2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

テクノロジーの爆発臨界点

1 :オーバーテクナナシー:04/11/06 05:43:55 ID:0JwT7etI
原子電子から再現できる「完璧な物理シミュレーター」が出来たとする

その仮想世界の中で仮想学者を再現し大勢で研究させる

仮想学者たちは自ら考え無尽蔵な材料で膨大な研究成果を上げ始める

仮想世界の研究成果を現実世界へフィードバックする


完璧な物理シミュレーターが出来た翌日から人類のテクノロジーの速度は爆発的に高まる
その臨界点まで来たら人類はほんの短い期間で神になれるだろう

2 :オーバーテクナナシー:04/11/06 08:01:48 ID:zjsEQNk6
2

3 :オーバーテクナナシー:04/11/06 08:25:55 ID:la+ApZlX
ご冗談でしょうラプラスさん

4 :オーバーテクナナシー:04/11/06 09:45:01 ID:1xo6Mk19
仮想現実→現実
この間のフィードバックにどれだけの研究が必要になることか。

つーか、今でも普通にこの手順で研究って進んでるんじゃないの?

5 :オーバーテクナナシー:04/11/06 11:14:13 ID:FI1NV9Ar
宇宙に収まるサイズのシミュレータで、全宇宙の挙動をシミュレートするんですか?

6 :オーバーテクナナシー:04/11/06 15:29:07 ID:7BpxSfSZ
>>1
その前の段階で、人間の脳をシミュレーションする物ができるだろうけど、
その時に最初の進歩の爆発が起こるだろうな。
それで得られた技術進歩を基に「完璧な物理シミュレーター」を作ると。

>>4
今のシミュレーションは研究対象の物体、現象について調べてるだけ。

>>5
全宇宙の挙動はいらないだろ。しかも本体のサイズは関係ない

7 :オーバーテクナナシー:04/11/06 22:27:40 ID:mdWxgxK6
ある建物の中だけとか、ある国の中だけとか、地球だけとか、太陽系だけとか、銀河系だけとか
…をシミュレートしようとしても、それらは閉鎖系ではないから、その外部もシミュレートする必要が生じるわな。
結局、全宇宙をシミュレートするか、どこかでうまく計算を丸めないといけなくなる。
計算を丸めちゃったら「完璧な」シミュレータとは言えないだろう。

まあ、計算を丸めちゃってもきちんとシミュレートできるのが完璧なシミュレータなんだ、とか定義してしまえば
それまでのこと、って気もしてきた…。

8 :オーバーテクナナシー:04/11/07 06:47:07 ID:jMHTwWAp
                                      ghost in the shell
電子レベルで脳が再現できて式の上でそれが思考を始めたらそれは生命

9 :オーバーテクナナシー:04/11/08 01:18:19 ID:IzEMED33
第一原理計算で現状扱えるのは、原子1000個が限界ってとこで
アボガドロ数には遥に手が届かないような状況であるけれども…
直感的には、シミュレート対象の物体の情報を簡素化せずに計算するには
それよりも多くの物体が必要になるような気がする。量子コンピューターを使うにしても。
でもこの際問題は量よりも早さなんだろうけど。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)