2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海洋物理学良書スレ

1 :名無しさん:02/01/18 20:12
国内に海洋物理学の本って少ないんですよね?
気象学の本はたくさんあるのになー。
自分は今、knauss の「Introduction to Physical Oc
eanography(2rd Edition)」を読んでいます。
4月から3年になり、本格的な研究が始まるので、良かっ
たらオススメの本を教えてくださいな。生協Internet Sh
oppingからやみくもに注文するのは大変怖いので。お金も
そんなにないので。

2 :名無しさん:02/01/18 20:40
おお!早速海洋学仲間!とりあえず「海洋物理学入門」。
こういっちゃなんだが、確かに海洋物理の本はあまり良いのがない気がする…。
この本も、まあホントに良い、と言うほど良いわけではないのだけれど、
1000円前後で手ごろでしょう。入門ですし。
確かもっと良い本が研究室にあるんだけれど、豪華な上に高いので、
そのうち紹介します。


3 :名無しさん:02/01/19 12:08
洋書ならいろいろあるけど、和書は少ないですね。
海洋限定じゃないけど、地球流体力学ってことで、
小倉義光の気象力学通論、木村龍治の地球流体力学入門あたりが
いいんではないでしょうか。

4 :2:02/01/19 12:18
>>3 あ、木村先生のはなかなかよかった気がするよ。

5 :名無しさん:02/01/19 17:19
具体的にどんな事を研究する学問なのですか?

6 :1:02/01/20 22:43
1です。おお〜、レスついてるじゃあないですか!
しょっぱなからマジレス立てちゃって、レスつくのか心配だったので、内心
ホッとしています。『海洋物理学入門』は一度授業で紹介してもらいました。
基本的なことが一応網羅されていていい本だと思いました。持ってませんけど(笑)。
やっぱり買おうかな。
『気象力学通論』と『地球流体力学入門』はもってます。でもちょっと初学者には
難しいような・・・。今、授業と平行してちょっとづつ読んでいっています。もっと、
解析学を勉強しないといけないな〜。

>5
主に海洋の流れを勉強する学問らしい。2さんが詳しそうなので、2さんよろしくお願
いしますね。

7 :名無しさん:02/01/20 23:07
海洋物理学入門はどこから出ているか教えてください。あと値段も。。

8 :2:02/01/21 12:31
>>7 すまん。題名違ってた(汗。しかも2000円だったYO!

海洋物理学概論 / 関根義彦/著  定価2000円。
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30750474

>>5 海洋学?それとも海洋物理?

9 :名無しさん:02/01/22 04:56
7>>8
ありがとございます。ペコリ

10 :名無しさん:02/01/24 04:38
○日本語のものとしては、

寺本俊彦著「海洋物理学I」,「海洋物理学II」
波動現象など詳しい記述があるが、古い本なので80年代以降の
海洋循環論に関する記述なし。入手困難。

九州大学大学院総理工編 「地球環境を学ぶための流体力学」
海洋物理学を学ぶための基礎。この程度の数学は必要という見本。

○以下、英語の入門書

Cushman-Roisin 「Introduction to Geophysical fluid Dynamics」
海洋物理学の入門書。トピックス別にまとめてあり、図も見やすい。

Gill 「Atmosphere-Ocean Dynamics」
波動の性質を中心に海洋物理を詳述。この世界の一般的な教科書。

Pond and Pickard 「Introductory Dynamical Oceanography」
観測に重点を置いた入門書。初学者には分かりにくいかも。

Pedlosky 「Geophysical Fluid Dynamics」
理論に重点をおいた海洋物理学/地球流体力学の入門書。

○ちょっと応用的なもの

Pickard and Emery「Discriptive Physical Oceanography」
観測結果の図が多い。海洋物理学っていうよりも海洋学のテキストかな。

Abarbanel and Yound 「Genral Circulation of the Ocean」
海洋循環の理論の本。興味のある章だけ読めばいいかも。

Pedlosky 「Ocean Circulation Theory」
最近の海洋循環の理論についてまとめてある。

Salmon 「Lectures on Geophysical Fluid Dynamics」
ちょっとしか読んだことないけど、良書だと思う。
理論に興味あるならどうぞ。難しい。

他、トピックス別にまとめてある本はたくさんありますが、
読んだことない本紹介するのも何なので。このへんで。




11 :名無しさん:02/01/24 19:38
>10 なんだかみんな同じような本読んでるのね。

12 :同定不能さん:02/02/28 07:18
a

13 :同定不能さん:02/04/11 21:35
>>10

Open Universityシリーズ第三巻、Ocean Circulationはどうでしょうか。海洋物理の概論として、大変分かりやすい教科書だと思います。図もきれいですね。ISBN番号は0750635608です。

14 :同定不能さん:02/05/21 11:32
ageます。

15 :同定不能さん:02/05/22 00:25
海洋地質学の駄本あります。


16 :童貞不能:02/07/04 21:31
英語でモノ読めるんだったら
Oceanography -An illustrated Guide-
by C.P. Summerhayes and S.A. Thorpe
MANSON publishing
へんてこな算数があったり、何もわかってない日本の三流がかいたもんより
なんぼかよい。


17 :亀レスだが:02/07/04 22:07
>15
小噺センセの本?二位妻センセの本?

18 :同定不能さん:02/07/07 23:48
http://muke.got.to
今日のネタ。これで5回ヌケ!サンプルもタダだった。。
     ||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ||          | 5回抜かないとこうだ! !|
   ∧||__∧      \_ _____________/
   (; ´∀`)フォォォ!     ∨
   ミ≡≡≡j     ∧_∧
   ミ≡≡≡j     (・∀・ )
   ミ≡≡≡j     ( 神  )
    ヽ)ヽ)       | | |
             (_(_)

19 :同定不能さん:02/07/08 01:04
>>17
やはり業界標準だったか。
いや、どれは言わんが...。

20 :同定不能さん:02/07/18 00:14
俺がお勧めするのは
derabe-ppinかな。
これは良書。海底におけるレナスター原理が詳しく載ってる。
まぁスレ違いかもしれないけど、マリアナ海溝についても詳しく載ってる。
ちなみに、ルーマニア語ね。。。

21 :同定不能さん:02/07/18 00:48
>17
コピー本買わされた記憶がありますだー。

22 :同定不能さん:02/07/18 19:33
>19&>21
前者か?後者か?
さあ、吐いて楽になるんだ!(藁

23 :同定不能さん:02/07/19 07:13
>17
N氏の海洋化学の本も非道いよな。
ゼミで学生たちに訳させたのをコーディネートしただけ。
学生に印税の一部でも還元されたのかねぇ?
この板ではあさみたんと並ぶ「スタア=速河たん」の「お友達=小屋真センセ」が確かN氏の弟子だし、
ちょっとご意見拝聴してみたいところ(藁

24 :同定不能さん:02/07/19 21:26
いつのまにか海洋「不良書」スレになっている罠

25 :同定不能さん:02/07/30 23:27
海は広いな大きいな〜逝ってみたいなチョソの国〜

26 :同定不能さん:02/08/08 10:46
海洋物理学者・・・・憧れるけど
私の頭じゃ出会いなんて望めない・・くすん

27 :同定不能さん:02/08/24 01:45
船酔いに弱い海洋学者、これ最強!

28 :同定不能さん:02/08/27 22:51
>27
海洋物理の御大、永田豊センセがそうだったらしいね。

29 :同定不能さん:02/08/28 07:30
木村先生のも結構良いんだけど、なんか肝心な所がイマイチ解りにくい時あるんだよね。

Smith Caspal「Excrement has been carried out instantly.」
観測結果の解析と図が多くていいよ、俺これ読んで海洋物理学って面白いなって思ったもん。

30 :同定不能さん:02/09/28 19:05
>27
実は、かなりの人が表向きは平気な顔しているけど
気づかれないように吐いていたりする。

31 :同定不能さん:02/09/30 23:49
物理学じゃないけど、西村三郎さんの「日本海の謎」「日本海の成立」には
すごく感銘を受けました。

32 :同定不能さん:02/10/16 12:14
しつもーん!

いま高校生の家庭教師をやって地学をおしえとるんだけど
<自分は地学は高校時代も大学でもまったく素人>その子の
ノートに海流の出来方ってあるのね。北太平洋海流は偏西風から右
45度方向に、北赤道海流は貿易風から右45度方向に駆動される
吹送流である、って説明があるわけ。
 自分なりにネットでちょこと勉強したんだけどこれって正しいんですか?
どうやらそのサイトによると海流の出来方ってのは風応力ー>直角右方向
にエクマン輸送ー>海洋中央部に向けての圧力勾配ー>地衡流ー>
コリオリ力によるベータ効果が加わって西岸強化
 とかなり複雑な機構のようですね?偏西風の吹送流が北太平洋海流
とあっさり説明していいのでしょうか??

33 :同定不能さん:02/10/18 03:10
放置しないで答えてやれよ。いないのか?>地学屋C

34 :同定不能さん:02/10/19 00:07
>西岸強化

H. Stommel, 1948, The westward intensification of wind-driven ocean
currents, Transactions of the American Geophysical Union, 99, 202.




35 :同定不能さん:02/10/20 09:14
> 32
教科書的には下で正解。
「風応力ー>直角右方向にエクマン輸送ー>海洋中央部に向けての圧力勾配ー>
地衡流(ただしベータ効果を考慮)=スェルドラップ・バランス→西岸強化」
この辺については、生徒と一緒に、
www.esst.kyushu-u.ac.jp/kaimen/isobe/lectures/kaibutu/ogc.html
でも見てわかったつもりになってもらえれば良いと思う(数学使わないと
本当に納得させるのは困難)。

また、とことんまで煎じ詰めれば、
「偏西風の吹送流が北太平洋海流」
と言っても良いと思う(人によって意見が分かれるところではある)。


36 :同定不能さん:02/10/20 09:21
訂正
誤:スェルドラップ・バランス
正:スウェドラップ・バランス
詳しくはこのあたりを見ておくれ
http://kotan.ec.hokudai.ac.jp/~minobe/Ocean_Climate.html


37 :同定不能さん:02/10/20 10:03
おお、ありがとうございます。

それにしてもなかなかおもしろい分野のようですね。

38 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

39 :MH:02/11/04 12:22
しんかい2000(D2K),ドルフィン3K(D3K)引退について語り合おう!!

40 :同定不能さん:02/11/04 22:50
しんかい2000引退なのか?
こないだデビューしたばっかだと思ってたけどなー
艦齢何年だっけ?

つか、俺が小学生の頃しんかい600があったけど、あれどっかで保存されてないのかな。
あと書いてる間にどんどん思い出してきたけど、昔シーラブってプロジェクトあったよねえ。

41 :MH:02/11/05 21:03
デビューは1983年だから、かれこれ19年ですね。
シーラブ計画じゃなくて、シートピア計画だよ。

42 :同定不能さん:02/11/05 21:17
ああ、アメリカのプロジェクトがシーラブで、
日本のはシートピアだったっけ?


43 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

44 :同定不能さん:03/01/24 00:55
湧昇流

45 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

48 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

49 :山崎渉:03/03/13 13:00
(^^)

50 :同定不能さん:03/03/18 20:39
>>36
おいらは,ずっと スヴェルドラップ と思っていた.
外人の名前の発音は難しいね.

51 :同定不能さん:03/03/18 22:09
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ
http://hkwr.com/
http://hkwr.com/bbs

52 :同定不能さん:03/03/18 22:24


53 :同定不能さん:03/03/30 16:51
宇野木早苗先生の「沿岸の海洋物理学」もいいですよ。

54 :ピット:03/03/30 18:09
多様化するPCビジネスの中で、確実に急成長している堅実ビジネスです。
私自身、様々なネットビジネスを試してきましたが、
今回初めて自信を持ってご紹介できます。
資金は後にも先にもたったの1000円のみです。
参考までに他では、1万円〜2万円が相場です。
ばらつきはありますが、平均日商8000円位になっています。
現在、土日を除く毎日が給料日です。掲示板に
書き込むだけで、口座に毎日入金されるようになります。
同時に200以上の裏情報も入手できます。

興味のある方、ヒマな方は名前ランにあるピットをクリックして
件名に情報希望を入力し送信してください。

または、hiroaki_s_faith@hotmail.comに
件名を情報希望として送信してください。

送っていただいても説明以外のメールは送信しませんので
安心してください。(1通のみ送信します)
説明のメールを見ていただきよく考えていただいてから
ビジネスをするかどうかを決めていただきます。

55 :同定不能さん:03/03/30 20:15
http://kotubunet.hp.infoseek.co.jp/king.htm

56 :同定不能さん:03/04/04 19:04
海洋の波と流れの科学

宇野木早苗 久保田雅久 著

57 :山崎渉:03/04/17 09:01
(^^)

58 :bloom:03/04/17 09:02
http://www2.leverage.jp/start/

59 :山崎渉:03/04/20 04:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

60 :山崎渉:03/05/21 23:48
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

61 :山崎渉:03/05/21 23:54
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

62 :山崎渉:03/05/28 14:34
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

63 :山崎 渉:03/07/12 11:57

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

64 :同定不能さん:03/07/13 12:56
> 32
風に対して右45度ってのは海面での流速ですね

65 :同定不能さん:03/07/13 13:09
エクマン層と呼ばれる海面から深さ数十メートルのところまでの流速
を平均すれば風に対して右90度。海面から海底までで平均すれば
偏西風の一番強い緯度では風と同じ方向に流れています。吹送流と
言う場合は、海面での右45度かエクマン層で平均した右90度かの
どちらか、ということになるでしょうか。

66 :同定不能さん:03/10/04 02:17
ゴルゴ13シリーズは観測船に必須。

67 :同定不能さん:03/11/13 23:59
静かなるドンだろ

68 :同定不能さん:03/11/14 16:14
>>65
>海面から海底までで平均すれば
>偏西風の一番強い緯度では風と同じ方向に流れています。

もう少し詳しく解説して欲しい

69 :同定不能さん:03/11/15 09:12
海洋学の教科書を読めば。
風成循環理論をべん虚シル。

70 :同定不能さん:03/11/16 23:50
>>65
エクマン吹送流と地衡流の話がゴッチャになってないか?

71 :同定不能さん:04/01/02 01:14
hosyu

72 :海嫌い:04/02/12 02:07
半日振動流(M2)成分のバカヤロウ〜〜〜〜〜〜!!!!!!
ついでにM4・S2成分のばかやろ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
ややこしんじゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

73 :1:04/03/01 19:49
1です。久々に除いてみたら、いつのまにか2年の歳月が経っていましたね。
2年前の自分のやる気満々のレスをみるのは、なんだか不思議な気分です。ちょ
っとは、成長したのかな?なんだか、成長してなさそう(^^;)
いろいろありましたが、俺もなんとか卒業です。といっても、4月からは大学院
ですけど(^-^)
院では、海洋物理学とはちょっと違うことをやるつもりです。いままでレスを
つけてくれた方々、どうもありがとうございました。大変参考になりました。
それでは、ビバ!海洋物理学!!


74 :くま:04/03/01 19:55
>>73
地学屋Cじゃなかったの?

75 :同定不能さん:04/03/01 22:27
>>73
海洋物理から離れてしまうのですか残念です

76 :同定不能さん:04/03/01 23:23
>>73 おめでとうございます。

海洋物理学、海洋科学、その辺りに興味を持ちました。
参考にさせてください。

77 :同定不能さん:04/03/02 17:21
海を学ぼう
東北大学出版会
ってどう?

78 :同定不能さん:04/03/27 09:36
>65
海洋学の権威とお見受けいたしましてごぜーます。
ひとつ質問。
海流が海岸付近に集中する理由をおしえてくらさい。よろしく。

79 :同定不能さん:04/03/27 10:44
>>78
西岸強化の事かな

80 :同定不能さん:04/03/27 16:22
西岸も東岸も南岸も北岸も、
要するに中央部にほとんど強い流れが
ないことでないかえ?

81 :同定不能さん:04/03/27 18:04
沿岸境界流だったりしてw

82 :同定不能さん:04/04/27 22:03
>>78

65ではないけれど。

1. 別に沿岸だけではないのは、南極周極流をみればいい。
2. 「沿岸に多い」ように見えるのは、じつは沿岸に近い観測が多いから、ということも考えてもいいかもしれない。
  亜熱帯反流の振舞いと成因とかはここ十数年で急速に解明されたが、それ以前は観測データ不足で存在自体が議論の対象だった
3. 「沿岸」は効率的に渦位の散逸が生じるので、境界流が生じる場所としてはいい場所。
  (西岸境界流の成因の記述法の一つ)

83 :同定不能さん:04/04/29 21:28
観念的に言えば、境界があるから境界条件が生じて乱流場ではなく束縛条件に応じた境界流が生じやすいのかもね。
とか言ってみるテスト。

84 :同定不能さん:04/12/07 05:07:11
age

85 :同定不能さん:05/03/14 12:33:19
院から海洋物理学に携わるものです。
今から何かお勧めの本はないでしょうか。
ってか今まで電気系でし、ここにきて海をしたいと思い入ったんですが
一応旧帝なんだけど案の定どうも就職が電気系に比べて微妙っぽい・・・
なんか「海洋物理やってこれはいい!」みたいなことありますか?

86 :同定不能さん:05/03/17 01:26:58
本はocean circulationとかGillの本でしょうか。

「これはいい!」みたいなこと・・
観測だとイカとかアジとか釣れる時がある。
研究室のドレイとしてクラクラ、フラフラする生活を送れる。


87 :同定不能さん:2005/03/28(月) 00:22:38
>>86
ありがとうございました。ってやっぱり洋書がいいみたいですね。
観測はカツオ釣っておいしかったとか言ってましたが・・・
まあ入ってがんばります。

88 :同定不能さん:2005/03/28(月) 03:05:21
和書だと
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sitem=%B3%A4%CD%CE%CA%AA%CD%FD&sv=30
こんな感じでしょうか。あと柳先生の本とか海洋学会から出てる本もあります。分からないこととかは
google(大学に導入されてたらweb of scienceも)も有効です。
がんがれ。


89 :同定不能さん:2005/03/28(月) 19:03:04
海洋関係は日本語ではいい本がないので,
小倉先生の「気象力学概論」をやってから
ペド路スキーや擬流をやればいい。

90 :同定不能さん:2005/03/31(木) 17:38:02
「概論」?「通論」でなかった?

第二版になって式の間違いとか減ったのかしら。

91 :85:2005/04/12(火) 22:31:07
和書もあげていただいてありがとうございました。
小倉先生っていうのは一般気象学を書かれた人みたいですね。
気象予報士の勉強したときにお世話になった本書いた人だとまた読んでみたくなります。

92 :同定不能さん:2005/04/21(木) 08:42:08
津波について質問があります。ググッてみたら
「津波の速度は、その地点の水深の平方根に比例する」
とありましたが、なぜ水深が深くなると
津波の速度が上がるのかがわかりませんでした。
初心者版で質問したのですが、回答が得られなかったので
こちらに質問させていただきました。
どなたか分かる方、ご解答をよろしくお願いします。


93 :同定不能さん:2005/04/21(木) 18:38:24
>>92
別に津波に限らんし、回転・成層効果を考えないただの流体力学で十分。
線形波で考えて、普通の波動方程式の正弦波解に
水面・水深での境界条件を当てはめる。
するとtanhの平方根に比例する位相速度の解が出てきて、
浅水波近似をするとtanh由来の分散関係がなくなってc=\sqrt{gh}となる。

以上。手近な流体力学の本でも見れば絶対書いてある。

94 :同定不能さん:2005/04/21(木) 18:38:41
>>92

海洋物理じゃなくて純粋な流体物理になるのだが。しかも質問だったら良書スレじゃなくて
海洋学スレhttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/earth/1066533810/l50
で聞いた方がよさげ。

だけじゃ何なので、とりあえず解答の一歩手前らしき物:

良書スレ的な解答:
参考になる本:流体力学の本なら載っている。「水の波」とかいう章を探せ。

海洋学スレ的な解答:
ヒント:津波(というか水の波)の大部分は重力を復元力としている。
海面は自由表面だが、海底は束縛条件である(海底を横切って水粒子は動けない:海底ではw=0)

答え:水の波の位相速度は√(gh)に比例する

ヒントと答えの間のヒント:水深が浅いときと深いときとで、水粒子のとる運動の軌跡をかいて、
その軌跡を一周するのにかかる時間を計算する



95 :同定不能さん:2005/04/22(金) 14:44:09
>>93-94
この過疎板で奇跡のような時間差

96 :同定不能さん:2005/05/28(土) 10:58:47
ワラタ

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)