2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

化学と薬学 将来的なヴィジョン

1 :あるケミストさん:04/09/25 12:08:28
現在、理系の高2生です。
薬学部と化学科との両方に進路の志望があるのですが、将来研究者の道を歩むならばどちらの学科が良いのでしょうか?
現在のところ、
化学(阪大理学部化学科)
薬学(広大医学部総合薬学科)
の二つの進路を考えています。

ティーチャーの話では、難関大の化学科から製薬の方に行くやつも多いという話も聞きましたが、現状況下では、資格を生かした薬学部卒からという方が就職については無難であるとも思いました。
世界企業武田薬品工業のリクルート情報を参考にすると、生物・化学系(除 薬系)大学院生・薬系大学院生と、どちらからも可能であるようです。
しかし、
一流大学の化学科への研究者の求人のほうが、そこら辺の薬学部と比べ、多いのではないかということです。
http://www.takeda.co.jp/jinji/03voice/index.html

資格は持っておけばとても役に立つかもしれないが、未だに企業の中には大学のランクというのが染みついるようです。
本当の意味で、研究者として世界に貢献して行くためにはどちらの進路へ舵を取ればよいでしょうか。


2 :あるケミストさん:04/09/25 12:21:50
化学科卒業するだけじゃ研究者にはなれんけどね

今の時代は大学院。

3 :あるケミストさん:04/09/25 13:38:01
研究者になって就職しても世界に貢献なんかできないよ。
ルーチンワークやらされてコキ使われるだけ。
まあマツキヨの薬剤師のほうが気楽だわな
立ってるだけで給料くれるし


4 :あるケミストさん:04/09/25 13:59:17
まてよ。 時間軸はなぜ対称じゃないんだ?
過去の事がわかるのと同じくらい未来の事が判ってもいいんじゃないのか?

過去の事が判ると思ってるのは紙やパソコンにデータを入れているからだろ?
それが正しいってどうして判るんだ?


5 :あるケミストさん:04/09/25 14:00:34
時間は不可逆的なものだから

6 :あるケミストさん:04/09/25 14:24:17
教官を選んでください。

学部や学科は関係ありません。

7 :あるケミストさん:04/09/25 14:29:29
ぶっちゃけ、どっちでもいい。

でもうちの会社には、あんまり阪大はいない。薬理系はいるけど。
製薬では「現在のところ」合成化学者を取りたがる。人海戦術の側面があるから。

医学部は主に臨床研究の方に配属されるので、よく分からん。
少なくとも漏れの同期にはいなかった。


8 :あるケミストさん:04/09/25 14:59:00
研究者やるならまぁ普通は博士とるな。

9 :あるケミストさん:04/09/25 17:12:35
薬剤師をとれ
博士などちゃんちゃらだっ

君の能力は時間経過でどう変化
するか、わからないが
一般的に30歳代でピークだ。

その後を考えると、資格をとった
方が賢いのでは?

10 :あるケミストさん:04/09/25 18:01:17
>>1は製薬業界に興味をもったようだね。
ならば薬学部に行くことを強くすすめるよ。
なぜならば、製薬企業で研究者を目指すとしても、どんな分野を専門にするかが重要。
自分の専門は大学に入ってからゆっくり考えるとするとより選択肢の多い薬学部を選ぶのが良い。
化学科から製薬企業に入ることは可能だけれど、有機化学や分析化学といった特定分野に限られるよ。
逆に薬学部でも化学や分析化学の研究室はある。
なにより大きいのが、薬理学の知識が自然についていくのが最大のメリットだ。

11 :あるケミストさん:04/09/25 18:06:04
あと、>>1よ。
資格を生かした学部卒からの就職ってどんなのを想定してるの?
たぶん、現在では世界企業(つうか国内製薬企業全般)で、学部卒が研究職になるのは相当困難だよ。
最低修士課程まで出ていないと駄目。
学部卒の人たちはMRっていう、営業をやるようになる。
これは研究とは無縁の世界だからね。
ただし、キミが薬学出て薬剤師免許を取ったらMRになるには有利に働く。
なぜならMR試験っていうのが義務化されてるのだ。
これの試験科目が薬剤師免許取得者では一部免除される。

12 :あるケミストさん:04/09/25 18:13:05
それから、大学のランクってあんまり気にしてないみたいだ。
そりゃ、毎年指定席みたいに東大兄弟あたりから数人入ってきているが大学に指定席があるっていうよりむしろ
大学教授に指定席があるのよ。共同研究とかしてるとかならずコネで入ってくる。
あんまり「ランク」の高くない大学でも有力な教授の研究室出身の学生が就職決まったりしてるし。
さらにそんなことよりもっと重視されるのが入社試験に課せられる研究業績プレゼン試験。
これでインパクトがあるプレゼンが出来なきゃいくら大学の成績が良くてもはじかれるのよ。

13 :けろ ◆A6V.rKgN3U :04/09/25 18:41:32
喉いて

14 :あるケミストさん:04/09/25 19:07:31
薬剤師免許については、研究者になる場合にはほとんど関係ありません。薬剤師の資格が必要な業務につく人だけです。

化学の修士課程を出て、製薬会社に。

ぶっちゃけた話、超一流大企業の社員を見てみると
驚くほどの無能者がいます。
その無能者が卒業したのは某有名国立大学であり、
研究室の指導教官は世界的に有名な教授。
教授の名声だけで超一流企業に入ってしまったのです。
こうゆう話はとても沢山ありますよ。実にくだらない話ですが、これが実情です。




15 :あるケミストさん:04/09/25 20:04:44
俺、薬学部の学生だけど、
研究者をやるなら、どっちでもいいと思われる。
ただ、薬学部だと学校で薬事法規とか衛生学もやらせられるから
ちょっと勉強が遠回りになるかもしれないよ?

薬学部をでると就職に困らないというのは、研究者として就職するとき有利になるいう意味じゃなく、
調剤やら病院やらの求人がまだあるから、その方向なら困らないってことだよ。

どっちにしろ、今は最低院はでないと研究者は無理だと考えていいと思う。
あと、君の世代は薬学部は六年生になっているはず。

16 :あるケミストさん:04/09/25 22:17:40
6年生になってることを考えるとちょっと悩むとこじゃありません?

17 :あるケミストさん:04/09/25 22:44:46
>>16
最低院を出ていないと研究者として始まらないので
どのみち6年ですが

6年で卒業して修士扱いなのかな?(新課程薬学部)

薬局で働くにはつらい6年かも

18 :あるケミストさん:04/09/25 23:29:47
今って
6年生卒=修士卒扱い
なのですか?


19 :あるケミストさん:04/09/25 23:54:47
大抵の企業では獣医なんかは修士待遇じゃなかったっけ?
でも6年制薬学部を出て化学科の院に行くと修士からなんだろうか?
教えてエロイ人。

研究で食ってく自信がないなら保険のために薬剤師免許というのもありだが、これからは薬剤師も人余りで余り期待はできない。
6年制になるといっても臨床分野が増えるだけだから、化学からはますます遠ざかるし、化学をやりたいんなら化学科の方が近道かな。

ただ製薬メーカーでの仕事はいろいろあるわけで、就職出来たとしてもその後の人事異動にフレキシブルに対応するには薬学部で幅広い分野をひととおりやって、免許を取っておくのも役に立つとは思う。
定年まで研究所にいられるほうが少数だし、外資との合併で国内の研究所を閉鎖ということも十分ありうる。(友人がそれで工場に飛ばされた)

20 :あるケミストさん:04/09/26 00:03:30
薬剤師も人余りで・・・。

になるから 6年生にするんでは?
(影の声

21 :あるケミストさん:04/09/26 00:26:54
関連(?)スレ。こっちも参考にしてね。

理学、工学、薬学、農学部でやる化学の違い
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/996050661/l50
 どれを専攻するのが将来的にいいですかこら  
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1042452031/l50
化学でやることが残ってる分野ある?
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1046601881/l50

22 :15:04/09/26 00:36:11
>>17
その辺微妙なのよ。
六年制にして、その分は研究じゃなく
病院等の実習期間を増やすという話らしいし。
修士扱いにはなるだろうけど、院のような研究をやるのかといわれれば違うと思うし。

>>1が希望する企業が求めているのは院をでた研究者であって、院卒扱いの人じゃないでしょ?

23 :あるケミストさん:04/09/26 00:40:10
就職するには間違いなく薬学系の方が有利だね。
理学は肩身が狭いよ・・・。


24 :あるケミストさん:04/09/26 01:14:58
>>23

プロセスだと、逆に化学を専門にやってきた理学工学系が有利。
化学に関する基礎知識が薬学とは比較にならない。

製薬企業で前臨床から臨床期のテーマの開発速度はなんといってもプロセスが
握っている。なぜなら臨床試験も薬物動態もToxも安定性試験、製剤検討も、原薬が
無いと進まない。分析部門もそうかな。

これまで製薬は薬学系中心に採ってきたから、あまり化学系が少ないのかな。
化学系はむしろプロセスにこそ、仕事の醍醐味があると思う。

25 :あるケミストさん:04/09/26 09:21:07
ちなみに、個人的な意見として、阪大の方がいいきがします。
理由は、阪大の方が装置がありそう。

26 :あるケミストさん:04/09/26 11:03:40
阪大出 博士もち 企業から”使えない烙印”押されたら悲惨だぞ
当然、企業は毎年成果を求めてくる。
成果がでれば次はそれより大きい成果を求めてくる。

挫折したばあい
どっかの講師でもなればいいが・・・
それから道は長いぞ

無難に薬剤師免許とりなさい
研究はどこでもできるよ

27 :あるケミストさん:04/09/26 11:25:01
>>24
そのとーりだよね、探索やってるとISISで出た反応を右から左に仕込んで
出来たり出来なかったり、それを報告書にまとめて給料もらってます。


28 :あるケミストさん:04/09/26 11:37:54
27
いいなあ・・・それだけで給料かあ


29 :あるケミストさん:04/09/26 13:13:57
>>24
>化学系はむしろプロセスにこそ、仕事の醍醐味があると思う。
同感

製薬メーカーは薬学が多くて化学が少なかった。
今後は、プロセスを依託して薬学多い/化学少ないを貫き通すようだ

30 :あるケミストさん:04/09/26 17:08:45
>>24 >>29
自分薬学系で有機化学専攻して修士とりましたが、
プロセス化学よりメディシナルケミストリーに快感を覚えますが何か?

理・工学部出は化学の知識が多いが薬理・生化学の知識の無い。よってプロセス化学向き。
薬学部出はその逆。よってメディシナルケミストリー向き。
一般論で言えばそういうことかもね。もちろん個人の素質によって配属先はきまるだろうが。

>>27
ライバル会社の人だろうけど、あなたレベル低すぎ。うちなら即、MRかデスクワーク行き。

31 :あるケミストさん:04/09/26 17:40:19



    やっぱ、これからの時代は ”mab” 




32 :あるケミストさん:04/09/26 17:55:52
嫌になれば大学を変わればいい。
気に入ったらそのままでいい。
薬学から化学、化学から薬学はそれほど苦はない。


33 :あるケミストさん:04/09/26 18:23:54
>>30

いや、そこまで極端なことを言っているのではないと思われ。

メディシナルでも自由に骨格弄れるのは初期で、中盤からはプロファイル改善の
ための誘導体合成も多くなる。

それに自社特許で抑えている母核化合物群を中心に検討するから、そういった面でも
完全に自由というわけではない。

結果として目的化合物の合成法をデータベースで検索して、労働的に合成する
部分も多くある、ということだろう。特にリード化合物が絞られてしまえば。

34 :あるケミストさん:04/09/26 19:25:50
>>33
そういう仕事をするなら>>27でも十分と思われ。

置換基部分をいじるのだから、原料を変えて
同じ操作で目的物ができる
製薬会社の有機合成なんてほとんどそんなもの

それをフェーズに乗せる前に、下請け(特に俺の所)に出せ
合成ルートを変えてやるから

35 :あるケミストさん:04/09/26 21:01:00
今のうちに単純に行きたいところに行ってはどうでしょうか?
広島が好き、大阪が好き、校舎がきれい、設備が多い、
面白そうな授業があるなど、なんでもかまいません。
あとで軌道修正はできますから。


36 :あるケミストさん:04/09/26 21:16:11
高校生でここまで考えているのは立派です。
自分のやりたいことをやっている先生がその学科にいるのか?
が大事になってきます。
化学・薬学分野の場合どうしても多くの場合実験系になるので
分析機器の有無がやれることに大きく左右します。
その意味では、阪大のほうがいいような気もします。

37 :あるケミストさん:04/09/26 21:55:41
研究者として世界に貢献するには
大学で研究を続けていくに限る。
ただ給料がもらえるポストにつけるとは限らんし。
まずは博士をとらなくてはいかんぞ。高校生。
それにはたいてい9年かかる。

運がよければ大学の研究者職員になれるが、
たいていは一年や数年契約の研究員となり、
その後、ようやく研究者として職員になれるというのが多い。

大学で研究者として働きたい人は意外に多いし、
企業に就職するよりも、狭き門となっていて
一流大学ならなおさらですよね。

腕が一流であっても希望の大学に職員として行けません。

超一流の人たちは別ですが。

38 :あるケミストさん:04/09/27 01:09:01
>>33 >>34
この板にも同業の人がいるようで(w

でも、ルーチンで合成をはじめる前に、何(どの辺の化合物を)を作るか決定する
段階があるでしょう。そのとき、有機化学しかわからないと、何を作るればよいかわからない。
多面的な知識を総動員してそれを考えていくのがメディシナルケミストの大事な任務だと思うが。

まあ、ほとんどの時間は肉体労働と不毛な会議で過ぎ去っていくわけだが。

39 :あるケミストさん:04/09/27 21:54:05
>>38
メディシナルには2つの方法がある。

一つ目は天然物またはそれを簡単に分解して活性がないか探る。
有機合成の知識は必要ない(生化学の知識で十分)

二つ目はあらゆる構造に関して活性がないか探る。
有機合成の知識は必要ない(コンビケムの技能で十分)

>ほとんどの時間は肉体労働と不毛な会議で過ぎ去っていく
ハゲドウ

40 :あるケミストさん:04/09/28 00:19:22
>>30
ずいぶん鼻息あらいね。
でもさ、メディシナルケミストリーって科学といえるのかどーなのか。
推論に推論を重ねてヒットしてもその推論が正しくてヒットしたのかもわからん世界だ。
そんなもんに快感は覚えられんね。
探索初期の合成だって扱う基質はのっぺらぼうのツマラン顔じゃ。
合成困難な系統にチャレンジしようものならまわりから白い目でみられる始末なんだよ。
つまらん、つまらんよキミィ〜

まあ私がレベルが低いのは認めるがのう。

41 :あるケミストさん:04/09/28 07:32:01
阪大理学部化学科って21世紀COEに選ばれてたよね?
それなら阪大で決まり。

42 :あるケミストさん:04/09/28 11:57:40
阪大で薬学やりたいなら理学部より基礎工学部化学応用学科(だったっけ?)の方がいいよ。
もちろん、薬学部もあるけど。

43 :30:04/09/28 22:46:46
>>39
ぜんぜん違うだろ。

>一つ目は天然物またはそれを簡単に分解して活性がないか探る。
>有機合成の知識は必要ない(生化学の知識で十分)
これはメドケムじゃなくて、天然物探索とかいうヤツじゃないの?

ちなみに、会社にもよるが、天然物の誘導体合成は普通にするぞ。難しいがな。
藤沢のミフカファンギンは最近の成功例。


>二つ目はあらゆる構造に関して活性がないか探る。
>有機合成の知識は必要ない(コンビケムの技能で十分)
これもメドケムじゃないくて、少し前のコンビケムじゃん。

コンビケムだって、今は何の根拠もなく化学の知識だけで「あらゆる構造」を合成するのは流行らない。
アッセイするだけ時間とカネの無駄みたいなゴミが量産されるだけだから。

今のコンビケムの主流は、「当たりそうな」構造を持つ化合物だけを狙い撃ちすることでしょ。
基本的なメドケムの知識は必須。製薬じゃなくて、コンビケム専門のベンチャーですらそう。

たとえるなら敵の戦車部隊を破壊するのに、前者は「都市全体への絨毯爆撃」をして、
後者は「誘導機能付のクラスター爆弾」を使うようなもの。

44 :あるケミストさん:04/09/28 22:53:08
藤沢のは発酵でごっそり採ってきて最後だけチョロチョロっと化学修飾すんじゃなかったっけ?


45 :30:04/09/28 22:53:09
>>40
メドケムは科学じゃない。職人芸。私もそう思う。

>推論に推論を重ねてヒットしてもその推論が正しくてヒットしたのかもわからん世界だ。
>そんなもんに快感は覚えられんね。
あなたは真の職人芸を見たことがないからそう思うんじゃない? 向き不向きはあるだろうけど。
まわりにそういう人がいなくても、正書や学術誌を見てるとたまにあるでしょ、そういうすごいメドケムが。

46 :あるケミストさん:04/09/28 22:54:27
>>44 そう、それそれ。

47 :あるケミストさん:04/09/28 22:59:38
すごいメドケムの多くが後付の理由だったりする。
まあこれはうっかりするとサイエンス全般にも言えることだがw

48 :あるケミストさん:04/09/28 23:10:01
後付けでも何でも結果がだせればまだいいじゃん。
結果出せない香具師の方が圧倒的多数でしょ。
サイエンス全般に言えることだが

49 :あるケミストさん:04/09/28 23:33:49
結果を出さなくてもそれなりに生きていけるのが企業研究者


50 :あるケミストさん:04/09/28 23:38:19
それは言える

51 :あるケミストさん:04/09/28 23:47:01
薬学挫折してこの春工学部の応用化学になだれ込んだ人間だが、

工学部応化→大学院→製薬会社ってのは行けるのかな?

理学部化学→大学院→製薬の方が上手く行くのかな?

「どっちも変わらんよ」と言う担任の言葉信じちゃいましたが。

52 :あるケミストさん:04/09/28 23:49:01
>>51
研究室次第。
ちょっろっとデカメで窒素入ってるような天然物をがんがん合成してる研究室とか。

53 :あるケミストさん:04/09/29 00:00:45
全合成やってた香具師は即戦力になるから好まれる。

54 :あるケミストさん:04/09/29 00:03:51
>>44
天然物(か誘導体か)を全合成で製品化っていうのは、ありえ無いよね。
半合成に道を求めるしかない。

55 :あるケミストさん:04/09/29 00:05:07
メドケムの定義がよくわからない。

>>43
>「当たりそうな」構造を持つ化合物
それって「構造活性相関(という名の統計学)」とか
「この構造とこの構造が何オングはなれている骨格」とか?

でもそれって天然物探索からヒントを得て
コンビで評価するんだよね

56 :あるケミストさん:04/09/29 01:31:45
>>51

おれ、そう。

57 :あるケミストさん:04/09/30 00:43:18
製薬会社で研究職についてる方々に質問なんですが、核酸を使った医薬品の開発
とかはしてますか?今B4で核酸を使った実験をしていて、将来研究職を考えているもんで
現場ではどうなのか(現状、将来需要があるのかetc...)教えていただけますか?


58 :あるケミストさん:04/09/30 10:36:26
隠さんでもいいから、言いなさい。

59 :あるケミストさん:04/09/30 21:42:40
>>55
メドケムは「クスリをデザインし合成する科学」という程度の意味じゃないかな

実際のメドケム部門の仕事っぷりは、
1 リード化合物(他部門から降ってくる)の構造を見て
2 アッセイデータや文献から問題点(活性低い・溶解性悪い・代謝され易いetc.)を把握し
3 その問題点の解決に向けて化合物をデザインし、同時に合成経路を想定し
4 合成経路の探索を行い、
5 たくさんの化合物の合成を行い (コンビケムを使うこともある)
6 他部門にアッセイをしてもらって
7 その結果を見て次なる問題点を把握し
8 3〜7でループ


>でもそれって天然物探索からヒントを得て
リード化合物は天然物だけじゃなく、コンビケムライブラリーからも見つかるよ。
他社の化合物をパクることもるけどね。

60 :あるケミストさん:04/09/30 21:46:32
>>57
核酸誘導体の合成をやっているの?

ご存知のように核酸類似化合物の薬もあるし、研究している会社もあると思うけど、
そういう会社でもメインストリームではないと思うよ。たぶん。
需要までは詳しくはわかりません・・・。

61 :57:04/09/30 21:59:53
>>60
そうでつ、核酸誘導体の合成ですね
わざわざありがとうございます。
まあ今やってることが少しでも繋がってればいいかなって思って聞いてみました


62 :あるケミストさん:04/09/30 23:46:23
>>61
「大学の時に有機化学をやっていて、会社でも有機化学をやれる」
となれば、他のいろんな分野の人に比べればかなりつながってる方じゃない?
だって、例えば天文学とかインド哲学とか、就職先ないでしょう。

63 :化学専攻因卒:04/10/08 03:38:03
結論から言うと、これからは遺伝子の時代なんだ。
例えば、抗癌剤を例にとると、
今までの抗癌剤は、(有機合成等で創られたもの)
正常細胞と癌細胞のDNAの識別が出来ないので、正常細胞にダメージが及んで
抗癌剤の副作用が起こり、ひどい場合には、患者さんは死んでしまう。

次世代の癌の特効薬の候補に挙げられているのは、
血管新生因子阻害、遺伝子治療、テロメラーゼ阻害、モノクローナル抗体の利用

こんな所かな?


64 :化学専攻因卒:04/10/08 03:46:45
製薬の研究を考えてるなら、
生化学、分子生物学(細胞生物学)、薬理学等の専門知識が必要不可欠だ。

化学屋は、特に合成屋は、合成経路に興味があっても、
生理活性には興味を示さない人が多い。

遺伝子的なアプローチがないと、これからは。

高校生よ、受験勉強も大事だが、ブルーバックスや日経サイエンスに
癌やウイルス等特集号があるから、是非読んでみてくれ。

化学は、合成がメインだが、それだけでは、特効薬は出来ないのだよ。

俺は、飯台の薬学部を勧める。

65 :化学専攻引率:04/10/08 04:01:54
また、特効薬の創成だけを考えるならば、
医学部に行って、大学院で研究するという手もある。

遺伝子治療や血管新生因子阻害等は、医学部の研究室が
中心に研究している。

医学部卒業後、自分のやりたい研究をしている研究室に
ろんだするのも可能だ。

いずれにせよ、俺は医学部か薬学部を勧める。
研究者として成功すれば良いが、失敗したときに、
化学引率は路頭に迷うことになる。

医学部、薬学部には、医者、薬剤師といった
国家資格の保険があるからね。

66 :あるケミストさん:04/10/08 23:27:39
>>63-65 えらそーなこと言ってるけど、間違いだらけだぞ。
「遺伝子」という言葉を「生物学」と同義だと思い込んでいないか?
それに、「遺伝子の時代」とやらは、すでに終わりつつないか? 今は、その次を模索する段階。
血管新生因子阻害剤、テロメラーゼ阻害剤だって有機合成で作るに決まってるし。
イレッサとかグリベックとか知ってる? 製薬企業が研究してるよ。

そりゃ遺伝子治療とか、抗体医薬は有機合成の出番はないけどね。

67 :あるケミストさん:04/10/08 23:30:13
ワロタ

68 :あるケミストさん:04/10/09 00:02:02
>>66

憶えたてのかっこいい単語を並べてみたい年頃なんだよ、きっと。
COX-2とかPPARとか。

そもそも薬理と合成の区別もついていないみたいだしね。

69 :あるケミストさん:04/10/09 00:38:55
年頃ったって、リア厨じゃあるまいし。
理学博士とか工学博士とかなんだろ、こいつ。

70 :あるケミストさん:04/10/09 03:27:35
理薬ではどちらのほうが就職に需要がありますか?さらに教員免許はとったほうがいいですか

71 :あるケミストさん:04/10/09 10:24:41
ヤクでヤクザ医師とれ

理は研究員は根性いるぞ

教員免許????????いらね
環境計量士のべんきょしたほうが増し
あと就職なら電気関係資格(電験2・3種
1種はたぶん無理)が以外によい

72 :あるケミストさん:04/10/09 11:52:35
>>69

んなわけ、ない。
日経サイエンスに書いてあることを並べただけの工房と見た。

73 :あるケミストさん:04/10/09 23:18:21
>>70 教師になる気ないんだろ・・・

74 :あるケミストさん:04/10/10 00:48:39
1=70だとすると、なんか就職の心配ばっかりしてないか。
きれい事ではなく、自分が何をやりたいかのほうが大切だぞ。
もちろん気持ちはわかるが、理系の職は結局これが好きじゃないとやっていけんぞ。
就職がよさそうだからって理由で学部を選ぶのはお勧めできん。

特別理系が好きなわけじゃなくて、かつ国立上位の理系学部に行く力があるのなら、
文系に進んで公務員になるくらいの力はあるだろう。就職が最重要項目なら、そういう
道のほうが確実だ。
文系が理系を煽る決まり文句に「生涯賃金は文系のほうが上」というのがあるが、
それは確かに一面の真実なんだ。研究者は、決して楽な仕事ではない。

まず自分が何をやりたいのかを考えろ。何でもいいから就職したいのか?

75 :あるケミストさん:04/10/10 18:54:11
今の時代、まず就職ありきっつうのも理解できるんだがのう。
買い手市場なんですわな。

76 :あるケミストさん:04/10/10 19:46:53
>>75

そう?
最近は一時期より厳しさも緩くなったように思うのだが。

77 :あるケミストさん:04/10/11 02:18:28
>>75
いやあ、気持ちはわかるんだよ。
でも、それほど好きじゃないのに理系(文系もか)専門職についちゃうと、結局つぶれちゃうんだよね。
1が書いているレベルの大学に合格できる力があって、かつ人間的に問題がなければ、正直就職のことを必要以上に
心配しないほうがいいと思う。
それでも就職が心配だ、っていうのなら、そのレベルの大学なら文系に行った方が選択肢が広い。

まあ、もちろん高校生レベルで「○○の××が研究したいんだ!」と具体的な目標を掲げるのは無理だろうが、漠然と
でも「○○に興味がある」くらいのことがないとしんどいよ。

78 :あるケミストさん:04/10/11 12:49:32
1>製薬に行って研究したいのなら有名大学にいく事をおすすめする。
日本No1の製薬会社では、来年の新入社員(研究職)東大、京大が10
名程度、東工大、阪大が3−4名程度、後は旧帝大が1−2名。この
割合は例年変わらない。ここに学歴社会がないとは絶対にいえない。
よって行くなら絶対に阪大。広島大学からは大手の研究職は非常に厳し
い。中堅ならいけるかもしれないが、中堅といえども東大、京大で大手
に入れなかったやつとの勝負になる。厳しい。入社してからは学歴は関
係ないが、入社する際には必ず有利に働く。これがまだ日本では現実な
んだよ。

79 :あるケミストさん:04/10/11 13:55:35
結婚→無職→パートになるんだから 女は薬学いっとけ。男は阪大

80 :あるケミストさん:04/10/11 17:33:12
ところが、学閥という点では日本の製薬企業は薬学部偏重なんだよね。
それがいいことだとは思わないけどね。
>>78のいっていることは薬学部同士の比較なら正直正しいと思うが、理学部と薬学部の
比較なら必ずしも正しくない。

81 :あるケミストさん:04/10/11 21:28:32
学歴は関
係ないが、入社する際には必ず有利に働く。これがまだ日本では現実な
んだよ。

・・・資格ですよう
凶大出(白痴持ち)だか使えねぇ・・・・・
で悲惨・・・書くのやめとくが
灯台、凶大で10名、飯台で3名・・・しかも
収支だろ・・・枠には入れる地震があるなら別だが
無難にヤクザ医師とれよう・・・リストラなんか
こわくないぜい♪


82 :あるケミストさん:04/10/12 00:31:20

う〜ん・・・。

研究職やるのには「学閥」とか言い出すヤツは、あまり向いていないような・・。
(>1のことではないよ)

仕事のできる香具師で、そういうの見たことない。



83 :あるケミストさん:04/10/12 11:01:30
ところが、採用に携わっている人たちは学閥とか好きなんだよね。
研究者がそういうのにこだわるべきではない、ってのは同意だが。

84 :あるケミストさん:04/10/12 21:35:16
広大薬のほうがいいに決まってるだろ
免許も取れるし
大体、理学部の奴ら薬理とか全くわかってない。


85 :あるケミストさん:04/10/12 21:54:52
阪大で薬学やりたいなら理学部より基礎工学部応用化学学科の方がいい。


86 :あるケミストさん:04/10/12 22:35:47
学部や修士出たくらいでは出身学部の差なんて大して意味がないわけだが、>>84のような奴が出てきて
学閥を形成し始めるので、日本の製薬企業では薬学部が優遇されるというわけだ。
とてもわかりやすい事例でしたね。

87 :あるケミストさん:04/10/12 22:58:23
あのな、お前ら合成屋は創薬なんか無理だから
一生カラムやってりゃいいんだよ。
製薬会社入っても原料上げ部隊に配置される
ことになる。

88 :あるケミストさん:04/10/12 23:21:09
ところが、採用に携わっている人たちは学閥好きなんだよね

一種の自己保身・・・

89 :あるケミストさん:04/10/12 23:49:24
>>87

製薬企業で薬理出身で成功した香具師っているの?
あまり聞いたことがない。

90 :あるケミストさん:04/10/13 00:28:40
>>87 合成屋にできなきゃだれが創薬なんてできるというのか?
それはそうと、原料上げも立派な仕事だ

91 :あるケミストさん:04/10/13 00:31:44
>>87 
合成屋がカラムやるだけの原料上げ部隊だっていうなら、
薬理屋だって、毎日ねずみにエサと薬をやってるだけとも言える。たまにばらして中を見るだけ。

そういう日々の仕事の合間に、何かを見つけ出すことができる能力が求められる。

92 :あるケミストさん:04/10/13 00:40:16
俺みたいに、メディシナルケミストリーが専門じゃないと創薬は無理。合成と薬理両方できる両刀使いじゃないと無理だというこだ。

93 :あるケミストさん:04/10/13 10:23:37
製薬企業によくあるセクショナリズムが薬理vs合成だ、というのを実によく表しているな。
薬学閥のこともそうだが、こういうのを見て幻滅していなければいいのだが。

94 :あるケミストさん:04/10/13 23:38:53
合成と薬理両方できたらモノを作ったそばから動物に投与できて便利だね。
絶対やりたくないけど。

95 :あるケミストさん:04/10/14 00:06:02
>>92
どーせ日本の大学にはメドケム専門と言えるような研究室はほとんどないんだから、
合成をきちんと勉強してから、会社で生化学・薬理・動態の知識を増やせばいいんじゃない?
と、いうか日本の製薬企業のメドケミストなんて、ほとんどみんなそうじゃない?

院生のころは会社に入ればラクだと思ってたけど、会社に入ってからも勉強は続きます・・・。

96 :あるケミストさん:04/10/17 17:58:26
理系出たから研究職に就きたいの?
それは頭堅すぎるよ。仕事には向き不向きがあるしね。
なんとしてでも開発したかったら有名国立大学の院に脱出できるよう
努力してください。

97 :あるケミストさん:04/10/17 18:00:54
漏れ三流私大学部卒♂で、毎日実験に従事する仕事についてますが何か。
但し、「実験屋」。
ルーチンワークで実験が出来るけど、それに満足できる?
仕事で実験するのは、学生が半分遊びで実験するのとわけが違うよ。プロだからね。
正直言ってツマラン実験でも、スポンサーがやれといったらやらないといかんのよ。
「研究」って事になると、一年に一回学会で発表できるかどうか。
それでも今までの経歴で、こんな仕事できるんだと思うと、毎日残業の連発だが、
人間関係以外でやめようと思ったことはないな。
製薬・化粧品・食品のいずれにも入らない化学系。、
「大手」だけが会社じゃないんで、その辺よく考えて。

98 :あるケミストさん:04/10/17 18:03:42
基本的に理系は知的レベルが低いからな。
たとえこの世に理系がいなくても、文明は成り立つが
文系がいなかったらさあ大変。
結局、世の中は政治・経済・行政・市場で成り立ってるからね。
物理や数学、化学なんてなくても文明は劣らない。
おまいら文系に就職するべきだよ。

99 :あるケミストさん:04/10/17 23:30:28
>>98
みんな文系就職したら後継者不足で製薬会社潰れるな。家電製品も作れなくなるだろう。
理系の能力ある奴は文系のスペシャリストになるだろうから,理系の知識も潰れていくな。
生活が数百年後戻りするだろう。しかしそれでも仕方が無い。
文明が劣るはずがないし,そもそも世の中は政治・経済・行政・市場で成り立っているのだから
本来の姿に戻っただけなのだ。

100 :あるケミストさん:04/10/17 23:48:38
見え見えの煽りに乗るな。
そもそも世間を文系と理系にわけること自体意味がない。そういう話は理系専門板あたりのネタスレでやれ。

101 :あるケミストさん:04/10/18 00:10:43
正直すまんかった。

102 :あるケミストさん:04/10/23 01:39:33
>>1
阪大化と広大薬二者択一で、化学に興味があるのなら(化学板だしね)
阪大化にいくのがいい。化学にもいろんな分野があって、 今の製薬会社の
作るいわゆる"薬"の範疇に囚われない、新しい”くすり”をぜひ作って下さい。
まあ、個人的意見ですが。

103 :あるケミストさん:04/10/23 07:03:30
薬学卒博士持ちの反応屋ですが、いわゆる「研究者」に純粋になりたいならば
阪大をおすすめします。優れた教授や同僚にめぐまれ、研究者として成長でき
る可能性が高いはずです。研究者として生きて行きたいならば就職よりもまず
は自分に適正があるかどうかを心配する方が良いと思います。頭がよく、勉強
ができるというのは研究者として望まれる資質の一つですがそれだけでは不十
分です。純粋に化学に興味があって製薬企業に行きたいという事であれば有機
化学が強い東大薬や京大工、理を御すすめします。阪大工、薬や東北薬、理な
ども良いと思います。

104 :あるケミストさん:04/10/23 14:07:26
今年広大薬修士卒
何か聞きたいことがあればどうぞ(返答遅いけど

ちなみに広薬で化学やりたいんなら一つしか選択肢無いのでそれは覚悟すること
個人的には視野の狭い研究者になりたくなければ広大はやめとけ
もうちょっと勉強して東大薬や京大も目指すべきかと
まだ高校二年ならなんとかなるんでは?

そうそう今の広大はうまくやれば博士二年ででれるよ

105 :あるケミストさん:04/10/25 00:43:38
>>104
広大の女の子はかわゆい?

106 :104:04/10/30 11:50:40
女は多い
増加傾向
今は7:3くらいかな

107 :あるケミストさん:04/10/31 12:18:06
広大はアホ学生が多いね。
帝大志望からランク下げたヤツラの下請け大学ってイメージあるな〜
けど山口に武田製薬の工場があるから、
広大だったら一応いいんじゃない?
まぁ俺なら阪大行くけどな。


108 :あるケミストさん:04/10/31 12:20:39
こう言っちゃなんだが、薬学も生物学も
今は化学屋が食いつぶそうとしてるから、
化学屋になっといた方が得。

109 :あるケミストさん:04/10/31 12:30:00
>>108
同感。他はどうよ?

110 :あるケミストさん:04/11/02 00:23:27
>>108
化学屋が生物領域に入っていっているのは同意。
逆の方が難しいのも同意。

薬学は、化学・生物学に加え医学・物理・経済学なんかが
「薬を創る・薬を使う」という目的の元にまぜこぜになった学問。
化学屋、生物屋というものは居ても、薬学屋というのは居ないと思う。

111 :あるケミストさん:04/11/02 01:34:54
勘違いしている奴があまりに多いのでいわせてもらう。薬化学は孤高。突然スマン。
だがもう我慢ならねえ。薬学部、しかも広大に入ってまだ3年の俺だが、いわずにはいられなかった。

ちょっと農学や工学に行ったやつと会うと、よく「薬学部いいっすねえ」などといわれる。
俺のは地方だし広大だし、別にそうでもないっしょ。でもなんかいわれる頻度が高い。
なんでよ?謎だった。

しかし、この間気付いた。声をかけてくる奴はほぼ100%化学専攻してるんだよ。
生物や物理じゃない。薬化学以外のその他の化学な。錯体化学とか物理化学とか。量子化学とか。
ひでえ奴になると工業化学とか環境化学とか。あえて「その他の化学」と呼ばせてもらう。

そいつらの「薬学部いいっすねえ」の中には「同じ化学の仲間ですね」ってニュアンスを感じる
ことに気付いたんだよ。冗談じゃねえって。仲間じゃねえよ。
「俺の学問の血筋は薬化学とつながってるんだぜ」みたいなオーラも感じる。つながってねーよ。
完璧に気のせいだ。ふざけんな。

薬化学と他を比べてどっちがいいかなんてことはいうつもりはない。薬学に行ってる奴はそんなことは
いわない。医学部に行ってる奴もそうだろう。歯学や獣医学部いってる奴も同じだ。
その学問が好きで行ってる奴は他を認めつつも他を羨まない。自分の選択に自信を持ってる。
「その他の化学」を専攻してる奴はそうじゃない。薬化学が拓く医薬品開発の栄光につかりながら
「その他」を専攻してる。きもち悪い。一番手に負えないのが理学部で有機合成化学やってる奴らだよ。
有機合成ってだけで薬化学と同列だと思ってる。いや、信じてる。心の底まで信じきってる。
ありえねえ。同列なわけねえだろ。いっしょにするな。死ね。

誤解のないように言っておくが、理学部でも有機反応やってるやつには敬意を表してる。
反応やってる奴は「その他の化学」やってる奴とは違う。
薬化学を羨まない。精神が違う。

もう一度いうが、薬化学は孤高。
その他の化学とは違うこと、そして明確に区別されるべき存在であることを忘れるな。


112 :あるケミストさん:04/11/02 01:54:00
>>111
薬化学が拓く医薬品開発って発言があるんですが薬学っていうのはどこまでやってるんですか?
当方有機合成で、薬学部の人で合成をやる人はほとんどいないと聞いたことあるのですが、
合成以外の医薬品開発が薬学部の分野なのですか?
よくわかってない学部4年の質問でした。

113 :あるケミストさん:04/11/02 02:10:50
はずかしいからあまり外で言わないほうがいいよ      

114 :あるケミストさん:04/11/02 08:58:11
>>111
研究もしてない学部生がなんか知ったかぶりしてる
ププッ!

115 :104:04/11/02 21:20:15
>>111
偽者だな
広大薬には薬化学なんて概念は学生に定着してない
ましてや薬化学が開く医薬品開発なんてありえない
他学部から学ぶことは多い
それに114の言う通りしっかり研究やってればそんなことは言えない
広薬三年はこの時期すでに研究室に配属されてるんだよ
三年なら薬化学がつく研究室が存在しないことくらい知ってるよな?
>>112
薬化学なんて薬学部が他の学部と差別化図るために作った言葉にしか過ぎないと思う
現にうちの研究室はマニアーっくな反応使って研究やってたし

みなさん,薬化学って言葉についてどう思います?
大学時代有機やってた自分としてはいろんな学会行ってもそんな言葉の分野の存在を感じたことは無かったけど
天然物作ってりゃ薬化学ってわけでもないし・・・

116 :あるケミストさん:04/11/02 22:44:05
>>115
時代錯誤

117 :あるケミストさん:04/11/02 23:28:32
おまえら釣られすぎ
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%AD%A4%E9%AB%98%E3%80%82%E7%AA%81%E7%84%B6%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82+&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

118 :あるケミストさん:04/11/03 00:11:28
>>117
コピペだったか orz
最近忙しくてガイドライン板に出入りしてなかったからわからなかった。

119 :あるケミストさん:04/11/03 00:21:48
>>115
薬化学をMedicinal Chemistryの訳だと考えれば、ひとつの独立した分野。学会も開催されてる。
日本の大学はあまりメドケムをやらないが。
薬学部に求められる化学ということでは天然物の単離・構造決定や、合成供給法の開発や、
新規反応開発も薬化学だろう。
そもそも東大薬学部に「薬化学教室」が誕生した当時の薬化学は後者に近いだろうし。

ようするに現状は薬化学という用語が混乱してるんだな。

120 :あるケミストさん:04/11/03 00:24:40
メドケム=medicinal chemistryを"創薬化学"と訳すこともあるな。

121 :あるケミストさん:04/11/03 00:34:45
>>112
薬学とは、薬を創ったり、薬を作ったり、薬を使ったり、そういうことに関連したすべてをカバーします。
医学、化学、生物学、物理学、経済学etc.・・・ 「薬」に役立つなら何でも入ります。
従って、薬学は、最初から最後まですべてやります。

ただ、すべての分野を研究・教育可能な薬学部は無いと思います。
医療経済が無かったり、製剤が無かったり、動態がなかったり・・・
また、新薬の開発までこぎつける馬力のある大学は存在しないと思います。

122 :あるケミストさん:04/11/03 00:47:54
非薬学出身者は、ファルマシアを見るたびに薬学部ってのが何をしたいのか、
サッパリ分からない。そもそも薬剤師って必要なの?

処方箋って医者が出すでしょ?
薬剤師って、それを基に指定された種類の薬剤を指定された数量出すだけの
ように見えるのだが。

風邪をひいて調剤薬局へ行くと、何人もの薬剤師が暇そうにしているのを
いろんなところで見かける。で、薬剤師ってだけで結構な給料をもらっていると聞く。
知り合いなんぞ、毎日半日勤務で年収300万近いとのこと。

無駄な出費、無駄な資格に思えて仕方がない。
煽りではなく(って煽っているが)、薬剤師って何する人?

123 :あるケミストさん:04/11/03 18:10:21
まず、ファルマシアは薬学会の雑誌で、薬剤師会のでは無い。そこをまず知れ。

薬剤師の仕事は、
 1 医師が出した処方箋のチェック
 2 患者への薬の適正使用の指導

1 医師と薬剤師が互いの仕事を分けることで、2重チェックが働く。
また、複数の医師が出した処方箋の中の併用禁忌・重複を排除する。

2 医師よりも患者に身近な存在として、薬剤師は患者へ指導を行う。
また、患者にとって気軽に相談できる相手になる。

よりレベルの高い薬剤師には次のような仕事もある
 3 薬の専門家として、医師への助言を行う
 4 病院内での特殊製剤への対応を行う


建前はこんな感じだが、もし薬剤師たちが袋詰め屋と化しているように見えるならば、
彼らは世間の期待に応えられるだけの自己鍛錬が求められていると言える。

124 :あるケミストさん:04/11/03 18:44:35
>薬の専門家として、医師への助言を行う

いまやMRのしごとだな

125 :あるケミストさん:04/11/03 20:53:10
>>123
レスthx。

薬学会の雑誌とは知っているけど、6年制移行に伴った薬剤師がらみの話題も多いのでね。
見ていて薬学会ってのが、薬剤師を養成したいのか、新薬・臨床研究者を育成したいのか
方向性がまるで分からなくて。

薬剤師の仕事として2つ挙げてもらった。
でも正直、あれほどの高給や資格を求められる内容とは思えない。

大卒の知識や経験を求められる仕事かなぁ、これ。


素人考えでは、例えば局方で認可された医薬品はバーコード管理。どの病院で診断され
ても薬局で処方される際に、禁忌となる服用の組み合わせが生じないよう、処方ネットワーク
で管理するようにすればいいように思える。
(人命に関わることだし、オートメーション化でッチェック漏れや人件費の削減)

薬剤師は患者を診察する権利は持っていないわけだから、資格制度などにせずメーカー的な
物流管理システムでいいんでないの?



126 :123:04/11/03 21:27:45
>>124
MRさんは自分の会社の宣伝しかしないでしょ。(w

>>125
まず、建前では薬学部にとって薬剤師の養成と研究者の養成は車の両輪。
どっちも欠かせない。学生の教育手法の研究も薬学会の一分野。

125さんにとって薬剤師が高給に値しない仕事だと思うのは、
それは薬剤師側の努力・宣伝不足のせいだと思う。
でも、薬剤師って、上を目指せばかなりの知識と経験が必要ですよ。
全コンピューター管理は便利で早く導入されれば良いことだと思いますが。

127 :あるケミストさん:04/11/03 23:01:21
>>124
>大卒の知識や経験を求められる仕事かなぁ、これ。

これは自分の知らないどんな仕事に対しても言える意見だよ。
例えば銀行員の仕事を知らない者は、「あんな窓口業務に大卒の…」と言えるし。

薬学の知識は大学以上で学べるものなんだから薬剤師は必然的に大卒レベルになる。
薬学部は物化、化学、生物、薬理、衛生、薬事、…と学習内容が幅広く、
学生も薬剤師免許さえ取れればOKという者から研究志望の者までいるから、
薬学会の方向性といっても簡潔に説明することは難しい。

128 :あるケミストさん:04/11/03 23:48:16
125が健康であまり病院とか薬局とかいかないというオチ。
信頼できるかかりつけの医師や薬剤師を見つけておくのはとても大事。
チェーンの巨大ドラッグストアばかり流行る最近の風潮はあまり良くないと思われ。

129 :あるケミストさん:04/11/04 00:46:35
>>128

まぁ、確かにあんまり行かない。
39度近いときは行くけど、それ以外ならルル(賞味期限切れ)でも飲んで寝ている。
風邪なんて薬飲んでも治るもんでもないし。

すりおろした大蒜入りの味噌汁でも飲んで布団にくるまり、バァーっと汗かいた方が
治るような気がしている。

130 :あるケミストさん:04/11/04 09:44:35
何度もくどいようだが
矢張り、薬化学は孤高

131 :あるケミストさん:04/11/04 11:01:03
>>130
コンプレックスの塊だな
まっ、背伸びしたい年頃なんだろうね。うんうん。
所詮砂上の楼閣なんだけどね、ププッ!

132 :あるケミストさん:04/11/04 18:11:41
>>125
君も自分が老人になって「お薬手帳」を渡されて、薬を
多種類もらってどれが何だか自分で把握しきれなくなって一包化調剤されて、
テレビで流行の健康食品について誰かに訊きたくて、あるいは医師に直接
訊きにくいことをコソっと知りたい時、あるいは単に話し相手が欲しくなった時、
薬剤師のありがたみが分かるさ。

薬剤師の意義や理念云々を高みから議論するだけでなく、
弱者の視点から薬剤師の役割を考えてみるのも一考だよ。

133 :あるケミストさん:04/11/04 21:34:04
あるいは単に話し相手が欲しくなった時
 ↑
こんど処方箋も持たずに近所の綺麗な薬剤師のお姉さんをかどわかしに行きます。

134 :あるケミストさん:04/11/23 13:40:08
どうなのよ、薬学的にこの事件は。


抗がん剤過剰投与で医業停止処分、取り消し求め提訴

埼玉医大総合医療センターで2000年10月に起きた抗がん剤過剰投与事件で、厚生労働省から今年3月に
医業停止の行政処分を受けた当時の主治医(34)が、「処分に納得できない」として東京地裁に処分取り消しを
求める行政訴訟を起こしていたことが22日、分かった。

この事件は、埼玉県鴻巣市の高校2年の女性(当時16歳)に対し、本来は週1回の間隔で投与すべき抗がん剤を
7日間連続で投与して死亡させたとして、主治医について業務上過失致死罪で有罪(禁固2年、執行猶予3年)が確定。
厚労省は、医療過誤の行政処分としては過去30年間で最も重い医業停止3年6か月の処分を決めた。

 主治医側は「過誤の事実は認めて反省しているが、『副作用判明後に適切な処置を怠った』などの処分決定理由には
納得できない。他の医療過誤事件と比べても3年半は重すぎる」などとして、今年5月に厚労相を相手取り提訴した。




135 :あるケミストさん:04/11/23 16:22:21
なんかずいぶんと高いところから書いている人が多いが、
お前らの創った薬で上市されているのはあるの?
現在、厚生省/FDAの審査待ちとか臨床試験中でもいいが。

上に言われて作りましたとかじゃなく、自身でデザインした化合物で。

薬理・薬動の人は自分で決め手となる評価系を作り上げたことある?

136 :あるケミストさん:04/11/23 21:57:17
おれはないな〜


137 :あるケミストさん:04/11/23 22:17:29
>>135
何だ?意図の分からんレスだな。
自分でデザインした化合物が上市された経験がなければ
この場での発言権はないとでも言いたいのか?
それに君のレスこそが最も高いところから書いているように見える。

138 :あるケミストさん:04/11/23 22:21:52
>>135
そっちこそ偉そうなこと言ってるが、
医薬品ができるまで何年かかるか知ってる?
日本発の医薬品が1年間にいくつくらいあるか知ってる?
医薬品を「創った」と言える日本人なんて、数えるくらいしか居ないだろ?










俺だってかかわったことすら無いよ orz

139 :あるケミストさん:04/11/26 00:46:29
みんさん当然ながら化選品くらいは出してるよな?

140 :あるケミストさん:04/11/26 21:17:21
なにそれ?

141 :あるケミストさん:04/11/26 23:30:52
>>140
キミはこのスレにいなくていいよ

142 :あるケミストさん:04/11/27 00:29:09
化選品でぐぐった結果
 日本語のページ 約 248,000 件

化選品を知らないなんて プププ

143 :あるケミストさん:04/11/27 00:43:06
>>141 薬学修士で中堅製薬の研究員ですが知りません。釣りなら勘弁してください
>>142 ぐぐっても何も出てきません。釣りなら勘弁してください

144 :あるケミストさん:04/11/27 02:32:43
>>139
開発部門のオイラからすると、単に実績作りのためだけにネガティブデータが
出ないようなスクリーニングをして、本人もダメだと分かっているような化合物を
無理やり化選する香具師は、殺したくなる。

「今期、目標どおり化選品を開発ステージへageました!!」
「よし、よくやった!」

で、いっつも開発ステージで早々にドロップ。
一方、本人は高評価もらって嬉々として次テーマへ。


この悪循環が製薬メーカーをダメにしている。




145 :あるケミストさん:04/11/27 09:10:22
>>139 >>141 >>143
その単語特定の会社でないと通用しないんじゃ?

146 :あるケミストさん:04/11/28 02:38:12
その三人は、たまたま同じ会社の人なんだよ。
意外なところで社員に出会ってしまったようだねぇ。

147 :あるケミストさん:04/11/28 08:46:01
バファリンの半分を、ちゃんとした医薬品にするために、製薬会社の人はどのような努力をしているのでしょうか?いつまでも半分が優しさだけじゃ医薬品としては良く無いと思う。

148 :あるケミストさん:04/11/28 10:38:38
>>147
入っている成分が明らかだし
それを含めての安全性も確認済みだし
品質が常に一定なのだから改良する必要は無い

むしろ残り半分がやさしさ以外になったときは販売中止になる

最近は国内のやさしさ分が足りなくなって
海外(主に中国)のやさしさが入っているらしい

149 :あるケミストさん:04/11/28 13:42:00
>>147 ネタにマジレス。OTCだから、OTCに許される範囲で配合している限りは医薬品でしょう。
半分はアスピリン。
半分は副作用=胃へのダメージを抑えるための塩基性のバッファー。
後者が「やさしさ」の正体。バッファーが入っているから「バッファリン」

150 :あるケミストさん:04/11/28 13:46:02
>>146
どこの会社だろう?自分の職場の常識が世の中の常識だと思ってるんだろうな。

151 :あるケミストさん:04/11/28 18:08:52
むしろ修士卒で研究員と言い切ってるところが怖い。
兵隊だろ。

152 :あるケミストさん:04/12/03 00:44:16
日本の創薬なんて、こんなもの


「極低」と評価された歴史に残る低レベル

文部科学省科学技術政策研究所が、国として戦略的に推進すべき技術の評価について調べた
報告書によると、127の注目科学技術領域の技術水準をそれぞれの専門家に評価してもらったところ、
「新規医療技術のための基礎研究」「創薬基礎研究」の2つだけが「極低」というこれ以下の点数には
ならないという最低の評価だった。

日経HPより


「極低」だとよ。www

153 :あるケミストさん:04/12/03 01:17:10
>>152
元記事 ttp://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_baba55
読んだけど、日本の「創薬基礎研究」のレベルは確かに低いかもね。

ただ、「創薬基礎研究」と「日本の創薬」とをイコールで結ぶのはおかしいと思うぞ。
現に、タクロリムスやプラバスタチンのような評価の高い画期的新薬が日本発で存在している。

アメリカには大きく差をつけられているが、それでも新薬作れる国なんていくつもないよ。

154 :あるケミストさん:04/12/05 02:38:26
>134

ダメダメじゃん。

研究も最低、臨床も平気で週一投与を毎日投与していても気づかない。
人一人死んでるのに、「医業停止処分は重すぎる」だと。何考えてるんだ、
日本の医療関係者は??

まさに医薬の常識は、狂っているとしか言いようがない。

155 :あるケミストさん:04/12/05 11:26:11
臨床医は所詮ブルーカラーですから

156 :あるケミストさん:04/12/05 14:01:06
ここまで読んで
化学科でよかったと思いますた

157 :あるケミストさん:04/12/05 22:21:27
今高2です。
薬剤師免許も一応取っておきたいんですけど
薬学部は4年制に行くべきですか?6年制に行くべきですか?

158 :あるケミストさん:04/12/05 23:15:33
4年で足りないから6年になる訳で。6年がいいんじゃないかな。

159 :あるケミストさん:04/12/06 00:14:05
>>157
難しい問題なので、医師薬看護板にてきくべし。

160 :あるケミストさん:04/12/06 01:21:31
このスレで言えることは、
「一応」で薬剤師免許を取ろうとするな。
の一言に尽きるな。薬剤師になる気なんじゃなければ、薬剤師免許のことはあまり気にするな。

161 :あるケミストさん:04/12/07 09:35:44
薬剤師免許がどうしても欲しかったら6年制。しかしながら研究者になりたいなら
御勧めできるかどうか自信ない。なにしろ研究者養成用に4年制を残すのだから。
しばらく過渡期だから静観するのがよい。

162 :あるケミストさん:04/12/07 20:40:54
現実的にゆうと
やくざ頤使のめんきょは取れるならとる!!!

博士なんか紙切れだし
兄弟灯台卒でも使えなきゃお荷物
悲惨な道をだどったヒトが数えただけでも・・・ぞっ

一方、やくざ頤使なら使えなくても、愛想わるくても
性格悪くても、今日職を失っても 明日には求人がきて
基本的によりどりみどりだw



163 :あるケミストさん:04/12/07 21:13:25
薬学6年生に関していい噂もってキタヨ。

薬学6年生、薬学部新設ラッシュと、一気に薬剤師は増えるけど
厚労省は薬剤師の国試合格率を下げて薬剤師の人数は一定にするらしいよ。
だから、今までは「一応」で薬剤師免許も取れたけど
これからは「一応」では取れない。
今私立と国立の国試志向で合格率90%、国立で研究者志向は50%ぐらいだったかな?
これが、私立と国立の国試志向でも合格率50%程度に低下する噂。
それで薬剤師になる人数を調整するんだってさ。

研究者になるんだったら教授と大学院が良さそうなところに行くのが一番じゃない?

164 :あるケミストさん:04/12/07 22:07:49
いいよね、薬剤師。
たいした能力もなく、高給取り。
正直、うらやましい。

165 :あるケミストさん:04/12/08 00:13:25
お前よりは能力あると思うぞ。

166 :あるケミストさん:04/12/08 08:47:03
いいね、その根拠のない自信。

167 :165:04/12/08 17:43:10
俺は薬剤師ではないので。念のため。
大した能力がないって断言できるのは素晴らしいですね。

168 :あるケミストさん:04/12/08 19:19:17
誰も断言してないし。
国語力がないのは自覚している?

169 :165:04/12/08 19:25:13
たいした能力もなく ← 断言
能力あると思う ← 推測

・・・まぁ何も言いませんよ。

170 :あるケミストさん:04/12/08 21:20:24
>>169
冬厨か?

171 :あるケミストさん:04/12/08 21:21:04
すまん。
こっちじゃない方。

172 :あるケミストさん:04/12/08 22:32:19
能力のある薬剤師と能力の無い薬剤師の
2種類がいるだけだと思いますが。
>>164みたいな物言いは科学者としてのセンスを疑われますね。

173 :あるケミストさん:04/12/08 23:41:11
哲学者が履歴書と卒業論文を見て言った。
「諸君、彼を見たまえ。薬剤師はたいした能力が無いらしい」

物理学者が言った。
「薬剤師にはたいした能力が無い人物が少なくとも一人はいるようだね」

数学者が言った。
「薬剤師には少なくとも研究面でたいした能力が無い人物が少なくとも一人はいる」

一方ロシアは鉛筆を使った。

174 :あるケミストさん:04/12/09 00:10:53
薬剤師に対しての評価に対する詰めが甘いのが化学者だと言いたいのかな。

175 :あるケミストさん:04/12/09 12:24:14
>>173
優秀な卒業論文を書く能力と有能な薬剤師である能力とはちょっと違うんじゃない?
>>164
根拠の無いことを言い切り周りを欺くことは本来科学者がすべきことではない。
自分の境遇を省みて愚痴りたい気持ちはわかるけど。
>>174
「化」じゃなくて「科」だよね? 化学板住人ならしっかりしてくれ。

176 :165:04/12/09 17:57:01
>>175
「化」です。哲学・物理・数学ときて科学はないでしょう。この次は化学なんだろうけど、
「ロシアは〜」と改変し忘れてる(しない)ことにより、化学者のおっちょこちょいさを表現しているのかと。

177 :あるケミストさん:04/12/09 17:57:50
あぁ・・・数字残ってた。すまんです。

178 :あるケミストさん:04/12/09 19:38:07
いいじゃない、薬剤師。
処方箋に書いてある通りに、薬を包んで渡すだけ。
誰でも出来る。
それ以外に、なんか出来るの?


薬剤師っていう資格だけでこんなにもオイシイ。





179 :あるケミストさん:04/12/09 20:00:29
>>176
「一方ロシアは鉛筆を使った。」

これ古典なのでよく憶えておくように。

180 :あるケミストさん:04/12/09 20:11:11
処方箋に書いてある通りに薬を包んで渡す。なら化学屋にも出来るよな。
文科省に、化学系出身者でも薬剤師資格が取れるように働きかけてみたら?
Yesって答えが出るとは思わないがね。

181 :あるケミストさん:04/12/09 20:42:30
既得権益だもんね。
こんなおいしい権益を手放すわけない。

182 :あるケミストさん:04/12/09 21:10:06
既得権益ってのもあるだろう。けどそれだけではないだろうな。


今更だけど>>111を改めて見ると面白いよ。

183 :あるケミストさん:04/12/09 22:04:57
>>178
世の中の一般人が化学者に対して
「色のついた液体の入ったフラスコをパイプでつないで、アルコールランプで加熱し、
 爆発したら『できたー』と叫んで喜ぶ、汚い白衣を来た異常者」
というイメージを持っているのと同じレベル。

イメージで物を語ってはイケナイ。

184 :あるケミストさん:04/12/09 22:07:32
>>180 化学系卒は危険物甲種で我慢しておけ。あれも既得権益。

185 :あるケミストさん:04/12/09 22:29:57
>>183
だって、実際なんもしてないじゃん。

病気になって医者に行く。
で、処方箋かいてもらう。

薬局で「すいません。薬、処方してほしいんですけど」
(処方箋出す)
「はい。ちょっと待ってくださいね・・・。はい。」
「あ、どうも」
「一日三回、食後に服用してくださいね。お大事に」

なんかしてる?


186 :あるケミストさん:04/12/09 22:40:10
そもそも薬のことだって、
「医者からもらった薬が分かる本」
の方が、大概の薬剤師より詳しい(と思う)。

資格制度なんかにしなくても、オンライン検索で充分じゃないの?

そもそも「処方箋に従って薬出す以外に、なんかできるの?」
といわれて>183のような話のすり替えをすること自体がおかしい。薬剤師が
無意味ではという疑問と、化学者のイメージどうであるかは全く関係ない。


高齢化社会で医療全体の負担増が問題になっているけど、薬剤師制度なんて
ITなどで合理化できる第一候補に見える。





187 :183:04/12/09 22:58:25
>>178=186
化学者以外の人には化学者のやってることが見えてこない。
薬剤師以外の人には薬剤師のやってることが見えてこない。
あなたは薬剤師の一面しか知らない。一般の人が化学者に誤ったイメージを持っているように。
一面しか知らないのにそれを持ってすべてを語るべきではない。

あなたが通っている薬局の薬剤師の対応がまずかったというだけ。
(若者に風邪薬を渡す程度では大して説明することも無いかもしれないけどね・・・)

そもそも186は薬剤師がうらやましくて批判をしたいだけなんでしょ?
だから最初つい暴論をはいたんでしょ?
多少叩かれてトーンダウンするくらいなら、最初からきちんと「薬剤師は何をしているの?」と丁寧に質問しなさい。

188 :あるケミストさん:04/12/09 22:58:25
薬剤師が重要なのは「処方箋に従わないで薬を出すこと」だと思うのだが。

医薬分業ってことになっているから、今では医者は飲み合わせとかは考慮しないで
処方箋書いているんじゃないの?

まあ、厚生労働省が使用禁忌リストをネット上に転がしておいて、「すべての薬の使用は
自己責任でどうぞ。」というのも一つのあり方かもしれないが。

189 :あるケミストさん:04/12/09 23:01:18
しかし、薬化学は孤高
他の化学屋とは何かが違う


190 :183:04/12/09 23:04:29
とは言ったものの、一般人に薬剤師の意義が見えてこないのは、薬剤師界(会)の責任であって、
もっとアピールして信頼を勝ち取らないといけない。
海の向こうでは、薬剤師は信頼できる職業として毎年上位に来ると言うのに。

 【調査】誠実なのは看護師 最下位は車のセールス──米職業別誠実度アンケート@ν速+
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1102506659/l50
 - CNN/REUTERS http://cnn.co.jp/usa/CNN200412080017.html
 2004年度ランキング 1.看護師、2.小学校の先生、3.薬剤師

191 :あるケミストさん:04/12/09 23:09:54
日本とだいぶイメージが違うかな?
教師なんて、子供が居ない自分にはロリコンと非常識人ばかりのイメージ

192 :あるケミストさん:04/12/09 23:17:10
>>190
あちらは保険制度が日本と違うからね。
医者にかかると大変なお金がかかる(保険に入っていないと)。で、貧乏な人は入っていない。
そこで少々の病気なら一般人でも薬局で処方してもらうんじゃなかったっけ?

つまり薬剤師という職種の仕事内容が違う。
(むしろ町医者に近い?)

193 :あるケミストさん:04/12/09 23:31:53
>>192
市販薬(OTC薬)のことじゃないの?日本にもあるって。
最近の若い人はでっかいドラッグストアーに薬を買いに行くばかりだけど、
本当は商店街にあるような小さな薬局で、信頼できるところを見つけておくほうが良い。
いざという時いろいろ相談できるような。

194 :あるケミストさん:04/12/09 23:33:36
教職の世界にもロリコンと非常識人の世界を変えてやろうって奴が居ないとも限らない。
ってか教授助教授も仲間なんだがな。

イメージで(ry

195 :あるケミストさん:04/12/09 23:34:54
でっかいドラッグストアにだって薬剤師くらいいるだろ
信頼できる薬剤師は居ないかもしれないがwww

196 :あるケミストさん:04/12/09 23:42:06
178=194=195 ?
今アナタ、自分以外はすべて敵に見えてるでしょ。何でも(ry とかwとかつけりゃいいってもんじゃない。

197 :あるケミストさん:04/12/09 23:45:23
178と194は知らんけど194は別人。すまんかったね。

198 :あるケミストさん:04/12/09 23:46:26
はぁぁ・・・

178と195は知らん。

199 :あるケミストさん:04/12/09 23:46:31
そうでしたか。こちらこそごめんなさい。
教授助教授もロリコンで異常者という意見には(以下危険すぎてry

200 :あるケミストさん:04/12/09 23:53:40
荒れてきました。
誰か話の流れを変えて欲しい。

    ∧ ∧___  ダッコ♪
   /(*゚ー゚) /\
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/
     ̄ ̄ ̄ ̄

201 :あるケミストさん:04/12/10 00:40:35
>>193
でもさ、実際問題として薬しか売っていない町の薬局には、薬を買いに行く
以外に行く用事はない。現実はおっさんがボーッと暇そうにTV見てるだけ。
或いはねぇーちゃんが、退屈そうにマニキュア塗ってる。
(一方で院内薬局なんかは、すごく忙しそうだけどね。)

わざわざ必要もないのに、薬局入っていって世間話するヤツいる?
それを薬剤師が客に期待するなら、あまりに無能すぎると思うが。


むしろ薬剤師に誇りをもっているなら、
「薬剤師はこんなにも社会の役にたっている」
「医療の現場で、これほど必要性がある、いや不可欠だ」
「薬剤師は一般の人にはできない、こんなことが出来る資格だ」


そんな意見を聞いてみたい。
理由は上にも書いたとおり。役に立ってるとも思えないし、必要性も感じられない。
何か特殊な能力を持っているようにも見えないから。

そんなオレを啓蒙してみてくれ。
化学のことはどうでもいいから。


ちなみに
178=185,186=192がオレな。



202 :あるケミストさん:04/12/10 00:51:36
(意見を聞いてみたいとか啓蒙してみてくれとかずいぶん偉そうだな)

203 :あるケミストさん:04/12/10 01:05:41
>>201
世間話なんて誰も言って無いですよ。

例えば風邪薬を買いに行くときに、「新ルルA錠下さい」と言って買いますか?違いますよね。
 患者「風邪みたいです。」
 薬剤師「熱は?くしゃみは?せきは?鼻は?」
 患者「せきがひどくて眠れません。熱は少しです」
 薬剤師「じゃあ、これにしましょうか?」と、リン酸ジヒドロコデイン入りのカゼ薬を出す。
このやり取りの適切さが薬局薬剤師の能力。
さらに言えば、危険な兆候がある時に「医者に行け」と指示・説得できるのも能力。
 (例えば、近所でインフルエンザが流行中に、高熱&体の痛みを訴える患者)
他に飲んでいる薬との飲み合わせを判断できるのも能力。

何でも信頼できる人に相談したいでしょ。

204 :あるケミストさん:04/12/10 01:09:04
病院薬剤師、調剤薬局の薬剤師の仕事は既出
>>123あたりを読んでみてください。疑問ならまた来なさい。

205 :あるケミストさん:04/12/10 01:11:06
>>203
俺は風邪薬を選ぶ時には、以前医者に処方された
・塩酸ブロムヘキシン
・塩化リゾチーム
が効いたので、それが含まれる市販を選んでいる。

医者にかかるときは「お薬手帳」を持っていく。

薬剤師は医者の処方どおりに包むだけ。

206 :あるケミストさん:04/12/10 01:23:45
あなたがそれをやってるってのは良いとしても,同じ事をお年寄りをはじめとする
薬局に行く人間全員に要求するのは無理でないかい?それに医者が処方ミスったら即アウト。

207 :あるケミストさん:04/12/10 01:58:06
処方薬局の薬剤師は医者の処方をチェックしているの?
ダメな時は「こっちにしなさい」って切り替えられるの?

大手ドラッグストア常駐の薬剤師は、市販薬を買う客全てに対して
「あなたアレルギーの体質は?」
「抗ヒスタミンとか使ってない?」
「っていうかアトピーでしょ」
とか細かいチェックが出来ている?出来てないでしょ

消費者が「家庭の医学」とか買って備えるのはそのせいだよ
「おくすり110番」がすばらしいのは、ごく一部の薬剤師しかがんばっていないからだよ

208 :あるケミストさん:04/12/10 05:13:28
処方薬局であれば、医師処方のチェックはしているところは多い。
(「あれっ?」っていうときは、医者に電話して正しいか聞いている)

大手ドラッグストアの「薬剤師」は免許を持っているだけで、
これは売るのが目的なだけだからチェックはしない。
(聞かれれば、答える)

209 :あるケミストさん:04/12/10 07:29:35
>>205
毎回同じカゼにかかる訳ではないのでは・・・?

210 :あるケミストさん:04/12/10 07:50:33
>>203

>例えば風邪薬を買いに行くときに、「新ルルA錠下さい」と言って買いますか?違いますよね。

いや、オレはそうやって買うのだが。
むしろ>203のやりとりなどは、医者へいったときのやりとり。
薬剤師とはしない。

例えばマツキヨなどのドラッグストアで、薬剤師に相談している人を(少なくともオレは)
見かけたことがない。みんな自分で適当に選んでレジへ持って行く。
自分もそう。従って薬剤師は医薬品販売許可のための資格制度・許認可制度=既得権益
に見えて仕方ない。

(薬売りたかったら薬剤師=え〜。必要ないのに。仕方ない。金払って連れてくるか)

ドンキ騒動など、既得権益を巡る攻防の典型。

従ってドラッグストアなどでは薬剤師は機能していないし、処方薬局の機能は病院で
事足りる。むしろ高齢者介護のケアマネージャーが薬剤師資格をもってるというのなら、
その有用性を納得できるが。

211 :205:04/12/10 07:59:47
>>209
私は気管支が弱いらしく、この系統のクスリが重要なのです。
発熱には強いし、解熱剤は別に用意しています
鼻炎はないです

風邪薬というか感冒薬を飲んでも風邪が治るわけではないので

212 :横レスですが:04/12/10 12:34:50
>>210
203は「ドラッグストアはだめ=街の薬局に行こう」と言っているのではないかと?

213 :あるケミストさん:04/12/10 20:25:14
お前がそこまで信用している医者から貰った薬が分かる本を書いたのは何と言う職業の人かな?(執筆家は禁止)

214 :あるケミストさん:04/12/10 22:52:01
珍しく立派な薬剤師

薬剤師にも色々居るんだよ

215 :193=203:04/12/10 23:53:41
>>210
薬剤師にもいろいろいます。
自分はアナタの要求に答えて自分が思う薬局薬剤師のあるべき姿を提示しました。
でもアナタはそれを無視して堕落した巨大ドラッグストアの薬剤師の姿を批判してます。

議論がかみ合ってませんよ。議論する気ありますか?

216 :193=203:04/12/10 23:55:37
ところで、

アナタはどこかの製薬会社の人間か、あるいは学生かでそれなりのインテリでしょうし、(たぶん)
ある程度の医薬品に対する知識もあるのでしょう。危険も。効果も。(たぶん)
だから自分の選んだ薬を自分の責任で買いたいと思うのでしょう。

でも世の中にはアナタよりも頭の良くない人の方が多いです。
そういう人に対して近い立場からアドバイスする人間が必要だと思いませんか?
医師は確かにそういう存在ですが、医者は忙しく、医療財政は既にパンクしてますよ。

217 :あるケミストさん:04/12/11 00:02:15

信頼できる薬剤師というが、薬剤師は一般の人から信用されるような「何か」を
やっているのだろうか。

>201で書いたが、オレの知っている薬剤師像は、あんなもの。
>212の言う街の薬局にしても、普段行くことはない。そもそも薬を買う、という
行為自体、一年に一度あるかないか。
薬剤師は薬局・薬店の中で待っていれば、お客の信頼を得られると思っているの?

それに日本は国民皆保険制度。セルフメディケーション主流の他国と違い、風邪程度でも
簡単に安価に医者へ行くことができる。そこで病気の説明・薬の処方をしてもらうため、
薬剤師よりも医者の信頼度の方が高くなる。


薬剤師を信頼するに至る、理由がない。

218 :193=203:04/12/11 00:16:50
>>217
>薬剤師は一般の人から信用されるような「何か」をやっているのだろうか。
やっている薬剤師もいるし、やっていない薬剤師もいると思います。(別に医師よりも信頼ランキングで上にくる必要は無いですが)
ただ、これからの時代、社会の要請に答えるには何をすべきか、薬剤師全体で考えていくべきだとは思ってます。

ご存じないかも知れませんが、日本の健康保険は破綻寸前、あるいは既に破綻しています。
従って、セルフメディケーションの時代が日本にも到来しつつあります。
時代の変化に薬剤師界も対応しようとはしていますが、その結果が今の巨大ドラッグストアの姿だとすれば、
それは間違いだと自分は思います。


それはそうと、

アナタが薬剤師を信頼するシチュエーションに至らないのはアナタの勝手ですが、
アナタもそのうち年を取って病気がちになって、記憶力も理解力も低下する時が来るのをお忘れなく。

219 :あるケミストさん:04/12/11 00:25:36
結局217も218も同じことを言っていて、
217は薬剤師なんてもう要らないと言い、
218は薬剤師はもっと精進すべしと言っているだけじゃないの?

220 :193=203:04/12/11 00:48:20
>>219
まあ、だいたいそうかもしれません。
ただ、よくやっている薬剤師というのもかなりの数がいると思います。
217みたいな人はそういうのを見かける機会は少ないかもしれませんが。

221 :あるケミストさん:04/12/11 01:02:14
>>218
入れ違いだったみたいね。書き込みには時間がかかるから。
せっかく丁寧語で返事してもらったので合わせます。

オレはドラッグストアは悪い存在ではないと思ってます。一般の風邪薬程度なら
普通にTVCMもやってますし、自己責任で選んで納得して購入するのであれば、
経済的スケールメリットの出るドラッグストアで充分と考えます。またドラッグストア
を利用する層は、主にそういった若い層(60歳以下)が中心と思ってます。

安価に手軽にOTC薬を買えるドラッグストアは、雑貨・食料品なども置いてあり
実際はアメリカにおけるpharmacyに近い形態となっています。
ドラッグストアの進出は、逆に一般のセルフメディケーションの意識は高まるのでは
ないでしょうか。

逆に高齢者には不適なことは自明ですが、現状では高齢者は病院へ行き「お医者様」
のお話を聞くのが主流なため、薬の処方に関して薬剤師が活躍しているとは言えないと
思います。
(当の高齢者自身、薬剤師という職種を理解しているとは思えません)

従って現状のように、薬剤師が薬局に閉じこもってお客が「説明を求めに来る」のを
待っている状態であるのならば、実質的に不要と考えているのです。



222 :あるケミストさん:04/12/11 01:02:37
(続き)

そこで>210のように高齢者施設や介護資格をもった人間が、複数の薬を処方されることの
多い高齢者の服薬指導などをしてくれるのであればいいな、と書いたのです。その意味で
>219さんの言うとおり。しかしながら、薬剤師の側にそういった動きや提言はあるのでしょうか。

高齢化社会に向けて、医療介護に関わる人間が必要とされるのは間違いはないのです。
しかしそれに向けて社会貢献すべきアクションのないまま、ドンキ論争のような殆ど無意味な
争いをしている姿をみると、今の薬剤師制度は逆に既得権益の温床となっているように
見えてしまいます。

これまでもらったレスでは、
「やっている人もいる」
「外の人には分からない」
このような答えが多く見られます。

これで一般の信頼・納得を得られると考えているのですか?
これでは外部からの疑問・アンチテーゼに対する答えとして、あまりに無力です。

と、一気に書いてみました。

223 :193=203:04/12/11 01:50:24
>>222
>これで一般の信頼・納得を得られると考えているのですか?
ええ、ですから現状では一般の、特に若くて健康な人には薬剤師の意義が見えなくなっていると思います。
だからこそ薬剤師の側に猛省が必要と思います。

しかし、「見えないから不要」というのは暴論ですね。
OTC薬局薬剤師、調剤薬局薬剤師、病院薬剤師の本来の意義については一応は理解していただけますか?
セルフメディケーションと患者中心の医薬分業とが成立した医療の方が、
これまでのような医療費垂れ流し、3時間待ち5分診療の「お医者様」中心の患者不在の医療よりも
良くなりそうだとは、思っていただけないでしょうか?

224 :193=203:04/12/11 01:57:23
続き

もうひとつの問題は、そういう新しい医療に「薬剤師」という既得権益は必要か?ということですね。
私は、絶対必要だと思います。
なぜなら、医薬品というのは、単純な風邪薬ですら世間やアナタが思っている以上に危険なものだからです。
これをきちんと管理できるには、たくさんの知識と、経験が必要でからです。

6年制に延長した薬大・薬学部で学んだものたちが「薬剤師」として国家の検定を受け、初めて
危険な医薬品を扱うのです。もちろん実務を通じて多くの経験を身に着けていかなくてはいけません。

ちょっと本をかじったくらいの人に扱うべきものではないのです。


現在のドラッグストアは、この点を完全に無視した経営優先の困った存在と私には見えます。

医者は、たくさんいればいいですが、いかんせん人手が足りません。医療費もより多くかかりますし。

225 :あるケミストさん:04/12/11 03:09:52
>>223

>OTC薬局薬剤師、調剤薬局薬剤師、病院薬剤師の本来の意義については一応は理解していただけますか?

全く。エセ一般人なので。今までの議論に出てこない単語を持ち出されても、それがどう繋がるのかも
予想できませんし。まして医薬分業にすら懐疑的なので、薬薬分業?の話をされても、これ以上縦割りにして
どうする!としか思えません。
逆にこちらもPK・PDとかクリアランスとか、知ったかぶりしましょうか?(冗談です)

>セルフメディケーションと患者中心の医薬分業とが成立した医療の方が、
>これまでのような医療費垂れ流し、3時間待ち5分診療の「お医者様」中心の患者不在の医療よりも
>良くなりそうだとは、思っていただけないでしょうか?

ここは同意。
しかし薬剤師が介在する「有用性」は認めますが、「必然性」を認めていないということです。
現状では必要としない人まで、薬剤師の負担を払わされていると考えています。

>もうひとつの問題は、そういう新しい医療に「薬剤師」という既得権益は必要か?ということですね。
>私は、絶対必要だと思います。

ココは反対。

医薬品が危険というのはそうですが、必要以上に不安感を煽り立てていませんか?
普通、どの家にも市販風邪薬の一瓶くらい常備薬で置いてありますが、これはいいのですか?
また危険とは、何をもって危険といっているのでしょうか。
想像はつきますが(模倣犯が出る可能性があるので書きません)、薬剤師制度の抑止効果はゼロで
あろうと予想します。街の薬局であっても数店を回れば、薬剤師がいても簡単に手に入るのですから。






226 :あるケミストさん:04/12/11 03:10:26
なぜここまで薬剤師不要論にこだわるのか。
それは薬剤師の存在というものが、医療の大きな負担になっていると考えているからです。

ここを見てください。
tp://www.pharma-web.jp/cgi-bin/search/co_navi.cgi?mode=new_sort
(薬剤師 給与でググれば出てきます。定期的にアップデートされるみたいですから
 興味のある人は調べてみたらどうでしょうか)

例1:新卒給与:年俸 450万〜500万円(院生含む):30歳給与例:年俸 650万〜750万円
例2:新卒給与:月収 32万5000円:30歳給与例:月収 41万5000円
例3:新卒給与:月収 33万5000円:30歳給与例:月収 42万3000円
例4:新卒給与:月収 37万5000円:30歳給与例:月収 50万円

薬剤師の収入はこれほどまでに、高額なのです(私の知人もそう)。
こんな給与、他の職業ではほとんどありません。
このお金はどこからくるのでしょうか? 

これらは結局、我々国民が負担することになるのです。


私は薬剤師の存在に、ここまでの存在意義や有意性を感じません。
まさに薬剤師の「既得権益」そのものであると言えます。

現在の制度上、薬の販売に薬剤師が必要となれば、いくらセルフメディケーションが進んでも、
その利権が医者から薬剤師に移るだけであり全く無意味です。

薬剤師制度そのものが、医療費負担の原因の一つであるという自覚はありますか?




227 :あるケミストさん:04/12/11 03:31:25
新卒で50万ってネタみたいなのありましたけど馬路ですか?

228 :あるケミストさん:04/12/11 08:40:00
>>227
それは1人3役の人のネタでは?
>>225
"危険"の意味を理解していない。
それ以上に文章が幼稚。

229 :205:04/12/11 08:56:10
>3時間待ち5分診療の「お医者様」中心の患者不在の医療よりも良くなりそうだ
誰が診断するのでしょうか?
医者:忙しい
薬剤師:???
患者:ど素人(と仮定する)

薬剤師は体の不調を訴える客に対して
どのようなアドバイスができるのですか?
私の経験したことでは
「最近鼻に来る風邪と咳が出る(乾いた咳)風邪が流行っているので
 これとこれがいいですね」
私の症状を見てから判断しろ!

抗生物質は処方できますか?
感冒と流感の違いは判別できますか?
内臓疾患を見抜けますか?
医者に行く前に薬剤師に相談しても二度手間な希ガス

230 :193=203:04/12/11 10:50:38
>>225
多少の単語は知っているかと思っては略しました。すいません。
 >>203の仕事がOTC中心の薬局の薬剤師。(多少異論もあるだろうが・・・)
 >>123が調剤薬局の薬剤師。
 >>123の仕事 + 院内医師の相談、病棟業務が病院薬剤師。
これを読んでも(薬剤師が実践されているかは別として)業務の意義が理解できないとすると、
アナタに頭だけで理解していただくのは難しいかもしれませんね。
 (ちなみに、薬剤師ならPK(薬物動態学)・PD(薬力学)も学んでいますよ。
  病院薬剤師なら臨床薬物動態学を実践し、投与スケジュールの設計までしています。)

あと、何度も言いますが、私は現状は良くないと思っています。
「現状の批判 → 薬剤師は要らない!」というアナタの論理展開にはうんざりしています。

231 :あるケミストさん:04/12/11 11:03:36
若い人よりも老人の方が、薬剤師に対して感謝してる人が多い気がする。
若いときは薬飲んでも2、3種類だけど、年とるとどんどん増えていくから
薬剤師が薬の説明することで安心出来るんじゃないかな。
何の薬か良く分からないまま飲むのは怖いでしょ。
薬剤師要らないって言ってる人は、副作用が強い薬とか飲んだことないのでしょう。

232 :193=203:04/12/11 11:08:49
>>225 続き
>医薬品が危険というのはそうですが、必要以上に不安感を煽り立てていませんか?
抑止効果はどんなに管理を厳しくしたってゼロにはなりませんよ。医薬品に限らず。
銃とか麻薬とかだって、その気になれば手に入れられるでしょう。プルトニウムは無理かもしれませんが。

薬剤師の給料が高い、という点については、ええ、もうけさせていただいてるみたいですね。
でも、問題は、仕事の内容(社会への貢献)がその給料に見合うかどうかですよね。
私も、現状は見合ってないと思います。
しかし、だからといって薬剤師を消し去ってコスト削減を計るのではなく、
仕事の内容を上昇させるべきだと考えています。
(ちなみに、今後薬剤師不足が解消し、給料相場は低下すると思います)

233 :193=203:04/12/11 11:15:11
>>229
診断は医師の仕事です。薬剤師も看護師もやってはいけません。
ただ、医者にかかるような程度でない軽い人は、まずはとりあえず薬局へどうぞ、というのが
医療費パンク後の昨今の流れです。
医院の長い待ち行列を回避するという意味で、患者のためでもあります。
明らかに重い場合は、最初から医院へ行くべきです。

234 :あるケミストさん:04/12/11 15:31:49
医者がいれば薬剤師は必要ないと言ってるやつ。
これよんでみ。

『ヤバイ。医学部ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
医学部ヤバイ。
まず超難関。もう難しいなんてもんじゃない。ウルトラスーパー難関。
難関とかっても
「早稲田くらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。多浪とか全然平気。
何しろ六年制。スゲェ!なんか卒論とか無いの。修論とか院試とかを超越してる。国試の範囲超広い。鬱。
しかも教科書超ブ厚い。ヤバイよ、箱型だよ。
だって普通は雑誌とか直立しないじゃん。だってジャンプが大増刷2000ページとか困るじゃん。
ボーボボが100ページとかあきるっしょ。だけど内科の本は二千ページ平気で超える。
開くと背表紙割れる。超割れる。ありえない。
講義が伸びて、時間割では4時までだったのに、延長2時間とか泣くっしょ。
だから普通講義とか延長しない。話のわかるヤツだ。
けど解剖はヤバイ。そんなの気にしない。延長しまくり。独特の臭気@午前様。
ほかにも病理の履修後には知らない疾患あったらモグリとかいわれる。
病気なんて無限にあるし病理の教科書ャパーリ箱型、無限の病、ヤバすぎ。
無限っていったけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、新興感染症ってナニよ?」
って事になるし、それはどっから出てくるのか誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと薬理学。無限。生理ちゃんとやってないと泣く。ヤバイ。薬多すぎ。抗生剤憶え切る暇もなく試験。追試。
それに超長い。超六年間。苦行が六年続く。それにポリクリはいるとさらにきつい。嫌味とか平気でいわれる。
嫌味て。お姑さんでも言わねぇよ、最近。
なんつっても医学部はカリキュラムが凄い。毎週テスト、落ちたら留年とか平気だし。
臨床講義なんて教育に大して興味ない臨床医が専門的すぎて意味わかんない話したり、
おじいチャンだったり、延々スライドで臨床例紹介されたりするんだけど、
医学部は全然平気。講義を興のおもむくまま扱ってる。凄い。国試対策ヤバイ。
とにかく貴様ら、医学部のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ医学部に逝った俺とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。正直つらい。』
お前鬼か。

235 :あるケミストさん:04/12/11 16:44:30
へー(・∀・)チゴイネ

で、薬剤師との関係は?

236 :あるケミストさん:04/12/11 16:58:04
医者の負担が増えるって事だろ。単純な話医者は医学+薬学をやってる訳だから。
医者は追われて薬学の知識があやふや、かもしれないと。

237 :あるケミストさん:04/12/11 17:26:44
それで、薬剤師が医者の代わりに何かできるの?

238 :あるケミストさん:04/12/11 17:29:55
>>237 スレの1から読み直して来い。

239 :あるケミストさん:04/12/11 17:31:59
>>237 じゃあ、化学者は世の中に何ができるのかと小一時間(ry
要するに自分より学歴の悪いヤツが給料いいから嫉妬しているだけだろ。

240 :あるケミストさん:04/12/11 19:30:33
>>239
いろいろ出来る。
ってか、いなきゃ困る。薬剤師と違って。

医者は患者を診察・治療できる。処方箋も書ける。
化学者は医薬品を合成・製造・開発できる。医薬以外でも必要だし活躍している。

薬剤師は・・・、ヤッパいらないかなぁ。
いなくても困らん。


ってか、なんかすぐ「じゃぁ医者は〜」とか「化学者だって〜」とか、矛先をずらそうとする
ところがムカツク。人のことはどうでもいいから、お前らがちゃんとしろ!

241 :あるケミストさん:04/12/11 19:58:36
とにかく俺みたいなメディシナルケミスト
になれば薬剤師の免許持ちながら有機化学などでも
普通の化学屋とか超越して周りから神といわれる存在になれる







242 :あるケミストさん:04/12/11 20:00:41
薬剤師って医者のヘルプじゃないの?代わりってものでもない気が。

243 :あるケミストさん:04/12/11 20:02:55
>>240 は痛いな

244 :あるケミストさん:04/12/11 20:09:48
ヽ(`Д´)ノ 薬剤師は何やってるか良く知らないけど、俺が要らないからともかく要らないんだよ、わ〜ん
ヽ(`Д´)ノ マツキヨの店員は俺より頭悪いくせに給料良くてむかつくんだよ、わーん
ヽ(`Д´)ノ 化学者は役に立つんだよ。大多数の化学者はただの社会の寄生虫で終わるけど、ともかく偉いんだよ、わ〜ん。

駄々っ子だな。

245 :244:04/12/11 20:14:01
化学板で化学者の恥みたいなことをするのは止めておくれ。
化学は地球を汚したなど負の面もあるけど、さまざまな形で人類の進歩に貢献している。
化学者(特にメドケミスト)の多くは特に大きな結果も残さず会社のお荷物で終わるけど、
たまに大きな結果を出して世界の人々の役に立つ。

そういうことでしょ。俺は化学に誇りを持っているぞ。

246 :あるケミストさん:04/12/11 20:14:27
まぁ同じレベルで喧嘩してるからいつまでも終わらないわけで

247 :244:04/12/11 20:15:43
誰かメドケムネタ提供してくれ。
つくばのメドケムシンポはどーだった?

248 :あるケミストさん:04/12/11 21:12:51
悔しかったら薬学板作ってもらえヴァァーカ

249 :あるケミストさん:04/12/11 21:25:11
薬化学は孤高
でも学問だから医師薬看護板よりは化学板。生物板というよりは化学板。

ついでにいうと薬化学と薬剤師ネタの違いは、化学と材料・物性の違いよりも大きい。
薬剤師ネタの方が出てけ。

250 :あるケミストさん:04/12/11 21:26:05
244=249ですが、248は俺にいってるんじゃないのね。ごめん。勘違い。

251 :あるケミストさん:04/12/11 22:47:57
ヽ(`Д´)ノ 薬剤師はろくに仕事してないって言うけど、とにかく必要なんだよ、わ〜ん
ヽ(`Д´)ノ 薬剤師はとにかく法律でいることになてるんだよ、わーん
ヽ(`Д´)ノ 薬剤師を批判するヤツは俺たちの給料を嫉んでるだけ。批判は許さないゾ!
ヽ(`Д´)ノ ママにも怒られたことなんてないんだ!化学者ふぜいが文句言うな。

駄々っ子だな。


252 :あるケミストさん:04/12/11 23:09:05
みなさん、水掛け論という言葉を知りましょう。

253 :あるケミストさん:04/12/11 23:12:27
>>247
企業は終わったテーマを垂れ流し
大学教授は誰でも知ってる内容を自慢げに発表
そのスライド何度もみましたよってかんじ。


254 :193=203:04/12/11 23:16:33
>>251
過去レス読んでますか?
私は現状の薬剤師は高給に安住している人が多くて困ったものだと思いますし、
批判は批判として議論に参加していますよ。

ただ、議論にならない人は嫌いです。ええ、水掛け論は嫌い。議論のループも嫌い。
2chとは言えど、学問板としてのプライドを見せてくださいな。

255 :めどケミストさん:04/12/11 23:21:52
日本の薬剤師制度は問題ありありでしょ。
正直いって薬剤師は医者より薬について詳しくなければならん。
だが実際はどーよ?
わたしは私学最高峰の薬学部にちょっとだけお世話になってたが、学生はみな医者のほうが薬くわしいよって認めてた。
そういう現実もあってか、現在は医者の処方に対して監査するっていう薬剤師本来の権利がない。
たんなる袋詰め係り。
にも係らず高給盗ってるからヒンシュクも買うのだろう。

だが薬学部が6年生に移行して病院実習を豊富に取り入れたりして使える知識を身に付けさせ、
医者の処方にキッチリ苦言を言えるだけの能力を身に付けることができれば
将来的には医者の処方の監査、必要があれば訂正を求める職権が付与される日も遠からず訪れるだろう。
それこそが真の医薬分業。

まんこ。

256 :あるケミストさん:04/12/11 23:28:10
いや理科大薬の院生なんて研究志向でしょ。薬剤師の例に挙げちゃダメ。
医者を尊敬している人が多いみたいだけど、自分の得意分野以外はそんなにわかってないよ。

257 :193=203:04/12/11 23:30:34
>>255
>将来的には医者の処方の監査、必要があれば訂正を求める職権が付与される日も遠からず訪れるだろう。
えっと、もうやってますよね (w
訂正 → 薬剤師の疑義紹介に逆切れする医師が無くなる日も遠からず訪れるだろう。

258 :あるケミストさん:04/12/12 01:15:07
>>257
他人のレス、勝手に改竄してんじゃねーよ!カスが!!
しかもまた他人を悪者にして。

お前、反省とか言いながら、何も聞くつもりねーだろ。

259 :あるケミストさん:04/12/12 01:18:11
>>256
>自分の得意分野以外は
では薬剤師も得意分野を持つべきでは?
医者は全分野を網羅してその上で専門を選んでいる

内科系の薬剤師
外科系の薬剤師
神経系の薬剤師
精神系の薬剤師
肛門系の薬剤師
「あのー、お尻が切れたみたいで…」
「あ、肛門系の人は7`先のこのお店に居るから。じゃ」
ヽ(`Д´)ノ結局盥回しカヨ!!


260 :あるケミストさん:04/12/12 01:51:20
意見を聞く=従うではないよ。

261 :あるケミストさん:04/12/12 01:57:58
ってかさ、この手の話題は医師薬看護板へ行ってくれない?
ちゃんとした板があるんだし。

ここは化学板。
化学と薬学の話ならいいけど、ここでの薬剤師云々の話は板違い。

言い合いでも馴れ合いでも構わないから、別のところでどうぞ。
好きなだけやってください。


262 :あるケミストさん:04/12/12 02:43:34
じゃあバイオアイソステアリング論を語ってみようか


263 :あるケミストさん:04/12/12 08:38:03
>>259
医学部で全部の科を勉強し免許取得しても、実務は数個の科だけだからね。
別に薬剤師派の肩を持つわけではないけど、医師に過剰な幻想は抱かない方がいいよ。
医学部を出た友達を見ている限りでは。

264 :あるケミストさん:04/12/12 08:42:13
>>262
バイオアイソスターね。生物学的等価体
ある程度セオリー化された変換。カルボン酸からテトラゾール、とか。

期待が持てる変換だけに、合成の手間が多くなっても試してみようかという気になる。
自分の中では側鎖の徹底的な変換と対を成す概念。

265 :あるケミストさん:04/12/12 21:42:13
医歯薬看護板覗いてみたら,結構真面目なスレばっかになってて驚いた。

266 :あるケミストさん:04/12/13 00:46:22
>>264
お、盛り上がりそうだね。
個人的にはアイソステアリングも含んだファーマコファーの劇的変換と
側鎖の網羅合成のバランスっつうかどんなタイミングでやるかっつうところに
メディシナルケミストのセンスを感じる今日この頃。


267 :あるケミストさん:04/12/13 01:17:08
>>266
有機合成ならバランスは重要だけど
薬学的には網羅すべきじゃないか?
個人の推定で排除できるモノでもないと思う

他の問題は予算か。
予算があれば… っていうのは薬学でもあるの?

268 :あるケミストさん:04/12/13 07:30:20
>>267
予算つっか、現場の人間から言わせれば、期限ですかね。
まあ、上から見れば人件費という予算ですが。
難しいルート開発をしている間にプロジェクトが終わってしまっては元も子もない。

269 :あるケミストさん:04/12/13 21:19:18
製薬会社って人の掛け方が超すごい。
製造業(つーかプロセス化学)として2人くらいでできる仕事を十人以上かけてやってる。
まあその分スピードは上がるのだろうが…
そりゃ薬理から労働者扱い受けるのも分かる気がする

270 :あるケミストさん:04/12/13 21:27:23
>>269
製薬のプロセス部門のことをおっしゃっているんでしょうか?
まあ、人件費etc.をけちってゆっくりやって他の会社に出し抜かれたら
おしまいってことなんでしょうけどね。

271 :あるケミストさん:04/12/13 22:52:39
プロセスに回ってくる頃には、既に特許が出ている。
特許出願後、一年半後にはopenになってしまう。
公開までの砂時計は、もう落ち始めている。

人海戦術でもなんでもして、出来るだけ早期に結果を出すことを求められる。
それが開発部門。期限の厳しさは比較にならない。
その分、研究としての充実度・満足感は少し下がる。

272 :あるケミストさん:04/12/13 23:55:02
>>269
薬理はひどいよ、ほんと。
こっちを自動合成機かなんかだと思ってんだもん。
無駄なアッセイに使う、その化合物つくんのどんだけ大変かっちゅーの。


273 :あるケミストさん:04/12/14 01:24:20
>>272
作ってくれと依頼された化合物が薬理の論文のためのものだったりすると、
更に怒り倍増。

274 :あるケミストさん:04/12/14 21:21:53
もはや>>1の存在はとっくに忘れ去られて議論が一人歩きしてるよな。
しかしスレタイとは妙に合致しているような…。

275 :あるケミストさん:04/12/15 00:26:08
前もメドケムのスレを立てようか立てないか?という話になったことがあるような。
誰か立ててくれたらそっちに移るけど・・・。

ポリマーとか、化工とか、コンビケムのスレもある(あった)けど・・・

結局、過疎スレになっちゃうんだよね。過疎板だから。

276 :あるケミストさん:04/12/15 02:18:33
>>274
いや、むしろ薬学の実際に触れることができたわけで
>>1にとっても有益であろう。

277 :あるケミストさん:04/12/19 23:23:14
有機合成化学のみならず、学問の将来は若い人(例えば大学院生)の手の中にある。
有機合成化学の先行き不安だと悩むのは勝手だが、自分はどうあるべきか考えていないようなやつは、研究者の資格無し。
>>1の質問に答えるとするなら、阪化をオススメする。
製薬などは修士でしっかり勉強することが条件


278 :あるケミストさん:04/12/20 01:09:34
>>277
実際問題そうとも言い切れないかな、と僕は思う
理学志向の人はそれでもいいかもしれないけど、工学(=実学)志向の人は、
「実」であるがゆえに現実世界のトレンドを多少は気にしなくてはいけないかなと。
例えば、斜陽産業ってあるじゃない?よくわかんないけど、養蚕とか?(失礼)
好きな道に進めばいいとはいっても、それが現実に世の中に必要とされてなくなっていては
「実学」にはならないから、実学志向の人には魅力が少なく見えるかもね。
もちろん、技術革新でひっくり返すという気概があれば別ね。

279 :あるケミストさん:04/12/20 10:07:23
万能型としては、学部は薬学部
大学院は工学部系の有機合成をバリバリするところ

就職に関しては
・どの業種・企業まで絞るか
・企業内のどのポジションで仕事をするかを絞る
・大学名ではなくて学部学科研究室(教授)まで絞る
・最終学歴は大学院で修飾可能
以上から判断すべき

280 :あるケミストさん:04/12/21 00:43:29
潰しが利くのは合成系かな。

今はその企業も得意とする領域を絞っているから。薬理はその企業がその分野から
撤退してしまうと、どうなるか分からない。合成ならまだ潰しが利きそう。
元々合成なんて、半分は薬を知らないで入社した理学工学系がやってる内容だしね。

281 :あるケミストさん:04/12/24 16:01:35
現在高2です。
元々薬学部を志望していたんですが色々調べているうちに化学系にも行きたくなりました。
ただ、親との約束で、院以上の学費は自分で払わなくてはいけないので、
薬学部(6年)で、薬剤師免許を取った後化学系の院に進もうと思うのですがどうでしょうか?(免許を利用してバイトしながら)

282 :あるケミストさん:04/12/24 17:06:09
>>281
そんなことできるわけないじゃないか

283 :あるケミストさん:04/12/24 19:33:57
>>282
薬学は理学以上に、理論を大事にしてるから厳しいと思う。
薬は他の学部(理・工など)のカルキュラムの潰しがきかない。(薬はあまりに専門的過ぎるので)

284 :あるケミストさん:04/12/24 21:04:40
283
そのかわり やくざ医師の資格不合格 でも毎年受けられるし
自動的に(無試験!)で臨床検査技師の資格が与えられるんじゃなかった?

駅弁 修士 化学卒なんて一歩間違えばひさんだよ

285 :あるケミストさん:04/12/24 21:12:49
284でし
ごめん いま薬学部でも、履修して国家試験受けなきゃならんのね

286 :あるケミストさん:04/12/24 21:35:04
>>281
自分の知っている範囲では、薬学系も化学系もドラッグストアで
バイトしながら研究を続けられる世界ではありません。(忙しくて)
せいぜい週に数時間家庭教師をするのが限界です。
だから学部時代にお金をためておくとか、奨学金をもらう(借りる)とか、そういう方法をとります。
今はお金のことは無視して、行きたい大学・学部を探しつつも、部活に勉強に励んでくださいね。

287 :化学者:04/12/24 22:02:44
大学を理学部の化学科に入りたいと思ってるんですが実際将来的にはどのような職業につけるのでしょうか?自分的には化学物質を使った仕事がしたいと思っています。ちなみに入りたい大学のレベルは低いです。

288 :あるケミストさん:04/12/24 22:19:25
研究者になりたければ最低レベルとして農耕大


私立はやみときーーー


289 :悠志郎 ◆Arima/ycuU :04/12/24 22:28:16
>>281
ただ,同じ薬剤師希望の者としては
薬学部を単なる「資格のため」だけには入って欲しくはないんだな
薬剤師になるのであれば本心から患者のために働いて欲しい(尤も,ドラッグストアーのバイトでどこまでそれが通じるかは疑問だが)

by 薬剤師希望の週2つの病院に通わなければならない障害者手帳ももっている病人より。

290 :281:04/12/24 22:57:02
皆さんありがとうございます。
事実上薬学から化学への移行は不可能なんですね。
もう1年模試の結果とにらめっこしながら進路を決めたいと思います。
ありがとうございました。

291 :281:04/12/24 22:58:00
皆さんありがとうございます。
事実上薬学から化学への移行は不可能なんですね。
もう1年模試の結果とにらめっこしながら進路を決めたいと思います。
ありがとうございました。

292 :あるケミストさん:04/12/24 23:03:30
>>289
ガンガレ!
アンチ薬剤師の漏れだが、応援する。

今のその気持ちを大事にして、患者の痛みや気持ちの分かってやれる
いい薬剤師になってくれ。

293 :あるケミストさん:04/12/25 00:49:50
>>281
おいおい大丈夫か?
薬学から化学系学科への移行が不可能なんて誰も言ってないぞ。
院でバイトするのが不可能だと言っているだけ。

294 :あるケミストさん:04/12/25 10:57:20
>>293
>>283

295 :あるケミストさん:04/12/25 11:16:21
理論を大切にする理学部は潰しが効くよ

薬学部は何の理論を大切にしているんだろう

296 :あるケミストさん:04/12/25 13:28:39
理学と薬学では「理論」という言葉の意味が違う。
どっちがいいとか悪いとかいうことはないが、要注意だ。

297 :あるケミストさん:04/12/25 15:19:09
理学、工学だと製薬入っても原料上げしかやらしてくれないよ
ただひたすら上げるだけ

298 :あるケミストさん:04/12/25 16:10:46
>>297
典型的ヴァカ薬学部、ハケーン!

299 :あるケミストさん:04/12/25 16:37:49
>>281
奨学金とればどっちでもやっていけるよ。贅沢しなかったら。
学費は学部時代にバイトでためとけ。あと言っとくが理学で
あろうと薬学であろうと研究が盛んな研究室に入ったらバイ
トなんてやる時間ないよ。禁止のとこもあるしね。

300 :あるケミストさん:04/12/25 18:19:56
理学部は潰しが効くよ
化学はあまり潰しは利かんとおもう
薬剤師の免許とれるならとっとけ

301 :あるケミストさん:04/12/26 11:36:42
>>297 
さすがにウソ
まさかプロセス部門のことを「原料上げ」とよんでるわけじゃないよね?

302 :あるケミストさん:04/12/27 00:24:18
なんかこのスレ、学生が想像で書いてるレスが混じってるよね? たぶん。

303 :あるケミストさん:04/12/27 01:22:53
>>302
想像と言うより妄想だな

304 :あるケミストさん:05/01/01 20:53:32
DDSってどうよ?

305 :あるケミストさん:05/01/01 23:06:16
>>1
まぁ新薬開発とかに興味ぁるんなら今のうちに人より多く勉強して、
最低旧帝(理・工・農・薬)に入っておくべし。広大なぞ論外と思え(いくら薬学でも)
臨床業務をやってるんだが、もしも研究者以外にも他の業務とか考えているんだったら、
急成長のCRO業界で臨床開発の道もある。
製薬会社から臨床開発業務を請け負う仕事。
現状製薬会社の業務量が多くなり、CROへアウトソーシングする例が急増している。
つmり、探索分野につけなかったら、残った道はMRのみってことも・・・
CROが開発業務のノウハウを蓄積してるし、人材やコンピューターシステムなど、大手製薬企業に匹敵するほどのインフラを備えるCROも増えてきた。
まぁ今のうちに大学入れること勉強しとけ。

306 :あるケミストさん:05/01/03 01:03:49
>>304
いっときすごい流行ってたね〜。
癌組織に向けて飛んでいくホーミングミサイル
DDSですべての癌が治せるぜ!くらいの勢いだった。
今はそうは簡単でないことがわかり、ブームは沈静化して、
冷静な研究者たちが技術改良を続けている感じでしょうか?

307 :あるケミストさん:05/01/03 02:10:53
プロドラッグについて興味があるんだが
なんかいい参考書ない?

308 :あるケミストさん:05/01/03 13:09:47
>>307
「プロドラッグを試しましょうよ」と提案したら動態屋から面倒くさいから嫌だと怒られました
私はどーしたらいいんでしょうか?

309 :あるケミストさん:05/01/04 00:25:26
>>308
説得するんだよ。
○○に反対されたから○○が悪いんです、みたいないいわけは聞き飽きたよ。
説得できないあんたが悪いの。

310 :あるケミストさん:05/01/04 09:01:19
>>305の三行目までに賛成。
あとはCRO業界をしらないのでよくわかりません。
まあ製薬企業に限らずほんとに研究したいなら宮廷は必須です。
宮廷逝ったからって研究職に就ける訳じゃないけどね。
可能性は高い。

311 :あるケミストさん:05/01/04 10:14:53
>>310
宮廷の化学系(工学部)の者ですが、
どれくらいの可能性ですか?


312 :あるケミストさん:05/01/04 10:19:58
製薬会社に研究職で就職したいのですが、
化学系で強みの分野は何ですか?

313 :あるケミストさん:05/01/04 11:52:47
>>311
本人の能力による。
「化学出身だから化学しかやりたくありません」とかだと無理。
>>312
大学時代の研究分野なんてほとんど無視。まあ、合成だったら大抵なんでも同じ。

314 :あるケミストさん:05/01/04 21:36:19
総合化学会社(三井化学とか)の製薬部門の研究職と
製薬専門の会社(武田とか)の研究職を比べると
どっちがいいの?教えてエロい人

315 :あるケミストさん:05/01/04 21:50:24
確実に製薬
待遇がぜんぜん違う

316 :あるケミストさん:05/01/04 21:51:31
製薬メーカなんかで合成やってたら気が狂わない?
いや、入ったことはないんだけどね

317 :あるケミストさん:05/01/05 20:16:00
>>316
なんでそう思うの?

318 :あるケミストさん:05/01/06 12:56:06
>305
必死みたいですが
宮廷でも薬以外なら
広大薬の方が上だよ
免許もらえないからな



319 :あるケミストさん:05/01/06 16:57:34
>>318
処方箋に書いてある通りに、薬を包んで渡すだけ。
誰でも出来る。
それ以外に、なんか出来るの?

320 :あるケミストさん:05/01/06 21:03:47
あれもこれもって、結局どっち憑かずになりやすいのな。
薬学部。
 
薬理もできて合成もできて、製剤も薬事法にも精通する!
PKも代謝も動態もなんでも分かるスパー薬剤師!
いるか、そんなヤツ!

どれも中途半端で使えないから、殆どの薬剤師は袋詰めくらいしか
させてもらえない。旧帝程度になれば薬学部であっても高度な専門性で
研究職に就けるが、大体は袋づめ。
でも国民から巻き上げた保険で高収入!


医歯薬看護板でもいって見て来い。


321 :あるケミストさん:05/01/06 22:24:20
319
それだけで、飯が十分くえるのよ・・・・スゲー
みーらも、休廷いかず駅弁 薬学部いっとけばよかったのいw
十分はいれたっしょww免許とりゃ奨学金なんか直ぐ返済www

322 :あるケミストさん:05/01/06 22:39:35
>>318 >>319
まあ、例え宮廷工学部に入れたところで、最後に就職先が見つからなかったらおしまい。
薬剤師免許を持っていたほうが良いんだろうね。
まあ、企業の面接に落ちるような奴が薬剤師に向いているかどうかはわからないけどさ。

>>320
工学部にいったって
「計算も有機合成も高分子も無機材料も(・・・中略・・・)生化学も環境分析も
できるスーパー工学士(化学系)」にだれでもなれるわけじゃないだろ。
そういう意味じゃどこの学部・学科いったって一緒だよ(w
あんた頭悪いな。

323 :あるケミストさん:05/01/06 22:44:59
320は空気の読めないレスを繰り返すアンチ薬剤師厨

社会正義をかこつけてるが、結局自分の給料が安いのを愚痴っているだけ
スレが汚れるから無視に限る

324 :あるケミストさん:05/01/07 00:09:21
>>323
板違いです。
巣にお帰りください。 

325 :あるケミストさん:05/01/07 00:12:44
>>323
で、あなたは袋詰め以外に何ができるの?

あ、間違い。
何かできるの?

326 :あるケミストさん:05/01/07 03:28:50
以下無限ループ

327 :あるケミストさん:05/01/07 07:35:13
>>324-325
これだから厨房は
323だって薬剤師じゃないし、化学板に常駐しているくらいだから

薬剤師シンパ厨が出てきたらまたループに入る

薬剤師ネタはもういいって・・・
話しを戻そうぜ

328 :あるケミストさん:05/01/07 08:01:43
なんか薬剤師が嫌われるのが分かるような希ガス。

329 :あるケミストさん:05/01/07 20:34:25
せっかく化学板に製薬スレが出来たのに薬剤師叩きかよ。
もっと有意義な話題を話そうぜ。
たとえば

 薬 理 叩 き とか
 動 態 叩 き とか
 安 全 性 叩 き とか
 開 発 叩 き とか
 特 許 部 叩 き とか

330 :あるケミストさん:05/01/07 21:54:17
【社会】生後6カ月の乳児に10倍の薬剤を処方 広島の薬局で無資格者
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1105097254/

331 :あるケミストさん:05/01/08 02:29:56
人命扱うのには何らかの資格が欲しいってのは確かだろうな。

332 :あるケミストさん:05/01/08 02:44:12
資格が欲しいのは働く側だけ

消費者にとっては
・知識
・責任感
・フールプルーフなシステム
・思いやり
が欲しい

333 :あるケミストさん:05/01/08 02:51:12
それじゃあ、薬学部院卒で薬とはまったく関係のないメーカで
結婚もしないで合成やってる女は馬鹿みてーじゃん

334 :あるケミストさん:05/01/08 02:55:35
>資格が欲しいのは働く側だけ
そうか?

確かに例えば消防士が消防士として人々の尊敬を集めるのは
資格(というか、試験か)のためではなくて、日々の働きぶりのため
一方、例えば教師が教師として最近権威が失墜しているのは
資格のためではなくて、ロリコン教師やダメ教師がいっぱいいるため

とはいえ、資格試験が最低限度の足きり機構として作用しているのは確かだと俺は思うぞ

335 :あるケミストさん:05/01/08 03:03:27
士(師)を士(師)たらしめるのは、資格ではなく日々の働きぶりというわけだ
研究者を研究者たらしめるのも、学位や所属組織ではなく日々の働きぶり

336 :あるケミストさん:05/01/08 03:05:02
>>333
"それじゃあ"
がどこを受けて言っているのかさっぱりわからんが・・・
どうした?そういう女に手ひどく振られでもしたのか?

337 :あるケミストさん:05/01/08 17:47:50
京のつかないまた○○か。の大学の化学系なんだけれど、
薬品の合成とかいうのに興味があるのと同時に、生物機構の化学なんかにも興味がでてきた。
生物の体の中にあるいきるための代謝、同化、異化、防御などのシステムそのものも
すばらしいと思うし、そこを薬理活性する薬学にも興味が出てきた。

個人的にはこれとは少し離れるかもだけれど、生体材料を作っている研究室に興味があります。
不安なのはこの分野にニーズがあるのかということ。
将来必ず必要になって来る分野でも、その前にはイマイチ求人がなかったりとかしますよね。

338 :あるケミストさん:05/01/08 18:18:09
>>337
前者は製薬会社:メドケムにどんぴしゃかもね。面白いよ。
ただ、大学で有機合成をやると言っても、そういう期待に答えられるラボはほとんどないけどね。
院生時代は修行期間と割り切るものかもしれない。

後者はこれからの分野と聞くけどね。やってる会社もあるらしいよね。
ただ、求人倍率(?)がどれくらいのもんなのかは知らない。

339 :あるケミストさん:05/01/08 19:13:56
>>337
前者はやられているようでやられてない、って感じの分野だな(あくまでも日本では)。
化学というよりは分子生物学の分野だね。ただ、あの世界は我々のいう意味では「分子」を扱ってないけど。
そう考えると、実は生物物理の分野かも。化学のスキルを身につけて、そういうところに移ってみるのも手かも。

340 :あるケミストさん:05/01/08 21:32:05
>>337
ケミカルジェネティックス(chemical genetics)でぐぐれ。
やはり日本ではやっていないと思われ

341 :337:05/01/08 23:58:16
返信頂きありがとうございます。
chemical geneticsというのは、生体核酸や各種タンパクを全合成するのを
目的とした感じなのかな。
このあたりも面白そうだとは思うのですが、かなり深い分野なので少し抵抗を感じました。
薬合成も、コストやその他雑多なことを抜きにしてただ新しい経路を考えるだけでも、
一人ではできない大変なものと聞いた事が在ります。
私としては、薬品にも生体材料(核酸やタンパクというほど化学ではなく、人工皮膚やダイアライザー
みたいな類のもの)にも興味があるのですが、その2つで大きくコースが分かれてしまうんですよね。

いろいろ考えてしまうけれども、教授のコネと自分の資質とかで決まっちゃうものなのでしょうか。
自分の資質といっても、例えば反応論をやっていた人間が、合成を会社でしたいといったとしても
その後の努力とか以前に、今もっていない能力ならば足手まといになるからダメということになりそうですし。。。。



342 :あるケミストさん:05/01/09 00:29:06
企業に入っても勉強勉強また勉強ですよ
大学で専門にしていたことが企業でそのまま通用する事はマレ
取り掛かりの一分野を修めて、企業に入ってからあれこれしないと

大学を出てから進歩しない薬剤師には関係の無いことですが

343 :337:05/01/09 07:50:02
・・・ということは、大学でやった専攻によって自分のできる仕事、研究が限定されてしまう。
ということではないということですか?
となると、教授さんの企業とのつながり。もしくはその人の自分の表現力だけが大切。ということでしょうか?
それだと救いが在りますね。

344 :あるケミストさん:05/01/09 08:09:09
>>342
>大学を出てから進歩しない薬剤師には関係の無いことですが
死んで。氏んでじゃなくて、死んで。化学者の恥。


>>337
君の好きなように好きなことをすればよいとは思う・・・ただね・・・。
学生のときやった専攻によって自分のできる仕事、研究を制限すべきじゃないが、
「就職活動では大きな制限を受ける」ことは知っておいたほうが良い。

例えば、一般論だけど、有機→製薬(薬化学orプロセス)というルートは存在するし、
しかも、同じ有機でも反応屋より全合成屋の方が製薬企業には歓迎される。
ルートの無いところを進むには、自ら道を切り開かないといけない。
切り開けないことはないかもしれないけど、大変。夢の無い話だけど。

ただ、もし今失敗しても、大学と院の専門を変えるのは情熱さえあればそんなに大変じゃない。

345 :あるケミストさん:05/01/09 12:20:14
>>344
あんたも見え見えの煽りに乗るなよ。
煽りは放置。
だいたい、もう薬剤師ネタには飽きたし。

346 :あるケミストさん:05/01/09 13:08:41
それだけ嫌われてるってことだよ。


347 :あるケミストさん:05/01/09 13:18:45
うらやましがられているってことだろ。

348 :あるケミストさん:05/01/09 14:46:10
いいよなぁ。
マーチ以下の連中が袋詰めするだけで、30歳で年収800万。
どっか間違っていないか?

以下、>165から無限ループ。

349 :あるケミストさん:05/01/09 14:54:25
というか、薬剤師を好きだとか嫌いだとかうらやましいだとか言えるほど身近に薬剤師などいないのだが。
研究職にも免許持ってる奴はいるけど、そいつらを「薬剤師」として見る機会なんてないし。
煽ってんのはどうみても私怨だろ。

350 :あるケミストさん:05/01/09 15:02:43
うわっ! 入れ食い状態だ。

351 :あるケミストさん:05/01/09 15:23:40
>>350
何の負け惜しみだ、そりゃ。

352 :あるケミストさん:05/01/09 15:25:10
「薬剤師」「袋詰め」で、どれだけ釣れるかと思ってさ。

353 :あるケミストさん:05/01/09 15:50:03
やっぱり負け惜しみか。
もう来んなよ。

354 :あるケミストさん:05/01/09 16:08:26
>>353
そういうことばっかり言ってるからダメなんだよ。
自分の仕事に誇りはないのか?



355 :ligand:05/01/09 16:26:32
製薬とかでも、技術的、人間的にほしいと思うのはごくわずか。
1部の人しか勝ち組にはなれません。技術力だけでは
勝てないのですよ。自分の仕事に誇りを持てるまで
がんばろうぜ。


356 :あるケミストさん:05/01/09 17:31:45
>>354
漏れは薬剤師じゃないぞ。別に薬剤師のことをうらやましがってる、という意味で「負け惜しみ」だといっているのではない。
というか、その話題はどうでもいい。飽きた。
粘着っぷりを指摘されたとたんに「釣りでした」みたいなことを書いたのを負け惜しみだと言ってるの。
粘着が恥ずかしいことだとわかってるんなら、釣りだのなんだの見苦しいこと言ってないでヤメレ。

357 :あるケミストさん:05/01/10 00:54:52
ここを見に来た高校生とか学部生に化学屋が"アンチ薬剤師厨"みたいな負け犬の
集まりみたいに思われるのがなによりむかつく。

俺は免許を持っているが、安い賃金でも製薬企業での仕事に誇りを持って
(持てるようになることを目標にして)いる。かといって、薬剤師として働いている人たちを
袋詰めしかしない(奴も一部はいるが・・・)社会に不要な連中だとは絶対思わない。

358 :あるケミストさん:05/01/10 09:56:43
医歯薬看護
http://school4.2ch.net/doctor/
病院・医者
http://society3.2ch.net/hosp/

薬剤師云々はよそ行ってやってくれ。

359 :あるケミストさん:05/02/02 04:09:37
>>186
それを言い出したら教師なんていらないよ。w

360 :あるケミストさん:05/02/26 23:52:05
薬剤師ネタでスレが死んだな。。。

そんなことよりおめーらの会社だいじょぶか?
次こそうちが合併くらうんじゃないかとガクブルだ。

361 :あるケミストさん:05/02/27 07:29:58
製薬会社に化工院卒ではいって生産技術やりたいんだけどどうかな?
ニーズありますかねぇ?生産技術志望なんですが。。。
工場で薬作るためのプラント設計とか。
結局メーカーは開発して量作って数売ってなんぼでしょ。

362 :あるケミストさん:05/02/27 08:15:50
361
採用実績のある研究室、教授であれば ほぼ問題なし


あと本人

363 :あるケミストさん:05/02/27 12:44:41
社員の目から見て、1と3みたいな対等合併ならまだいい方。
痛いのは吸収合併。
もっと痛いのは敵対的買収→解体されて美味しい部門以外はサヨナラのパターン。

職種で言えば、研究員やMRは生き残れる可能性がまだ高い。多いほど良いところがあるから。
工場部門も、作るべき物量によってはしばらくは生き残れる。
一番辛いのは総務・経理みたいな間接部門。即効でリストラ対象。

364 :あるケミストさん:05/02/27 13:38:14
●30代で薬学部行って職ありますか?●

http://school4.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1027465827/


薬剤師がうらやましい

http://school4.2ch.net/test/read.cgi/job/1109430283/


365 :あるケミストさん:05/02/27 14:25:48
有名ではない某国立大学化学科の今春B3になる者です。
4月に研究室配属があるのですが、今とても迷っています。

特定の病気(白血病やAIDSなどの免疫系を侵す病気)の分子病態や新規治療法の開発、薬理活性、に興味があり、
大学院は生命化学系、分子生物学系に進みたいと考えているのですが、
この場合、有機、無機、物理化学のどこに進んでおくのがベターなのでしょうか?
生物有機化学、生物無機化学、生物物理化学、どれも関心があるので悩んでいます。



366 :あるケミストさん:05/02/27 14:33:29
それぞれの講座の研究内容にもよるとおもわれ。

367 :あるケミストさん:05/02/27 15:22:36
有機がベスト。でも無機・物理化学・熱化学は自前できっちり勉強しる。
>>366さんが正しい。名前にだまされるな!

368 :あるケミストさん:05/02/27 19:03:50
>>361
これからの時代、生産部門は分社化あるいは外注っつうスタイルになっていくから厳しいぞ。
さらに言うと製薬業のプラントは他業種メーカーと比べて死ぬほど管理が厳しいぞ。
それでもやりたいならどーぞ。

369 :365:05/02/27 21:52:50
366さん、367さん、ありがとうございます(^^)

研究内容をおおまかにいうと、
有機…不斉合成法、天然有機化合物の合成法の開発
無機…錯体合成、その反応性と物性
物理…溶液内生成物の構造決定、錯平衡解析、酸解離平衡

有機は明らかに薬品合成にはもってこいだと思っていたのですが(それで以前は有機しか考えていませんでした)、
色々調べてみて、病気の分子病態、薬理活性を学びたいと思ったら、それよりも生物無機、生物物理の方が重要なのかな…と思い始めています。
体内にある受容体と酵素が、病気を発現させたり、治癒させたりしていることを考えると、
その受容体と酵素が結合する際には体内の金属錯体が深く関わっているようですし、
薬理活性においては、酵素阻害剤の設計、薬品の体内における解離、濃度etcが関わっているらしく…
でもやはりダイレクトに薬品合成!の有機が一番分かりやすくて無難かな…とか。

知識がなさすぎて爆発しそうです…(><)


370 :あるケミストさん:05/02/27 23:26:32
入りたい会社にコネのある教授のとこいけば?

371 :あるケミストさん:05/02/28 00:00:33
>>369
端的に言えば「全部重要」ということで、きみの考えが正しい。
ただ、4年と修士で研究室を変えたいってことなんだよね?
だとすると分野がどうとかよりも、研究室でのテーマとか雰囲気とか、個別の問題になってくるような気がするぞ。

372 :あるケミストさん:05/02/28 00:33:59
>>369
知識内容としては物理化学のところが後々重要になってくる

でも今はネームバリューの方が重要なんじゃない?
「学部生の時は○○の合成を行ってきました」
「大学院では分子生物学を中心に〜」
「現在はケミカルジェネティックスに興味があり〜」って言いたいんじゃないの?

373 :あるケミストさん:05/02/28 00:34:51
>>369
たぶん君がやりたいのは薬理学だと思う。
どっかの院に修士から入ることを勧める。

374 :あるケミストさん:05/02/28 01:19:13
参考になるか分からんが、漏れだったら有機合成→
ケミカルバイオロジーという流れで修行して(病気
に関係することはできないかも知れんが)、ポスド
ク以降で病気や薬品に近づくように計画にする。物
理化学もおすすめではある。生物物理化学で膜とか
ペプチドとかやってる研究室をおすすめする。

どんなアプローチで研究するかは人それぞれだから
自分が武器としたい分野で修行すると良い。迷うよ
うであれば自分が手本や目標とする研究者の研究内
容と手法をよく調べてみるとよい。

375 :あるケミストさん:05/02/28 01:40:15
どう考えても有機合成だな。



376 :365:05/03/02 00:26:02
レスありがとうございます!色々考えさせられました。

373さんの『薬理学』という言葉は今まで考えたこともありませんでした。なんか薬学部の学問かと思っていて…
どんな学問か調べてみて、あ、私はこれがやりたいのかも…と気付かされました。
他にも生理学、病理学(これは医学部の学問だと勘違いしていました)の本も見ました。
今まで手にも取ったことがなかったのに、すごく興味が湧いてきてしまいました。

374さんのレスもとても為になりました、ありがとうございました。
個人的には、阻害剤設計に関わる事の出来そう(?)な物理化学に進みたいと思うのですが、
研究室が生物物理化学ではなく、純粋に『物理化学』なので(熱力学や溶液内の平衡etc)迷っています。
物理化学でどう応用していけるものだろうかと…
有機合成だと、確かに一番繋がりがあるというか、そういう意味で安心なのですが、
私は合成経路よりも生理活性に興味があるので、それだったらどちらかというと物理化学の方がいいのかな…
人間の体内も溶液みたいなものだし、とか、無い知恵しぼって試行錯誤しています。

372さんがネームバリューについて書かれていたのも驚かされました。
私がバカなのでしょうか…そういうこと考えた事なかったです。
多分、一流じゃなく平凡な大学ののほほんとした人間なので、プライドとかよりも、
自分が楽しいと思ったものを勉強する、という気持ちの方が圧倒的に強いです。

377 :あるケミストさん:05/03/02 04:57:06
>私は合成経路よりも生理活性に興味があるので、それだったらどちらかというと
>物理化学の方がいいのかな…

関係ないです。有機合成をやったからといって合成経路に詳しくなる訳ではない。
有機合成のよさは有機化合物の合成法や扱いになれて、有機化学の仕組みを理解し
(これ重要。生体内は化学工場みたいなもん)自分でツールをつくれるようになる
ことです。つまり有機化学の技術を武器として生理活性の研究をすればいいだけ。
物理化学もおなじです。物理化学的手法を駆使して生体の研究をする。つまり前に
も書いたけれども攻めて行く武器を何にしたいかと言う問題。生理活性の研究はい
ろいろな学問分野からアプローチする事が出来る。

378 :365:05/03/02 20:05:48
確かにそうです、体内の化学反応はほぼ有機化合物の反応ですね。
何を武器にするか…こういう道に進む化学者はやはり有機化学者の方が多いのでしょうか?
創薬化学の本をあたってみましたが、有機化学、物理化学ともに重要そうでした。

有機化学的手法と物理化学的手法の長所、短所ってどういうものがあるのでしょうか?




379 :だめケミスト:05/03/02 20:47:36
>>378
一概には分類できないけど。私見としては以下のようなところ。
 ・有機化学は分子の集合体の現象として巨視的に捉える
 ・物理化学は理論から入って微視的に解析する
もちろん有機化学だって分子レベルで扱うこともあり、
必ずしも上記の通りではない。

また一口に有機化学といっても、単離・合成・反応論・活性探索など
多岐にわたるし、その中で物理化学と連携している分野も多い。
どちらが良いとは言えないし、どのみち両方に踏み込んでゆくはず。

例えば創薬に興味があるなら合成や活性探索あたりは必然的に
学ぶ必要がある。だから今は自分が最も近い、と思う分野に
ターゲットを絞ってゆき、もし違うなと感じたら大学院から
移籍してもかまわないのでは。

380 :あるケミストさん:05/03/02 22:06:38
まじれす
有機化学手法・・特徴 定性的。経験的な反応を学ぶ。
        長所 薬品、有機溶剤、反応装置の扱いを学べる。
        短所 体力勝負w

物理化学手法・・特徴 物理・量子力学(化学)をまなび
        計算機上で検討する。
        長所 分析機器を取り扱うとき 役に立つ(かも)
        短所 わかった気でもつじつま合わせ
           (ほんとはまったく理解できてないw)

381 :あるケミストさん:05/03/02 22:22:25
>>378
薬理学をすすめた者だ。
君がもし薬理をやりたいと思ったら薬学部か医学部に行かなければならない。
君は化学科なのだから将来こうした学問を修めたいのならば大学院入試で望む研究室に入れば良い。

あるいは化学科に籍だけ置いて研究指導は他学部(他大学あるいは企業)が行う「外部研究制度」はないのか?
もしあるならB4から他学部の研究室で研究できるぞ。

もしもそういった制度がないなら、理学部の中で動物実験を扱っている研究室に入ることだ。
おそらく生理学くらいはあるだろう。
理学部では動物実験を行う研究室の人気はないから入りやすいだろう。
そこで1年間動物実験の基礎を学んだあと、薬学部等の大学院に入れば良い。



382 :381:05/03/02 22:28:48
前言とは相反するが、有機化学を極めて一流製薬企業の研究職になれば
あなたが興味を持っている生理活性等を「化合物」という側からアプローチできることになる。

私は国内3流企業のメディシナルケミストだが薬理学者が提唱した最先端の創薬コンセプトを
自分の化合物で証明する作業に魅力を感じている。
そういうのもありということだ。

383 :381:05/03/02 22:45:36
さらに言うと、酵素阻害剤の設計に金属錯体等の重要性、ひいては分子の物理化学的な特性にまで気付くとは
B3としては慧眼といえる。
が、もしもあなたが実学としての薬剤設計・drug designに興味があるならば間違いなく有機合成を薦める。
というのは実際の現場では計算化学者の助言は取り入れるもののdrug designの責任は合成化学者が負うところが大なのだ。
それは何故かというと、生体という一種の複雑系で起こる生体反応を一元的な理論で記述することは
所詮無理なことで、やはり創薬の実際は有機合成化学者によるトライアンドエラーによるというセントラルドグマは
近い将来すぐに崩れるということはありえないからだ。
まんこ

384 :あるケミストさん:05/03/03 10:28:18
創薬や製薬企業を視野に入れているならば有機合成最強。

385 :あるケミストさん:05/03/03 13:11:06
384
ただし、この相談者に対してはそうとはかぎらん。
なんでもいいから製薬に行きたい、ってことではないわけで。

386 :365:05/03/03 15:18:39
レスありがとうございます!なんだかすごく成長させてもらっています(;;)
掲示板というものを初めて利用してみたもので(デビューです)楽しいし嬉しいし、何よりもとても為になっています。
しかも大学柄、周りに大学院目指している人があまりいないのでこういう話できなくて…
というのも、おかしいだろうと思われるかもしれませんが、私の大学は某国立『教育』大学なんです。
その中に理学部のような学部があって(理学部ではないのですが)その中の化学科に属しています。
前期で某国立女子大(…一つしかないかも)に落ちて、後期でどうしても入らないといけなくて、確実に受かる教育大という進路を取らざるを得ず、今に至ります。
なので、純粋な化学科と違い、化学の授業数も圧倒的に少ないです。長所といえば、B3から研究室配属がなされるといったところです。
研究室数も有機、無機、物理、分析入れて7つしかないのですが、個々の研究内容は充実しています。

この大学に入学してから周りに勉強する人がいなくなってしまったので、上位の大学の人に劣らないように志だけは同じレベルでいようと思っているのですが…

387 :365:05/03/03 15:19:34
それから、独学で以前より関心のある慢性骨髄性白血病(CML)、AIDSの病態発現機構などを勉強するようになりました。
勉強するうち、発現を阻害する薬や免疫に興味をもち始めてしまって。そうすると生理、薬理もいいなぁ…とか。
なんか専門である化学からどんどんかけ離れていかないか我ながら怖いような(でもちょっと楽しい)気もしていますが…

そして大学院ですが、今まで色々あたってみて、一番関心があったのは↓なのですが、
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/mgs/mgs_lab/watanabe_sato.html
始めyahooで『白血病 大学院』と入れて出てきたURLだったので、●大と知った瞬間青ざめてしまったのですが…
名も無い大学からここへ行くのは無謀すぎると思い、他大学で似たような研究内容の所がないか探していますが、
ここ以上に関心をそそられるところを未だ発見できていません。

長くなってしまってごめんなさい…


388 :だめケミスト:05/03/03 16:21:59
>>387
大学院入試は学部と違って基礎学力よりも
研究に対する姿勢・意欲・これまでの成果が問われます。
(もちろん外部入学は筆記・語学もありますが)
なので東○だからといって気後れすることはありません。

研究室選びについては、有機化学系列で分子生物学・生命情報学
生体機能学(名前はいろいろですが)あたりを模索しては
いかがでしょうか。

天然物合成など有機合成はあまりオススメできません。
合成のノウハウ・テクニックなどは磨かれますが、
化合物を全合成してナンボの世界なのでなにより体力勝負です。

物理化学は、有機化学的作用機構の解明に用いるツールとして
必要に応じ勉強すればよいでしょう。

389 :あるケミストさん:05/03/04 02:25:51
>>387
国立女子大っていうとお茶の水か奈良女だね。そのどちらも元々は女子高
等師範だから今で言う教育大ですな(ただし高等学校の)。
そんなことはどうでもいいが、あなたが興味をもった研究室を見てみると
バイオ系ですね。大学院でどこか旧帝の研究が盛んなところに移るべきだ
と思います。想像以上に研究環境が色々な意味で違うと思います。世界に
対抗できる人材が育っている研究室で研究とはなにかを切磋琢磨しながら
学ぶのが良いと思われます。今は大学院が重点化されて定員も増えて外部
出身者も普通に沢山居るので問題ないです。

390 :あるケミストさん:05/03/05 00:17:28
英語はきっちり勉強しと毛よ
専門用語もね

391 :あるケミストさん:05/03/05 15:24:56
英語なんて勉強しても糞の価値もありませんよ。

392 :あるケミストさん:05/03/05 15:27:36
院試で重要よ。

393 :あるケミストさん:05/03/05 23:35:39
しかし、純粋な病理学も、なんつーか形態学の一種だから
化学のように、「すっきりとした原理」が好きな人には向かないんじゃないかな。

394 :365:05/03/06 00:05:14
こんばんは!今日は大学で研究発表会があり、それを聞きに行きにいってました(^^)

化学はもちろん好きですが、病態関連の方がもっと好きです!
化学の好きなところは…人それぞれだと思いますが、私は、ものを見る時に『偏見を持たなくなった』ことです。
汚い話になりますが、例えばうん○も色んな原子の集合だと思うとただ単に『汚い』だけでは終わらないし、
病気も、AIDSなんかは差別的に扱われる人もいますが、分子病態を知ると、なんら普通のウイルスと変わらない、
ただ、そのウイルスが侵すところがヘルパーT細胞だから、日和見感染を起こすんだとか
(インフルエンザウイルスと同じレトロウイルスに属するので厄介ではあるが)
何でも分子レベルで見る快感が自然と身についてきたことが何より楽しく思います。
なんか子供の感想みたいできちんと学んでらっしゃる人から見るとバカだと思われるかもしれませんが…

とりあえず、生命化学(バイオ)に行けるよう、頑張ってみたいと思います。
入試に対応していけるだろうか…と不安もたくさんありますが…。
化学を土台にしておきたいので、研究室ももう少しちゃんと考えて決めたいと思います。

395 :あるケミストさん:05/03/07 22:50:11
365は情熱とセンスのある見込みのある奴だと思ったが、
「東大と知った瞬間青ざめた」というくだりに失望した。

「東大の連中もたいしたこと無いのが多い。努力次第で
追いつき追い越せる」と思えるようになって欲しい。

396 :395:05/03/07 22:56:51
ちょっと酔っ払って偉そうなことを書きすぎた。流してくれ。

397 :365:05/03/08 01:07:02
いえ、厳しいお言葉ありがとうございます。その通りだと思います。
大学受験と同じレベルなんじゃないかという思い込みがまだまだ抜けない自分が恥ずかしい限りです。
でも388さんや389さんが教えてくださったように、院試はそうではないんだと言い聞かせています。

私なんかを少しでも見込みのある奴と思って頂けて、本当に励みになります。
もっと自分に自信を持たないとダメですね。


398 :あるケミストさん:05/03/08 07:59:05
配属された研究室で将来のほとんどが決まると言っても過言ではないと思うのだが・・

399 :389:05/03/08 11:29:27
現在の院試は簡単だと思いますよ。ちょっと真面目に勉強すれば通ります。
心配無用(むしろおちたら恥と思うべき)。問題は研究室で研究者として
どれだけ成長できるかと言う事です。

400 :めぐ:05/03/09 12:09:10
ことし私立の新設薬学部にうかったんですけど院はやっぱり伝統のあるところにいって
研究したい!って思ってるます。
他大学の院にはいるにはどんな試験があるんでしょうか。
おしえてください☆

401 :あるケミストさん:05/03/09 12:13:03
>>400
学校による。

402 :めぐ:05/03/09 12:28:16
ことし私立の新設薬学部にうかったんですけど院はやっぱり伝統のあるところにいって
研究したい!って思ってるます。
他大学の院にはいるにはどんな試験があるんでしょうか。
おしえてください☆

403 :めぐ:05/03/09 12:31:12
名古屋市立大学のyaku







404 :あるケミストさん:05/03/09 13:15:37
>>400=402=403
同じ内容の連続書き込みやめなさい。
院試の内容くらい大学のホームページに行けば確認出来るから
自分で調べろ。なんでも自分でやろうと言う気のないやつは研
究に向かない。

405 :あるケミストさん:05/03/09 14:25:05
取りあえず学校の勉強しろ

406 :あるケミストさん:05/03/09 19:10:58
>>404
DQNにマジレス乙

407 :あるケミストさん:05/03/09 20:24:18
入試科目言っても何の事か分からないに100点

408 :あるケミストさん:05/03/09 22:54:59
>>402
院死は英語と有機化学を含む薬学全般だった。
英語の内容は、一般的な長文と専門的な内容の長文。
化学と薬理学について出た。
文法は大したこと無いからその分野の理解と専門用語知ってればOK。

薬学全般は薬理・薬剤・動態等からまんべんなくでた。
私は薬品合成化学やりたかったから有機化学はがんばったよー。
まあ酷使対策を速めにやって+αで英語でもやっとけば万全じゃねーの?
なにしろ薬学なんて国家規格があるからどこの大学でもそんなに変わらんでしょ。
しらんけど(他人事)。

そんなことよりデートしようぜ〜

409 :あるケミストさん:2005/04/16(土) 00:01:09
臨床試験と人体実験の区別がつきません

410 :あるケミストさん:2005/05/07(土) 00:10:05
分子研とか奈良先端のような大学院大学に行ったほうが、地方大、私立大卒業生は幸せのように思える。
私大から帝大に行くといじめられるし。

411 :あるケミストさん:2005/05/17(火) 23:49:22
薬学も6年生になるからもう研究もできなくなっていくのかなあ。


412 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 18:33:36
ヒント:4+2年制

413 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 19:05:59
4+2なんてそのうちなくなるよ。

414 :あるケミストさん:2005/05/19(木) 16:56:10
4+2で半端な薬学者要請してどうすうんだ

415 :あるケミストさん:2005/05/19(木) 17:51:08
4+2を理解してない奴若干2名w

416 :あるケミストさん:2005/05/20(金) 00:11:16
とDQNが申しております。

417 :あるケミストさん:2005/05/20(金) 00:18:25
いやまあ大学教授もそういってるしな

418 :あるヤメ研薬剤師:2005/06/12(日) 22:37:24
某東北の薬科大から某東北の帝大に修士から行きました。
今は講座の名前が消えた物理化学系でしたけどいじめはなかったですよ。
そのまま博士までいて、自分で欧文4報書きました。
そのまま某化学メーカーに行って、家庭の事情で今は薬剤師。
こんな人生もあります。いい研究人生を送られることを祈ります。
でも、人生のすべてがその色に染められる人は少ないですよ。
いつかは引退、リタイアと考えるほうが現実的です。
その時いい思い出が作れるよう頑張ってください。

419 :あるケミストさん:2005/06/12(日) 22:57:41
リタイアしてすんなり薬剤師になれる門なの?

420 :あるヤメ研薬剤師:2005/06/13(月) 00:05:04
薬科大なので卒業するときに国家試験とって免許取得していました。
4年のときは院試と国家試験と二つ掛け持ちしたわけです。
ここで薬剤師バッシングを拝見しましたが、研究職から薬剤師の仕事に
移ってみて言えることは薬剤師の仕事は化学系の研究職の仕事と遜色ないくらい
勉強が必要だと言うことです。これは両方経験しないと言えないことだと
思います。たとえ、市販薬が業務の主の薬剤師でも勉強は必要です。
そしてコミュニケーション能力。人間力が必要なきつい仕事です。
薬剤師は。

421 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 14:00:37
>>415
だけ見てDiels-Alderのことか。と思ってしまった

422 :あるヤメ研薬剤師:2005/06/13(月) 17:00:03
私、専門外ですが、自分で合成せねばならぬこともあり、
でも、炭素炭素結合作るのは大の苦手でした。

423 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 01:33:31
アメリカの院は?
interdisciplinaryな学科、研究室も多いし。ボス本人が学部、院の専門と違う研究テーマをやっていることも多い。
(有機化学→微生物学とか)

化学、薬学、生物学系の院だったらまず間違いなくTA/RAが取れて授業料免除+(少ないけど)給料がもらえる。
外国に住むんだから生活面で多少不自由するかも知れないけど、そのうち慣れる。
学期の始まる時期が違うけど秋の出願時期を逃しても春学期からスタートできたりするし。
興味があれば調べてみたら?

137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)