾いてから緑色の層を取り出す「水ひ法」という手段を数回やれば、
ある程度緑色の部分のみ取り出せると思う。

あと、銅を溶かすための器は土器でなく、石臼のような石の器でもよい気がする。

602 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 16:42:02 ID:1V5o3O14
まあ、ふいごは使えるものが出来たようだし、
一般の土器類を焼く時の温度も高くなるのかな。
陶器までは行かんでも今より薄くて強いものが出来そうですね。

603 :オーバーテクナナシー:2005/06/21(火) 23:17:51 ID:c7/FWu0A
聞こえない声
明日6/22にNHK教育で19:00〜19:45にネアンデルタール人の特集をやります。
このスレの参考になれば・・・・。

ところで、土器が高温で焼成して薄いものになってきたら、弥生式土器に近いものになりますね。
今後の展開が楽しみです。

604 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 12:02:25 ID:btcljcOq
そういえば、>>34で新型のカマドが出来てずいぶん経つのに、全然稼動しないねー
稼動前に>>84でダメだしが出たから造りなおしてるのかな?

605 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 20:08:36 ID:7MAgOv1F
>603
森の中では飛び道具より待ち伏せして槍で襲うほうが効率的。
飛び道具だとはずしたとき穂先の石が割れてしまいます。
この方法に切り替えることで黒曜石資源が節約できます。

そういえば、原始人さんたちは現生人類ですか?

606 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/23(木) 18:24:23 ID:+/a6UT8F
防具や回避手段の開発も早いほうが良いですよ。

607 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 19:33:26 ID:HGQMIB5O
?>605
超至近距離まで近づき、下手すれば反撃を食らう可能性のある槍の方がいいの?
資源の節約にはなるけど。。。人命と成功率犠牲にしてない?

608 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 20:08:44 ID:VgegBz0e
森の中では至近距離の戦いになろう。

609 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/23(木) 23:22:35 ID:/qBFcXlT
森の中では木に登り隠れ、通り過ぎてから弓矢でバックアタック。この手法で
風魔忍者や戦後ベトコンは森林最強に。でも、樹上に居るのを気づかれたら
どうしてたんでしょうか、彼ら。伊賀忍者はソードダンサーばりの奇剣で
森林最強でしたが、養成のコストは近世レベルの生産力が要りそう。
特にベトコンは米兵が相手なのでどうなったか心配です。

610 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 23:52:23 ID:HPNMDdhu
精度のある弓なんか作れるわけないんだから奇襲するより
正面遠方から数撃つほうがいい。

611 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/24(金) 00:00:46 ID:/qBFcXlT
応射にはどう対応しますか?
山城と矢来も無い未来技術村にまともなアーチャーばたらきは無理です。
少人数の相手に近代戦ばりのアーチャー運用は効果薄いです。
これは弥生式防衛戦略の伝来しか無いですよ。

612 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/24(金) 00:07:48 ID:/qBFcXlT
大和朝廷(本州期)や中世欧州の一地方(伯爵領級)の世界観でも、100人なら大軍。
よっぽど隊列を組んで通っているか普段着でローマ重装歩兵戦術で攻めて来るか
しない敵勢に、遠方からうっても当たらないです。>>606も参考に、
専守防衛の戦略をきぼん。

613 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 00:43:44 ID:ngs0Enb/
なんかSAMURAI 7を思い起こされる流れだなぁ
ところで見れなかったのですが>603の特集どうでしたか?

614 :607:2005/06/24(金) 01:59:28 ID:2bH8DKFj
605って対人の戦闘のことだったんですか、
てっきり森の中での狩りについてのレスかと思ってました。失礼



615 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 08:25:13 ID:+J6UWQIc
>>612
ハプスブルク家の基礎をつくった貧乏伯爵、アールガウ伯ルドルフの兵が騎士50〜60程度だな。
皇帝の座をかけたマルヒフェルトの戦いでは兵力が不利で伏兵による奇襲を行っている。
でもそこそこの伯爵なら倍以上の騎士は抱えてたりして、従卒やら歩兵やらを合わせたら400人以上。
封建の世で珍しく勢力が大きかったフランス王家では、この頃だと騎士250人、軍は1500人くらいかな。

616 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 10:16:25 ID:Ny70V6Gs
>609「ベトコン」
『竹槍』(竹の先をとがらせたもの)が突き出ている『落とし穴』を作ったり、
杭や先のとがった枝、そして石を紐で結び合わせて作った直径約七尺(212.10p)の
球状のものを丈夫な木の枝に縄で結び付けて揺らしてみたりしたようです。
これらの罠は現在の未来技術村の技術力で作れそうです。

>613「NHKの特集」
ネアンデルタール人の人骨を復元するところから話が始まる。
それによると寒さに適応するがっしりとした体格で、障害物が多くて飛び道具が
使いにくく接近戦を強いられる森での狩りに適応した強力な筋力があった。
また、脳容量は現在人より多く知的レベルはあまり変わらないとされた。
では、なぜネアンデルタール人は滅びたのであろうか?
それは、氷河期の終わりの気候変動で森が縮小し平原が広がったからであるという。
ネアンデルタール人の骨格は、足が短く骨盤が横に広いなど走ることにむいてないため、
飛び道具があってもある程度長距離を走ることになる平原の狩りに適応できなかったという。
やがて欧州全土に分布していた彼らは、いくつもの小集団に分裂し、種を維持できないほど
数を減らして滅びてしまったのだという。
つまり現在人が生存競争に勝ち抜いたのは、自然の偶然であったのである。

・・・・というBBC製作の話

617 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 10:29:07 ID:WVco6Gz0
>>609
ベトコンが強かったのはそんな枝葉末節な戦術のせいではないんだが……
地の利を生かして自由自在に離合集散し、大部隊で小部隊を襲撃し、敵がさらなる大部隊を繰り出してきたら
分散して逃げるという戦法こそが肝要で、これは「我が全力を持って敵の分力を討つ」という戦略の基本を実行
したに過ぎない。(でもしばしば失敗しているせいでベトコンの死者は米兵の死者より遙かに多い)

つーか、一番簡単確実なのは、モララーの教団に入信させてヤク漬けにしちまうことだと思うんだがね。

618 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 11:40:27 ID:Y37QN/i4
南ベトナム解放民族戦線が1968年旧正月に仕掛けた一斉攻撃、テト攻勢は1ヶ月以上
続き。ベトコン側に8万人中4万5千人という多数の死者を出した。アメリカ側は勝利を確
信したが再度の攻勢により楽観論が消え、TVにテト攻勢でベトコン側が自爆する様子
などが流れ厭戦・反戦の気風が高まった。アメリカは北ベトナム秘密和平交渉を開始。
72年には大統領が核の使用を提案するが補佐官が強く反対、テト攻勢から5年後の73年
1月、アメリカはパリ条約に調印してベトナムから撤退した。

619 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 11:42:20 ID:qeQ57Uqb
大麻じゃヤク漬けにするにはちょっと弱いかなー・・・


620 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 11:46:59 ID:pDyJZ1AG
オクスリを使わなくても、思想転向させるのは良い手だけどね。
その方法が問題ですが。

621 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 14:02:55 ID:Ny70V6Gs
>620
今度マックが来たとき、聖女様の想像図
ttp://www.wind.sannet.ne.jp/optical-typhoon/sailor-marie.jpg
を持たせて、ついでに>>506の神話を聞かせて布教してみてはいかがでしょうか?

ただし、まだ神話や教義が体系化されていませんのでどの程度取り込めるかは疑問です。
また、取り込んだとしてもモラーラを権威と権力を持つ教祖として納得させないと
聖女信仰の主導権を取られてしまうかもしれないという諸刃の剣。

622 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 14:07:12 ID:WVco6Gz0
まあもともとがもてない男たちを集めてつくった教団らしいから、ヤリチンらしきマックは受け入れてもらえないかもしれぬw

623 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 14:33:36 ID:qeQ57Uqb
燻製と大麻と油を独占してるんだっけ?それなりに生産性の有る集団なんだよね

624 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/24(金) 21:40:15 ID:vMCcRgoK
>>616
その種のベトコン流のトラップは、車輌相手に威力が高くて
対人ではそれほどでもないのでは?
徴兵されて1年経たない&個体で小隊とはぐれて歩いてる馬鹿米兵とかにならまだしも。

625 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 09:55:14 ID:ECLOJNxj
ジャングルとか車が通れそうもないところで使われているから、
対人兵器じゃない?
トゲとか槍の部分も人はさせても車両の走行をさせる材質じゃないし。

626 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 10:37:53 ID:pAJ/hjtf
その種の武器は実際の効果よりも心理的恐怖感を煽るのが目的じゃないのかな。
殺傷目的なら、コストパフォーマンスが悪すぎるもの。通常の武器補給がそれほど
不足していた訳でもないみたいだし。一種の心理戦。
米兵:「ウヒャー、こんなのに引っかかって死ぬのはヤダナー。もう帰りたいよ、カアチャン」

627 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 12:48:20 ID:jzeBp5w5
戦後10年を経た1985年、それまで機密扱いにされていた
ヴェトナム戦争に関する『交戦規約』が公開された。

米軍兵士には異例の制約が課せられていた。これを読んでいると、
勝ってはならない戦いを強いられていた兵士たちの姿が明瞭に浮かび上がってくる。

@最も戦略的な目標物の空爆計画は度々不許可となった。
A居住地域、重工業、運河、ダム、その他重要目標に関しては攻撃
  が禁止されていた。これは敵側にも 通知されていた。
B攻撃されるまでは、ベトコンへの攻撃は不可であった。
Cベトコンへの補給ルートである、ホーチ・ミン・ルートから200
  ヤード(183m)以上離れた車両は爆撃不可であった。
  従って米軍機接近警報が出た時に敵側は、ルートより一時的に
  少し外れて待機していれば良かった。
D滑走路上の北ベトナム戦闘機は爆撃不可であった。離陸して、
  敵意を示した時のみ攻撃が許された。
E敵の地対空ミサイル配備は建設中は爆撃不可であった。建設完了後
  稼働してからのみ爆撃が許された。
Fラオス・カンボジアに逃亡した敵軍は追撃不可であった。

628 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/06/25(土) 21:20:13 ID:rFaHcRkM
ベトナム戦争って何だったのでしょうか(−^;)。
次は風魔忍者に期待ですね。

629 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 21:35:38 ID:ge9hzx4J
1さんもうわかったろ?
ここには技術で萌えられるやつぁ少数なんだよ、
さっさと戦闘イベント起こして敗北させて、軍事板で逆襲スレでも立てなって


630 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 23:13:27 ID:ECLOJNxj
>629気長にやるべ

オリーブ油の絞り方について提案
直径3キュービットの石皿をつくって、まんなかに石臼のようなくぼみを作ります。
この大きな石臼は真ん中に向かって緩やかに傾いています。
そこに直径1キュービット、高さもそのぐらいの『円柱』(上下が円で出来た丸太のような形)
の形をした石をつくり、円の部分の中心に砂や棒、水晶の鑿などを使って底まで
貫通する穴を掘り、底に棒を通します。これを『ローラー』といいます。

『ローラー』を滑車と紐を使うなりして大きな石皿の上に載せます。
石臼にオリーブの実をおいてローラーを転がすと真ん中のくぼみに油がたまります。

ローラーの製作や使用には数人の手が必要ですが、そこは、聖女信仰をしている
方々の努力でがんばってください。

631 :オーバーテクナナシー:2005/06/27(月) 22:42:03 ID:GZSIqHTN
食べられる植物の種をたくさん取ってきてそれを粘土に混ぜて団子にし、
森に行く時や近くを歩く時に地面に蒔きなさい
泥団子の中の植物は落ちた場所にあったモノが芽を出してそこら中でたくさん果物や野菜がとれるようになるでしょう。

ーー原始人には聞こえない声ーー
正直、いきなり稲や麦に挑戦するのは難易度が高いかと。
根菜(山芋やサツマイモ)は一部分を地面に刺しておけば増えるので比較的やさしく増やせます。
また、果物では無花果などがあればやせた土地でも育ちますし、効率よくたくさん収穫することが可能です
これを説明できない自分がもどかしい・・・

632 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/06/28(火) 01:13:51 ID:eeMPg3Np
もうちょっと、やすませてください・・・・

633 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 03:15:54 ID:kep6au3z
うはっwwwwwwwwwちょwwwwww軍ヲタwwwwwキモスwww

634 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 22:15:01 ID:XwBCfhTU
>>632
あまりご無理なさいませんように・・・
何か身のあるレスができるようがんばってみますので。

635 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/07/01(金) 23:42:11 ID:XzsgiMbq
わらひたちはいつまでもお待ち申しております。

636 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/02(土) 15:13:21 ID:Xjucd7KV
野外作業時の日差し対策にどうぞ

『笠』
材料
・長さ三キュービットの厚さが一円玉の半分の半分ぐらいに割った竹 一本
・長さ一キュービットの薄く割った棒状の竹 八本
・水に浸してやわらかくした藁 多数
・長さ二キュービットの藁縄 一本

長い竹を湯気に当てて丸い形にして継ぎ目を藁で結びます。
輪の内側にくぼみを等間隔に十六ヶ所刻み、そこに竹の棒を差します。
さしたら反対側の端が、輪のちょうど向かい側にある穴に挿します。
そのとき、長さ1キュービットの竹の棒は上に盛り上がるようにつくります。
草鞋の要領で、内側から外側へ藁を竹の棒の間に編みこみます。
途中、頭の幅ぐらいまで編み込めたら、藁縄を渡し、そのまま編み込めば完成です。

これを頭に載せ、落ちないようにあごのところで紐を縛れば、
痛い日差しから逃れることが出来ます。

637 :オーバーテクナナシー:2005/07/04(月) 12:44:58 ID:XDNuTiMb
現代人が半年余り知恵を出し合ってもせいぜいこんなところなんだね。
文明が進歩するということは難しい。
核戦争とかでいったん文明が滅びたら、現代の水準に戻るまで何千年もかかりそう。

638 :オーバーテクナナシー:2005/07/04(月) 21:01:36 ID:S1FooO+F
知識そのままで人だけワープしたらという状態でも可。

639 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/07/05(火) 00:18:29 ID:gTm8rncD
原料の実物があって現代語でイメージを伝え合える状態なら、
このスレほど分は悪くないとは思いますが。
それでも現代水準には世紀単位でしょうね。
1世代でルナサンスまで行けなければ、後はかなり絶望的になる。

640 :オーバーテクナナシー:2005/07/05(火) 01:46:55 ID:bRT2/ol3
そうねぇ。
その原料の実物もなかなか確保できないんでしょうね。
そして採掘手段とか加工機械とかもないわけですし。
現代人なら文字は獲得しているわけですから、現代の世代が生きている間に
筆記用具だけは確保して(書物も一度なくなってしまっているでしょうが、新たに)
書物等に知識をできるだけまとめておくことですね。


641 :オーバーテクナナシー:2005/07/05(火) 01:50:09 ID:tutBAcoW
知識そのままでいけるなら
わざわざ中世文明なんて通らずとも一気に飛び飛びでいけるでしょ。

642 :オーバーテクナナシー:2005/07/05(火) 04:51:56 ID:AQ9f2EKt
>>637
原始人がもっと間違った知識でもどんどん実行して結果が上ってくればもっと
発展するんだろうけど、中の人が文献から調べるスピードに依存するわけで、
現代人は調べやすいように詳細なインデックスを書いていくか、明確なソース
を示すくらいしかできない。

643 :オーバーテクナナシー:2005/07/05(火) 10:15:21 ID:THYpQA3B
あとは偶然、

村の周りは全ての資源がそろう可能性はあるが
「銅の塊見っけちゃった」的な偶然は起こりにくい環境のようですな。



644 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/07/05(火) 18:13:13 ID:VphHK7IO
>>641
埋もれている物の発掘などは勿論、文明復刻とは言わないし、
仕組みの理解と定着、最悪でも次世代に伝えるのは段階を踏まないとだめです。
壊された残りや壊され損ない、放射能の着き損ないの物の他は自然の物しか無いわけで、
茶碗を1個作るにも1から、伝書鳩を調教するのも櫓を立てるのも1から、
地図も記録や記憶が頼りで新しいのを更新して使う、という状況は現代人の記憶や僅かな記録を
頼りに挑むのは難しいです。飛び飛びでルネサンスに行けなければ、中世・古代・上古みたいな
状態になります。第3次世界大戦の事さえ、リグヴェータみたいな木簡束にしか史料が無い状態になります。

645 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/07/05(火) 18:17:43 ID:VphHK7IO
飛び飛びでルネサンス以上に行けるか、核戦争前からいざというときには明治初期をモデルにした
近代の振り出しの時期にして生存を図るプランが仕込んであるか、そうでなければ
皆が生存で精一杯という状況になり、上古〜中世で落ち着きます。
人口の激減は、最初のうちは吉と出るでしょうね・・・・・・。
でも大半滅亡の原因が何になるにしろ放射能なり粉塵なりのこともあるから、
きつそう・・・・・・。

646 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2005/07/05(火) 18:19:26 ID:VphHK7IO
新しく鍬を鉄で作ろうと思っても、製鉄に必要な薪からしてどうやって
調達するのか・・・・・・。一事が万事、こんな感じでしょう。
きつそうです。

647 :オーバーテクナナシー:2005/07/05(火) 20:50:15 ID:DuNqLXKK
思ったんだけどさ、このペースだと個々の技術は伝えられても文明の発達にどうしても必要な
「学問大系」を育てることは無理なのではあるまいかと・・・

648 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 00:07:39 ID:PzqUTOyk
>>647
そりゃ俺らは学問と呼ばれるものの欠片を利用してるだけだし。

649 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 01:57:01 ID:Sk2RdMGg
>>642
>中の人が文献から調べる

どうやって検証してるのか不思議だった。一時は本当に実験してるんじゃないだろかと
思ったが文献だったのか。

650 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 09:46:04 ID:+buQECrA
このスレが紹介されてますた
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/

651 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 12:53:07 ID:hxMqx/ZY
>>647
スレタイ読め
ここは 「技術を教える」スレ であって
学問大系をどうこうするスレじゃない

652 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 14:56:23 ID:+V8yBqfm
原始人さんには分からない単語を聞いたら
それ、うまいのか?
と言って欲しいなw

653 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 16:27:27 ID:IqaZN0vJ
>>652
それに「食えねーよ!」とか返せばいいのか?

その考えに反逆する。

654 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/06(水) 18:23:33 ID:CAcy6Apx
夏といえば虫刺にさされることが多くなりますのでその対策にどうぞ。

野原で高さ一〜二キュービットの『穂』(穀物の茎の先にある種の集まり)のように
紫色の花を咲かせる茎が紫色の草を見つけてください。 http://www.e-yakusou.com/sou/sou115.htm

これを『藍』といいます。『藍』の実は『藍実』といって、一日に藍実3〜10gを水200gに入れて
半分よりやや少なくなるまで煮詰めて飲むと熱を冷ましたり、『毒』(体に入ると調子が悪くなるもの)
の効き目を薄める効果があります。
また、『藍』の葉を『藍葉』といって、これをすりつぶして作った汁を虫に刺されたところにぬると
腫れが収まるのが早くなります。

この『藍』は畑で育てることも出来ます。
冬の終わりに種と木灰と砂を混ぜたものを小さな器に入れ、育てます。
この育てるための小さな草を『苗』といい、苗を育てる器を『苗床』といいます。
春になったら、苗を苗床から出して、畑に一尺間隔に植えましょう。

655 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/06(水) 18:41:44 ID:CAcy6Apx
『藍』は、布を青く染める材料を作ることも出来ます。夏、藍の花が咲いたら
葉っぱを刈り取り、さらに一月たった後にもう一度刈り取ります。
これを一円玉の幅程度の間隔に刻んで、家や洞窟の中に重ねて水をかけて『醗酵』させます。
『醗酵』とは腐らせることですが、殊に酒など人間にとって都合よく腐ることをさします。
このように藍の葉を腐らせた黒い土の塊のようなものを『すくも』といって
これを『臼』(大きな木の器)か丸木舟に入れて棒で突き固めます。
これを『藍玉』といいます。

布を青く染めるときは、藍玉を大きい器に入れ水と混ぜて『藍汁』にし、
そこに布を入れて、とりだします。
布は空気に触れると青くなります。十分青くなったら布を水で洗って乾かして
完成です。

656 :死者の代弁者:2005/07/06(水) 22:01:20 ID:Z1KAD/Op
原始人さん、はじめまして。

私は『藤甲鎧』というものをお教えしましょう。

原始人さんは、はじめて服を作ったときに、服を着ていると枝などに当たっても痛くないことに気付いていましたね。
このような身を守る効果を高めた服を、特に『鎧』といいます。

657 :死者の代弁者:2005/07/06(水) 22:01:46 ID:Z1KAD/Op
『藤甲鎧』は、『藤』という植物の蔓を使って作ります。
『藤』とは、紫色の、葡萄の実の集まり(『房』といいます)のような形をした花を咲かせる植物です。
『藤』は以下の画像のような姿をしています。花や、大きな豆のような形の実が特徴的なので見つけやすいでしょう。

『藤』を見つけたら、小指の太さよりもう少し細いぐらいの蔓をたくさん集めてください。
『藤』は結構大きく育つので、かなりの量が採集できるはずです。
蔓は軽いですがかさばるので、紐で結んで運ぶと運びやすいですよ。

持って帰った『藤』の蔓は、大き目の壷に入れ、その壷に『油』をいっぱい流し込みます。
そのまま何日もずっと漬けておきます。場合によっては100から200日ぐらい漬け込みます。
そうすると、藤の蔓はだんだん柔らかくなってきます。
自由に曲げられるぐらい柔らかくなったら、この蔓を編んで、分厚い布を作り、服の形にして、日陰で干します。
服の形のほかに、腕をおおう筒の形のものも作ります。
服の腕が出るあたりに紐で結び付けて、着るときに腕を通します。
これで腕も守ることができますね。
これが『藤甲鎧』です。

658 :死者の代弁者:2005/07/06(水) 22:02:05 ID:Z1KAD/Op
『藤甲鎧』は鹿の角や危険な動物の爪から身を守ってくれますし、
熊のような大きな動物に殴られても、衝撃から柔軟に身を守ることができます。
ただ、油を染み込ませているので燃えやすいのが難点です。
うっかり火の粉などを浴びると大変なことになります。

そこで、『藤甲鎧』の上からは、燃えにくい『木綿』の服を着ることをお勧めします。
『木綿』は、油をとった後の『綿花』から作ることができる布です。
『藤甲鎧』の油をとった後の綿花のフワフワは、大切にとっておいてください。
『木綿』の作り方は、この後に説明します。

659 :死者の代弁者:2005/07/06(水) 22:03:38 ID:Z1KAD/Op
『藤』の画像URL:
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Fuji_up1.jpg

660 :死者の代弁者:2005/07/06(水) 22:38:30 ID:Z1KAD/Op
『木綿』の作り方ですが、道具がないとあまりたくさん作ることはできなさそうですね。
『糸巻き』や『織り機』が必要になりますが、これは複雑なので・・・
できるだけ簡単な構造のものを考えておきます。

以前、象を倒すことに成功していたと思うのですが、そのときの革は残っているでしょうか?
木綿のかわりに、『藤甲鎧』の表面に革をぬいつけてみてください。
『木綿』にも劣らず火に強くなるはずです。

『藤甲鎧』があれば動物を倒すことや、捕らえることも容易になるでしょう。
『藤甲鎧』は軽いですし、動物相手なら火の心配もありませんね。
動物を狩って(捕らえて飼って)食料を確保し、革を取って鎧を増やしましょう。
時間はかかりますが、最終的には、狩りに出る男たち全員に行き渡るぐらい欲しいですね。

661 :死者の代弁者:2005/07/07(木) 00:32:05 ID:W28erFaG
追記です。

脚も保護できるように、腕と同じ要領で、脚の部分も作ってください。
脚が入るぐらいの太さのもの2本と、腰が入るぐらいのもの1本をつなげて、
腰から下すべてを保護することができるでしょう。

また、頭を保護するために、藤の蔓を四角く織っておいて、あごの下で紐でくくるようにしておくといいでしょう。
頭を守る鎧を、特に『兜』といいます。
この兜ではどうもカッコ悪いですが、倒した動物の頭部などを使って、かっこいい兜を作るのもいいでしょう。

『藤甲鎧』は水に浮くので、水辺での闘いにも向いています。
力の強い男が何人かいれば、『ワニ』に『藤甲鎧』を噛ませたまま陸に引っ張りあげて倒すなどといった荒技も使えると思います。

『ワニ』を倒せれば、その革は前に出てきた『盾』の表面に張るのもいいかもしれません。
大きな『ワニ』なら、頭部の上半分を兜に使えるかもしれませんね。
それに、『ワニ』の肉は鳥に似て、結構おいしいらしいですよ。

662 :死者の代弁者:2005/07/07(木) 00:46:28 ID:W28erFaG
【原始人さんに聞こえない声】
『藤甲鎧』は、三国志に出てくる南蛮人が使っている鎧です。
上記のように時間さえかければ比較的簡単に作成できますが、三国志の時代の軍隊でも容易に倒せなかったということになっています。
三国志では火攻めでやられているので、革をはることを提案してみました。

木綿は…少し調べましたが、思った以上に難しいですね。
手より・手編みではたいした量は作れないでしょうし、いきなり糸巻き車を説明するのは私には荷が重かったです。
紡績に詳しい人っていらっしゃいますかね?

663 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 08:43:12 ID:VSmgb79B
おお、あれかー!藤甲兵
本当に弓矢も通さなかったのかなー

664 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 15:57:01 ID:FlAgLUbI
磨製石器はまだだよね、確か。
まずは、
ttp://fujukan.lib.u-ryukyu.ac.jp/ja/spec/gdetails.php?id=RUMF-GR-00137&lang=ja
こんな感じの色で、撫でると痛くて気持ちちい感じのする岩か石を捜してください。
そして、この石に石器を強く擦り付けてみて、石器の擦った部分が滑らか(すべすべのつるつる)になっていれば、
村に持ち帰ってみましょう。この石を「砂岩」と言います。
次に、石器の切ったりする部分をさっきの要領で強く擦り付けて、それを繰り返してみてください。
この作業を「研磨」と呼びます。
これをする事で、斧やナイフの切れ味が上がりますし、応用すれば骨で針を作る事も可能と思います。
更に、色んな石を使ってナイフや鏃も作り出すことが出来ますが、それは色んな物で試して見てください。
(聞こえない声)
これには黒曜石の節約と、木材制作の精密化、今後の金属使用に対しての布石になると思います。


665 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 16:10:30 ID:mcXNHCXd
1が居ないほうがスレがのびる、不思議

666 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 19:19:23 ID:PcbqeeEp
原始人さん。こんにちわ。

投槍器で投げた槍を取りにいくのは面倒くさいとおもいませんか?

だから槍の代わりに『竹槍』をたくさん作るというのはどうでしょうか?

『竹槍』の作り方を教えますね。

一寸位の太さの竹をみつけて斧で切り倒してください

それから

━━━━━/ /━━━━━

のように斧で切ってください。
/はそのさきっぽを肉に刺せるくらいになればいいです。

で、━━━━━
の長さは4キューピッドくらいです。

それから/の部分にオリーブ油をつけ、火の中に少しの間入れておきます
(火の中に入れるのは/の部分だけです。)


これで『竹槍』の完成です。これをたくさん作って、
投槍器で槍のかわりに使ってみてください。



667 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 21:33:28 ID:4d/Odk0B
ナナッシさんこんばんは。

最近見かけないけど前にウズメさんが欲しがっていた
テコを使った『圧搾機』をお絵かき掲示板の方へ描いておきました。

ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/59.html

材料は丸太と石、それから油を通す竹です。

丸太の組み方や石の削り方は今までの家や石皿の応用で作れると思うので
省きます。

668 :死者の代弁者:2005/07/07(木) 21:35:07 ID:W28erFaG
原始人さん、今日も今晩は。
今日は『拍子木』の使い方について。

いままで『拍子木』は、お祭りのときの楽器だったと思います。
高い音が出て、遠くまでよく聞こえますね。

今回は、大型の『拍子木』を作成しましょう。
目的は、とにかく大きな音を出すことです。
理由は後述します。

2キュービットぐらいの長さで、腕ぐらいの太さの木を1本用意してください。
木の皮をはいで、よく乾かしてください。
できたら、両端を石などの上に乗せて、地面から浮くように置いて下さい。

次に、1キュービットぐらいの長さで親指ぐらいの太さの木を用意してください。
そして、さっきの大きい方の木を思い切り叩きましょう。
とても大きな音がしますね。
石の上から落ちてしまいましたか?
紐などを使って落ちないように工夫してください。
地面についてしまうと音が小さくなるので、地面に触れる部分はなるべく少なくしてくださいね。

普通の『拍子木』とは少々違ったものになりましたので、これを
『クラヴェス』
と名づけましょう。

669 :死者の代弁者:2005/07/07(木) 21:35:47 ID:W28erFaG
さて、これを作った理由は、『通信』を行うためです。
『通信』とは、言葉が聞こえないぐらい遠くの相手に、何かを知らせることを言います。
『クラヴェス』の音は人の声よりもずっと遠くまで聞こえるので、『通信』に使うことができます。

クラヴェスを一定のリズムで叩くことに、それぞれ意味を割り当てて、みんなに教えておきましょう。
たとえば、コン、コン、コンと三回叩いて少し間を空け、またコン、コン、コンと叩く。これを「暇な奴は集まれ」という意味にする。
コンコンコンコンコン、と早く5回叩いた時は「楽しいことがあるから集まれ」と言う意味にする、など。
こうしておけば、何かあったとき、すぐにみんなに伝えることができます。
これが『通信』です。

決めておきたい通信の合言葉としては、
「暇な奴は集まれ」
「楽しいことがあるから集まれ」
「武器を持ってすぐに集まれ」
「山に逃げろ」
「海に逃げろ」
などでしょうか。

あまり種類を多くすると複雑になり憶えにくいですから、最初はこれぐらいでいいでしょう。
みんなに確実に伝えるために、リズムは繰り返して叩いてもわかるようなものにしてくださいね。

670 :死者の代弁者:2005/07/07(木) 22:03:00 ID:W28erFaG
【原始人さんに聞こえない声】
いまでも未開の地域では、このような通信が行われているそうです。
労働力の効率的な投入や危機対処を考えた合言葉を選んでみました。
他の合言葉もおいおい増えていけばいいな。

クラヴェスというのは南米の打楽器で、木を打ち付けるだけのものです。
拍子木と違い、クラヴェスは特に形は決まってないようです。
片方の木の端の方を手に持って、もう片方を打ち付けるのがクラヴェスの基本ですが、
サイズを大きくするなら地面に置いたほうが現実的でしょう。

671 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 22:59:15 ID:FKPqGTe7
【原始人さんに聞こえない声】
どうも初めまして。
たまたま、まとめサイトを見つけて興味深く読ませていただきました。

比較的簡単に作れて現代でも使われている布としてフェルトはどうでしょうか?
材料は、牛皮、石鹸、羊毛、木の棒、人力でできます。
現段階で用意できるのは、木の棒と人力。
牛皮と羊毛は狩れば用意できます。
問題は石鹸なのですが、材料が苛性ソーダ、米のとぎ汁、廃油、酢で実質調達が必要なのが苛性ソーダのみです。
苛性ソーダの製造は可能でしょうか?
また、直接石鹸を作り出す方法として以下の方法を見つけました。
>動物の肉を焼いた際、滴り落ちた油脂と木の灰(アルカリ)とが鹸化をし、土にしみ込み、その土で手を洗ったら汚れがとれると気がついた、というのが発祥と言われる。

672 :オーバーテクナナシー:2005/07/07(木) 23:11:15 ID:eucIrb0f
【原始人さんに聞こえない声】
私も昨日から今日にかけてまとめスレを読んでいた者です。
このスレに書き込むには専門的な知識が必要なことがわかりました。
技術についてはコメントは控えるとして、一言だけ言わせて下さい。

中の人と神の人ほんとに乙!すごく面白いよー!

673 :30女:2005/07/08(金) 01:10:49 ID:/zDbF2J1
聞こえない声ーーー
そうね。
石鹸って、苛性ソーダーでケン化するのよね。
ただ、苛性ソーダ-の調達は困難よね。

塩水を電気分解すればできますが、電気がないのよね。
ナトリウムの塊でもあれば(ぉぃ)、お水に入れればしゅわしゅわ言って水素を出して(燃える事もあります)水酸化ナトリウム溶液の出来上がりなのですが。
石灰は山から調達できるかもしれませんね。あとは重曹を加熱すれば炭酸ナトリウムが得られます。重曹は赤い池のあたりで得られそうな予感。

ただ、無理に苛性ソーダを作るというよりも、尿を発酵させて原始的な洗剤を作れるとおもいますよ。
あとは木の灰というのはぐっとアイディアですね。

ところで、酢ってもうありましたっけ?木酢液はでてきましたが・・・。

674 :死者の代弁者:2005/07/08(金) 01:21:55 ID:zXMMuYp2
原始人さんに質問。

赤い池の水ですが、ちょっと調べてもらえませんか。
赤い池のところまで
・鶏の糞
・灰
・動物の骨
・1円玉1枚
・以前作った銅の小さな塊
・石灰石
を持っていってもらえませんか。
すぐに用意できるもの、運べるものだけでいいです。
それぞれ赤い池の水に混ぜてどうなるか調べて欲しいのです。

ちなみに1円玉はもしかすると溶けてしまうかもしれないので、
もったいなかったらいいです。

硝酸だったら…すごい武器が作れるかもしれない。

675 :死者の代弁者:2005/07/08(金) 01:40:39 ID:zXMMuYp2
あ、もし可能なら砂金も一粒試してみてください。
多分溶けないと思いますが、もしかしたら溶けるかも。

決め手は銅なので、炉の底から銅を持ってきてください。
少量の赤い池の水に銅を溶かし、そのあと火にかけて乾燥させてください。
たしか、青い結晶→白い粉になれば硫酸、青い結晶→薄い緑の粉になれば硝酸のはず。

【聞こえない声】
さすがに王水って事はないと思いますが。
硝酸なら、爆薬の材料になりますね。
硫酸なら…銅メッキとか?メッキはいらないか。

676 :死者の代弁者:2005/07/08(金) 01:58:29 ID:zXMMuYp2
失礼、なんだか一生懸命思い出しながらなので…。
1円玉を溶かした場合も、火にかけてみてください。

塩のような粉になったら硝酸、透明な針のような形の物が現れたら硫酸。ですよね。
とりあえず、全部試す必要はないのでお願いします。>原始人さん【&中の人】

ちなみにアルミは多分、全部は溶けずに溶け残ると思います。

677 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/08(金) 09:27:52 ID:dTK8hI8p
一円玉を溶かす前に、『m(メートル)』と『p(センチメートル)』を教えましょう。

細かい細工を作るとき『寸』では説明しにくいところがあります。
1メートルは一円玉をまっすぐ50個並べた長さです。
尺寸でいうとだいたい三尺三寸です。

1センチメートルは一円玉の幅の半分の長さです。
つまり一円玉の幅は2cmということです。
半分を出すことが難しい場合は、一円玉を七枚重ねた厚さ(1.05p)が大体一p
と覚えておきましょう。

678 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/08(金) 09:38:36 ID:dTK8hI8p
>>653-654
『藍』について言い忘れましたが、藍で布を染めることを『藍染』、藍で染めた
布のように黒に近い青色を『藍色』と呼ぶことがあります。

原始人に技術を教えるスレまとめサイト
ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/1.html

679 :オーバーテクナナシー:2005/07/08(金) 21:39:04 ID:k9hDhQX3
少しペース落とせ
おまいらは知識丸投げするだけでいいけど、1は一人で検証しないとなんだぞ

680 :死者の代弁者:2005/07/08(金) 21:52:34 ID:zXMMuYp2
【原始人さんに聞こえない声】
↑おっしゃる通りです。
私も同じ事に気付いたので、昨日は「〜ならこうなるはず」とか書くようにしてみました。
今度は橋に挑戦したいんですが、強度計算とかした結果も書かなきゃなあと思ってたところなんです。
原始人さんには読めなくても、中の人向けの参考資料とかもいりそうですね。

上のほうのアンケートで多数になってる、とりあえずの方向性って富国強兵(主に富国)ですよね。
でもって、それには橋が必要なんですよね。

橋の問題は、今のところ流されてしまうこと。
対策は

対策1 流されないぐらい頑丈な橋(石・レンガによるもの?)
対策2 流されてもすぐ作り直せる橋(浮き橋?)
対策3 流されないぐらいの場所からかけられる橋(吊り橋のような長い橋?)

となりますね。
橋脚のある橋・浮き橋は流れが速い川には難しそうなので、対策3しかないような気がします。
子供の頃、綱引きをやった経験から、藁の綱でも十分な吊り橋ができそうな気がします。
川の両側に大きな木が生えていれば、それに綱をかけて作れそう。

とかグズグズ考えてるんですが、どう思われるでしょうか?
できそうなら暇を見つけて設計しちゃいたいな、と。

今、役に立ちそうなロープの結び方を勉強中。
もやい結びは強力だと思ってたら、意外なことに橋には向かなさそうなことがわかりました。
んー、ムズい。
【ないしょ話おわり】

681 :死者の代弁者:2005/07/08(金) 21:56:32 ID:zXMMuYp2
【原始人さんに聞こえない声】

あああ、2つ分のレス、混ぜて書き込んじゃいました。文脈がおかしい…。
首吊りながら参考資料探してきます。

【ないしょ話おわり】

682 :オーバーテクナナシー:2005/07/08(金) 22:06:43 ID:u5ithDg7
対策4 ゴンドラで渡す

683 :オーバーテクナナシー:2005/07/08(金) 22:45:43 ID:S+8PlFxv
対策5ワニのしっぽにぺろぺろキャンデーをくくりつける

684 :671:2005/07/09(土) 02:28:16 ID:2quBtPZ8
【原始人さんに聞こえない声】
石鹸の製作ですが、色々調べたところできそうです。
植物の灰を水に入れてた上澄み(灰汁)or石灰水+オリーブ油でできます。
衛生面でも訳に立つかと思われます。
なんでも紀元前3000年あたりで既にこの手の石鹸は利用されていたようです。

フェルトの作り方ですが。
1、刈り取った羊毛を一度茹でる(毛に付いた油をとる)
2、地面に何か敷く(別にバナナの葉でも良さそうです)
3、羊毛を細かくちぎり繊維の方向を揃えて綺麗に並べる。
4、繊維の方向を変えて、更に上に羊毛を並べ、3層にする(縦→横→縦に)
5、並べた羊毛に石鹸水を撒いて何時間か良く踏む(石鹸水の効果で羊毛が縮み絡まる、踏むことで密度を上げる)
6、木の棒を芯に踏んだ羊毛を少し緩めに巻き取り、ロープで少し緩めに縛る(きつく巻くと摩擦が生じないので)
7、木の棒の両端にロープを付け、ロール状になった羊毛を転がす(草原で行なうと汚れない)
8、10kmぐらい転がす(もっとやった方がいいか?)
9、干す。
10、適当に洗ってまた干す。
11、完成。
なんとかなりそうでしょうか?

685 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 02:55:53 ID:L9NbnNA3
(聞こえない声:学校ってまだなんでしたよね?)

原始人さんこんばんは

確か以前に『尖頭器』の使い方を練習してたことがありましたよね?
その時(それから後今まででもいいけど)、一番上手く扱えてたのはだれですか?

今も尖頭器とかいろんな道具の使い方の練習をしているのなら、
一番上手く使える人から教えてもらうようにしましょうよ!

こうやって教えてくれる人を『先生』って言います。
教えてもらっ人は『生徒』って言います。

『生徒』は『先生』に対して、教えてもらったことに対するお礼として
食べ物やめずらしい石 なんかを与えます。

物と物との交換は既にあるようですが、
技術と物を交換することをしたことはありませんか?
ないならやってみましょうよ!

あ、ちなみに、武器に関する『先生』に教えてもらった『生徒』には
別の名前として『軍隊』という名が付くことがあります。

『先生』もしくは一番上手く使えるようになった『生徒』をリーダーとした
狩りやいくさ(人と人との戦い)の時の集団ですね。
『軍隊』ってのは。

686 : 685 :2005/07/09(土) 03:00:11 ID:L9NbnNA3
【ここから原始人さんには聞こえない】

学校とかってものができれば、
今まで出てきた道具を記号化なりなんなりして
伝える術が一気に普及しそうですが...

どうでしょう?

【ここまでは原始人さんには聞こえなかった】

687 : 685 :2005/07/09(土) 03:17:28 ID:L9NbnNA3
あ!そうだそうだ 原始人さん

『生徒』が『先生』から何かを教えてもらう場所を
『学校』と呼ぶことにしましょう。うん。

688 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 03:36:38 ID:mbqM5wYS
【原始人さんに聞こえない声】
橋が流れることを利用する。

689 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 03:45:38 ID:KV+W/91/
>685-686
ナナッシがリーダーになる悪寒




それもいいかも
長老危うし

690 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/09(土) 04:22:01 ID:6c2r26jD
さて、ここ未来技術村周辺では、畑が広がっています
100スレ前の2倍ほどでしょうか?原始人さん達ががんばって広げたようです。
畑が広がれば、食べ物も多く採れる。
食べ物が増えれば、人口も増える。
村の人口も200人を超えたという報告も聞いています。
とにかく、畑を広げるという力技で、食糧危機を何とか脱出した彼等ですが、
1箇所に沢山の人がまとまって生活していると、それなりに弊害が出てくるものです。

はじめに、そうなったのは、小さな子供でした。
高熱が出ると、3日目ぐらいに体中に赤い斑点が現れ
4日目には息をしなくなりました。
次は、その子供の家族が・・・その次は・・・・
病気は村人をじわりじわりと蝕んでいきます。
現在村には、その病気にかかっている人が10人います。
この先も対策をしなければ増えるかもしれません。

病気の特徴ですが
突然高熱を出す。
熱が出ている間は、節々が痛くなったりする。
セキや鼻水がでる。
下痢、嘔吐もするひとがいる。
熱が出て数日で体中に赤い斑点が出る。
運が良い人は2週間ほどで回復する。

さて、原始人さんたちに、正しい対処方法を教えてあげてください。


691 : 長老@685 :2005/07/09(土) 04:22:32 ID:L9NbnNA3
(聞こえない:一時の気の迷いで、つい長老やってみたくなったw)

なにぉ!?
わしはまだまだじゃ!

フン!(ブンッ!<尖頭器を振る音

ムンッ!!(ムキッ<筋肉質な音

タァーッ!!!(グキッ<なにやら嫌な音が...

692 :死者の代弁者:2005/07/09(土) 05:45:23 ID:uqrneU6W
長老の治療は…ほっといてもいいか。(よくない)

原始人さんへ

病気ですが、「運がよいと回復」ということは、死ぬ人のほうが多かったりするんでしょうか。

回復した人は、何か発疹の後に痕が残ったりしますか? 【聞こえない:天然痘なら痕が残りますよね。】

死亡する人は、死ぬ前に出血したりはしてないでしょうか。 【聞こえない:エボラ出血熱…マジコワイ。】

病気にかかった人は、目が赤くなったりしてないですか? 【聞こえない:治療しないと麻疹でも死ぬらしいです。チフスかも。ペストってどんなだっけ?】

川に比較的近くて乾燥した、他の人たちの家から離れた場所(川の下流方向)に家を建て、 病気の人をそこに集めてください。
他の人たちの近くにいると、病気がうつります。
この建物を『病院』と名付けましょう。

病気の人のお世話は、いったん病気になってから回復した人がやりましょう。
いったん病気になった人は、同じ病気にかかりにくくなります。(『免疫』といいます。)
ただし、十分体力が戻ってないうちはダメですよ。

トイレは場所を決めて、川に流してしまいましょう。
トイレの場所より上流から水を取り、飲み水は必ず一回沸かしてから飲むようにしましょう。
下痢もあるということなので、水は多めに飲みましょう。
飲み水に関しては、村の人全員が同じように沸かしてから使うようにしましょう。

病人のお世話をした人は、トイレより上流の川か、いったん沸かした水で体をきれいに洗ってから村に戻ってください。
病気になってない村人も、なるべく頻繁に体を洗う習慣をつけてください。病気が減ります。

【聞こえない声】
なんだか大変なことになってますね。(長老とか)
冷酷なようですが、まずは病人の隔離かな、と。
村の衛生状態悪そう。石鹸、はやくできないかな。

693 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 06:15:34 ID:2quBtPZ8
【原始人さんに聞こえない声】
うげ・・・疫病か。
麻疹でしょうか?麻疹だと仮定して対策を。
重症化した場合の死亡率は現段階の医療だと10%程度ですが、下手するともっと行くかも。

寒くなりすぎず、熱くなりすぎない環境を保つ。
水分、栄養をしっかり取る。
シソをすり潰したエキスを混ぜた水で口をゆすぐ(殺菌)
体を洗う(清潔を保つ)
人参を食べる(ビタミンAを摂取し、重症化を防ぐ)

あとは、薬か。
シソ      しそ科   鎮静剤・咳止め・風邪・解毒・夏まけ・気管支炎
ヨモギ    きく科 解熱・神経痛・リュウマチ・吐血・子宮出血・嘔吐・浄血
リュウキュウヨモギ きく科 肝炎・胆石・解熱・咳止め
ビワ葉 ばら科 利尿・健胃・淋病・暑気払い・熱病・咳止め・脚気・あせも
オオバコ おおばこ科 胃病・解熱・利尿・眼病・腫れ物・咳止め・去痰・血尿・黄疸・むくみ
ボタンボウフウ せり科 風邪・咳止め・解熱・利尿・肺病・滋養強壮・身体虚弱・魚の中毒
クチナシ あかね科 止血・消炎・鎮静・神経痛・腰痛・利胆・解熱・胃痛・胃潰瘍
全部食べてOKな物です。
おかゆに人参+上記の薬草の幾つかをすり潰したものを混ぜて与えれば効果はあるかと。
対症療法なので防疫は別に考えないと・・・

694 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 06:24:33 ID:2quBtPZ8
原始人さんへ。
その病気で息をしなくなった(死の概念はあるのか?)人は村から離れた所で焼いてください。
そのままにしておくと病気の人が増えることがあります。

【原始人さんに聞こえない声】
あ〜?長老?クチナシでも食わせておけば・・・

695 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 06:48:22 ID:8mL9hd0c
【原始人さんに聞こえない声】
こりゃ症状から考えて麻疹でしょう。
江戸時代までは「命試し」と言われてたくらいで、このくらいの文明レベルなら致死率30%は軽く超えるはずです。
この文明レベルで出来ることは、まず隔離。次に一度病気にかかった子供に病気の子供の世話をさせること。
ワクチンなどはこの文明レベルでは無理だと思いますね。弱毒化できませんし。

696 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 11:04:59 ID:rQ6SQ3AA
原始人さんへ

状況から見て、麻疹でしょうね・・・
とにかく死体は焼きましょう。

他の人が病気になるのを防ぐ為に、青カビを探してきて、病人に飲ませましょう。
(ペニシリンにて、2次感染予防)
後は栄養のあるものを食べさせて、様子を見るしかありません。


697 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/09(土) 11:43:00 ID:gRVyu8xt
初代1へ
そろそろ、まとめサイトの■原始人NDCを更新したいので、690現在で発明されたか
どうか不明のものをあげておきます。
発明されたものは、承認お願いします。
(概念・知識のみのものは掲載済み)

>592『ボタン』
>630『ローラー』
>631『種入り泥団子』
>636『笠』
>653-654 >678『藍』関係 『臼』は詳しく教えてないが、丸木舟の要領でできるかと
>656ー662『藤甲鎧』関係
>664『磨製石器』
>666『竹槍』
>667『圧縮機』
>668『クラヴェス』
>674ー676 赤い池性質検査

原始人さんへ
稲を育てるとき藍関係で出てきた『苗床』をつかって、苗が3〜4寸に育ってから
水田に植えるといいらしいです。

698 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/09(土) 12:24:39 ID:gRVyu8xt
『麻疹』の別名は『はしか』ですね。
麻疹は、くしゃみや咳で簡単に移る病気で、今まで麻疹にかかったことがない人が、
麻疹にかかっている人に近づくとほぼ確実にうつります。
しかし、一回かかってしまえば二度と麻疹になることはありません。
なので、>695の言うとおり一度麻疹にかかって助かった人に『患者』(病気や怪我の治療を受ける人)
の世話をさせてください。

治療に必要なものは、熱を冷ます薬草、咳止めの薬草、果物の汁(ビタミン剤)、
そして青カビ(抗生物質)です。
咳止めの薬は、『桜皮』(既出)が使えると思います。
熱ざましは、本当は『梅干』が作れるといいのですが、『烏梅』(既出)でもある程度利くと思います。
青カビについては調査中です。

村から少しはなれたところに、家を建て、そこに患者を隔離してください。
湯を炊いて、家の中に湿気を多くしつつ、風通しのいいように(藁や葦の壁だから問題なし)
しましょう。
熱が高い場合は、額に、水を含んだ布当てましょう。その布は、あったまらないよう
こまめに取り替えてください。
たまにうがいをさせて口の中をきれいにしましょう。

699 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/09(土) 12:36:55 ID:gRVyu8xt
あと、お湯に入れた布をしぼり、患者の肌をたたくようにふいて清潔になるよう
にしましょう。
熱のあるときや食欲がないときは、おかゆなど、硬くないものを与えましょう。
また、水も十分与えてください。

700 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 14:11:38 ID:fH5PQXkq
熱を冷ますのに額を冷やすのはほとんど効果ありません

冷やすのならば、太い血管の通っている場所
つまり、首の両側、わきの下、内股等です。

701 :死者の代弁者:2005/07/09(土) 16:37:57 ID:uqrneU6W
【原始人さんに聞こえない声】
麻疹・参考URL
ttp://homepage1.nifty.com/daiiin/masin.html

私自身の経験でもそうだったのですが、麻疹は結膜炎の症状が出ないでしょうか?
それがちょっと気になります。
麻疹じゃなかったら、麻疹の治療法が裏目に出ると怖い…。
今のところ危険そうな治療法は出てないようでよかったです。

発疹チフスの症状が麻疹に似てるので怖いです。
発疹チフス・参考URL
ttp://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i04-19.html

【ないしょ話ここまで】


702 :死者の代弁者:2005/07/09(土) 16:50:32 ID:uqrneU6W
【原始人さんに聞こえない声】
天然痘・参考URL
ttp://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/smallpox1.htm

発疹の出方が麻疹とは全然違いますが、原始人さんの記述では天然痘の可能性も。
斑点が大きく、痕がずっと残るようなら天然痘では。

結膜炎あり → 麻疹
結膜炎なし
  回復後、発疹はかさぶたになって取れ、痕なし → 発疹チフス
  回復度、斑点の痕が残る → 天然痘

ではないかと思います。
天然痘は種痘が必要になるかもしれません。
牛痘の種痘は無理でしょうが、初期は天然痘を使った天然痘の種痘というものもあったそうです。

※天然痘で検索をかけると、結構グロ画像が出てきます。皆さま、ご注意ください。
【ないしょ話ここまで】

703 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 18:06:45 ID:ej5ojIOW
【原始人さんに聞こえない声】
この疫病疫病は、白い人たちとの交流が原因なのかな。
アメリカ大陸発見のときには、はしか・天然痘・水疱瘡とかが大量発生してたよね。
白い人たちが原因じゃなかったとしたら、家畜の病原菌が突然変異して発生とか。
もし白い人たちに原因が無く免疫が無いのなら、疫病をうつして撤退させられるかもな。
撤退したとしても根本的な解決になってないんだけどさ。
最初に発病したのはマックから搾り取った人たちだったのかな。
【ここまで原始人さんに聞こえない】

704 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/09(土) 20:59:49 ID:6c2r26jD
なんか、村の連中がバタバタ倒れていくだなぁ
なんとかならんだかなぁ

>592
ボタンだなぁ、これはこれで、色々使えそうだなぁ

>630
こんなでかいもの、オレ一人じゃつくれねぇだな
作るのはいいだが、石をどやって、村まではこんだらいいだかね?
テコでころがすだか?
大きな石があるのは山のほうだで、難しいと思うだよ。

>631
やってみるだね

>636
おおー、なんも頭にのせねぇより。楽だなぁ
日差しの強い日には畑で仕事をしてると、倒れる奴がいただが
これですこしはへるだかねぇ

>654
なんか、虫刺されの薬がいっぱいだなぁ
藍は探してみるだで、すこしまつだよ〜

>656
鎧っていうのはわかっただよ
まずは、藤っていうのは探すから、しばらくまつだよ。
どの辺に生えてるか、教えてくれるとありがたいだよ。
あと、200日もかかるだか?けっこう時間がかかるだねぇ
それと、油はオリーブからつくったやつでいいだか?



705 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/09(土) 21:11:10 ID:6c2r26jD
>664
『砂岩』と『磨製石器』はわかっただよ
砂岩は、村の近くに落ちてただよ。
沢山はなかっただが、きっとなんとかなるだよ。

>666
『竹槍』もわかっただよー
でも、この槍は投げてもあまりと飛ばねぇだなぁ

>667
手間はかかりそうだども、作ってしまえば簡単に使えそうだなぁ
気に入ったから、早速作ってみるだよ

>668
かぽーん!かぽーん!<木を叩く音
『クラヴェス』の作り方わかっただよ。
とりあえす、村の子供達に帰る時間を教えるのにつかうだよ。



706 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/10(日) 00:28:45 ID:lTkgGaYG
突撃!となりの晩御飯!!!!!
ナナッシ宅
「今日は、大豆と小麦を煮たものだよ。オリーブ油と塩で味付けがしてあるだよ」
っと、小さめの土器にクツクツと煮えている、白くどろりとしたものを出してくれました。
ナナッシの家は母との2人暮らしなので、量は多くないようです。
現代で言うオートミールに近いものでしょうか?あまり美味しくはありません。

モーナー宅
「今日は3番目のお姉さんに子供が生まれたから、お祝いだモナー」
っと、出されたものは、犬の丸焼きと、葡萄
ウコンで黄色く染色されたお米のご飯。
「イヌは1度に沢山子供を産むモナー、葡萄も1つの房に沢山実をつけるモナー
 黄色は、稲や麦が実ったときの目出度い色だモナー」
それなりにこだわりがありようです。

ギーコ宅
「今日は、狩りに行ったけど、獲物が取れなかったから、保存食だぞゴラァ」
芋虫の燻製と干し葡萄なんかの、干した果実のようです。
保存用なので、あまりよ量はありません。
モーナー君が、黄色いご飯をおすそ分けに来ました。

モラーラ宅
「ふふふ、これが村1番のごちそうです!!」
そういって、出されたものは、バナナです。
「1年に1度、しかも、1房しかとれない貴重な種の無いバナナです!!
 これが、食べられるのも、すべては聖女さまのおかげ。
 すばらしいことです」

現在の原始人の食生活はこんなかんじです。
ああ、あと、全体的に量は少なめです。
現代人の7割程度の量というべきでしょうか?
生きていくには、何とかなっている量ですな

707 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 00:29:52 ID:qZTHBDrK
【聞こえない声】
大変なことになっているから、他の発明品よりも、疫病の治療をまず第一に考えたいものですね。
>>695
そうなんですよ。注射もできませんからね・・・・。
土器で治った人の血液から血清を作るわけにはいきませんし。ましてや注射針なんて・・・。
(よくいわれる血漿というのは、抗凝固剤を使って作るものですから、ますます作れませんね)

708 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 00:51:26 ID:AGi/zSQc
あとは、「ベッド」を作るのも良いかもしれません。
4キューピットほどの長さに切った竹を2キューピット程横に並べ、
バラバラにならない様に縄で結びつけ、その上に藁を敷いて(乗せて)、
更に藁の上になめした動物の皮を敷いて下さい(この時、柔らかさは藁の量を変えて、好みにしてみましょう)。
眠る時に、寝苦しくない程度に体の上になめした動物の皮を掛けるなりして下さい。
これで冷たい地面の上で眠らなくても良いですよ。

【以降、聞こえない声】
疫病治療に関しては、他の方がアドバイスをしておりますので、健康面(疫病防止)でのアドバイスを。




709 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 01:53:53 ID:l77zmQ+z
そうですね、今の技術力なら治療よりも防疫に力を入れたほうが確実かも
知れませんね。
そこで、『灰浴』を紹介します。
燃え残ったものができる限り無いさらさらの灰を頭からつま先までよく
すり込んで下さい。念のためかぶれたり毒のある木は避けたほうが良いでしょう。
少々粉っぽいかも知れませんが水浴びをするよりも体についた悪いものがなくなってくれます。


710 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 01:54:36 ID:hcr2FcPD
【聞こえない声】
竹は今よりもっと利用価値が色々あると思う。

衛生面だけでも細い物を地面に敷き並べ床に出来る。
後、背負子を作るとか、
竹を組んで土を塗ると壁を作ることが出来る。


711 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 02:38:33 ID:uswAzHSe
原始人さんへ。
原始人さん、こんばんは。
手や体、服に付いた土が良く落ちる水の作り方を教えます。
まず、かまどの中の砂みたいになった灰を土器に入れます。
そこに水を入れて混ぜます。
しばらくそのままにしておくと、水が綺麗になってきます。
水の上に浮いている灰をゆっくり取ってください。ゆっくりなのは土器の底に沈んでいる灰が動かないようにするためです。
その水を水だけ別の器に移してください。この時もゆっくりおたまで5回掬ってください。
この水を『灰汁』といいます。
移し変えた水にオリーブ油を混ぜます。オリーブ油の量は、おたま1回分です。
これで完成です。この水は『洗剤』または『石鹸水』と呼びます。

洗剤を手や体、服にかけて手で擦ります。あんまり強く擦らないように。
そうすると水で洗うより汚れが落ちます。病気にもなりにくくなります。
洗剤が上手くできなかったら、灰汁を使ってください。洗剤よりは落ちませんけど、これも汚れを落とします。

【原始人さんに聞こえない声】
調べてみて関心しました。メソポタミア文明圏(起源2500年ごろ)から発見された粘土板に、洗剤の作り方が書いてあったそうです。
くさび形文字で『油1に対し植物の灰5.5』と刻まれていたそうです。
しかし、水の量に対し油が1/5とか20%という書き方ができないので、どうしたものかと結構悩みました。
これが上手くいけば、衛生面がそれなりに改善されますが・・・

712 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 06:23:48 ID:JDCry8XL
>>690
ttp://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/hossin1.htm
具体的にどんな発疹なのかな?

発疹チフスだと丘疹が内出血して暗紫色になるみたい。

713 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 07:31:25 ID:4FSWY62+
一気に読ませていただきました。面白いスレですね。
「学問」はまだ先でよいでしょうね。様々な抽象的な概念は必要に迫られてからで十分です。
私たちが使える「言葉」を増やそうと欲張りすぎると無理がきてしまうし、第一つまらないです。
慣れない「言葉」もうまく活用すれば面白いのでは。数字はしばらくは簡単なもので十分ですし、
重さはしばらく具体的なものを比較するだけ、長さもキューピットや寸、尺で事足ります。

疫病の件ですが、牛を家畜化していれば(種類によってはかなり困難ですが)種痘が可能ですが、
現在のところそうなっていないので天然痘なら半分は死にますね。かなり厳しいです。
※種痘そのものは発疹からとった水や膿を針で腕などに植えればよいので簡単ですが。
チフスは衣服の煮沸消毒が有効です。シラミを減らしましょう。ネズミの駆除も重要です。
麻疹は今回の候補種の中では最も死亡率が低く、現在でも対症療法なのはポジティブな点。
過度に保温せず(誰か体感で20度を表現してあげて)十分な栄養と水を取って休むことです。
いずれにしても清潔にすることは言うまでもありません。水を沸かして保湿するのも良いです。

最後に『銃・病原菌・鉄』はかなり面白かったのでお勧めしておきます。
行き過ぎもあるのでしょうが全体的に興味深い内容でした。このスレを読んでいて思い出しました。
家畜化の過程や農耕民族と狩猟民族についてなどは参考になるのではないかという気もします。

714 :713:2005/07/10(日) 07:43:25 ID:4FSWY62+
あーごめんなさい。上のレス(>713)は現代人の方々向けです。
原始人の方にうまく説明する論理構成や日本語の能力は私にはなさそうです…。

この素晴らしい箱庭世界の住人さん方へ
無理せず問題を一つ一つ解決していく方がGMにとって楽ですし、みんなが幸せになれると思います。
まずはこの疫病が今の言葉でなんというのか突き止めてうまく導いてあげてください。
軍事技術に胸が躍る方もいらっしゃるでしょうが、ゼロから人間の外敵と戦える文化をつくるのは
かなり困難なので、まずは疫病を何とかしていずれ時が来るのを待ちましょう。

715 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 09:11:15 ID:/x2umY1C
>>706
>1年に1度、しかも、1房しかとれない貴重な種の無いバナナです!!

あ、バナナを増やす事は出来ていなかったんだっけ?

種の無いバナナは人間の手を借りなければ、他の植物のように自分で増える事は出来ません
親の木の脇の地面から新芽が出てきますからそれを取って来て、畑に挿し木をして増やします
新芽は、乱暴にもぎ取ったりせずに地面を掘って、根子の脇から伸びている部分を切り離して下さい

バナナは完全栄養食といって、全ての栄養が含まれているとても良い食べ物です
柔らかいので、病人や体の弱った老人に食べさせてあげると良いでしょう

716 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/10(日) 12:25:13 ID:dijQnNhV
>初代1へ
690までの技術を掲載しました。
『藍』と『藤』は保留ですか?

>原始人さんへ
『藍』の実は、熱を冷ます効果がありますので、疫病の治療に使って見てください。

『藤』は、山、野原、川岸に生えている木に巻きついているらしいです。
藤の種は、便秘の薬に使えます。用法は、1日量、種子1〜3グラムを水300グラム
で半量に煎じつめたものを空腹時に飲むとのことです。
ちなみに、便秘の薬のことを『下剤』と呼ぶことがあります。

717 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/10(日) 20:12:44 ID:lTkgGaYG
村の辺境で畑の拡張を手伝っているナナッシくん
ザックザックと鋤で地面をおこしています。
村の中心部は粘土質なところですが、ここあたりまで来ると
土の質もだいぶ変わってきます。
あたりは、未定義の草花であふれています。
土も、真っ黒というわけではありませんが、麦や粟を作るのには
不自由しない程度に肥えているようです。

だいぶ辺りを耕したころ、地面に見慣れない物が転がっています
「おお!これは!」
土の中から、太い紫色の根っこが出てきたのです。
大きさは5寸ほど、太さは2寸ほどです。
「ずいぶん前にネ申に聞いた『サツマイモ』にかげぇねえだよ」

人類と芋類というのは切っても切れないような縁を持っているようで
とある学者に言わせると、人類の分布というものは芋類の育つ地域を優先して広がった
と言わせるまでであるらしい。
実際古代の農作物の代表格といえば
麦やトウキビなどの穀物、ソラマメや大豆の豆類、そしてジャガイモやサツマイモの芋類が
主だったものである。
タロイモ、ジャガイモ、サツマイモ等の芋類は生命力が強く、手間入らず
田んぼの畦道でも育つといわれたほどである。
まぁ、畑の養分を吸い尽くすという障害もあったりはするが・・・

あとは、大根やカブ等の根菜類が見つかれば、我々の知っているものが一通り
そろうのではないかと思われる。
サツマイモを使った、料理や加工品、薬品を原始人に教えてみてはいかが?

718 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 22:09:36 ID:QAwlzyaN
>原始人さんへ
芋は煮てよし、焼いてよし、揚げてよし、蒸してよしです。
多様な調理法があるので、ぜひ試してみてください。

私からも一つ紹介させていただきます。
サツマイモを薄く切って油で軽く揚げ、塩を軽く振りかけましょう。
これを『ポテチ』といいます。
食べすぎは体に悪いので気をつけるように。
本来は「ジャガイモ」という種類で作ることが多いです。

719 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 22:12:54 ID:QAwlzyaN
そうそう。
これは「ご飯」というより「おやつ」(お腹が少し減った時に食べるもの)
なので、ご飯がわりに食べるのはおすすめしません。

720 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 22:52:33 ID:7GHOuH46
あとはあれだな、マメ科の作物を教えてやれると土に窒素を補給できて良いのだが。
化学肥料の簡単な作り方とかないかな?窒素が大量にとれる場所があれば火薬も作れるしな

721 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 22:57:35 ID:AGi/zSQc
サツマイモと言えば「大学芋」ですけれど、蜂蜜があっても「砂糖」が無いんですよねぇ……
と言う事で、「砂糖」を作る為に「砂糖黍」を探してもらいましょう(ビートは適してなさそうな気候ですので)。
外見が竹のような4〜8キューピット程の、竹とは違って中が詰まっている、
ttp://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/satoukibi.html
こんな感じの植物の茎を齧って、甘ければ、それが「砂糖黍」です。
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
段々、水っぽい感触から、ドロドロとした感じになってきたら(こんな状態を「とろみ」と言います)、
火からおろして、また掻き混ぜて固まったら、「砂糖」の完成です。

でも、食べ過ぎると体に悪いですので、1日30gくらいにしておきましょう。



722 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 23:05:46 ID:ROaUX5TL
『揚げる』が未定義かと。

『揚げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。

しかし、素焼きの土器で揚げ物は出来るのか?

723 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 23:08:53 ID:AGi/zSQc
そして、砂糖を食べたままですと歯に穴があいて痛くなる「虫歯」になってしまいますので、
歯磨きをして下さい(この時、枝は柔らかいもので良いです)。
その為の「歯磨き粉」を作りましょう。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
それを右から二つ目と三つ目の指先の上に乗せて、歯に塗ってから、歯磨きをして下さい。
その後で、口の中に水を含んで(飲む前の事ですよ)、頬を膨らませたりして(これを「ゆすぐ」と言います)、
水を棄ててください(飲み水を取る場所よりも川下でやってくださいね)。

724 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 23:13:56 ID:AGi/zSQc
【原始人さんには聞こえない呟き】
サツマイモから澱粉が取れるけれど、糊は実用化されているしなぁ……
あと、飼っている鳥がいるから羽毛も作れそうだけれど、有効利用しにくそうな現状……

725 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/11(月) 00:38:26 ID:WEaWYBeK
>674
土器に赤い池から水を汲んできてみただよ
失敗した銅(?)の塊を少し削って溶かした後
火にかけてみただよ。
なんか、すげぇ息苦しくて、オレの感がここから離れろと命じてるだで
途中経過ははぶくだよ?
土器の中身に残ったのは緑色の塊だよ。
これで、何かわかるだか?

>685
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
オレは、あまり得意なほうじゃねぇだよ
『先生』と『生徒』っていうのはよくわかっただよ
だども、『軍隊』っていうのは、いまひとつだなぁ

>687
『学校』もわかっただよ。

>691
ちょ・・・長老・・・無理はよくねぇだよ。



726 :30女:2005/07/11(月) 00:39:32 ID:+mhORu2j
歯磨きの枝は、前にお話したことがあります。(NDC分類の595にありますね。)
あれは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。

補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。

ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。

また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖かくなってきたら混ぜます。これを何回か繰り返します。
結構匂うので村から離れたところで。これを「発酵油粕」といい、発酵しない油粕ほど強くはないので枯れにくく、作物もよく育ちます。

ーーーーー聞こえない声ーーーー
甘い食べ物ができてきたので、虫歯の問題がでてきましたね。
動物とかでも人工飼育しているものには虫歯があったりするくらいですものね。
そういえば、すり潰すための乳鉢はありましたっけ?石ですりつぶすのかな。

>>720さん
化学肥料というのも、あれですものね。
工業的な窒素固定化(独逸が実用化たハーバー法とか)も、ないですし。硝石とかあればいいのかもだけど。
馬糞は、馬がまだ家畜化されていないそうな・・・。なので、油粕をご紹介しました。


727 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 00:45:06 ID:Ycf1BkIJ
(聞こえない声)
>>720
連作障害の発生と、養分の不足が怖いですね……
西洋ほど痩せていない土壌と思いますので、三圃制を試して見たいのですが、
肝心の大型家畜やクローバーが無いとお話になりませんし、
車輪が無いと猫車、大八車の製作が不可能ですので、客土も厳しいですよね……
有機肥料の油・魚粕や糠は、量も製法の機械も足りない予感が……

728 :30女:2005/07/11(月) 00:47:24 ID:+mhORu2j
あれま、長老さん・・・・。
うつぶせ(おなかを下に、背中を上に寝ることですよ)に寝て、腰のあたりを指先でぎゅぎゅっと押してあげてください。
それと、腰の骨を前後に動かす感じにしてあげてください。

あと、背中の真中に首からお尻まで骨がありますよね。
骨の両側をぎゅ、ぎゅっって、押してあげてくださいね。
肩も、ぎゅ、ぎゅっと押したりもみもみしてあげたり、肩の骨を両側に広げるように動かしてあげたりしてください。
お尻の上のあたりは、結構強く押してもだいじょうぶですよ。
小柄な人だったら、足で押してもいいくらい(長老を足蹴にすると、よろしくないかしら?)。
長老さんにきもちいいようにね。痛がったらやめましょう。
(あまりお年を召した方だと、骨がもろいので、力を入れすぎると危険ですの)。

マッサージとか指圧とか整体とかいうのかな。
指で押すのを「指圧」、もみもみするのをマッサージ。骨を動かすのを「整体」って感じかな。骨を動かすのは無理はしないでくださいね。

729 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/11(月) 00:48:40 ID:WEaWYBeK
>692
この病気にかかると3人に1人ぐらい死ぬだなぁ
不思議と死ぬのは、大人のほうが多いような気もするだよ。
発疹っていうのは、よくわからねぇだな。
血はでねぇみたいだよ。
目は真っ赤だよ。

『病院』を作って集めるだか?
やってみるだよ。

>694
焼くだか?穴掘って埋めるだけじゃだめだか?

>697
米の苗も灰で育てたほうがいいだか?
やってみるだよ。

>698
いまやはっている、病気は『麻疹』でいいだか?
青カビっていうのはよくわからねぇだな
だども、『桜皮』と『烏梅』がつかえそうなだね?
果物もたくさんとってこねぇとだめだだね?



730 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 01:07:52 ID:Ycf1BkIJ
>>726
乳鉢は石皿を発展させれば何とかなるかも……
【ここから聞こえる声】
石皿よりも少し大き目(3寸くらい)の、何処から見ても同じ大きさの四角形(「正六面体」で良いのかな?)に見える安山岩を持ち帰って、
石器を作る要領で1寸ほどの凹みを作って、そこに砂や磨製石器を作った時に出来た砂を入れて、
すり石と一緒にへこみがツルツルになるまで研磨しましょう。
こうして出来たへこみのある石皿を「乳鉢」と名付けましょう。
そして、すり石もツルツルになっているので、このすり石を使ってください。
これを使うと、石皿でするよりも、材料が地面に落ちる事が少なくなりますよ。


731 :30女:2005/07/11(月) 01:22:24 ID:+mhORu2j
>>729
焼かないとだめですよ。
病気のもとを、焼き払う必要がありますので。

ーーー聞こえない声ーーーー
麻疹の可能性が高そうですね・・・。
アオカビですか。ペニシリアムモールドですね。
パンに生えるやつなんですけど、お米があるので、それを培地にしますか。
でもね、ペニシリンを抽出するのは難しいかも。
ちょっと調べてみますけど・・・・。

わわ、もう乳鉢が紹介されている。
730さん、ありがとうね。


732 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/11(月) 01:23:46 ID:WEaWYBeK
このスレを楽しんでいる皆さんへ

初代1です。
最近ちょっとばかり、スレの人口が増えてきたような気もします。
わたしの、独り善がりでなかれば、このスレを読むだけで書き込まない人も
沢山入るのではないかと思っております。

自分には知識が無い、うまく説明できないなんてお考えの方もいるのでは?
ホスト役を務めさせてもらっている、1としては、そんな皆さんにも
原始人とネ申さん達が書き込む技術をネタにマターリと雑談でもしてもらえれば良いと思っています。

また、何度か宣伝しているように、原始人役なんかも募集中で。
最近気がついたのですが、原始人っていうのは、理解できるまで、根本的なことを
ネ申さん達に聞いているわけですから、専門知識がなくても何とかなるわけです。
私のように馬鹿になって、ネ申さん達に質問してくれる方募集します。(笑)

それと、ネ申さん達にヒントです。
前スレと合わせて1000をレスを超え、技術や道具も結構な数がそろいました。
まったくの新規開発も良いですが、既存のものを組み合わせで何か作れたりしないでしょうか?
それと、物品を加工する上で、色々と不足しているものがあるような気もします。
例えば木材ですが、削ったり、割ったりはできますが、切ることができませんよね・・・・
それと、ナイフや石カンナと言う道具は、それなりに便利なのですが、細かな細工に適した道具がまだ無かったり・・・
麻布の生産だって、見直しをかければ・・・・
っとまぁ、いろいろとあるわけなので、自分の得意分野で参加してみてください。

あと、いまだにメールアドレスは生きております。
私に直接お話のある方は、こちらへどうぞ。
週に1度くらいは、見ますので、返事は気長に待ってください。

では、引き続き、「原始人に技術を教えるスレ」を楽しんでください。

733 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 01:29:06 ID:KOhwipBx
【聞こえない声】
麻疹ですね。私たちの世界では牛を家畜化することが大きな原因となりましたが、
(麻疹はもともと牛の病気だったのが家畜化によって接触が増えて人に馴化したもの)
動物の家畜化という面が他の技術ほど進行していないだけで他の技術が凄いので
大量に牛を狩っているうちに(道具にも利用していましたし)持ち込まれたか、
それとも狼が持っていた「犬ジステンバー」起源の新しいタイプでしょうか。
(私はウイルスの種類の「親子関係」に通じているわけではないので想像ですが)
白い人は行動を見るに狩猟採集民のようなので原因ではなさそうです。

麻疹はウイルス性なので、細菌が呼吸器で悪さをするのを防ぐための抗生物質を
使ったりはしますが、それ自体(合併症を除くということ)の処方箋は養生するのみ。
細菌は変異の過程を考えるとあまり心配しなくてもよさそうなので、隔離した上で
しっかりと養生させれば良いでしょう。ビタミンは果物で取らせましょうか。

734 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 02:45:23 ID:Ycf1BkIJ
家畜を得るための大規模な狩りを年に一度した方が良いかもね。

0.50人以上でする事をお勧めします。
1.あらかじめ落とし穴をいくつか掘る
2.四つの集団(16人なら4人ずつと、人数が同じになるように)を作り、
 三つの集団は獲物を落とし穴が無い三つの方角から囲む
(この時、余った集団は落とし穴の後で待つ)
3.距離が近くなると獲物は逃げるので、落とし穴のある場所に追い込む
4.落とし穴に落ちた獲物を捕獲しつつ、追いかけていない集団は落とし穴に落ちていない獲物を狩る。
5.まだ子供の獲物は殺さないで、(首に縄を掛けるなりして)村に持ち帰って飼う。

ここで必要になってくるのが、家畜小屋と「牧場」。
「牧場」は狭い場所では飼えない家畜の為の家畜小屋がある柵に囲まれた土地の事で、
家畜の数に合わせて土地の広さを調節します。
でも、そのままだと逃げたりしますから、豚の時と同じ要領で、柵で牧場を囲みます。
その土地の中に、村で使うのとは別の水路を作るのも良いでしょう。
餌は牧場に生えている草や、藁などで良いです。
それと、その隣で同じぐらいの畑を作って、一年毎に
牧場・畑→畑・牧場と場所を変えるのも良いかもしれません。
【聞こえない声】
このような大規模の狩りは、戦争の訓練にもなると思います。
自然発生的に集団を率いるリーダーが出てくると思いますし。


735 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 02:52:01 ID:YCyY3vwC
原始人さんへ。
>>63-64の話になりますが、水田の土を使って土器を焼いてみてはどうでしょうか?
あれはいい土です。

736 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 05:13:29 ID:Sv2fCUwE
>運が良い人は2週間ほどで回復する。

麻疹の発症期間は1週間ほどしかないので違う。

737 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 07:58:57 ID:tKPh56lE
>>736
それは医療環境の整った現代だからでは?
病気の性質として一週間なのですか?

738 :録霊60 ◆CcpqMQdg0A :2005/07/11(月) 09:17:18 ID:7/3jMRwS
完全に回復する間での期間を含めると9〜12日です。

『麻疹』(はしか)の経過
○カタル期(およそ3〜4日間)
約10〜11日の潜伏期の後、発熱とともに咳、くしゃみ、鼻水、目やになどのカタル症状で発病します。
咳や、くしゃみなどは次第に強くなり、結膜(まぶたの裏)が充血します。
この頃に口の中の頬の裏側に、周りが赤い白い斑点が見られます。
数個のことも、多く見られることもあります。
これをコプリック斑といって、はしかの診断で有力な手がかりとなります。

○発疹期(およそ3〜4日間)
熱は発病後3〜4日で少し下がりますが、再び高くなり、咳もますます強くなります。
この頃に赤い斑点状の発疹が耳の後ろや首筋から現れ、2〜3日のうちに、顔面、胴、手、
足の順に全身に広がります。
上半身はここの発疹がくっつき、大きな斑点状になります。

○回復期(およそ3〜4日間)
発疹が体中に出揃うと、普通熱が下がります。
咳も次第に軽くなり、発疹もなくなり、後に褐色の色素沈着が残りますが、
これは一時的なもので、細かく皮膚が向けると後を残さずに消えます。

『家庭の医学全集』より

739 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 09:29:05 ID:16BaoR/K
原始人さんへ

『発疹』というのは体に小さい腫れ物が出来ることです。
小さくふくらんだ物が出来ていませんか?
それと、その腫れ物そのものも『発疹』といいます。

病気が治った人の『発疹』の後に痕が残ったりしますか?

740 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 09:38:13 ID:16BaoR/K
続けて書き込んですいません

原始人さんへ

それと、クシャミを多くしている人の口の中のほっぺたの裏側に
赤にも見えて白にも見える点々がありませんか?

741 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 16:17:55 ID:MPMxd544
>>732
初代1の中の人へ
>まったくの新規開発も良いですが、既存のものを組み合わせで何か作れたりしないでしょうか?
>それと、物品を加工する上で、色々と不足しているものがあるような気もします。
>例えば木材ですが、削ったり、割ったりはできますが、切ることができませんよね・・・・

木を切るものというと、『鋸』ですよねぇ
既存の組み合わせで鋸作れるかなー・・・あれは結構複雑な構造してるんですよね
薄くて丈夫な物(つまり鉄板)に細かい鑿状またはナイフ状の刃が無数に立ててある構造をしています
本体は薄い板状の形をしていなければ切り進むうちに木材にはさまって動かなくなってしまいます

つまり、金属、最低銅くらいは欲しい感じだと思うんですね
しかし、銅だけでは柔らかくて刃物には向きません。硬度を上げた青銅位は欲しい>まだ錫は見つかっていない
鋸位なら、耐久性は低いでしょうが銅でも作れそうな感じはしますが・・・

>それと、ナイフや石カンナと言う道具は、それなりに便利なのですが、細かな細工に適した道具がまだ無かったり・・・

細かな細工とはどのような物を想定しているのでしょうか?
実は私は、中学生の頃打製石器を作ってみたことがあります
よく出来た物は、それはもう紙なんかスパスパ切れるほどの切れ味です
現代のカッターナイフくらいは切れると思います
なので、それ以上の切れ味を求めると、鉄を作らなければならないと思うのですが・・・

ちょっと私の発想が足りないだけかもしれませんが、他の神様たちは何か思いつきますか?

742 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 17:26:03 ID:0AIlReSf
『コロ』はまだだったかな?
太さが同じ丸太を何本か用意し、一定方向に並べ地面に敷く。

  ||||||||

↑こんな感じ。
その上に重くて動かせないものを梃子などを利用して載せ、
丸太にそって転がすように押す。後ろになった丸太は前へと繰り返す。
これで小さな力で重いものを動かすことが出来る。
このことを『コロ』と言う。

さらに応用として『修羅』。
コロの上に滑動車を置き、その上に土器に入れた水・酒など
コロに直接置くには不都合な物を置く。
こうすればどんなものでもコロで移動できるようになる。
このシステムを『修羅』と言う。



743 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 17:42:54 ID:nGdkA5ec
【聞こえない声】
青カビから取れる天然ペニシリンの主成分はベンジルペニシリン(ペニシリンG)です。
このベンジルペニシリンは胃酸に非常に弱く、経口投与では効果は期待できません。
培地に特殊な物質を使うと酸に強いペニシリンが生産できますが、この時代ではちょっと無理かと。

744 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 17:54:48 ID:0AIlReSf
『圧搾機』が作れる程度の加工技術を持てれば、
『大砲』が発明されるまでの最終兵器『カタパルト』が製作できます!
100年戦争、ばら戦争でも現役で使われたこの兵器があれば、
後々の勢力争いに対して非常に有利に立てます。
その材料に使うので、女性の長い髪の毛をたくさん用意して下さい。

745 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 18:00:17 ID:Ycf1BkIJ
【聞こえない声】
石器で作れるものは今の所、鎌くらいしか思い浮かばない。
前スレの砂鉄の場合、たたらを作れば何とかなるかも……
ttp://www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp01.htm
ttp://www.wakou-museum.gr.jp/

746 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 18:10:45 ID:59whU4SZ
【聞こえない声】
>741
一応は石器の鋸というものも存在しますが、刃の部分をギザギザにしただけの簡単なものでしょう。
鋸の肝の部分である「あさり」を加工するのは無理でしょうね。これがないと切るのが大変ですが。


747 :死者の代弁者:2005/07/11(月) 19:15:02 ID:MHW/t64V
【聞こえない声】
麻疹の回復までは…って書こうと思ったら既に説明が。

麻疹で間違いなさそうですね。よかったよかった。
麻疹はT細胞を弱らせるので、他の病気とも併発しやすいのが特徴。
2週間ならまだマシなほうかも。

空気感染(飛沫感染っていうのかな?)ですから、欲しいのはマスクですね。
木綿がいるな…材料揃ってるな…でも説明書くとめちゃくちゃ長くなりそうだな…。
頑張ろう。
【ないしょ話ここまで】

748 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 19:27:34 ID:Ycf1BkIJ
【聞こえない声】
もう一度、幅2から3キューピットの丸太橋を作る
そして、橋の両端に3キューピット間隔で丸太を川に深く差し込んで、周りに適度な大きさと量の石を沈める。
最初に作った丸太橋をばらして、それぞれの杭の上に乗せて、端から縄で固定。
その上に竹を横に並べ、土ででこぼこを無くす。
他の神の方、このやり方で、ある程度増水にも強い橋になりそうですか?


749 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 19:33:11 ID:zfWAdjA1
どもー、原始人さん。竹槍を教えたものです。

今回は「竹の落とし穴」を教えますねー。

作り方は
落とし穴を作りそこに竹槍を先端が上になるように地面に突き刺していくだけ。



この「竹の落とし穴」は獲物を殺すときに使ってください。

絶対に、家畜を捕らえたりするときには使わないで下さい。
あくまで、肉を手に入れるときにだけつかってください。


【聞こえない声】
この罠、先端に毒を塗りつければ
かなり敵にダメージを与えることができると思うのだが…
肝心の毒、何使えばいいんだ…?

750 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 19:33:37 ID:zfWAdjA1
どもー、原始人さん。竹槍を教えたものです。

今回は「竹の落とし穴」を教えますねー。

作り方は
落とし穴を作りそこに竹槍を先端が上になるように地面に突き刺していくだけ。



この「竹の落とし穴」は獲物を殺すときに使ってください。

絶対に、家畜を捕らえたりするときには使わないで下さい。
あくまで、肉を手に入れるときにだけつかってください。


【聞こえない声】
この罠、先端に毒を塗りつければ
かなり敵にダメージを与えることができると思うのだが…
肝心の毒、何使えばいいんだ…?

751 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:03:43 ID:LgDIHBxX
>>落とし穴+竹槍
人糞でも塗ればいい。傷口から菌が入って腐るよ。
だけど獲物が喰えなくなるから対人兵器オンリーだけど。

752 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:13:17 ID:BKk1Xx7/
【聞こえない声】
>749
世界四大矢毒:トリカブト、イポー、ストロファンツス、クラーレ。
クラーレが個人的にオススメ。
毒で死んだ動物を食べても問題ないため。

あとは世界最強の毒植物。ゲルセミウムエレガンスでも確保しておきますか。
正倉院にも入ってるし。葉っぱ3枚でもれなく昇天。

753 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:14:57 ID:MPMxd544
日本で使われてたのはトリカブトの根の毒(ブス毒)
トリカブトの写真
http://www.asahi-net.or.jp/~vm5s-tjm/trkabut.htm

754 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:18:19 ID:mhWNVPqK
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

755 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:19:29 ID:mhWNVPqK
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

756 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:20:02 ID:fo9as7JU
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

757 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:20:11 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

758 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:20:18 ID:bX6NdAZZ
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

759 :753:2005/07/11(月) 20:20:37 ID:MPMxd544
あ、先越された(>_<)

うずめさんに『河豚』取って来てもらうとか
河豚の内臓、とくに肝臓や卵巣にはテトロドトキシンという毒が含まれています
特に強い毒を持っているトラフグの写真
http://www.kaikyokan.com/map/3f/3_04_torafugu/3_torafugu.jpg

760 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:21:13 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

761 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:21:19 ID:bX6NdAZZ
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

762 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:21:35 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

763 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:21:42 ID:bX6NdAZZ
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

764 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:21:58 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

765 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:05 ID:mhWNVPqK
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

766 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:12 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

767 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:18 ID:bX6NdAZZ
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

768 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:26 ID:mhWNVPqK
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

769 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:33 ID:tkDsydpg
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

770 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:40 ID:bX6NdAZZ
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

771 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 20:22:48 ID:mhWNVPqK
この茎を切って、それを春頃に畑に埋め、秋の終わる辺りに収穫して(殆ど手間がかかりません)、
葉を切り落として、甘くない辺りまでの茎を圧搾機を使って、汁が出てきますので、
それを壷に集め、貝殻を砕いたものと一緒に鍋に入れて、しゃもじで掻き混ぜながら火にかけてください。
げる』とは、高温の油の中に食材を入れて熱する調理法です。
油を高温にしすぎると燃えてしまうので注意してください。油から煙が出るのは高温すぎる状態です。また、高温の油に水を落とすと、はねて危険ですので注意してください。
油が低温すぎても、食材が油でべとべとになり、おいしくありません。調整しながらやってみてください。
用意するもの、塩・灰・貝殻・水
貝殻と塩を磨り潰し、灰と混ぜ合わせて、少しの水で固い泥のような感じになったら、
尖頭器を一番うまく使えたのは、たぶんクックルーだとおもうだよ。
槍を投げたり、石を投げたりするのも、あいつが一番と遠くまで飛ばせるだよ
弓を使うのは、モーナーがうまかったとうまかったと思うだよ
れは歯茎が痛いということでやわらかくすることで改良されてますね。
補足ですが、歯磨き粉を作る際の水は少しづつくわえてください。
貝殻は相当にこまかくすり潰したほうがいいです。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖
ところで、畑を広げるときの肥料ですが、オリーブ油をとった、油の絞り粕も使ってみてください。
最近は搾り機が開発されたので、わりと扱いやすい(びちゃびちゃでない)「油粕」がとれるとおもいます。
でも、強いのであげすぎると、枯れます。
また、これにお魚の骨などを細かくしたものを加えて、お水で(ちょうど前述の歯磨き粉とおなじくらいのやわらかさに)練ります。
これを土器などにいれます。そして、ほかほかと(人間のお肌くらいに)暖

772 :死者の代弁者:2005/07/11(月) 20:35:31 ID:MHW/t64V
【聞こえない声:落ち着いて投稿してくださいね…ってIDいくつかあるの何で?】

原始人さん、こんばんは。

今日は、以前名前だけ出した『木綿』について。
『木綿』は、油を取るのに使った後の『綿花』を使って作る布です。
麻の節約にもなるでしょうし、麻布より優れた面も多くあります。

木綿は、綿花のフワフワ(『綿』ですね)から作ります。
まず、綿花のかたまりの端のほうを少しつまんで、軽く引っ張ります。
綿がのびた所を、今度は指先でくるくると横にねじります。
すると綿は、簡単に細い紐(細い紐を『糸』といいます)になります。
これを『木綿糸』または『たこ糸』といいますが、これはとても丈夫です。

【聞こえない声:綿花の繊維はもともとよじれているため、これだけで糸になります。】

原始人さん、試しに少しやってみてください。糸の作り方はわかりましたか?
糸の作り方がわかったら、糸をたくさん作るための工夫をします。

竹か動物の骨を使って、片側の端に、綿に引っかかるようなトゲのある棒を作ります。
長さは…そうですね、5寸ぐらいがいいでしょうか。
その棒に、粘土をくっつけて、重さを調節できる『錘』を作ります。
天秤につかう錘と違って、重さを正確に作る必要はありません。糸を作りながら、ちょうどいい重さに調節します。
これを『紡錘』(ぼうすい)と名付けます。

773 :死者の代弁者:2005/07/11(月) 20:38:06 ID:MHW/t64V
さて、紡錘を綿に引っ掛けて、綿を持ち上げ、紡錘の重さで少し伸びたら、紡錘をくるくる回しましょう。
綿のちぎれない、でも綿を伸ばしやすいぐらいの重さに紡錘を調節してください。
綿を持った手の指で、綿をほぐしながら紡錘を回すと、簡単にどんどん糸ができてくると思います。
紡錘が軽いと太めの糸、重いと細めの糸ができます。

手にもった綿がなくなってきたら、綿をもう一つ取り、もとの綿とくっつけます。
綿をまとめて置いておくと勝手にくっつくぐらいですから、これは簡単にくっつけられます。
そうすれば、どこまでも長い糸ができますね。

あんまり糸が長くなると回しにくいですが、これは紡錘に巻きつけられるようにしましょう。
粘土で作っていますから、重さを調節した後、巻きつけやすい形で乾かしてしまえばいいでしょう。
粘土は乾かすと軽くなるので、紡錘はやや重めに作ってくださいね。

糸ができたら、あとは麻と同じ要領で布にするだけです。
細い糸を使えば薄い布が、太い糸を使えば厚い布ができます。
この布を『木綿布』または単に『木綿』といいます。

木綿布は白く、麻よりずっと色をつけやすい上に、鮮やかに色がつきます。
おしゃれに着飾ることができるので、女の人たちが喜んで作ってくれると思います。
また、服にすると暖かく、汗をよく吸うため夏でも涼しいという性質があります。

今日はここまでです。
明日はこの布と糸を使って、『マスク』を作りましょう。
『マスク』があれば、病気がうつるのをある程度防ぐことができます。

774 :死者の代弁者:2005/07/11(月) 20:52:17 ID:MHW/t64V
そうそう、木綿を作るときの綿は、種を取り除いておいてくださいね。

木綿で作った服は、麻の服のようにチクチクしたりゴワゴワしたりしません。
やわらかく、手触り・肌触りがいいと思います。

水をよく吸うので、病人の体を拭いたり、水で冷やしたりするのに使えます。
また、細めの木綿糸を粗く織った布を『ガーゼ』といいます。
怪我にあてて血を止めたり、傷が汚れないようにするのに使います。

ガーゼは細長い木綿布(『包帯』といいます)で体に巻きつけて固定します。
強く巻き付けすぎないように、軽く巻くのが包帯の正しい使い方です。

ガーゼや包帯は病院でたくさん使うと思うので、いつでも使えるように用意しておくといいでしょう。
汚れたりしない、雨に濡れない乾燥した場所に置いておいてくださいね。

775 :死者の代弁者:2005/07/11(月) 21:07:54 ID:MHW/t64V
【原始人さんに聞こえない声】
綿花の繊維が糸にしやすいことなど簡単な説明
ttp://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/00/03/0319.html

紡錘の一種、「イケ」
ttp://www.nunona.com/html/column.html

木綿の性質などについて
ttp://www016.upp.so-net.ne.jp/yumesukenoiori/wasai_seni.html

ご参考までに。
【ないしょ話ここまで】

776 :オーバーテクナナシー:2005/07/11(月) 23:35:26 ID:s5UdAg6d
>>735
あの土をキシリア様に届けてくれよ。あれは、良いものだ。


777 :オーバーテクナナシー:2005/07/12(火) 01:17:19 ID:ZFGjgvwE
http://www2.ultra.to/~peko/hizume.html

778 :オーバーテクナナシー:2005/07/12(火) 13:33:01 ID:3LelAGPP
からあげ

779 :死者の代弁者:2005/07/12(火) 23:27:45 ID:ON3JYjam
【聞こえない声】
>683
砂糖が紹介されてるから、ペロペロキャンディー作れるかも(?)
エルマーの冒険なつかしいっす。

>744
投石器いいですねー。でもカタパルトの理屈はわかるんだけど、具体的にどうなってるんでしょ?
ちょっと調べてみたら、人の髪の綱ってすんごい丈夫なんですねぇ。
散髪のない世界だから髪の毛たくさんありそう。

>748
丈夫にはなると思うんですが、大きな石は川の真ん中まで運べないかもしれないです。

さてと、マスクつくろっと。
【ないしょ話ここまで】

780 :死者の代弁者:2005/07/13(水) 00:17:00 ID:BKKLVyex
原始人さん今晩は。
今日は『マスク』を作ります。

まず薄めの白い木綿布と、木綿糸、ガーゼを用意します。
この布の大きさは縦10cm、横30cmぐらいです。

木綿布を2つに折って横側の両端を合わせ、縦10cm、横15cmぐらいにします。
あわせた布の両端を縫い合わせ、次に、両端からそれぞれ1cmぐらいのところも縫い合わせます。
幅約1cmの輪が両端に、真ん中には約13cmの輪ができた状態になりますね。

真ん中の13cmの輪の中に、ガーゼを数枚挟み込み、糸で軽く止めます。
次に、両端の1cmの輪の中に、ちょっと太目の20cmぐらいの木綿糸を通し、それぞれ結んで輪にします。
これでマスクの完成です。

マスクを口と鼻に当てて、両側の糸の輪を耳にかけます。
耳にかける糸が長すぎる場合は調節してください。
口の前にマスクをずっとあてていられるようにします。
息が苦しくないぐらいの量に、ガーゼの量を調節しましょう。

麻疹は、咳や息のとき、飛び散った唾の小さな滴などからうつります。
このマスクをしておくことで、麻疹や、多くの病気を防ぐことができます。
何か病気がはやったときはマスクを使いましょう。

マスクはいつも清潔にするよう心がけてくださいね。

781 :オーバーテクナナシー:2005/07/13(水) 07:25:35 ID:aWGbOWCp
【聞こえない声】
土器をグレードアップさせるために釉の開発をしてみてはどうでしょうか?
ちょっと調べてみたんですが、灰と長石を細かくして水で混ぜれば一応できるみたい・・・なんですけど。
配合比やら細かいところがさっぱりなので詳しい方居られませんか?

関係ないですが。
シャコガイで作った斧とかあるんですね。
シャコガイの殻を原料に色々できそうな感じ。
身は食べれますし、殻を砕いて畑に撒けば養分になりますし。

782 :死者の代弁者:2005/07/13(水) 08:21:42 ID:BKKLVyex
【聞こえない声】
>781
釉薬、いいですね。
窯の温度も上がってるみたいだし。
今ちょっと時間ありませんが、このあたりでしょうか?
ttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=952374
【ないしょ話ここまで】

783 :オーバーテクナナシー:2005/07/13(水) 10:56:46 ID:3doZohGX
>>780
輪を耳にかける形のマスクは、ゴム紐じゃないとうまくいかないんじゃないでしょうか?
医療用のマスクみたいに、頭の後ろで紐を結ぶ形にした方が、ずれにくくていいと思う

784 :死者の代弁者:2005/07/13(水) 19:15:27 ID:BKKLVyex
【聞こえない声】
>783
それいいですね〜。
昨日はコンビニで売ってたマスクを見ながら書いてたので、ぜんぜん思い付きませんでした。
ゴムじゃなくても調節すればいけるかな?と思ったぐらいで。
でも確かに、ご指摘の通りだと思います。

えっとそれから釉薬。
これって珪石を長石か石灰で溶かしてガラス状にするものなんですね。
長石だと1200℃ぐらい、、石灰だと1000〜1100℃ぐらいで焼くのがいいそうです。
原始人さんの窯は銅がぎりぎり溶ける1083.4℃ぐらいだから、石灰がいいですね…石灰あるし。

珪石ってどんなところにあるのかな…?

【ないしょ話ここまで】


原始人さんこんばんは。

昨日説明したマスクですが、>783のネ申さんがおっしゃる通り、
頭の後ろで結ぶようにした方が、私の出した案よりいいと思います。
マスクの糸を長くして、四隅に縫い付けておくと頭の後ろで結びやすくなると思います。

785 :オーバーテクナナシー:2005/07/13(水) 20:19:08 ID:/I6q3LDS
>>784
【聞こえない声】
石英を主成分とする砂や石が珪砂や珪石で、石英の結晶度が高いのが水晶。
石英自体は一般的な鉱物で世界中にあるそうですが、花崗岩を代表とする火成岩に含まれます。
つまり、水晶が見つかった洞窟の砂や石や岩なら、石英がたっぷり詰まっているのでは?

786 :死者の代弁者:2005/07/13(水) 20:57:08 ID:BKKLVyex
【聞こえない声】
>785
なるほど、そっちでしたか。
自分で調べてたんですが、珪砂・珪石は耐火煉瓦に使えるってことだったので、
耐火煉瓦つながりの珪藻土の近くにあるかと、そっち方向にいっちゃってました。
でも珪藻土は全然関係なさそうだったので、どうしよっかなーと(笑)
調べてる途中で珪石の写真はみつけたので、これで原始人さんに説明すれば…。

じゃあ、今度は釉薬の具体的な調合のパーセンテージを調べてきます〜。
…っと、そういや原始人さんってパーセントの概念ないんでしたっけ。
パーセントから説明しなきゃだめだなあ。
【ないしょ話ここまで】

787 :オーバーテクナナシー:2005/07/14(木) 11:26:50 ID:zzmUQwIb
マスクが出来るほど布の目って詰んでるっけ?
糸を手で並べてくぐらせて、ってやってたと思ったけど。
まだ織り機はできてなくなかった? いつのまにかできてたっけ?

788 :死者の代弁者:2005/07/14(木) 19:17:45 ID:tN+wNhK9
【聞こえない声】
>787
織り機はまだないと思います。
織り機も欲しいですねえ。誰か教えてあげて欲しいな。

現代の市販のマスクは確かに細かく織られてるし、確かに織り機がないと無理だと思うんですが、
あれって糸もめちゃくちゃ細いですよね。
私見ですが、手よりの糸で作るなら、あんまり精巧じゃない方が、かえって呼吸が楽じゃないかと思うんです。
ガーゼを何枚か入れることで、それなりの効果は期待できないでしょうか。
(原始人さんに試してもらいましょう…呼吸苦しいかなあ…。)

ちなみに、風邪のときに使うマスクは日本人の発明といわれているそうです。
初期のものは金属を使ったりもしてたようで、特に布を使うと決まったものでもなかったようです。

参考画像を紹介しておきますね。
ttp://www.tpa-kitatama.jp/museum/museum_images/mask_03.gif
【ないしょ話ここまで】


789 :オーバーテクナナシー:2005/07/14(木) 20:09:53 ID:nBjtAQ/X
Q、マスクって効果があるの?

A, かぜのウイルスはとても小さく、マスクの生地の目の間を通り抜けます。
 マスクの効果は吐く息の水分がマスク内にこもることで、のどや鼻の中の粘膜を潤すことができ、
  冷たい空気の刺激をやわらげること。ウイルスが 好む低湿低温の環境を防ぐこともできます。
 かぜをひいた後も炎症が進むのを抑え、症状を緩和することができます。くしゃみをしても、
 かぜのウイルスがついた唾液をまき散らさずに済むので、感染の予防にもなります。


790 :死者の代弁者:2005/07/14(木) 21:11:51 ID:tN+wNhK9
【聞こえない声】
>789
よかった、それならかなり効果ありそうですね。
【ないしょ話ここまで】

791 :オーバーテクナナシー:2005/07/16(土) 09:21:58 ID:lpIHzo53
【聞こえない声】
そういえば白い人たちはどうなったんだろうか。
やはり疫病の影響を受けているのかな。

792 :オーバーテクナナシー:2005/07/16(土) 10:53:40 ID:KtESaP1d
【聞こえない声】
食糧生産が軌道に乗ったら、白い人と交易を始めてもいいかもね。
うまくいけば、鉱石なんかが手に入るかも。

793 :オーバーテクナナシー:2005/07/17(日) 00:19:11 ID:AMNh14Z4
>>792
あっちの人はその気はないようですよ。

794 :オーバーテクナナシー:2005/07/17(日) 00:34:26 ID:BJAo7kE9
しばらくしたら狩りの獲物が減ってきたりするのかな、白い人のせいで。

795 :オーバーテクナナシー:2005/07/18(月) 10:24:13 ID:CgLLJa8b
保守あげ

796 :オーバーテクナナシー:2005/07/19(火) 20:43:51 ID:TEpJTsJ2
【聞こえない声】
神々に相談なんだけど、杉とかヒノキなんかの針葉樹なら
石器のでも板材を作る事が出来ると思うんだけど、いかがなもんだろう?


797 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/19(火) 21:05:16 ID:ALB2U/+w
>731
病気のもとだか?そんなもんがあるだか?

>734
男衆が50人なんていないだなぁ
年寄りも、子供もつかうだか?

>735
水田の土は特別なつちだか?

>739
『発疹』がわかっただよ
直った奴には痕はのこらねえみたいだなぁ
でも、たまーに、よーーーーーーーくみたら、残ってる奴もいるみたいだなぁ。

>740
おーおー、あるだねー

>742
『コロ』と『修羅』がわかっただよ。
ねんか便利そうだねー
だども、地面がたいらじゃねぇと、やっぱりつかえなさそうだね。

>744
よくわからねぇだが、髪の毛あつめればいいだか?

>749
なんか、痛そうな落とし穴だねぇ
いちおう、皆におしえてみるだよ。

798 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/19(火) 21:18:27 ID:ALB2U/+w
>759
『河豚』だか?へんなかたちした魚だねぇ
ウズメにたのんでみるだかね

>772-773
『木綿糸』『紡錘』『木綿布』がわかっただよー
おおー、なんかいっぱい糸ができただよ
しかも、白くて、細くて丈夫だなぁ
これで、布も作れるだね。すごいだね。
麻も綿花も畑で作れたらいいだねぇ。
今度、作ってみるだか?

>776
キシリアってだれだか?



799 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/19(火) 21:35:59 ID:ALB2U/+w
私達の身近にある、石鹸。
汚れを落とすことに多く使われるほか、潤滑材、緩衝材等につかわれるが、
それのもっとも古いものは、腐った人尿だったともいわれている。
正体は界面活性体と呼ばれる、油と水の境界を曖昧(というと多少語弊があるが)にするもので
ようするに、油が水に溶けるようにするための薬品であると考えると
素人にはわかりやすいかもしれない。

作った『石鹸水』で服を洗っているナナッシ曰く
「なんか、綺麗になった気がするだよ」
っとのこと。まぁ、もともとが、脱色していない麻で作られていて。
最近まで、ロクに洗うこともしていなかったので、
すっかり、匂いも色も染み付いてしまっているものだ。
まぁ、なんだ、次に作ったときは、こまめに洗うことをお勧めする。
「うー、冷たいだなぁ」
あー、それと、洗った服は乾かしてから着た方が良いぞ。
っていうか、誰か、まともな洗濯の仕方を教えてやってくれ。

800 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/19(火) 21:46:44 ID:ALB2U/+w
ある日のこと、ナナッシの家は轟々と燃えていた・・・・

事の起こりは、こうだ。
>718に『ポテチ』を教えてもらったナナッシは
早速、それを試してみたのだ。
「おおー、これはすげーうまいだなぁ」
っと、とても気に入ったのだ。
村に人々にもとても好評であったのだが
使っている調理器具に問題があった。

ご存知の通り、素焼きの土器は多腔質だ
よって、油も染み出す。
1回目の調理では問題無かったが
2回目に火にかけたときには、土器はたっぷりと油を吸っていたのだ。
たっぷりと油を吸った土器は、よーく燃えた。
慌てたナナッシは、火を消そうと、水をかけたのだが、これがよくなった。
急に冷やされた土器が割れたのだ。
中の油が飛び散って、丁度良い具合に、火が広がってさーたいへん。
あ、っというまに大火事だ。

幸いにして、ナナッシもかあちゃんにも怪我はなく、無事、非難できたのだが・・・・
まぁ、火の始末には、きをつけようという話だ。

これを教訓に、村全体に揚げ物禁止令が出されたのは言うまでも無い。

801 :オーバーテクナナシー:2005/07/19(火) 21:49:28 ID:rnQY+Jrl
【聞こえない声】
あ、家が燃えた。
素焼きの土器で揚げ物は無理か・・・
防災も考えるようだなぁ。

802 :死者の代弁者:2005/07/19(火) 22:21:58 ID:Ux+nvVaK
【聞こえない声】
はう、釉薬、釉薬。
ぽてち復活のためにも頑張るですよ。

灰の用途がよくわかんない(汗
【ないしょ話ここまで】

803 :死者の代弁者:2005/07/19(火) 23:10:39 ID:Ux+nvVaK
原始人さんこんばんは。

ポテチが作れなくなってしまったのですね…。
今日は、安全に揚げ物が作れる、水や油の漏らない土器の作りかたを説明します。
用意してもらうものは、
『土器』『水晶』『長石』『珪石』『粘土』『石灰』です。
『長石』と『珪石』が、まだ無いですね。

まず『長石』ですが、これは火山の近くにある石です。
砂岩ではない石は、ほとんど絶対といっていいほど長石を含みますが、
特に長石の多く入っている石は、以下のような見た目をしています。
http://www.h5.dion.ne.jp/~nspicnic/mine/Samples/adulariaYAMANOO1.jpg
みつけたら、水晶を使って粉にしてください。

次に『珪石』ですが、これは水晶の近くで出てきます。
水晶の近くで、白か灰色のサラっとした手触りの石を探してください。以下のような感じの石です。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~HASSHI/otidanimin7.jpg
みつけたら、これも水晶で粉にしてください。
珪石を粉にするときは、水晶に傷がつくかもしれません。あまり綺麗じゃない水晶を使いましょう。

804 :死者の代弁者:2005/07/19(火) 23:17:46 ID:Ux+nvVaK
次に、長石と珪石を使って、『アルカリ釉薬』を作ります。
まず、長石の粉を60g、珪石の粉を15g、石灰を15g、粘土を10gぐらい混ぜ、水でドロドロになるぐらいに溶いてください。
これを素焼きの土器にたっぷり塗りつけ、時間をかけて乾かしてから、銅を作るのに使った新しい窯に入れて焼いてください。
全体的にツルツルした感じの土器が出来れば成功です。
水も油も漏れなくなるので、とても便利だと思います。

もし全体的にザラザラした感じに焼きあがるようなら石灰を増やしてみるか、草木の灰を少し加えてください。
ツルツルの部分が土器の下の方に集まってしまっていたら、長石を増やしてみてください。
『アルカリ釉薬』が土器に塗り付けにくいときは、粘土を少し増やしてみてください。

こうしてできた水の漏れない土器を、『陶器』といいます。
使った石の質によって分量が変わってきますので、色々試してみてくださいね。

【聞こえない声】
灰を使うのはカリウムの補充のためと、出来上がりに味が出るからのようです。
ただ、灰だけでは焼成温度が1200℃を超えるようなので、低温で焼ける、石灰を使う『アルカリ釉薬』を紹介しました。
珪石や石灰は自然のものでも純度が高いそうですが、長石は良くて70%ぐらいまでで質にばらつきがあるそうなので、
原始人さんに量を調整してもらうようお願いしました。

いろいろ調べたんですが、これぐらいで限界です(汗
【ないしょ話ここまで】

805 :死者の代弁者:2005/07/19(火) 23:38:24 ID:Ux+nvVaK
【聞こえない声】
中の人とネ申の皆さま向けに自己申告します。

●新しく説明した物
『長石』火山の近くにある石。

『珪石』水晶の近くにある石。白か灰色で手触りがサラッとしています。
  ※水晶と同じ成分ですが、結晶ではないので水晶の方が硬いです。

『アルカリ釉薬』長石・珪石・石灰・粘土などで作る釉薬。比較的低温で使えます。
  ※鉛を使う鉛釉薬の方が低温で焼けるらしいのですが、危険なのでやめておきました。

『陶器』釉薬をつけて焼いた、水の漏らない土器です。

●参考URL
長石の説明
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%9F%B3

長石いろいろ
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~nspicnic/mine/Samples/adulariaYAMANOO.htm

珪石の近くからは蝋石も取れるんでしょうか?
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~HASSHI/otidanimin.htm

釉薬の基本的な考え方(?)
ttp://www.tokoname.or.jp/glaze/genryo.htm

検索すると、いろんな割合で釉薬の実験してる人がいますね。

【ないしょ話ここまで】

806 :オーバーテクナナシー:2005/07/20(水) 08:07:54 ID:Os5nziyF
【聞こえない声】
神々へ
年齢別の人口比率(人数でOK)を調べておいた方がいいと思います。
戸籍は無理だろうな、今の段階で意味がなさそうだし

ところで年齢の概念ありましたっけ?まだないような

807 :オーバーテクナナシー:2005/07/20(水) 10:51:44 ID:DvQVY8/p
洗濯の仕方

1:服をきれいな水にぬらす
2:服に石鹸をこすり付ける
3:服を石などでごしごしこする。または大きな石に叩きつける
4:きれいな水で石鹸を落とす。
5:服を乾かす

以上です。ぬれたままの服を着ていると風邪ひきますよ。

808 :オーバーテクナナシー:2005/07/20(水) 11:00:36 ID:uQGJz/fd
服を乾かす時に太陽の光に当ててかわかすと消毒になりますよ

病気の患者さんの着ていたものや、看病をした人の来ていた物は
こまめに洗って日光に当てて乾かしてください

809 :オーバーテクナナシー:2005/07/20(水) 11:52:39 ID:DvQVY8/p
綿は害虫にとても弱い植物です。
一面の綿畑を作ってしまうと害虫の天敵が育たないので、
他の畑に隣接するように綿畑を作りましょう。

810 :オーバーテクナナシー:2005/07/20(水) 12:20:26 ID:txuXcywV
底のしっかりした靴と厚手の手袋がないと破傷風起こりまくりな予感

811 :死者の代弁者:2005/07/20(水) 20:59:50 ID:CUUudMHn
【聞こえない声】
ユニクロで見てきただけだけど、手織り綿はいいですねぇ。
究極の手織り綿、「ダッカ モスリン」を作れたら白い人たちとも交易できるかも。
「ダッカ モスリン」は熟練と根性があれば、作り方は普通の布と変わらないようですが、
すっごい交易の価値ありそうです。

今度は私は麻の生産→麻縄で橋の説明にチャレンジするですよ。
橋が出来たら耐火煉瓦→金属でしょうか?

石鹸とか農耕は全然知識ないです。綿って虫に弱いのね。知らなかった。
【ないしょ話ここまで】


812 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 01:02:36 ID:zkxgZ4b+
破傷風は傷口をナスの汁で洗って塗布したら発症しにくい。
指先のちょっとしたケガでも死に至っておかしくないから
抗菌性の果汁などで消毒しとけ。

813 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 01:12:47 ID:VOUKuTv3
【聞こえない声】
しかし破傷風予防といっても、小さな怪我までいちいち対処してんじゃ何もできなくなっちゃうよ。
今のレベルじゃどうしても怪我は付き物だし。
冷酷だけど、破傷風は人から人へは感染しないから発病した本人だけが死亡するだけで済む。
ただ、そこそこの傷は傷口を綺麗な水で洗うとかは必要だと思う。

814 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 11:44:41 ID:lw8f3Jxl
これから『道路舗装』について教えます。
まずは利用する道具・材料の説明から。

『モルタル』
『セメント』に砂と水を混ぜて作る。砂利や石などをくっつける力を持つもの
正式な『セメント』は現在の技術力ではおそらく作れないのでそういうもんだと思っといて下さい

『石膏モルタル』
『セメント』の代わりに石膏を使った『モルタル』
かため

『ロームモルタル』
『セメント』の代わりに『火山灰』を使った『モルタル』
『火山灰』は火山が噴火した際、降ってくる灰のようなもの
降って来てすぐのものではなく、冷えて積もったものを使えばよい
やわらかめ

『玄武岩』
火山が噴火した際、どろどろと流れる赤い火の水のようなもの(『溶岩』と言う)が
冷えて固まったもののうち、黒っぽく見え穴がたくさんあいているもの。丈夫

『たこ』
地面や盛り土、あるいは基礎に敷き詰めた割栗石(ぐり)を突き固めるための道具。
直径30〜50cm、長さ40〜60cmの樫などの堅い丸太に
1m位の2〜4本の引き手をしっかりと取り付けたもの。
1人〜3人で引き手を持って作業する。
一人で使うものを『小たこ』、2〜3人で使うものを『大たこ』という。
また、逆さに使うと杭を打ち込む作業に使える。これを『逆だこ』という


815 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 12:15:00 ID:lw8f3Jxl
『道路舗装』とは道を歩きやすく改良することです。
たいへんな労力が必要となりますので、いきなり長い道をつくろうとはしないで下さい。
未来技術村の労働力が疲弊し、滅亡の危機に瀕する恐れがあります。

簡単に言うと、皆がおなかをすかせて、疲れて死ぬことがあるので注意しましょう。


『道路舗装』にはいくつかの種類があります。
今回は『レンガ舗装』『石畳舗装』『クレタ式舗装』の三種類を教えます。


『レンガ舗装』
1:基礎を固める
『たこ』を使い、地面を突き固め、平面にする

2:レンガを敷き連ねる
平面になった地面にレンガを敷き連ねる。
その際、レンガとレンガの間に『ロームモルタル』を使いレンガとレンガが離れないようにする
このようなモルタルの使い方を『目地』に使うという

3:完成!
これで『レンガ舗装』は完成する
非常にたくさんのレンガを必要とするので注意
雨に弱く、上を重いものが通ることにも弱い。崩れることがある
崩れてもレンガを交換すれば修理できるので、その点メンテナンスは楽
このようにして舗装された道路を『レンガ道』と言う
特に黄色いレンガを使って作られた『レンガ道』を『イエロー・ブリック・ロード』と言う
願いがかなうエメラルドの都に続くと言われ、非常に縁起が良い

816 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 12:25:00 ID:lw8f3Jxl
『石畳舗装』
1:基礎を固める
『たこ』を使い、地面を突き固め、平面にする

2:玄武岩の板石を敷き連ねる
玄武岩を板状に加工し、平面になった地面にそれを敷き連ねる
板の厚さを薄くすれば、舗装が楽になるだろうが、道路の耐久性に難が出る
逆に厚くすれば耐久性は増すが舗装が大変になる
道の利用目的に沿って、適宜選択すること

3:完成!
これで『石畳舗装』は完成する
非常にたくさんの玄武岩を必要とするので注意
玄武岩が厚ければ上を重いものが通ることにも強いが、やはり雨には弱い
ただ、雨の降らない地方では非常に有効
あのピラミッドに使う大きな石も、『石畳舗装』で作られた道をコロによって運ばれてきた


817 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 12:58:12 ID:lw8f3Jxl
『クレタ式舗装』
1:基礎を作る
幅4メートル、深さ20センチの溝を掘る
『たこ』を使い、底を突き固め、平面にする

2:下層を作る
『石膏モルタル』を『目地』に使い、小石や砕いた石を溝の底に敷く

3:『ロームモルタル』を流し込む
下層の上に『ロームモルタル』を流し込み、平面にする

4:『玄武岩』の板石を敷き連ねる
『ロームモルタル』の上に玄武岩板を敷き連ねる

5:石灰石板を敷き連ねる
『玄武岩』板の上に『石膏モルタル』を『目地』にした石灰石板を敷き連ねる

6:脇に排水溝を作る
溝を彫った石灰石を道路の両脇に埋め、排水溝とする

7:完成!
これで『クレタ式舗装』は完成する
ものすごい手間がかかるので注意
ただし、ちゃんと作れば雨に荷重にも強く、3000年は使用に耐える

818 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 13:02:43 ID:lw8f3Jxl
以上、『道路舗装』でした。
道路の用途に応じて舗装の仕方は使い分けて下さい。

……多分『クレタ式舗装』は現段階の文明ではかなりのオーバースペックになると思いますが。
現状なら、『たこ』で地面を突き固めるだけでも舗装としては十分かも。

819 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 15:17:06 ID:lw8f3Jxl
今日のおまけ

モラーラ君へ
 種の無いバナナを増やす方法を教えよう。
 種の無いバナナの茎の脇から新芽が出ると思うけど、
 それを切り取って苗として育てます。
 ある程度大きくなったら畑に植え替えて生育させ、実を収穫します。
 こうすることで種無しバナナは増やすことが出来るのだ。バナーナ!

820 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 20:12:08 ID:Yp7Eq7AY
>>812
茄子
ttp://www.iz2.or.jp/hana2/main2_sub692.htm

821 :死者の代弁者:2005/07/21(木) 21:33:47 ID:ax4NFL7k
原始人さんこんばんは。

麻・大麻の栽培ですが、種をまいておけば、ほとんど放っておくだけで育つようです。
時々水をあげればそれでいいみたいです。

今日は『マニラ麻』の説明をします。
マニラ麻は、名前は麻とついていますが、バナナに似た4メートルぐらいの植物です。
麻に似た繊維が、1本あたり大麻の数倍と、大量に取れます。
マニラ麻は、麻より繊維が遥かに長く、とても丈夫なロープや布が作りやすいのが特徴です。
また、綿や麻よりも水に強く、雨ざらしにしても腐りません。

マニラ麻は、バナナの近くで見つかると思います。
以下のような姿をしています。
http://www.ogura.co.jp/abaca/abaca001.jpg

根元から切り倒して葉を落とし、皮を剥き取ってください。
種は持って帰って栽培することも出来ます。

皮を剥いたら、皮の内側から繊維をナイフでこそげおとしてください。
すごい量の繊維が取れます。
こそげおとした繊維は木の枝などにかけて乾かすだけで、すぐ使えます。

切り倒したマニラ麻は、放っておくとまた根元から芽を出して生えてきます。
200日ぐらいで元の大きさになるので、また繊維が取れます。
麻のように一年で枯れたりしないので、何度も何度も取れます。

マニラ麻の繊維で作ったロープや布は、麻よりすこしツルツルした感触になります。
試してみてください。

822 :死者の代弁者:2005/07/21(木) 21:34:41 ID:ax4NFL7k
【聞こえない声】
『マニラ麻』です。 アサではなく、バショウ科の植物だそうです。
ttp://www.ogura.co.jp/abaca.html

現代でも結構使われてて、和紙の材料にもなってるみたいですね。
丈夫な和紙が出来るので、紙衣を作るのなどに向くそうです。
合成繊維はまだまだ先になると思うので、丈夫で腐食しにくいところが役に立つかもしれません。
【ないしょ話ここまで】


823 :オーバーテクナナシー:2005/07/22(金) 21:57:27 ID:yQhsPNbg
生産高を上げるために肥料のご紹介をば

まずコウモリが大量に生息している洞窟を見つけてください
そこにはコウモリたちが排泄した糞が積もりに積もっているはずです
これを『バットグアノ』と言います
数年から数十年経っている比較的新しいものには窒素
数百年以上経っている古いものにはリン酸という
植物には必要不可欠なものが含まれています

量は大したことありませんので、大規模な農業をするには考えなきゃなりませんが
ひとまずはこれで充分だと思います

824 :死者の代弁者:2005/07/22(金) 22:55:05 ID:kX1Zqjxt
【聞こえない声】
>823
それって硝石作れるんじゃ…(汗

そういえば赤い池の水から化学肥料が作れますねえ。

【ないしょ話ここまで】

825 :オーバーテクナナシー:2005/07/22(金) 23:21:29 ID:yQhsPNbg
『コウモリ』がどういうものか書き忘れてた('A`)

コウモリは、夜活動する鳥のように空飛ぶ動物で
昼間は洞窟などの暗い場所に隠れて生活しています
色は黒いですが、お腹あたりは人間の肌と似たような色です

>>824
おそらく作れるんだろうと思うけど、自分の貧弱過ぎる化学知識じゃ
詳しい作り方がどうにも

826 :オーバーテクナナシー:2005/07/23(土) 13:01:05 ID:NWxXBtGi
からあげ

827 :オーバーテクナナシー:2005/07/23(土) 13:32:15 ID:7H/YSWA0
>>824
作れるつーよりすでに糞溜まりに硝石できてる、精製するだけ。

828 :オーバーテクナナシー:2005/07/23(土) 21:38:59 ID:fN8FoMAb
コウモリの巣ってガスマスクしないと数秒で気絶して数分で死ぬんじゃ?

829 :死者の代弁者:2005/07/23(土) 22:44:03 ID:6oge5/4S
【聞こえない声】
>825
うーん、化学は一応やってるけど、専門じゃないし、私も自信はないです。
前に、原始人さんに酸化窒素吸わせちゃったし(ゴメン
実験室の化学はどこまで通用するんだろう。

>827
そういうものですか…。
と、硝石について調べてみたところ、確かに自然に出来てそう。
なるほどなぁ。

>828
フンがたまってたらメタンガスとかありますかねえ。
そういえば前に、洞窟の入り方を説明してる人がいたような。


マニラ麻が採用されるか却下されるか、のんびり待ち中です。
大麻と同じ気候じゃ育たないかもしれないけど、バナナあるしなぁ…。
採用されたら橋の材料にしたいんです。無理かなあ。
【ないしょ話ここまで】


830 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 08:20:04 ID:irmQXsym
天井に100万匹以上のコウモリが張り付いてて、歩くと厚く積もった糞尿にヒザまで埋まって、現在進行形で散布され
メタンガスちアンモニアガスが立ち込めてる洞窟ならテレビで見たが
あれは極端な例で、かすかにアンモニア臭がして30分くらいで頭痛を起こす程度のが一般的だと思う。

831 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 14:35:45 ID:9vg0cVNL
うっかりたいまつ持ち込んで……とかなったら危険?

832 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/24(日) 19:44:46 ID:aHtpW/pA
砂糖は、人類にとって至高の一品であることは疑うまでもない。
その甘さは、万人を虜にして、まるで悪魔のごとく、そして天使のごとく
料理の「さしすせそ」の一番最初に謳われるほどでもある。

野生の『砂糖黍』を見つけることは特定の地域では、それほど難しいことではない。
ここ、未来技術村周辺でもそうだ。
生命力が強く、雨と陽射しさえあれば痩せた土壌にも元気に育つ。
肥えた黒土よりも、荒い砂地のような土壌を好む性質もある。
そんなこんなで、野生のソレをある程度増やしてみたナナッシ君は
砂糖つくりに挑戦をしてみたのだ。

オリーブ油と同じ要領で石臼ですりつぶしたあと、圧縮機にかける。
出てきた汁を土器に入れて煮詰める
そうして出来上がったものは、黒くボロボロと崩れる、やわらかい塊だ。

「これが、砂糖だか?」
圧倒的な甘みと、わずかな酸味、独特の風味と、原始人たちが知らない味が
いま、こうして加わったのだ。
でも、現代人が言う「砂糖」とは、何か違う様子。
アドバイスしだいでは、より純粋な甘みを取り出せるのでは?

833 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 20:01:18 ID:7/zbQP9N
それは黒砂糖という
白砂糖よりも栄養があるよ

834 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 22:07:33 ID:HnOKu/KP
んじゃ、簡単な白砂糖の作り方を。

1.>>832で作った『黒砂糖』を濡らした四角いガーゼで包みます。
  (目が粗いみたいなので2、3枚重ねたほうがいいかな?)

2.黒砂糖が溶けない程度に水をかけて湿らせます。

3.こぼれないように四隅を縛って、絞るように捻りあげていきます。

4.すると『糖蜜』という茶色い液体が染み出て来るのでこれを洗い流します。

5.糖蜜が出なくなるか、色が無くなるまで3−4を繰り返して完成。

黒砂糖より甘みが強くて口解けの良い『白砂糖』。まあ真っ白とはいかないだろうけど。

【聞こえない声】
誰か糖蜜の使い道知りませんか?833ネ申さんの言うように栄養はあると思うのですが。


835 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 22:07:39 ID:2l/JMUlD
現状では、砂糖の精製に労力を割く余裕は無いだろうから
黒砂糖のままで良いだろう。

836 :834:2005/07/24(日) 22:16:34 ID:HnOKu/KP
>>835
うーん。そうですね、この方法だと大量には作れないし・・・。
白い人への贈答用に少量作るってのはどうでしょうか。

837 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 22:17:27 ID:pWaoouqb
>>836
それやったら、大ピンチかと。
(侵略の目標にされそうな……)

838 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 22:20:43 ID:2l/JMUlD
原始人さんへ、疫病はどうなりましたか?
病人の数は以前より減っていますか?
それと、男と女の数と、働ける男は何人いるか教えて下さい。

839 :死者の代弁者:2005/07/24(日) 22:41:42 ID:g4IXBc8E
【聞こえない声】
黒砂糖いいですねー。
子供の頃、食いすぎて鼻血出したなあ。

精製は、氷砂糖を作って砕くのが一番簡単そうかな?
氷砂糖…氷砂糖もいいなー。

砂糖醤油で焼き餅が食べたい。ノリ巻いて。
コンビニでサトウの切り餅買ってきます。
【ないしょ話ここまで】


840 :死者の代弁者:2005/07/24(日) 22:47:11 ID:g4IXBc8E
おお、すでに精製方法が。

>834さんの方法は、めちゃくちゃ美味しい砂糖が出来るんですよねー。
和三盆っすね。

出てきた蜜は甘いけど、食べると喉がイガイガします。
食べる以外の用途って何かあるでしょうか。

841 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 22:51:57 ID:7jW/rxqW
糖蜜はアルコールの材料なんかに使われるな、作り方はさっぱり知らないけれど

842 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/24(日) 23:04:47 ID:s0K5K/ft
麦や米、粟等の穀物や、オリーブ油、そして、最近作られるようになった砂糖、サツマイモ等を
もしものために、大量に保管している場所がある。
管理しているのは、レイのスーパーマーケットの女衆で陣頭指揮をとっているのは長老である。

長老は若いころに7人の女と20人の子供を作ったという、男衆にとっても女衆にもっとも
伝説とも言えるスーパーマンである。モラーラやモーナーはその孫にあたるらしい。
袋も無い状態で、それだけ沢山の家族を養った長老・・・恐るべし

閑話休題

で、保管場所でちょっとした騒ぎがあったのだ。
内容は、保管してある食べ物が無くなるというもの。
原因は以前にネ申の一人が言っていた『ねずみ』という動物に間違いないようである。
穀物の入った壺の中に入っていた動物がその特徴と一致したためだ。

保管場所は以前に住居として使っていた洞窟のひとつで
動物が入り込まないように柵がしてあったのだが、これでは防げなかったようだ。

長老直々にナナッシに良い知恵は無いかと訪ねてきたのだが・・・・・

「ネ申さんたち、どんなもんだかねぇ」

と、当人も困っている様子。何とかしてあげてください。

843 :初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/24(日) 23:33:36 ID:s0K5K/ft
>34で作成され、駄目だしを受けたカマドだが
ついにその改良型が完成した

カマドの中央前方に土器を差し入れしたり、燃料を足したりするための入り口
後方には煙突へつながる口がある。
ナナッシの背の高さほど(約5尺)の煙突もついている。
左右にアーチを組んで、前方から入った空気が淀まないように作ったのだ。
図で表すと
http://www2.atwiki.jp/rokurei60/pages/101.html
なかんじだ。

横幅4キュービット
奥行き8キュービット
高さ3キュービット
と巨大なものだが、入り口は小さいので(屈まないと入れない)
それほど大きな土器は焼けないが、大量に焼くことが可能だ。

でも、思い出して欲しい
レンガの素材を
これで本当に良いのか?
構造もこれで良いのか?
このカマドで、陶器が焼けるのか?
っていうか、このカマドつかえるのか?

あー、それと、接地場所は屋外なのであしからず・・・・

844 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 23:37:47 ID:SLn5f1Ir
一般的なのはネズミ返し付きの高床式倉庫なんだろうけど、
今の製材技術ではむりかなぁ。
作物を入れた容器を密閉する方が早いか?

845 :死者の代弁者:2005/07/25(月) 00:06:56 ID:VY+GxKP0
原始人さん、カマド作ってたのね…
2スレ >>84 のダメ出しの件ですね。
陶器については、2スレ >>322 で使った、古い方のカマドを想定してました。
だから、古い方のカマドでも作れなくはないと思います。

新しいカマドってどうなんだろう。カマドのことはよくわかりません。
先に橋を作って、珪藻土を入手するのかと思ってた・・・。

対ネズミ策としては猫を飼うというのはどうでしょう。
猫ってどこにいるんだ…?

846 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 01:26:11 ID:ep8txN9Z
ねずみ対策ですが、前スレの444のように地面から持ち上げた倉庫を作ります。
倉庫の足には板をつけます。
これが844さんの言うねずみ返しです。

847 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 12:15:27 ID:bZV/lRv9
>>843
そこまで念を押してくるということは、
何か見落としてる部分があるんだろうな〜。思い付かん。

>>844
やはり鋸が無いと板を沢山作れないね。なんとか金属を使わずに、
鋸を作製出来ないもんかな。調べたけど細石器を使った、
鎌みたいなものしか見付からなかったよ。

848 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 12:38:18 ID:eOZbh9sd
鋸状石器は、たぶん鋸のような形をした石器なだけであって
鋸の用途には使っていなかったのでは・・・

849 :847:2005/07/25(月) 13:01:10 ID:bZV/lRv9
>>848
そうなんだよな〜。どう見ても木材は切れそうにない。
丸太を削り出して作るか、青銅を作れるようになるまで待つしか無いのか。

実際の石器時代も板の大量生産は出来なかったんだろか?

850 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 13:24:40 ID:eOZbh9sd
>>843
Q:レンガの素材は、これで本当に良いのか?

あまりよくない
そのカマドは耐火煉瓦を焼く用途に使って、耐火煉瓦が必要な数揃ったら
新たなカマドを組み立てた方が良いでしょう
普通のレンガでは耐熱というよりも、断熱性能が弱いために熱が逃げてしまって
カマド内の温度が上がらないかもしれない

Q: 構造もこれで良いのか?

絵を見た感じでは、まあまあよいかも?
欲を言えば、中程から手前の焚口に向かって少しすぼまっているような形になっていると良い
角になる部分はなるべく無い方が良い等・・・くらいかな?
でも実際に火を入れてみないと分からない

Q:このカマドで、陶器が焼けるのか?

これもやってみないと分からない
1200℃までは上がらないかも
火の色を見て赤く見えているようだと温度足りてないです
温度が低いと焼成時間がすごく長く掛かります・・・半月とか orz

Q:っていうか、このカマドつかえるのか?

使ってみないと分からない
使う前から良いか悪いか聞かれても良く分からない
使ってみて、不具合があったらその都度報告してくれた方が対策立てやすいです

851 :850:2005/07/25(月) 13:33:22 ID:eOZbh9sd
あと、めんどくさいかもしれないけど屋根は付けたほうが良いよ

852 :死者の代弁者:2005/07/25(月) 19:41:35 ID:VY+GxKP0
【聞こえない声】

耐火煉瓦がないうちは穴窯がよさそうだなあ…。(勉強してきたw)

穴窯は煉瓦使わないし、退化してるって声も聞こえてきそうだけど、
温度は1100度こえるらしいし、耐火煉瓦なしだからよさげ。
須恵器の頃のものだけど、現代でも陶器焼くのに使うらしいから実際に使えるはず。

穴窯は粘土質の斜面に沿って穴を掘り、屋根だけ粘土で作るというものです。
半分地下なので、耐火煉瓦がなくても熱が逃げにくく、高熱になります。

あとネズミですが、ペストがこわい。
ネズミはエサがなくなると人でも寝てる間に狙うらしいし、ペストが広まったらやばすぎです。

治療なしでペストにかかると致死率は100%ともいわれてるようで、
現在の我々には現実味がないですが、サーズやエボラよりヤバい病気みたいです。
なので、ネズミ返しより、犬や猫を使った駆除の方向で行けないでしょうか。

【ないしょ話ここまで】

853 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 20:46:06 ID:eOZbh9sd
陶器を焼く目的だけなら穴釜でもいいんですけど
耐火煉瓦→高温型カマド→陶磁器
耐火煉瓦→溶解炉→坩堝→銅
とか、技術を繋げてゆきたいので、あえて新型カマドに拘ってみました

854 :死者の代弁者:2005/07/25(月) 22:02:37 ID:VY+GxKP0
【聞こえない声】
>853
穴窯は、新型がダメだった場合に、原始人さんに説明しようかなと思って調べてきました。
なので、不要なら、聞こえない声のまんま流しちゃってください。

とりあえず、耐火煉瓦の材料が足りないのが問題ですよね。
 ●珪藻土で耐火煉瓦→ 橋がないと珪藻土が足りない
 ●珪石で耐火煉瓦 → 珪石をすりつぶして、そんなに大量に使うのは大変
なので、今回の新型カマドは普通の煉瓦ですね。

耐火煉瓦じゃないからって、1800度ぐらいまでは普通の煉瓦でも壊れたりしないはずですよね。
熱が逃げやすくて、窯の中が高温にならないのが問題なのだと思います。
ネ申さんたちが構造は大丈夫そうと言ってらっしゃいますから、問題はそこ(熱が逃げる)かと。

珪藻土がたくさん持ってこれるようになったら、さらに新型カマドの作成ですね。
【ないしょ話ここまで】


855 :死者の代弁者:2005/07/25(月) 22:21:18 ID:VY+GxKP0
原始人さんへ。

新しいカマドの作成、お疲れ様でした。
まだ耐火煉瓦が足りないと思うので、このままではカマドの中が十分に熱くならないかもしれません。
そこで、カマドのまわりや上に土をかぶせてください。
かぶせる土は、粘土に、珪藻土や珪石のかけらを混ぜたものを使ってください。

あんまりたくさん土をかけると、重さでカマドが壊れてしまうといけないので、注意してください。
私たちの世界では、5センチぐらいの厚さで土をかけると、かなりの効果があると言われているようです。(曖昧ですいません…。)
粘土をかぶせたら、粘土がしっかり乾くのを待ってから、カマドを使うようにしてくださいね。

それで陶器が作れるか、銅を作ることが出来るか試してみてください。
もしダメだったら、今回のカマドは土器をたくさん作るのに使って、今度は橋を作って珪藻土を取りに行きましょう。
珪藻土を使えば、きっともっと凄いカマドができるはずです。
作り方は、私以外のネ申さんが教えてくれるはずです…(汗)

それにネズミ対策もしなくちゃいけませんね。
ネズミが増えると、ペストと言うとても危ない病気がはやる事があります。
そうなる前にネズミをなんとかしましょう。

856 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 22:26:10 ID:9fP9btgb
『ネズミ捕り』について
ネズミを捕まえるために簡単に作れる罠を作りましょう。

1:土器の壺に水を張る
2:水面に脱穀したあとの米の籾殻を撒き、水が見えないようにする
3:ネズミの出そうなところに置いておく

ネズミはバカなので、これだけで次々と入水自殺してくれます。
ぜひお試しあれ。

857 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 23:44:30 ID:xHGUEoax
耐火煉瓦って定義されてたかな?

されていたらすまん。しかし、すでに情報が多すぎてまとめサイトを見ても
何が定義されたかすぐにはわからなくなってるな

858 :死者の代弁者:2005/07/26(火) 02:00:38 ID:Rf7NSMz5
【聞こえない声】

>856
なるほど、金属がなくてもネズミとり罠ってできるんですね。
かじられるからダメかと思った…チーズないし。

>857
まとめサイトの検索、便利ですよー。
ありがたく使わせていただいてます。m(_ _)mカンシャ

耐火煉瓦は珪藻土と粘土を混ぜて焼く煉瓦と定義されていたと思います。
2スレの >>63 で説明がありますね。
検索結果によると、1スレでもうすでに耐火煉瓦の話題が出てるようです。

あ、でも耐火煉瓦の効果とか、使う理由は説明してないかも。
だから原始人さん、耐火煉瓦なしで窯作っちゃったのか。

【ないしょ話ここまで】


859 :死者の代弁者:2005/07/26(火) 02:14:09 ID:Rf7NSMz5

【聞こえない声】

すいません、 >>858 で嘘書いたかもしれない。

『珪藻土』のところで耐火煉瓦って言葉は出てますけど、『耐火煉瓦』にはなってませんね。
『』つきの『耐火煉瓦』は >>599 で名前だけ出てますけど、内容説明の >>600 では耐火煉瓦って言葉がない。
もしかしたら原始人さんの中では、耐火煉瓦、定義されてないかもしれないです。
『』なしでは話題に出てるから、もしかしたら通じるかもしれないけど。

さっき普通に原始人さんに耐火煉瓦って言葉使ってしまった。
通じるだろうか。

【ないしょ話ここまで】


860 :オーバーテクナナシー:2005/07/26(火) 03:11:59 ID:MpZwv9Yc
【聞こえない声】
高野山で見かけたけど、ネズミよけに上から吊った板の上に保管するのはいかがでしょう?
普通に吊ると吊った部分を伝ってネズミが降りてきますが、そうならないように屋根をかけて、屋根の周りを屋根から垂らした紙で完全に囲むと。
要は、吊られたミニ東屋の軒先全体にのれんが掛かってるみたいな構造なわけですが。わかりますかね・・・。

861 :オーバーテクナナシー:2005/07/26(火) 07:35:39 ID:m7uu0S73
橋について。
いきなり木で橋を造るのは難易度が高そうなので
細い丸太を指して、ロープで橋を造りましょう。
これを「モンキーブリッジ」と言います。
細かい作り方・中で使われる結び方については以下参照のこと

モンキーブリッジの作り方
http://www.bsf1.com/modules/tinyd0/index.php?id=2

巻き結び
http://www.bsf1.com/modules/tinyd0/index.php?id=2

はさみ縛り・角縛り
http://www.scout-y.jp/bskofu5/rope/nawa-trg2.htm

862 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 01:06:05 ID:GaHaRw0O
原始人に技術を教えるスレ@のーがくばん
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1111024841/
■運動神経ゼロの♂は太古なら飢え死に■
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/noroma/1091231641/

こんなスレッドがあるけど過疎っている。
次スレはたてずこっちでやるほうが鯖によさげ

スレッドを無駄にするな。NHK教育とかの鯖がおちてたぞ


863 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 05:42:23 ID:y7vGl0gv
>原始人
動物の頭をチョン切って、縄をつけて川に沈めて
数日後に引き上げればヌルヌルして細長い魚がたくさん取れるぞ。

864 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 10:05:53 ID:zGh/aoqc
【聞こえない声】
猫の起源について調べてみましたが、イエネコの元はリビアヤマネコという野生種のようですね。
猫は大体1500万年ほど前から今の姿でいるようです。
乾燥に強く、夜目が利き、距離を測りやすい前方に揃った両目と、柔軟で筋肉質の体、爪、牙、耳。
挙げていけば枚挙に暇が無いほどの便利な能力を身につけた彼らは、もはや進化する必要が無いのかもしれません。
撫でると気持ちいいし。
【聞こえない声ここまで】

原始人さん、森の中などで、1キュービットほどの動物を見たことがありませんか?
枯草色の色の体に、濡れた土の色の斑点があったりします。尻尾の長さは半キュービットよりちょっと長いほどです。
両目が顔の前側についていて、暗いところで赤く光ったりします。
狼と違って鼻が低いです。
この動物は、『猫』といいます。
猫は肉食で、ねずみや小さな虫を捕まえることが得意です。
食べ物の保存場所に放しておけば、きっとねずみを退治してくれるでしょう。

では、猫の捕まえ方です。
まず、新鮮な肉の切れ端を用意してください。鶏肉でも獣肉でも構いません。
猫を見つけたら、15キュービットほど離れた場所でしゃがみこみ、肉の切れ端を猫に見せながら舌を鳴らしてください。
近寄ってこないようでしたら、肉を地面に置いて15キュービットほど離れてください。
ずっと繰り返していると、そのうち肉を出さなくても近寄ってくるようになります。そうしたら、肉で誘いながら村へ連れて行ってください。
少しずつ少しずつ引き寄せていって保管場所で肉を食べさせるようにすると、そのうち保管場所に居着くようになります。
これであとは放っておいてもねずみを捕ってくれるでしょう。
大事なのは猫と仲良くなることです。叩いたり蹴ったり脅かしたり追いまわしていじめたりせず、優しくしてください。
また、猫と仲良くなったら耳の後ろや背中などを撫でてみることをお勧めします。猫も喜びますし、毛皮がさらさらして気持ちいいですよ。

こうやって食べ物で動物と仲良くなる行為を『餌付け』と言います。
狼なんかも、捕まえてから餌付けするといろいろな使い道があるかも知れませんよ。

865 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 10:43:20 ID:s9TvUi8B
>>863
捕れたのが鰻ならいいけど、
カンディルみたいな奴だったら((;゚Д゚))

陶器を作れるようになったら醤油を作って鰻丼(゚Д゚)ウマー

866 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 14:37:36 ID:Z4Ulbzd9
スレの舞台がどうなのかは知らないけど、
日本では猫って遣隋使辺りでネズミ避けに輸入されたんじゃなかったっけ?

とりあえずググってみた。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=mozclient&scoring=d&ie=utf-8&oe=utf-8&q=%E7%8C%AB+%E8%BC%B8%E5%85%A5+%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E8%B5%B7%E6%BA%90

867 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 15:07:02 ID:Z4Ulbzd9
多少調べてみたが、日本における猫科の在来種は、
対馬のツシマヤマネコと西表島のイリオモテヤマネコの2種だけで、
イエネコは奈良時代頃に経典をネズミから守る目的で輸入されたのが最初らしい。
もし舞台が日本なら、猫の存在は期待できないと思う。

868 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 15:12:54 ID:/KeEBEgB
舞台は日本じゃないよ、とりあえず過去ログ読むことをオススメする
>>389がまとめね


869 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 17:03:42 ID:zGh/aoqc
【聞こえない声】
オリーブの起源が小アジアだそうなので、その辺にならリビアヤマネコとかいるかなーと。
とりあえず猫と餌付けを定義しようと思いました。

というか猫ですよ! さらさらのふわふわですよ! 冬の寝床のお供ですよ!
おなか触って迷惑そうな眼差しを向けられるのは癖に……!
ついでに中型くらいの鳥なら追っ払ってくれるかもしれない。カラスサイズになると、よほどの大猫(6kg超)でも無理だけど。
カラスちょっと大きすぎ
【聞こえない声ここまで】

870 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 17:08:34 ID:AWaH+LJE
>>865
カンディルはアンモニアを感知して、それを魚のエラだと思って食いつくので
動物の頭なら無視するんじゃないでしょうか。
アマゾン原住民の女性は腰まで川に浸かって放尿する習慣があるので
この魚が入り込んで食いつくという被害で出るらしいですし。

871 :死者の代弁者:2005/07/27(水) 18:56:01 ID:b/zdKrXE
猫だ!
リビアから来たのか…。

>原始人さん

猫は犬と違って、しばりつけて飼うことは出来ません。
気ままな生き物ですから、無理に近くに置いておこうとすると、かえって離れていきます。

ネズミのいる間は、ネズミを狙って近くに住むようになると思います。
ネズミを全滅させるのは不可能に近いので、猫とは長い付き合いになると思います。
エサをあげたりして仲良くしていれば、むこうから寄ってくるようになります。

ちなみに猫は食べても美味しくありません。
なので、あんまりいじめないであげてください。

872 :死者の代弁者:2005/07/27(水) 20:22:55 ID:b/zdKrXE
【聞こえない声】
カンディルって何かな〜?と思って調べてみた。

ttp://kcva.or.jp/aquarium/cont/cont01/info/info-120.htm
なんか怖いっす、この魚…。
ピラニアより危ないの?

っていうかアマゾンの人は、こんなのがいても川でおしっこするのはなぜだろうw
そんなにきもちいいのか?
海水浴場で試(ry
【聞こえない声ここまで】


873 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 21:20:18 ID:bmfMQREd
<聞えない声>
リビアヤマネコって、猛獣じゃなかったか?
下手にかまうと死人が出るぞ。
</聞えない声>

874 :死者の代弁者:2005/07/27(水) 21:52:50 ID:b/zdKrXE
【聞こえない声】
>873
ぐぐってみました。
猛獣は猛獣だけど、人間みたいな大きな生き物には手を出さないみたいですよ。
イエネコに比べても、たいして変わらないぐらいの大きさのようです。

↓に、ウサギとか鳥とか、虫とか食べてるんだって書いてありました。
ttp://www.necozanmai.com/zatsugaku/origin-cats.html

でも、人にはかなりなつきにくいそうです。
いっしょに寝れるようになるまでは時間かかりそうですね〜。
【ないしょ話ここまで】

875 :死者の代弁者:2005/07/27(水) 21:58:58 ID:b/zdKrXE
ちょっと思ったんですが、猫が来たらニワトリ食われて全滅の予感(w
猫が入れないぐらいの小屋とか、そろそろ必要かも。
っても作り方よくわかんないんですけどね。ログハウス風?

あ、ニワトリを竹のカゴとかにでも入れとけばいいのかな。

876 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 22:00:43 ID:bb1VEBth
>>862
農業に関するアドバイスを受けたいのなら、農学板より園芸板に立てた方がいいと思われ・・・

877 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 22:28:30 ID:GaHaRw0O
    個人的に興味深いスレッド
■運動神経ゼロの♂は太古なら飢え死に■
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/noroma/1091231641/

次の試練はとめるものと貧しいものの対立であるが、
何が原因で貧富の差が起こるのだろうか?
原因のひとつとして『運動音痴』があるのではないか。

878 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 22:29:43 ID:ByhFuT3g
子猫が鳥小屋に近付いたときカワイイと傍観してると鳥を襲う猫になる。
子猫に噛まれた時も痛がったり叱ったりしないと容赦なく噛み付く猫になる。
あと兄弟と思われず、母親だと思われるようにしないと言う事はききにくい。

猫は群れの順列に服従する習性はないけど
母猫から教育を受け兄弟と遊ぶ習性はあるから、それをちゃんとふまえればしつけられる。

879 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 22:32:53 ID:s9TvUi8B
原始人さん、カマドどうだった?
失敗してなきゃいいけど・・・。

880 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 23:07:46 ID:5pUb6DDy
それに麻疹どうだった?
全滅してなきゃいいけど…。

881 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/27(水) 23:48:05 ID:aZJXq400
『藍』と『藤』をみつかただよー
それで作るものは、ちょっとまつだよ。
特に鎧のほうは、時間がかかりそうだよ。

>723
虫歯っていうびょうきがあるだか?
歯に穴があくだなんてこわかねー
歯磨き粉をつくってみるだよ。

>726
油粕と発酵油粕だだねー、おぼえただよー。
さっそく、麦の畑にまいてみるだよー

そうそう、木綿糸で作った布で、服をつくってみただよ。
軽くて、チクチクしないだねー
でも相変わらず、向こうが透けてみるだね。
あったかさだと、皮で作った服がいちばんだね
それと、木綿糸で作った布はばらばらになりやすいみたいだよ。
布のふちをニカワで固めてるだが、布の隙間がなくなると、ばらばらに
なりにくくなるような気がするだよ。
どうにかならんだかねー

(いまだ、石と棒で布を編んである原始人であった)

882 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/28(木) 00:04:11 ID:zTKgEFiz
>780
しゅーこーしゅこー<呼吸音
マスクつくってみただよ。
なんだか、空気が生暖かいだよ。

>803
『長石』と『珪石』がわかっただよ。
で、『アルカリ釉薬』っていうのをつかって、
『陶器』っていうのを作ってみだよ。
一時ほどフイゴをふいてみただが、
ツルツルのところと、ざらざらのところと、ぼろぼろできただよ。
土器の下だけツルツルでも駄目だとおもうだね。
もっと、全体的にあっつくしないとだめだかねー?

>812
ナスってなんだ?
塗布っていうのもわからねぇだよ。

>814
道路舗装についてだいたいわかっただよ。
とりあえす、『たこ』っていうのをつくってみて、地面を叩いてみるだよ。
陶器を作るときもそうなんだが、石灰や石膏っていうのは、あまり沢山はこべねえだね
いっぱい作ろうと思ったら、川の向こうやら、山の上やらからもってこねぇとだめだよ
石灰は、小さい石ころもあるみたいだども、大きな塊みたいなのが多いみたいだよ
岩を小さくする方法がほしいだね。
石膏は熱い池の中だよ。オタマで掬える範囲は狭いだね。

>891
土器に黒い土をいっぱい入れて、新芽をうめてみただよ
これでうまくいくだか?



883 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/28(木) 00:08:21 ID:zTKgEFiz
>820
ナスの形や色はわかっただよー
だども、どんなところに生えてるかもおしえてほしいだね

>821
おおー麻は簡単にそだつだか?
今度やってみるだね
『マニラ麻』は探してみるだで、すこしまつだよ。

>823,>825
『コウモリ』だかー、なんか、森のほうにいたようなきもするだなー
探してみるだで、まつだよー



884 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 09:44:43 ID:RpPvCujC
>原始人サン
> 土器に黒い土をいっぱい入れて、新芽をうめてみただよ
> これでうまくいくだか?
それで大丈夫なはずです。しっかり根が張るまでは日陰で育てましょう。
根が張れば畑に植え替え、油粕の肥料をやりましょう。

<聞こえない声>
布作りに関して、こういうページを見つけました。
ttp://www.ishikawa-maibun.or.jp/taiken/hataori/hataori_histry.html
……しっかし説明するの難しそう。
昔の人はよくこんな方法考え付いたもんだねぇ。

885 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 09:57:39 ID:i7NJb083
糸を手で交互にくぐらせて布を織るのは大変そうだよねー
いまの糸ってまだ手縒りでけっこう太いよね?
数年前に流行った指編み(リリアン?)でマフラー程度の幅の織物なら
簡単にできるんだけどあれなら楽でかつほどけにくくないかな
幅の太い布は何本かつくってはぎ合わせればいいし
不器用なヒトや体力がなくて長時間労働従事できないヒトや子供でもできる
生産性があがると思う……でも極太毛糸でやるものだから手縒り糸じゃ無理かな?


886 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 10:32:08 ID:i7NJb083
他人のフォローを待つより、教えてあげられることから書いてみるかな。

>原始人さんへ

今日は『編み物』を教えます。
編み物というのは、一本のながーーーーい糸だけで布をつくる方法です。
編み物をつくることを『編む』といいます。
糸をたくさん用意して並べて交互にくぐらせていくのは場所もとるし
大変ですよね?
編み物ができるようになると、道具ゼロか1,2本の細い棒と
一本の糸だけで場所も選ばずに布をつくることができるようになります。
技術もあんまり要りませんしばらばらにもなりにくいです。
ちいさな女の子とかに教えると喜んで一日中編んでますよ。
女の子どうしで集まってお喋りしながら編み物をするのは楽しくて
生産性の高いいいことづくめの作業です。

今日はそのなかでも道具がなにも要らない『指編み』を教えます。
できあがる布の幅は狭いですが、後から何本かくっつければ
幅を広くすることはできるでしょう。

用意するもの:太めのながーーーい糸を一本。長ければ長いほど
       できあがる布も長いものができます。
注意事項:全般的に糸はゆるーく巻きつけてください。
     キツキツにすると指から糸が抜けなくなります。


887 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 10:33:06 ID:i7NJb083

1 糸を2〜3回親指に巻きつけてから、
 人差し指の前→中指の後ろ→薬指の前→小指の後ろを通します。
2 小指のところで前に回したあとに、
 薬指の後ろ→中指の前→人差し指の後ろへと糸を通します。
3 人差し指のところで前に回し
 そのまま小指のところまで糸を持っていきます。
4 人差し指にかかっていた糸を引き出し、
 先ほど横に流した糸の下手前から指の後ろへかえします。
 (人差し指をまげて糸の下をくぐらせる感じ)
5 同様に中指の糸を横に流した糸の下から
 引き上げて指の後ろにかえします。
6 同じ要領で薬指の糸も後ろにかえします。
 さらに小指の糸も後ろにかえします。
7 次に糸はしを小指の後ろから人差し指をまわして
 小指の方に戻します。
 (ちょうど4本の指の回りを一回転させる感じ)
8 3〜7を繰り返します。

ぼ〜〜〜〜っと3〜7を繰り返していると、手の甲にどんどんながーーーい
布が出来ていきます。
ここでもういいや、と思ったら糸の最後を手の幅ぶんくらい余らせて切り、
布に絡める感じでしっかりと結んでください。
最初に親指に絡ませてあった糸も同じように結んでください。
これで、この最初と最後の糸の結び目さえほどけなければ
布がばらばらになることは(切られない限り)ありません。

糸が細めだったら、何本かを縒り合わせる様にするとスカスカしないでしょう。


888 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 15:29:09 ID:RpPvCujC
>原始人サン
大きな岩の砕き方をお教えします。

1:岩の一部を熱する
  焚き火とふいごを使い、強火で岩の一部を熱しましょう。
2:冷たい水をかける
  水鉄砲や壷などを使い、熱した部分に水をかける。
3:砕ける
  岩目に沿ってすごい勢いで岩が炸裂します。大変危険です。

青銅製の鑿でもあればもっと安全に砕くことが出来ますが、
今はこれが精一杯。
なるべく岩から離れて水をかけましょう。

<聞こえない声>
布が織れたり、高度な農耕をしたり、そろそろ原始人というよりかは、
文明人らしくなって来ましたね。
そろそろこの文明の名前でも考えましょうか?

ついでに、ネズミ被害には生活板名物ネズミ退治スレをご参考に
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1113863359/

889 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 17:10:43 ID:xTeQNtUs
割れ目が少しでもあるなら、そこへ乾燥した木の『楔』(V字形の木片)を打ち込んで
水をかけると、木が膨張して岩を割る事が出来ます

ある程度柔らかい種類の岩なら石器でも溝を掘る事が出来るので、上記の方法で割る事が出来ます

---------------------------------------------------------------
<聞こえない声>
(エジプトのピラミッドの岩は石器で切り出されていたそうです)
---------------------------------------------------------------

石器の歯が立たないほど硬い岩ならば、同じ種類の岩をぶつけて砕くのが手っ取り早いです
砕けないまでも、上手くひびが入れば、上記の方法で割る事が出来ます

890 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 17:17:43 ID:xTeQNtUs
>石膏は熱い池の中だよ。オタマで掬える範囲は狭いだね。

お玉の大きな物を作ればよい
大きな物を『柄杓』という

891 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 21:14:14 ID:qiHWZb/G
<聞えない声>
木製楔に水かけて石割って、ピラミッド石材の切り出しのときによく聞くけど、
じっさい、そんなことできるのかねぇ?
水吸って石を割るほどの高膨張率+強度を持つ木って、一体何なんだろう?
<聞えない声ここまで>

892 :原始人@初代1 ◆zhFdGsjV7M :2005/07/28(木) 21:42:23 ID:zTKgEFiz
>828,830,831
内容は良くわからねぇだが、コウモリの巣はあぶねぇからはるなってことだか?

>833
これは、『黒砂糖』っていうだか?
白いのもあるだか?

>834
この茶色っぽいやつが白砂糖だか?
なんだこれ?すげーうまいぞ。
手間はかかるだが、甘くて幸せになるだよ。
これを沢山作る方法はねぇだかねぇ

>835
とりあえず、皆には黒砂糖のほうをおしえてみただよ。
さっそく、モラーラが沢山作るとかいってるだねぇ。
圧搾機を持ってるモラーラなら、沢山作れそうだねぇ。
女衆もこの食べ物が気に入ったらしいだよ。
圧搾機がほしいといいだしただねぇ。

>846-837
ん?白い人におしえちゃだめだか?
そーいや、マックはどうしてるだかねぇ

>838
最近は、麻疹に新しくかかる人も少なくなってきただよ。
これ、ネ申さん達のおかげかねー
働ける男はいまのところ、30人ぐらいだとおもうだよ。
風疹のせいで少しへっただよ。

893 :死者の代弁者:2005/07/28(木) 21:45:07 ID:I7iqvwVC
原始人さん、お疲れ様です。

鎧は多分ものすごく時間かかるので、暇があったらやってみてください。
別の材料で作ったほうがいいのかな…。

陶器はカマドの熱さが足りなかったみたいですね。
っていうことは多分、青銅を作るのもまだ無理かな。

マニラ麻、期待してます。
ものすごく丈夫なロープが出来るので、簡単には落ちないような橋を作りましょう。
重いものを運ぶたびに壊れるような橋では困りますから。

ところでなんだか、すごいマスクができてるような気がするんですが(笑)

黒い『兜』をかぶって、黒い『マスク』をして、黒い鎧を着て、しゅこーしゅこーって言うひとを
『ダースベイダー』といいます。
↓こんなんです。
ttp://www.mamegyorai.co.jp/images/items/37713-w300.jpg
…特に意味はありませんが、有名人です。

894 :死者の代弁者:2005/07/28(木) 22:32:22 ID:I7iqvwVC
>>892
コウモリの巣は、今のところはまだ、あまり奥まで入らない方がいいかもしれません。
でも入り口の近くで、入り口より低くなっていない場所までなら、入っても大丈夫だと思います。
ただし、コウモリの巣に松明や火を持って入るのは、念のためにやめておきましょう。

茶色いぐらいまでの砂糖を、『粗糖』といいます。
白砂糖は、もっと白いです。
袋に入れて、ずーっと揉んでいると、ものすごく白い砂糖になりますよ。
でも、その方法では、たくさん作るのは大変です。

たくさん作るには、お湯を使う方法がありますが、土器ではちょっと難しいかもしれません。
陶器ができたら、白い砂糖を作る方法を説明しますね。
『氷砂糖』という、水晶みたいな大きな砂糖のかたまりを作ることもできますので、楽しみにしていてください。

895 :死者の代弁者:2005/07/28(木) 23:08:29 ID:I7iqvwVC
【聞こえない声】
>>891
石の種類にもよると思うんですが、結構どんな木でもいけるのかもしれません。
石って押さえつけられる(圧縮される)方向の力にはめちゃくちゃ強いので硬く感じますが、
引っ張る力や裂く力には弱いですから…。
鉄筋コンクリートとかは、その性質を鉄筋(引っ張りに強い)でおぎなうものですね。

岩を割って育つ木とか実際にありますし、見たことある人もいるんじゃないかと思います。
でも、木の根が育つ力って、結局のところ水で膨張する力を超えることはできませんよね。
だから、どんな木でもできちゃうかもしれませんよ。

↓岩割の松
ttp://www26.tok2.com/home/hamachan/site/ono1-19.jpg
【ないしょ話ここまで】


896 :オーバーテクナナシー:2005/07/28(木) 23:18:12 ID:HTeIR+zV
麻疹の流行が下火になって来たようで嬉しいかぎりです。
ともあれ、亡くなった方々のご冥福を・・・。

そういえば、原始人さんたちは亡くなった人たちを
慰める為に
どんな事をしてるんでしょうか?
また、死んだ人はその後、どうなると思いますか?
考えを聞かせてください。
【聞こえない声】
ナナッシたちの死生観について知りたかったのです。
モラーラたちの教団(?)が冠婚葬祭も執り行っているのかな、と。

897 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 00:08:52 ID:gKiy2jfb
働ける男が30人…人口は200人だったから、男女比と就労可能な男性の
比率が変わってなかったら、全体で30%程度減ったのかな。結構減ったな。

ねずみ対策と肥料の作成が急務だね。

原始人さん、鶏小屋は復旧していますか?
復旧しているなら、小屋の床へ『くん炭』を敷き詰めて『発酵鶏糞』を作りましょう。
『発酵鶏糞』は肥料になります。
鶏は砂浴びをする際に、地面の鶏の糞を『攪拌』(物を混ぜる事)しますので、
糞は自然に発酵します。
くん炭は発酵に必要な『微生物』(目に見えない程小さい生物)の住みかに
なるので、発酵を促進します。それと、鶏の健康維持にも役立つのです。
くん炭を敷き詰めてから、一年は放っておきましょう。一年後に肥料として
使えるようになるので、それを取り出して、また新しいくん炭を敷き詰めます。

898 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 00:17:14 ID:gKiy2jfb
くん炭の作り方です。
大きな土器の中に籾殻を入れ、土器で作った蓋をします。
そして、土器の周りに薪を置き焚き火をします。
時々蓋を開けて木の棒で、中の籾殻をかき混ぜ、全ての籾殻が
黒くなったら『くん炭』の完成です。

899 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 00:24:14 ID:gKiy2jfb
訂正します。
>897と>898の『くん炭』は、『籾殻くん炭』の間違えでした。


900 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 08:05:51 ID:0WAflbRz
【聞えない声】
とりあえず疫病が治まったんなら、次の目標は
・川向こうの資源確保(白い人に目をつけられる)
・社会構造の変革(貧富の差の増大)
のどちらかになるのかな?
【聞えない声ここまで】

901 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 15:57:38 ID:CXEtja3f
【聞こえない声】
貧富の差が先だな。
村全体の数、さらに男の数が疫病でずいぶん減っちゃったから
白い人たちと険悪になるのはちょっとやばい。
あっちは統率も取れてるようだし戦になったら勝ち目ないしな。
貧富の差が出てくれば長老の次のリーダーも台頭してくるだろうし
いずれ来る戦にも指揮統率出来るような人材が現れれば+だと思う。
何より戸籍や婚姻、血縁関係も今以上にしっかりしてくるだろ
(富のある奴はやっぱ世襲とかするだろうしな)
【ここまで】

902 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 17:35:45 ID:bgfNtg+z
現代、戸籍制度の有る国は日本と韓国と台湾だけだろ?

903 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 18:52:49 ID:mgBJvCod
【聞こえない声】
戦わなくても人口が減ったので余剰食糧も出てくるだろうし
貧富の差は当然のようにでてくると思う。
食料が余ってくると専門職が可能になって職業の分化が始まって
効率化が進むと思うな。
【ここまで】


904 :死者の代弁者:2005/07/29(金) 22:01:42 ID:tZNCseah

【聞こえない声】
200人(男衆30人規模)で、いきなり貧富の差ってできますかね?
もちょっと村が大きくならないと…。
でも専門職ができると、物々交換が増えて、市場の発展にもなりますよね。

橋をかけないと金属やセメントが手に入らないのがつらいですね〜。
耐火煉瓦もつくれないし、新しい窯までのつなぎで、穴窯も必要になりますかね?

白い人の偵察とかすると面白くないかな?
ギーコ兄さんが適任のような。

【ないしょ話ここまで】


905 :オーバーテクナナシー:2005/07/29(金) 22:08:27 ID:0WAflbRz
【聞えない声】
遣隋使・遣唐使に倣って遣白使でも送りますか。
人材の交流はしといたほうがいいような。
【ここまで】

906 :オーバーテクナナシー:2005/07/30(土) 00:23:21 ID:fWRi2Mt8
白い人は農業知らないみたいだから、交易するとすれば、
こちらからは農業で得た収穫物か、あるいは農業の技術そのものが
輸出品かな。

白い人からは鉱業、造船、航海技術、狩猟技術くらいか。

907 :死者の代弁者:2005/07/30(土) 05:12:56 ID:Aozgelxd
原始人さん、今日は『穴窯』(あながま)を紹介します。

穴窯はカマドの一種で、陶器作りに使えるものです。
穴窯の良い所は自然に空気が流れ込むのでフイゴがいらないことです。

穴窯は、『斜面』(坂になっているところ)に穴を掘って作ります。
まず図を見てください。
ttp://www.tanbayaki.com/img/anagama.jpg
これは『断面図』です。
断面図と言うのは、何か物の中身を説明するときに、その物をもしも割ったら、
横から見てどんな形になるかを書いた図のことです。

ttp://www.tanbayaki.com/img/anagama2.jpg
これは『平面図』です。
断面図と同じような、物の中身を説明するための図で、
上から見たらどうなるかを書いた図のことです。

まずは図のような形に、斜面に穴を掘ってください。
大きさは、前に作ったカマドと同じぐらいの広さでいいでしょう。
穴ができたら、穴の底と壁に石を敷き詰めてください。
私たちの世界ではセメントで固めるのですが、石でも同じ効果があります。

908 :死者の代弁者:2005/07/30(土) 05:13:38 ID:Aozgelxd
さて、この穴は、斜面の下の方が入り口になります。
断面図で、斜面の下側の2本線は、入り口です。
下側から2つ目の2本線のところは柱です。
>>34 のカマドと同じように、煉瓦で柱を立てて、穴の上にアーチの屋根をつけてください。

斜面の一番上のところだけは、屋根をつけない場所を作っておいてください。煙突のかわりになります。
平面図で左の方にある丸は柱を、右の方にある丸は煙突がわりの穴をあらわしています。
斜面の下側の入り口から見て、柱の手前を『燃焼室』といい、ここで火を燃やします。
柱より奥を『焼成室』といい、土器や陶器を焼く場所です。

穴窯が完成したら、焼成室にアルカリ釉薬を塗って乾かした土器を並べ、燃焼室で火を燃やします。
最初は薪で、6刻燃やします。
次に木炭を加えていき、これは3〜5日間ぐらい燃やし続けます。
フイゴがいらないとはいえ、これは大変ですから、何人かで交代しながら燃やします。
最後に火が燃え尽きたら、穴窯が自然に冷えるのを数刻待ち、灰をかきだして中に入って、陶器を取り出します。

穴窯は陶器を焼くのに非常に時間がかかるので、珪藻土がたくさん手に入ったら、
珪藻土をまぜて作った『耐火煉瓦』でカマドを作った方がいいです。
珪藻土が手に入るまでの間ですが、穴窯、使ってみてください。

909 :死者の代弁者:2005/07/30(土) 05:25:07 ID:Aozgelxd
【聞こえない声】
拾ってきた図で失礼しました。
いちから説明を書くと、めちゃくちゃ長くなっちゃうので。
ってか、これでも十分長すぎると思いますが、私にはこれでもう精一杯です。

自己申告:
『穴窯』『断面図』『平面図』『斜面』『燃焼室』『焼成室』
を説明しました。
『斜面』は『』をつけるほどじゃないかとも思いましたが一応。

それから、『耐火煉瓦』⇒珪藻土を混ぜて焼いた煉瓦、を書いておきました。
がいしゅつ←(なぜか変換できない)ですが念のためですので、いぢめないでください…。
【ないしょ話ここまで】


910 :死者の代弁者:2005/07/30(土) 05:53:51 ID:Aozgelxd
【聞こえない声】
別件ですが少しだけ。
そろそろ次スレのこともあると思うので、少し話に出ていた不人気スレのリサイクルについて。

算数の領域のお話になるのですが…。

・沢山の人に見てもらう必要のないレス(自信のない新ネタやAAの練習など)
は、不人気スレのリサイクルをするのもいいと思います。

しかしここのような住人の多いスレが不人気スレのリサイクルを行うと、
本来読む必要のないレスの転送が増え、2chのサーバーの負担は、逆に少し増えることになってしまいます。
むしろ、録霊60様のまとめサイトを活用する方が、はるかに2chの負担軽減になるでしょう。
僭越ながら紹介⇒ ttp://www2.atwiki.jp/rokurei60/

・人気スレは新しいスレを立てた方が、かえってサーバーの負担が少ない

と言うことを指摘しておきます。

【ないしょ話ここまで】


911 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 18:21:56 ID:cOp/x2aJ

『千と千尋の神隠し』(2004.6.16)

魔女(悪魔と契約した人間)が銭湯を経営していて、なおかつ、
人間を豚に変えて食用にしても、誰も止めない。
日本の神の国を支配しているのは悪魔なのだろう。
苦ダンゴは、太らない様に両親に舐めさせる物じゃないの。(2004.6.16)

米帝国に支配されている日本を暗示しているのかもしれないが。だから
ウヤムヤの内に終わったのかも。新作「ハウルの動く城」もヒットするんでしょう。
興行界では「子供と動物には勝てない」と言われてますしね。
アメリカでムツゴロウ監督の「子猫物語」が邦画としては大ヒットしたそうだし。
宮崎アニメを親まで喜んで観ているのは異常だと思うが。
宮崎監督は「子供じゃなくて親がダメなんだ」と発言してましたし。
ジブリ美術館の館長は宮崎監督の息子さんだそうですが。
ディズニーもシェイクスピアも経営能力は有りましたね。(2004.10.21)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~daaroo/page002.html


912 :オーバーテクナナシー:2005/08/01(月) 10:57:58 ID:vR414dS8
保守あげ

913 :オーバーテクナナシー:2005/08/01(月) 17:53:43 ID:sOereJgx
白い人たちが"襲ってこない理由"は地理的な隔たりが原因だろうね。
相手が乗馬スキルを得るか生活圏が拡大して重なった時に"襲ってこない理由"がなければ戦いになる。

914 :オーバーテクナナシー:2005/08/01(月) 19:05:46 ID:TeFW2Dct
[聞こえない声]
肥料が使えるようになれば、農作物の収穫が増えるだろうし
あとは、農地の拡大とねずみ対策、それに家畜の数と狩猟の
効率が上がれば、人口は増加するかな。

平行して、白い人たちの情報が欲しいよね、人口と武器のレベルは
確認しないと対抗策を練るのも難しいし。

915 :オーバーテクナナシー:2005/08/01(月) 22:40:41 ID:4ngTrGyl
【聞こえない声】
政治が無い世界ですからね、たいていは、生活圏の接触=戦争となるでしょうなぁ
そうならないための、政治と外交なわけですが・・・
いまの原始人たちだと未熟過ぎ
戦争やるにしても、講和条件がないから、お互いに全滅するまでやりそうな気もする。
そんな、原始人に何も教えられない、自分がむかつく。


916 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 00:14:46 ID:KuV2dFcJ
白い人が農耕を知らないということがこちら側の
唯一のアドバンテージだろうね。
白い人はいずれ川の向こうの豊富な獣を求めて移住して来るだろう。
それまでに白いひとを圧倒できる人口を食糧の増産によって達成したいが。

でも戦わずに済む方法もあればいいけど・・・。

917 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 01:52:35 ID:pqkvnmp1
ども、原始人さん……こんばんわ
しばらく来てなかったので、読み返しつつですけども、以前伝えようと思っていたことがありまして

『炭』はもうわかりますよね?
でしたら、それの少し細め(指ぐらいの太さ)のモノを探してください
無ければ、手で握りやすい大きさので結構です
そうしたら、それに麻の布を巻きつけてください
ただし、炭の先端の部分は布を巻かないで……
ちょっと極端ですけども凸みたいな形にしてください
出っ張っているのが炭、横に広がっているのが布を巻きつけた部分、です

これの布を巻いた部分を握って、パピルスなどに炭を擦りつけてください
黒い痕が残りましたよね?
こうして、石や何かを使わなくても簡単に、絵や数字や文字を書くことができます
これを『鉛筆』と呼ぶことにしましょうか

ただ、これは水に塗れたり、黒い痕の部分を強く擦ったりすると消えてしまいますので
長い間残しておきたいときは、あまり使わないほうが良いでしょう

918 :30女:2005/08/02(火) 01:59:01 ID:hOJ1SBGN
炭です。この炭を少し細かくして、布の目を通らないくらいにね。
この炭がこぼれないように布で包んでください。

竹の筒の節に穴を開けます。
節にひっかかるように炭を包んだ布を入れます。
この炭の布の入った竹筒を斜めにします。
上からお水をいれると、炭の布の中を通って、竹の節の穴からお水が出てきますね。

最初は黒っぽいお水が出ますけど、しばらくするときれいなお水が出てくるようになります。
これを使えば多少の泥水でも飲めるようになりますよ。

活性炭浄水器ですの。

919 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 06:47:40 ID:LKYafaDY
【聞こえない声】
そういえば村の近くに池とかあるんですかね。
畑の近くにもあったほうが便利ですけど。
渇水対策になりますし、水泳の練習(河にワニがいるんじゃなぁ)にも使えます。
魚でも放しておけば少しは食料の足しに。

920 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 07:22:22 ID:APWSvGkk
>>918
活性炭は炭を700〜1000℃のガスで活性化処理することによって直径10〜200Å
(Å=200億分の一キュービットくらい)の微細孔が生成されたもの。

また礫→砂→礫の層に通さないと泥水が染み出す。活性炭は水に溶けた微粒子を
吸着してくれますが、その前に溶けてないような沈殿を取り除かないと。

921 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 08:57:27 ID:erzN4qWp
ふと思ったんだが、燃料の改良は行われてるのかな?
燃焼効率のいい燃料に切り替えていかないと、高温を獲得するのがきつくなってくるんじゃないだろうか。

922 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 09:40:57 ID:F7b/jg0c
燃料って、いうと
木材、木炭、竹炭
ぐらいか?
マツヤニもつかえるかもな

923 :オーバーテクナナシー:2005/08/04(木) 03:05:34 ID:4fd8Ky50
>>882
と-ふ【塗布】
 1面に塗りつけること。

924 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 15:24:30 ID:9+14/0vl
【聞こえない声】
戦争、略奪を経験させないとかえって良くないんじゃないかなぁ

925 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 20:27:37 ID:nggaJI/x
>>924
泥棒もいないような未来技術村で、戦争なんて無理だべ。

926 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 21:29:12 ID:kCSEWOP8
技術の進歩は確かに戦争抜きには語れないかもね

927 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 21:47:00 ID:nggaJI/x
そういえば、泥棒の概念も法律の概念もない。
これじゃあ、社会的に発展しないな。

<以上、原始人さんに聞えない声でした>

『泥棒』について
『泥棒』とは、他人の所有物を許可なく持ち去ること。
また、そのような事をする人のこと。
泥棒とは悪いことです。戒めを与えなければなりません。

<再び聞えない声>
ふはは。エデンに罪を持ち込んでやったぜ。
気分はサタンかルシファーってところだな。

928 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 22:07:07 ID:pAlytcXv
いっそ石膏で耐火煉瓦を作ってみたらと考えてみる。
珪藻土ほど耐熱温度は高くない(1450度)が断熱性能は珪藻土と同じくらいなので
ベストではないがベターなかまどは作れそう。

929 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 22:11:44 ID:MW9zK6VN
>>927
というかさ、未来技術村には所有という概念がまだないんじゃないかな?
ポリネシアの文化なんかそうだったじゃん。一度「パパラギ」を読んでみることを進める

930 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 22:17:19 ID:nggaJI/x
>>929
真珠と土器を交換とかやってるけどな。
まあ、所有の概念を教えてやってくれや。

931 :オーバーテクナナシー:2005/08/05(金) 22:25:26 ID:Q+uNUos7
足りないから分けておくれ
 →余ってるわけじゃないけど必要最小限以上にはあるからどうぞ →人類みな兄弟

 →余ってるわけじゃないんだ、代価もしくは体で払いな →盗んででも or 殺してでも奪い取る

個人の財産があっても、ある程度の分配・共有してるうちはまだ大丈夫

932 :オーバーテクナナシー :2005/08/05(金) 23:38:27 ID:RrnCu66e
てこは真ん中に支点があるやつが一般的だけど、先端に支点があって真ん中に作用点があるやつも有ります
てこの原理を大雑把に説明すると、てこには三つの場所があってそれぞれ名前が付いています
支点(石などで支える場所)、力点(手で力をかける場所)、作用点(力の出る場所、岩を動かした場所といえば分かるかな?)
茶色く濁った水がドウドウと音をたってて流れており、
村まで引いた水路の一部を壊す被害も出した。
雨が上がり、2日が過ぎると、川の水もだいたい引いたが、橋はまだ川の中だ。
5日がたち、普段の川幅まで戻ったころには、橋は杭ごと流されていたことだかが確認できた。
長雨は1年に数度ある。そのたびに橋を流されたのでは手間がかかってしょうがないというものだ。
珪藻土も大きな獲物も川の向こう側。橋は欲しいが、流されるのでは労力に見合わない。
水かさが増えても良いとなると、その幅は約60キュービット
もう少し、知恵を絞る必要があるかもしれない。
畑の周りに棒を立てます。
その上に網を張るといいです。
網というのは、蔓などで作った糸を同じ間隔で並べて結んだものです。
鳥さんを防ぐには網の目が半キュービットくらいでいいんじゃないかしらね。
鳥さんはこのくらいの網を翼を広げたままではくぐれませんから。
ざぁざぁと雨が降る。
ここ3日ばかり短くやんでは長く降るといった状態を繰り返している。
村まで引いた水路の一部を壊す被害も出した。
雨が上がり、2日が過ぎると、川の水もだいたい引いたが、橋はまだ川の中だ。
5日がたち、普段の川幅まで戻ったころには、橋は杭ごと流されていたことだかが確認できた。
長雨は1年に数度ある。そのたびに橋を流されたのでは手間がかかってしょうがないというものだ。
珪藻土も大きな獲物も川の向こう側。橋は欲しいが、流されるのでは労力に見合わない。
水かさが増えても良いとなると、その幅は約60キュービット
もう少し、知恵を絞る必要があるかもしれない。
鳥がいっぱい飛んでくるところに、目の細かい網を縦向きに置くと、時々、鳥さんが気づかずに飛び込んできて引っかかることがあります。
これを『かすみ網』といいますの。ただ、鳥さんって飛ぶために体を軽く作ってますから、食べるところは少ないかもしれませんね。
ざぁざぁと雨



933 :オーバーテクナナシーオーバーテクナナシー  :2005/08/05(金) 23:40:54 ID:RrnCu66e
                                   



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)