2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

量子化学の話題はこのスレで CCSDTQ

1 :1:05/01/01 07:44:11
年も変わってこのスレもいよいよ4スレ目。
理論についての話からツール類の使い方まで
いろいろ話しちゃってくだせぇ。

荒れそうになったらその話題は即中止。
守れない人は CCSDTQ の超高速プログラムを自作してフリーで公開すること。

前スレ 量子化学の話題はこのスレで MP3
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1083363576/

2 :あるケミストさん:05/01/01 07:44:42
過去スレ

量子化学の話題はこのスレでパート2
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/bake/1069578310/
!量子化学の話題はこのスレで!
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/bake/1000923327/

3 :あるケミストさん:05/01/03 09:59:29
>>1
乙!

4 :あるケミストさん:05/01/03 14:42:15
質問です

TD-HFの計算で2次摂動を加えることのできるツール
御存知の方いらっしゃいませんか?
そもそも、当方、合成化学者なので理論からよくわからないです。
論文にはMP2で行う振動エネルギー計算の電子励起エネルギー版?
のようなことが書いてありました。

うちの研究室ではガウシアン03しかないので、試しにMP2でTD計算が
できないかやってみましたが、エラーで弾かれてしまいました。

このスレに書くのは初めてですが宜しくお願いします。
最後に>>1サンスレ建乙です。
このスレのセンスがなんか好きです。

5 :あるケミストさん:05/01/04 07:04:21
理論は分かるけど、ソフトは知りませんね...。
EOM-CCSD や TDDFT じゃだめですかね?

6 :4:05/01/04 09:59:27
>>5
系は配位結合をもった化合物でして、
MP2でないと系を完全に再現するのは難しいようです
(化合物の構造を実験値と比較しての結論です)

DFTでも6-31G+(2d,p)を基底とした場合、一応2,3%程度の誤差で
結合長、結合角が再現できます。
基底がこれより小さいか、大きいと駄目であるようです。

この基底でTDDFT行って正しい結果といってよいのか
わからないので質問してみました。結果は一応、実験の傾向を
説明はできるが、定量性が無いため(当然かもしれませんが)
判断に困っていました。

文献では2次摂動を加えると比較的定量性があるとあったので
質問した次第であります。

あいまいな質問ですみません。あまり細かいこと書くと特定されそう
なのでこれで勘弁してください。

7 :あるケミストさん:05/01/05 07:53:38
CCSD だとサイズ的に無理っぽい?


8 :あるケミストさん:05/01/08 19:14:37
MOLDAの先生、亡くなったの?

9 :あるケミストさん:05/01/08 23:05:56
そうみたいね。

10 :あるケミストさん:05/01/09 13:35:13
(T-T)

11 :あるケミストさん:05/01/09 14:55:58
マジ?
確かまだ若かったよね?
残念です。

12 :あるケミストさん:05/01/09 19:53:10
吉田先生はかの田隅三生御大の弟子で、80年代後半からの量子化学計算による振動解析の先駆者の一人した。
まだ40代そこそこだったと思います。ご冥福をお祈りします。


13 :あるケミストさん:05/01/19 15:38:07
質問です。
GaussianのアウトプットのEigenvaluesの単位を教えて下さい。
どうやったらeVになるの?


14 :あるケミストさん:05/01/19 17:19:14
>>13
27

15 :13:05/01/19 18:25:18
>>14
あっ!なんだ、Hartreeか!
thx!
分かってみれば何でこんな当たり前の事を…。


16 :あるケミストさん:05/01/20 20:34:36
27、、、
何?

17 :あるケミストさん:05/01/20 23:35:40
1a.u. =27.21138eV (CODATA 2002)

18 :あるケミストさん:05/01/22 02:12:55
Hartree-Fuck!

19 :あるケミストさん:05/01/24 17:03:29
山田君、>>18の座布団全部持ってって。


20 :あるケミストさん:05/01/28 12:23:12
密度汎関数法の計算アルゴリズムをフローチャートで教えてください。
自分でいらべましたが、見つかりませんんでした。


21 :あるケミストさん:05/01/28 12:32:41
そりゃあ、いらべたぐらいでは
見つからんだろうなw

22 :Rkky:05/01/28 15:54:48
量子力学と量子化学ってどうちがうんだ?
どうせなら量子力学の教科書で勉強すればいいやんか。
量子化学に名著なんてないような気がするし...


23 :あるケミストさん:05/01/28 17:28:35
>>22
ごあいにく様、ここの連中は猪木やランダウやJJサクライくらいは普通に読んでるから
下らない煽りは通用しないよ


24 :あるケミストさん:05/01/28 19:00:52
>>22
1行目のみ同意。

25 :Rkky:05/01/28 19:42:44
>>23
そうなの?やっぱり量子化学でいい本はないの?
みんな量子力学の本で勉強してるの?
(量子化学の本って読むの?)
おいら、ガキだからわかりません。最近ようやく量子力学勉強しはじめたから。
知識もなんもないんです。ちなみに高校物理なんて勉強してません。
授業とってないし。でも解析学を勉強してたから、消化某の物理学選書で勉強したら
なんとなく分かってきたような感じです。まあ高校物理なんて糞ですけど★

26 :あるケミストさん:05/01/28 19:46:46
東大応用化学の平尾先生著の、あのソフトカバーの本はどう?

27 :あるケミストさん:05/01/28 21:03:00
>>22
じゃあ聞くが、お前は固体物理を量子力学の本だけで勉強するのか?


28 :あるケミストさん:05/01/28 22:08:57
ザボとかマッキーニは有名なんじゃない?

29 :あるケミストさん:05/01/28 22:27:19
物理板なんかでよく見る「すべての自然科学は物理に帰する!」
という主張と似ているな。
それはある意味正しいんだけど、現実は厳しいんだよ。化学は化学で、
生物は生物で勉強しないことには、とても追いつかん。

30 :あるケミストさん:05/01/28 22:28:51
化学の教科書と量子力学の教科書を勉強したら、
量子化学の教科書を読む必要はないのでは。


31 :あるケミストさん:05/01/28 23:21:57
化学の教科書って何よ?専門課程にそんなのあるんけ?

32 :あるケミストさん:05/01/28 23:40:28
量子化学の教科書と量子力学の本を両方読めば分かるが、
両者の内容は全然違う。
量子化学は対象が分子(多電子系)くらいしかないから、
内容が専門化して偏ってる。
量子力学の本だけで量子化学を勉強するのは難しいのでは?

33 :あるケミストさん:05/01/28 23:59:04
どちらかというと、量子化学と固体物理をマスターすれば、
量子力学の実践的な側面は、網羅した事になるのかな。
光化学ってどうよ?量子化学と違うんけ?

34 :あるケミストさん:05/01/29 00:53:49
Rkkyに構うな。
そいつは物理板でもうざがられている。


35 :あるケミストさん:05/01/29 09:40:16
そもそも量子化学が実践だけで良いとは思わないんだが。

36 :あるケミストさん:05/01/29 20:14:06
おおおお!良スレハケーン!
何の予備知識もないのに量子化学の研究室に割り振られた私は
とりあえず量子力学の本から読もうと思います!

37 :あるケミストさん:05/01/29 22:48:29
>>36
なんで量化の研究室に割り振られたの?


38 :あるケミストさん:05/01/29 22:57:02
調和近似を補正する式を作られたが。
しかし、スケーリング ファクターをかけるだけでよかったのでは。
サンプリングからはずれた化合物(複合体など)ではあまり役立たなかったな。

今では、非調和項まで取り込んだ計算もg03でできますね。
もちろん、まだ小さい化合物までしかできませんが。

39 :あるケミストさん:05/01/29 23:41:06


40 :あるケミストさん:05/01/30 00:21:50
>>36
予備知識がそんなにある人自体まれかと思われ。
研究室で勉強して理解できる能力がちゃんとあれば、
入る時点でどうのこうのはあまり関係ないと思う。

41 :あるケミストさん:05/01/30 01:51:54
特別な才能がある人しか、量子化学はわかりません。
まして、量子化学で本物の研究者になれる人は、例外中の例外。

才能のない人は、行動生物学がいいよ。

42 :36:05/01/30 02:21:02
>>37
本当は天体物理を希望していたのですが、結構人気で。。
分子生物学とか電磁気学とか取ってたばかりに、似たような研究室があるからと。
予定では星間塵のIR(?)ということになりました。

>>40
ほんとですか?がんがります。

>>41
もう変更できません…。とりあえず卒業めざしてがんがります。

43 :あるケミストさん:05/01/30 02:45:28
星間物質を予測するテーマだね。
IRの計算値と実験値の一致から同定する流行の研究だね。

普通の量子化学計算は、真空を仮定している。
だから、星間物質を量子化学で計算するのは有利なんだ。
その上、星間物質は小さいから計算しやすい。
(Nの4−5乗だから)

ところが、未知の物質を同定するためには、超超高精度計算が必要らしい。
学会で平野先生がその辺の悪戦苦闘ぶりを話されていた。


44 :36:05/01/30 03:10:46
>>43
詳しい説明をありがとうございます。流行だったんですか…。
とりあえず、参考書を読みふけろうと思います。

45 :あるケミストさん:05/01/30 04:52:55
>>41
禿同。

>>44
「だった」という過去形は正しいかもしれんね。

46 :あるケミストさん:05/01/30 06:54:36
天道虫の観察なんか気楽でいいね。
神経すり減らして計算機の限界までしないと駄目だから。

47 :あるケミストさん:05/01/30 11:40:05
>>41
そんなわけない。

48 :あるケミストさん:05/01/30 14:31:39
>>47
前半は正しいと思うよ。

49 :あるケミストさん:05/01/30 18:57:36
星間は絶対温度0度だから、なおさら量子化学計算に有利。

50 :あるケミストさん:05/01/30 19:27:09
絶対零度なのか?宇宙背景放射とかあるから、3度くらいじゃなかったっけ?
0度だったら、ボーズアインシュタイン凝縮も、観測できるのか?

51 :あるケミストさん:05/01/30 21:52:42
3度でも計算精度に影響なし。

52 :あるケミストさん:05/01/30 22:05:40
へー。。

53 :あるケミストさん:05/01/31 00:07:52
それでも電子は回っている

54 :あるケミストさん:05/01/31 00:54:10
>>48
逆だよ。前半が間違ってる。量子化学はそんなご大層なもんではない。
化学で普通に使われてるよ。
たぶん行動生物学のほうが難しいと思うので、>>41の後半も間違ってるとは思うが。

55 :あるケミストさん:05/01/31 01:15:43
使いこなすのと、理解するのは別次元。
計算屋が数学屋ではないのと同様。

56 :あるケミストさん:05/01/31 01:36:01
>>50
いくら低温でも、星間分子のような希薄な系ではBECは起きないよ

57 :あるケミストさん:05/01/31 05:43:33
>>54
挫折した人間の感想として、文系での哲学科の位置ぐらいの
インテリ度を感じるんだけど・・・
喩えが悪いかなw

58 :あるケミストさん:05/01/31 13:24:20
文系から見た哲学科の位置のインテリ度がわからない

59 : ◆l8.yTPiXyw :05/01/31 17:25:23
だれか〜マクマリーの答えもってませんか〜☆

60 :あるケミストさん:05/01/31 20:14:46
>>57
1.難しい(難しそうに見える)
2.周りから「それやって何の意味があるの?」と言われる
3.就職が無い
という点が似ているのでは・・・。

61 :あるケミストさん:05/01/31 21:36:34
>>58
高尚で近寄りがたい感じかな〜
それで、実験屋は泥ξ感じ。

>>60
正鵠を射てますw

62 :あるケミストさん :05/01/31 22:28:34
>>60
1. 確かに難しそうに見えるらしい。別に量子化学はインテリの学問ではないと思う。
 これからの若い研究者は,(量子化学以外の専門の場合)量子化学はツールとして使えなきゃDQN。
 ただ,量子化学が専門なら、新しい手法を開発しなきゃDQN。計算は実験家でもできる。
3. 就職が無いは嘘だろ。いわゆる化学(合成)系への就職が難しいからそう見えるだけ。

63 :あるケミストさん:05/01/31 22:37:26
>>62
どういうとこに就職してるんでしょうか?
企業でも量子化学の研究を続けられるんですか

64 :あるケミストさん:05/01/31 22:56:34
>>62

>計算は実験家でもできる。

論文読めばわかるけど、実験家の計算は荒いから信用できないよ。
本人たちは、ぜんぜんわかってないみたいですけど。
特に、細かいことや重要なことが。
高精度計算と一致しないから。
計算量子化学で大事なことは、信頼できる結果を出すことです。
そのためには、長い修行が必要です。
実験と計算の両方を修行できるほど、甘くない。

実験は計算家でもできる?と思います。
最近は、実験装置に試料入れとけばデータでるのでは?
だけど、細かいことがわかってないからだめでしょう。

65 :あるケミストさん:05/01/31 22:59:52
>>63
企業で量子化学の研究職を設けているところは、一応存在はする

66 :あるケミストさん:05/01/31 23:05:24
>>65
ということはやっぱり厳しいんでしょうか
量子化学に進みたいけど、研究職をやっていきたいもので・・・

67 :あるケミストさん:05/01/31 23:24:38
>>66
まあ、ソロンや宇宙論、数学の連中ほど悲惨なことにはならんから安心しろ

68 :あるケミストさん:05/01/31 23:29:07
>>67
そうですね、研究室訪問で色々聞いてみます

69 :あるケミストさん:05/01/31 23:31:14
矢と手やろ過?

70 :あるケミストさん:05/02/01 10:36:54
>>64
> 論文読めばわかるけど、実験家の計算は荒いから信用できないよ。
その論文を同じ畑の人が読むから全然問題なかったりして

71 :あるケミストさん:05/02/01 20:17:36
実験値を解釈するときに実験家が行う計算は、
B3LYP/6-31+G(d)
程度です。
あまりに安直すぎませんか?


72 :あるケミストさん:05/02/01 20:51:14
>>71
重原子50個以上だと、それが限界。


73 :あるケミストさん :05/02/01 22:15:25
>>64, 71
計算するプロパティが何なのかにも依存すると思う。
必要な計算値に,必要な計算レベルが何かを知っていなければならないのは
当たり前。
これは今や,実験家にも必要な事。
何故なら,自分で計算をしなくても,多数の計算論文の中で,
本当に正しいものは何かを見抜くため。
また,必要に応じて,自分で計算を行う能力も,今の時代,必要かと思われる。
そんなに甘くない,それはそうだと思うが,世界的観点からすれば
そんなのんきな事は言ってられないのではないでしょうか?
単に高精度にすれば良いと思ってるなら,DQN。


74 :あるケミストさん:05/02/01 22:18:57
簡単にお手軽に精度が上がるんならいいんだろうけどね・・・

75 :あるケミストさん:05/02/01 23:46:29
実験家で計算もバリバリできる人ているの?

76 :あるケミストさん:05/02/02 06:01:45
>>73

あなたがDQN.

77 :あるケミストさん:05/02/02 07:31:46
理論屋が高精度に扱える対象なんて、極々極々限られた物だって事も知らんのか。

78 :あるケミストさん:05/02/02 08:00:07
シュレヂンガー方程式もexactに解けるようになったらしいですね。
もちろん、まだ極々極々限られた物までですけど。

79 :あるケミストさん:05/02/02 10:03:00
張り切って水素様原子の計算しようか。

80 :あるケミストさん:05/02/02 10:08:11
N先生の仕事しらないらしいな。


81 :あるケミストさん:05/02/02 10:39:06
計算方法や基底関数を選ぶのって恣意的なんでしょ?
妥協して決めてるっていうかー
計算環境によるっていうかー

と実験屋は言うかもしれない

82 :あるケミストさん:05/02/02 11:01:19
いやー、「長いものには巻かれろ」と言うよ。

83 :あるケミストさん:05/02/02 12:07:04
>>78
exact じゃないよ。Free ICI は。
「ほぼ」exact だよ。
発表聞いた限りでは、
良い基底関数を効率よく生成して、
それから CI を行うという手法みたいね。
波動関数は原理的には無限級数になる...筈だから
どんだけ続けても「ほぼ」exact にしかならない。
ただ、He とかだと 30 桁くらいの精度があったと思うから、
exact と言いたくなる気持ちも分からんでもないが。
ここまでくると、対角化の精度とかも気になってくるね。

しかし、あれだけの桁を合わせても
結局近似が入ってるんだよね(非相対論だとか BO 近似とかその辺り)。
今の所は手法の有効性のチェックに過ぎないんだろうけど、
そろそろ H2 や dtμ の non-BO 計算とかしてみて欲しいな。

84 :あるケミストさん:05/02/02 12:52:16
そう?
CIよりもクラスター展開に似てない?
発表聞いてないのでわからないけど。

85 :あるケミストさん:05/02/02 13:24:48
>>83
数値解析な時点でexactじゃないだろ

86 :あるケミストさん:05/02/02 16:23:06
>>85
だから exact でないとゆうとるに...。

87 :あるケミストさん:05/02/02 23:32:04
>>83
non-BO計算には興味持っているので、いろいろと論文読んでいるですがなかなか難しいですね。
理論自体も難しいし、プログラムをいっぱい作らないといけないし。

でも、gasphaseのスペクトルと計算があわないところが結構あるので、この分野は開拓の余地が
いっぱいありそうです。





88 :あるケミストさん:05/02/03 04:46:53
テーマが小さい。

89 :あるケミストさん:05/02/03 18:25:33
系が小さくないとそもそも Free ICI 使えないし。

90 :あるケミストさん:05/02/04 04:53:37
化学全体の興味は、
1.環境化学
2.構造生物学
3.ナノテクノロジー

この3つに関係あるような計算すべきですよ。
もちろん、方法論の開発はべつですが

91 :あるケミストさん:05/02/04 05:29:11
>>90
> 1.環境化学
って胡散臭いんだけどw

92 :あるケミストさん:05/02/04 05:57:47
>>91

ぐずぐず言ってられないほど、急を要することです。


93 :あるケミストさん:05/02/04 08:07:12
はやりの分野をやる人ばっかりになるのは、化学自体の衰退を招くよ。

94 :あるケミストさん:05/02/04 08:20:18
ちょっと質門。
気相クラスターの構造を研究する動機は?

95 :あるケミストさん:05/02/04 10:47:49
>>92
国民を脅かして研究と称して税金巻き上げ、ホントに役立つか
どうかわからん研究してもどーなんでしょうね?
分析屋だって、胡散臭い業者が出てきている
(ダイオキシン関係。日垣隆の本参照)。

マクロなもの、例えば温暖化やオゾンホール、をミクロでかつ
理想的な実験系で理論的に出た答えを、複雑系な自然に
適応できるんかいな?

この分野を否定しないけど、量子化学は関係ないと思う。

>>93
禿同。
だけど、それやらんと金入ってこないんでしょ?

96 :あるケミストさん:05/02/04 21:01:08
もちろん、常識的にはそうかもしれないけど、
アメリカで環境化学のために100テラフロップのコンピュータがあるよ。

97 :あるケミストさん:05/02/04 21:32:05
パソオタの遊びに研究費を出す必要があるんだろうか。
自分で稼いで副業でやるならまだしも。

98 :あるケミストさん:05/02/04 21:52:05
DQN実験系よりも、廃棄物が少ない分、地球に優しいかと。

99 :あるケミストさん:05/02/04 21:55:59
>>93
有機電子論スレのノリを持ってくるな。
以下放置せよ。

100 :あるケミストさん:05/02/04 21:56:44
ごめん間違えた。93スマソ。
>>97な。

101 :あるケミストさん:05/02/04 21:59:11
>>98
直感でそう思うけど・・・隠居した鯖はちゃんと処分されてるのかな??

102 :あるケミストさん:05/02/04 22:00:33
さすが汚物!!!

103 :あるケミストさん:05/02/04 22:49:56
東大を敵に回したら研究費つかなくなるぞw


104 :あるケミストさん:05/02/04 23:46:34
量子化学計算屋 vs 有機電子論信者

のデスマッチもう一回キボンヌ

105 :あるケミストさん:05/02/05 00:13:26
>>96

うっかり人を嫉妬させたな。
嫉妬ほど怖いものないよ。
ここまで憎悪されるとは。

106 :あるケミストさん:05/02/05 00:20:40
人の嫉妬についてデスマッチもう一回キボンヌ

107 :96:05/02/05 01:22:33
図星らしい。

108 :あるケミストさん:05/02/05 23:08:33
電脳師にMacminiでGamessとかGaussian動かしてみてホスイ…。

それはそうと、この流れだとCCSDTQの超高速プログラム書いてくれるやつがいるのか?

109 :あるケミストさん:05/02/06 16:16:20
Mac mini を並列につないだら重箱

110 :あるケミストさん:05/02/06 16:25:29
G4だから、そこそこ計算できるかもね。
Mac miniの弱点のグラフィック関係は、計算だけならどうでもいいし。
コスト-性能-設置スペース-騒音のバランスとしては、まあまあかなあ。

111 :あるケミストさん:05/02/06 16:53:03
なぜ、スーパーコンピュータ使わないの?

112 :あるケミストさん:05/02/06 17:25:05
地球シミュレーターって、普通の研究者が使えるものなの?

113 :あるケミストさん:05/02/06 17:26:30
>>111
マシンはどれもタダではないので、特別高速性が要求されていない計算にスパコンを使ったりすると、ボスに怒られます。

114 :あるケミストさん:05/02/06 17:37:01
なるほど。
最近は、PCでも本格的な量子化学計算をできるのですか?
PCで量子化学計算したことないのでよくわかりません。

115 :あるケミストさん:05/02/06 18:33:08
>>114
おまえは、1年間ROMってマックスパルタンでも使ってろな

116 :あるケミストさん:05/02/06 18:51:53
>>115

なぜハラがたつの?


117 :あるケミストさん:05/02/06 19:00:25
>>114はスパコンでやってたんですか?手計算でやってたんですか?

118 :あるケミストさん:05/02/06 19:08:53
また嫉妬で怒り狂っただけみたいだね。
君たちは、みんなそういうやつばかりだよ。

君たちは、どれくらい計算しないと論文にならないかわからないみたいだな。
最近は、スーパーコンピュータでCPU500時間くらい計算しないと駄目だね。
もちろん、研究目的が時代の要求を満たしてる上で。



119 :あるケミストさん:05/02/06 19:23:30
>>116
悪い。
一回言ってみたかっただけです。

120 :あるケミストさん:05/02/06 19:45:51
日本の大学を見ても、量子化学計算を行う研究室は数少ない。ましてや非経験的手法による高精度の計算となれば、世界でもあまり行われていないのが現状である。その必要性は、この研究室がここ数年継続して原研の受託研究で予算をもらっていることからでも分かると思う。

 純粋理論に基づく高精度の計算。核融合の基礎データ収集。研究のライバルはあくまでも世界。
 それが、この研究室の特徴である。

tp://molmag.gs.niigata-u.ac.jp/~www/

121 :あるケミストさん:05/02/06 21:29:37
>>120
いちいち何度も晒すな。学生が書いたみたいなんだし、いい加減許してやれ。

>>118
だんだんネタが面白くなくなってきたぞ。もうちょっとガンバレ。

122 :あるケミストさん:05/02/06 21:42:36
>>118
それはあなたのモデルが化学者のツールとして使えないことを
証明しているだけです。


123 :あるケミストさん:05/02/06 22:06:00
>>120-122

なにわけわからんこといってるの。
そういう態度では、相手から何も学べませんよ。
もっと謙虚に相手から学び取るつもりがない人は終わりです。

だけど修士課程在学中の人にあなたのようなタイプが。
的外れなことばかり書いてる言ってる自信のない尊大者が。

日本の研究者で量子化学の発展に貢献している人は
意外とすくないかもしれませんが、ab initio計算くらい誰でもできるのでは?
それとも貴殿がab initio計算したことないのでは。
枡で練習されてるだけではw

124 :あるケミストさん:05/02/06 22:09:01
枡は2つの意味ですw
1つはマスター。
2つはvacation。

125 :あるケミストさん:05/02/06 22:17:25
>>123
なんで120-122が同じ人だと思ってるんだ。どう見ても別人だろ。
レス内容を見る限り、120へのレスか?
120は他所からのコピペなので、真面目に反応するだけ損だぞ。

126 :あるケミストさん:05/02/06 22:32:05
もうけっこう。
マックでHMO,EHMO,PM3くらいやってな。

127 :あるケミストさん:05/02/06 22:53:47
分子量120万ぐらいのタンパクの三次元構造を知りたいのですが、
このスレに出ている量子化学計算では、どのぐらいの計算規模になるのでしょうか?

128 :あるケミストさん:05/02/06 23:36:13
>>127
何がしたいのかをもうちょっと詳しく。
既知構造の最適化がしたいのか、未知構造の予測がしたいのか。
前者でもいろいろな手法がある(が、分子量120万は無理では)。後者ならそれは今のところ量子化学の領域ではない。
というか、MM(古典MDを含む)と混同してない?

129 :あるケミストさん:05/02/07 05:19:10
>>127
ボスに内緒で分子件になげとけ

130 :あるケミストさん:05/02/07 19:51:33
>>128
活性点近傍だけ量子化学の計算をして、
その他の領域はMMで最適化する方法があるようですが。

131 :あるケミストさん:05/02/07 20:12:14
>>130
そう、それも手段の一つ。QM/MMだね。
ただ、最適化を「三次元構造を知る」と呼ぶのはちょっとなあ、という気もする。

132 :あるケミストさん:05/02/07 23:19:53
一次構造だけしか分からないものから
高次構造を予言する...ってのは
古典的にもどうなんだろうという感じ?
いわんや量子的にをや。

133 :あるケミストさん:05/02/07 23:31:09
>>132
配列相同性の高いタンパク質の立体構造が既知なら可能なことも。
量子とは関係ないけど。

134 :あるケミストさん:05/02/08 02:00:14
生物板 生体分子の分子動力学シミュレーション
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1104077613/l50

135 :あるケミストさん:05/02/08 23:30:39
電脳師キター
http://digital.hmx.net/02contents/pc/ppc/mac_mini/mac_mini_box.shtml

136 :あるケミストさん:05/02/09 18:52:12
>>132
一次元配列からの立体構造予測は萌えでできるよ。


137 :あるケミストさん:05/02/09 20:18:03
>>133

元々人間やめてた元生物物理学会長は、科学者やめて占い師になった。
宝くじ当てみたいなやり方がうまくいく分けない。



138 :あるケミストさん:05/02/09 22:20:34
>>136
原理を知ろう。そうすればそんな脳天気なことは言えなくなる。

>>137
このスレにはなぜか私怨野郎を寄せ付ける力があるようだ。

139 :あるケミストさん:05/02/09 22:22:46
>>138

それおまえのこと。

140 :あるケミストさん:05/02/09 22:52:16
>>138

無知だね。君は。
有力だよ。
O先生の成功に期待してるよ。
きっと、世界の研究者たちも。

141 :あるケミストさん:05/02/10 00:31:04
>>138
放置しとけよ。137はいつもの奴じゃねーの?

142 :あるケミストさん:05/02/12 18:27:26
Gaussianで計算してたら、毒男がいっぱい出てきた。

(A') (A') (A') (A') (A') (A') (A') (A') (A") (A') (A') (A")

143 :あるケミストさん:05/02/13 12:26:44
>>142
未来の何かを暗示してるんだよ。

144 :あるケミストさん:05/02/13 15:15:02
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

145 :あるケミストさん:05/02/17 07:22:48
STO-3G基底ではガウス関数の指数部を固定してりますが、何故固定
しているのでしょうか?

例えばHF/3-21Gでは、指数部を固定しない代わりに展開係数(ScaleFactor)
を1.0に固定しています。指数を変動させることにより軌道の広がりは柔軟
になりますが、STO-3Gでは単に計算を高速化するために、この柔軟性を犠牲に
しているのでしょうか?


146 :あるケミストさん:05/02/17 07:35:49
>>145
そういうことでいいと思うよ。
結局は基底系としてちゃんとしてればいい訳だから。

147 :145:05/02/17 07:39:15
すみません。展開係数=ScaleFactorと勘違いしていました。

質問がごちゃ混ぜになりかけているので、再度まとめて質問します。


148 :あるケミストさん:05/02/17 17:23:01
指数部はどれも固定されてる。
基底関数を split するってのは、
Gauss 関数の線形結合定数を変動可能にするということと同じ。

split する/しないは指摘の通り計算速度からの制約。
ただ、STO-3G は定性的な議論もうまくいかない場合も多く、
実用的にはある程度 split した方がいい。

149 :145&147:05/02/17 19:08:39
>>146,148 さんありがとうございました。


150 :あるケミストさん:05/02/17 22:35:12
時代錯誤。
30年前の話。

151 :あるケミストさん:05/02/18 06:28:58
華麗にヌルー

152 :あるケミストさん:05/02/18 23:09:08
>>150の論理ならシュレーディンガーの波動方程式も
「時代錯誤。」
「80年前の話。」


153 :あるケミストさん:05/02/18 23:47:14
それを正確に解く方法を開発するのなら現在意味がある話。
三体問題で正確に解けないからどうのこうのなら、古典。





154 :あるケミストさん:05/02/19 00:03:01
>>153
3体問題の厳密解が存在しないことは数学的に証明されているんですが。


155 :あるケミストさん:05/02/19 00:07:28
>>150

スレのレベル落とすなよ


156 :あるケミストさん:05/02/19 00:09:26
そうですか。
それを正確方法を開発するなら、建設的。
最初から無理というなら、だれでもできる。

157 :あるケミストさん:05/02/19 00:15:46
数学的証明済=いくらやっても近似にすぎないって事では?

158 :あるケミストさん:05/02/19 00:19:47
神は解くことが出来るんだ、だから世界が存在している

159 :あるケミストさん:05/02/19 00:35:48
でも、神はサイコロを振らない


160 :あるケミストさん:05/02/19 01:03:39
よくわからないけど、
小数点以下数十桁も正確なら、量子化学では十分正確解でいいのでは。


161 :あるケミストさん:05/02/19 04:54:10
それがN先生の路線だね。

162 :あるケミストさん:05/02/19 09:36:04
でも物質は実験室の中にあるのであって、計算機の中にはないです

163 :あるケミストさん:05/02/19 11:04:33
>>162
物質は実験室の中にあるのではなくて、自然界にあるのです。
「実験室の中で全てできる」というのは人間の思い上がりです。

164 :あるケミストさん:05/02/19 12:34:15
自然界は地球の中にあるのではなくて、宇宙の中にあるのです。
「地球の中で全てできる」というのは人間の思い上がりです。


165 :あるケミストさん:05/02/19 13:24:19
それに真空じゃねーし
温度もへんだし

166 :あるケミストさん:05/02/19 15:02:04
つまらんネタ合戦になってきたな。
それ以前に、162みたいなありがちな煽りに反応するなよ。

165の指摘はわからんでもないが、「だからダメ」ってもんではない。
モデル化(実験でも計算でも)は必要なものだし、量子化学でやっているのはそれほどひどいモデル化でもない。

167 :あるケミストさん:05/02/19 18:22:58
「モデル化」といわれると、きもい。
なんかぴんとがずれてないか?

168 :あるケミストさん:05/02/19 18:26:31
例えば、水なら水分子一個持ってくるのがモデル化

169 :あるケミストさん:05/02/19 18:46:00
例えば、芋なら芋一個持ってくるのがモデル化
芋を量子力学で解析しても疲れるだけ。

170 :あるケミストさん:05/02/19 18:58:59
「化学者に役立つツール」も表現がきもい。
量子化学はまだそのレベルではありません。


171 :あるケミストさん:05/02/19 19:03:25
自然界に水分子一個ってあるのか?これが水分子ですって見せてみろ。

172 :あるケミストさん:05/02/19 19:12:42
例えば、人間なら168一個持ってくるのがモデル化


173 :あるケミストさん:05/02/19 19:17:37
例えば、人間なら168の脳みそをフラグメントにして持ってくるのがモデル化

174 :あるケミストさん:05/02/19 19:17:41
例えば、大学ならT橋一個持ってくるのがモデル化


175 :あるケミストさん:05/02/19 19:23:00
正しい考え方は、

168はどういう人間化と研究してるだけ。
T橋はどういう大学かと研究してるだけ。
水分子1個はどういう物理化学的特徴があるか計算研究してるだけ。







176 :あるケミストさん:05/02/19 19:28:59
>>171

君の鼻水やしょんべまでみせなければいけないのか?

177 :あるケミストさん:05/02/19 19:34:59
へんな屁理屈こねたいなら、弁護士か政治家に転職するのだな。

178 :あるケミストさん:05/02/19 20:50:58
東大・京大出身者は、論理にこだわる。
阪大・駅弁出身者は、方法論にこだわる。

179 :あるケミストさん:05/02/19 21:23:55
何これ。荒らしの自作自演?
全部ageだし。

180 :あるケミストさん:05/02/19 22:20:38
スルー汁

181 :あるケミストさん:05/02/20 13:24:54
計算終わらん…
皆どんなマシンで計算してる?

182 :あるケミストさん:05/02/20 16:18:57
今の日本のコンピュータ遅すぎる。
かつては、世界をリードしてたのに。
やっぱり、不況のせいですかね?

183 :あるケミストさん:05/02/21 00:32:53
ab initio の読み方がわからないオレは量子化学に向いてないですか?

184 :あるケミストさん:05/02/21 01:19:20
逝ってよし!

185 :あるケミストさん:05/02/21 01:37:18
えーびー いにちお

186 :あるケミストさん:05/02/21 01:38:46
危ないっしょ!?

187 :あるケミストさん:05/02/21 20:21:03
>>181

原付日本とF1マシーンアメリカが勝負してるような状況ですわ。
お手上げ。

188 :あるケミストさん:05/02/23 11:25:24
頭つかえよ。

189 :あるケミストさん:05/02/23 12:08:33
マックスパルタン使えばいいだろ

190 :あるケミストさん:05/02/23 12:17:58
F1で勝つには良いマシーンがあるチームに所属できるかどうかで決まる。
マックチームに所属しても、エンジントラブルでリタイヤ。

191 :あるケミストさん:05/02/23 14:37:04
2000 Outstanding Scientists of the 21st Century受賞したよ。

192 :あるケミストさん:05/02/23 23:46:31
地味ーに盛り上がってます。

生体分子の分子動力学シミュレーション
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1104077613/l50

193 :あるケミストさん:05/02/24 17:53:47
>>192

レベルが低い。

194 :あるケミストさん:05/02/24 23:06:47
>>193
このスレもどっこいどっこい

195 :おばかです:05/02/26 08:19:11
ψ(e)= 2φB1s-φA1s-φC1s
    ↑
この2って何?どうやって求めるの?
H3(三角形三水素)のとことでつまずいた。
ここらへんの分野よくわからないんだよね。
結構やばいかな。
よろしくお願いします。

196 :あるケミストさん:05/02/26 11:33:55
普通に Hueckel ハミルトニアン

αββ
βαβ
ββα

を対角化すれば出てくるよ。

197 :あるケミストさん:05/02/26 21:04:27
馬鹿野郎〜!!!
2φって 2ミリの穴開け加工やんけーーー

198 :あるケミストさん:05/02/26 21:05:45
科学がなんの社会貢献になるんか?いえや

199 :あるケミストさん:05/02/26 21:33:39
荒れてるねー。
わからんでもないな。
今の世の中、嫌がらせだらけ。

私は、量子化学計算をしてるときがもっとも幸福です。
計算機にJobを投入するときのわくわくした気持ち。

そういう意味で社会貢献してるw


200 :あるケミストさん:05/02/26 22:30:23
LOOP 999998:  E=+1000000.000 J/kg
LOOP 999999:  E=+1000000.000 J/kg
LOOP 1000000:  E=+1000000.000 J/kg

Terminated.


201 :あるケミストさん:05/02/26 23:14:48
>>195-196

計算機で計算してみるのもいいかもね。
構造を固定して、計算レベルをすこしづづあげるてみたらどうなるかな?

HMO,EHMO,CNDO/2,INDO,ZINDO,MNDO,PM3,STO-3G,3-21G,6-31G(d),.....

202 :あるケミストさん:05/02/26 23:25:50
195です。
お返事ありがとうございます。
はっきりいって・・・?????です。
無機化学(シュライバー)を初めからやっていてここでつまずきました。
なんだかさっぱです。
線形結合を考えていてなんとなくやってたら突然係数でつまずきました。
これはどのような分野で調べればよいでしょうか?
NH3の2重縮重の考えのことでも出てきますよね!?
本当の量子初心者です。

よろしくお願いします。

203 :あるケミストさん:05/02/26 23:27:58
アトキンスあたりを読んでみたら?物理化学に載ってたりする。

204 :あるケミストさん:05/02/27 09:25:13
うちは授業が糞だったからアトキンスで独学したよ。
よっぽどよく分かった。

205 :あるケミストさん:05/02/27 11:22:35
>>195

よくわからないけど、

 B
A  C

という構造かな?

ψ(e)= 2φB1s-φA1s-φC1s を変形すると
ψ(e)= (B1s-φA1s)+(B1s-φC1s)
です。この式が意味する事は、
第1項からBとAが反結合。なぜなら、B-Aになってるから。(−ということは、反結合)
同じく、第2項からBとCが反結合。なぜなら、B-Cになってるから。
電子の数が良くわかりませんが、それぞれの水素に電子が1つあるのなら、このような反結合が生じる事はありえると
思います。

第一項をY,第2項をZと定義すると、
ψ(e) = Y + Z
になります。
当然、構造からYとZの線形結合でも不思議ではありません。

ところが、AとCの相互作用がこの式にないことがわかります。
無機化学の教科書レベルでは、荒っぽく直感的に書いてるからだと推測できます。

教科書読んでなかなかわからない場合は、その部分をパスして読み続けたらいいです。
そのうち、わからない部分が自然とわかるときもありますから。

206 :あるケミストさん:05/02/28 16:46:34
この分子の場合、Huckel MO は

ψ1=(φA+φB+φC)/√3
ψ2=(2φB-φA-φC)/√6
ψ3=(φA-φC)/√2

となる。
問題の軌道はψ2なんだが、
実はこのψ2とψ3は縮退している。

>荒っぽく直感的に書いてるからだと推測できます
というのは間違いで、残りの A-C は単にψ3にあるというだけの話だ。

207 :あるケミストさん:05/02/28 17:10:24
そうでしたか。

ちょっとわからないのですが、
Huckel MOは、パイ電子に使うのでは?


208 :あるケミストさん:05/02/28 17:45:03
C三員環のHuckel近似もH三員環も殆ど同じだよ。

209 :あるケミストさん:05/02/28 18:51:09
なるほど

210 :さまよえる分子軌道:05/02/28 20:48:06
なんだかさらに難しくなっている
本当に皆さん返事ありがとうございます。
204さんみたいにうちも授業がちょっと・・・なので独学なんです。
無機はシュライバー、物化はアトキンスを買い揃えました。(うちは教科書までしょぼい)
分子軌道をH2からはじめてなんとなく結合性、半結合性、(時にはH3なんかで非結合性)を考えて進めていきました。
無機を初めにやったからこんな状態になったのでしょうね。
これまで感覚的に進んでいました。
ψとφの違いすら危ういです。
(ψは原子軌道、φは分子軌道だと思うのですが、
両教科書でWalshダイアグラムのとこ見ると無機はψとφ、物化はψだけになっていいたりしています。
他には同じ教科書内で混在していたりと見るたびにわからなくなります)

C1,C2等の係数がよくわからないんです。たとえば、水素(ψ=CAφA+CBφB)はCA=CBって説明は同じ原子なのでわかります。(同じだから簡単に消えてしまう!?)
それで上で聞いたH3の三角形水素のψ(e)の"2"なんかがそうですが、
これば直線のH3になると、下記のようなψ(1σ)とψ(3σ)にある√2なんかもわかりません。
ψ(1σ)=φA1s+√2φB1s+φC1s
ψ(2σ)=φA1s-φC1s
ψ(3σ)=φA1s-√2φB1s+φC1s
もしアトキンスで書いてあるのであればどこらへんか教えてもらえますか?
多分この先異核2原子分子とかも出てきそうなので。
一応一通り見たのですが、もしかしたら数字や公式がいっぱいあったところなのかもしれません。
わけわからないので飛ばしちゃいました。
どうかご伝授お願いします。



211 :とあるケミストさん:05/02/28 21:38:55
KrやXeといった重い希ガスのvan der Waals力をGaussian98で
構造最適化により計算しようと思っています。
電子相関を最大限考慮する必要があるのですが、適用できる基底
を踏まえると素人的に QCISD/LanL2DZ くらいしか浮かびません。

他に適当な方法はありますか?


212 :あるケミストさん:05/02/28 21:54:37
>>210
> ψは原子軌道、φは分子軌道だと思うのですが
志村、逆! 逆!
ま、単に記号をどう定義するかって問題なだけではあるけど。

係数はハミルトニアン書いて、実際に対角化すれば自然に出てくる。
直線・環状分子であれば、一電子近似&最近接近似すれば解析的に解ける。
例えば H_3 の MO は別の形で書けば
ψ1 = (φA + φB + φC) / √3
ψ2 = (φA cos(-π/3) + φB cos(0) + φC cos(π/3)) * √(2/3)
ψ3 = (φA sin(-π/3) + φB sin(0) + φC sin(π/3)) * √(2/3)
だったりするわけで、
奇数員環 H_n に一般化した形もそれなりに推測できるんじゃないかと。
π電子を使った話がアトキンスの上巻14.10で説明されてるけど、
s 軌道が p 軌道になっただけで、それ以外は H_n の場合と全く一緒。

別の考え方をすると、こういう係数は分子の対称性から出てくる。
群論を使った話が上巻15章に書いてある。

ただ、こういう細かい係数の話よりも、
ノードの数の方が重要なんじゃないかな。
H_3 だと、ψ1の係数は全部符号が一緒、
ψ2の係数はBとA-Cの間で符号が変わる、
ψ3の係数はそれに直交するA-Cの間で符号が変わる、と。
直線分子ではノード0、1、2、... の軌道ができる。

213 :あるケミストさん:05/03/02 00:30:17
からあげ


214 :あるケミストさん:05/03/02 00:44:39
ルナマリアさんと仲良くしたい

215 :あるケミストさん:05/03/03 00:46:14
>>211

CCL見たよ。
もっとましな質問しなれば、誰も返事くれないよ。
それと文例集でも見て、お決まりの表現使わないと相手してくれないよ。
CCLと2チャンネルは全然違うから。

あまり変な質問すると、嫌がらせや苦言メールが来るから。


216 :あるケミストさん:05/03/03 00:53:49
>>211

1.BSSE補正を必ず行う事。G03なら、CP-OPTもできますが。
2.基底関数にcorrelation consistent basis setのECP版を使うといいかも。
MolproのマニュアルがHPで公開されてます。そのHPで基底関数を探せばいいです。



217 :あるケミストさん:05/03/03 02:49:11
あーもう3月3日かあ・・・
このスレの人はちゃんと卒論or修論は提出できましたよね?

真の安定構造を求める時間がないので、教授の温情を頼って
とりあえず出した、なんてことはないように
(あっ、それは漏れのことか・・・)


218 :217:05/03/03 02:55:03
すみません。
間違ってAgeてしまいました。


219 :あるケミストさん:05/03/03 20:12:50
>>211

まず、論文検索すべき。
もし、まだ研究されてなかったら、
CCSD(T)レベルかもう少し高いレベルを使った方がいい。



220 :あるケミストさん:05/03/03 21:25:19
>>215,216,219
ありがとうございます。MolproマニュアルのHP見てみます。

CCSD(T)を勧めていますが、残念ながらG98ではこれでの構造
最適化はできません。計算法一覧を見た限り、QCISDが最も相関
を考慮して最適化できそうなので、これを選択しました。

なおQCISDのBSSE補正の論文は、Scirusではヒットしませんでした。


221 :あるケミストさん:05/03/03 21:34:40
>>220

QCLDB IIで検索したほうがいいです。

222 :あるケミストさん:05/03/04 11:13:02
CIはsize consistentじゃないからこういう計算には向かない
だから摂動の方が良いかも知れない

223 :あるケミストさん:05/03/04 17:36:10
QCISDは、size consistentです。

224 :あるケミストさん:05/03/04 23:21:17
そうなのか。Qというのが付いているから違うのか?
最近のMOとか知らないからな。

225 :あるケミストさん:05/03/05 10:33:41

物化屋さんどうよ??↓
3016.net/apps/index.htm

226 :あるケミストさん:05/03/05 11:47:51
>>225
今さらそんな超有名ページを紹介されても。

227 :あるケミストさん:05/03/05 12:10:40
うーーん
この中で高分子関係のサイトがあればなあ・・・・

228 :あるケミストさん :05/03/06 00:51:35
>>223
正確には,QCISDは,size consistent ではないのでは?
小さな系において幾つかテスト計算が存在していて,
Qを入れると,SD のみよりは size consistency の意味合いでマシという風に
理解していたが….

229 :あるケミストさん:05/03/06 03:18:23
>>228

Davidson correctionと混同してないか?
Qは、SDTQのQ(quadruple)じゃなくて、quadraticの略だよ。

230 :あるケミストさん:05/03/10 00:16:42
最近、gaussianいじりだしたんだけど、X線結晶構造解析されてる錯体なんかで電子スペクトルを計算したい場合、

構造最適化して、CISとかで計算した方がいい?X線のデータをそのままぶち込んでスペクトルの計算しても意味ない?



231 :あるケミストさん :05/03/12 00:06:43
CIS はあんまり意味ないと思うけど,TDDFT ならある程度は許せるんじゃない?
SAC-CI という手もあると思うが…

232 :あるケミストさん:05/03/12 03:17:48
なぜCISが意味なくてTDDFTは許せる?
TDDFTだってadiabatic近似してる以上RPAと同程度でCISと近似の物理的根拠は変わらん。
SACができるならそれに越したことはないが、錯体だと重いぞ。

233 :あるケミストさん:05/03/12 08:22:07
どなたか教えて下さい
@結晶中に不純物ドープされたfブロック金属の配位子場分裂を分子軌道計算を用い定量的に予測する方法。

234 :230:05/03/12 13:14:42
>>231

ありがとうございますm(_ _)m

TDDFTで計算したらけっこういい感じな値を得ることができました。(CISはだめ・・・・)

SAC-CIで計算してみようと思うんですが、この場合、計算したい励起状態のスピン多重度を入力しますよね?

例えば、d5高スピン錯体の電荷移動遷移を計算したい場合、

配位子から電子が上がって励起状態のd5電子だけ注目すれば、5重項で、系全体で見れば,全スピン多重度は変わらず、6重項ですよね?

入力するスピン多重度は、やっぱり系全体ってことですか?

SAC-CIに詳しい方いらっしゃったらよろしくお願いします。

235 :あるケミストさん :05/03/12 21:00:34
>>232

TDDFTは電子相関の効果をある程度含んだ,
Kohn-Sham軌道を使うから,Hartree-Fock軌道を
使うCISよりはマシだと思うけど.
実際,色んな錯体で(高励起状態は除く)ある程度の
パフォーマンスは示されてるよ.
もちろん,TDDFTを使う際には,注意して使わないと,
少なくとも,CASやって,少なくとも基底状態は
Singleで書けることはチェックしたいところか?

>>234

SAC-CIのページ
http://sbchema.sbchem.kyoto-u.ac.jp/nakatsuji-lab/sacci.html

236 :あるケミストさん:05/03/12 21:11:25
http://asjnajs.bufsiz.jp/

237 :あるケミストさん:05/03/12 21:34:10
そろそろサニベル組も帰ってくるか。

238 :あるケミストさん:05/03/13 09:05:18
>>234さん
有難うございます。で全く基本的なことなのですがこの場合のTDとはどのような動的状態を指しているのでしょうか。
またgaussianを用いた場合のクラスター数はどの程度まで可能なものでしょうか?



239 :あるケミストさん:05/03/13 09:40:16
>>232
CISとTD-DFTと比べると、TD-DFTのほうが実験値と一致しちゃうから、もっぱらTD-DFTばかり使っている。
なぜTD-DFTのほうがあうかは、、、、わかりませんけど。

240 :あるケミストさん:05/03/14 17:29:36
動的電子相関が DFT によって補完されるから、
動的電子相関の欠如が根本的に効いてる場合は
TD-DFT は TD-HF より改善する筈。
静的電子相関の欠如が根本的に効いてる場合は
TD-HF と同じくあてにならない。

あと、TD-HF と CIS は若干違う。
TD-HF は二電子励起の効果が若干入ってくる。

241 :あるケミストさん:05/03/17 11:55:49
>>195
等核三員環をヒュッケル法で解く。[>>196]より
|a,b,b|
|b,a,b| = H.
|b,b,a|

固有方程式は
 |xI-H| = (x-a)^3 -3(x-a)b^2 -2b^3 = (x-a-2b)(x-a+b)^2.

これを解くと[>>206]
 A: x = a+2b, ψ1 = (φA+φB+φC)/√3.
 E: x = a-b, ψ2 = (2φB-φA-φC)/√6, ψ3 = (φA-φC)/√2.

分からない香具師は↓へ
 http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1090754133/

>>212
 ψ2 = (φA cos(-2π/3) + φB cos(0) + φC cos(2π/3)) * √(2/3)
 ψ3 = (φA sin(-2π/3) + φB sin(0) + φC sin(2π/3)) * √(2/3)

242 :あるケミストさん:05/03/17 12:09:01
>210
線状分子のときは
|a, b1, 0|
|b1,a ',b2| = H.
|0, b2, a|

固有方程式は
|xI-H| = (x-a ')(x-a)^2 -(x-a)(b1^2 +b2^2) = (x-a){(x-a)(x-a ') -2b^2}.
b = √{(b1^2 +b2^2)/2}.
これを解いて
A: x = (a '+a)/2 + b√(2 +δ^2), ψ1 = {φA +k(+)φB +φC} / √[2+k(+)^2].
B: x = a, ψ2 = (φA -φC)/√2.
A: x = (a '+a)/2 - b√(2 +δ^2), ψ3 = {φA +k(-)φB +φC} / √[2+k(-)^2].
縮退がない。
k(±) ≡ δ ± √(2+δ^2), δ≡(a'-a)/2b. 等核のときはδ=0, k=±√2.

分からない香具師は↓へ
 http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1090754133/

243 :あるケミストさん:05/03/17 14:20:52
>>241
> 2π/3
ごぬん。ミスってた。
まぁ、さらに正確に言えば 4π/3 ね。
H3 だと関係ないけど、Hn に拡張する時に重要。

244 :あるケミストさん:05/03/18 21:47:00
>>235
CISよりとりあえず結果が改善されるというのは同意するけど、KS<軌道>が動的相関を含むというのはどうかと思う。
KS軌道って、それほど物理的に素性のはっきりしたもんじゃないのでは?
昔、DavidosnがHF、KS、Dyson軌道の比較をしてたが、KSについてはあまりいいこと言ってなかった。
>>240
大筋同意。ただadiabatic近似しといて、(励起状態についても)動的相関と言い切ってしまうTDDFT推奨派には若干抵抗を
感じる。

245 :240:05/03/19 12:45:11
>>244
あーは言ったが、実のところ半分同意。
理論的にはあまり素性の分かったもんじゃない。

ただ、やって悪い事になるかどうかもよく分からない。
HF が悪すぎるから仕方が無い部分も多い。

246 :あるケミストさん:05/03/19 19:39:58
フロンティア電子密度の計算で
永年方程式がいきなりドンとでてきたり
分子軌道計算のでてくるパラメーターがさっぱり



247 :あるケミストさん:05/03/19 20:05:21
>>246
高校数学でわかるシュレディンガー方程式 量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=31506754

248 :あるケミストさん:05/03/19 22:33:59
GAUSSIANでTD-DFT計算を行う際、" TD "と" UTD "の違いがマニュアルにも書いておらずわかりません・・・

" U "は、非制限という意味なんでしょうが、A⇒Bもしくは、B⇒Aのようなスピンの向きが変わる禁制遷移も考慮して計算を行うということなんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったらよろしくお願いします。

あと、" B3LYP "と" UB3LYP "の違いもよくわかりません。。。

249 :あるケミストさん:05/03/20 05:28:02
相当な初心者だな
こんなくだらん質問に貴重な時間は使えん
おい暇人 なんとかしてやれ

250 :あるケミストさん:05/03/20 12:13:06
>>248
U は非制限。
非制限が何なのかは本を読んで調べるべし。
禁制遷移が考慮されてるかどうかは
アウトプットファイルを見れば大体分かるはずだ。

251 :あるケミストさん :05/03/20 23:14:04
>>248
スピン禁制遷移が考慮されるっていうのが,スピン軌道相互作用を含んでいるかどうか
という意味ならば,含まれていないというのが答え.
だが,TD=Triplets とか TD=50-50 をオプションに立てていると,いわゆる
Triplet coupling した configuration の励起状態が計算される.
もちろん,スピン軌道相互作用は入っていないので,f=0 となるし,
スピン軌道相互作用が強い場合は,全くエネルギーレベルも信用できない.



252 :248:2005/03/21(月) 13:12:42
>>250
>>251

ご丁寧にありがとうございます。

" U "は、いろいろ調べたんですが、開殻系の時に用いるみたいですね。

TD=Tripletsや50-50のキーワードは、、閉殻系の場合のみ有効ですよね?

あと、TDDFTで計算した励起状態の幾何構造は、調べたいんですが

" UB3LYP UTD(READ,ROOT=X) OPT "みたいな感じで求めることができるんですか?

あと、ROOT=XのXは、NSTATEとは異なりますよね?OUTPUTに出力されるROOTのことですか?

ほんと、周りにGAUSSIAN使える人がいなくて非常に苦労してます。よろしくお願いしますm( _ _ )m

253 :あるケミストさん:2005/03/21(月) 13:43:34
>>252
量子化学の専門家ではないみたいね

254 :あるケミストさん :2005/03/21(月) 18:44:24
>>252
ROOT=X <-- (構造最適化の)ターゲットになる励起状態の指定
NStates=N <-- 全体で何番目の励起状態まで計算を行うかの指定
なお,TD の構造最適化は解析的ではなく数値的に行われるので,
相当小さな系じゃないと OPT は無理だと思います.
系はどんなものを扱うのですか?
簡単な有機化合物以外なら気をつけた方が良いですよ.
単一配置で書けるとは限りませんから….

255 :あるケミストさん:2005/03/21(月) 19:01:28
>>253
周りにGaussian使える人がいない、ってくらいなんだから、そりゃそうだろう。
ま、そういう人も大切にしていこうや。

256 :248:2005/03/21(月) 20:57:57
>>252

なるほど、わかりました。試してみます!

ほんと助かります(^ ^;

計算しようとしている系は、二核の遷移金属錯体で、今は一核で練習(?)中です・・・。

しかも反強磁性体なのでこれからまだまだ苦労しそうです。。。

257 :あるケミストさん:2005/03/24(木) 02:28:32
オレはGaussianを使える環境でさえない。

258 :あるケミストさん:2005/03/26(土) 12:19:13
しかし量子化学初心者が TDDFT を走らせるというのもおそろしいことではあるな。

259 :248:2005/03/26(土) 22:41:06
248です。

また、質問したいことがあります・・・・

TD-DFTで次のような結果が出たとします。

*********************************************************
Excited State 35: ?Spin -A 3.5264 eV 351.59 nm f=0.0218
65A -> 67A 0.13
55B -> 63B 0.21
55B -> 65B 0.35
56B -> 64B 0.14
56B -> 66B -0.40
57B -> 66B -0.15
**********************************************************

この励起状態を帰属する場合、CI係数が一番大きい 55B -> 65B に帰属でよろしいんでしょうか?
それとも絶対値が一番大きい 56B -> 66B に帰属されるんでしょうか?

どなたかご教授ください。よろしくお願いしますm(_ _)m




260 :あるケミストさん :2005/03/27(日) 15:23:11
>>258
あのぅ,Gaussian の基本的な使い方って,日本語の教科書にも載ってますよねぇ.
少しは,自分で調べてから質問しないと,たとえ量子化学をツールとして使う,素人っていっても,
あまりにも,不勉強すぎて恥ずかしくはないのですか?

261 :248:2005/03/27(日) 16:10:40
>>260

おっしゃる通りです。

一応、本調べた限りでは、CI係数が一番大きい値で帰属するというのは、なんとなく理解できたのですが、不安でみなさんに質問してみました・・・。

勉強すればするほど、量子力学の敷居の高さを感じてしまう今日この頃です・・・

262 :あるケミストさん:2005/03/27(日) 16:16:49
>>261
そんなあなたに、マックスパルタン

263 :あるケミストさん:2005/03/28(月) 17:27:09
ふと思いついてアウトプットをエキサイト翻訳に入れてみた。

Projection of angular mom. = True
角張っているおかあさんの映像。 = 本当

264 :あるケミストさん:2005/04/02(土) 18:45:02
>263

J( 'ー`)し たけしへげんきですか。いま後ろにいます














    |
    |          .::::::::::::::::::::.
    |         ...:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:...
    |     、-=・=-`:::::::::::::::::::::::::::::::::´-=・=-,.
    |      ⌒..:::::::::::.ヘ   /.:::::::::::..⌒
    |           .:::::::::::|  |:::::::::::.
    |           .:.:::::::::::::|  |::::::::::::::.:.
    |        -  .::::::::( |_| ):::::::::.
    |      ┌    ____    ┐
    |       ` ┬─────┬ ´
    |          \┼┼┼┼/
    |            ,.二二二二、
    |  (   ゚)        ─
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄ ̄

265 :あるケミストさん:2005/04/08(金) 22:49:13
>263
>角張っているおかあさん

激ワロスw 丸みがあってはだめなのか...

266 :あるケミストさん:2005/04/12(火) 09:57:19
ピレンのイオン半径っていくつですか?
計算で出せるのでしょうか?
化学便覧などでも調べてみたけどのってませんでした。
普通イオン半径って原子のみだと思ってたんだけど、分子にもあるんですよね?
ちなみにピレンはベンゼン環が4つついたものです。
教えてください。


267 :あるケミストさん:2005/04/12(火) 13:18:15
漏れもGaussianを買ってもらえない環境にあるのだが
匹敵するオープンソース物はあるんですか?

268 :あるケミストさん:2005/04/12(火) 15:14:26
匹敵してたらガウッシャン誰が買うのかと

269 :あるケミストさん:2005/04/12(火) 22:41:43
>>267
匹敵する必要がそもそもあるのか。
何がやりたいのかをまず述べよ。

270 :あるケミストさん:2005/04/13(水) 09:07:48
とりあえず CI, MCSCF 系なら GAMESS を使えば良い。

271 :あるケミストさん:2005/04/15(金) 20:33:12
科研費の若手に応募。200-300万円あたれば、Gaussian用にLinuxクラスター買う。
来週あたり発表。宝くじみたいなもんだな。

量子化学で科研費応募している椰子、大きな買い物はやっぱコンピューター?

272 :あるケミストさん:2005/04/16(土) 14:22:39
そりゃもう。

273 :あるケミストさん:2005/04/16(土) 15:47:36
やっぱりクラスタはLinuxか。
Macで作ってる人いないかな?

274 :あるケミストさん:2005/04/16(土) 16:27:57
だれか Mac mini クラスタにして
「重箱!」とか言ってる写真うpキボンヌ

275 :あるケミストさん:2005/04/16(土) 17:16:34
ガウシャンはライセンスあるから、メインはコンピューターだな。パーツやらメモリーやらあわせて300万。
あとは煙ドローやらソフトウエアで100万。残りは成果発表で100万。



276 :あるケミストさん:2005/04/17(日) 03:02:07
いかにも当てた事がなさそうなドンブリ勘定だな。

277 :あるケミストさん:2005/04/17(日) 22:44:31
満額申請したほうがいいと、先輩に教わった。 
ドクターとったばかりのファースト2本の駆け出し。、、、、ま、だめだろうな。 orz



278 :あるケミストさん:2005/04/17(日) 23:44:36
ファースト2本でドクター取れるとは驚きだ、と煽ってみるテスト

279 :あるケミストさん:2005/04/18(月) 00:14:29
旧帝大の物理だが、ファースト一本でOKだった。

280 :あるケミストさん:2005/04/20(水) 08:53:59
MOLCASとMOLPROって全然違うもの? 


281 :あるケミストさん:2005/04/29(金) 23:21:24
>>275
煙オフィス、今ならβテスターとして参加出来るぞ。
http://www.cambridgesoft.com/about/betatesting.cfm

282 :あるケミストさん:2005/04/30(土) 21:21:20
理物の物性理論だが、化学屋さんはすごいねえ。ここのスレ見てビビッた。
有機物性の著しい実用もあり、やはりこれからは化学の時代だと感じますた(涙)。

283 :あるケミストさん:2005/04/30(土) 23:14:31
対称性がD2の有機錯体(銅、鉄あたりの金属を含み、全原子数が160くらい)の計算をGAMESSでやってみよう
と思っていますが、適したbasis setってどれですか?

284 :あるケミストさん:2005/04/30(土) 23:23:54
>>283
QCLDBで調べたら?

285 :あるケミストさん:2005/05/03(火) 04:38:43
>>283

6-31G系は実験値とあまり合わないし
160原子もあるなら時間がかかりすぎて無理かも.
LANL2DZ(Hay-Wadt) ECPは有名な割に精度がいまいち
なのでSBKJC ECPあたりが手軽でいいんでない?
DFTならBLYPかBOP汎関数がおすすめだ.
文献がなければ自分で精度検証してみよう.

defaultで用意されているもの以外のbasisは,既出だが
http://www.emsl.pnl.gov/forms/basisform.html
から入手可能.計算たいへんそうだけど頑張って〜


286 :あるケミストさん:2005/05/12(木) 09:07:25
>>282 釣れませんな。

287 :ボンクラM1:2005/05/13(金) 15:37:36
5分程度で終わる簡単な計算の間ここの人は何してますか?
やっぱり2chが多いのかなあ。
論文読むにもどうも中途半端で。

288 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 22:39:26
>>287
ここでも見てなさい。

大人の時間
ttp://www.otona-times.com/imgboard.htm

三次元@ふたば
ttp://zip.2chan.net/a/futaba.htm

289 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 20:11:23
>>286
#HF/91分けの禿隠し(鬱、死) Opt=full頭皮

290 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 01:01:59
超伝導を学ぶとどのようなことがわかるのですか?
超伝導とフラーレンは関係あるのですか?
超伝導によってパソコンの性能が上がるらしいですが、
それはなぜですか?

291 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 14:58:40
>超伝導を学ぶとどのようなことがわかるのですか?
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja-JP%3Aofficial&q=%22%E8%B6%85%E4%BC%9D%E5%B0%8E%22&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

>超伝導とフラーレンは関係あるのですか?
http://structure.chem.okayama-u.ac.jp/Japanese/work/dope.html

>超伝導によってパソコンの性能が上がるらしいですが、
>それはなぜですか?
http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/hayakawalab/study/circuit2.html

292 :あるケミストさん:2005/05/17(火) 00:38:03
このスレの住人、JACSとかJCPとかJPCとか載せることができて羨ましいな

     ∧∧
    /⌒ヽ)  
   i三 ∪ 洩れなんか一年かけてやっとCPLだよ。はぁletterかよ・・・
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三
  三三



293 :あるケミストさん:2005/05/17(火) 23:40:59
今の量子化学の最前線の研究って何?

294 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 00:23:57
厳密解

295 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 01:24:33
JCP
http://www.jcp.or.jp/


296 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 18:44:29
>>292
レター誌であるにもかかわらず、フル(ry

297 :あるケミストさん:2005/05/19(木) 22:54:21
>>293

*** National Meetingへ行けばわかる。
日本の研究は、安全第一だが地味過ぎる。

298 :あるケミストさん:2005/05/25(水) 09:07:59
でもやはりCPLどまりじゃいまいちだなあ。
そればっかしって人も結構いるんだけどw

299 :あるケミストさん:2005/05/25(水) 18:08:33
CPLは難関

300 :あるケミストさん:2005/05/25(水) 20:51:28
CPLはreviewerを日本人にできるんじゃなかったけ? 日本語でのやりとりも可だったような気が。


301 :あるケミストさん:2005/05/25(水) 21:00:36
それCLでは?

302 :あるケミストさん:2005/05/26(木) 19:24:17
>266
とりあえず中性分子は
 長半径: 3.52 + 1.10 ≒ 4.62Å
 短半径: 2.45 + 1.10 ≒ 3.55Å
の楕円板で近似する(水素核まで)。これに
 ファンデルワールス半径 1.20Å
の厚さの衣を付ける・・・

303 :あるケミストさん:2005/05/27(金) 01:46:52
フェルミディラック分布を考える上でわからないところがあります。
1) 各々の電子は区別できない。 
2) 一つの座席には一つの電子しか入れない( Pauliの原理 )。
このような条件で座席を占める粒子が熱平衡状態でとるエネルギー分布
<--- 全電子数一定,全エネルギー一定のもとでの最確分布
の最確分布の意味がわかりません。テキストには最確分布を求めるのに
全エネルギーでの座席を占める粒子の仕方の総数Wの極地を求めればいい・・・
と書いてあるんですが、何でそうなるのかさっぱりです。
最確分布について教えてください

304 :あるケミストさん:2005/05/30(月) 10:54:13
そのテキストの説明で何で分からないのかさっぱりですよ。

305 :あるケミストさん:2005/05/30(月) 15:44:08
すげースレ違いっぽいんだが。。
要するにエネルギーさえ同じならば
どのような配置も等確率で実現するというのが
統計力学の考え方なわけで、
ならば見かけ上区別のつかないような状態が
(実は本質的に区別がつかないのだという補正が(N!)^-1)
一番多いのはどのような分布の仕方なのか求めよう、
っていう構図はこれまでとずっと変わらない。
式の意味に気を配りながらもう一度ボルツマン分布の
ところを復習してみたら自然と分かってくるんじゃない?

306 :あるケミストさん:2005/05/31(火) 18:56:47
ジャン 「…何か、言葉が彫ってあるよ

ナディア「………
      火の龍と、南面ンゴンドの月日は
           15回目の復活
       今日 目出度き日に授かりし
         我が娘 ナディアに
            百の喜び
            千の幸せ
         万の慈愛を願いて
    ここに その生命コードを収めんとす

グランデス「我が娘……ナディア……?
ハンソン「これは……!?
ナディア「…私が生まれたときの、
     私のための碑文だわ……
ジャン 「…その、ナントカの月っていうのは、
     いつなの?
ナディア「西暦で言うと…1875年5月31日……!?
サンソン「それってもしかして…
               …今日のことじゃねェのか?
ハンソン「じ、じゃあ今日は!
グランデス「ひょっとするってェと……
ジャン 「ナディアの、 誕 生 日 だッ!!

307 :あるケミストさん:2005/05/31(火) 23:28:30
>>306
あぁ、えっと……そうなの?

308 :あるケミストさん:2005/06/01(水) 01:09:29
何度調べても遷移状態のエネルギーがreactantよりも低く
なってしまうのですが、これって活性化エネルギーのない
反応系と考えればいいのでしょうか?

計算レベルもそんなに低くないし、大きな1虚振動もつし、
明らかに遷移状態なんですが、、、

309 :あるケミストさん:2005/06/01(水) 01:21:58
>>308
MP4でチェックしる。

310 :あるケミストさん:2005/06/01(水) 01:39:01
>308
実験はどうなの?
B3LYP/6-311+以上でそうなら,バリアレスな発熱反応と言い切るしかない.
坂道PESの微妙な中間状態にぶち当たってるのかも

311 :あるケミストさん:2005/06/01(水) 09:09:22
BSSEギンギンだったり

312 :あるケミストさん:2005/06/04(土) 03:42:18
その遷移状態からIRCかいてみれば。
それなりの計算して虚振動数が1つはっきりでてるなら、遷移状態のチェックにMP4なんかやったって時間の無駄。
頭の悪い計算資源の無駄使いはやめましょう。


313 :あるケミストさん:2005/06/04(土) 11:56:53
知識派の方、加勢お願いいたします。
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/list.php?id=enjoyjapan_16

314 :あるケミストさん:2005/06/04(土) 12:29:28
>>313
いくら「知識派」でも、理論化学屋にそんな話題のコメントを求めてどうするんだ?w


315 :あるケミストさん:2005/06/04(土) 18:40:30
量子化学の入門書で、お勧めありますか?

316 :あるケミストさん:2005/06/04(土) 20:19:21
>>315
ザボ


317 :あるケミストさん:2005/06/05(日) 01:35:01
>>315
挫母

318 :あるケミストさん:2005/06/05(日) 11:12:55
振動計算で同位体シフトやりたいんですが、チェックポイントファイルから何を引き継げば効率いいですか?

guess と scrf とあと何かありますか?



319 :あるケミストさん:2005/06/05(日) 12:11:29
ザボって記述内容古いような

320 :あるケミストさん:2005/06/07(火) 22:33:23
Szabo

321 :あるケミストさん:2005/06/08(水) 23:21:41
物理の者ですが、量子力学が基礎という点で量子化学と同じです。
ということで量子化学にも手を出したいのですが、どのような本がお勧めですか?

322 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 00:30:05
Szabo か McWeeny?

323 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 01:30:33
ザボ

324 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 10:59:05
Helgaker を最初から全部嫁

325 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 18:16:57
全然勉強してないのに明日量子化学の試験がある僕にアドバイスください


326 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 19:08:51
>325
つ(教授への心付け)

327 :あるケミストさん:2005/06/09(木) 20:01:48
単位落とせ

328 :bareta:2005/06/12(日) 18:53:31
Althouh...

tuzukide-su.


329 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 14:47:33
水素原子の結合エネルギーを量子論的に求める際に、MO法の取り扱いよりもAO法の取り扱いにほうが近似が良いのは何故でしょうか?
教えてください

330 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 17:39:49
解析的に解けるから

331 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 08:17:07
>>329
無限遠方での振舞い

332 :あるケミストさん:2005/06/16(木) 23:32:14
分子軌道法の変分原理の証明ってどうしたらいいんでしょうか?


333 :あるケミストさん:2005/06/17(金) 00:34:53

       ??▼???▼??????????????
       ???:::: ::: ::   ::::?::?????????????
     ???::: ::       :: ::?????????????
     ??::?::::: ::    :: ::::??????????????
    ???? :: :::????::::???????????????
     ?:: ::?:: ::??::: :: :: ::?????????????
    ┃■??:::?????  :: ::::???????????
    ? :::::?? :: :::〓?  :: ::::?::????? ▲??
    ┃ ::?:::  :::?:::    ::: :::::???? ?▼??
    ┃::??????::      ::: ::::?▼ ●???
      ???::?:::::: ??::    :: :::?::?:::???
     ? ::?〓?????::    :: ::??::: ??
      ?::::??〓????    :: :::????
      ┃::??:::: :: ?    ::??::??


334 :あるケミストさん:2005/06/17(金) 16:44:20
>>332
試行関数では正しい軌道に誤差分がくっついてるはずよな。
その形に書き直してエネルギー期待値出してみ。

335 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 11:45:19
Einsteinの光量子説を導いた実験とはどんな物だったのでしょうか?

336 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 12:47:02
>>335
光電効果

337 :あるケミストさん:2005/06/19(日) 19:34:30
領域 X<0、X>LでV(X)=∞、0≦X≦LではV(x)=0であるようなポテンシャルの壁を持つ一次元の箱の中の質量mの粒子の運動を量子論的に取り扱った状態で

ブタジエンの共役二重結合中の4個の電子(質量m)は、一次元の箱(長さL)の中を独自に自由運動していると近似できる。
この時、基底状態と最低勃起状態のエネルギー差をm、L、hを用いて表す時どんな感じになりますか?

338 :あるケミストさん:2005/06/19(日) 19:46:46
>>337
>最低勃起状態
テラワロス(w

339 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 00:01:45
オレは最高勃起状態。

340 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 00:40:10
あげ

341 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 00:21:05
水素分子の非結合性分子軌道ができる説明で
波動関数が正と負の部分が重なる図がでてきて
○●
こんなのがあるのですが、水素の1s軌道って
波動関数が負の部分が無いと思うのですが、
どう解釈すればいいのでしょう。


342 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 01:09:07
>>341
波動関数はユニタリー変換分の任意性をもつ

343 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 03:09:06
>>341
片方に−1をかけてるだけ

344 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 11:06:56
波動関数は正負逆転させてもokってこと?


345 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 13:11:00
>>344
もともと正・負の決め方が恣意的だからなぁ。
どっちが正でどっちが負でもいいんだよ。
2種類の符号がありさえすれば。

346 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 15:21:39
すごく限定的な話をしよう。
君が「水素原子の1s軌道」と言ったとき、
これは要するに定常波のことを考えているんだよね?
何をどう定常的であると言っているのかと言うと、
そもそもSchrodinger eq.を解くときに設定した条件、
つまり空間的に密度分布が一定であり、
かつエネルギーも変化しないことだ。

そして密度分布はどう表されるかと言えば、
これはもう知っての通り波動関数の絶対値の2乗。
ということは、元の波動関数に絶対値が1の値、
つまりexp(iθ)をかけてもその値は変わらない。
言い換えれば定常波であってもこの位相分の
自由度は残されているわけだ。
水素原子を2つ持ってきて単純にその波動関数を重ねた場合、
その電子の2つの波動関数の位相によって
つまりエネルギーは変わってくる。
位相の取り方にはもちろん無限にパターンがあるが、
その中で互いに直行するものは2つしか取れない。
んで片方を+1に設定した、するともう片方は−1になった。
それがそのテキストに書いてあることの意味。

347 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 15:45:46
サンクス
位相がπ違う2つが重なれば反結合性ってことですね。

3dとかで波動関数が正になったり負になったりするのが
ありますが、あれを重ね合わせるときも、一つの軌道内の
正の部分負の部分と考えるよりは、位相をπ反転させた
もう一個の軌道をもってきて考えたほうがいいのかな。



348 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 15:48:17
ちょっと違うと思うぞ。

349 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 15:50:33
>>346 のことな。

350 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 17:10:50
だいぶ胡散臭い説明なのは分かってるが、
ここで躓いているレベルならこれでもいいかと思った。
今は反省している。

351 :soap land gai no hoterukara:2005/06/23(木) 19:37:49
soap land no kyakuhiki level no setumeidana.
mainiti kyakuhikisareteruto bakabakasikunarimasu.

omaenosetumeito yokuniteru.


352 :soap land gai no hoterukara:2005/06/23(木) 19:50:45
masaka soap land gai no hoterudatoha...
omakeni musiatui.
taberutokoromonai.
taberutokorowosagasiteruto, netyuusyouninarisouda.

"oni-sa..."mo iikagenn kikiakita.
internet de hoteru wo mousikomutokino pointdemo kaitekuretahougaiina.




353 :soap land gai no hoterukara:2005/06/23(木) 20:31:23
337-339niha osusume.

354 :soap land gai no hoterukara:2005/06/23(木) 23:37:24
>>341

Can you simply understand this concept ?
Otherwise, you give up studying Quantum Chemistry.

konoteidonokotoha,tyokkanntekini, rikaidekinakutehadame.
fukuzatunakotowo,iidasebakiriganai.
suusikinotennkaiwosidasebakiriganai.

wakaranakereba,

1+1=2 ---> ketugou
1-1=0 ---> hannketugou

to, omotteokebaiinodeha.

Simple is best.


1+1=2
1-1=0

355 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 23:43:53
長い、非常に長い金属ミクロワイヤーがある。その両端の表面準位あたりに
擬似局在する二つの電子。これらに対しても、パウリの排他原理が適用されることを
第二量子化を用いずに説明せよ。(例えば、弱く電子を束縛するTamm準位を想定してよい)

一昨日、輪講でこんな問題が提示された。どう考えればいいの?

356 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 08:31:17
悪問に煩わされるのは時間の無駄と考える。

357 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 12:24:30
>>355
いや、ちょっと設問が妙なところあるけど、これはいい問題だぞ。
悪問なんてトンでもないぞ。
ただ、妙というのは、「第二量子化を用いずに」とあることだ。関係ない。
また、「ミクロ」とは意味不明、バルクワイヤでいいではないか。
さもないのなら、ナノワイヤか、とも金属原子Tomonaga1次元配列とするのか
特定しないといかんぞ。
誰や、この問題出したのは?


358 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 18:37:03
非常に細いってことじゃないのかな? <ミクロ

359 :あるケミストさん:2005/06/28(火) 21:51:28
あげ
伝統のこのスレが数日も動いてない様なので

360 :あるケミストさん:2005/06/29(水) 08:04:13
>>359
それもまた伝統なので、気にするな。

361 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 01:39:01
357>>
濡れ=355より:この前、院でやってる9研究室縦断型の輪講で、量子論(固体物性関係)の
著名な本も書いているある老子が担当された。その時の宿題として出された。
その名誉教授は、今度は9月末の第32講でまた来られるらしい。それまでに
解いておきたい。第二量子化ということはヒントで、生成演算子で生成させた
電子の準位の量子数とスピンを考慮し、同じセットはないという筋で行けないかと
思った。しかし、勝手に電子を生成させたら、エネルギー保存則に反し、実在金属
を破ってしまいそうで困る。また、両端の電子は互いに他と同じでないとどうして
情報交換ができるかということを言わないと矛盾が出て来そうだ。
 糸口が掴めないでいる。しかし、エポックポイントのような問題であり、挑戦を
続けたい。ジュリームモデルは何も言ってくれなさそう。もちろん、ゾンメフェルトでも
駄目そう(当然だけど)。
 卓見あれば訊きたかったのですが。確かに、トモナガ1次元のモデルでも行けそうだが、
だが、成り立っているかどうかの判定の同時性は? 相対論も絡みそうで、そこに
踏み出すのは怖そうだけど。その前に、オッペンハイマーの電気力学を読みなおすべきか、
ランダウの方にヒントがあるか?
 あ、輪講のシステム書いちゃったからわかっちゃうかもしれないけど、わかった方も
どうか特定は試みないで下さい。その詳細記載は非キボンです。

362 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 02:22:49
計算化学の先輩様たちへ

      X''=-X-2XY
Y''=-Y-X*X+Y*Y
      ’=d/dt
という、微分方程式の数値計算法を考えています。
 そこで、ルンゲ・クッタ法を使って解こうと思いますが、
Xについて解こうと思うと、yをどう処理したらいいか分からなくなります。
 皆さんはどんな方法で解くんですか?是非お教えくださいませ。
 ちにみに、netでいろいろ検索したり、数値計算の本をみてもなかなか、よいヒント
 が見つかりません。参考になりそうな文献でもありましたら教えてください。
 お願いします。

363 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 10:14:26
普通の常微分方程式に見えるが..
http://www.library.cornell.edu/nr/cbookfpdf.html
http://www.library.cornell.edu/nr/bookfpdf/f16-5.pdf




364 :362:2005/07/01(金) 15:02:00
>>363
ありがとうございました。
なるほど。なるほど。
自分ではなかなか思い付かないものですね.....


365 :あるケミストさん:2005/07/02(土) 07:59:12
この程度だったらそういうものでもないだろう。

366 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 16:19:54
>>361
●大の物性■■でしょ。もうバレバレですよ。
それはともかく、量子数のセットに関する「同時性」を考えるとは、
どうしても意味がわかりませんが。。。。。。W
そもそも、この件は、TOMONAGA1次元では説明済みのことのように思われるが。
いずれにせよ、化学スレだけでなく、物理スレの関係ページにも出してみたら?

367 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 22:07:36
エロンゲーション法をエロゲと略してみるテスト。

  ∧_∧
 ( ´∀`)< エロゲ

368 :あるケミストさん:2005/07/05(火) 00:55:56
次の問題について教えてください

一次元の箱の中の自由粒子の運動を量子力学的に解きなさい
更にそれを三次元に拡張するとどうなるか?

369 :あるケミストさん:2005/07/05(火) 02:46:03
スルー


370 :あるケミストさん:2005/07/05(火) 11:09:57
>>368
アホ

371 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 11:19:39
オマイら、夏はシュレディンガー音頭ですよ。

372 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 16:41:44
ポリエンCH2=(CH-CH=)k-1CH2は共役系が長くなるほど吸収する光の波長が長くなる。
その理由を説明せよ。但しπ電子を一次元の箱の中の粒子として近似すること。

意味不明…。分かる方、お願いします。

373 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 17:01:22
>>372=>>368か?
もちっと基礎の勉強頑張って来い。

374 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 03:29:14
近似するのが目的の学問なんてやってて悲しくならないかね


375 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 03:47:22
>>374
>>372>>368も解析的に解けるぞ
頑張れ!

376 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 04:00:02
既に近似入ってるジャン

377 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 04:33:04
古典論でも、摩擦空気抵抗相対論諸々を加味した厳密解出してる奴なんかいないよ
統計もある意味近似でしょ

378 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 06:30:25
普通「近似の無い理論」って TOE の事を指すんじゃないの?

379 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 12:42:23
量子力学の範疇で解析的に解ける問題を研究しているやつなんていない。
古典論は量子力学の近似でしょう。
私の言いたいことは、そういう"ある意味近似"とかではなくて、
ある程度、現在の計算能力を考慮した理論を立てないといけないということ
話を限定すれば、理論や基底関数の、構築の過程・選択にどれくらいの理論的根拠があるのか考えたことある?
近似が含まれている云々ではなく、その学問の目的のことを言っている


380 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 13:38:01
そうは言っても、自然科学自体が近似を目的としているからねえ。
自然現象を、人間の能力を考慮して理論化しているわけですから。
君はもう少し「理論」という言葉に批判的になったほうがいいかもしれないね。

381 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 14:34:26
自然の現象をより簡単な方法で表そう、というのが自然科学だと思ってたが。


382 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 17:01:56
通常の自然科学は自然の有効な近似法を求める学問だ。
だから「近似するのが目的の学問なんて」なんて言うのは
万物の理論(TOE)を目指す人くらいだと思ったんだがなぁ。
もしくは、自分のやってる事に近似が入ってるのに気付いてないバカ者か。

物理の世界では万物の理論(TOE)を目指す者達だけが
近似の無い理論を作ろうとしているが、
それでも「自然は数学的な法則に当てはめられる」という
自然科学の大前提の上に成り立っているんだよな。

383 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 11:05:54
論点がずれている、一般的な自然科学のアプローチ方法を問題にしているのではない、ここは量子化学板でしょ
数学以外の自然科学に近似が入っているのは自明。
ちなみに、量子化学の世界で"理論"といえば近似レベルのこと、
"理論的根拠"といえば量子力学等による裏付けもしくは妥当性のこと、
と少なくとも私は思っている
で、現在量子化学がやっていることは、
実験結果に矛盾しない、より計算機で解き易い方法の探究でしょう。
計算機の能力が大きく変われば、これまで使われていた方法が
そっくりそのままなくなる可能性のある、報われない学問だというのが主張。
質点だとか量子だとか素粒子だとかひもとかいう話とは全く別次元の話。
"簡単な方法で表そう"というのと"実験結果と比べて妥当な近似を探そう"とは
まったく違うことと思う。"簡単な方法"という表現も反論したいが...
あと、
自然科学は近似を目的とはしていないと思うよ、結果的にそうであっても
ニュートンはじめ昔の人も"これで完璧"と思っていたと思う

384 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 11:51:56
量子化学は確かに近似法を開発する学問だけど、
それでもやっぱり近似は目的じゃなくて手段だ。
つまり、最初の釣り(面白いので敢えて釣られたが)は最初から論点を外している。

近似を行うのは、その近似を使って何かしたいから。
それはたとえ量子化学における手法論開発でも変わらない。
意識としては手法論開発が目的のように行動しているかもしれんが、
それでも目的を達成するための手段にすぎない。
もしくは、研究の目的じゃなくて、趣味的な目的か。

「で、それ使えるの?」とはよく聞かれる事であるが、
それは「近似して、で、終わり?」という意味であって、
近似が目的ってのはおかしいよということだ。
使えて何ぼということなら、自分が使うにしろ、他人に使われるにしろ、使うのがやっぱり目的だ。

>ニュートンはじめ昔の人も"これで完璧"と思っていたと思う
ニュートンの頃は近似だとは思ってなかったのかもしれないけど、
今は殆どの人が意識してるし、していなくてはならない。
理論の前提(原理、要請、仮定)が何なのかしっかり理解しておかないと、
前提外の事象に理論を適用してしまうかもしれない。

物理にしろ量子化学にしろ、「どんな近似を行うか」を常に考えている。
化学合成の分野でも、
「こういう系は大体こういう反応がおき、条件はこうこうこうだ」
という「近似」をいくつも作って、それを利用、応用している。
「どんな近似を行って、現象をいかに説明するか、いかに予想し、制御するか」
が、(数学を除く)自然科学の目的だ。
近似を考える、近似を利用する、これが研究の主軸であり、そして手段だ。

385 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 19:53:47
どうでもいい質問。B3LYPって何て発音してます?
俺はビースリーリップだと良いなぁと思うのだが。


386 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 20:03:36
上に同じ

387 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 23:00:23
びーさんえるわいぴー

388 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 00:19:25
おまい、国際学会でもエスティーオーサンジーとか言っとらんやろな。

389 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 03:09:16
やべ、いわれてみると俺普段から
ろくさんいちいちじーとかいっている・・・。
まぁ国際学会なんて出てないから傷は浅いけど。

390 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 21:39:20
>>379
それは研究室のボスの経験則によるもので、厳密には非経験的ではない

391 :あるケミストさん:2005/07/13(水) 23:33:29
しーしーえすでぃーてぃーおーぐしーしーぴーぶいてぃーぜっと

392 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 00:27:14
本田宗一郎は独力でエンジンを作るために、毎日悪戦苦闘した。
しかし、ある時悟った。エンジンを自分で作るためには学校へ行かなければ行けないと。
それで、浜松高等学校へ入学した。当時、すでに29歳で妻子もあった。
しかしこの大英断はその後のホンダの繁栄を築いたと言える。

>>390

一人で練習しても限界がある。
国際学会でうまく発表するためには、やはり留学する必要がある。
と悟った。


393 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 00:29:43
I am sorry for my mistake:

390 is incorrect.
391 is correct.

394 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 00:39:58
漏れは、>>355 であり、 >>361 でもあります。
この問題、老師から、「アプローチのアイデアが浮んだものは、先んじてe-mailで議論
してあげるから、早めに今からでも寄せなさい」とメイルが来ました。
漏れはまだ、取っ掛かりが掴めていません。
もし、suggestion頂ければ幸いです。

395 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 04:01:24
>>392-393
妙な誤爆だな

396 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 22:34:27
>>394

I think as follow:
Quantum Mechanics hold for Universe.
Similarly, of course, Pauli’s rule holds for Universe.
That is to say, the rule holds for every material.
Of course, the rule holds for your material.
Therefore, I suggest that you should read original paper of Pauli’s rule.


397 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 22:46:27
>>396
Thanks. But note that it is NOT a "Rule" but a "Principle"!
Please doublecheck it!
Bye!

398 :あるケミストさん:2005/07/15(金) 08:24:29
お前ら何かキモイよ。


399 :あるケミストさん:2005/07/15(金) 10:46:55
>>398
余計なカキコして、伝統のこのスレを荒らすな!

400 :あるケミストさん:2005/07/15(金) 16:50:28
流れぶった切って申し訳ないのですが質問があります。
Windows版Gaussian03を使っていますが、
cubegenに与えるメモリーをデフォルトの6MW=48MBから
増やすにはいったいどうしたらいいのでしょう?
マニュアルにはコマンドラインオプションで指定できるとありますが、
ここにどのような値を設定してもcubegen.exeが使うメモリーは
増えも減りもせず、48MBのままでした。
環境変数GAUSS_MEMDEFを使えとも書いてあるので
同じ値を設定してみましたがこれもだめ。
だいたい食べさせるのがfchkファイルなのに
「Use %mem=7MW to provide...」などと言われても、、、
駄目もとで@head.dat置いてみましたが意味はありませんでしたし。

401 :あるケミストさん:2005/07/16(土) 02:14:28
You may ask the question to Gaussian Inc.

402 :あるケミストさん:2005/07/16(土) 11:15:14
そうします……

403 :あるケミストさん:2005/07/18(月) 02:29:19
有効交換積分値で磁性を評価したいんですが、OUTPUTのどこに載ってるんでしょうか?



404 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 00:30:09
Gaussianの初歩的な質問でスレを汚して済まないですが、
密度汎関数法で発光スペクトルを求めるってできますか?
# B3LYP/6-31G(d) TD(nstate=10) opt
みたいにやっても上手くゆきません。

405 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 06:55:25
本当にちゃんとした基底状態になってる?

406 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 11:39:35
レスサンクスです>>405。つまりfreqでチェックせよとのことですか?
実はそれ以前にこんなエラーが出て計算が進まないのです。
************************************************
** ERROR IN INITNF. NUMBER OF VARIABLES ( 0) **
** INCORRECT (SHOULD BE BETWEEN 1 AND 50) **
************************************************

それとも俺の理解が間違っているのだろうか?俺の理解:={
# B3LYP/6-31G(d) opt
で最適化した構造に対して
# B3LYP/6-31G(d) TD(nstate=10)
とやると、吸収スペクトルが得られる。

これに対して
# B3LYP/6-31G(d) TD(nstate=10) opt
とやると、励起安定構造が求まって、その都度、吸収スペクトル
(いわゆる発光スペクトル)が求まる。

「DFTでは電子励起状態をあらわには取り扱えない」っていうけど
つまり、この計算は出来ないという話なんでしょうか?>>詳しい人

407 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 11:56:00
うへ。
そのエラー、見たことあるようなないような...。
TD 使ったの結構前だから、あんま覚えとらんわ。

状態数が 10 もないとかいう事はないよね?

408 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 12:14:34
どうもです。>>407 今、状態数=1にしてみましたが同様でした。なお、
# HF/6-31G(d) CIS(nstate=10) opt
とやると、問題ないんですよ。
やっぱTDの励起安定構造探索ってむりなのかな。

409 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 12:18:10
うーん。かもしれんね。
最新バージョンでもダメなのかは分からんが...。

410 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 12:43:47
そうかもですか、なるほど・・・。
お昼時にかまってくれて有難うございました。
Gaussian.com に気安くメールで質問してみることにします。
(はじめからそうしろって?)

411 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 14:24:45
QCHECK文字化けしませんか?

412 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 14:39:51
文字化けというか、エンコードの自動選択に失敗してるだけだったりしない?

413 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 15:13:43
>>410

may:してもいい。
何事もほどほどならいいのでは?
「下手な考え休むに似たり」になるくらいなら、
ある程度考えたら行動すべき。


414 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 17:41:20
相手によるのでは?

415 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 22:51:56
量子化学の専門用語(CASSCFとかQM/MM)って何かの暗号みたい

416 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 23:03:13
Universal Award of Accomplishmentは、どの程度価値あるの?

417 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 23:19:43
Top 100 Scientists Pinnacle of Achievementよりも価値あると思う。

418 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 23:49:14
What is "Top 100 Scientists Pinnacle of Achivement" ?

419 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 01:59:52
日本の量子化学が駄目な点を述べよ。

420 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 02:07:41
>>419がいるから。

421 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 02:28:02
それは極めて独創的意見。
大丈夫。そのうち留学しますから。


422 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 02:41:48
>>419
数値計算の体系的な教育が全くなっていないから

423 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 02:56:32
なくてもいい論文ばかりを一流雑誌に大量出版することを目的としているから。
最近は、数の点でも減少気味。


424 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 03:00:40
超鈍足スーパーコンピュータのため。
バッチ投入後、3日後に動き出すようではもう駄目です。


425 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 03:26:40
>>420

419のような独学者が
Universal Award of Accomplishment
Top 100 Scientists Pinnacle of Achievement
などなどを受賞するから。

426 :423:2005/07/27(水) 08:23:08
具体例。
ベンゼン環2つの場合の論文をJACSに出版。ご立派。
次に、ベンゼン環3つの場合に関して同じような内容の論文を
JACSに出版。ちょっと疑問。
その次は、ベンゼン環4つに関しても同じ。明らかに意図明白。
その次は、5つに関して行う。
コンピュータが早くなれば、6,7,8…と行う。

さて、このグループは何のために研究しているのでしょうか?
くどくど説明しなくてもわかるだろう。


427 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 08:25:00
理想だけでは飯は食っていけんのですよ。

428 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 08:28:28
言い訳するな!

429 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 08:48:51
出世したいだけなら、知り合いを多く作ればいい。
特に、大物に取り入ればいい。
T先生のように気持ち悪くすりよればいいw


430 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 09:45:52
>>426
一レスで書けるようなことを何レスにも分けて書くな

431 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 10:44:35
>>426
そこの先生がその研究で満足してるんなら別にいいんじゃない?


432 :あるケミストさん:2005/07/27(水) 21:31:58
>>426
追加:基底関数や計算方法をより高度なものにする。

433 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 12:27:13
>>406

今知りましたが最新版ではTDで最適化できるんですね。
ただしnumerical gradientsで行うのでデフォルトでは
NEF(NUMERICAL EIGENVECTOR FOLLOWING)を使うようです。
EFは変数を50までに制限しているのでそのようなエラーが出るのでしょう。


434 :教えてください:2005/07/28(木) 18:16:04
ハミルトン演算子がH=Ho+λH1で表せるときの
ヘルムホルツの自由エネルギーに関してなんですが、
この自由エネルギーの拡張がなぜ
F=Fo+λ<H1>o+・・・
になるんですか?
あとこの次の項ってどうなりますか?
どなたかわかる方、教えていただけないでしょうか。

435 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 19:38:08
ただの摂動論でねーの?
量子力学の教科書でも読めば解決しそうな希ガス

436 :434:2005/07/28(木) 19:59:49
教科書を読んでるんですが、肝心の自由エネルギーを
ハミルトン演算子でどうやって表せばいいのかがわかりません。
そこを教えていただけませんか。お願いします。


437 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 20:13:04
ハミルトニアンから分配関数作ってヘルムホルツ持ってくとか〜。

438 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 21:51:53
>>426
Z = Tr{exp(-βH)} = \sigma_{i} <i| exp(-βH)| i> = exp(-βF)



439 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 22:03:19
>>436の間違いだった。
>>438の式を適当に摂動展開したら出てこないか?


440 :436:2005/07/29(金) 11:26:31
摂動展開がわかりません。根本的に私の力が足りないんでしょうね・・・


441 :あるケミストさん:2005/07/29(金) 11:56:40
摂動が分からないのはさすがに問題だと思う
テキスト読み直しなさいよ

442 :436:2005/07/29(金) 12:10:22
摂動自体はなんとなくですが理解できました
>>438の式の摂動展開ができないんですよ・・

443 :あるケミストさん:2005/07/29(金) 12:18:52
>>442
指数関数(肩は演算子)のテイラー展開でいいんじゃないの?

444 :443:2005/07/29(金) 12:19:46
ハミルトニアンをH=H0+H1っておいて。

445 :436:2005/07/29(金) 12:43:11
>>436くらいの問題はレベル的には学部生レベルですか?
どうしても解けません。自分の力がないのはわかってるんですが。


446 :436:2005/07/29(金) 12:44:24
>>434の問題です。

447 :あるケミストさん:2005/07/29(金) 12:54:45
>>445
学部生にはちょいきついかな、でも本格的に物理を勉強してる奴は出来るかな
っていうレベルかと思われ

448 :436:2005/07/29(金) 13:11:58
私は化学系学科の学部生なんですが、教科書のには同じような
(摂動に関するところ)ところはほとんどのっていません。できれば
具体的な解き方を教えていただけませんか。

449 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 20:40:25
有った

450 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 20:47:12
量子化学の手法においては、
一般的になぜ直行系ではない原子軌道を使用しているのかが
疑問。
初めから規格直行した分子軌道を使用しないのはなぜ。


451 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 21:32:10
複雑だからさ。

452 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:00:46
それなら球面調和関数を基底に持ってくるってのはダメなの?

453 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:02:17
>>450
ガウス関数を基底関数にとるのが普通なため
規格直交化ないほうがまだ楽だから

454 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:16:14
>>452
持ってきてるんじゃないの?
まぁ、線形結合とって実にしてるけども。

455 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:29:26
スレーター型関数の詳細定義ってどの分野の教科書に載ってます?

456 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:31:28
>>455
ザボ

457 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:38:05
朝倉の原子分子物理学に載ってはいるが、詳細ではないので、
詳細に載っている本をご存知の方教えてください。


458 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:41:29
>>457
ザボ

459 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:46:27
ザボに軌道指数の決定法は載っています?

460 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:48:21
http://chat.chat-w.com/3/
ここのROM数を増やそう!!!

461 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 22:54:58
スレーターが考案した軌道指数は変分で決めるらしのだが
詳細な式の展開が分らん。
論文読むしかないのかなー。

462 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 01:24:27
>>461
GAMESSなどの出来合いのプログラムならその辺は全部自動でやってくれるが

463 :アルキルナフタレン:2005/07/31(日) 11:02:12
唐突な質問ですいません。
アルキルナフタレンって潤滑油ベースに非常にいいと聴いたんですが
どんな物でどんなところが造っていて、どんな使われ方なので
しょうか?
先生教えてください

464 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 12:50:42
ageでマルチはやめれ。
宿題は宿題スレだけでやれ。マルチだから誰も答えてくれないんだよ。

465 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 14:24:22
>>461
古い本を探せば載っているかも知れないが、探す手間を考えれば
原論文読むのが結局一番早いだろうな。

466 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 22:37:58
アルキルがアナルに見えた
しかも潤滑油とか言ってるから、ホモかと思った。

467 :あるケミストさん:2005/08/02(火) 11:10:31
HOMO

468 :あるケミストさん:2005/08/02(火) 14:42:59
原論読んでみます。

469 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 02:10:31
本に載っているような分子軌道のダイアグラムって、どのレベルの計算を使っているの?
HF? MP2?

470 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 02:16:39
「分子軌道」である以上、HF とか Huckel とか DFT とかそんなもんだろうね。
自然軌道ならまた変わってくるんだが。

471 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 17:23:33
みなさん大好きなB3LYPの意味を教えてくれませんか?
あんなインチキくさいモノをつかえません。
実験と合うからいいって、すげー問題だよね〜。
元の理論の範囲内で議論しましょう。

472 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 17:34:06
まあ今回の法案廃案がいかに危険な事かを知るためには、
とりあえず

「特定郵便局長 逮捕」

とgoogleで検索してみる事から始めるべきだな。




473 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 20:19:12
Becke88 交換汎関数
 Slater 交換汎関数に密度勾配を用いて補正を加え、
 HF 交換エネルギーを出来るだけ再現できるようにしたもの。

Colle-Salvetti 相関汎関数
 相関(電子間)Cusp 条件を満たすよう HF 波動関数に補正項を加え、
 それにより変化するエネルギーを相関エネルギーとしたもの。
 一般には二電子密度が必要になる。
 近距離における電子相関を取り入れる事ができる。

Lee-Yang-Parr 相関汎関数
 CS 相関汎関数を密度と密度勾配を用いて近似したもの。

というわけで、BLYP は結構まともな手法になっている。
Becke88 はちょっと微妙なところがあるけど。
CS 汎関数は無駄な近似があるので、
そのあたりをもっとまともにした汎関数も開発されている。

474 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 20:20:36
Vosko-Wilk-Nusair 相関汎関数
 電子ガスにおける高密度極限と低密度極限における相関エネルギーを Pade 補間し、全密度で使用できるようにしたもの。

Kohn-Sham DFT
 Hohenberg-Kohn の定理に厳密に基づくなら、
 エネルギーは密度のみの汎関数として表されなければならない。
 しかし、実際にそうすると結合がうまく表現できないことが証明された。
 その主たる原因は運動エネルギーにあるので、
 運動エネルギーを HF と同じ形にし、そうすることによるズレを
 相関項に全部押し付けるようにしたもの。
 当然この方法に賛否はあるが、結合も表せないよりは遥かにましであろう。

B3LYP
 Becke88, HF 交換汎関数と VWN, LYP 相関汎関数を
 G2 データセットで良い結果を与えるように特定の比率で混ぜ合わせたもの。
 KS-DFT で行っていたのは運動エネルギー項を2つに分解するものであったが、
 B3LYP では交換項も同様に2つに分解する。
 ただ、HF 交換項をそのまま全部は取り入れず、
 ある比率を持って導入する形になっている。
 とはいえ、錬金術と言われるのも無理は無いきらいはある。
 しかし、現実問題大きな分子では B3LYP くらいしか使える手法は無く、
 内心は已むを得ず使ってる人が多いのが現状である。

475 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 20:51:15
>>472
>特定郵便局長の”平均”年収は約900万円 + 賃貸料430万円(自宅が郵便局だから) =1330万円
>特定郵便局長の”平均”年収は約900万円 + 賃貸料430万円(自宅が郵便局だから) =1330万円
>特定郵便局長の”平均”年収は約900万円 + 賃貸料430万円(自宅が郵便局だから) =1330万円
>特定郵便局長の”平均”年収は約900万円 + 賃貸料430万円(自宅が郵便局だから) =1330万円


東大卒→ソニーの平均年収790万円
大卒サラリーマンの平均年収560万円
全サラリーマンの平均年収430万円

コピペしろ!

特定郵便局長の平均年収は920万円
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/nenga/1094801504/

●●【世襲制】特定郵便局●●
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/nenga/1080883369/




476 :あるケミストさん:2005/08/10(水) 13:32:11
すれ違い。市ね。


477 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 03:07:05
HF交換項を陽的に計算して相関汎関数を計算しなければならない限り、
実践的な点からも(特に大規模系への適用という点で)、DFTの持つ本質的
利点を生かしたことにならない。
いつまでもbest semi-empiricalの枠内での補正による精密化にこだわらず、
そろそろ原点であるKEDFに立ち返るべきでは?
分子、結合が難しいというのは十分承知の上での提言。


478 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 20:38:15
分子軌道計算とは違いますが、フリーの平面波基底のバンド計算ソフトって
何がお薦めでしょうか?
abinit
cpmd
siesta
などいろいろあるようですが。

479 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 22:46:03
ABINITはPAW使えるらしいので良いかもしれない.
GNU/GPLでは他に PWscf なんてのもあるよ.

あとは、閑散としてるけどここで聞いたら
1ヵ月後ぐらいに返答がもらえるかもしれない(笑
ttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/material/1092329472/l50

480 :あるケミストさん:2005/08/19(金) 03:32:12
個人的にはPWscfがおススメ。MLで結構初歩的な質問にも丁寧に答えてくれるし。
norm conserving とUSPPしか使えないという制限はあるのと、ちょこちょこupdateするのが難点。
ちなみに今PWscfにはcpももれなくついてくる。
siestaは平面波基底じゃないよ。


481 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 19:51:51
シロウトでも簡単に扱える量子化学計算ソフトを教えてください
(Windowsで動かせるやつ)

482 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 21:19:30
>>481
http://3016.net/ 読め。

483 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 23:53:55
Fractional CoordinatesとSpace Groupって結晶構造とか
をソフトで書くとき(または計算するとき)に必要になりますよね?

そうゆうのってどこで調べればいいんですか?商用じゃなくフリーです。
k-(BEAD-TTF)2Cu2CN3ってなかなかなくて…。化の人ならどうなんどろうと思い…


484 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 23:55:23
>>483
k-(BEDT-TTF)2Cu2CN3 でした。すいません。

485 :あるケミストさん:2005/08/27(土) 23:47:59
漏れのセックスは非経験的で自己無頓着

486 :あるケミストさん:2005/08/28(日) 21:31:29
>>485
素人童貞は半経験的か?w

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)